エステシャンの友人から聞いたこと、TVで観た記憶、
過去の質問も拝見させて頂いたり
自分で手探りにネット検索したり等 でも
意見や考えが違うので良くわかりません。

大まかに分けると 真逆で
○運動した後、すぐ食事すると吸収が良くて太る。
 (ダイエットには、逆効果。)
○運動後、すぐ食事をするとそのまま燃焼が続いてるので 太らない。(ダイエットになる)

どちらが、正解なのでしょうか?

適度な運動(自転車、ストレッチ等)を毎日して 食事内容は、バランスよく摂取しています。
ダイエット効果のある食事のタイミングを教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

いつ、何を、どのように食べるかは、健康やダイエットに深く関わってくるようです。



・タイミングが決め手!同じカロリーで太る人・痩せる人 [食事ダイエット] All About
https://allabout.co.jp/gm/gc/425917/

A 回答 (2件)

どちらも正しくありません。



まず前者からいくと「すぐ食事をすると吸収がいいから体脂肪になってしまう」というのは知識のない人の早合点です。

「吸収がいい」というのは、運動で破壊された体を再構築するために、栄養が消費されやすい状態にあるということです(=代謝がよくなり、回復のための材料を欲しがっている)。
ですから、吸収率がいい状態である運動直後の食事はむしろ体脂肪にはなりにくいと言えます。

それに栄養不足の状態を放置しておくと、疲労した体は、筋肉を分解して活動のためのエネルギーを取り出すようになる危険があります(カタボリック状態)。

ですから、運動直後に栄養を補給しないことは、むしろ太りやすくなる危険があります。

ですが、後者の方も全面的に正しいわけではないのです。体を動かすエネルギーは最初に炭水化物が使われ、その後に脂肪が使われます。ここに食事で栄養を補給すれば、当然脂肪の燃焼は(完全ではないですが)止まります。

また、運動後は内臓の働きが落ちており、消化が悪くなっています。この状態で消化に時間のかかる固形物、脂肪分の多いものなどを入れれば、内臓は余計疲労し、栄養の吸収率は落ちます。

その結果、疲労が回復しにくくなったり、それが重なることで危機感を感じた体が体脂肪を溜め込むようになる危険も高まるわけですから、運動直後の食事は結果として太りやすくなる危険をもっています。

「じゃあ、どうしろっていうの!」と思うかもしれませんが、上記の内容を整理すれば、運動後の体は「回復のための栄養を欲しがっているけれど、そのために必要な作業がうまくいかない」という矛盾した状態になっているわけです。

ですから、運動直後は固形物でなく、消化の手間があまりいらないプロテインや牛乳、果汁100%ジュース、あるいはバナナなどで一時的に栄養を補給することで回復の手助けをします。

多少脂肪の燃焼がとまるにせよ、それまでの運動でカロリーは消費しているし、「脂肪燃焼の低下」と「疲労回復の遅れ&カタボリック状態」というデメリットを比較した場合、後者のほうがデメリットとしては大きいので、スムーズな栄養補給をした方が望ましいです。
そのあと30分~1時間して体が落ち着いて、消化能力が戻ってきてから食事をしましょう。

まとめると、「運動直後に栄養を摂る・摂らないでは、摂る方がメリットが大きい」「だが、固形物では辛いので、吸収のいい液状・ゼリー状のもので一時的な栄養補給をして、少し時間をおいてからゆっくり食べる」、ということになります。

ただし、これはある程度ハードな運動している場合です。軽い有酸素運動程度ならあまり気にしなくてもいいでしょう。不安ならいつもよりよく噛んで食べてください。

なにより、厳密に考えすぎると、それに縛られて身動きが取れなくなります。
ダイエットの基本である適度な運動+腹八分でバランスの摂れた食事をしていれば、ゆっくりでも効果は確実に出ます。
細部にこだわって、本道を踏み外さないようにしてください。
    • good
    • 41
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました。
理屈はよく理解できました。
2通りの真逆意見が出て悩みとなったのも複雑であるからだと理解できました。
しかしながら、人間の体って難しいですね;
本道を踏み外さず 人間らしくいきます。。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/15 16:42

食べ物の吸収とは胃だけではなく、様々なところで行われるそうです。

例えば糖分は口内ですぐに吸収されます。(低血糖を治すためにジュースとかを飲ませるとか、ありますよね)
吸収に関しては食べるものによって変わってくるでしょう。しかし、吸収がよいからと言って、糖分を一切摂らないのも余りよくありません。
正直、食事内容がバランスよく、間食がひどくないのでしたら、あまり気になさらなくて良いと思いますよ。

参考URL:http://www.web-doctors.jp/
    • good
    • 7
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/06/15 16:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腹筋運動のカロリー消費についてです。

腹筋運動のカロリー消費についてです。

同じ時間行うものとして、
高速でやるのと、ゆっくりやるのでは、
どちらがより多くカロリー消費できるのでしょうか?

Aベストアンサー

同じ時間できるのであれば高速の方が運動量が多く、消費量が高くなるでしょう。

ただ5分間高速で続けてできる人は稀で、ダイエットという観点からすれば継続して多くできた方がいいので、トータルで高速が有利という訳でもありません。

むしろ高速は腰を痛めますし、乳酸が一気に溜まって続けられないので、私はゆっくりしています。

30回5セットでも、15分弱ですが、毎日すれば結構いい運動ですよ。

Qダイエット始めたいのですがエンリッチ、BOWS・・適度な運動&食事制限・・・?

こんにちは。 
23歳の女子です。 最近仕事も辞めて家でだらだらしていたせいか、去年の9月~現在まで5キロも太ってしまいました・・。涙
普段、食べ物とか気を使っていたはずなのに・・(;;)
(現在170センチ・60キロ)
原因は冬太り・便秘気味・もともと太りやすい体型・(骨盤が張っている)・前の仕事のストレス太り、というのもあるとは思うのですが… 

そこで、春に向けてダイエットをしようかと思っています。
私が今のところ考えているのは、適度な運動・食事制限 と、サプリメントで補うといった感じです。
しかし、運動はあんまり好きではありません。
先日1週間くらいストレッチもしていましたが結局3日ボウズになってしまいました。
縄跳びとかウオーキングもいいかな~とは思うのですが、(特に下半身太り)
ウオーキングは自宅の周辺に適した場所がありません。
で、縄跳びもいいかなと思うのですが効果があるかどうかわかりません。


サプリメントはいろいろネットで調べて、
以前飲んでいたエンリッチ OR BOWS(←まだ試したことがありません) のどちらかにしようかと思っています。 
ちなみに、エンリッチだとしたら エフェドラ入り(バランスパックというのですが)はちょっと怖いので エフェドラが入っていないセットを飲もうかと思っています。(チョコレートシンパック)
昔、3ヶ月くらいバランスパックを飲んでいて4,5キロは減りました。でも効果がありすぎて頭痛、動悸もありましたし生理が止まったりしちゃったので…。BOWSは試したことがないのでわかりません。

だらけていた自分が悪いのですが…、4月の後半までに3.4キロは戻したいです。

(ダイエットには運動が欠かせないことはわかっているのですが…;;)
どなたかアドバイスあればお願いします。  
※エンリッチ・ BOWS サプリメント情報のことでも構いません。

こんにちは。 
23歳の女子です。 最近仕事も辞めて家でだらだらしていたせいか、去年の9月~現在まで5キロも太ってしまいました・・。涙
普段、食べ物とか気を使っていたはずなのに・・(;;)
(現在170センチ・60キロ)
原因は冬太り・便秘気味・もともと太りやすい体型・(骨盤が張っている)・前の仕事のストレス太り、というのもあるとは思うのですが… 

そこで、春に向けてダイエットをしようかと思っています。
私が今のところ考えているのは、適度な運動・食事制限 と、サプリメントで補う...続きを読む

Aベストアンサー

>もし、食事の量が少ない場合ですと、どうなるのでしょうか? 
>やはりその分吸収されるカロリーも少なくなって効果が減ってしまうのですか?

 これは書き方が悪かったのですが、食事の量が多く→摂取カロリーが多い、という意味です。
つまり、カロリーの摂りすぎで太ってしまった方ならば効果がある、と言いたかったのです。
 太っている方の6割位は、カロリーの摂り過ぎで太っている訳ではなく、
炭水化物の摂り過ぎで太ってしまいます。
そして後者の方の場合、炭水化物高含有食を摂取する習慣を治さないと、
減量することは難しいです。
 BOWSは栄養素全てにアタックをかけてしまう為、後者の方には効果が出難いです。
スターチブロッカーと呼ばれるサプリメントでしたら、それなりに効果をあげるでしょうが、
輸入でしか手に入りません。
 実際の話、減量系サプリメントの使用にはある程度のテクニックが必要です。
断腸の思いでしょうが、使われないことをお勧めします。

>長身?ですと腰・膝を痛める傾向があるのでしょうか? 

 vivi10さんは170cm・60Kgですので、手足も普通よりも長いと思います。
この長い手足、強い力は出し易いのですが、
その分それらの結合部に大きな負担をかけてしまいます。
特に、膝や腰を痛めてしまうことが多いのです。
 vivi10さんにある程度の運動経験があるのでしたら、
そのような長い手足の使い方にも慣れているのですが、
「運動は好きではない」と仰っているので、
念のため「運動は必要無い」と書き込みました。
 只、運動不足はあまり体に良くありません。
ある程度減量ができましたら、散歩程度からで結構なので、少し体を動かすようにしてください。

>食事をするとインシュリンがあがりますが、何回も上げる機会を増やすのは大丈夫ですか?
>たしかに、前の仕事で昼と夜の二回のみの食事でした。これも原因かもしれないです。
>おなかがすいているため、夜帰ってきて沢山食べていました。
>この食欲を防ぐ為に、食事回数は 増やした方がよいとのことですか??
 
 食事の回数を増やすというのには、色々な意味があるのですが、
1番のメリットは”血糖値”を安定させることです。
食事を採ると、糖分が血中に流れ込み血糖値があがり、
それに応じてインスリンが分泌されて”太る”訳です。
そして、食事(炭水化物)の量が多いとインスリンの分泌量も多くなり、
その分泌量に応じて脂肪が付きます。

 また太り易い人は、一般的に糖分の処理があまり上手くありませんので、
炭水化物の量の多い食事を摂取すると、インスリン過剰に分泌されて太るだけに留まらず、
血糖値も大幅に下がって空腹感も生じトータルで食べる量も増えてしまいます。
これでは、痩せるホルモンが分泌されなくなります。

 ここで、極端なDiet(アトキンス式、ボディオパス)ですと、
炭水化物の摂取量を一定期間ゼロにしてインスリンの分泌を起こさないようにするのですが、
それではエイコサノイドと呼ばれるホルモンのバランスが悪くなり、長期間続けることは、
不可能です。

 ですから、一時に摂取する食事の量を減らしてインスリンの過剰分泌を抑え、
血糖値の安定をはかることで空腹感をなるだけ無くして食事のトータルの量を減らし、
痩せるホルモンの分泌し易い環境を作ることが重要なわけです。
そして、その環境作りのために最も有効なのが、私の薦めた食事のポイントなのです。

 ご参考までに。

>もし、食事の量が少ない場合ですと、どうなるのでしょうか? 
>やはりその分吸収されるカロリーも少なくなって効果が減ってしまうのですか?

 これは書き方が悪かったのですが、食事の量が多く→摂取カロリーが多い、という意味です。
つまり、カロリーの摂りすぎで太ってしまった方ならば効果がある、と言いたかったのです。
 太っている方の6割位は、カロリーの摂り過ぎで太っている訳ではなく、
炭水化物の摂り過ぎで太ってしまいます。
そして後者の方の場合、炭水化物高含有食を摂取する習慣...続きを読む

Q疑問なのですが、日中に運動でカロリー消費をして、

疑問なのですが、日中に運動でカロリー消費をして、
1200カロリー(日中の運動カロリー+基礎代謝)分のカロリーを摂取してしていい状況を作っても夕ごはんに摂ったカロリーはそのあと運動しないと蓄積されますか?

必ずしも
食べる→運動
の順でないといくら消費カロリーの方が大きくても意味ないのでしょうか。
すごく不思議です。

説明下手でごめんなさい。

Aベストアンサー

例えばですが、、、

倉庫(体の中)に車(カロリーもしくは脂肪)が100台あったとして、
日中に、車を30台を船に乗せて海外に輸出しました。(運動をしてカロリーを消費)
そして、夕方に工場から10台の車を倉庫に入れました。(夕ご飯でカロリーを摂取)

結果として、今日の夜、倉庫にある車の台数は何台でしょうか?

100台-30台+10台=80台

車は、工場から倉庫へと10台運び入れているので、
10台分蓄積もしていますが、倉庫から外に出す量が多いので
結果的には倉庫の中から20台減って80台になっています。

おおざっぱに言ってしまうと、カロリーの消費も一緒。
おっしゃる通り、夕方に蓄積もするけど、摂取量より消費量の方が多ければ、
全体として見たときには、ダイエットは成功してるんです。

こんな説明ではどうでしょうか?

Q食事後の運動と運動後の食事はどちらが太る?

食事後の運動と運動後の食事はどちらが太るのでしょうか?

自分は、空腹時に運動した方が
血液中に脂肪がなく、体脂肪が燃えやすいのかな?
とか考えているのですが、

それは間違いでしょうか?

Aベストアンサー

エネルギーには脂質と糖質がありますが、運動の際には糖質を先に燃焼します。脂質は体に蓄えられる基礎エネルギーです。ですから脂質は後から使われるのですが、痩せるためには脂質を減らさなければなりません。
食事直後は糖質が多くなります。なので、運動した場合、先に糖質が使われますから、体に蓄えられている脂質が使われるまでには余計に時間がかかってしまいます。
空腹時は糖質が少ないので、運動した場合、食事直後よりも早く糖質がなくなり、脂質が使われるのが早くなります。
以上のことから、食事前に運動した方が太りにくいといえると思います。

Q運動によるカロリー消費量について

どんな運動をどれくらいすれば、何キロカロリーくらい消費できるのか大体の目安を教えて下さい。

僕はダイエットのためにウォーキングを始めたんですけど、歩数計をつけて計ったら2時間くらいでやっと300キロカロリーくらいしか消費できないことが分かりました。

これではらちがあかないので、重い荷物を背負って坂道をひたすら登り降りすることにしました。これなら普通のウォーキングより一気に何倍ものカロリーを消費できますか?

一応僕は1日2000キロカロリーくらいの消費を目標にしてるんですけど、例えばどんな運動をどれくらい行えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
時間当たりの消費カロリーが高いのは水泳(クロール)です。
男性であれば、1時間で1337kcalだそうです。2時間で目標到達出来ますね。
(ただし、厳密には体重によります。)
その他の運動については、以下のURLを参考にどうぞ。

消費カロリーの高い運動ランキング
http://diet.netabon.com/diet/basic/calorie_ranking.html

運動で消費するカロリー一覧
http://muuum.com/calorie/1014.html

Qダイエットには運動より食事制限の方が大切だということに気づきました 運動はもちろん必要だけど、9割は

ダイエットには運動より食事制限の方が大切だということに気づきました
運動はもちろん必要だけど、9割は食事制限が握っている
この見解は間違ってないでしょうか?

Aベストアンサー

私もそう思います。
同じもの、同じ量を食べても吸収のされ方の違いにより食べる順序やタイミングを変えれば全然違ってきますしね。
まぁ、制限というよりも体の仕組みを知って適切に食事を摂るというほうが正しいでしょうか?

運動も同じことで行うのに適切なタイミングがありますし、ガムシャラに走ってもダメですよね。
まず食事をキッチリコントロールが先で、次に運動、運動が嫌いなら高温反復浴でもOK

そんな感じです

Q無酸素運動だってカロリー消費してるでしょ?

運動を始めて20分程度または運動強度が強い場合は、糖よりATPを合成しエネルギー供給に使用する無酸素運動を行う。運動強度が弱く長時間の運動では糖ではなくて脂肪と酸素よりATPを合成しエネルギー供給に使用する有酸素運動を行う。

過去質問を調べた結果、上記の認識でいますが正しいでしょうか?

次に、無酸素運動で使用する糖は、確か炭水化物を分解して作れた筈ですが、脂肪から糖は作れないのでしょうか?何が言いたいのかというと、20分以内の運動だって強い運動だってエネルギーは必要です。エネルギー源として糖を消費したら補給が必要ですね。糖分補給に脂肪は使われないのか?もうひとつ、糖分補給を食料に頼った場合は体が糖分を求めるだろうから、脂肪の取り込みは減少するのかと思うのです。つまり無酸素運動もダイエットには役立ってるのではないのか?20分以内の運動はまるっきりムダというのは無理ないか?と言いたいのです。どうでしょうか?

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●>運動を始めて20分程度または運動強度が強い場合は、糖よりATPを合成しエネルギー供給に使用する無酸素運動を行う。
 >動強度が弱く長時間の運動では糖ではなくて脂肪と酸素よりATPを合成しエネルギー供給に使用する有酸素運動を行う。

■先ず参考サイトを上げます。

<パワーリフター三上のHP:トップ>
http://club.pep.ne.jp/~mikami1/

<パワーリフター三上のHP:スポーツ生理学>
http://club.pep.ne.jp/~mikami1/sports.htm

<以下抜粋>

(1)激しい運動(短距離走など)

・CP(クレアチン燐酸)の分解による(乳酸が発生しない)
・エネルギー供給速度 13kcal/kg/秒(成人男子)
・無酸素的過程
・持続時間8秒程度

(2)中程度の運動(中距離走など)

・グリコーゲンの無酸素的解糖による(乳酸が発生する)
・エネルギー供給速度 7kcal/kg/秒(成人男子)
・無酸素的過程
・持続時間30秒程度,乳酸を生じる

(3)軽度の運動(長距離走など)

・グリコーゲン、脂肪の酸化による
・エネルギー供給速度 3.6kcal/kg/秒(成人男子)
・有酸素的過程
・枯渇することは通常の運動ではない


・無酸素的エネルギー供給時間は(1)+(2)で40秒程度が理論的限界である。
・運動が終了すると有酸素的過程によりATPとCPの回復,乳酸の除去が行われる。

<抜粋終わり>

■厳密にいえば、御質問の2形態、

糖代謝(解糖系エネルギー供給機構)
脂質(アミノ酸、ピルビン酸)代謝(酸化系エネルギー供給機構)

に加え、筋肉中に溜まっていた、ATPを消費する代謝系があります。

■(>20分)という時間は間違いです。

<質問:成長ホルモンを効果的に分泌させるにはどうすればいいですか?>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2360286

安静時でも、糖代謝と脂質代謝は50%:50%で既に、有酸素運動です。

<質問:エアロバイクの心拍数>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2353051

この比率が変わりながら、エネルギーを生み出していきます。

●>次に、無酸素運動で使用する糖は、確か炭水化物を分解して作れた筈ですが、脂肪から糖は作れないのでしょうか?

■脂肪からは糖を再生できません。

糖 -> 脂肪
アミノ酸(タンパク質) -> 糖

上記は可能です。

このため、糖が必要とされる場合、タンパク質から分解され作られる事になります。
(糖新生で検索するといろいろ引っかかってきます)

脳は、糖が唯一のエネルギーです。
ダイエットで食事制限のみをした場合、タンパク質を分解して糖を作りますので、筋肉が細っていきます。

<ダイエット=筋肉を増やすこと?>
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2490413.html

●>エネルギー源として糖を消費したら補給が必要ですね。糖分補給に脂肪は使われないのか?

糖分の補給に脂肪は使われません。

食物から摂取した炭水化物は、肝臓で、グルコース(ブドウ糖:単糖類)に分解され、血中に放出されます。
筋肉は、グルコースを取り込みグリコーゲン(多糖類)の形で筋肉中に蓄えます。
このグリコーゲン(多糖類)が、無酸素運動で使われます。

肝臓では、その他に、自身でグリコーゲン(多糖類)を合成し、肝臓に蓄えます。
血中の、血糖値(ブドウ糖)が低くなった場合、肝臓は、グルコースに分解して、血中に放出し、血糖値を一定に保ちます。

筋肉中のグリコーゲンが足りなくなったら、血中のグルコースを急いで取り込み、グリコーゲンを合成しつつ、一部はそのまま使われます。

<質問:糖尿病治療・運動と食事>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2432728

体内の血糖値が低くなると、筋肉にも力が入らない減少が出ます。
ハンガーノック現象と言います。

<質問:手に力が入らなくなる!>
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2339015

参考書を御紹介します。

<初心者の筋トレ>
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2482995.html

石井直方様、八田秀雄様の著書は大変ためになります。
私も、お二方の著書は、数冊持っています。
是非、御購読されることをお勧めします。

●>無酸素運動もダイエットには役立ってるのではないのか?

<ダイエット=筋肉を増やすこと?>
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2490413.html

●参考サイト

ちょっと難しいサイトですが、じっくり読むと大変ためになります。

<脂質と血栓の医学:トップ>
http://hobab.fc2web.com/index.html

<脂質と血栓の医学:生化学の知識>
http://hobab.fc2web.com/sub7.htm

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●>運動を始めて20分程度または運動強度が強い場合は、糖よりATPを合成しエネルギー供給に使用する無酸素運動を行う。
 >動強度が弱く長時間の運動では糖ではなくて脂肪と酸素よりATPを合成しエネルギー供給に使用する有酸素運動を行う。

■先ず参考サイトを上げます。

<パワーリフター三上のHP:トップ>
http://club.pep.ne.jp/~mikami1/

<パワーリフター三上のHP:スポーツ生理学>
http://club.pep.ne.jp/~mikami1/sports.htm

<以下...続きを読む

Q痩せたいのに、意思が弱すぎて太っていく自分が嫌すぎて、消えたいです。 ちゃんと運動して食事を気にした

痩せたいのに、意思が弱すぎて太っていく自分が嫌すぎて、消えたいです。

ちゃんと運動して食事を気にしたら痩せるんだと思うのですが、それすらも出来ない自分が辛いです。生きてる価値もないクソな人間だと思います。

年末まで頑張ってみて、1kgも減らなかったら、人生諦めようと思います。

運動して食べ過ぎないことが痩せることに繋がると思いますが、どうすれば痩せれるのか、結果が出なくても諦めずに続けられるのか、教えてください

Aベストアンサー

ちょっと誤解しているかな。

「痩せられないのは意思が弱いからだ」とか「ちゃんと運動して食事を気にしたら痩せる」というのは100%間違いとは言わないけど、ほぼ正しくない。

いや、意志力(「意思」は誤字ね)が強くて痩せた人も10,000人に1人くらいはいるかな(爆)。
「ちゃんと運動して食事を気にしたら痩せる」というのは特定の条件に当てはまるごく一部の人だけです。たとえば代謝が落ちきっていて何十年も動かない生活を続けてきた中高年にはそんなこととても無理。

でもいわゆるそういうダメ人間たちだって、どんどん痩せていってますよ。

痩せることに成功した人のほとんどは、軽い気持ちで何かを変えてみたら、たまたますぐに結果が出て、それで気をよくしてやる気が出たってパターンだと思う。

必死に歯を食いしばって、やりたくもない運動を続けて、かつ食べたい食べ物も我慢しているのに、2週間経っても3週間経っても、ちっとも結果が出ない。
これじゃ続くわけないよね。
どんな鉄の意志を持った頑固者だってくじける。少なくともボクにはとても無理。

Q&Aサイトの回答者たちはたぶんダイエット成功者だろうから、エラソーに「ああすれば痩せる」「こうすれば痩せる」と語っているよね。
でも、それは結果論にすぎない。
たまたま「最初のツカミ」がうまく行って波に乗っただけ。そこで失敗していたら今でもダイエット難民のままだったと思うよ。

質問者さんへのアドバイスとしては、何かしてみてすぐに体重が落ちなかったら、さっさとあきらめること。
気持ちを切り替えて別のことを試してみた方がいい。
結果が出なかったら続かないのは明らかだから。
2週間続けて体重がびくともしないとか、逆に増えちゃった、なんてことは「その方法は失敗」ってことです。

2012年くらいに糖質制限が脚光を浴びました。
それまではダイエットQ&Aサイトで、常連回答者たちからぼろくそ言われていた方法だったんですよ。
健康に悪い、とか、痩せるわけないとか。
でもそれまで一度もダイエットに成功したことのない中高年たちが糖質制限で続々と痩せ始めていって状況が一変しました。

彼らが成功したのは、糖質制限が空腹を我慢しなくても運動しなくても痩せる場合が多かったから。
常連回答者たちはあなたみたいにダイエットを「根性の問題」「バランスよく食べて運動する」としかとらえてなかったのだけど、賢い中高年たちはそうでない方法で成功したってことです。

別にこの回答では糖質制限をお奨めしているわけではないけれど、要はダイエットってのは情報戦だし頭を使う必要があるってことです。
根性論とかで捉えている限り、続きませんよ。続かないってことは成功しないってことです。

ちょっと誤解しているかな。

「痩せられないのは意思が弱いからだ」とか「ちゃんと運動して食事を気にしたら痩せる」というのは100%間違いとは言わないけど、ほぼ正しくない。

いや、意志力(「意思」は誤字ね)が強くて痩せた人も10,000人に1人くらいはいるかな(爆)。
「ちゃんと運動して食事を気にしたら痩せる」というのは特定の条件に当てはまるごく一部の人だけです。たとえば代謝が落ちきっていて何十年も動かない生活を続けてきた中高年にはそんなこととても無理。

でもいわゆるそういうダメ人間たちだっ...続きを読む

Q運動時間とカロリー消費の関係

有酸素運動でジョギング30分で300kcal消費と、ウォーキング1hで300kcal消費では、体脂肪消費やダイエットに対する効果は同じでしょうか?
有酸素運動は時間が長い方が効果があるとききました。

Aベストアンサー

同じではないです。

運動によるカロリーの消費というのは、運動中だけでなく運動を終えた後も続きます。
運動の強度が高ければ高いほど、運動をし終えた後の脂肪の代謝が長く続くことが知られています。これをEPOCと言います。

例えば激しく体を動かすと、自分で自覚できるだけでも、運動後に呼吸が荒い状態が続いているのがわかりますよね?これは運動中に呼吸が追い付かず消費できなかった酸素を、運動後に消費している状態。この時脂肪も燃えています。

ジョギングの場合は運動中に消費したカロリーのさらに約20%が運動後に消費されていきます。ウォーキングのデータは見たことがありませんが、ジョギングより軽いという前提ならEPOCも低いでしょう。
より強度の高い運動ほどEPOCは高くなります。ちなみに無酸素運動である筋トレや短距離走ではEPOCはさらに高く、しっかり脂肪が燃えます。

それとですね、

>有酸素運動は時間が長い方が効果があるとききました。

これはそもそも迷信ですよ。ゆっくりな運動でも長くやれば痩せるよって言う話がいつの間にか、インチキ科学も手伝って、長い時間運動したほうが効果的だと言われるようになっただけです。みんな信じていますが、ガンガン走るとたかが1日20分のランニングでも1時間歩いている人より痩せますからね。

同じカロリーを消費する場合、何分やろうとその運動による減量効果は同じです。加えて、実はより運動強度が高いほど筋肉への刺激が強くなり、その刺激は脂肪を強力に分解する成長ホルモンの分泌量を高めます。
通常、痩せる時は筋肉も脂肪も減っていくのですが、強度が高い場合はホルモンの影響でより筋肉は守られ、その分脂肪が落ちる割合が上がります。結果的に少しでも強度が高いほうが、身体の細さや体型の引き締まりかたに現れます。
有酸素運動でただカロリーを減らす以外に、筋トレもしましょうってのは、そういう風に脂肪を狙って落とすためだったりします。

どんなスポーツ選手でも、だいたい皮下脂肪は薄くて腹筋も割れていますが、一方で同じぐらい毎日たくさん歩いたり仕事をしたりしている人が、そのように皮下脂肪が薄くなるかと言えば、なりませんよね?たとえ体重が同じだとしても、一般の強度で動いている限りそれなりに厚い皮下脂肪が付いています。
スポーツしている人が皮下脂肪が薄いのは、運動時間や量が多いためではなく、普通の人よりも高い強度の運動をしているためです。

さらに言えば、走るのが趣味な人でも、マラソンばかりの人は体脂肪率15%が平均。一方、短距離をしている人は10%を切ります。

同じではないです。

運動によるカロリーの消費というのは、運動中だけでなく運動を終えた後も続きます。
運動の強度が高ければ高いほど、運動をし終えた後の脂肪の代謝が長く続くことが知られています。これをEPOCと言います。

例えば激しく体を動かすと、自分で自覚できるだけでも、運動後に呼吸が荒い状態が続いているのがわかりますよね?これは運動中に呼吸が追い付かず消費できなかった酸素を、運動後に消費している状態。この時脂肪も燃えています。

ジョギングの場合は運動中に消費したカロリーのさらに...続きを読む

Qダイエット 運動と食事制限

現在高校2年の男です。
半年前ぐらいに一度ここでダイエットについて質問させて頂きました。
皆様の回答をもとにダイエットを始め今では身長180cm ダイエット前の体重から見ると
103kg→80kgまで落とすことができました。本当に感謝しております。
ただ外見的にはまだまだ太っている体型で体の回りも脂肪だらけです(汗
ここからスリムな体型を作るには運動だけでなくやっぱり適切な食事制限を行ったほうがよろしいのでしょうか?
現在の運動方法としては
週に5,6回 スロトレ10分→軽いジョギング30分 程度で今まであまり食事に関しては気にしていませんでした。
目標の体型としては筋肉質な体というよりはスリムな体型を目指したいと思います。
参考になる書籍・アドバイス等々、力を貸して頂けるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

半年で23kgも落としたということは、
たぶん体脂肪が抜けたことによって、
皮膚がゆるゆるの状態になっているということではないでしょうか。
質問者様の言う「体の回りも脂肪だらけ」というのは、たぶんそういう状態と思われます。

質問者様はまだ若いんだから、再び太ることさえなければ、
皮膚が締まってきていい体型になりますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報