今高校1年生の息子の大学受験の事で、教えて下さい。息子が受験する時から、大学受験の方法が変わる、センター試験が5教科7科目になるという話を聞いていたのですが、今日の塾の面談ではそれは息子が受験する次の年からだという話です。行きたい大学があるのですが、今のままですと、3科目で受験できるのですが、それが7科目となると苦手な科目があるので、困っています。まだ一年なので、今から頑張ればいいのでしょうが…。私は何しろ一期校二期校の時代ですので、今の受験制度がさっぱり分かりません。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

情報に混乱があるのは、「年度」と「年」の混同があるからではないでしょうか。


今年一月に行われたセンター入試は2001年度(平成13年度)入試です。そして、例えば、参考URLやその中のTOPICSなどをご覧になっていただきたいのですがセンター入試で5教科7科目は2004年度(平成16年度)入試からとなっています。これは、2004年春に入学する学生を選抜する入試で、2004年に行われます。

現在の高校3年生は2002(平成14)年度入試に挑戦するわけで、今の高校2年生は2003年度、高校1年生は2004年度入試となります。そういう意味では残念ですがtitanicerさんのお子さんは多くの国立大学で5教科7科目のセンター入試を求められる時に受験されることになります。

ただ、ご注意申し上げたいのはセンター入試だけで合否が決まるわけではないということです。各大学で2次試験が行われてセンター入試との総合成績で合否が決まります。また、5教科7科目入試となっても事前にわかっているわけですから現役受験生にとっては条件が悪くなるわけではありません。大変なのは、その前年度までに卒業したいわゆる浪人生です。

蛇足ですが、現在ではセンター入試の成績だけ、それも少数科目の成績だけで合否を決定する大学もありますがその方法がある意味で大学生の学力低下を招いたわけです。確かに科目増で各受験生の負担は増えますが、それでも一期校・二期校時代と比べても明らかに入試は楽になっています。今から意識して勉強すれば合格を得るのも容易なことであると思います。お子さまが頑張ってくださることを期待します。

参考URL:http://www.obunsha.co.jp/information/main.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。全く分からなくて困っていたので、大変助かりました!プロである塾の先生も間違えてしまう程、「年」と「年度」はややこしいものだったのですね。息子もこれで覚悟を決めて、勉強できる事と思います。ありがとうございました!

お礼日時:2001/10/09 23:20

 せっかく高い授業料を払っているのですから、塾の先生をもっと活用しましょう。



 受験に関しては、塾の方が学校の先生より上です。

 ご子息を疑うわけではないですが、自分に都合の悪い話を親にでも言うとは限りません。
    • good
    • 0

「一期校、二期校」は古いですね。

 今じゃ「共通一次」も死語になりつつあります。
私も、昭和58年受験組(五教科7科目、二次試験二または三教科3科目程度)ですが、入試制度がゴロコロ変わっているので、もはや呆れ返っています。とりあえず、貴方様なりに入試制度の基礎知識を仕入れてください。

参考URL:http://www.dnc.ac.jp/
    • good
    • 0

>苦手な科目があるので、困っています


本人の努力次第です。本人自信が困っていれば努力するでしょう。
>今から頑張ればいいのでしょうが
今からがんばればいいのです。
>今の受験制度がさっぱり分かりません
塾の面談でアドバイスを受けたのではないでしょうか。
    • good
    • 0

塾では、一人でも多く有名大学へ合格させることが使命ですから、塾の先生方はしっかり心得ておられますよ。

ご不明な点は、どしどしお聞きになれば、先生方も喜んで教えていただけると思いますよ。アドバイスにならなくて、すみません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国立大学の一期校と二期校

国立大学出身の知人と私立大学出身のわたしとで、以下の大学が昔、一期校だったか二期校だったかという話題で口論(笑)になりました。

わたし:一期校―新潟、琉球。二期校―東京学芸、横浜国立。
知人 :一期校―横浜国立、東京学芸。二期校:新潟、琉球。

わたしは自分が正しいことをわかっていますが、知人も自分は間違っていないと言い張り、主張を曲げません。
そこで、国立大学の一期校、二期校の一覧がわかるサイトなどありましたら教えて欲しいんですが。

Aベストアンサー

昭和50年代は大学生でした。当時は以下の通りです。

一期校:北海道、岩手、東北、筑波、千葉、お茶の水女子、東京、東京工業、
    一橋、新潟、金沢、浜松医科、富山医科薬科、名古屋、三重、滋賀医科、
    京都、大阪、神戸、奈良女子、島根医科、島根、岡山、広島、徳島、
    高知、九州、九州芸術工科、長崎、熊本、琉球

二期校:小樽商科、帯広畜産、北海道教育、室蘭工業、旭川医科、弘前、宮城教育、
    秋田、山形、福島、茨城、宇都宮、群馬、埼玉、電気通信、東京医科歯科、
    東京外国語、東京学芸、東京農工、東京商船、横浜国立、富山、福井、
    山梨、信州、静岡、岐阜、愛知教育、名古屋工業、滋賀、京都教育、
    京都工芸繊維、大阪外国語、大阪教育、奈良教育、和歌山、島根、山口、
    香川、愛媛、宮崎医科、鹿児島

で、beat118さんが正しいですね。

以上、手元にあった資料からリストアップしてみました。

Q一期校・二期校時代の公立大学の入試日程

公立大学の入試(個別学力検査)の日程に関し、共通一次以後はC・中期日程を除いては基本的には国立大学の入試日程のスキームに取り込まれていますが、一期校・二期校時代はどのような日程で行われていたのでしょうか。

入試制度の変遷に興味を持ったのですが、一期校・二期校時代の情報は国立大学に偏っており公立大学の入試形態がよくわからないので質問する次第です。

Aベストアンサー

都立大や大阪市立などの人気校は1期と同日日程でした。

一部の公立は1期と2期の間(1期の直後)にしていました。
確か、都留文や高崎経済等と、神戸商大の一部の学科。

横浜市立大は他の学部は1期でしたが、医学部はその、1,5期だったので異常倍率でした。
2期の医科歯科が駄目で、東大の理1と横市の医とダブル合格で悩む人も多かったです。

Q今高校3年生の受験生です。

今高校3年生の受験生です。
指定校推薦で日本大学の生物自然科学部に入ろうと思っています。
試験内容は小論文と面接です。
指定校推薦ならば練習は必要ないと聞きましたが、何かしていないとやはり不安です。
なので国語の先生に小論文の練習をしてもらうことになりました。自分でテーマを決めなければならないのですが、何をテーマにしたら良いでしょうか?今考えているのは「口蹄疫問題について」と「生物多様性について」の二つです。他にあれば教えてください。もし上の二つでも対策になるのならば、こう書くといいなど教えてくださると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

失笑は買いませんよ。
大学に入りたいと思った人がそのために熱心に動いていることを笑う対象になると思えるんでしょう? どうして「学ぼう」という人を、「学府」に属する人たちが笑うと思えるんでしょう。ふしぎな話です。
あまり質の良くない大学を経験されたのかな? 

さて、挙げられたテーマは、とても良いと思いますよ。とくに後者は今年の世界的なトピックですからね。
なぜ「生物多様性が必要なのか」をご自身の言葉で話せるだけの知識を集めるのが先でしょうか。また、COP10の主旨、そこで語られている内容は、最低限把握しておきましょう。そして、世界でどのような活動が行われているかも。
大学は「評論家」が欲しいのではないので、そこで書かれていることの批判ではなく、ご自身なら何をしてみたいかも書けると良いかと思います。
時事の最大のテーマですからね。

他のテーマとしては、時事ではなくご自身が小さい時から疑問に思っていたことがあれば、それを自身の経験とともに挙げるといいですよ。そういうテーマを持っている人は、学者として大成できることを試験官も知っていますから。

Q防衛大学校の受験科目

防衛大学校の受験科目の「理科」についてです。
防衛大のサイトなどを見たんですが、しっかりわかっていません。
物理と化学どちらかだけでいいというような感じのことが書いてあるかと思えば、物理・化学が必須科目と書いてあったりもして、どっちが正しいのか自信がないので質問させていただきました。なにぶん調べ方がよくわからないもので…

「理科」は物理か化学からどちらかだけを受ければいいのでしょうか?
教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

理科は物理または化学でいいと思います。
ただし、いずれもIIまで必要です。

Aベストアンサー

どこかあると聞いたことがあるけど、忘れました。
ただし、2012年以降はそういう大学が増えるかも。
http://www.keinet.ne.jp/doc/topics/news/08/20080807.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報