本日このコーナーで2回目の質問です。よろしくお願いします。
 人獣共通感染症連続講座(山内一也先生)第117回(http://www.primate.gr.jp/yamanouchi/117.html)に以下のような記載があります。
 食品、餌、化粧品、医薬品、医療材料として骨から調製したゼラチンとコラーゲンに関しては、国際獣医証明書で以下を証明すること。
1.骨がBSE清浄国または暫定的清浄国由来
2.BSE低発生国由来で
 a.頭蓋と脊椎(尾骨を除く)が除外されていること。または
 b.骨が以下の処理を受けていること。
  i.加圧洗浄(脱脂)
  ii.酸による脱塩
  iii.長時間のアルカリ処理
  iv.濾過
  v.138C以上で最低4秒間の滅菌

 ところで最近ある方より、「薬の苦みなどを抑えるために、コーティングされている薬があるが、コーティング材料には、牛の骨の成分が含まれているものもある。」という話を聞きました。

 前置きが長くなりましたが、以下が質問です。
質問1
 牛の骨の成分がコーティングに使われているような薬は、何種類ぐらいあるのですか? また、そのような情報(=「牛の骨の成分が含まれているものもある」)は、本当なのでしょうか?
質問2
 もし本当なら、コーティングに使われている牛の骨は、どこの国の牛なのでしょうか?
質問3
 もし日本の牛であれば、「a.頭蓋と脊椎(尾骨を除く)が除外されていること。または、 b.骨が以下の処理を受けていること。 」の条件は、今までもしもの場合(=国内で狂牛病の発症)を想定して実施されていたのでしょうか?

 以上3点、重箱の隅をつつくような内容の質問で申し訳ございませんが、どうしても明確にしておきたいため、ご存じの方がいましたらご教授よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

カプセル薬などはカプセルが主にゼラチンや糖類で作られています。

ゼラチンはご指摘のとおり牛などの家畜の骨や皮、内臓等を煮て作られます。ゼラチンは精製されていない状態で工業原料として固まりの状態で輸入され、日本で精製処理され、加工されるものが多いです。ですから、外国製のものが多いのは事実で、詳しい内容などは統計資料を見てみないとわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 コメントがつきにくい難しい問題かと感じていましたのに、回答いただき誠に有り難うございました。

 そうですか。輸入物が多いのですか!
 
 問題は、ご指摘のように「日本での精製処理・加工」が、狂牛病を念頭に置いていたかどうかなのでしょうね。
 
 有り難うございました。今後ともよろしくお願いします。
 もし、「詳しい内容=統計資料」に関してご存じの方がいましたら、アドバイス・回答よろしくお願いします。

お礼日時:2001/09/29 06:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳癌の骨シンチ&骨転移について

 重い話ですみませんが、専門家の方等見られていたら教えて下さい。
 乳癌術後6年余りが過ぎすでに病気のこともわすれかけていた矢先、
 毎年恒例の骨シンチ検査をしたところ、1ケ所だけ真っ黒に集積がありました。
 それと前後してちょうどその辺りに痛みがあったので内科を受診しようかどうしようか迷ってたところだったので、「あ~ついに骨転移っていうのがきてしまったんだなあ・・・」とガックリし、診察をしたら、
病院の先生は、「骨転移の場合は1ケ所だけ真っ黒に写ることはめったにない。薄く最低でも2、3箇所は転々とできるものだから、これは心配することはありません。腫瘍マーカーも変化ありませんし。」と言われました。
でも実際自覚症状がある訳なので、安心と言われても疑問が残ったので、半年後に再度骨シンチ検査をしました。
そして検査結果を聞く時、先生は私の前で始めてフィルムを開け、1秒みるなり、「さあ、どうかな?そら消えてるでしょ。問題ありません。」でした。
問題なかったのだから、よかったのですが、なんとなくすっきりしなくてここにおじゃましました。
私の疑問は、たとえばx線フィルムとか超音波画像とか、そういうものってじーーっくりみないとなかなか癌とかってわからないと思うのですが、そんなに簡単に1秒ほど見ただけで、癌の転移があるかどうかなんてわかるんでしょうか??
どなたかそういうことを専門にされてる方がおられましたら教えていただきたいのですが。
それともうひとつの腫瘍マーカーの件ですが、骨転移を見る「ICTP」というのはしていませんが、他のCEAとかをしてるんですが、
それの数値が上がってないってどれくらい信憑性があるんでしょうか?
今も肋骨とか腕とかなんとなく痛みがあるというか違和感あるし、なんとなく胸が締め付けられるような時があるので、どうしても骨転移を疑ってしまうんですが、そういう経験をした方おられたらぜひアドバイスをお願いします。

 重い話ですみませんが、専門家の方等見られていたら教えて下さい。
 乳癌術後6年余りが過ぎすでに病気のこともわすれかけていた矢先、
 毎年恒例の骨シンチ検査をしたところ、1ケ所だけ真っ黒に集積がありました。
 それと前後してちょうどその辺りに痛みがあったので内科を受診しようかどうしようか迷ってたところだったので、「あ~ついに骨転移っていうのがきてしまったんだなあ・・・」とガックリし、診察をしたら、
病院の先生は、「骨転移の場合は1ケ所だけ真っ黒に写ることはめったにない。薄...続きを読む

Aベストアンサー

ふつう骨シンチは既に専門の放射線科の先生が所見を書いているので、担当の先生は既にそれをみていて把握しているのだと思いますよ。

患者さんを部屋に入れる前に、レントゲン等を確認しておくことも多いです。

骨シンチは注射の部位が黒く染まったり、肋骨や脊椎などでは外傷や加齢性の変化で黒く写ることもあります。あくまで一般論ですし、写真を実際見ないと何ともいえません。

ただ、症状についてはしっかり主治医の先生と相談するのが良いと思います。どうしても納得がいかなければ、セカンドオピニオンですね。

Q骨骨(コツコツ)努力しているのに…

いくつか質問があります。出来れば詳しく知りたいです。ご回答お願いします。

◎59歳の女性骨粗鬆症について整形で骨密度を計ってもらい若年者と比較してかかとでは83%腰椎では66%です。治療は受けていません。骨密度を上げたり、骨を強くするためのよい運動方法や食事、サプリメント、副作用のない治療などどうしたらよいのかいろいろな情報の中、私は迷い困っています。アドバイスをよろしくお願い致します。

◎骨密度の低い人は、カルシウムを食事意外で乳製品やサプリメントで1日何mgまで摂ってもよいのでしょうか。

◎カルシウムを過剰摂取した場合、余分な量は、排出されるとか、結石が出来るとか、又は結石はカルシウム不足で出来るとかいろいろな説を耳にしますが、どれが本当の話でしょうか。詳しく教えてください。

◎牛乳について知りたいのですが、コレステロールが心配なので飲んでいますが、牛乳は酸性物質(リン・タンパク・脂肪)が多いのでアルカリ物質のカルシウムをいっしょにつれて排出するという話を聞いたことがありますが本当でしょうか。もし牛乳を飲んだほうがよいと思われる方は、乳製品は1日に何mlまでは飲んでよいのでしょうか。


◎骨密度の測定部位はいくつかありますが(かかと、腕、腰)、測定値が、異なるようですが
その計った部位の測定値ですか。


◎腰椎での測定は放射線を使っているようですが、心配はありませんか。どれくらいの間隔をあけて測定したらいいでしょうか。


この他にアドバイス、情報があれば是非教えてください。よろしくお願いします。

いくつか質問があります。出来れば詳しく知りたいです。ご回答お願いします。

◎59歳の女性骨粗鬆症について整形で骨密度を計ってもらい若年者と比較してかかとでは83%腰椎では66%です。治療は受けていません。骨密度を上げたり、骨を強くするためのよい運動方法や食事、サプリメント、副作用のない治療などどうしたらよいのかいろいろな情報の中、私は迷い困っています。アドバイスをよろしくお願い致します。

◎骨密度の低い人は、カルシウムを食事意外で乳製品やサプリメントで1日何mgまで摂って...続きを読む

Aベストアンサー

大変ご努力されているようですね。腰椎で66%と言うことは診断上は骨粗鬆症ということになりますので、転倒などで骨折しやすい状態と言えます。転倒には十分気をつけてください。

と言うよりも、やはりきちんとした治療をお受けになることをお勧めします。カルシウム摂取は日本人には苦手のようで、一日必要摂取量をしたまわっている人が多いようです。そうゆう意味ではカルシウムの入った食事をとることは賢明です。ただ、最近CMでもやっているようですが、カルシウムの消化管からの吸収にはビタミンDが必要で、カルシウムのみを大量にとっても排便されるだけです。ただ、一日のカルシウム摂取は2500mg以下にするように提唱されています。牛乳だと約2.5リットルくらいの計算になります。そんなに飲む人はいないと思いますが・・・。

あと、問題なのは、仮にカルシウムとビタミンDを良く取っても残念ながら、骨密度を上昇させる作用はありません。せいぜい、今より悪くならない程度の作用しかないと考えてください。

最近は骨密度を明らかに上昇させる薬もありますので、かかりつけの整形外科の先生にご相談されると良いと思います。

運動ではジャンピングのような脊椎骨(背骨)に加重がかかるような運動が良いと言われています。腰椎の骨密度は最短で4カ月ごとに検査しても良いことになっていますが、仮に4カ月ごとに検査をしても、年間放射線被爆量は問題になりません。
ご質問の答えになっていないかも知れませんが、ご参考にしていただけると幸いです。

大変ご努力されているようですね。腰椎で66%と言うことは診断上は骨粗鬆症ということになりますので、転倒などで骨折しやすい状態と言えます。転倒には十分気をつけてください。

と言うよりも、やはりきちんとした治療をお受けになることをお勧めします。カルシウム摂取は日本人には苦手のようで、一日必要摂取量をしたまわっている人が多いようです。そうゆう意味ではカルシウムの入った食事をとることは賢明です。ただ、最近CMでもやっているようですが、カルシウムの消化管からの吸収にはビタミンDが必要...続きを読む

Q骨類を食べてないのに、骨が刺さったような痛みがします

骨類のものを食べてないのに、喉に骨が刺さったときのような痛みがあります。
以前もありました・・・。
教えてgooの他の人の質問を見ましたが、「竹串が刺さっていた」ということでしたが、私はそういうものも食べてません。
どういうことでしょうか?
どうやったら治るでしょうか?

Aベストアンサー

耳鼻咽喉科でまずみてもらってください。

Q癌の骨移転でゾメタの副作用で、口腔の骨壊死が起きています。 今かかっているの口腔外科ではこれと言った

癌の骨移転でゾメタの副作用で、口腔の骨壊死が起きています。
今かかっているの口腔外科ではこれと言った治療方法が無いようです。
何方かよいお医者を知りませんか?

Aベストアンサー

以前にも同じような質問をしていますが、残念ながら未だこれと言った治療方法は見つかって居ません。
偉い先生方が必死で研究されて居るようですから、その内に治療方法が確率されるかも知れませんから、もう少し頑張ってください。

Qクローバ葉頭蓋症候群 について

クローバ葉頭蓋症候群 という頭部の損傷について、詳しいことが分かるサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本語のサイトはgoogleではみつからないですな
英語サイト
http://www.thefetus.net/page.php?id=340
http://www.amershamhealth.com/medcyclopaedia/medical/volume%20VII/CLOVERLEAF%20SKULL%20DEFORMITY.ASP

特徴的な顔貌が重要なので下記参考URLの図8を参照して下さい

クローバ葉頭蓋症候群  (cloverleaf skull syndrome)
は頭蓋癒合症の一種ですね。先天奇形です
基本的には脳外科と形成外科で手術適応です。
治療方針等について調べる際は頭蓋癒合症や水頭症でも検索してください。(病態の一部です)

(以下太田富雄脳神経外科学改訂7版1213ページより引用)
1960年、Holtermuller and Wiedemannは、頭蓋骨が上方に大きく突出し、側頭部と顔面が著名に広く、クローバの葉のような形をした頭を”Klleblattschadel"として報告した。クローバ葉頭蓋症候群 または奇形(cloverleaf skull syndrome またはmalformation;Cohen,1977) または三葉頭蓋(triphyllocephaly;Davidら,1982)とも呼ばれ、稀な奇形である
頭蓋骨上面の突出と顔面との間に、目のレベルまで溝ができている。外耳は非常に下についている。眼球は突出し、角膜潰瘍や失明が起こりえる。矢状、冠状および人字縫合の早期癒合が見られる。後頭骨は小さく、後頭部脳脱瘤に似た脳の突出が見られることもある。脳回状頭皮(cutis verticis gyrata)が頭蓋後面を覆っていることもある。著名な水頭症が見られる。軟骨形成異常による小肢症が一部にみられる。口蓋は高位にあるが破裂は稀である。その他、口や舌が大きく、遺残歯が早期にはえてくる。指や関節の強直、合指症および指の収縮が起こる。
本性は単独、または各種奇形(Aper syndrome,Carpenter syndrome,Pfeiffer syndrome)の一部としてみられる。また、Arnold-Chiari奇形と合併してみられたとの報告もある(Venus,1988)

参考URL:http://www.emedicine.com/neuro/topic80.htm

日本語のサイトはgoogleではみつからないですな
英語サイト
http://www.thefetus.net/page.php?id=340
http://www.amershamhealth.com/medcyclopaedia/medical/volume%20VII/CLOVERLEAF%20SKULL%20DEFORMITY.ASP

特徴的な顔貌が重要なので下記参考URLの図8を参照して下さい

クローバ葉頭蓋症候群  (cloverleaf skull syndrome)
は頭蓋癒合症の一種ですね。先天奇形です
基本的には脳外科と形成外科で手術適応です。
治療方針等について調べる際は頭蓋癒合症や水頭症でも検索してください。(病態の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報