プロが教えるわが家の防犯対策術!

皆さんは今の日本の政治についてどう思われますか?

私は特に政治に関心があるわけでもなく今までのほほんと暮らしてきましたが、最近ニュースでちょっとしたことを聞きかじっただけですが、サラリーマン増税とか郵政民営化とか社会保険の問題とか私にはいいと思えないことだらけで、税金を納めているのがバカバカしく感じます。

私は会社員ですが中小企業で働いています。頑張っても家を買えないでしょうし、このままだと将来も不安です。私は小作人で年貢を納めている気分です。上のほうの人は死なないようにだけ配慮してくれているだけに感じます。

馬鹿な質問ですいません。皆さんはどう感じますか?
色んな意見が聞きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

20代です。


自分も政治には詳しくないですが、今後の政策には
悲観しています。
特に若い人程損をするような気がします。

それも今の政治家に若い人がいないからではないでしょうか?
(40代で若手と言われている始末です。)
高齢な議員の方は将来の事をあまり考えていなく、
現状だけなんとか取り繕うとしてる気がします。
話を聞いていても将来どうしたいのかが伝わってきません。

自分は投票は必ず行きますし、迷ったらなるべく若い人に
投票するようにしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>話を聞いていても将来どうしたいのかが伝わってきません。

そうですよね。将来どうなっていくのか解らないですよね。多分勉強不足と言われる方も多いと思いますが、私たちが税金を払っているのはそういう勉強をする暇がないから代理でやってくれる人に給料を払ってるようなもんだと思うんです。私たちに解らないようでは税金(給料)払う気になれませんよね。

若い人に投票するそうですが、若いだけが判断理由なのでしょうか?私はいつも選挙のときどの人も似たり寄ったりのことを言っているように思えます。どれも実現するといいけどどうやってやっていくの?って思っちゃいます。

もっと現実的で私たちが理解できるようなことを言ってくれる人が出てくるといいですね。

お礼日時:2005/07/13 12:47

今の政治家って当選するための言葉ばかりを並べてますよね


その言葉をまず信用できない。そして、その言葉を聞く限り2つの意見くらいしか聞こえない。私は投票はしていますが、こんな状況で投票しても何も変わらないと思います。与党が出した公約に反対するような公約を野党が出してるんですから(笑)

あと他の方も書いていますが、国民が当事者意識がなさすぎるために、政治家が好き勝手やってる気がしますね。
税金を上げられて文句をいう(ビール、タバコ、消費税、所得税等々)くせに、無駄遣いに関して目を光らせようともしない。自分たちが払った金をどうぞ勝手に使ってください状態にしておいて、足りないから増やしますって時だけ文句を言うのは違うと思うなぁ。
無駄遣いを認めてる訳じゃないけど、監視をしてない方も悪い訳だし、もっと政治に参加しないとこの腐った政治は変わりそうにないと思う。
政治に参加しない人は無駄遣いしてる役人よりも勝手な人だと思う。
政治はもう腐りきってるけど、原因は私たち国民にあると思います

この回答への補足

>今の政治家って当選するための言葉ばかりを並べてますよね
私もそう思います。なのでその人の中身が見えてこない。たまにテレビなんかで人間らしい面を見せておられる方もいらっしゃいますが、自分の選挙区の方ではなく、その政党を応援するにも、政党自体がいいとは思えず・・・

>無駄遣いを認めてる訳じゃないけど、監視をしてない方も悪い訳だし、
うーん。私は監視をしてないから何をやられても仕方ないとは思ってませんでした。小学生の子供でも留守中にケーキを食べてしまってばれたら謝ります。その上で、おやつの時間に自分だけケーキが無くても我慢します。しょうがないだろ、買って来いとは言いませんよ。それぐらいの常識はあって当然と思っていたのですが。それとも解らないような人が、国をまとめようとしているんですかね。監視されなければ何をやってもOKというような考えは、考え自体正すべきだと思います。やっぱり教育の問題ですかね。国民はその人たちを教育する義務があるということですかね。でも出来ればせっかく義務教育があるのですから、その中で、しっかり教え込んで欲しいですね。

>政治はもう腐りきってるけど、原因は私たち国民にあると思います
何か改善の手立てがあればいいですね!このままだとずっと自分たちに原因があると泣き寝入りを続けることになりますね。

ありがとうございました。

補足日時:2005/07/18 11:14
    • good
    • 1
この回答へのお礼

この場を借りてご意見頂いた皆様にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

私は小さな考えしか持っていないので、色々な意見が聞きたくて質問したのですが、今の政治に批判的な意見、しょうがないと諦めの意見しか聞けなかったと思います。ちょっと残念です。どこかに肯定的な意見をお持ちの方(概念論ではなく、自分に利益があると思っていらっしゃる方)がいらっしゃるかと思います。また機会がありましたら、そういうご意見をお聞かせ下さい。

本当に沢山のご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/18 12:22

私見ですが、まず日本人は当事者意識が無さ過ぎると思います。

面倒なのか、淡白で疑わないで、前は官僚の実態も知らず(隠すのもあり)マスコミはエリートっていってて、発覚してもまあまあで許しちゃう(ずっと生まれた時から、直接罷免できないから諦めや無関心?それますが裁判員制度は当時者意識・能力を育てるのにいいかも)。それを政治家や官僚や一部取り巻き(業界や地元)為政者が図に乗って情報も出さず勝手にみんなから集めた多額な税を、責任感や使命感・倫理観のかけらも無く無駄・不法・不正に使っています。誰も責任取って辞める・辞めさせる、懲罰加算して返還させて二度とさせないように抜き打ち監査や過去にさかのぼって厳罰にするとかしないと。今は悪いことをやった者勝ちで、多額のみんなからの強制徴税を圧倒的少数の奴らが飲み食い・女・旅行・貯金までして無法状態だと思います(テレビで特殊法人の理事が、フランスに旅行したいからってだけで3000万もかけて事務所作って職場移動して次の奴はテレビに出てもうしませんて。こんな違法、非倫理をもうしないで何故済ますのか?必要か調べない?ならこれから調べろ!防げなくても、知ったら解雇や加算して返還させなと!これは借金になるんですよ、こんな奴沢山いるでしょうし莫大な被害ですよ。一度だけでなく何度も、全てを抜き打ち監査しないと!一人一回でこんな多額の無駄で異常な馬鹿な成金<しかも自分の稼いだ金じゃない!>みたいな行動を見ると、沢山のやつらが在職中に何十回も狂った事して毎年被害は何千億や兆ですよ。それを無くせば相当借金が減るし、返せます。これじゃ北朝鮮・独裁国家そのもの)。こんな事言っても一斉査察して逮捕して、厳罰にしないから知らん顔して続けてると思うと腹が立つ!(テレビで60年も前の厚生官僚の話しが記録に残っていて、年金を払う前に使っちゃえばいいって。昔からこんなクズがいるんですよ!悪質で多額の被害・損害だから、時効を停止して処刑すべきですよ、過去に遡って)

これを無くすには、まず投票を義務にしないと関心を持つのを待っても変わらないし主権者に投票させて悪いですか?するなっていうなら問題だけど。駐車違反の罰金や納税が義務で(滞納すると懲罰加算して徴収するのに集めた後に異常に使う奴らは野放し罪に問わないで逆だろ!税・金が入ってきて使うだけで、楽して犯罪して)、最も重要な多額の税を配分・執行するやつらを選ぶ事を義務にしないのは不当です。

あと参議院を無くすか変えないと、この前テレビで40年前の白黒の映像でカーボンコピーって言っていてまだ変わってないのは日本人には合ってないと。私は強靭な官僚と政治の癒着や腐敗を変えるには、国民に考えを訴えて信頼を得て強い権限で情報を出させたり人事や監査させたりしないとこの独裁は変わらないです。予算のほとんどは、こいつらが不当な給料や手当て等待遇受けてる別に使ってるんじゃ?集めた税を小遣いだと妄想・曲解して。国民は永久に奴隷ですよ。もちろん、暴走を防ぐために二期だけとか、ある一定の条件を満たせば罷免できるようにするとか必要ですけど。独裁者を選ぶわけでなく、国民が自ら考え責任持って一人の代表を選ぶだけで議会もあるしポピュリズムの一言で否定するのは間違ってると思います。国民を政治から遠ざけるのは、一部の不法に暴利をむさぼってきたやつらを利するだけ。
他の方に、カリスマを否定する人もいますが小泉が全て間違ってますか?全肯定はしませんが、無駄・不法で多額を食らう官を減らすのは当然でもっとやるべきです。
要は国民が監視して、罷免できるようすればいいじゃないですか。

それと合わせて、重要な事には国民投票を実施するべきです。なんの為の国民主権、民主主義、思想の自由なのか?口ばかり、単語だけで独裁国家では?一々国民全員で話し合うと手間、時間がかかるから無理にしても大事な事に関しては(代表選ぶ手段<今のままか大統領制か>、選挙制度をどうするか等)国民が直接意思表示して何が悪いですかね?よく考えれば全てを、国民に対して圧倒的少数の政治家だけで決める方が異常ですよ!勝手に決められるやつらには都合がいいけど。今まで一回もしてない方が異常です。人気や能力が無いとか、今のままでいいと思ってると反対するけどそれじゃ独裁でしょ?多数の事(国)を多数で投票して、その結果を尊重する(命を懸ける必要は全く無い)のがほんとの民主主義・国民主権・自由では?

でも日本人は、実態を知らず知ろうとせず知っても観念論(綺麗事)だけで変えようとしない(参議院の事も未だに原点に返ってとか、本来の姿とか言うがそうならないから問題なのに形を残すだけを目的にして愚行)、同じ事をしたり続けたがって動物的で感覚的で愚かだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は小泉政権にはカリスマ性よりタレント性を感じます・・・

>要は国民が監視して、罷免できるようすればいいじゃないですか。
そのとおり!って思いました。カリスマ性も大切だと思います。

>それと合わせて、重要な事には国民投票を実施するべきです。

そう思います!地方自治体などではたまにありますよね。何で国のはないのか疑問です。政治家を選ぶのは興味が持てなくても、郵便局を民営化するかどうかなら興味が持てる人が沢山居ると思います。

>でも日本人は、実態を知らず知ろうとせず知っても観念論(綺麗事)だけで変えようとしない

観念論を述べられる方は実体験に基づいた観念論では無いように思えます。
思い込みかもしれないですが、勉強ばかりしてきて体験が少ない人に思えます。
実態を知ろうとしても、難しい言葉で丸め込まれるので、あきらめてしまった人も多いんじゃないでしょうか?

ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/15 18:08

日本はアメリカと比べて政治家が多すぎると思います。

以前外添議員がいっていましたが。給料だけではやっていけないと、秘書雇うのでなくなってしまうと、献金や何か悪いことでもしないとやっていけないと感じました。議員を減らしてその分の金を分配して献金がなくてもやっていける様にすれば、少しは日本のことを考えると思います。漫画の本ですが、北斗の拳を書かれた原 哲夫さんが公権力横領捜査官中坊林太郎という漫画を書いていましたが、そういう風に政治家を取り締まる機関があればいいなあと思いました。 税収が約40兆円なのに支出が約80兆円というのは大問題と思います。今まで先送りしてきたのに今の世代で増税して変えていくのは、本音いうと先送りしてほしい気分にもなります。地方合わせて1000兆円以上の借金、我々の世代や次世代ではどうにもなりそうにありませんね。使ったのはあなたではありませんけどね^^;これからも増税バンバン!!
あなたが年寄りになった頃には、若い世代のが、有利になってるかもしれません。貯蓄はしっかりして置かないと、国から保護は期待できませんよ。税金は返ってきません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ほんとに悲しくなってきます。自分個人はは1銭も借金がないのに、そんな借金を背負わされてると思うと・・・

何のために生まれてきたのか問いたくなりますね。生まれた時代が悪かったのか・・・

>あなたが年寄りになった頃には、若い世代のが、有利になってるかもしれません。

ありがちですね。ほんとに。貯蓄もいいですが、貯蓄の変わりに子供という年金もありですかね?そうなったとき、子供がいれば子供の世代が楽にるなら少しは報われる気がしちゃいます。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/15 17:49

今の政治姿勢は民意の反映です。

何故か?成人は皆選挙権があります。何人が之を行使してるでしょう。一人一人が自覚し、選挙権を行使するようになれば、まだまだ改善されるでしょう。政治の現状を嘆く前に選挙権の行使を訴えましょう。投票率70%に成ると初めて政治は変わってくるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。選挙権を行使していない人が大多数だとかわりませんね。

でもそれ以前に生活と政治のつながりが薄いように思えます。まるで平安時代の貴族階級の政治のような・・・また昔の歴史の授業を思い出しちゃいます。

yamanekotamaさんも選挙が問題だとお考えで、今行われている政治はその選挙の結果だから静観するしかないとお考えということで宜しいでしょうか。

ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/14 17:33

今の政治の最大の問題点は「一票の格差」です。

この問題が解決されない限り、何回投票してもムダです。

一票の格差で検索してもらえば、その理由が分かると思います。

「小作人で年貢を納めている気分」というのは理解できます。なぜなら、実際、あなたは小作人で年貢を納めているからです。もし、あなたの納めている年貢、つまり税金があなたのもとに帰って来ていると感じる事ができたら、あなたは「年貢を納めている気分」にはならないでしょう。

現実は、あなたは税金を払うだけで、あなたの所には帰ってきません。では、あなたの払ったお金はどこに行っているのでしょう?結論から言えば、一票の価値の高い所、つまり、農村部に行っているのです。都会から収奪した税金を農村部でばら撒く、これが今の日本の政治システムです。

その結果、四国に3本の橋を架けるなどというバカな事、税金のムダ使いが公然と行われるのです。日本の税金の使い方を外国と比較して気付かされるのは、土木建築予算、公共事業予算の占める割合の異常な多さです。3倍から5倍はあったと思います。

このような異常な政治システムを支えているのが、一票の格差なのです。従って一票の格差を是正しない限り、あなたは永遠に小作人のまま年貢を納め続ける事になるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>なぜなら、実際、あなたは小作人で年貢を納めているからです。
やっぱりそうだったんですか?!昔学校で習ったころは「そんな時代の人はさぞ大変だったろう」と思ってましたが、自分もそうだったんですねっ!

一票の格差・・・それも問題ですね。格差があるのはおかしいです。でもたとえそれが解消されて、人口に応じた議員数が確保されても、選ぶべき人間がいなかったり、投票率が異常に低かったりと、他の問題が山積みのような気がしてきます。もっと日本全体が政治に興味を持って、「自分の意見で生活が変えられる」という実感を持てるようになりたいですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/14 15:12

選挙への対応に話が集約されると思います。



かといっていろんな考えの人がいるので簡単でもないと思います。

違いがよくわからないという意見もあります。

おっしゃるように、
>私たちが税金を払っているのはそういう勉強をする暇がないから代理でやってくれる人に給料を払ってるようなもんだと思うんです。

それもまったくそのとおりなのですが、こんな世の中になっても原則的には政治家に託すしか方法はないので、こんなときこそ、政治家を選ぶ場面では細心の注意を払わなければならないと思います。

その場面では、時間がないとかわからないとか、違いがないとかは言ってはいけないのです。

それから、
>やっぱりついて行こう!って思えるほどの人が出てきてほしいです。
というのも、そうふうになるとき、国民はちゃんとした判断ができないようで、むしろ危険です。
(小泉内閣だってそういう傾向があるじゃないですか。)

多くの市民は選挙で誰を選ぶかということのためにニュースを見たり政治を考えたりするものだと思います。
質問者さんが考えたことは第1歩で、ほんとうにみんな同じことを言っているのかどうか、さらに研究が必要です。

そうすれば、質問者さんの考えに(少しでも)近い政治家がいると思うんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>国民はちゃんとした判断ができないようで、むしろ危険です。
そうですね。危険かもしれないですね。今はそんなカリスマ性のある政治家はいないので、安心かもしれないですね。

おっしゃる通り、みんな同じことを言っているわけでは無いでしょう。ちょっと言葉足らずというか、変な書き方をしてしまいました。ごめんなさい。
私が言いたかったのは、発言することは違っていても、同じタイプの人ばかりだと言うことです。

Fuu1962さんも今の政治には満足されているのでしょうか?満足されている部分を教えて頂きたかったです。

ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/14 11:01

>そうなんです。

誰に投票すればいいかわかりません。

もともと人間が完璧でないように、完璧な政治家など存在しません。
選挙というのは最高の人を選ぶのではなく(選ぼうと思っても不可能)、自分がこの人にだけは絶対に当選してほしくないと思う人を落とすために最悪の人よりは悪い人の方を選ぶのです。とくに二大政党制においてはそれが重要です、また今の政府に不満があるなら野党に投票して政権交代しその野党が政権とっても何年かしてダメならまた変えるのです。
そうように少しでも良くなることを諦めてしまっては少しづつでも良くなっていくことは絶対にありません。

>そうですよね。でも私には良くするほどの人格も頭脳もありません。やっぱりついて行こう!って思えるほどの人が出てきてほしいです。

そのように思っていても少なくとも今の状況に不満があって、そしてその今の状況は明らかに政治の結果としてあるのです、これはとても基本的なことです。
それをわかっていながら政治に関わる(政治に関わる=投票する)ことにいろいろ理由をつけて半ば諦めているようなことを言い、一方では政治に対する不満だけは言うというのでは少々無責任ではないでしょうか?
我々の社会は政治のシステムがなくては成り立ちません。そして民主主義にとって投票は不可欠なものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

>最悪の人よりは悪い人の方を選ぶのです。
なるほど。そういう選び方もあるのですね。参考にします。

>そうように少しでも良くなることを諦めてしまっては少しづつでも良くなっていくことは絶対にありません。
私もそう思います。でも最近の投票率の悪さはあきらめている人の多さを示しているように思えます。

本文の質問内容以外も色々読んで頂いているようで感謝致します。doidoranさんは今の政治について満足していらっしゃると言う意見で宜しいのでしょうか?そういう方の満足していらっしゃる内容が聞きたくて質問致しました。

お礼日時:2005/07/14 10:15

政治に関与が出来るのは、まず国家の主権者として政治を行う者を選ぶ権利があります。

日本においては議院内閣制なので、国会議員が政治に携わります。
しかし、最近の投票率を見ますと40%前後でしょうか。これが主権の行使と言えますか、寂しい状態が続いておりますが、不満があっても我慢して投票しなければなりませんよね。

政治公約をまともに実行しない又は出来ない無能な者が立候補するところに問題があるのか、学歴ばかりが高い。
大平、中曽根のようなセンスの良い政治家が欲しいな。
小泉や安部のような思考の中身に柔軟性の乏しい政治家は首相になるべきではない。

まず国会の議論の仕方は、もっと自由にやって欲しいし、質問に対して十分な答弁がなされていないように思っております。

それでもだめならば、政権の交代を容易にするしか選択がありませんでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

>不満があっても我慢して投票しなければなりませんよね。
そうなんです。誰に投票すればいいかわかりません。

>学歴ばかりが高い。
ほんとにそう思います。勉強をしているだけで他の経験が乏しいように思われてなりません。他人の気持ちや立場がわからない人たちってイメージです。苦労人が少なく思います。

>それでもだめならば、政権の交代を容易にするしか選択がありませんでしょう。
個人的には交代してほしいと思うばかりです。でも誰にって感じもありますが。

お礼日時:2005/07/13 17:48

卵か鶏ではなく 選挙にいくことが第一番です


 選挙権は権利ではなく義務だと考えましょう
 勉強することも義務です
 人任せにして良くなる訳がありません

義務を果たしてから文句をいうのが順番です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々のご回答ありがとうございます。

>人任せにして良くなる訳がありません
そうですよね。でも私には良くするほどの人格も頭脳もありません。やっぱりついて行こう!って思えるほどの人が出てきてほしいです。

>勉強することも義務です
国民全員に今の政治のことを勉強させるのは無理だと思います。やっぱりそういう人は文句を言わずにされるがままになっておくしかないんですかね。

お礼日時:2005/07/13 16:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今の日本の政治について

現在の日本の政治家はあまり他国のやっていることに目を向けず、
そして何より国民の生活のことを考えてくれていない、
物の値上げ、他国民を日本へ招き入れる、それが中心になっています。
なによりめんどくさがりやな政治家、お金目当てな政治家が多い気がする・・・

皆さんは今の日本の政治家のこと、どう思いますか?
というか、どうしてほしいですか?

私は中途半端で今の政治家に伝えたいことがまとまってないんですよね^^;

Aベストアンサー

それは完全にマスコミやネットによる洗脳の賜物ですね。
他国に目を向けていないのではない、日本が他国に対し何をやっているかを報道していないだけです。
国連に何人の日本人職員がいて、外国企業にどれくらいの日本人が働いて、外国にどれくらいの援助活動をしているかご存知でしょうか?またそういう報道は何カ月おきでやっているのでしょうか?
ほとんどの人は知らないし、報道もたまにしかしませんよね。

物が値上げする、他国民を招き入れる。金目当ての政治家が多い。
これらは完全に国民の責任。議員を選ぶのは国民です。
戦後はそれでよかった。国は解体された派閥と癒着して、その建て直しに躍起だったし、それによって労力は少なく国民の働き口が確保できた。
今の東北を考えてください。この不景気に個人の起業を当てにできるでしょうか?であれば大きな企業に優遇してでも工場などを確保した方が、建築業で確保してもらった方が遥かに楽でしょ。でもそれは人海戦術もあるのです。
今の起業はこぞって儲け優先で省力化に勤めている。最も金のかかる人件費を削ろうとしている。だから東北に会社を持って行ったって、昔ほどの雇用にはつながりません。
土建業も、昔は剣道や市道などは人が工事をした。しかし今では町道でさえ機会が作ってしまうからヨイトマケもいない。これでは有資格者だけが雇用につながるにすぎないし、短期労働など出ない。
国民も馬鹿だから企業が潤えば自分たちの給与も増えると思い込んでいるが、近年では売り上げが落ちれば簡単にくびを切れる時代になった。そのくせ自分たちを守るはずの労組を悪の根源だといって攻撃する矛盾を平気でやっている。
職がないといっても本当に泣ければ外国人だって来ないでしょ。来たって職がないんだから。でも日本人の職がないなんていうのは「いい職がない」といっているだけ。底辺は人材不足だからそこに外国人が入り込んでくる。
企業だって英語が話せる人を育てるより外人を雇った方が楽だから外人をつれてくる。それをマスコミは凄い会社だと褒め称える。
英語もそう。外国人でどれだけの人がネイティヴな発音していますか?米国内だって方言の宝庫。なのに日本人は流暢な英語ばかりを追い求め、下手だのクソだの言われて喜んでいる。第一日本人がこのんでいるのは米語で英語ではない。商売ではいいけど人格者とは呼ばれない。だから外国のエリートは英国で語学を学び米国で経済を学ぶんです。
話は逸れたけど、何もしない何もしない政治家やパフォーマンスだけの政治家を喜んで応援しているのは国民です。
「どうでかわんないよ」といって選挙に行かなきゃ変わる筈もない。「やっぱ自民党でなきゃ」などといってろくに政策も検討しないからろくな政治家が出てくるはずもない。
だから東日本を放射能まみれにした連中が謝りも反省もせずに堂々と野党を気取って政権交代を主張している。それを応援する国民がいる。
無駄遣いを批判しながら自分のところだけには金をよこせと騒ぐ国民。これでは無駄遣いはなくなりません。

国民のレベル以上の政治は生まれない
つまり政治家に文句を言ってもそれは天に唾しているようなものなのです。
ご存知ですか?選挙の棄権は批判票でも反対票でもなく、単に無条件降伏票なんです。
つまり投票率が低いということは無条件降伏であり、責任放棄なんです。
責任放棄しながら批判ばかり、金の要求ばかり、それが日本の国民なんです。
いっそ「どうせ半年の寿命だから」と少数野党に票を入れてみませんか?
或いは投票率100%、有効投票率20%とでもなったらどうなるでしょうね。

批判すること、そのものが正義だと思っている間は日本は良くはなりません。批判はしても行動はしない間は良くなりません。

それは政治家の問題ではなく、国民の問題なのです。
日本人の少なからずは中国を嫌いますが、日本人がやっていることは中国と大差ありません。議員にならなきゃ国を動かせないと考えるのは中国です。役人大国も中国です。組織の言いなりになるもの中国です。
大体日本の義務教育は未だに共産主義ではないですか、国を批判することが是だといっているのは過去の継承に過ぎないでしょ。世界のどこに国を批判することを教える国があるでしょうか?
公務員が絶対権力を握っているのも中国と同じです。米国では大統領が変われば役人もトップクラスは総入れ替えです。失敗すれば席を降ります。しかし日本はあれだけ嘘だらけ、失策だらけの原子力安全に委員会や保安委員会が未だに権力を持って、しかも国を滅ぼしかけた東電を擁護し続けている。安全神話継承者を未だに雇用している。デタラメマダラメをマスコミも頼りにしている。
これが日本の常識なのです。中国でさえ新幹線大事故の責任者は左遷されているのに日本は法律によって守られています。

民主主義であるならば、国民がリードしていくものなのです。
世界の評価は日本は民主主義国ではありません、最も成功した社会主義国です。しかもそれも終焉を迎えています。発展途上国であれば逸れも是ですが、成長した国はバランスが必要になります。
そのことを自覚することが先決です。

「政治の話はタブー」そんな常識のある日本だから、良くなるはずもありません。

それは完全にマスコミやネットによる洗脳の賜物ですね。
他国に目を向けていないのではない、日本が他国に対し何をやっているかを報道していないだけです。
国連に何人の日本人職員がいて、外国企業にどれくらいの日本人が働いて、外国にどれくらいの援助活動をしているかご存知でしょうか?またそういう報道は何カ月おきでやっているのでしょうか?
ほとんどの人は知らないし、報道もたまにしかしませんよね。

物が値上げする、他国民を招き入れる。金目当ての政治家が多い。
これらは完全に国民の責任。議員を...続きを読む

Q日本の政治について教えてください。

日本の政治について教えてください。

日本の国会は衆議院と参議院とに分かれ、唯一の立法機関として法案を話し合っている。



内閣においては、総理大臣と各国務大臣がいわゆるマニュフェストと言われる政策を担当。

合っていますよね?

ここで、与党、野党というのは国会と内閣のどちらに属しているのかが分かりません。
また、与党は政権を担当すると言いますが、これはどういうことでしょうか?
政策を行うのは大臣の役割じゃないのですか?

基本的な事を聞いてしまって、恥ずかしいのですが政治の事を勉強し始めたばかりで理解できません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

>総理大臣は衆議院、参議院の両議院から一定票の獲得で、選出されるのではないのですか?

まず、衆議院と参議院がどういうものなのか、から説明します。
ある法律を作ろうと、法律案が出来たとき、まず、衆議院でこの案を法律にすべきかどうか、というのを話し合います。そして、話し合いを経て、「法律にするのに賛成か、反対か」というのを多数決します。
これで、賛成が半分以上になると、「可決」された、といいます(逆に、反対が半分以上を「否決」された、といいます)
しかし、これだけでは、法律案は法律にはなりません。
衆議院で可決された法律案は、今度は、参議院に送られ、ここでも法律にすべきかどうか話し合いがされるのです。そして、その後に、衆議院と同じように多数決を取り、ここで「可決」されると、その案は「法律」になります。
つまり、衆議院と参議院、両方で可決されて初めて、その案は法律となる、というわけです(ただし、参議院で否決されて場合でも、衆議院でもう一度、多数決を取り、3分の2以上の賛成が得られたときは、「再可決」という形で法律になる、という特別なルールもあります)

で、総理大臣の指名、ですが……
総理大臣の指名も、基本的には、法律案を法律にするのと同じです。
衆議院と参議院、それぞれで「誰を総理大臣にしたいのか?」という投票を行い、最も得票数を得た人(ただし、半分以上の得票数を得た人がいなかった場合は、上位2人で決選投票)を決めます。
衆議院と参議院、両方で、同じ人が選ばれた場合は、そのまま、その人が総理大臣になります。
もし、衆議院と参議院が、別の人を選んだ場合は、衆議院と参議院で話し合いをしてどうするのかを決めます。もし、それで決まらない場合は、衆議院の選んだ人を総理大臣にする、というルールになっているのです。

上に書いた、「もし、参議院で否決されても、衆議院でもう一度、決をとって、3分の2以上の賛成を得たら「再可決」されたとして法律になる」というのや、総理大臣の指名などで、衆議院が優遇されている、というのを「衆議院の優越」と言います。
これは、衆議院議員の任期が最大4年(ただし、任期途中で解散となることもあるのでもっと短い)に対して、参議院議員の任期が6年(解散されることはありません)なので、衆議院の方が、人々の意見を反映しやすいから、という理由によるものです。

で、民主党、国民新党、社会民主党が与党、というのは、これは、元々、この3つの党が「一緒に政治をやろう」という風に取り決めていました。そして、総理大臣の指名のとき、民主党の議員である鳩山由紀夫氏を、国民新党、社会民主党の議員も「鳩山氏が良い」と投票したのです。つまり、鳩山総理を応援している政党が「与党」、鳩山総理を応援しているわけではない政党が「野党」ということです。

衆議院と参議院というのは、それぞれ、独立した会議である、と考えてもらえば良いと思います。
最初に書いたように、衆議院という会議と、参議院という会議、両方で可決されると、法律が出来る、という仕組みです。
両方で可決されるためには、衆議院と参議院、両方で半分以上の議員を持っているのが、政治を行うのに最もスムーズに運ぶ、というのは言うまでもありません。
そのため、各政党は、衆議院と参議院、両方で半数以上の議席数をとろうと選挙で戦うわけです。

与党、野党というのは、現在の総理大臣を応援している政党かどうか、ということですので、衆議院議員の中にも「与党」議員と「野党」議員がいて、参議院議員の中にも「与党」議員と「野党」議員がいる、ということになります。

No.2です。

>総理大臣は衆議院、参議院の両議院から一定票の獲得で、選出されるのではないのですか?

まず、衆議院と参議院がどういうものなのか、から説明します。
ある法律を作ろうと、法律案が出来たとき、まず、衆議院でこの案を法律にすべきかどうか、というのを話し合います。そして、話し合いを経て、「法律にするのに賛成か、反対か」というのを多数決します。
これで、賛成が半分以上になると、「可決」された、といいます(逆に、反対が半分以上を「否決」された、といいます)
しかし、...続きを読む

Q日本のいいところ・悪いところ

最近は良いニュースがあまりなく、色々と
混乱の続く社会が続いています。

日本もイラクへの自衛隊派遣や北朝鮮問題について
色々もめているようです。

そこで皆さんに質問なのですが
・・・というか素直に色々な方の様々な考えを聞きたいのです。

日本のいいところ・悪いところって
どんなところだと思いますか?

政治面でも環境面でも全く関係のない文化的なものでも
何でもいいです。

皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

<日本の良い所>
*治安が良い&平和
 最近、ヤバイ方へ向かっていますけど
*戦争&内戦がない
 これも危うくなってきた
*お金持ち
 食べるのに困らない。世界に何%だろう?と考える
*病院にかかれる
 医療事故や、救急の対処は延ばす余地ありですが
*時間に正確
 電車やバスが、細かく出発出来るのは御国柄だと思う
*人が良い
 都会はチョット違うけど、田舎に行けば行くほど良い感じ。
 とりあえず疑えとか、自分が得するには、、、ばかりが先立たない
*四季がある所
 四季折々の景色は美しい。

<日本の悪い所>
*外交下手
 政治家も内弁慶で、外では物が言えないし、アピール下手。
 ギブ&テイクがなくて、返りが少ない。
 アメリカ様ぁ~とばかりについていく。もっと要求もして欲しい
 北朝鮮とも対で話合って解決できない。飴ばかりでムチが少ない
*天下り&不正&談合
 税金、年金、健康保険料、返せーーー!!
*建前&本音。義理の付き合い。見栄
 とくに結婚式や祝いで見られるが、
 本音とかけ離れ過ぎると自分のためだけなんだなぁと、しらける。
*画一的すぎる
 良い学校→一流企業
 だけでなく、他の才能も、もう少し認めても良いのにと思う。
*企業経営者
 不景気だから「給料払わなくて良い!」「リストラしやすい!」
 「長期雇用じゃなくて良い!」「社員採用しなくても良い!」
 と都合良く使おうとしている会社も、あるハズ。腹黒い

<日本の良い所>
*治安が良い&平和
 最近、ヤバイ方へ向かっていますけど
*戦争&内戦がない
 これも危うくなってきた
*お金持ち
 食べるのに困らない。世界に何%だろう?と考える
*病院にかかれる
 医療事故や、救急の対処は延ばす余地ありですが
*時間に正確
 電車やバスが、細かく出発出来るのは御国柄だと思う
*人が良い
 都会はチョット違うけど、田舎に行けば行くほど良い感じ。
 とりあえず疑えとか、自分が得するには、、、ばかりが先立たない
*四季がある所
 四季折々の景色は美...続きを読む

Q中出し後、精子は何日で卵子と出会うの?

例えば、今日中出しをしたとします。

そしたら今日妊娠するんですか?明日ですか?

精子と卵子がどんな状態になった時に妊娠したと言えるんですか?

何日後か当日か分かりませんが、受精したとします・・
受精した瞬間に妊娠検査をしても、まだまだ反応が出るまでにはならないんでしょうか?

妊娠検査薬には、次の生理予定日の一週間後から検査出来ますって書いてあるんですが…

早く知りたくて!早く妊娠の結果を知りたくて1ヶ月後とか待ちきれないんです…

中出しの次の日には妊娠してるかなんて分からないですよねぇ?

早く妊娠したいですぅーー!!

Aベストアンサー

受精するまでかかる時間というのは排卵のタイミングによって違うのですが
(↑排卵がまだであれば卵が出てくるまで数日待つ状態になることもあるので)
射精した精子が受精する場所(卵管)に到達する時間ということでいえば、
<あっというま>です。何日とか何時間とかはかかりません(多分秒・分単位)。
妊娠を望む場合には性交後腰を高くしたりしばらく安静にしたり、
また望まない場合に性交後膣内を洗浄したりしたとしても、
気休めまたは意味がないということを以前医師に聞いたことがあります。

> 精子と卵子がどんな状態になった時に妊娠したと言えるんですか?

一般的には、受精して子宮に着床した時点で妊娠とされますが、実際はそれではまだ妊娠とは言えません。
受精は上に書いたとおり<あっというま>に行われ、その後7~10日かけて
子宮内に着床することになるのですが、その頃はまだ検査薬で反応が出ないことが多く、
反応がなければ、結果として妊娠していてもこの時点では妊娠とは判定できません。
また、受精後卵に問題があって流れてしまう現象を化学的流産といい、
これは着床しかかってダメになる場合も、着床後育たずにダメになる場合もありますが、
この時点では妊娠とみなされません(流産と名がついていても流産とは数えない)。
つまり、着床=妊娠とはいえないのです。
医学的には胎嚢が確認できた段階で妊娠となります。

> 受精した瞬間に妊娠検査をしても、まだまだ反応が出るまでにはならないんでしょうか?

受精した瞬間というのは性交したそのとき、もしくはその後数日の間ということですから
検査薬の反応は結果的にどうであれこの時点では陰性にしか出ませんよ。

> 早く知りたくて!早く妊娠の結果を知りたくて1ヶ月後とか待ちきれないんです…

性交(排卵)後2週間で分かる検査薬もあるので、1ヶ月も待つ必要はないでしょう。

早く知っても、病院でも妊娠と分かるのは早くとも生理予定日の一週間後くらい、
つまり検査薬で反応が出るころと同じくらいなので、胎嚢が確認できるまでは時間がかかって
子宮外妊娠?などと違うやきもきが発生してしまうと思います。
妊娠を希望されているようですが、基礎体温を測ったり排卵検査薬を使ったりして
なるべく正確な排卵日を把握しようとされていますか?
早く妊娠したいという気持ち、ついついそればかり考えてしまう気持ちも分からなくもないですが、
それだけでなく、今回質問されたような、妊娠に関する基本的な事項について
もっと理解を深めるようにしたらいいですよ。

受精するまでかかる時間というのは排卵のタイミングによって違うのですが
(↑排卵がまだであれば卵が出てくるまで数日待つ状態になることもあるので)
射精した精子が受精する場所(卵管)に到達する時間ということでいえば、
<あっというま>です。何日とか何時間とかはかかりません(多分秒・分単位)。
妊娠を望む場合には性交後腰を高くしたりしばらく安静にしたり、
また望まない場合に性交後膣内を洗浄したりしたとしても、
気休めまたは意味がないということを以前医師に聞いたことがあります。

...続きを読む

Q一部上場とは??

タイトル通りなのですが、一部上場企業とはどういう意味でしょうか?していない企業と比べて何が違うのでしょうか??現在就活中でして、この意味がよく分からないので教えていただけますでしょうか?又、その企業が上場しているか、していないかはどうやって見分けるのでしょうか??
お返事ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買う人がいなければなりません。このような株の売り買いをするところが株式市場です。株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。
日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。
ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。
この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。
東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。
色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。

>今までどんな勉強をしてきたのでしょうか?
>そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが?

ひどいことを言う人もいるものです。私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。それでいいのです。就活がんばってください。

企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。(TOBなどの危険もありますが・・・)
一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。株を売るには買...続きを読む

Q政党の必要性

自分の父親はどの政党といわず政党全般が嫌いです。
いわく、政党で政治が動いているから、国会の多数派の法案が何でも通ってしまう。
議員個人個人にどんな信念があっても党議拘束で、党の決めた賛否に従わざるを得ない。
政党そのものが組織であり、なおかつその政党のバックにそれぞれ支持団体があるため、
そこに癒着や利権が発生して国民のための政治が行われない。
組織になど属さず個人の良心で誠実にやってる議員の方が信用できる。
そういう意見です。
主にこれは与党への批判になるのでしょうが、今の野党が政権を取っても国会のシステムが同じである以上
起きてくる現象もまた同じでしょうから、要はやはり政党全般が気に入らないということだと思います。
実際、ごもっともだと思いますし、同じように感じてる人はほかにも多いと思います。
無党派層が多いのも、現有の政党に支持するに足る党がないというより、どんな政党であれ
政党というシステム自体への不信感が実はあるのではないかと思います。

しかし一方で、議会制民主主義を取っている国はどこでも、多党乱立であったり二大政党制であったりはしても、
一様に政党政治が採用されている事を考えれば、民主主義のいろいろな実験の中で政党というシステムがベストでは
無いにしてもベターな選択であるというのが現時点での共通認識ではないのかとも思います。
そもそも、いい悪いを論ずる以前に、人間は3人いれば派閥やグループが生じる生き物である以上、
たとえ政党を廃止して全ての政治家を個人単位にしたところで、いつかはいろいろな理由でまたグループが形成されるのではないでしょうか?

政党が一概に是か非かではなく、メリットとデメリットの両面が存在すると思いますが、
その両面を考え合わせた総合判断で、政党はあった方がいいと思いますか?
それとも無い方がいいと思いますか?

自分の父親はどの政党といわず政党全般が嫌いです。
いわく、政党で政治が動いているから、国会の多数派の法案が何でも通ってしまう。
議員個人個人にどんな信念があっても党議拘束で、党の決めた賛否に従わざるを得ない。
政党そのものが組織であり、なおかつその政党のバックにそれぞれ支持団体があるため、
そこに癒着や利権が発生して国民のための政治が行われない。
組織になど属さず個人の良心で誠実にやってる議員の方が信用できる。
そういう意見です。
主にこれは与党への批判になるのでしょうが...続きを読む

Aベストアンサー

>政党の必要性

        ↓
問題や不満はありますが、政党は必要と思います。
それは、議会制民主主義や首班選び、重要政策の立案施行にスピードと内容のチェック充実に、現状でベター&有効なシステムだからです。

しかし、それは必要条件であって、よりましな及第点と言うだけである。
現状の政党の存在、成果や機能が、決して、十分条件を満たしてる訳でもありません。

政党本来の目的や機能を→円滑、効率的に発揮・達成するには、政党所属議員の「資質・使命感・矜持=広意には器量」が肝心であり、その個々のレベルアップがない限り、どのような制度も政党もマニフェストも、骨抜きにされると思います。

政党の役割を果たさすには→個人としての器量に加え、同時に、旗印や将来ビジョン、その目的への工程表:基本と成る憲法観・安全保障政策・政策のプライオリティを核としての、政党のガラガラポン・政界再編が不可欠だと思います。

また、現状でも、少しでも個人の器量が政党としての器量・信頼・実行力につながる為には→重要政策での党議拘束の撤廃、綱領やマニュフェストの徹底開示と遵守が、広く党内外や国民に情報開示されチェックされ、その支持&不支持と評価で選挙で信任を競わねば本物とは言えない。

その選挙(国民からの信任信託)を受け・経て、議席の配分と国民世論の合意形成に繋げ、国益と民意をバックボーンに負託を得た中から政党・政府を形成し→国会において、その責任を果たすべく政策立案と予算の配分、官僚組織や自治体との共同責任と連帯&分担にて行政執行を行うのが議会制民主主義の基盤・根底だと思うからです。

しかるに政党の現状は、主義主張もバラバラにマスコミや支持基盤向けの迎合&利益誘導が、人気取りと手柄争いに終始しているかに見える。
個々の政治家が出自も政歴もビジョンも→まだら模様に与野党に混在し、個人の政治信条を糊塗し隠して所属している為に、価値感の違いやリーダーシップが見えず聞かされず発揮されない。

すっきりとしたシンプルな政策実現の為の政党結成&運営、効率的な分り易い政党政治が行われていなく、与野党の立場と利害だけでの為にする批判合戦、スキャンダル捜しに、国会が終始しているので、いつまでも政治&政党&議員のイメージは上がらず、利権に群がる蟻、猟官運動と選挙の為のポイント稼ぎしか見えない。

そこには、国益・国威・国運・国際協調の旗印もリーダーシップもビジョンも見えず、活力を失った政治政党不信がはびこり、主権者である国民の中に政党不信と不要論が徐々に確実に蔓延して来ている。

誰がやっても、誰がなっても、どの政党も・・・と言う不平不満不信が、大切な政治政策への無関心や選挙における低投票率、一部のタレントや知名人や世襲議員の増大に繋がり、それがインスタント政治家(政治家という商売)を安易に創造してしまい、結果的に悪循環で政治の沈滞・政治家政党の器量気概不足の負のスパイラルを招いてしまっている。

私の意見としては、政党は必要です。
しかし、現在の政党が機能・責任を果たしているとは思えない。
選挙を通じての真贋の峻別とリーダーの発掘・育成を通じて、我が国の議会制民主主義のステージアップ、是々非々での熟成が必要だと思います。

政治不信に伴う政党不要論の気持ちは分るが、個人である政治家の共通価値感によるグループ化が推進力となる現実がある。
その価値感やリーダー選びの相互啓発・切磋琢磨がグループ間の競争であり、政党の存在基盤でもある。

議会制民主主義は、個人戦としての小選挙区での選挙と団体戦としての比例区と選挙区を合わせたトータル議席(議員数)が、主権者からの第一党を得て、国民に代行して政権運営を行うのだから・・・。

要は、様々な意見や利害、価値感を汲み上げ、調整し、反映した政策立案に→集大成と多数決による合意形成が基本であり、志・信条・価値感プライオリティを共有・同じくする、良質な個人政治家が集い→意見意向を集約収斂し政党を為し、政策を立案・成案し、実行&実効有らしめるのが本意である。

たしかに議会制民主主義・政党政治は、複数&多党政党の存在は→少数意見の尊重と決定システムにおいて、時間とコストが掛かるメカニズムだが、独裁専制政治や恐怖弾圧政治、人種や宗教やイデオロギーの純化政治の不合理性を戦争や粛清や民主集中制の恐怖と悲惨な実験を経て→人類の英知で築き上げた民主主義システムの要諦・王道だと思います。

>政党の必要性

        ↓
問題や不満はありますが、政党は必要と思います。
それは、議会制民主主義や首班選び、重要政策の立案施行にスピードと内容のチェック充実に、現状でベター&有効なシステムだからです。

しかし、それは必要条件であって、よりましな及第点と言うだけである。
現状の政党の存在、成果や機能が、決して、十分条件を満たしてる訳でもありません。

政党本来の目的や機能を→円滑、効率的に発揮・達成するには、政党所属議員の「資質・使命感・矜持=広意には器量」が肝...続きを読む

Q私は中3で 「現在の日本の政治について」の作文を書

私は中3で 「現在の日本の政治について」の作文を書くことになりました 。
どんな内容を書いたらよいのか、またどんな感じで書いたらいいのかアドバイスをください。
できれば例文お願いします(600字以内)

Aベストアンサー

中学3年生で書くのは難しいですね。

背伸びをするより、身近なところから書いた方が、自分の言葉でしっかりしたものが書けると思います。

消費税の税率の問題、介護、医療などの社会保障費の増加の問題とか、身の回りのこととつなげて書けませんか?

Q現在の政党政治システムの在り様について。

問責決議、内閣不信任案、衆議院解散、ねじれ国会や国会の空転など、現在の日本政治はこれまでにないほど混沌たる有様であります。(マスコミはやたら政局争いを誇張報道しますが…)

もちろん、政治家や政党の中には身勝手な思惑、党利党略を抱いているものも少なくないとは思います。
しかし、多くの政治家が自分の使命、政治生命を懸けてでも通したい法案、樹立したいシステムのイメージを持っているはずです。

現在の政党政治下では政局争い、まずは法案を有利に通せる立場に行くことが優先となってしまって官民両方がもどかしい気持ちになっているように思えます。
もう政党政治自体が行き詰ってしまっている感がしてなりません。

そんなことも鑑みずにマスコミに踊らされて中身のない政治家批判をする人々は論外として、
みなさんは現在の政党政治をどう思われますか?
もっとスマートな代替案などありましたらご教授いただきたいです。

Aベストアンサー

 回答

個人的には、日本の政党が政党ではないことから、日本の政党政治を根本的に規格外だと認識している
そして、日本の政党政治の健全性については不健全だと思うが、そうなった原因は有権者にある、と認識している

個別に論理展開したい

ア:日本の政党は、『選挙互助会』に過ぎない

 しばしば、「選挙の顔」という言葉が指摘されるように、選挙目前になると大概が、”選挙の顔として党首”が指摘される
比例代表選出候補が政党を鞍替えする事例は、選挙目的の政党鞍替えとしか思えない事例も指摘できる
政党は、政策集団・もしくは政策調整・討議集団であるのが本義である。しかし、既存の政党には、その機能を十分に果たせているとは言い難いことは、審議拒否などの事例から指摘できるだろう
過去最高裁が指摘したように、政党届出候補に対する公職選挙法の優遇措置(政見放送・資金団体など)の法の下の平等の問題を筆頭に、政党助成金・政治資金規正法など政党が選挙のために存在する法律になっていることも、政党を選挙互助会にさせている要素と言えよう
 そして、日本の政党が政党たりえない決定的な要素は、党議拘束の存在にある
諸外国では、政党が議員の評決を統制するような党議拘束などは限られている。しかし、日本の政党では党議拘束が当たり前になっていて、議員個人の自由な政治意思が保証されていない。
政党が選挙互助会であることから党議拘束に逆らえない背景もあるが、議員個人が政治信念・理念を持ち合わせていないのが実情であろう

この類の話は、今月の中央公論などでも指摘される部分もあるので、参考になるかもしれない



イ:日本の政党政治は、政党が基調単位にならない

 政党は政策集団であるべきだが、既存の二大政党は政策近似性を持ちながらも、政局・私怨で離合集散を繰り替している。自民党・民主党とも同根でありえるし、政策的差異が大きくないことは、政策合意などを見れば明らかだろう。
政党政治は、政党が政策基調単位として議会として議論されるべき様態である。しかし、超党派議員団が安易に結成される事例が多いように、近似した政策集団同士による議論は常に平行線か空論に終わる傾向がある
これは、政党内部において政策的振れ幅が広いことに問題があるが、その振れ幅を顧慮せずに議員が政党入りすることなどによって、政党政治という政党間闘争(論争)が不全化することに問題があろう

 政党が政策集団として、創造された政策・立法を実現させるための議会上の努力が必要である
しかし、行政国家化した現代国家においては、専門的な行政に関する議会討議は、専門性を負えない議員には困難であり、行政側(官僚)による主体的な発議に依拠することになる。政党政治は、行政側に偏重した政策・立法を、より主権在民の視座で権力牽制するべきであるが、議院内閣制度である日本国の政体から、政権与党は行政寄りになる。政権与党を牽制するべき野党も十分な政治情報と分析力がないために有益な政策・立法提言が出来なくなっている。
これは日本の政党政治そのものによる問題ではなく、制度問題とも言えるが、初歩的かつ一般的な政党政治モデルの形状になっていないことは厳然としているものと言えるし、その自覚を持てないことへの批判でもある

 
ウ:有権者が既存(所与)の政党政治・政党に対する疑念を持てない

 最高裁判例や様々な政党論を通じて、日本の政党・政党政治が機能不全であることは指摘されている
しかし、多くの有権者が全く疑問を持たず、所与のものを漫然として受容していることに一番の問題がある
選挙制度にしろ、政党の選挙互助会の体質にしろ、有権者の権利を損じているシステムであることは論説出来る
まずは、有権者が現憲法下であるべき有権者・議員の肖像を描き、それを思慮し、再検討した上で、既存の政治システムを再設計するべきだろう
そして、もっとも改変するべき要素は、有意な機能を持ち得ない政党であろう




エ:代案に関して

 代案としては、

(1)政党ありきの選挙システムを是正することによって、政党と政党政治を健全化させること
(2)ウで指摘した有権者の意識改革

を支柱として

公職選挙法(区画法改正)・政党助成法・政治資金規正法の改正(仔細は補足請求で論説)
党議拘束の撤廃(憲法改正を視野にした)・国会法改正(会派単位による国会運営の見直し)
与党議員と行政職の分離 官僚・内閣法制局立法の審議形態の見直し・委員会の細部化と専門化に対応する立法レベルの有識者会議の設置など
厳然とした議院内閣制度を一般法のレベルで見直し、
行政・立法の距離感を広げ、国会議員は現代の国家戦略局レベルの戦略部分に関して主体的な役割を担う



破壊的な代案としては

国会運営を細分化された会派で統制し、国対委員会などの政党主導の国会運営システムを廃止することによって
政党本位ではなく、議員本位の国会システムを形成する

 回答

個人的には、日本の政党が政党ではないことから、日本の政党政治を根本的に規格外だと認識している
そして、日本の政党政治の健全性については不健全だと思うが、そうなった原因は有権者にある、と認識している

個別に論理展開したい

ア:日本の政党は、『選挙互助会』に過ぎない

 しばしば、「選挙の顔」という言葉が指摘されるように、選挙目前になると大概が、”選挙の顔として党首”が指摘される
比例代表選出候補が政党を鞍替えする事例は、選挙目的の政党鞍替えとしか思えない事例も指摘できる
政...続きを読む

Q今の日本の政治について

今度、学校で今の日本の政治について800字程度で作文を書くことになったのですが、
どの話題を取り上げればいいのかわからず、困っています。

どの話題を取り上げればいいでしょうか。
自分の感想も書かなくてはいけないので、
そういうのが書きやすいニュースを教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民主党の前原誠司政策政調会長の発言によれば、我が国は、武器輸出三原則の緩和政策を打ち出しました。米国からの圧力を政府与党は受けていると想像できます。スーダンへの自衛隊派遣問題で、個別的自衛権の行使という縮小解釈を越えて、スーダンへの自衛隊派遣は政府与党の決定事項ですから、集団的自衛権の行使まで、9条の枠内で、拡大解釈されるには、無理がありすぎると思われます。ですので、次の解散総選挙で、最新の民意を問うことになりますが、支持政党無しの45パーセントの浮動票の動向次第では、政権交代劇も起きる可能性は十分に考えられます。しかしながら、民主党と自民党の政策差異が国民に分かりやすいように、政策上の差異がはっきりしないことから、また、小沢一郎元代表の進退問題で、民主党内で、離党する議員が続発しています。民主党という政権与党は、元来、一枚岩の政党ではなく、綱領もありません。国民に信を問うような状況下に政府与党はあるのではないでしょうか?

消費税の増税問題、TPPの参加・不参加の問題、改憲論議という、少なくとも、三つが揃えば、民意を問わざるを得ないというのが、我が国の現代の政治体制であると思われます。

日本は米国のように、共和党と民主党が、50対50(フィフティー・フィフティー)のように二大政党制とは、なっていなく、国政の政治政党乱立劇は、民意の生活不満と、政治への怒りという暴走とも分析できます。

これは、僕の意見ですが、もし、解散総選挙が行われれば、民主党が政権与党として、民意を得られるとは、まず、考えられません。しかしながら、総理大臣のめまぐるしい交代劇は、対外的な我が国の面子を丸つぶれにし、世界の国家からの笑い物にされているというのが、政治音痴の我が国の有権者の意識ではないでしょうか。有権者、自ら、選挙で当選させた国会議員を後々になって、野次ったり、不平不満さを募らせるとは、まさしく、国民が政治の勉強ができていないから、だ、と。小泉政権の功罪は莫大であっても、民意が支持し続けたのであるのだから、結局、ツケを支払わされているのは、国民であり、これが、民主主義社会の実情です。国民が政治に音痴、または、関心事が薄ければ、必然と、輩出される国会議員の面々も、また、国政をとても任されるような国会議員としての責務を十分に果たせない、議員を次々に輩出させ、結局のところは、バカを見るのは、国民だということを国民は肝に銘じないと、いつまで経っても、政治が一流になることはありえないでしょう。

それだけ、国民の政治への関心事は、薄いのです。それが我が国の実情であり、改憲が一度も行われた例(ためし)のない、日本国憲法、施行の64年目の実態だと思います。

----

ところで、民主党内の議員が離党届を次々に提出し、民主党の分裂危機は免れないでしょう。そうなると、野党第一党である、自民党の政治基盤が盤石になりつつありますが、少数政党も乱立しており、仮に、次期総選挙で、自民党が野党から、与党に返り咲いたとしても、過半数確保は、まずあり得ないし、連立政権となるでしょう。

ねじれ国会の現象は、衆参両議院での、法案通過が難解ですし、膨大な時間と、政策批判が増すことにより、法案通過に非常に手間取ります。こうなると、特に被災地域の経済状況が深刻の一途を辿り続け、法案が通過することが遅々とすることから、被災地域では、やり場のない、怒りと悲しみに包まれているのが、被災地域の現状でしょう。最低、衣食住の盤石な確保が無ければ、とても、政治政党としての責務を政府与党が果たしているとは、呼べず、ねじれ国会での法案審議が長引くことは、被災地域にとっては、はた迷惑な話です。更に、被災地域を負い目詰めるがごとく、今年を明けて、いきなり、関東圏内でも弱震が発生し、被災地域は、悪天候だそうです。

政府与党としての最低の義務は、国民の生命と財産を護ることがなりより、先決ですから、そう言う意味では、被災地域に対する、政府与党の惜しみない援助は不可欠ですが、義援金を頂くと、生活保護から対象外にされるそうです。話は飛びますが、昨年の三月十一日に発生した、東日本大震災は、小生、一個人を例にとるならば、とても現実だとは思えません。惨状も度が過ぎれば、現実味を帯びてこないというのが、率直な小生の思いです。一刻も早く、被災者の健康被害と衣食住の確保の懸念を払拭しないと、益々、民意を失ってゆくと思いますし、民主党政権が求心力を喪失していくのは、もはや、時間の問題だと思います。

----

我が国は、情報の正確さを欠いているというのが、現状のようです。さまざまな説があって、福島県沖の大震災は、未然に防げた説もあって、県民感情を傷つけ、更に被災者の心情を悪化させている懸念があるのも現実です。

拙宅は、カンパンなどを事前に用意していますが、三日分くらいの食糧確保です。2012年には、人類滅亡説もあって、正月休みから大変、バサラさんの心情を傷つけはしないかと、恐縮の限りの思いですが、年明け早々から、関東圏内は、弱震に見舞われており、不穏な年明けでもあります。

バサラさんは、宗教をどうお思いなのでしょうか?

神はどんな過酷な運命を与えようとも、罪に問われることはありません。未来を確定しているのは、神、ご自身だけですから。

----

都会在住だと、カネを余り使わずに、運動するとなると、自転車で、デイケアに通うか、日頃の散歩を楽しむのかのいずれにしか、選択肢はなさそうです。

話は飛んで申し訳ないのですが、現在の小田急線は、省人化も過ぎ、無人化しつつあるので、電車の切符を購入する際にも、タッチ・パネルが分からないと、切符の購入すら、難しいです。

お年を召した方々もそれぞれですが、機械には全く疎いとなると、公衆電話もほぼ、ありませんし、電子器具を使わずに、都会で暮らしてゆくことは、そう、容易いことではありません。

実は、小生の母が転んだのですが、誰も母に救済の手を差し出すことは無かったそうです。

それだけ、無縁社会の到来、格差社会の到来、犯罪の温床となりつつある、都会での治安維持は難しく、第一級犯罪である、殺人事件も上昇傾向にあり、今年は19年ぶりに死刑執行が無かったそうですが、死刑囚の数も、鰻登りになっているそうです。

特に、若者の中でもオタクの巣窟と揶揄される、2chでの論戦は、論戦ではなく、中傷合戦のようです。校内のイジメ問題も深刻化し、自殺を遂げた、児童も少なからずだそうです。また、特に、男性の性犯罪も鰻登りになっているそうで、まず、性犯罪であるならば、ほぼ、完全に男性が加害者です。

文明度の高い国家ほど、女性の社会的地位が高いと約束されそうですが、米国では、五人に一人、米国人女性が米国人男性から性暴力被害があるそうで、正直、僕は仰天しました。我が国の方が、米国より、性差別は深刻かもしれません。

都会に近いほど、進歩主義的な思想を持つ人が多そうで、地方に在住であるほど、因習・風習が強いそうです。ですから、都会が最も、科学文明に依る恩恵を受けていますから、風習が少なく、急進的な思想が蔓延していると、思えますが、実情としては、どうなのかは、僕はよく知りません。

レディー・ファーストの米国でさえ、この性差別の始末ですから、科学文明度では、後進している我が国の民度は、米国の民度より、低いでしょう。

児童虐待・高齢者虐待も深刻化しています。<我が国。

----

買い物に出かける前に、金正雲氏がテレビに映ったのですが、革命が起きて、彼の命は風前の灯火かも、は、脳裏をよぎりました。

----

世界を征しているのが現代の米国です。

3年前のリーマンショックの煽りをもろに受けたのが、我が日本経済の現実です。

66年前の敗戦の衝撃は、米国の国防力・経済力に依存せざるを得ないほど、我が国の今がこうある現実は、占領軍の亡霊が今でも、我が国を祟っているのかもしれません。

米国に強く依存せざるを得ない現実は、経済競争で、米国経済が凋落したとき、その煽りから我が国は逃れる術はなかった。だが、対貿易相手国としては、中国が現代の日本経済の現状を揺るがしているのは、確かだし、貿易収支高、第一位相手国です。ですが、反日感情、根深い教育を授かっている国家でもあり、日本人の多くが中国人をよくは思っていません。政府は情報回収に余念が無かったが、尖閣沖諸島での海上保安庁の巡視船と、中国漁船との衝突で、 sengoku38氏が情報をYouTubeで公開したとき、日本人の多くが中国に対して、眉をひそめざるを得ない気持ちになったと思います。 sengoku38氏は、職を辞し、中国漁船長は、愛国無罪。人口の規模からして、我が国の防衛力・経済力より、圧倒的に優位に立った、中国の現実。ですが、格差社会の規模も我が国の比ではなく、多くの中国人が心を引き裂かれるような思いをして、今を生きていると思います。中国には不信感を持つが、中国経済に依存せざるを得ないという、貿易を巡って、相手国を選ぶ、選択肢が無い現実も我が国の経済力の現実だと思います。国防力も、我が国の国防力を越え、肥大しつつある中国の今も、やがて、一人っ子政策の煽りを買って、人口構造に異常が起きるのも、避けられない未来だと思います。我が国は、まるで、天から降りた一本の糸にすがり、格差社会で心身ともに疲弊しているのが、我が国の財政状態だと思います。いつから、我々は、極楽浄土から垂れている、一本の糸にしがみついている、カンダタのようになってしまったのでしょう。近所の百貨店では、衣食住、全ての価格

民主党の前原誠司政策政調会長の発言によれば、我が国は、武器輸出三原則の緩和政策を打ち出しました。米国からの圧力を政府与党は受けていると想像できます。スーダンへの自衛隊派遣問題で、個別的自衛権の行使という縮小解釈を越えて、スーダンへの自衛隊派遣は政府与党の決定事項ですから、集団的自衛権の行使まで、9条の枠内で、拡大解釈されるには、無理がありすぎると思われます。ですので、次の解散総選挙で、最新の民意を問うことになりますが、支持政党無しの45パーセントの浮動票の動向次第では、政...続きを読む


人気Q&Aランキング