どちらもフランス語だと思うのですが、フランス語辞典で調べてもcafeしかのっていませんでした。知っている方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


  コーヒーは、16世紀頃、イスラム世界より西欧に伝えられたもので、最初は非常に高価で贅沢品として貴族が飲んでいました(現在の薄いコーヒーではなく、もっと濃い形だったようです)。イギリスではシェイクスピアがコーヒーを飲んだ経験があり、それは16世紀後期ということになります。
  
  最初は貴重品・珍味であり、これを西欧に伝えたのは、イタリア商人で、彼らはイスラム圏より輸入して、それを更に西欧の王侯貴族富裕商人等に売りつけたのだということになります。ところで当時のイスラム世界はオスマン・トルコ帝国の支配下にあり、イタリア商人が交易したのはアラブ商人というよりトルコ商人です。従って、コーヒーの原語はアラビア語に始まりますが、イタリア語の caffe はトルコ語の kahve を耳で聞いて言葉を造ったものです。
  
  フランス語やスペイン語では、cafe なのに、何故イタリア語では、f が二重にあるのか。(イタリア語もスペイン語もフランス語もすべて、最後の e にはアクセントが付いています。アクサン・グラーヴとフランス語でいうアクセント記号です。つまり、[cafe´]という形になります。イタリア語やスペイン語はこの場合、アクセントの有無は発音に関係ありませんが、フランス語はアクセントがないと、最後の e を発音しなくなります……「カフ」というような発音になります。それはとまれ)。
  
  何故イタリア語では、f が二重にあるのかというのは、これは想定ですが、イタリアでは、慣習的に f を二重に表記して言葉を造ったのではないかと思えます。イタリア語は、フランス語・スペイン語・ポルトガル語・ルーマニア語などと共に、俗語ラテン語つまりロマンス語の系統にありますが、他のロマンス語では、元のラテン語の単語の綴りにおいて、子音が二重になるというようなことはあまりなかったのですが、イタリア語では、どういう訳か、元のラテン語では、子音が一つだった綴りが、同じ子音を二重に記述する綴りに変化していることがあります。例えば、「反射する」という動詞は、英語で reflect で、これはラテン語の reflecto [reflectere] からノルマンフランス語を通じて入って来たものですが、イタリア語では、riflettere になっています。フランス語では refleter で、スペイン語では reflectar {reflejar} で、t の子音の二重化は起こっていません。(この場合、ラテン語の -ct- は発音しにくいので、俗語ラテン語では、-tt- の発音に変化したのだと言えます。ラテン語の「聖なる」を意味する sanctus [-a, -um] は、イタリア語では santo または san になっていますから、-ct- の -c- の発音を飛ばしています。これはスペイン語も同様です)。
  
  つまり、トルコ語の kahve(これは、多分、カハヴェと発音するのでしょう)を耳で聞いて、-hv- の子音を、-ff- として聞いた、あるいは表記したのだということです。
  
  英語の coffee はイタリア語から単語も一緒に輸入したので、ff の二重子音が残ったのだと思え、スペイン語・フランス語は、イタリア語の単語の tt を一個に戻したか、または、最初から自国語独自の綴り表記で表現していたので、二重子音にならなかったのだろうと推測されます。(16世紀には、スペインは西欧最強の国家で、レパント海戦でオスマントルコを打破して、この時初めて西欧は、イスラム世界と対等な地位を得たのですから、スペイン人の誇りから言っても、イタリア語などから言葉を輸入しなかったのだとも思えます。フランスはカトリック国家で、スペインの盟友でもあったので、スペイン語から cafe を取り入れたのでしょう。……イギリスは16世紀、ネーデルランドと共に、スペインに従わない西欧で唯一の強国であったので、イタリア語から言葉を輸入したのだとも考えられます。因みに、オランダ語でコーヒーは、koffie で、イタリア語・英語・ドイツ語同様に、-ff- になっています)
  
  16世紀には、貴重な品物であったコーヒーも、先のレパント海戦以降、西欧の力がイスラム世界のそれを凌ぐようになった18世紀には、庶民のあいだでも愛好される一般的嗜好品となり、J・S・バッハは、コーヒーを飲むことの流行を、世俗曲、「コーヒー・カンタータ」で残しています。
  
  
  コーヒーではありませんが、同じ嗜好品で、「煙草」を表す英語には、tobacco と cigarette の二つの表現があります。前者は北米インディアン語から来たもので、後者は、葉巻(cigar)の縮小辞形で、では cigar は何かというと、これは、スペイン語の「蝉」を表す cigarra から来たものです(cigarra は英語では、cicada で、これらは、ラテン語の cicada=キカーダからの派生)。葉巻は、乾燥した蝉に似ているので、スペイン人がこう呼んだためでしょう。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ものすごーく詳しい回答ありがとうございます。starfloraさんの回答を完全に理解するにはあと何度か(それでも駄目かな?〉読んでみないと、私のように、なんて言うか素人だと難しいけど、でもなるほどと思える部分が私にもありました。全然関係ないかもしれませんが、もしかしたらstarfloraさんだったら知っているかも知れませんが、どこかのcafeで、cafe not caffe!と書いてあるものがありました。あえてcafeでなく caffeとこだわるのは、イタリアのカフェというのを強調したいからでしょうか?カフェはイタリアが本場ですか?それとも、イタリアのなんとも言えない陽気な感じがそのカフェの特徴だからだったのかな。それが気になってこの質問をさせていただいたのですが、もしわかればおねがいします。何度もごめんなさい。

お礼日時:2001/10/18 01:46

starfloraさんが 全部答えてくださいました。

そこで 余談をひとつ。ミルクコーヒーは フランス語で cafe au lait, イタリア語で caffe latteです。 グリコの
cafe au laitより 森永の caffe latteの方が おいしいです。しょうもないこと 書いて失礼しました。
    • good
    • 0

コーヒはエチオピアの原産でコーヒを飲む習慣はまずイスラム社会に広まり500年ぐらい前にヨーロッパに伝えられたようです。

従って外来語を自国語でどう書き表すかの問題です。イギリス人は発音上Coffeeと書き写し、ある国ではCafeと書いたのです。フランス語、スペイン語、ポルトガル語などはCafeドイツ語 Kaffee,イタリア語 caffe です。これらの言葉は飲み物としてのコーヒとともに、コーヒの木、コーヒの実も意味します。コーヒと似た例に中国から世界に広まったお茶があります。英語ではTea スペイン語・イタリア語 Te, ポルトガル語 Cha(シャー)、ドイツ語 Tee, フランス語 The など。

注。各国語特有の発音記号は省略しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。という事は、caffeはイタリア語ということですか?という事ですよね。そっか。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 08:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください

記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください
出来れば解析学と論理学とにおける読み方を
一般的な読み方がなければ個人的な読み方でもいいです

Aベストアンサー

大学では数学をかじっていた者である。
一般論はNo.1に詳しいので、ここでは個人的なことを述べさせて頂く。

大学の講義でそう聞いたからだと思うが、私はどのような場合でも大概
「全ての」「或る(ある)」
と読んでいる。
また、Wikipediaの記事にはないが、こんな話をする相手はガンダムの話も嫌がらない人が多いので、
「ターンエー(turn A)」「ターンイー(turn E)」
ということもあろうかと思う。

Q続・フランス語辞典

 またぞろ、psssです。

 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=239305
の質問で、asahi0620さんに教えて戴いた方法で無事ダウンロード出来ました。
が、早い話上手く動作させられないのです。
 特に、右側のフロッピーの絵からダウンロードするのが辞書部分だと思うのですが、こちらはインストール出来ません。

 詳しく書くと、左のプログラム本体と思われる方は、インストールは上手く行くようです。
 次に、辞書と思われる方を解凍してinstall.exeを起動させると、本体と同じフォルダを指定してくるので、インストールを選ぶと、Windowsのエラーメッセージである、「Input file missing」というダイアログが出てしまいます。
 本体らしきexeファイルも起動させても、解読不能(フランス語だから)のダイアログが開いて、OKボタンで停止してしまうし、ヘルプもフランス語なので、お手上げでした。

 もう一度、この情けない輩に救いの手を差し伸べてやてください。
よろしくお願いします。

 またぞろ、psssです。

 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=239305
の質問で、asahi0620さんに教えて戴いた方法で無事ダウンロード出来ました。
が、早い話上手く動作させられないのです。
 特に、右側のフロッピーの絵からダウンロードするのが辞書部分だと思うのですが、こちらはインストール出来ません。

 詳しく書くと、左のプログラム本体と思われる方は、インストールは上手く行くようです。
 次に、辞書と思われる方を解凍してinstall.exeを起動させると、本体と同じフォルダを指定...続きを読む

Aベストアンサー

インストールマニュアルを読んでみたらわかりました。「Input file missing」というダイアログが出る理由は、このプログラムがフランス語版のWindowsにインストールすることを前提に作られているからだそうです。つづり字記号などの関係で、日本語環境だと正しくファイルを認識できないためにこういうことが起こるのですね。

そこで、フランス語版でないWindows使用者のためにインターナショナル版のプログラムとリストがupされています。以下のURLへ行くと、フロッピーアイコンがふたつありますので、両方DLしてください。右のリストのアイコンはクリックした先で言語を選ぶようになっていますから、JAPONAISを選んでください。

最初にDLなさったプログラムとリストのほうはアンインストールなさってから、上記のほうをお試し下さい。

参考URL:http://www.freelang.com/freelang/dictionnaire/dic-int.html

Q記号の読み方

記号の読み方を教えて下さい。
例えば、
(1)1<y<8
(2)-1>y>-8
 
また、
(3)1≦y≦8
(4)-1≧y≧-8

(1)、(2)は読み方と><この記号の名前を教えて下さい。
(3)、(4)は読み方を教えて下さい。

Aベストアンサー

>、<は、それぞれ「大なり」「小なり」と読みます。
「だいなり」と「しょうなり」です。

A>Bは、「A大なりB」
A<Bは、「A小なりB」
と「左辺は(右辺に比べて)大なり・小なり」という意味になります。
>、<のお名前は「不等号」です。

=が組み合わさった場合は、
「大なりイコール」「小なりイコール」と読みます。

それぞれの読み方は、以下のとおりです。
(1)1<y<8 ⇒「1小なり y小なり8」
(2)-1>y>-8 ⇒「-1大なり y大なりー8」
(3)1≦y≦8 ⇒「1小なりイコール y小なりイコール8」
(4)-1≧y≧-8 ⇒「-1大なりイコール y大なりイコールー8」

Q第二外国語。ドイツ語、フランス語、スペイン語。

こんにちは。
新しく学ぶ言語について質問です。
ドイツ語、フランス語、スペイン語の3つで悩んでいます。それ以外はいまのところ興味ないです。

難易度・・・ドイツ語=フランス語>スペイン語
話されている地域・・・ドイツ語≒フランス語<スペイン語

ということで、スペイン語に気持ちが傾いています。
ちなみに、
僕はバックパッカー(海外旅行など)に興味があり、大学では貧乏旅行などしようと思っています。
また、僕自身語学が好きで英語も割と得意です。そして将来は複数の語学を用いて仕事をしたいと考えております(通訳などではないです)ゆえ、第二外国語を習得し、第3、第4外国語と学んでいくことを考えています。あと、エスペラントにも興味があります。クラシックにも興味があります。
以上のことを考慮に入れると、僕にはどの言語が向いていますか?

もうひとつ、スペイン語を学んだあとフランス語を学ぶと学びやすいと聞いたのですがほんとうですか??

Aベストアンサー

私はこの3カ国語を期間の長短を問わずやむを得ず学びました。経験的に難易度はフランス語>スペイン語>ドイツ語のような気がいたします。
大学では、英語もできないのに昔はほとんどの国立大はドイツ語と決まっていました。社会に出てフランス語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、インドネシア語(マレーシア語)をレベルの高低をいわされず必要性のためやむを得ず学びました。その後その他の言語はいくつか(タガログ語やベトナム語)放棄して中学レベルの英語でごまかしています。趣味でちょっとラテン語をやりました。
さてきいた話では、ヨーロッパの言語は、俗ラテン語からロマンス語グループと言うのができたとのことです。このグループにはスペイン語とこの東北弁みたいなポルトガル語、イタリア語、フランス語があるそうです。従って、動詞の変化や発音が似ているような気がいたします。
英語を国際語とすれば、約20カ国近くでスペイン語(主に南米)は話されています。この言語をモノにできればポルトガル語は(本国、ブラジル、マカオ、ムンバイ、アフリカ2-3カ国)、名詞や動詞が5-6割以上同じですのでそんなに難しくありません。
スペイン語の問題は、各人称、過去・現在・未来形ごとに動詞の変化がありよく使う動詞ほど不規則であることが第一関門です。直接法と叙述法ではまた動詞の変化が違うことが第二関門です。その後は女性・男性名詞や単数・複数に応じて形容詞の語尾が変化するので根気がいりますが、発音は難しくありません。
ドイツ語は、規則正しく作ったような言語ですが講義の評価常に"可ーC"か赤点でしたのでよく分かりません。フランス語は、やはり鼻音とリエゾンや最後の子音を発音するのかしないようなところが難しいと思います。
私は今、15年ぶりにスペイン語を使って仕事をしています。この言語とポルトガル語が好きです。スペイン本国とこれに似た発音は南米ではコロンビアだそうです。
まとまりませんが、気の向くままに書いてみました。参考になれば!

私はこの3カ国語を期間の長短を問わずやむを得ず学びました。経験的に難易度はフランス語>スペイン語>ドイツ語のような気がいたします。
大学では、英語もできないのに昔はほとんどの国立大はドイツ語と決まっていました。社会に出てフランス語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、インドネシア語(マレーシア語)をレベルの高低をいわされず必要性のためやむを得ず学びました。その後その他の言語はいくつか(タガログ語やベトナム語)放棄して中学レベルの英語でごまかしています。趣味でちょっとラテン語をや...続きを読む

Qハ音記号の読み方

ハ音記号の読み方がわかりません。
正しい読み方を教えて下さい。あと、ハ音記号はどのような場合に使われるものですか?
質問が2つになってしまいましたが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは♪
ハ音記号(元)常用者です。

#1さまご紹介のサイトで全部分かるのであとは余談ばかりですが,実際に使っていた者としてはどうしても回答したく(笑)

この記号をよく使うのは,まずヴィオラ,それから,チェロ・ファゴット・トロンボーンなどの中音~中低音楽器です。
ヴィオラはハ音記号がすっぽり五線に収まった「アルト記号」が普段使う楽譜です。,チェロやファゴットは,基本はヘ音記号ですが,上に線をたくさん書かないといけないような高い音の場合などに,ハ音記号が線ひとつ分上に飛び出した「テナー(テノール)記号」を使うことがあります。

で,我が(?)トロンボーンですが,ヘ音記号の他に,アルト記号とテナー記号もよく使います。

一般的には,オーケストラの管楽器は二人一組になっている場合が多いですが,なぜかトロンボーンは三人一組で使われることが多いのです。
他の楽器のパートは,例えば,「1番フルート」と「2番フルート」なのですが,トロンボーンは,もともとが合唱と一緒に使われる事が多い楽器だったこともあり,パートが,「アルトトロンボーン」「テナートロンボーン」「バストロンボーン」,となっている事があります。
例えば,モーツアルト「レクイエム」,ベートーヴェン「運命」「第九」,シューマン・ブラームスの交響曲など,古典からロマン派にかけての管弦楽曲です。実際,モーツアルトのレクイエムや第九のような合唱つき作品では,合唱パートをそのままなぞるような部分が多くありますし,アルト・テナー・バスでそれぞれ違う大きさのトロンボーンを使う事もよくあります。
(なお,なぜソプラノがないか,とは訊かないでください^^;)

古典的なオーケストラの楽譜では,この名前にそって,アルトトロンボーンの楽譜はアルト記号で,テナートロンボーンの楽譜はテナー記号で,バストロンボーンの楽譜はヘ音記号で書かれています。
ただ,ロマン派の中~後期以降は,パートの名前も「1番」「2番」「3番」となって,基本へ音記号+高めの音はテナー記号,という形になってきています。楽器も,アルトトロンボーンはあまり使われなくなり,テナー2本+バス1本という形に落ち着きました。
しかし,なぜか不思議なことに,ロシア・旧ソ連ではパートの名前は1番・2番でも,アルト・テナー記号を使う習慣が長く残りました。(プロコフィエフ,ショスタコーヴィチなど)

もしもご興味があれば,楽器屋さんに行ったときにでも,管弦楽曲のスコアなどご覧になってみてください♪

こんにちは♪
ハ音記号(元)常用者です。

#1さまご紹介のサイトで全部分かるのであとは余談ばかりですが,実際に使っていた者としてはどうしても回答したく(笑)

この記号をよく使うのは,まずヴィオラ,それから,チェロ・ファゴット・トロンボーンなどの中音~中低音楽器です。
ヴィオラはハ音記号がすっぽり五線に収まった「アルト記号」が普段使う楽譜です。,チェロやファゴットは,基本はヘ音記号ですが,上に線をたくさん書かないといけないような高い音の場合などに,ハ音記号が線ひとつ分上に...続きを読む

Qフランス語を調べています。

 Eternellement avec toi 君と永遠に

Avec toi pour toujours  いつも一緒

と考えていいのでしょうか?

また、2行に分けるとしたら、どこで区切るのがよいでしょうか。
その際、2行目の頭文字は、大文字ですか?

原稿を作らなければならないので急いでいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

英語でいえば
Eternellement avec toi /Eternally with you
Avec toi pour toujours /With you always
ですから、前者は硬い感じです。
後者はPour toujours avec tois.でもよいです。
文ではありませんので、どこで区切るかとか、特に
決まりはないでしょう。原稿のデザインによるのでは
ないでしょうか。

QΣ記号などの標準的な(みっともなくない)読み方

高校の教科書レベルの勉強をしなおしています。Σとかリミット、インテグラルとかの記号の書き方や、あらわす意味はだいたいわかったのですが、その読み方が教科書には載っていません。せっかくですから、まともな読み方を覚えたいのですが、とりあえず、上記の3種類の記号について高校レベルでの標準的な読み方(多分一意には決まらないのでしょうが)を教えてくださいませんでしょうか。あるいは、そういったことが書いてある本やHPなどありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

わたくし現役の高校生ですが、例えばNO7のかたのでしたら「リミットエックスを一に近づけることの、エックスプラス5」ってみんな生徒も先生もゆってますけどね、、、ただ、どれが正しいかってゆうのはないそうなんで、余りきにせずともよろしいんではないでしょうか?

Qもっこりをスペイン語かフランス語で

もっこり、をスペイン語かフランス語で言うふさわしい単語かフレーズはどんなものがありますか?

Aベストアンサー

驚きと共に嬉しさをもって、ご質問を読みました。

日頃、手慰みにしているものを、きっちりと
言い当てておいでですから。。。

『もっこリ』は、辞書なのです。
それは mots (言葉達)colis(箱詰) と分解でき
まさに、好きな言葉がぎっちりこってりとありますから。

さて、長い詮議(濁音も可)はこの辺にして本番です。

●muk muk

ご質問の用語は、自然界に既にある音から生まれる
オノマトペ(オノマトペア)とは少しちがって
擬情語(semantems descritives et sensationnelles)と
分類され、日本の漫画愛好家の間では、お馴染みになって
上記の言い方で、通じます。

●mouvement de gonflement puis de resserrement de
la terminaison musculaire

これは、あれをterminaison musculaire と言って
解剖学的(?)に解説しているフレーズです。

●la bosse caracteristique d'une queue
sous l'effet du desir

これは、ぷっくりと出来上がる丸みに注目して。。。

でも、一番かっきりする言い回しは、日本語と同様に
出来る限り顕わに表現しないようにしている次です。

●le surgonflement dans la zone de confort

もっともっと膨らみたいけど膨らめない状況を
gonflement よりも意味を強めるsurを接頭辞にした
surgonflement です。これですと、一連の
gonflement⇒surgonflement→degonflement(萎える)
所作を想像できます。
dans la zone de confort は、dans le slipのことです。

ゆったりとお読みいただけましたでしょうか???
そして、疑問解消で、さっぱりでしょうか???

驚きと共に嬉しさをもって、ご質問を読みました。

日頃、手慰みにしているものを、きっちりと
言い当てておいでですから。。。

『もっこリ』は、辞書なのです。
それは mots (言葉達)colis(箱詰) と分解でき
まさに、好きな言葉がぎっちりこってりとありますから。

さて、長い詮議(濁音も可)はこの辺にして本番です。

●muk muk

ご質問の用語は、自然界に既にある音から生まれる
オノマトペ(オノマトペア)とは少しちがって
擬情語(semantems descritives et sensationnelles)と
分...続きを読む

Q記号の読み方がわかりません

高校物理の勉強をしていたら(最少の方です)、速度の記号であるvの上に-、また左にΔという記号が出てきました。Δの方はデルタと読み方は分かるのですが意味がわかりません。-の方は読み方も意味も分かりません。教えてください!

Aベストアンサー

カテは数学になっていますが、物理の回答でいいんですよね。

vの上の-とはくっついているのですか?
離れているのであれば平均という意味です

Δは1さんのおっしゃるように微少量です
たとえば0.001~0.005間の変化などです

Qイタリア語、フランス語、スペイン語

タイトルにある3つの言語は同じラテン系の言語なのでよく似ていますよね。しかし、地理的には中間であるフランス語だけが発音など特殊な要素がありますが、どういった背景があるんでしょうか?

Aベストアンサー

地理的に他民族との接触によると言われています。

1 ケルト人との接触
u を /y/ と発音するのはケルト人の発音習慣によると言われています。

2 ゲルマン人との接触
/∫/ の発音や、あいまい音の e 。ゲルマン人は発音のための努力が弱く、弱い音節はあいまい音化したり脱落したりする。

ついでに
スペイン語における f → h の変化はバスク人の影響と言われています。
(ラ)facere(フ)faire(ス)hacer
(ラ)fabula(ス)hablar


人気Q&Aランキング

おすすめ情報