キャッシュフローに詳しい方、お教え願います。
実は、とある会社の有価証券報告書を見ていたところ、キャッシュフローで判らない箇所がありました。
営業活動によるキャッシュフローの部分の固定資産売却益が▲表示、支払利息もキャッシュアウトだと思っていたのに+表示、、何故なのでしょうか?
そもそも、キャッシュフローに弱い為、理解不足がありますが、どなたかお教え願います。

http://www.nichiryo-pan.co.jp/
上記アドレス内の会社情報の中の 平成13年3月期の決算短信(連結)
内の8ページ目に連結キャッシュフローが記載。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

再度の回答です ちょっとわかりにくかったようですいません でわかりやすく事例で・・ 当期は営業活動で50万円で商品を仕入れ、100万円で売却したとします それに加え簿価30万円の車を50万円で売却したとします。

 損益計算書上は営業による利益50万円と車両売却益20万円の計70万円の当期利益となります 一方、当期のキャッシュフローはというと、営業活動による正味のキャッシュの流入である商品の売上100万円と商品代の50万円との差引き50万円と固定資産である車両の売却代金50万円の計100万円となります。さあここからですが・・・間接法によるキャッシュフローでは70万円の当期利益からスタートしますが当期利益は営業活動も財務活動も投資活動もすべてごっちゃになって計算されていますので、これをそれぞれの活動ごとに再分類しキャッシュの流れを再計算するひつようがあります。 で70万円から営業活動で発生したものではない車両売却益20万円を取り除いて50万円にします そうすると売上100万円から商品代50万円引いた額50万円と一致しますよね これが営業活動による正味のキャッシュフローになります 一方車両の売却によるキャッシュフローは20万円ではなく売却代金である50万円ですよね(20万円は単なる「益」なのでキャッシュの流入と違います) で これは営業活動ではなく投資活動によるものだから50万円を投資活動の区分で加算するのです ・・・ながいですが わかりました?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧に教えていただき、ありがとうございました。
具体的な説明、非常に助かりました。
皆さんのメールで何とか理解できました。
あれから、キャッシュフロー計算書を眺め、すこしづつ何とか判ってきました。
要は、営業活動のキャッシュフローの部分では、営業によるフローを算出するためにPLから数値を持ってきたり、色々行っているようですね。
もうすこし勉強して、理解を深めます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/15 18:45

 こんにちは、ghq7xyです。

k23さんもご承知かとは思いますが、キャッシュフロー計算書は文字通り現金の(厳密には現金等価物を含む)出入りを報告するものです。要は、いくらカネが入ってきて、いくらカネが出て行ったかが知りたいわけです。ですから、損益計算書のように取得原価との差額としての損益はキャッシュフローとしては全く認識していきません。もっというと、損益計算書などで損益という形で表示されているものは、一旦チャラにして改めて収入額または支出額を計上していくのです。分かりにくい説明で申し訳ありませんね。
 具体的には、キャッシュフロー計算書では出発点として、税引前当期利益が計上されますよね。そして、最初に減価償却費を加算したり、貸倒引当金の調整をしますよね。これらは現金の支出を伴わない費用なので、キャッシュフロー計算上、余計な資料になります。それで、税引前当期利益に加算して、費用の額をチャラにします。固定資産の売却益については、帳簿価額との差額である売却益の金額をマイナスして、後で売却収入をプラスしていきます。
 支払利息は確か表示区分が異なる関係だったと思います。

 それと、なぜこんな形(間接法)でキャッシュフロー計算書を計算していくのかというと、直接法もあるのですが、これだと帳簿を一から全て現金および現金等価物の取引を全部抜き出さなければならず、非常に煩雑になってしまいます。そこで、この間接法が一般には採用されます。

 参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

大雑把に説明します。



営業活動によるキャッシュフローは純利益から営業利益を逆算し、更に資産や負債の増減を調整することで算出されます。
純利益から固定資産売却益を減算し支払利息を加算するのは営業利益を算出する過程だと考えればよいのです。

k23さんの関心からすれば、あまり意味のない数字ですね。
    • good
    • 0

当該サイトのキャッシュフロー表は間接法に基づく表示方法といい当期純利益に修正を加える方法ですが、この場合固定資産売却益は売却した固

定資産の本体の簿価を上回る部分のみなので一旦営業活動によるキャッシュフローから除外するためにマイナスし、新たに投資活動によるキャッシュフローで本体簿価を含めた売却価額全体の額を加算するのです 同様に支払利息も営業活動ではなく財務活動によるものなのでいったん営業活動のキャッシュフローから除き財務活動によるキャッシュフローで計算するのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただき、感謝しております。
的確なご回答であると思うのですが、いかんせん私に理解力が欠けており、消化できません。(お恥ずかしい限り。)宜しければ、もう少し書生の質問に付き合って頂けないでしょうか?
先程の会社は債務超過を回避するために、土地の再評価を行ったり、会社の建て直しのため、資産売却やリストラを行い、経営体質を強化し、改善方向にあります。借入金の推移を調べると減少しているため、資産売却等により借入金を減らしているらしきことが分かりました。そこで、私は固定資産をどの程度売却したのか知りたくキャッシュフローを見たのです。そして投資活動におけるキャッシュフローの固定資産売却による収入の金額を見てなるほどと納得。しかし、営業活動の固定資産売却益が▲となっており、いったいどうゆうことかと悩んでいました。
結局、固定資産売却によって入ってきた金額というのは、投資活動の部分の記載金額と捉え、営業活動欄内の固定資産売却益の▲数値は気にせずにいてよいのでしょうか?

今週末は関連図書でも読んで勉強します。

お礼日時:2001/10/12 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q営業キャッシュフローについて

休みの日に、ゆっくりですが財務について勉強中です。
わからない点が2点ほどありますので、よろしければお教えください。

キャッシュフロー計算書
投資キャッシュフロー -203,512千円
財務キャッシュフロー 50,254千円
現金及び現金同等物の増加額 227,174千円

損益計算書
営業利益 251,632千円
経常利益 154,330千円
当期利益 30,487千円
売上高対経常利益率 14%

1.営業キャッシュフローマージンは何%でしょうか。
営業キャッシュフローと売上高が、わからないので
計算方法がわかりません。

2.営業キャッシュフロー当期利益率は何%でしょうか。


どちらか片方、もしくはヒントになるホームページでも構いませんので
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.営業キャッシュフローマージンは何%でしょうか。
営業キャッシュフローマージン
=営業活動によるキャッシュフロー(A)÷売上高(B)
=380,432÷1,102,357
=34.5%

現金及び現金同等物の増加額
=営業キャッシュフロー(A)
+投資キャッシュフロー
+財務キャッシュフロー

営業キャッシュフロー(A)
= 現金及び現金同等物の増加額
-投資キャッシュフロー
-財務キャッシュフロー
=380,432千円

売上高対経常利益率
=経常利益÷売上高(B)

売上高(B)
=経常利益÷売上高対経常利益率
=154,330千円 ÷14%
=1,102,357千円


2.営業キャッシュフロー当期利益率は何%でしょうか。

営業キャッシュフロー当期利益率
=純利益÷営業活動によるキャッシュフロー
=30,487÷380,432
=8%

参考URL:http://www.shiojiri.gr.jp/organization/cashfs.htm

Qフリーキャッシュフローとキャッシュフローの違い

キャッシュフローとフリーキャッシュフローの意味するもの
は同じでしょうか?

現在、ファイナンス関連の勉強をしているのですが、例えば
問題文に
「キャッシュフローを求めよ」
と書いてあるのに、回答を見てみるとフリーキャッシュフローの
計算式を当てはめていたりするケースもあります(減価償却費の
扱い方も異なるかと思います)。

情報が整理しきれていない可能性、または何か重要な論点・考え方
が抜けているのではないかと感じています。

どなたか、ご教授いただけないでしょうか。

Aベストアンサー

その問題文というのを載せて頂ければ
答えやすいのですが。

キャッシュフロー>フリーキャッシュフロー
キャッシュフローという概念の中には、
フリーキャッシュフローも含まれる。
キャッシュフローはより広い意味を持つ概念
といえます。

あと、会計の世界でキャッシュフロー計算書
という書類がありますが、ここのキャッシュ
フローは、現金及び現金同等物を意味し、
一般的なキャッシュフローとは意味が異なった
りします。

問題を解いたとの事ですが、おそらく、
ファイナンスの問題で、キャッシュフローと
言えば、フリーキャッシュフローを意味するの
が当たり前だから、フリーキャッシュフロー
の計算をしている、そんなところだと思います。

Q営業キャッシュフローがプラスだと本当によい?

よろしくお願いします。
会計上の利益よりもキャッシュが大事、ということで
勉強しました。
営業キャッシュフローがプラスであれば本業の利益で
キャッシュが稼げていることがわかるのでよい、と勉強しました。

実際にある会社のキャッシュフロー計算書をみてみました。
2年分見たのですが、間接法のキャッシュフローでした。
前々年は税引き前当期純利益がプラスでしたが営業キャッシュフローはマイナス、前年は当期純利益はマイナスでしたが営業キャッシュフローはプラスでした。

良く見ると、前年は、貸し倒れ引当金や減価償却という非資金勘定が増えておりキャッシュフローがプラスになっておりました。


これをみると営業キャッシュフローがプラスでも売掛金が減っているなどの本業ではないところでキャッシュが増えていると感じるのですが、経営的には営業キャッシュフローがプラスであれば業績が良い、といえるのでしょうか?

教えていただければと思います。

簿記や、会計が勉強できる本、サイトなどあれば教えてください。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>経営的には営業キャッシュフローがプラスであれば業績が良い、といえるのでしょうか?
確かに営業CFがプラスであればその会社は順調に営業できていると言えます。キャッシュは会社の血液ですので、本業の営業活動にてこれが滞れば大変です。しかしいくら営業CFがプラスであっても、そのプラスを投資CFや財務CFで消化してしまったら一概に良いとは言えなくなりますよね。

それにCF計算書は、あくまで一会計期間のキャッシュの流れを表したものにすぎません。
これは極端な例ですが、その事業年度のCFが順調でも万一次期以降に何らかの理由で営業CFがマイナスとなり、その結果投資CFや財務CFがまかなえなくなったら会社の存続自体が危ぶまれますよね。
やはりCF計算書は全体を見て評価するもので、ただ営業CFのみでその会社を評価することは危険だと思います。
営業CFがプラスで、これをもって投資CFや財務CFが消化できていて、なおかつ期首よりも現金及び現金同等物が増えているほうが望ましいと思いませんか。

Q間接法キャッシュフロー計算書の受取・支払利息につい

間接法のキャッシュフローステートメントを作成するにあたって、
営業キャッシュフローの区分で、小計の上に

受取利息、受取配当金 -XXX
支払利息+YYY

そして小計の下にも
利息及び配当金の受取額+XXX
利息の支払額-YYY

となっているのですが、(XXXとYYYには同じ金額が入っています)
これらの項目は何の為にあるのでしょうか。
小計の上と下で同じ金額を足し引きする意味がわかりません。
そもそも同じ金額が入っている時点で間違っているのでしょうか。

小計の上と下がある意味もいまいちよく分かりません。
ちなみに合計キャッシュフローは現金の増減と一致しています。

Aベストアンサー

営業CFて、投資CFでも財務CFでもないものをまとめて表示しとるんよ。いわば、残り物を集めた場所。その中から、文字どおりの営業CFを示しとるのが小計欄や。

せやから、小計欄の下は、文字どおりの営業CFでも投資CFでも財務CFでもないものの寄せ集めなんよ。

利息配当金の受領や利息支払は、「文字どおりの営業CFでも投資CFでも財務CFでもないもの」に分類される。小計欄の上でいったん引いて、小計欄の下でキャッシュインキャッシュアウトを表示しとるんよ。

あと、同じ金額になるんは条件がある。利息や配当金に前払や前受、未払や未収あると、同じ金額にはならへん。簿記の問題とかで前払とかなければ、同じ金額で合うとるはずや。

Q支払いサイト とキャッシュフロー

支払いサイト とキャッシュフローの違いを教えてください。
支払いサイトの期間を変えたいことを話すために、キャッシュフローは関係してきますか?
取引会社にキャッシュフローについて話せといわれたのですが、上司の話をきくと、支払いサイトの件です。
しかし、キャッシュフローについてだと言い切っているので、先方に話すと先方は機嫌を損ねました。
通訳をしている身で、支払いサイト とキャッシュフローの違いを解った上で再度先方に話さなければなりません。

Aベストアンサー

支払サイトというのは「○ヵ月後現金払い」「○日後現金払い」の「○ヵ月後、○日後」の部分のことです。
手形サイト(手形の支払サイト)という使い方もします。



A社からB社への支払金額が100万円で、支払日1/31、
支払サイト3ヶ月ならA社の口座から実際にお金が出ていくのは4/30です。

これを支払いサイト4ヶ月に変更すると、
5/31までに銀行預金100万円を用意しておけばいいので
借り入れるのが遅くて済みます。
1ヶ月×利息分、A社にとってはキャッシュフローの上で有利です。

B社のキャッシュフロー上は不利になります。

>取引会社にキャッシュフローについて話せといわれたのですが、上司の話をきくと、支払いサイトの件です。
>しかし、キャッシュフローについてだと言い切っているので、先方に話すと先方は機嫌を損ねました。

ここは取引会社に不勉強を詫びた上で、「質問事項を再度確認させて下さい」とお願いするべきではないでしょうか。

Qのれんについてお教え願います。連結決算連結会計。

お世話になります。

下記例題についての連結消去仕訳の回答を見ても理解できません。

資本金3000円のS社の発行株式100%を、P社が3500円で取得した。

もともとある仕訳は
S社で
子会社株式3500/当預3500

P社で
当預3500/資本金3500

であると私は考えており、

上記を消去仕訳して
資本金3500/子会社株式3500

にどうしてならないのでしょうか?

解答を見てみると
資本金3000/子会社株式3500
のれん500

となっております。
私の悪い頭でも理解できるように、消去仕訳以前の元の仕訳からご説明いただきたく。
どうぞよろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

資本金3000円のS社の発行株式100%を、P社が3500円で取得した。

→この場合、P社が3500円を支払った先はS社ではありません。S社の株式を保有していた株主に対して支払ったのです。

牛を売り買いするときに、そのお金は元の飼主に対して支払うもので、牛自身には支払いません。これと同じことです。

Qキャッシュフロー計算書作成

キャッシュフロー計算書の作成について教えてください。
期末に固定資産を取得し未払金を計上した場合、投資キャッシュフローの項目に入ると思うのですが、投資キャッシュフロー計は、実際に現金を支出(収入)した金額がくると教わったのですが、未払金を計上した場合は・・・・
有形固定資産の取得による支出 △1,000
未払金の増加額 1,000
投資キャッシュフロー 0
となるのでしょうか?
それとも、未払金の増加額は営業キャッシュフローの中にふくまれるものなのでしょうか。
よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

まず仕訳で考えると
「固定資産 1000 /未払金 1000」
となり、キャッシュへの影響はない状況にも関わらず、

単純にB/Sの期首比較増減をとると、
営業キャッシュフロー    1000
投資キャッシュフロー   △1000
となってしまいますね。

キャッシュフロー全体ではゼロとなるのですが、営業キャッシュフローが本来はゼロであるにもかかわらず、1000生じたこととなり、実態に適合しないので、

投資キャッシュフローの減少を1000減らし、
営業キャッシュフローの増加を1000減らす
補正作業が必要になります。

このように固定資産増加額が未払金増加額によるものを把握されずに作成されたキャッシュフロー計算書は誤解を招く可能性があります。

従って、厳密にいうと期首比較B/SやP/Lだけで作成するのではなく、未払金の内訳等も把握した上でC/F計算書を作成する必要があります。

上場企業のC/F計算書では上記のような非資金取引はC/F計算書に注記が求められます。

ただ、中小企業等が内部資料等で簡易的に作成する場合には重要性(金額・費用対効果等)を考慮して作成すればよいと思います。

 

まず仕訳で考えると
「固定資産 1000 /未払金 1000」
となり、キャッシュへの影響はない状況にも関わらず、

単純にB/Sの期首比較増減をとると、
営業キャッシュフロー    1000
投資キャッシュフロー   △1000
となってしまいますね。

キャッシュフロー全体ではゼロとなるのですが、営業キャッシュフローが本来はゼロであるにもかかわらず、1000生じたこととなり、実態に適合しないので、

投資キャッシュフローの減少を1000減らし、
営業キャッシュフローの増加を1000減らす...続きを読む

Q連結会計、連結決算で固定資産をどのように処理すれば良いのかお教え願いま

連結会計、連結決算で固定資産をどのように処理すれば良いのかお教え願います。

お世話になります。
親会社Aで小会社Bに内装工事を依頼いたしました。
親会社Aでは
固定資産100/当預100

小会社Bでは
当預100/関)工事売上 100

となっております。
この時に消去仕訳を

関)工事売上100/固定資産100

といすればよろしいのでしょうか?
減価償却費計上時にその分を毎月消去していくのでしょうか?
頭が混乱しておりますので。耐用年数10年の定額法の場合どのようになるかといった点を
今後の処理を含めご指導のほどよろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

連結財務諸表作成のためには、親子会社間の取引が無かったことになるように、修正仕訳を切ります。


つまり、内装工事を行った年度においては、
 関)工事売上 100 / 固定資産 100
になります。


次に、翌期以降の親会社における減価償却についてです。


耐用年数10年で、残存価格0、定額法において、親子会社間の内部取引での親会社の固定資産における減価償却費増加額は10です。

これを修正していきます。

つまり、内装工事を行った年度及び翌期以降の償却期間において、
 減価償却累計額 10 / 減価償却費 10
になります。



固定資産の内部取引では固定資産自体の金額だけではなく、毎期の減価償却費の金額も変動してきます。

この二つをまとめず、別々に修正していきます。

Qキャッシュフローで、固定資産売却益が▲な理由は?

キャッシュフローに詳しい方、お教え願います。
実は、とある会社の有価証券報告書を見ていたところ、キャッシュフローで判らない箇所がありました。
営業活動によるキャッシュフローの部分の固定資産売却益が▲表示、支払利息もキャッシュアウトだと思っていたのに+表示、、何故なのでしょうか?
そもそも、キャッシュフローに弱い為、理解不足がありますが、どなたかお教え願います。

http://www.nichiryo-pan.co.jp/
上記アドレス内の会社情報の中の 平成13年3月期の決算短信(連結)
内の8ページ目に連結キャッシュフローが記載。

Aベストアンサー

再度の回答です ちょっとわかりにくかったようですいません でわかりやすく事例で・・ 当期は営業活動で50万円で商品を仕入れ、100万円で売却したとします それに加え簿価30万円の車を50万円で売却したとします。 損益計算書上は営業による利益50万円と車両売却益20万円の計70万円の当期利益となります 一方、当期のキャッシュフローはというと、営業活動による正味のキャッシュの流入である商品の売上100万円と商品代の50万円との差引き50万円と固定資産である車両の売却代金50万円の計100万円となります。さあここからですが・・・間接法によるキャッシュフローでは70万円の当期利益からスタートしますが当期利益は営業活動も財務活動も投資活動もすべてごっちゃになって計算されていますので、これをそれぞれの活動ごとに再分類しキャッシュの流れを再計算するひつようがあります。 で70万円から営業活動で発生したものではない車両売却益20万円を取り除いて50万円にします そうすると売上100万円から商品代50万円引いた額50万円と一致しますよね これが営業活動による正味のキャッシュフローになります 一方車両の売却によるキャッシュフローは20万円ではなく売却代金である50万円ですよね(20万円は単なる「益」なのでキャッシュの流入と違います) で これは営業活動ではなく投資活動によるものだから50万円を投資活動の区分で加算するのです ・・・ながいですが わかりました?

再度の回答です ちょっとわかりにくかったようですいません でわかりやすく事例で・・ 当期は営業活動で50万円で商品を仕入れ、100万円で売却したとします それに加え簿価30万円の車を50万円で売却したとします。 損益計算書上は営業による利益50万円と車両売却益20万円の計70万円の当期利益となります 一方、当期のキャッシュフローはというと、営業活動による正味のキャッシュの流入である商品の売上100万円と商品代の50万円との差引き50万円と固定資産である車両の売却代金50万円の計100万円となります...続きを読む

Qキャッシュフロー計算書に記載されている非キャッシュ項目について

初心者ですみません。
キャッシュフロー計算書を見ていて疑問に思うことがあるので質問させてください。

キャッシュフロー計算書は、キャッシュの出入りの伴わない項目まで記載されている損益計算書からは読み取ることの出来ない、実際のキャッシュの流れを明らかにするためにあると習いました。
しかし、実際のキャッシュフロー計算書を見ると、営業活動によるキャッシュフローの中に、「減価償却費」や「持分法による投資利益」、「貸倒引当金の増加額」などが含まれています。たとえば「減価償却費」は非キャッシュ損益の代表格として習いましたが、なぜキャッシュフロー計算書に記載されているのでしょうか??

Aベストアンサー

ご覧になった営業活動によるキャッシュフローは間接法という方法で作成・表示されたものだからです。
営業活動によるキャッシュフローを作成する方法には、直接法と間接法という2つの方法があります。そしてキャッシュフロー計算書を表示する際には、その作成に用いた上記方法をそのまま表示して営業活動によるキャッシュフローとしています(計算結果だけを表示する訳ではないのです)。その結果、間接法の場合、表示された営業活動によるキャッシュフローは、言ってみれば計算式とか計算過程のようなもので、税引前(法人税等調整前)当期純利益から非資金項目を加減算しながら実現金流出入額を逆算していくのです(小計の前の部分まで)。
つまり、
>「減価償却費」は非キャッシュ損益の代表格として習いました
その通り、非キャッシュ損益であるからこそ、間接法の表示ではキャッシュフロー計算書で登場するのです。

参考URL:http://www.findai.com/kouza/cashflow.html#6%81D


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報