今度個人事業主になるかどうか、悩んでいます。
手続き、メリット、デメリット、経費はどんなものが適応するのか、
どこまで節税できるか?等ご存知の方
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No1で回答したものですが、補足に対する回答です。



厳しい意見と取られてしまったようですね。
自分の利益ばかり考えて、顧客の利益をおろそかにしている方との疑いを抱いたものですから。

「1000品目」「保育園」の件に疑問をもたれているようですが、税金とは正しく申告すればメリットがあるという例を申し上げたつもりです。
適当にやって、節税したいと思うから大変なのであって、細かく正直に帳簿を管理している者にとって、税金の仕組みはすこしも辛くありません。
その証拠に、本格的に帳簿をつけている個人事業者には、55万円の所得控除の恩恵があります。

私の意見が厳しくとられた背景には、個人事業主を、単なる節税の方便と考えている方が多いからです。
職業の選択の自由は誰にもありますので、それを束縛するつもりはありません。
しかし、社会的責任の度合いが、個人事業主のほうが強く要求されると思っています。
その自覚を促すために、厳しい回答となってしまいました。
気分を害されたのなら申し訳なく思います。
真意を汲み取っていただいて、これからのお仕事にお役立てください。

この回答への補足

rakkiさん、再び回答ありがとうございました。
私のほうこそ、本当にあの時は自分勝手に怒ってました。
今更ながら反省いたします。
そうですか、そんなに節税のほうで利用する人がたくさんいるんですか。
では、仕方がないことですね。
私は交通費と研修費と書籍代が経費で落ちればもう
問題ありません。
それ以外は経費になりませんしね。
税務署の方に疑われないよう、節税だと思われないよう、
細かく帳簿をつけていけばいいですね♪
でも正直まだ、個人事業主になるかならないか、、、、
迷っています。
2度も回答をありがとうございました。
m(_ _)m

補足日時:2001/10/22 12:15
    • good
    • 0

 蛇足になるかもしれませんが・・・



 相手の会社の方が個人事業主としておつきあいをしたいとおっしゃるのは、雇用契約は結ばずに、請負契約で仕事を頼みたいという意味だと思います。相手の立場から見ますと、雇用契約下での労働の場合、労働法が適用されますし、社会保険の雇用主負担、源泉徴収義務などの事務的な負担等々いろいろと面倒でお金のかかる手間があるのです。仕事を出す相手が個人事業主だと、その辺がないばかりか、仕事がないときはつきあわなくてもよいという気楽さがあります。
 逆にこちらの立場から言うと、そことばかりつきあう必要はないわけで、仕事の規模を実力に応じていくらでも大きくできるというメリットがあります。時代はもはやサラリーマンを必要としていないと思われる節があります。このような労働形態は増えつつあると感じています。

 税金のことを気になさっていらっしゃるようですが、日常的な記録さえとっておけば確定申告は簡単です。青色申告は初年から開始することはできませんが、白色にしても今は収支内訳書を提出するので、そこで慣れておけば翌年から青に移行するのは簡単でしょう。節税という言葉はしばらく忘れて、所得税の仕組みがどうなっているのか、研究なさってはどうでしょうか。個人ですとハウツーものの2,3冊も読めば100%把握できます。

 青色申告は3年間に渡って損金の繰り越しができますし、他の税制上の優遇もあります。
 それから社会保険料は全額自分で払わなくてはいけません。国民健康保険料(税)は各自治体で計算方法が決まっていますが、おおむね前年の所得や家族の状況によって決まるようになります。
 また年金保険にかんしては、奥さんはいままで第3号被保険者の立場で、保険料は払う必要はなかったのですが、国民年金に加入して夫婦別々に毎月保険料をおさめる必要があります。
 ここまで書くと個人事業主ってずいぶん負担が大きいんだな、とお感じになるかもしれません。サラリーマンと違って身銭を切って税金や社会保険料を払うのは、確かにおおきなデメリットに感じるかもしれません。しかし、国民負担金にかんしては、源泉徴収票をごらんになれば分かるとおり、それほど違いはないと思います。サラリーマンも給与所得控除という経費を引かれているわけですから、その差し引き後の所得との比率をみれば大きな差はないと考えてよいと思います。
 別の場所でも書きましたが、私は税金のことは二の次でよいと思います。どうせ、儲かりすれば税金にしてもその道の専門家を頼むことができるわけですし、自分で申告してもそうたいした手間はかかりませんから。
 それよりもどうすれば儲かるか考え、行動する方が方がよっぽど生産的だと思います。個人事業主になるということは、そのためのフリーハンドを手にするということで、サラリーマンには持つことのできない自由な翼を手に入れることだと思います。もちろん失速して墜落するリスクもありますが。
 大変僭越なことを申し上げましたが、どうかがんばってください。

この回答への補足

poor_Quarkさん、回答ありがとうございます。
そうですね、保険等の手続きは自分で行ってくださいとも
言われました。
そうなんです、税金云々より自分の仕事を確保できるかどうか
心配です。
とはいいつつも私もこの仕事3年(まだ?)も経験しているので
仕事は紹介してくれる人かなりいます。
仕事を選ばなければ。
「社会保険料が全額支払う」ということに( ̄□ ̄;がーんと
ショックを受けましたが、
そうでもないと分かりましたし、
先によき仕事を確保してから、また質問があったら
みなさんにお聞きすればOKですね♪
大変詳しくありがとうございました!

補足日時:2001/10/23 08:44
    • good
    • 0

 こんばんは、追加の書き込みがあったようなので


おじゃましております。

>先日面接に行った会社(個人事業主の会社なのです)で
>契約すると私も「個人事業主」になってもらうと言われました。
>だから、ここで質問を投げたのですが。
>間違ってませんよね???
>だから商工会には加入できないと思うのですが、、、
>ちょっと分かりません。
>せっかく回答してくださったのに
>本当にすみません。
>回答ありがとうございました。

 なるほど、先日契約先となる会社の説明会を受けてきたんですね。
その説明会のなかで「個人事業主となって、契約をする」という説明が
あったようですね。

 あなたは、いまSE(システム・エンジニアでいいですよね?)のお仕事を
していて、今後その仕事をフリー(個人経営)で行うか、派遣業の会社に
登録して、派遣スタッフとして行いたいかで悩んでいると解釈しますね。

 どんな職種でもそうですが、「個人経営」となると、本来の業務のほかに
帳簿などの仕事、そしてもっと大きな事は「自分でお客様を確保」しなければ
ならないということではないでしょうか?

 先日、説明会をお聞きになった会社の詳しいことはわかりませんが、
「個人事業主として」という説明があったということは、
今後の業界の流れ・・・仕事の増減によっては、貴方との契約が打ち切りとなる
可能性もある。逆にいえば、「個人事業」として契約ということは、
他の企業からの仕事も、とってきてもかまわないと解釈していいと思います。

 仕事が少なくなった時に、他のルートから仕事を取って来れるか?
これが大事ではないかと思いました。

 個人事業主でも法人でも商工会は入れますよ。
むしろ個人事業主の為の商工会と言ってもいいと思います。


 極端な話、仕事がたくさんなるのならば、税務は税理士さんに
お願いすればいいと思います。

 私は、それほど大きな売上がありませんので、「会計ソフト」で
管理しております。

 それではまた

この回答への補足

nagayan-aichiさん、再び回答ありがとうございます。
税金より仕事を探せ!ですね。
その説明を受けた会社さんは
こっちの要求を言えばそれにあった仕事を持ってきてくれるんです。
変な会社さんですよね?
それに私も仕事をくれるひと、何人か知っていますし。
仕事を探します。
(今アサイン中なんですが。。。)
色々とありがとうございました。
また何か分からなくなりましたら
お答え願いますか?
ありがとうございました。

補足日時:2001/10/23 08:52
    • good
    • 0

 会社勤めでないのでしたら、絶対に個人事業主になって青色申告されて、帳簿付けして下さい。

経費云々という話は下に一杯書かれていますので割愛しますが、帳簿(会計)の知識は大変に貴重です。個人事業主~上場企業まで、全て会計の基本原則は同じです。(大きくなるにつれて、色々とオプションは増えますが)
 帳簿は家計簿に毛の生えたようなものでも大丈夫なのですが、この際なので、2~3万円まで位の会計ソフトも購入されることをお勧めします。SOHO向けと銘打っているやつでOKです。
 「貸借」という概念があります。家計簿は「損益」が分かるだけです。損益は、売上-経費=利益 が分かるものですが、「貸借」は資金(資産)の流れが読めます。

 会計ソフトを買うと、嫌でも「貸借対照表」と「損益計算書」とが出てきます。試行錯誤しながら会計ソフトに領収証などのデータを入力していくと、初回の納税時期までには、貸借と損益の関係が分かってくると思います。

 会社の会計の仕組みを知ることは節税以外でも非常に勉強になります。仕事で使うと称して買った「200万円の車」や「30万円のパソコン」が経費で一発では落とせないカラクリも分かると思います。
 会計の知識は、chika_chan のこれからの仕事で必ずプラスになります。

 私も簿記の勉強はしたことはありませんでしたが、会計ソフトを使って試行錯誤で伝票処理をしてきたおかげ?で、昨年の税務調査に対しても税理士なしで対応することができました。(色々と問答はありましたが、追徴などの追加納税の指摘は受けていません。)

 あと、経費消化をあまり極端にやると、税務署に要注意マークされますよ。業種毎に「標準利益額」が算定されているそうで、それを大きく下回る(経費を使いすぎている)と、調査の頻度が上がると聞きましたよ。

この回答への補足

yosiakikunどうもありがとうございます。
実は私、経理を一年ほど経験していたので
損益貸借表など知っています。
ちょっと忘れかけていますが。
そうですね、個人事業主になるとしたら
経理ソフトを購入して
必要経費を細かく登録していこうと思います。
ということは、yosiakikunさんも個人事業主なのですね。
ま、私は車も必要ないし、パソコンもあるので
帳簿は普通の人より楽チンかもしれません♪
回答ありがとうございました!

補足日時:2001/10/23 08:38
    • good
    • 0

 私は、地元郵便局と速達郵便の配達に関する委託請負契約をしている者です。


開業したのは、昨年3月です。
 開業に関する、わからないことは地元商工会で教えてもらいました。
大きな利益を生むものではありませんが、会費が安い事と相談にのってもらいやすい事を考えると、地元の商工会(商工会議所)に加盟するのもいいと思います。

この回答への補足

nagayan-aichiさん、回答ありがとうございました。
うーーん、みなさんの回答を読んでいるともしかして
私はまったく勘違いをしているような気がしてきました。
私が言っている「個人事業主」って言うもの自身が。
先日面接に行った会社(個人事業主の会社なのです)で
契約すると私も「個人事業主」になってもらうと言われました。
だから、ここで質問を投げたのですが。
間違ってませんよね???
だから商工会には加入できないと思うのですが、、、
ちょっと分かりません。
せっかく回答してくださったのに
本当にすみません。
回答ありがとうございました。

補足日時:2001/10/22 12:19
    • good
    • 0

個人事業主になるには税務署に開業届、青色申告の申請書(必要に応じて)などを提出します。

どちらも申請期限が決まっていたりするので、税務署の個人部門の窓口へ行かれて直にお聞きになるといろいろ教えてくれると思います。

個人事業主になると、給与所得者にある給与所得控除の適用がなくなります。給与所得控除は所得税額の計算上、給料から引ける必要経費のようなものです。そのため、個人事業主となっていざ経費を計算してみたら給与所得控除額に及ばなかった、ということもありえます。事業の種類にもよりますが、意外と経費は出るようで出ないものです。
一方の収入は明確に出てくるものですから、やはりこの経費をどう計上していくか、ということになります。

自宅で仕事をするのでしたら、家賃や水道光熱費、電話代なども経費になります。もちろん、個人の生活に使われる部分もあるので適当な割合で「按分」ということになります。自宅以外の場所で仕事をするために必要な交通費は、自己負担であれば経費になるはずです。仕事のために必要な書籍やセミナーの参加費、事情によっては衣服代なども経費に入れられるでしょう。これらも、ものにより按分の必要があります。仕事で遅くなって駅から帰るとき贅沢してタクシーに乗っても誰からもイヤな顔をされません。事業主たるあなたが経費で落とせるはずです(払うのも自分ですが..)。

こうしてきちんと計算された経費は「収入するために」必要があって計上するのですからやましいことはひとつもありません。事業主はこういったすべてを管理できるところが良いところですね。
反面、帳面を付けたり、面倒は多いです。税務署による税務調査が入る可能性もないとは言えません。
経費があまり出そうもない、ということでしたら、無い経費のために面倒な帳簿類に悩まされたり税務署に気をつかったりするより給与所得者のほうが楽かな、と思います。でも、個人事業主には面倒とひきかえに得られる自由もあるし...
こんなところで、参考になればよいのですが。

この回答への補足

wildpetさん回答ありがとうございました。
大変参考になりましたよ。
一番てっとりばやいのは税務署に行って聞くのがいいですね。
私はSEなので書籍代や研修代などが経費で落ちそうですね。
遅くに帰ったりすることもあるので
タクシー代も落ちそうです。
それはかなり助かりますね(^-^)
家で仕事はせず、派遣するので光熱費関係は
必要ありません。
詳しく帳簿をつけておけばOKですね。

補足日時:2001/10/19 10:07
    • good
    • 0

 昼、メールチェックの時にちらりと見た時にはまだ解答が無い状態でしたが、その後かなり思いがけない回答が寄せられてしまいましたね。

勿論、rakkiさんは善意で答えていますし、きっちりと申告するのも当然のことですから、この回答に付いて異議は全く有りません。まぁ、質問文の極く初歩的な内容を見れば、ここまで書く必要は無かったとは思いますが・・・(^^;。
 今、少々忙しくて、ゆっくりと答えられませんが、例えば交通費きちんと記録をしてあればそれで認められます。高額の場合には、駅で証明書を貰えます。・・・。
 税額に付いては、やはりある程度具体的な数字が出てこないと、答えようが無いと思います。個人事業主だから税額がやたらに高いと言うことも有りません。私のところの場合を出して説明し様かとも思いますが、それは止めておきます。扶養家族の有無などによっても条件はかなり違ってきますので、一概には言えません。
 良かったら、もう少し具体的に何を尋ねたいのか補足して下さい。それでは。

この回答への補足

ichienさん、回答ありがとうございました。
交通費や定期代がでれば問題ありません。
会社に属さなくなったとたん
それらを実費清算しなくてはいけないかと
思いました。
それだけ確認できたらもう大丈夫です♪

昨日個人事業主の友達が
「経費が月30万ほどあるので使い切れない」と
言っていました。
洋服代?などを領収書切ったりしているそうですが。。。
これって違反ですよね?
仕事で使うもののみ経費で落ちるってことですよね?
なんだかぐちゃぐちゃしてめんどうですね(--;

補足日時:2001/10/19 10:01
    • good
    • 0

質問の主旨が良くわかりません。


受けた印象では、経済的それも税金逃れのために事業主になられるのですか?

顧客のために起業されると、良いほうに解釈して回答します。

>手続き
ありません。仕事を始めるには、誰に了解をとる必要もありません。
ただし、その仕事が公的機関の了解を必要とするなどの制約がある場合は、それに従います。
それと、ご関心のある税金では、申告方法によって手続きの要不要が決まります。
税金に正面から取り組み、帳簿を正直につけるつもりがあるなら「青色申告」の申請をします。税務署で相談してください。
実際の受付は、各地の青色申告会が受け付けます。

>メリット
自分の力を100%自分の責任において、顧客のために発揮できる。
これに尽きます。
自由で、やりがいがあって、自分の判断で動ける。
時間、空間、経済的に可能性は無限です。

>デメリット
自由の代償として、保障はありません。
たとえば、会社のパソコンで「教えてgoo」に回答すれば、通信費や給料を確保しながら楽しめますが、
自営業で回答するには、まったくの余暇と考えるか、ボランティア精神が必要となります。
この時間は、稼ぎを生じないのです。

>経費
事業の遂行上必要と認められるものならば、すべて計上できます。
ただし、事業とそれ以外の自由に跨ると見られるものは按分します。
たとえば、コンビニでアイスキャンディーを買った時、お客様がそれを全部食べたら100%接待交際費ですが、半分あなたがもらって食べたら「自家消費」に半分計上することになります。

>どこまで節税できるか
どこまで詳しく帳簿をつけるかでしょう。
所得隠しはこの場合除外します。
経費の範囲、控除の内容、償却の仕組みを習得することが節税の早道です。
私の例では、(高額所得者ではありませんのであまり良い例ではない)
製造業を始めるに当たり、それまでに所持、購入してきたすべての品目(家財を含む)を洗い出し、事業に関係があると思われるもののリストを作りました。
品目は1000品目に上りました。
これを「開業資産」として税務署に申告し5年間で償却しました。
そのためこの間は、数百万円単位で赤字が出ます。(細かい数字は勘弁してください)
これは意外と知られていません。
節税の副産物のほうがメリットがある場合があります。
社会保険と、保育園です。
どちらも、赤字決済の場合は、ほとんどタダ同然になります。
税金を一円でも払うと、保育園の経費は年に10万円も上がってしまうほどです。

重ねて申し上げますが、この回答は「顧客の利益を考えて個人事業主を選択する」という、社会的義務を負おうとしている方に向けたものですので、
お間違えのないように。

この回答への補足

rakkiさん、回答ありがとうございました。
初めに一言。
私は本当に分からなくてちょっと調べる時間もなさそうだったので
ここに投稿したのです。
それなのに、手厳しい意見ですね。
知らない人間に対してきついです。

経費と節税でおかしいと思われたのでしょうか?
聞いた話では経費で交通費が落ちないそうなので
本当かどうかここで聞いてみました。

1つ聞くぐらいなら、他に何が当てはまるか聞いた方が
いいじゃありません?

節税については「個人事業主」になると
すごく税金がかかると聞いたのです。
だからそれなら節税の方法を知っている人もいるだろうと
思ったのです。
私の書き方が悪かったです。
でも、知らない人間にとっては
「1000品目」「保育園」なんて税金逃れじゃないの?
と思ってしまいました。
本当にそんなに適応品目ってあるものなんでしょうか?
せっかく回答してもらったのに
文句を書いてしまいました。
気分を害されたら申し訳ないです。
でも回答ありがとうございました。
少し分かりました。

ちなみに私は、派遣会社に入るか、フリーになるか(個人事業主)
迷ってます。

補足日時:2001/10/18 16:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に

確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に30万円と記入して、経費の欄は空白で提出しても良いでしょうか?(自分の中で雑収入と経費を相殺して、純粋な利益の部分だけを確定申告に書くような感じです)

Aベストアンサー

所得税法第百二十条第四項で、確定申告書には「その年において不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき業務を行う居住者が第一項の規定による申告書を提出する場合(当該申告書が青色申告書である場合を除く。)には、財務省令で定めるところにより、これらの所得に係るその年中の総収入金額及び必要経費の内容を記載した書類を当該申告書に添付しなければならない。」と規定しています。ですから、収入と経費を相殺してはいけないのです。

また青色申告の場合は、所得税法第百四十九条で損益計算書を添付しなければならないと規定しています。損益計算書を提出するのですから、むろん、収入と経費を相殺出来ないわけです。

ですから面倒でも収入40万円も経費10万円も両方書いてください。

Q個人事業主から株式会社へのメリット、デメリット

現在個人事業(PC関連)を7年くらいやっております。そろそろ法人にしたほうが良いかなと漠然と考えています。現在売り上げは、年500万くらいです。法人にすればもう少し仕事が取れるのではないかと思います。将来的には従業員も一人二人は雇えればとも思います。税金面なども考えて会社にすべきか、このまま個人で行くか迷っています。いろいろ調べましたが法人にするとどんなメリットがあるのか、デメリットがあるのか実際にわかりません。是非アドバイスをお願いします。
資本金は300万を予定しています。
実際に法人税などは、いくら位になるのか、帳簿なども現在と比べ同なのか?具体的にわかればお願いします。

Aベストアンサー

現在の売り上げでは、法人にしただけで得られるメリットは皆無です。
デメリットとしては、登記や経理などが面倒になり、納める税金や(頼むのであれば)税理士の費用が多くかかることが挙げられます。

以上はあくまでも形式的なことです。
まあ、法人にすると、(人にもよりますが)ある程度テンションが上がるので、それが最大のメリットなのかも知れません。

Q経費項目につきまして

確定申告の際の経費項目のついてお伺いさせて頂きたいのですが、
フリーのイラストレーターをしています。
気分転換も兼ねて、カフェなど、自宅以外の場所で仕事をした時の飲食代は何という経費に含まれるのでしょうか?

以前どこかのサイトで、執筆家が旅館にこもって仕事する際の経費と同じ、と読んだ事があるのですが。。。

宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

お一人で仕事をしている場合の経費項目は、従業員を使用してる企業と同じ感覚で計上しますと、とんでもないしっぺ返しを食らいます。
収入を得る為の経費として、喫茶店で来客とコーヒーなら交際費で認められもしましょうが、一人で福利厚生費はふざけるなで、カットされるでしょう。年収の総額次第です。
『執筆家が旅館』と、貴方の場合は同一ではありませんから、飲食代を認められるケースは、限りなく0に近いです。
自腹になります。『事業主貸し』の項目です。

Q個人事業主や株式会社のメリットデメリットについて

個人事業主や株式会社を設立後に、株式会社だと書類の提出が複雑になるとの情報が、掲示板等で多々見かけます。
起業をすると、いろいろと提出書類が必要の様なのですが、
開業時以外に必要な書類はどれくらい(どの様な書類が)あるのでしょうか?
個人事業主:確定申告=年1回
の様なものが他にも多々ありますか?
起業時の情報はWEBで多数見かけるのですが、その後(運用時)に必要な書類や手続きの情報があまり見受けられません。
詳しい情報をアドバイスしていただけると、幸いです。
何卒よろしくお願いいたします。m(__)m

Aベストアンサー

何事も無ければ別にそれほど大きな面倒なことがあるわけではありませんが、法人の場合には、申告書も個人事業とは比べ物にならないほど面倒です(税理士に仕事をやるためにあるんじゃないかと思えるほど)。個人の青色申告でさえ、法人の申告書に比べたらママゴトみたいなものですし、白色になったら本当にやること無いですね(笑)
あと、法人の場合たとえ社長一人でも健康保険と厚生年金に加入しなくてはなりませんので、そちらの手間もあります。
個人事業なら入ってきたお金は自分の自由に使ってもかまいませんが(事業主貸借で)、法人の場合にはあくまでも「法人のお金」なので社長といえども勝手にはできません。自分の報酬を増やしたいというときにはちゃんと株主総会を開いて議事録残して・・ってやらないと駄目ですし、変更したらしたで,また社会保険事務所で報酬が変わったという手続きが必要です(年金や保険料が変わってきますから)。

Q請求書の請求明細項目に”その他経費”と言う名目での本体工事費にプラス請

請求書の請求明細項目に”その他経費”と言う名目での本体工事費にプラス請求するのは変ですか。
其れは費用であって相手方(支払い側)に経費(会計用語?)と言うのは如何なものか、アドバイスお願いします。カテ違いでしたらお許し下さい。

Aベストアンサー

その他経費、諸経費とか一般的です。問題ありません。
>相手方(支払い側)に経費(会計用語?)と言うのは如何なものか
それをいうなら工事費の費も同じですよね、むしろ工事に費はつけないほうが良いと思います。
こちらからすれば工事売上であり、相手からすれば工事費用です。
諸経費の場合は工事売上とは違って、こちらが施したものではなく、立替払い的要素が含まれておりますので、こちらにとっても、相手にとっても経費で良いのではないでしょうか

Q個人事業主の手続き等について

はじめて投稿する者です。宜しくお願い致します。
私は、現在、週3,4日のアルバイト(月に16日ていど勤務。非扶養。健康保険等に加入)をしながら生活している主婦です。夫は会社員です。
このたび、主人の仕事上の関係で知り合った方から、お仕事をいただけることになり、夫婦で来月から取り組むことにしました。(アルバイトは続けながら・・・)
主人が会社員ですので、私名義の個人事業登録(?)を行い、夫はスタッフとして参加する形をとろうとおぼろげに考えています。

1・現在のアルバイト先との健康保険や失業保険との手続きをどのように行えばよろしいのでしょうか?
2.個人事業主となった場合、会社に属している夫を開業した事務所の所員として扱うことはできるのでしょうか?(扱える場合、確定申告も含めてご指導いただけるとありがたいのですが・・・)

以上2点について悩んでいます。回答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

#1のお礼に書かれている件です。
#1の回答の
>バイトの収入と自営の収入との比較で高い方を主にして考えれば良いと思います。

これは、勘違いなのです。
#2に書きましたように、バイト先での社会保険に加入が必要なのです。
バイト先の勤務時間や出勤日数が、一般社員の4分の3以下になったときには、バイト先で社会保険に加入できなくなりますから、その時は国民健康保険に加入することになります。

>2:残念ながら、夫の会社では兼業が認めらていません。この場合、何か良い策は無いものでしょうか?

これについても、#2の回答の通り、現状では、残念ながら方法が有りません。
参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2075.HTM

Q【確定申告について質問です】不動産所得用収支内訳書、経費の項目について

不動産所得の収支内訳書、経費について前回の質問でお聞きし忘れた事について、教えてください。

現在、所有しているマンションを賃貸に出しています。
管理を不動産会社に委託するシステムを利用しており、、月々の家賃の5%を「管理報酬金」として払っています。

1.その管理報酬金は収支内訳票の経費でどの項目に入るのでしょうか?
 
2.委託システムの登録料として初回に163,000円を支払っています。
 これはどの項目でしょうか?


それらしいのは、「給料賃金」の項目なのですが、私が払っているのは給料ではないし・・・。
「雑費」でしょうか?


ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「雑費」に全部入れて、財務署から電話が来たり証明書を求められたら、それに応えれば良いのでしょうか?

それしか方法は
ありません。

Q扶養内の個人事業メリットデメリット

はじめまして。 個人事業について教えてください。 旦那の扶養内ででできる仕事をしたいと思っています。 (美容系) この時のメリットとデメリットとしりたいのですが どなたかご存知でしょうか?

Aベストアンサー

個人事業者は旦那さんですか?それとも貴女?
とりあえず旦那さんが個人事業主ってことで話すすめますね。
メリットは、貴女が旦那さんの扶養の範囲内である場合は、所得税、住民税、国民健康保険等が、免除若しくは減額されますし、家計を助けることも可能です。また旦那さんの所得控除にもつながります。(課税される金額をやすくできる→所得税が減る)ただし、旦那さんが青色専従者をの届出をしており、青色専従者給与を支払っている場合(経理上だけでも)は注意してください。思わぬ落とし穴があります。(詳しくは税理士の先生か国税庁のHP検索してください)
デメリットですが、税金の観点から言わせていただければ、ないと思います。なぜなら、実際は、収入があるのに、給与所得控除によって所得金額が0円と判断され、税金を免除されるからです。

ちなみに貴女が個人事業主である場合は、事業所得を38万円以内すれば、所得税法上の扶養です。住民税は35万以内だったような・・・・勉強不足ですいません。

Q返金時の経費項目!?

先日イベントを行い、会計報告を作成しています。

しかしながら、一部参加者に入場料の返金が行われました。

その場合、収入欄にて対応するのでしょうか。
それとも、支出欄にて対応するのでしょうか。

入場時、一度入場料は受け取っております。
支出欄にて対応するように思いますが、経費項目が解りません。

前年度迄の経費項目としては、謝金、宿泊費、食費、雑役務費、旅費、印刷製本費、借料損料、通信運搬費、消耗品費、会議費、保険料、となっています。

どれにも該当しないように思い、調べてみましたが良く解りません。

どのように対応すべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

No.1です。

>予定していた一部アトラクションが実施出来ず、会場エリアが縮小となりました。
>そのため、入場料として徴収していた金額を一部払い戻すコトとなりました。

となると、提供を予定していたサービスの一部がキャンセルされたのですから、入場料の返金については、やはり収入欄にて対応して収入をマイナスすべきでしょうね。

Q個人事業主の経費について

無知なためアドバイスよろしくお願いします。
個人事業主として英会話教室を開こうと考えています。
能力向上の為の海外へ語学留学にかかる費用は経費となりますでしょうか。
知人の家でのホームステイで、かかる費用は交通費、食費のみで、滞在費はかかりません。
全額までとは言わないまでも、交通費だけでも経費に・・・・。

Aベストアンサー

経費になります。

お尋ねの件は、事業に関連する自己投資ですから、仮に税務署が認諾しないという見解を示したとしたら、それは事業実態の認識不足です。

まあ100%認めないということはありませんがね。

滞在先の方と、カフェに行ったとしますと、会議費で6~80%は経費で落とせます。

私が仮に言語学者であるとして、英語圏の国々の生活をホームステイをもって調査したとしましょう。

食費とプライベートに関する経費以外は必ず認めさせます。

何もご心配することはありません、筋道が通れば誰も否定はできません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報