携帯電話のiモードで株の売買の取引が出来ると聞いたのですが
実際に経験されていらっしゃる方がいればメリットとデメリットを教えて下さい。
これから始めようと思いますので機種等でもおすすめがあれば教えてください。
やっぱりカラーの方がいいのかな?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私はネット系証券でiモードとPCで取引していますが、iモードだとどこにいても価格がわかるのでとても便利ですよ。

私の場合注文はPCからよりもiモードからのほうが多いですね、でも私の使っている証券会社は投資信託がまだ取引できないのでそこが不便です。あと、詳しい投資情報はやはりPCですね。
機種はiモード対応であればOKではないでしょうか、私は白黒の502です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなり申し訳有りませんでした。
参考にがんばってみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/28 18:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単元未満株1株を所持していて、株式併合して例えば2株→1株になった場合、所持している株はどうなるのですか?

単元未満株1株を所持していて、株式併合して例えば2株→1株になった場合、所持している株はどうなるのですか?

配当金や株主優待などの特典もどういう扱いになるのか御指南ください

Aベストアンサー

持ち株×0.5になります=0.5株

っのは無いので・・・・
良くあるパターンは・・お金で交付されます ので株券が無くなります

Qポケ株(ポケット株)は、どこで買えばベストでしょうか?

 ポケ株あたりから株をはじめてみようと思っています。
お勧めの証券会社があったら教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ポケ株ワラントはゴールドマン・サックス・インターナショナルが発行するカバードワラントです。カバードワラントの仕組みを利用するので、ポケットマネーで投資が可能。価格変動リスクは通常の株式と同程度で、ポケ株ワラントの値動きは対象となる銘柄にほぼ連動します。

詳細は参考URLをご覧ください。

取り扱い証券会社も出ています。
5社有りますから、それぞれのHPで比較してください。

参考URL:http://www.gs.com/japan/ewarrant/pocketkabu/index.html

Qネットで株の売買を実際にしたことがありません。本を読んでいたら、自動売

ネットで株の売買を実際にしたことがありません。本を読んでいたら、自動売買の逆指値注文について書いてありました。そこで質問です。
1.自動売買では、指値注文というのはできないのですか。
2.逆指値注文とは、「ある価格以上なら買い」、「ある価格以下になったら売り」という注文です、と説 明がありました。
 例えば 100円で買って、110円で売りたい場合。
 「ある価格以上なら買い」の欄?に100と入力
 「ある価格以下になったら売り」の欄?に110と入力
 では、指値注文と同じ発注の仕方ではないかと思うのですが。

Aベストアンサー

指値注文も当然あります。というかそれがメインではないでしょうか。

逆指値はたとえば、100円以上なら買いという注文は価格が100円以下の時にしかできません。当たり前ですが。
つまり現在の価格よりも高くなったときに買うという注文です。
どういう時に使うかというと、下の方もいっていますが、まず代表的なものは損切り。すでに売買済みのポジションから損失がある一定以上膨らみそうなときにそれを回避する目的で使用します。

他の使い方としては、テクニカル分析を行うと、ある金額に壁があり、それを超えた場合、上昇トレンド開始とみなせるような分析方法があったとき、つまり、今は90円で、小幅な値動きだが、100円を超えたら上昇トレンドの相図とみなせる場合は「100円以上で買い」といったような買い注文を出すことがあります。

前者はデイトレーダーが良くやる注文で、後者は中長期のトレーダが使うやり方だと思います。

Q株買って売買してみたいですが、どこからスタートすればいいですか?株についてわかりやすい本もあれば教え

株買って売買してみたいですが、どこからスタートすればいいですか?株についてわかりやすい本もあれば教えてください。

Aベストアンサー

証券会社に口座を作る。これは、株を売買するための絶対条件です。

その前に本屋さんへ向かいましょう。そこで、現在市販されているマネー雑誌を数冊購入すること。
ただし、各証券会社の特徴や売買手数料等が記載されているページが必ず存在する雑誌であること。
数冊存在します。
この時点では、会社四季報や初心者向けの株式売買に関するムック本には手を出さない。
(四季報はあくまでも辞書。ムック本は短期取引のみに特化しているものが大多数)

次に、自分のお金に関する事を整理し、「固定費」(保険やローン等)の無駄を省きます。
今いくら預貯金があり、どのくらいの借入金があり、どのくらいの収入があって、どのような保険に加入しているのか、等々。
運が良ければ、購入したマネー雑誌に特集が組まれてます。

重要なのは、買ったマネー雑誌に書かれている用語を理解する事。
そこで何度読んでも理解できない金融商品には手を出さない事。
そのために、何度も図書館の経済・企業・法律・税金が置かれているコーナーに足を運ぶことになります。
特に所得税に関して理解できないと、売買開始後に多くの不都合が生じます。

ここまでで
・損失の可能許容金額
・「株」の取引の種類と保有期間と購入の目的
・税金で持っていかれるお金の事
・最低でも高校の政治経済の授業程度の社会的知識
・株式会社という存在の話
・どの証券会社なら最低限の手数料で済むのか
くらいは分かるはずです。

むしろ、この勉強が済んでからでないと「自己責任」の世界なので、即刻退場になる恐れがあります。
なお、同時進行で証券口座を開いてしまいましょう。
証券会社のセミナーに参加して勉強するのも手です。ただし、本当に買おうと思ってる会社が見つかるまでは勧誘を断り続ける事。
毎日の経済ニュースや最低でも日経平均位は「監視」が必要です。
それは同時に「板」「チャート」を読む訓練になります。
ネット系証券会社ならば、四季報データも含めてこの程度の情報提供があります。
対面の場合はギリギリの順法精神の営業をしてくると思います。(感覚としては、銀行の窓口で外貨預金組むのと一緒)


-------------------------

わかりやすい本……実際の所、無いです。
それでも挙げるならば、FPのテキストの金融資産運用の項目程度。
ただし、金融商品に関する一般的な知識だったり、購入に関する手法はあくまでも長期投資を前提としています。
なぜなら「超基礎」と書かれていても、最新話題の投資手法が書かれている場合が多いからです。
それは、勉強していけば自然と分かると思います。

なので、実際に売買しながら解らない事柄を適時調べていくしかないです。

証券会社に口座を作る。これは、株を売買するための絶対条件です。

その前に本屋さんへ向かいましょう。そこで、現在市販されているマネー雑誌を数冊購入すること。
ただし、各証券会社の特徴や売買手数料等が記載されているページが必ず存在する雑誌であること。
数冊存在します。
この時点では、会社四季報や初心者向けの株式売買に関するムック本には手を出さない。
(四季報はあくまでも辞書。ムック本は短期取引のみに特化しているものが大多数)

次に、自分のお金に関する事を整理し、「固定費」(保険や...続きを読む

Q株の売買

株初心者なので教えて頂きたいです。
松井証券を利用しています。

(1)1万円の株を所有していて11000円で売却
→1000円儲けたという事で1000円分に対する税金を引かれる。

(2)1万円の株を所有していて9000円で売却
→松井証券から手数料も取られないし
株自体も損をしているので税金はかからない。

この認識で大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

>この認識で大丈夫でしょうか?
大丈夫じゃないので、ちょっと勉強しましょう。


松井証券の場合、1日の約定代金10万円まで手数料がかからないということなので、(1)(2)がその条件にあてはまる場合、手数料がかからないということになります。これは証券会社の手数料の話です。

(2)が、「損して売ったから手数料かからないでしょう?」という意味なら、それは違っています。損して売っても手数料がかかるのが常識です。

税金は、個々の売買を積み上げて年末に決まります。また、一般口座、特定口座で多少違いが出ます。また、確定申告するかどうかでも違ってきます。ざっくり書いておきます。
(1)の場合、特定口座・源泉徴収ありなら、税金を引かれます。
(2)の場合、この取引だけなら税金はかかりません。損したら税金はかかりません。
(1)と(2)が同じ年で特定口座・源泉徴収ありなら、(1)で引かれた税金は(2)の取引後に戻ってきます。

20万円以内の利益は税金がかからないというのは、特定口座・源泉徴収なし、又は、一般口座の取引で、給与所得者で年末調整で納税が完結する人に限られます。だれでもというわけにはいきません。

ちょっとややこしく感じるかもしれませんが、自分の立場によって税金は違うと思ってください。逆に言えば、立場がはっきりすれば「これだけ知っておけばいい」という状態になります。

>この認識で大丈夫でしょうか?
大丈夫じゃないので、ちょっと勉強しましょう。


松井証券の場合、1日の約定代金10万円まで手数料がかからないということなので、(1)(2)がその条件にあてはまる場合、手数料がかからないということになります。これは証券会社の手数料の話です。

(2)が、「損して売ったから手数料かからないでしょう?」という意味なら、それは違っています。損して売っても手数料がかかるのが常識です。

税金は、個々の売買を積み上げて年末に決まります。また、一般口座、特定口座で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報