デジタル・シグナル・アナライザを使用して周波数応答関数(伝達関数)を測定していますが、その計測器の中の設定にTracking bandwidthというものがあります。
マニュアルを見たところトラッキングフィルタの設定らしいのですがその意味が良く分かりません。用語の意味と使用目的を教えて欲しいです。
当方、専門は電気ではありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

周波数応答の測定ですね。

伝達関数式も求まるのですか。
デジタル・シグナル・アナライザーを使用したことが無いので自信のある回答ではないのですが。

昔、このような測定器がなく、予算もなかったので、シグナル・ジェネレーターを使用して周波数を何点も入力して、出力を求め、ボード線図を書いたことがあります。また、オシログラフでインディシャル応答を採ったりしました。
この機械は、多分、マルチ・ファンクションなのでしょうが、グラフの表示でしょうか。伝達関数式を出してくれるのでしょうか、便利になりましたね。

本題ですが、トラッキングは、軌跡ですから、この場合は、関心のある周波数の幅つまり範囲ではないでしょうか。

それから、フィルタは、一般にハイパス、ローパス、バンドパスがあり、それぞれ、高い周波数を通す、低い周波数を通す、或る範囲を通すの性質が、あります。
それで、周波数応答を求めるときは、どれかを使って、その必要な測定範囲の周波数を設定できると言うことではないでしょうか。

以上、古い経験からの乱暴な推定ですので、的外れの可能性が高いのですが、あえて参考にしていただき、マニュアルを読むのに類推を働かしていただければ、幸いです。

私の関心:位相などもグラフ化してくれるのでしょうか。
      インディシャル応答も測定できますか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とっても参考になります。自身で調査した内容を加味して多分こうではないかとう結論には達しました。
伝達関数式を求めるような書き方をしましたが、正確には周波数応答特性を測定しているとしたほうが良かったのでしょうか。ノイズは外部から入力するわけではなく測定器自身から出力できます。いくつかの測定器を使用していますがどれも似たような感じです。
閉ループを測定した後、それを開ループに変換して評価しております。
Y軸には倍率?[db]はもちろん、位相[deg]も指定してグラフ化することも可能です。
インディシャル応答は多分 基本的なものなんでしょうが私は良く知りません。
ただ、勉強する上でいろいろな用語を教えていただけると調べやすいので、今回の回答は私にとって非常に有益です。
もし、よろしければフィルタに関する書籍やHP、勉強の取っ掛かりなどを教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

お礼日時:2001/09/19 23:04

少しは、お役に立ってよかったです。


HPは、見当たりませんでした。
フィルターの書籍ですが、一般に応用分野でチョコッと触れられるだけで、なかなかまとまったものは、見つからないでしょう。これは、本格的には、通信工学の伝送回路の重要部分ですので、その書籍に入っています。
我が家の本は、古すぎてだめですので、検索して見ました。
下記しておきます。すべて、目次までは見られますので、それで判断してください。
なかなか、専門外ですとハードな内容かもしれません。

私のときの、とっかかりは、当時、自作のオーディオにこっていて周波数範囲が広くゲインがフラットで過渡応答がよいアンプを作ろうとして、フィードバック増幅器を作ったことがありました。
そのときに、ゲイン調整や位相進み・遅れ要素などは使っていました。
後になって、自動制御論を勉強したときに、自動制御論は、フィードバック増幅器の安定判別法が応用されたことを知りました。

それでは

http://www.coronasha.co.jp/kensaku/kensaku.html
宮内一洋:フィルタの解析と設計
中司浩生:基礎伝送工学、コロナ社
辻井重男:伝送回路、コロナ社
http://www.dendai.ac.jp/press/book_da/ISBN4-501- …
http://www.dendai.ac.jp/press/book_da/ISBN4-501- …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAUTOCAD2002LTのトラッキングとAUTOCAD2004のトラッキングの違いについて

AUTOCADに詳しい方にお伺いします。
私は現在スクールでCADの勉強をしています。
そこで使用しているソフトは2002LTを使っているのですが、自宅で勉強しようとAUTO2004を購入しました。
そこでちょっとした違いがあったんですが、2002LTのトラッキングはただの「トラッキング」なのですが、2004のトラッキングは「一時トラッキング」なのです。
2002LTのトラッキングは右クリック「ENTER」で終わらせるまでできるので便利なのですが、2004の「一時トラッキング」一回で終わってしまい、目標点までいけません。
何か設定などあるのでしょうか?またはそもそもないのでしょうか?
よかったら知識をお持ちの方、お教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「一時トラッキング」一回で終わってしまい・・・・
コマンドがTRACKINGじゃなくてFROM(一時トラッキング)だから一時トラッキングになってしまうだけです。
R版のOスナップ(アイコン)には、ないんじゃないかな。
直接キーボードからTKと入力後Enterで使えます。

Q時間関数を周波数関数にフーリエ変換した場合・・・・

時間関数
f(t)=1 (|t|<=T/2) それ以外ではf(t)=0

とするときフーリエ変換をしてG(f)=sinπfT/πf を導いてT=1,2,3,5,100について-2<f<2までグラフを図示し、結果よりスパイク状になることを証明しなさい。

という問題なんですけど、エクセルでグラフまでかけて、スパイク状になるところまで確認はできたんですけど、証明できません。だれか教えてください。

Aベストアンサー

???
結果のG(f)=sinπfT/πf はsinc関数とも呼ばれ、Tのそれぞれの値に対してスパイクというか、余弦波が0を中心として次第にちいさくなるような波形になります。これで示せたことにはなると思いますが、T->∞の極限ではG(f)はδ(f)になることを証明するという証明問題であればフーリエ積分時に積分と極限を入れ替えて実行することになるでしょう。

QEbayで商品購入 トラッキングナンバーについて

先日Ebayで商品を購入しました。
ペイパルで支払いを終えて、同社からトラッキング情報についてのメールが来ました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
売り手より、以下の配送トラッキング情報が提供されましたのでご確認ください。
配送会社: USPS
配送トラッキング番号: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


USPSでトラッキングナンバーを追跡したところ
"There is no record of this item"
というメッセージが出て追跡できません。

トラッキング番号は20桁で数字のみの番号です。

海外ショッピングが初心者なのでどうすればいいのかわかりません。。。
どなたか解決方法等、詳しい方いらしたらアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

オンラインで発送の手続きだけ先に済ませて、実際に発送するのはその後・・・という場合もあるようです。

あと数日待ってみて、それでもトラッキングが出来なければ、出品者に質問してみるといいと思います。

Q伝達関数の位相

入力電源、抵抗、リアクタンス、キャパシタンスが直列につながれている回路で、今、入力電圧v(t)=√2sinωt、抵抗R=1Ω、リアクタンスL=1mH,C=1μF,角周波数f=1kHzです。このときの伝達関数H(jω)の位相∠H=∠H(jω)と、このときの出力電圧vout(t)がわかりません。どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(入力電圧をどのように印加しているか、出力電圧をどこからとっているかで伝達関数が変わるかと思います。)
H(jw)が既に計算できているなら、入力周波数1 krad/s(角周波数なら単位はrad/sかと思います。単位がHzなら、角周波数じゃなくて周波数でしょう。)をwにいれてやれば、
伝達関数がHre+jHimの形にできて、位相はΦ=tan^(-1)(Him/Hre)の形で計算でき、
出力電圧が|H|と位相から
vout(t)=√2*|H| sin(wt+Φ)の形で計算できるかと思います。

Q東芝ビデオデッキA-L91トラッキングについて

ノイズとランプのほかに新たな問題がみつかったんです。
それはこのビデオデッキで3倍で録画して他のビデオデッキで
再生してみたら、なぜかEPの表示が一瞬SPの表示に切り替わったりして、
デジタルトラッキングが何回も点滅して、画面はトラッキングが
合ってない時のノイズが映像と音声にでます。
小さいメダカノイズとランプの症状後もトラッキングは合っていたと思います。
それなのにトラッキングが他のビデオデッキで合わなくなったのは
なぜでしょうか?
トラッキングは回路での調整なんでしょうか?メカの調整なんでしょうか?

Aベストアンサー

>他のビデオデッキで再生したら、オートで今まで合っていたのに合わなく
>なっていて、手動ににしても合いませんし、変化ないです。

クリーニングテープをかけてやる(数回)と状態が改善されることがあります。

Q伝達関数のステップ応答→グラフを書く

伝達関数G(s)=50/(1+100S)(1+12S) のステップ応答h(t)を求め、コンピューターで数値計算を行いグラフを書くという問題で、計算を行うためのプログラムと、計算結果・グラフを提出しなければいけないのですが、その数値計算をするプログラムがかけません。

部分分数分解、ラプラス逆変換をしてステップ応答を求めることはできたのですが、コンピューターで数値計算をするには、どのようにプログラムを書けばいいのですか? ちなみにC言語で書こうと思っています。

ヒントだけでもいいので教えてもらえないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数値計算する場合には、大抵、
・伝達関数を時間領域の微分方程式の形に書き直す。
たとえば G=1/(1+s)の場合、Y=GX -> (1+s)Y=X -> y+y'=x という具合に。
・このyの微分方程式を数値計算で求める
このとき、ステップ応答だから t<0でx=0, t>=0でx=1, 初期条件としてy(0)=0..という条件を与える。
という手順になるかと思います。
微分方程式を計算するプログラムは、参考書なりアルゴリズム辞典に各種書かれていると思いますので、そちらを参考いただければと。
(一番簡単なのは、y'=..という形にして、y(t+Δt)=y(t)+y'(t)Δtで計算するやつですが。)

Q漏電ブレーカはトラッキングにも有効か

トラッキングも漏電ということですか?
火災となる前にブレーカは働くのでしょうか。
漏電火災とトラッキング火災は解明されているのでしょうか。

Aベストアンサー

基本的には、まったく無意味です。

漏電遮断機の構造は、2本の電線に流れる電流は全く同じだと言う所から出ています。
その差が出た時に漏電が発生して居ると言う事です。

トラッキング現象とは、コンセントの2極間にほこりなどがたまり、そこに電気が流れる事によって発生する火災です。

コンセントの二極間に流れる電流は、トラッキング現象が起こって居ても同一になりますので、漏電ブレーカーは作動しない。と言う事になります。

Q伝達関数の極を求める問題なのですが

H(z)=(1+2z^(-1))/(2+z^(-1))
の場合極はいくつになるのでしょうか
どう変形させればいいのかが分かりません

Aベストアンサー

分子分母にzをかけて、
(z+2)/(2z+1)の形にして、分母=0から、z=-1/2 という具合になりそうに思います。
(元の式のまま、分母=0としても計算できるかもしれませんが)

Qトラッキング電源について

電子系の学生なんですが、
トラッキング電源について知りたいのですが、トラッキング電源については、他の電源方式よりもネット上に情報が少ないようなので質問しました。

トラッキング電源についてや、詳しく説明しているサイトを教えてください。

できれば詳しく回路をのせて回路の動きなどを説明していただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

そうゆうことなら,まずはこの無料セミナーで基礎知識を教わったらどうでしょうか?
http://focus.tij.co.jp/jp/analog/docs/analogsplash.tsp?contentId=41726
http://focus.tij.co.jp/jp/analog/docs/analogsplash.tsp?contentId=44430

電源設計には,高電圧乃至大電流を如何に扱うのかとゆうことと,熱損失の処理,定電圧(定電流,定電力も)制御の問題があります.
その点から考えると,デュアルトラッキング電源の設計から始める理由がわかりません.
デュアルトラッキング電源は所詮単出力リニアレギュレータの簡単な応用にしか過ぎませんから.
昨今の主流はスイッチングDC/DCコンバータですが,リニアレギュレータのLDO(低損失)レギュレータも新製品が続々と出ています.

実験例が豊富な設計実務書で実験しながら基本を学ぶことから始めたどうでしょうか?
最近出た本で実験例が豊富と言えばこれでしょうか?
http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/42/42051.htm

スイッチングレギュレータについてはほとんど載ってませんが,リニアレギュレータの濃ゆいところはこの「電源回路のトラブル対策」がお勧めです.
こうゆう古い技術はもう発表されることは無いでしょう.
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B000J8JPK4/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&condition=used
http://www.meirinkanshoten.com/book.asp?id=387448

そうゆうことなら,まずはこの無料セミナーで基礎知識を教わったらどうでしょうか?
http://focus.tij.co.jp/jp/analog/docs/analogsplash.tsp?contentId=41726
http://focus.tij.co.jp/jp/analog/docs/analogsplash.tsp?contentId=44430

電源設計には,高電圧乃至大電流を如何に扱うのかとゆうことと,熱損失の処理,定電圧(定電流,定電力も)制御の問題があります.
その点から考えると,デュアルトラッキング電源の設計から始める理由がわかりません.
デュアルトラッキング電源は所詮単出力リニアレ...続きを読む

Q伝達関数のボード線図について

伝達関数が1/(s^2+s+1)で与えられているときのボード線図(ゲインと位相)の概形を教えてください。どこが折点周波数になって傾きがどれくらいとか
だいたいの形でいいんでお願いします。また、その理由もお願いします。

Aベストアンサー

ここでボード線図は描けませんが、
解りやすく簡単にいいますと、一般的に、LP系は分子が常数(この常数は全ての帯域に係るゲインで、ここでは1)になり、
2次系であれば、1/(T^2S^2+(1/Q)TS+1)の形をなします。
ここで、実関数でみればSはjw(オメガ)で複素周波数を表し単位は[1/t]、Tは時定数で単位は[t]になります。また、Qは2次系
の場合のf0(すなわちS=1/T)のときのゲインを表しています。
出題の伝達関数では、T=1、Q=1となるわけです。
さて、foはS=1/Tの点ですが、Sをjwで置換えればわかるようにT^2S^2の項は-1となるとして、分母はT^2S^2+1が0になるので
伝達関数のゲインは、1/(1/Q)T)1/T)でQになります。
実際の値にあてはめれば、f=1(=fo)でゲイン1となるLPFの形になります。
なお、カットオフ周波数fcはあくまで-3dBの点の周波数ですから、このf0ではありません。も少し高いところになります。
また、2次のLPFはQが1/2^-1(ルート2分の1、約0.707=この時はf0=Fc)以上になると、それより低い周波数でかならずゲインが
1より大きくなります。このピークポイントとそのゲインおよびfcについては、s=jwと置換えて計算します。これはやって
みてください。
このように、TSを使うと計算も楽ですし、簡単にゲインが推測できて大変便利です。
なお、傾斜は12dB/octですが、これはSが無限大のときです。
従って、簡単には、s=0からs=1/Tのところまで(左から右に)直線を引き、s=1/Tの点から12dB/octで落ちる右下がりの直線
を引くと、これが漸近線になります。問題のような場合は(Q>0.707...)、実際のカーブはこの漸近線の常に上側になります。

ちなみに伝達関数が、TSならS=1/Tを通って0~∞に向う-6dB/oct、T^2S^2なら同じく-12db/oct、T^3S^3なら同じく-18db/oct
になり、TS+1ならS=0からS=1/Tはフラット(ゲイン1)で、そこから6dB/octで上り、T^2S^2+1なら12dB/octで上るカーブに
なります。
反対にこれらが、分母にある場合は、1/TSなら、S=1/Tを通って-6dB/octで0に至るカーブになります。
また、次数が1次の場合はS=1/Tのときfc=f0になります。
もし、TS/(TS+1)なら、S>=1/Tのところでは6db/octと-6db/octのカーブの合成(掛算=dBでは足し算)ですからフラットになり、
s<1/Tのところは6dB/octで上昇する、HPFになり、カットオフ周波数はfc=1/Tで、このときの位相は45°になります。

伝達関数の和の形の場合はどう類推できるでしょう。そうです、上のTS+1で見てみると解るように、常に”ゲインの大きい(上)
ところを残して漸近線を引けばいいのです。

以上ですが、これだけ知ってれば大体のカーブが描けると思います。細かなところは実際にjwに置換えて計算します。
いろいろやってみるといいと思います。

ここでボード線図は描けませんが、
解りやすく簡単にいいますと、一般的に、LP系は分子が常数(この常数は全ての帯域に係るゲインで、ここでは1)になり、
2次系であれば、1/(T^2S^2+(1/Q)TS+1)の形をなします。
ここで、実関数でみればSはjw(オメガ)で複素周波数を表し単位は[1/t]、Tは時定数で単位は[t]になります。また、Qは2次系
の場合のf0(すなわちS=1/T)のときのゲインを表しています。
出題の伝達関数では、T=1、Q=1となるわけです。
さて、foはS=1/Tの点ですが、Sをjwで置換えればわかるよう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報