私はいま、妊娠二ヶ月です。
主人の方から離婚届に印を押されて送られてきました。
現在、流産しかけて入院中で、そのうえ私のほうは経済的にかなり不安定です。
裁判した場合、離婚していても経済的にも安定している方に
親権をとられてしまうのでしょうか・・・・?
それとも、離婚をして出産するので親権は私のほうにあるのでしょうか?

親権については両方とも欲しがっています。
裁判ではどっちのほうが有利なのか教えて欲しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

親権」に関するQ&A: 親権が取れますか?

離婚 流産」に関するQ&A: 流産、離婚

A 回答 (2件)

 結論的には、経済力がないというだけの理由で、親権を失うことはありません。



 離婚後にお子さんがお生まれになる場合と、お子さんがお生まれになった後に離婚される場合とでは、親権の所在が異なります。

1 前者の離婚後出産の場合
 母であるpinkdangoさんのみが親権者となり、ご主人は親権者とはなりません。
 ただし、お子さんがお生まれになった後、ご主人が親権者を父と定めるよう協議(話し合い)を求めてこられることはあり得ます(民法819条3項但し書き)。この協議がまとまらなければ、ご主人が、家庭裁判所に対して、親権者変更の調停(裁判所での話し合い)や審判(訴訟の柔らかめバージョン、と思ってくださって結構です。)の申立てをなさる可能性もあります。
 その際には、単純に収入の多寡では決まりません。母が安定・確実な収入源を確保している(または確保できる確実な見通しがある)ならば、現状維持の方向が重視される場合も多いです。ともかく、経済力以外にも、周囲の助力だとか、様々な要素が絡んできますので、現段階であれこれ心配される必要はないと思います。手続が始まってからでも、十分に考える時間的余裕はあります。

2 後者の出産後離婚の場合
 父であるご主人と、母であるpinkdangoさんのお二人が親権者となります(民法818条3項)。離婚後の親権は、ご主人かpinkdangoさんのいずれかお一人のみが親権者となりますが、協議、調停、審判など、決まり方は様々です。また、親権者を父、監護者を母として、普段の養育は母が行う、という解決になる場合も多いです。経済力だけで結論が決まらないのは、1と同じです。
 現段階では、いろいろなパターンが考えられますので、見通しを申し上げることは不可能に近いです。
 もう少し動きがあってから、この「教えて!goo」や、下記参考URL(日弁連の法律相談案内です。)等の法律相談窓口を利用されても遅くはないと思いますよ。

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/houritu/houritu.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も丁寧にお答えしてくれましてありがとうございます。
親権のことを考えると生まない方がいいのかと思ってしまうことがありましたが
少し気が楽になりました。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/09/29 12:53

 結論から先に申し上げますと、離婚届を出された後、お子さんがお生まれになれば、親権者はpinkdangoさんになります(民法819条3項)。


 また、離婚届を出された後300日以内にお子さんがお生まれになれば、出生届はあなたが出されることになります(戸籍法52条1項)。

 離婚届を出された後300日以内にお子さんがお生まれになれば、ご主人が父と推定されます(*注)ので、pinkdangoさんはお子さんの親権者として、ご主人に養育費を請求することができます(民法877条1項、824条、家事審判法9条1項乙類8号)。

 お子さんがお生まれになった後離婚する場合も教えて欲しいなど、何かお分かりにならなければ、補足してください。
 今は、少しでも落ち着いて、無事にお子さんを産んであげてくださいね。

(*注) 民法772条。要するに、ご主人の側から積極的に、「俺の子じゃない」と裁判を起こして立証する(嫡出否認の訴え、といいます。民法774条、775条)のでない限り、父子関係を否定できないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました、ありがとうございます。
離婚をして、出産した後も父親に親権があると言ってくると、
経済的な面でやはり父親の方が裁判では有利なのでしょうか・・・?
父親に子供を任せるのだけは不安でたまりません・・・
良いアドバイスをありがとうございました。
法律などに詳しくないので本当にたすかりました。

お礼日時:2001/09/29 00:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離婚裁判後の親権について

離婚裁判をして離婚が決定した場合、親権が元夫と元妻のどちらに渡るというのが、いつの段階で決定するのかお教えください。

離婚裁判前の前提条件は以下の通りです。

<元夫>
・子供と別れたくないので離婚の意思なし
・離婚の原因は元夫の不貞行為であり、元妻に非はない
・離婚裁判で負けるのはわかっているが、親権は譲りたくない

<元妻>
・元夫の不貞行為のため、離婚を主張
・親権は譲りたくない

上記のため、協議離婚できず、離婚裁判となった場合の話です。
離婚裁判で離婚が決定した時に「子供の親権はこちらに渡す」という形で一緒に出るのでしょうか?
それとも、離婚裁判後に二人で協議し、折り合いがつかないようであれば親権の裁判という形になるのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>離婚裁判で離婚が決定した時に「子供の親権はこちらに渡す」という形で一緒に出るのでしょうか?

こちらです。(民法819条2項)

Q離婚裁判で女が泣く涙は有利になるのでしょうか?

離婚裁判で女が泣く涙は有利になるのでしょうか?

Aベストアンサー

裁判官の心証を揺さぶるという意味では、何かしらの意味があるのかもしれません・・・

法律的には有利にも不利にもなりません。

Q裁判離婚と親権

裁判離婚について
有責配偶者から離婚裁判を申し立てられるかもしれないので質問します。
8年以上別居期間があり、未成熟児を2人抱えています。夫は有責配偶者と認めていて婚費も少額ですが毎月振り込みはあります。
私は子供が学生の間、又は成人するまで離婚したくないのですが、夫は離婚をすぐにでもしたいとの事。
裁判をされると、別居期間が長いので、未成熟児が居ても、離婚の判決が出るのは50%と弁護士に言われました。
離婚したくない理由として、子供の親としての責任を果たすため、成人するまでは両親が親権者で居続けるべきだと思うのですが、それは離婚したくない理由としては弱いですか?

離婚する事で親権を争う事の方がほとんどですが、その真逆の質問になると思います。家庭を捨てて出ていった夫ですが、子供を授かり親である事にはかわりない為、両親が親権者としてある為には離婚しない事しか方法はありません。
どうなんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

両親が親権者で居続けるのが望ましいという
質問者の方のお気持ちは大変よく理解できますし、
私個人としても諸手を挙げて賛成したいところなのですが、
離婚したくない理由としては少し弱いといわざるを得ないかと思います。

旦那様が家に戻ってきて父親としての使命を果たさないのならば、
親権者としての形式だけ残しておいてもあまり意味が無いとも考えられるからです。
また、長期間の別居により婚姻関係が完全に形骸化しているのであれば、
そのような関係を存続させない方がよいと考えられる可能性も高いわけです。

裁判官がそうした心証でいる場合には、離婚を認める判決が出ることになるでしょう。
それを避けるためには、離婚を認めない理由として判例が上げているファクターを参考に、
もうすこし説得力のある主張を行っていく必要があります。
この辺は弁護士さんの独壇場ですので、弁護士さんとしっかり相談して、
悔いの残らないように主張を組み立てていけば良いかと思います。

Q離婚裁判の際に、離婚歴(過去の離婚内容)が影響する事はありますか?

離婚裁判の際に、離婚歴(過去の離婚内容)が影響する事はありますか?

Aベストアンサー

当然、相手方は貴方にフリになる材料として過去の離婚歴を持ち出してくるでしょう。状況によっては過去の離婚した相手を法廷の証人として呼びます。貴方の借金癖や異性関係について、昔からそういう性格だったと証言するでしょうね。

ボロボロになるまで裁判所で暴露されるのが、離婚裁判です。

Q離婚 復縁 再離婚・・・親権について

同じ男性と2度結婚して近いうちに2度目の離婚(再離婚)をすることになりました。前の離婚の時に親権は父親にしましたが今回は私が親権をとることで話しがついています。

そこで思ったんですけど...

復縁(婚姻)は夫婦間の問題だけだから復縁しても親権者は両親ではなく父親なんですか?普通、婚姻中は両親ですよね?
再離婚時、離婚届に親権者を私にできるんですか?
本当の親子でも養子の手続きが必要なんですか?
それとも家裁ですか?

どうか詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

民法上は、「親権は、父母の婚姻中は、父母が共同してこれを行う。」とだけ定められており、離婚をした場合には、どちらか片方を親権者と定めることとなっています。

一般に、婚姻中は共同生活を営むため「共同して」親権を行えますが、離婚をした場合には別居することがほとんどですので、片方を親権者と定めることとなっていると解釈できます。

今回の場合も、「実の両親」が婚姻したわけですから、「父母の婚姻中」という用件に当てはまり、両親が共同して親権を行うという状態です。

従って、離婚の届けの際に改めて親権者を選択することとなります。

なお、市役所などに行けば「市民相談」の窓口があり、法律相談も行えるようになっていますので、そちらで聞かれるとより具体的な話ができるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報