世間が騒いでいる生物化学兵器、炭素菌ってどんなの?
腸チフス等はわかりますが、炭素菌はきいた事がありません。菌というだけあって、細菌ということは分かりますが。子供に教えるようにやさしく教えて下さい。(~=~)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あまり詳しいことは分からないのですが、知っている範囲で…。


炭疽という名前も、内臓、特に脾臓が腫大して暗黒色に軟化する
様子から名付けられたそうで、こうした腫瘤を形成して
血液内で大量に菌体増殖させていくのが特徴なのだそうです。
感染した所で病変を起こすので、ペストに似て、感染経路によって
病型が変ります。皮膚を通して感染するので、破傷風の様に
傷口から侵入して、高熱と皮膚の膿瘍が見られます。
これを吸入すると、咳、痰、呼吸困難などの肺炭疽を起こし、
感染した肉を食すると、嘔吐などの腸炭疽になります。

鞭毛を持たない桿菌だそうですから、髭のついていない
コレラ菌のスタイルを想像していいと思います。(時折連鎖状にもなる)
植物菌なので悪条件に置かれると芽胞と呼ばれる状態、
つまり冬芽のような状態になるので、乾燥しても10年は生存でき、
加熱、日光、消毒剤にも抵抗性を持っています。汚染、罹患したら
焼却するか、徹底的に消毒するしかありません。治療としては
抗生物質を用います。この保存性の高い特性が生物兵器として、
とても効率が良いという事ですね。
それに、人畜共通の病原体で、ヒツジなどの家畜の方が感染しやすいの
ですが、人にも感染する病気でもあるため、人が口にするものを汚染し、
ついでに人にも影響を及ぼすという点でとても厄介なものといえます。

致命率が高く、とても危険なので、ペストと同様にあまり感染の
起こらない様に気を配られ、日本ではほとんど感染例が聞かれません。
その為に、例えば国内なら身近にある「家庭の医学書」などでは、
時折そういう病名すら載っていない事すらあるほどです。
ですから、この炭疽菌による感染例が報じられると「ひょっとして?」
というイメージを抱いてしまうのですね。
    • good
    • 4

概ね回答は終わっていますが、少しだけ補足を。


炭疽菌というのは菌の中では、かなり大きな細長い形をした菌で丈夫な殻(莢膜)を持つものです。人畜共通伝染病の原因菌として有名ですネ。
種類としては枯草菌として有名なバチルスの仲間です。
そして、酸素が多い状態では少し増殖しにくいけれども、普通に生きていけるという性質を持っています。
そのために土の中にいることが多いのですネ。
培養が非常に簡単にできることから、複数の国で50年以上前から生物兵器としての研究が進められたものです。
皮膚から侵入すると2~3日の潜伏期間を経て、皮膚に水泡や痂皮ができます。そして、それが広がり、リンパ節も腫れ上がります。全身感染症状になると敗血症となって25~100%が死亡します(何も治療しなかった場合)。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「炭 疽」
http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_i/i04-11 …
(炭疽 anthrax)
http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_b/kagaku …
(炭疽菌の発症機構の解明と迅速検出法の確立)
http://members.tripod.co.jp/postx/aum/tansokin.h …
(生物災害の悪夢)

ご参考まで。

参考URL:http://idsc.nih.go.jp/kansen/k99-g52/k99_46/k99_ …
    • good
    • 0

 「炭素」菌ではなく、「炭疽」菌が正確な漢字です。



 詳細は、下記のURLに説明されています。

 簡単に抜粋すると、 
 まず、風邪の様な症状が現れます。皮膚から炭疽菌が侵入した場合、小さな赤紫紫色の腫れを生じ、次に腫れを囲むように水泡ができます。さらに、潰瘍が生じ、そのまま放置しておくと、高熱、副腎の肥大、大きな浮腫などが見られ、外毒素によるショック並びに死に至ることがあるそうです。

 

参考URL:http://idsc.nih.go.jp/kansen/k99-g52/k99_46/k99_ …
    • good
    • 0

えーと、まず炭素菌じゃなくて炭疽菌ですね。


炭疽は敗血症の一種です。
家畜がかかる病気で、人間にもかかります。(っていうか既に米国で患者が出てますね)
家畜では牛、馬、羊などがかかります。
日本でも法定伝染病に指定されています。

炭疽菌は土の中にいて、家畜の傷口から侵入して1~5日で発病します。
熱を出してぶっ倒れ、チアノーゼや呼吸困難、浮腫を起こし、数日以内に死に至ります。

人間もやはり傷口や粘膜から感染し、高熱を出して皮膚にただれができます。
万一炭疽菌を吸入してしまった場合(通常はありえない)、肺炭疽をおこして呼吸困難に陥ります。
潜伏期間は2~5日。手当が遅れるとだいたい1週間以内に死亡します。
ただしペニシリンやストレプトマイシンなどの抗生物質がよく効くので、早期発見・治療すれば死亡することはほとんどありません。。

感染経路は感染した家畜の獣皮や肉の他、最近有名になった肉骨粉でも感染します。
炭疽菌はじょうぶな膜で守られた菌なので、熱や日光、消毒剤が効きません。
汚染されたらすべて焼却するしかないんです。

ちなみに炭疽菌は、歴史上初めて分離・存在が確認された病原菌として有名です。
あのコッホが抽出に成功し(1850年)、パスツールが初めてワクチンを作った(1881年)のがヒツジ炭疽菌だったんですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭疽菌にきく抗生物質って?

炭疽菌に有効な抗生物質は《シプロ》だと、新聞に書いていますが、これは商品名ですか?

日本での商品名はなんでしょう?おしえてください。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「ハイパー薬事典」
このページで「名前で検索」に「シプロ」と入れて検索ボタンをクリック
⇒結果表示
⇒商品名をクリック
⇒詳細表示

バイエル製品で3剤型があるようです。

ご参考まで。

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html

Q生物の質問です。 遺伝子組換えの操作で、 一般に真核生物のDNAをそのまま大腸菌のDNAに組み込んで

生物の質問です。

遺伝子組換えの操作で、
一般に真核生物のDNAをそのまま大腸菌のDNAに組み込んでも、目的とするタンパク質は生産させることができません。(真核生物のDNAはイントロンをもつが、大腸菌ではスプライシングが起こらないため)

これは理解できるのですが、では一体、遺伝子組み換えの際にどのようなDNAを使っているのでしょうか?

分かる方教えてください。

Aベストアンサー

そのような場合、cDNAを用いています。cDNAはmRNAを逆転写して作られます。
また、真核生物の遺伝子の中にはイントロンを持たない場合もあります。

Q炭疽菌など

最近米国で炭疽菌が話題になっているのを聞いて思ったのですが
元々土壌に含まれている菌とはいえ所持しているだけで罪になるのですか?
もし罪になるのでしたら
米国で発見された物は50年も前に研究所で作られた物と類似しているとも聞きましたので
自然界の物と所持の段階で違いはあるかどうかについても回答願います
気になったのでお聞きしました
回答よろしくお願い致します

Aベストアンサー

 私見は、単に土を所持しているだけでは犯罪が成立するとは考えがたいが、人を殺害する意図で、現実に人を殺害しうる程度に高濃度の炭疽菌胞子を精製ないし所持すれば、犯罪にあたる、というものです。

1 どんな罪が考えられるか
 適用される刑罰規定は、殺人予備罪(刑法201条、199条)でしょう。
 jelliclecatsさんがNo.1でご指摘のとおり、兵器まで作ってしまえば、生物兵器製造・所持罪(細菌兵器(生物兵器)及び毒素兵器の開発、生産及び貯蔵の禁止並びに廃棄に関する条約の実施に関する法律9条、4条、2条1項、3項)の成立も考えられます。
 その他、強盗の際の暴行・脅迫手段として炭疽菌胞子を準備すれば、強盗予備罪(刑法237条)の成立も考えられます。

 以下では、殺人予備罪を念頭に置きます。なお、我が国の刑法には「傷害予備罪」は存在しません。

2 「元々土壌に含まれているが?」「自然界の物と研究所で作られた物との違いは?」
 殺人予備罪は、人を殺す目的で、その予備をすることにより成立します。
 「人を殺す方法」は、特に限定されていません。例えば、空気の静脈注射(最高裁昭和37年3月23日判決・殺人未遂罪の成立を認めた事案)を準備するなどの場合にも、殺人予備罪が成立する可能性があります。
 ここでは、空気それ自体は無害ですが、静脈に注射すれば人を殺すことも可能という点に着目して、犯罪の成立を認めているわけです。

 要は、現実に人を殺害しうる程度にまで殺害能力が高められているかがポイントで、その炭疽菌胞子が、自然界のものを高濃度に精製したものか、研究室で菌床を培養して得たものかは、犯罪の成否とは無関係です。

3 どんな場合が犯罪か?
 土は、多量に食べたり、吸入したりできるものではありませんから、単に土を持っているだけでは、現実に炭疽を発病させるに足りるほど多量の炭疽菌胞子を人の体内に送り込むことは不可能でしょう。この場合は、いくら人を殺す意図があっても、「不能犯」となり、犯罪は成立しません。
 しかし、炭疽菌胞子をある程度まで高濃度に精製すれば、現実に人が摂食・吸入しうる量で、炭疽を発病させるに足りる量の炭疽菌胞子を人の体内に送り込むことが可能です。人を殺害する意図で、炭疽菌胞子をこのような濃度にまで精製し、またはこのような炭疽菌胞子を所持すれば、殺人予備罪が成立しうるということになるでしょうね。

 長々と書いてしまいましたが、ご質問に的確にお答えできたでしょうか?

 私見は、単に土を所持しているだけでは犯罪が成立するとは考えがたいが、人を殺害する意図で、現実に人を殺害しうる程度に高濃度の炭疽菌胞子を精製ないし所持すれば、犯罪にあたる、というものです。

1 どんな罪が考えられるか
 適用される刑罰規定は、殺人予備罪(刑法201条、199条)でしょう。
 jelliclecatsさんがNo.1でご指摘のとおり、兵器まで作ってしまえば、生物兵器製造・所持罪(細菌兵器(生物兵器)及び毒素兵器の開発、生産及び貯蔵の禁止並びに廃棄に関する条約の実施に関する法...続きを読む

Q生物で質問です。生物の問題に、「原腸が形成される以前に、植物極付近の肺胞壁の一部の細胞は、胞胚腔

生物で質問です。

生物の問題に、「原腸が形成される以前に、植物極付近の肺胞壁の一部の細胞は、胞胚腔に出てくる。これらの細胞は____のもとになり、一次間充織と呼ばれる。」
という穴埋めがあります。
答えは中胚葉となっているのですが、中胚葉と一次間充織では何が違うのですか?

Aベストアンサー

当方爺・・!
高校生物を再履修中である・・!

中胚葉→外胚葉と内胚葉との間の細胞群で、陥入し始めた内胚葉細胞が落ち込んでできたもの
一次間充織(一次中胚葉細胞)→陥入初期に卵割腔内遊離した細胞に由来

違いという言い方よりも、どうやって遊離した細胞かによって更に分類したのではないかと思う・・!?

Q炭疽菌事件

米国を騒がせた炭疽菌事件はどうなってしまったんでしょう。
犯人は? 捜査は?
軍の内部関係者犯行説が囁かれ始めた後は、意図的にうやむや
にしているような気がしてなりません。
それとも、あの事件自体アルカイダへの危機意識を煽るための
情報操作だったのでしょうか。

あれだけ死者が続出し注目を浴びた大事件なのに、不思議でなりません。

Aベストアンサー

はじめに炭疽菌がテロに用いられたと聞いたとき;
何故,炭疽菌のような二次感染被害が起こらないものをテロの道具に選択したのだろうか?
と非常に不思議に思いました。
このようなことを書いてよいのかどうか分りませんが,もしも,私がテロ実行犯であり,バックに国家や大きな組織がついていて希望通りの菌を入手できるのであれば,絶対に炭疽菌は選択しなかったでしょう。
もっともっと大きな被害を効率的にもたらすことができる菌は沢山ありますからネ。
そして,次に思ったことは;
自作自演ではないだろうか?
ということです。
被害が大きくならないけれども,有名な病原菌を使うことで,パニックを起こし,敵をやっつけなければならないというように世論誘導したのではないかと考えてしまいました。
「わずかの被害者」を出すことで,世論が戦争行為に賛成するように誘導できるのであれば,アメリカはやりかねないと考えてしまったのです。
特に「貧者の核」と呼ばれるBC兵器(生物兵器と化学兵器)は,その報復措置としてA兵器(核兵器)を用いてもよいというのが「アメリカの正義」ですから,これを期にアフガンを破壊し尽くしてもかまわないということにしたかったのではないかと思えました。
真相はわかりません。
けれども,個人的には非常に灰色だと考えています。
以上kawakawaでした

はじめに炭疽菌がテロに用いられたと聞いたとき;
何故,炭疽菌のような二次感染被害が起こらないものをテロの道具に選択したのだろうか?
と非常に不思議に思いました。
このようなことを書いてよいのかどうか分りませんが,もしも,私がテロ実行犯であり,バックに国家や大きな組織がついていて希望通りの菌を入手できるのであれば,絶対に炭疽菌は選択しなかったでしょう。
もっともっと大きな被害を効率的にもたらすことができる菌は沢山ありますからネ。
そして,次に思ったことは;
自作自演ではない...続きを読む

Qウイルスで作った兵器は 化学兵器?生物兵器?

ウイルスは生物ではないので、ウイルスの兵器は化学兵器になるんですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
多分生物兵器でしょう。

ウィルスは歴史的にも病原性微生物として扱われており、その開発に必要な技術は主に医学、生物化学、分子生物学領域です。

また、いわゆる化学兵器との違いは、自己再生産ではないでしょうか。
つまりウィルス兵器は、細胞に寄生して自己増殖し、伝染します。

対していわゆる化学兵器は自己増殖する事はせず、消費される一方です。

この点で、この二つの兵器のは性格が全く異なります。

Q日本で炭疽菌の偽物を送るイタズラをしたら、刑罰は?

アメリカかどこかではベビーパウダーを(どこだったかに)送った男性は終身刑とか言っていましたが、日本ではそういう場合何かすごく軽い刑みたいで。ニュースでちらっと言っていたけど、聞き逃してしまったんです。何罪で懲役もしくは罰金はどのくらいなんでしょうか?教えて下さい!

Aベストアンサー

あくまで刑事訴訟の話ですが、例えば、いたずらの郵便物が郵便局で見つかった場合は、郵便局の正常な業務を妨害したとして、威力業務妨害罪に問われます。同じように、郵便物の検査のために企業が一時閉鎖されるなどした場合も同じです。
また、民事訴訟の場合は損害賠償訴訟になると思います。業務に支障が出たり莫大な損失が出たという被害者の主張が通れば、億単位の損害賠償を請求されたとしても不思議ではありません。

Q生物の細菌について質問です。 好気性細菌と嫌気性細菌の例を教えてください。 好気性生物と嫌気性生物

生物の細菌について質問です。

好気性細菌と嫌気性細菌の例を教えてください。
好気性生物と嫌気性生物もお願いします。

Aベストアンサー

好気性細菌:結核菌・酢酸菌・こうじ菌・納豆菌
嫌気性細菌:乳酸菌・破傷風菌・ボツリヌス菌

好気性生物:好気性細菌はぜんぶ好気性生物です。
嫌気性生物:嫌気性細菌はすべて嫌気性生物です。

Q点に大きさがないのはなぜですか?

大きさのある物を半分に分け、その半分を半分に分け、
またその半分を半分に分けることの作業を続けていくと、
最終的には点となり、大きさがなくなると言われています。

ではなぜ大きさがなくなるのでしょうか?
なぜ大きさのない点の集まりが、大きさのある物になるのでしょうか?

わかる人がいましたら、できるだけわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

>最終的には点となり、大きさがなくなると言われています。
「最終的には」が問題です。数学的にはその作業を「無限に繰り返さないと」点になりません。
大きさが無くなるのは、「無限に繰り返す」からで、そうしなければなくなりません。

というか、これは実際に実行可能な作業ではありませんので、数学的な観念の中で「無限に繰り返して大きさを0にしている」わけです。現実の世界の物理的現象に大きさ0の点というものを考えていいかどうか、というのは別の問題です。

つまり「無限」とセットの話なんです。というか点の集合として図形を考える際に、簡単なのは点を動かすことですが、動いた軌跡を点の集合として考えるにはどうしても「無限」が必要です。

なお、たしかにギリシア時代に最初に点を考えたのはあるいは仰るような経緯もあったかもしれませんが、(しかしギリシアでは無限はご法度に近い)現在の数学ではむしろまず点を定義し、その上に様々な図形を考えていくのが普通です。

Q細菌と菌と微生物の違い

細菌と菌と微生物の違い

細菌と菌と微生物の違いを教えてください。
教えて!gooなどで調べてみると、細菌は菌類の一つだとか、
細菌は原核生物で菌は真核生物だとか、
答える人によってばらばらで結局どういう生物なのかわかりません。
どなたか教えてください。例としてどのような生物がいるかも教えてください。
あと、調べていて微生物との違いもよくわからなくなりました。
それも合わせてお願いします。

Aベストアンサー

五界説という分類体系があります。

生物というものを、真核生物か原核生物かによって2つの「帝」に分類し、
次に、動物界、植物界、菌界、原生生物界、モネラ界の5つの「界」に分類する考え方です。
モネラ界は原核生物、後の四界は真核生物の界です。

○真核生物帝
 ・動物界
 ・植物界
 ・菌界
 ・原生生物界
○原核生物帝
 ・モネラ界

つまり
細菌:モネラ界に属する生物の総称
菌類:菌界に属する生物の総称。細菌と区別するために「真菌」とも呼ばれます
微生物:肉眼で判別できない大きさの生物の総称(5つの界にまたがる)


細菌:大腸菌、
菌類:キノコ、酵母菌、カビ
微生物:ミジンコ(動物界)、ゾウリムシ(原生生物界)等
    (もちろん、大腸菌や酵母菌も微生物)


※ただし「ドメイン」という新しい階層を取り入れた現在の分類法では、
原核生物帝モネラ界は2つに分断されて真正細菌ドメインと古細菌ドメインに分類されました。
この分類法においては、細菌は真正細菌のみをさすものであり、古細菌とは区別されます。


人気Q&Aランキング