8月に愛知県と長野県の県境の渓流に遊びに行ったときに、川辺の水溜りに細長い15センチくらいの糸のような生き物が、白と薄茶と二匹いました。これはなんと言う生き物でしょう。教えてください。

A 回答 (2件)

画像を拝見しました。

ハリガネムシで間違い無いと思います。検索サイトで「ハリガネムシ」を検索すると、同じ生物が載ったサイトがいくつかあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。ずっと気になっていたのですが、生物図鑑を調べることもせず放ってあった疑問でした。一つ賢くなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/11 20:14

ハリガネムシ、ではないでしょうか?


水から出して放っておくと、固い針金みたいになります(水につけると戻ります)。
恐らくですが…

この回答への補足

ありがとうございます。
http://www.mirai.ne.jp/~mizuno/osiete.html
に虫の画像を載せました。参考まで

補足日時:2001/10/08 21:38
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色盲の生き物と、色が分かる生き物

犬猫をはじめ、動体視力は良いけれど、近視で色盲とされている哺乳類は結構多いです。
人間は非常に色々な色を判別できますが、これは何故でしょうか?

カラフルな生き物の多くは、繁殖に関わることもあり、色の識別が出来る種が多いようです。
色に好みまである鳥類だけでなく、魚類でも色を識別できると考えられているようです。

人間はカラフルな生き物ではなく、皮膚は透明で、基本的に地味な肌色毛色をしていますが、
地球上の一生物として、どういう必要があって色が分かるのでしょうか?

Aベストアンサー

ほ乳類の先祖は恐竜たちとともに中生代を生き抜く中、夜に活動する能力を獲得しました。外温性のは虫類が夜間は体温が下がってしまい、活動できないのに対し、体毛の獲得や効率的な呼吸システムの確立により内温性を獲得して、夜間でも体温を維持できるようになったのです。目に関しては、網膜の視細胞として、暗所で明暗を見分ける桿体細胞を発達させ、網膜の裏に輝板(反射板です)という組織を発達させ、少ない光を有効活用できるようになりました(だからネコだけでなく、ほとんどのほ乳類は夜に光を当てると目が光ります)。

錘体細胞はロドプシンという感度の高い光受容物質をもちますが、色を識別できる錘体細胞は弱い光に対して感度が低いのです。また、輝板があると、瞳孔から入ってきた光と輝板で反射した光の両方が網膜を通過するため、像はぼやけた物になります(暗視カメラの像を想像してください。色がなく、像はぼやけるけど、弱い光を増幅して、とにかく「見る」ことができるのです)。

昼間の世界では、たとえば植物と昆虫や鳥は、色による交信をしています。植物は、実が熟したら赤や黄色や黒に色を変え、教える代わりに、果実を食べたあとの種を運んでもらいます。このように色には様々な有用な情報がありますが、ほ乳類は嗅覚や聴覚を発達させることでこれをおぎない、夜間での活動に生活をシフトさせたのです。

夜の世界を脱して昼の世界に戻ってきた人類は、体温維持のための体毛を捨て、クリアな像をみるために輝板も捨てました。そして、錘体細胞にとんだ網膜をもつことでカラフルな世界に戻ってきたのです。

ほ乳類の先祖は恐竜たちとともに中生代を生き抜く中、夜に活動する能力を獲得しました。外温性のは虫類が夜間は体温が下がってしまい、活動できないのに対し、体毛の獲得や効率的な呼吸システムの確立により内温性を獲得して、夜間でも体温を維持できるようになったのです。目に関しては、網膜の視細胞として、暗所で明暗を見分ける桿体細胞を発達させ、網膜の裏に輝板(反射板です)という組織を発達させ、少ない光を有効活用できるようになりました(だからネコだけでなく、ほとんどのほ乳類は夜に光を当てると...続きを読む

Q螺状糸(螺糸)・螺状肋(螺肋)は何処のことですか

螺状糸(螺糸)ラシ・螺状肋(螺肋)ラロクとは,貝の何処のことなのですか。ご教示下さい。

Aベストアンサー

螺状糸(螺糸)、螺状肋(螺肋)は巻貝の用語です。

巻貝の巻きに沿って発達する肋(突起や畝)を螺状肋(螺肋)といいます。
螺状肋の細いものを螺状糸(螺糸)といいます。

螺状肋と螺状糸の区別は、大きさ(太さ)で何mm以上は螺状肋、それ未満は螺状糸という決まりがあるわけではありません。
螺層(巻貝のまいている部分の一巻き)や体層(巻貝の一番外側の一巻き:巻貝の軟体部のほとんどが入る部分)の幅や、ほかの螺状肋の太さとのバランス等で決められます。
人によって、あるいは文献によって、中間的な太さのものが螺状肋と呼ばれるか螺状糸と呼ばれるかは微妙に変わったりします。

ちなみに英語では太い順に、spiral rib(螺状肋)、spiral riblet(螺状細肋)、spiral thread(螺状糸)といいます。
また、spiral cordと言う場合もあるようです。

さらに、巻きに交わるように発達する肋を縦肋(じゅうろく)、縦肋の細いものを縦糸(じゅうし)といいます。
たくさんの縦糸と螺状糸が交わると布目(ぬのめ)となります。

螺状肋は一般に螺肋と呼ばれることのほうが多いと思います。

凹んだものは溝(groove)と呼ばれます。

貝の用語については、貝類図鑑の巻頭・巻末などに図解や用語集がある場合がおおいです。
図鑑は入手しやすくて良いのですが、比較的簡便なものが多く一冊では不十分かもしれません。
複数の図鑑を見比べて参考にされると良いと思います。

螺状糸(螺糸)、螺状肋(螺肋)は巻貝の用語です。

巻貝の巻きに沿って発達する肋(突起や畝)を螺状肋(螺肋)といいます。
螺状肋の細いものを螺状糸(螺糸)といいます。

螺状肋と螺状糸の区別は、大きさ(太さ)で何mm以上は螺状肋、それ未満は螺状糸という決まりがあるわけではありません。
螺層(巻貝のまいている部分の一巻き)や体層(巻貝の一番外側の一巻き:巻貝の軟体部のほとんどが入る部分)の幅や、ほかの螺状肋の太さとのバランス等で決められます。
人によって、あるいは文献によって、中間的な太さの...続きを読む

Qこんなに暑くなっても、まだ蚊が出て来ません。 水溜りがあると卵を産み付けて、ボウフラになるらしいので

こんなに暑くなっても、まだ蚊が出て来ません。
水溜りがあると卵を産み付けて、ボウフラになるらしいのですが、親の蚊はいつ頃生まれて、どこで過ごしてたんですか?

Aベストアンサー

昨日、仕事中に刺されました。今年始めてです。前にテレビでやってたのは、植木鉢の受け皿のふちのような所に、小さい黒いつぶつぶが付いてるのが卵だと。親は産卵したら死に、卵は暖かくなってから水に浸かるとボウフラになってから成虫になるんでしょ。毎年最初に刺される頃の蚊は、なぜか凄く小さいですよ

Q渓流を素早く泳ぐ哺乳類?

栃木県北部の渓流で発見しましたが、とにかく素早かったので写真なんて撮れませんでした。
体長20cm程度(身幅は15cmくらい)で全体的に茶色っぽく、ベタっとひらべったい感じ。明らかに魚ではないと思ったのは、手足らしき物が見えたので。でもそれを使って泳ぐというより、ほとんど動かさずにスーーッと岩場に消えました。
ネットで調べているうちに「カワネズミ」というのに当たりましたが、画像で見る限り、こんなコロコロしてなかったと思います。
一体あの生物は何だったのか?どなたかお判りになる方いらっしゃいましたら、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

体長20センチは小さいですね。
その大きさが正しければ、イタチの仲間の「イイズナ」。
でもこれは、北方に生息するので、栃木県北部まで下りてきているかどうか…。
いずれにしても、イタチ類のような気がします。
イタチは、カエルなども食べますから、水辺にいることも当然あります。

Q洗濯物に付く、黒くて細長い虫は何?

洗濯物を取り込んだとき、白いタオルなどに何匹もの細長くて小さい黒い虫(幅1mm弱、長さ3mmくらい)がたくさん付いています。全部タオルの繊維に添って横向きに並び、中には交尾しているものもあります。白いタオルに沢山いるみたいです。この虫はいったい何なんでしょうか?虫が付かないようにする方法もあれば教えてください。

Aベストアンサー

「アザミウマ」で、画像検索なさってみてください


人気Q&Aランキング

おすすめ情報