素朴な疑問なのですが、
ペットボトルのお茶(生茶とか、お~いお茶など)には、
お茶っ葉に湯をいれてきゅうすでそそいだお茶よりも
ビタミンCが多く含まれているのですか?
誰かその理由を詳しく知っている人がいらっしゃったら、
ぜひ教えていただきたいのです!
詳しければ詳しいほどうれしいです。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「お茶」の緑色の成分は.たしか「葉緑素」です。


この葉緑素は.酸素で簡単に分解されて変色します(未醗酵の緑茶が醗酵で紅茶に色が変わるのと同じようなもの)。
ということで.色を確保するには酸素を除かなければなりません。
簡単に食品に使える水溶性除酸素剤は.ビタミンCぐらいしかないので.酸化防止剤として.入れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

edogawaranpoさん回答ありがとうございます。
わかりやすく、そして丁寧に書いてあったので、
とても参考になりました。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/10/20 12:16

みなさんのおっしゃるとおり、ビタミンCは、酸化防止剤として入っているのですが、酸化防止剤としてはアスコルビン酸の状態です。

アスコルビン酸は別名ビタミンCなので、消費者にわかりやすくしかも好印象を与えるビタミンCを明記しているのだろうと思います。おまけです。

参考URL:http://www.o-cha.net
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kogepaさん回答ありがとうございます。
なるほど!酸化防止剤のアスコルビン酸の
別名がビタミンCなんですね。
とても勉強になりました。

お礼日時:2001/10/22 13:04

ビタミンCは、空気に触れると酸化しやすく、加熱によっても失われる(失われやすい)、壊れやすいビタミンです。


また、ビタミンCは水溶性ビタミンです。この種類のビタミンは、水で洗ったり、刻んだものを水にさらしたりすると、その成分が減少することが特徴です。

緑茶にはカテキン・ビタミンA・C・Eが含まれていて、水出しすることによってビタミンCが損なわれず、よってお湯で入れたお茶よりもビタミンCが多く含まれるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Rikosさん回答ありがとうございます。
とても詳しく丁寧に書いてあったので、
とてもわかりやすかったです。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/10/20 12:13

酸化防止剤として入っているはずでは・・・?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

yukkiesさん回答ありがとうございます!
なるほど。酸化防止剤として入っているのですか。
とても勉強になりました。

お礼日時:2001/10/20 12:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお茶系(玄米茶・そば茶)清涼飲料水の効果はあるか

健康ブームにのってか、玄米茶やそば茶、ヘルシア等の清涼飲料水が売られるようになりました。

このような製品の効果は、実際どの程度のものなのでしょうか?
清涼飲料水という時点でだめですか?
アミノ酸・クエン酸等の飲み物は糖分が多く入っており、逆に体に悪いと思っています。

しかし、お茶系はどうなのかなと思いました。
価格的にはヘルシアを除き、普通のジュースとかわりません。
効果なんて期待できるのでしょうか。

ミネラルウォーターが一番と言われますが
どうしても付加価値を求めてしまいます。
これも否定されれば、水を買おうかと思っています。
積極的に取るのではなく、喉が渇いたときに飲むものとしてです。

Aベストアンサー

>アミノ酸・クエン酸等の飲み物は糖分が多く入っており、逆に体に悪いと思っています
⇒これは使い方・使う人次第ですから、一概に悪いとは言えません。
 運動や頭脳を使う人には必要なものです。脳が疲れたときなどには非常に有効で、研究者などは良く飲んでいます。 勿論月に一回の血液検査は欠かしません(義務と成っているからですが、健康の評価には有効です)。

>価格的にはヘルシアを除き、普通のジュースとかわりません
⇒具体的な含有物と含有量が不明ではなんとも言えません。

何かしらの効果を考えるなら、必要な物質の入ったサプリメントを使ったほうが良いでしょう。

濃いお茶などは、かなり飲むと、眠たいときとか、はっきりしたいときなどはかなり効果がありますし、コーヒーなどよりも日本人はお腹に来ません。 其の主作用はカフェィンでしょうが、そのほかにも色色と脳にも体にも良い物質が発見されていますね。
其れを体で分かっていたので、昔々は支配者しか飲めない高級品だったわけです。

で、
例えば、蕎麦茶(日本に有るのか・内用物は何かなどは不明)などが有れば、血圧が高い人にはルチンが多いなら有効でしょう・・・・など。

>どうしても付加価値を求めてしまいます。
⇒そりゃソウですよね。結構高いものですから。
水だって、日本の上水道はそのまま飲める世界でもトップクラスですが、其の値段と比べると安いミネラルウォーターだって、かなりの値段って考えますし、飲み終わったボトルも直ぐに大量に溜まり、勿体ないですね(特に日本のペットボトルは頑丈ですから)。

私は水道水そのまま飲むのは危険・・・・って程でも無いが、多くの人はミネラルウォーターをガロン単位で家庭宅配で購入したり、各種飲料物を大型ボトル等で飲まざるを得ない地域なので購入していますが、宅配は引き取りに来ますが、それ以外は日本のボトルとは違い、ペコペコのものですが、沢山残るので勿体ないです。(^_^;;

質問内用からして、日本に在住だと思いますが(アドバイスして、後だしジャンケンの様に、実は日本在住ではないなんて人がいるので)、
上水道に病院で透析に使う技術を応用した、浄化装置が数千円で売っていますから、其れをつけて、冷蔵庫で冷やして飲めば、安上がりで良い水が得られるのではありませんか?  
私は毎回一時帰国時に其のカートリッジを購入しています。今はトリハロメタンも取れますしね。
此の技術は日本のが最高だと思います。

>アミノ酸・クエン酸等の飲み物は糖分が多く入っており、逆に体に悪いと思っています
⇒これは使い方・使う人次第ですから、一概に悪いとは言えません。
 運動や頭脳を使う人には必要なものです。脳が疲れたときなどには非常に有効で、研究者などは良く飲んでいます。 勿論月に一回の血液検査は欠かしません(義務と成っているからですが、健康の評価には有効です)。

>価格的にはヘルシアを除き、普通のジュースとかわりません
⇒具体的な含有物と含有量が不明ではなんとも言えません。

何かしらの効果...続きを読む

QビタミンAとビタミンA油違い、ビタミンAの表示の仕方について

こんにちは。
滋養強壮剤の表示をみていて、気になったことがあるのですが
かの有名な興和製薬のQPコーワゴールドなのですが、
ビタミンAの表示について、二つの製品でそれぞれ
○ビタミンA油(V.A) 2.0mg (2000ビタミンA単位)   キューピーコーワゴールドA
○ビタミンA油(V.A)(2000ビタミンA単位)6.67mg  新キューピーコーワゴールド
と表示してありました。
他の製薬会社の滋養強壮剤を比べてみても、やはり2.0mgとそれ以外が存在しました。

で、ビタミンAとビタミンA油は同じものと考えていいのか
 なぜ、同じビタミンA油で含有量が違うのにビタミンA単位で換算すると同じになっているのか

これがわかるひとにぜひ説明していただきたく、質問しました。

どうでもいいことなのですが、Aに関しては上限量もハッキリ決まっているだけに、
非常に気になって仕方がありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ビタミンA油とは、その商品を製造する際に使用している原材料名であり、ビタミンAとは栄養素です。
その為、ビタミンA油と一口に言っても、油の種類や量、ビタミンAの量等に違いがあります。
キューピーコーワゴールドAに使用しているビタミンA油は、新キューピーコーワゴールドAに使用しているビタミンA油に比べて、同容量当たり約3.3倍のビタミンAを含むということになります。

Qお茶に含まれるカフェイン

現在いろんな種類の中国茶や日本茶・紅茶・コーヒーなどが市販されていますが、カフェインの多さはどうやって判断するのでしょうか?
普段からお茶、コーヒーが大好きなんですが、妊娠中なので控えめにしています。
お茶に詳しい方や、HPをご存知の方、どうか教えてください!!

Aベストアンサー

お茶・コーヒー・紅茶等のカフェイン量の測定データは成書等にも記載がありますが、以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で#4で紹介したサイトも参考にしてください。
◎http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=19441
◎http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=19378
●http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=77955
●http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=532345
●http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=728796

ご参考まで。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=540695

Qペットボトルのお茶になぜ茶渋が付かないの?

店頭によくあるウーロン茶や麦茶のお茶系のペットボトル。自宅の冷蔵庫に長期保管しておいても茶渋が付かないのです。自宅でいれる急須や湯呑は、油断しているうちに色がついてしまうのに...容器のせいかと思って、ペットボトルに自家のお茶を入れてみたら見事に茶渋が付着しました。となれば、お茶の成分に秘密があるのでしょうか?

Aベストアンサー

茶渋の主成分はタンニンですが、これは茶を入れるときに熱と時間をかけるほどよく出ます。
ペットボトルのお茶では、タンニンが出過ぎないように各社とも熱や時間をかけすぎないような製法になっているのだと思います。

Qお茶に入ってるビタミンC

ペットボトルなどのお茶の原材料表示に、「緑茶・ビタミンC」とありますが、何のためにわざわざ入れてるんですか?緑茶自体にもビタミンCは入ってたと思うんですが。。毎日飲んでても(1日につき500mlペットボトル1本)生活習慣病みたいな慢性的な病気になるとかってことはないですよね?? よろしくお願いします

Aベストアンサー

栄養士です。
ペットボトルなどに入っているビタミンCはお茶の酸化を防止するために入っています。
緑茶など、お茶の抽出液は酸化しやすく、酸化してしまうと黒っぽく色が変化してしまいます。(紅茶にレモンを入れたとき黒褐色からきれいな薄い褐色に変化するのと同じです。)
ビタミンCはかなり酸化しやすく、自分自身が酸化することでお茶の酸化を防ぎます。
昔は人工的に合成した酸化防止剤を使っていたそうですが、天然のビタミンCが純度良く抽出できるようになってからは、ビタミンCを使うのが一般的です。

これは自分の見解ですが、緑茶自体に含まれているビタミンCは、緑茶の酸化スピードに間に合う量ではないため、別にビタミンCを添加しているのだと思います。

また、毎日500mL程度の緑茶を飲んだからといって慢性的な病気にはなりません。
ただ、貧血の治療で増血剤を飲んでいる方は、緑茶と一緒に飲むと緑茶のカテキンと増血剤に含まれる鉄分が結びついて効果が減少してしまうので注意が必要です。
普段の食事では緑茶のカテキンが食品中の鉄分と結びついてしまい、貧血になるようなことはありませんのでご安心を(昔は食べているときにお茶を飲むと貧血になるという人がたまにいました。)。

栄養士です。
ペットボトルなどに入っているビタミンCはお茶の酸化を防止するために入っています。
緑茶など、お茶の抽出液は酸化しやすく、酸化してしまうと黒っぽく色が変化してしまいます。(紅茶にレモンを入れたとき黒褐色からきれいな薄い褐色に変化するのと同じです。)
ビタミンCはかなり酸化しやすく、自分自身が酸化することでお茶の酸化を防ぎます。
昔は人工的に合成した酸化防止剤を使っていたそうですが、天然のビタミンCが純度良く抽出できるようになってからは、ビタミンCを使うのが一般的で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報