棒状のハロゲンヒーターがあります。ヒーターから遠ざかるに従って温度が下がりますが,距離との関係はどのように考えればよいのでしょうか。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

stomachman 毎度のことながらチョンボしました。


siegmund先生の仰るとおり、傾きを入れないといけません。
どおも、すいません。
    • good
    • 2

物理屋の siegmund です.



問題の解釈に関しては stomachman さんと同意見ですが,
stomachman さんのご回答には面の傾きに関する考察が抜けているようです.


        \
         \
       ───P─── 受ける面 dS
         /・\
        /θ・ \ 実効面積 dS cosθ
       /  r
      /   ・ 
   ──A────O───────x軸 線状ヒーター
  -L               +L


簡単のため,放射を受ける面と線状ヒーターが平行だとします.
線状ヒーターのA点からの放射を微小面 dS が受けるとして,
dS 全部が有効に働くわけではなく,放射を受ける実効面積は上図からわかりますように
dS cosθ です.
stomahcman さんの式にはこの cosθ(に相当する)因子が抜けています.

(1)  ∫∫∫(1/(x^2+(y-h)^2+z^2)) dhdxdy
で修正するなら,面積要素 dxdy の単位法線ベクトルのn(ベクトル量です)
とベクトル AP を単位ベクトル化したものとの内積をつけて
(2)  ∫∫∫{1/(x^2+(y-h)^2+z^2)}^{3/2} (AP・n) dhdxdy
とすればよろしい.

(2)は別に面が線状ヒーターと平行でなくても何でも使えます.
ただし,面の裏側のように直接ヒーターを見込めない部分は積分から
除かないといけません.

具体的に上の例で線状ヒーターに平行な微小面 dS が受ける放射を計算してみましょう.
ヒーターの長さを 2L,
簡単のため微小面はヒーターの中点からrだけ離れたところにあるとします.
ヒーターに沿ってx軸を取れば,dx 部分からの dS 面への放射の寄与 dR は
(3)  dR = C dx {1/(x^2+r^2)} cosθ = Cr dx {1/(x^2+r^2)}^{3/2}
ですから(C はヒーターの単位長さからの放射強度),
これを -L から L まで積分して
(4)  R = 2C {L/r√(r^2+L^2)
になります.
L >> r なら
(5)  R = 2C/r
L << r なら
(6)  R = 2CL/r^2
になります.
(6)は 1/r^2 の依存性で点からの放射と同じ r 依存性ですが,
それは有限の長さの線を十分遠くから見ると点にしか見えないことを意味しています.
係数もちょうど全体の放射強度 2CL になっています.

この問題の計算は,本質的に静電気学で直線状電荷の作る電場の問題と同じです.

なお,放射強度の C はヒーターの絶対温度Tの4乗に比例することが知られています
(シュテファン-ボルツマンの法則).
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な例を挙げていただいて大変助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/23 05:38

点状の発熱体から遠赤外線(つまり光)が出ているのを点で受ける場合、受ける放射は距離の2乗に反比例する。

受けた放射と温度との関係は、要するに放射のエネルギーが熱エネルギーに変換される訳ですから、受けるものの比熱によって違ってきます。
でもご質問では、値よりも、発熱体が線状である場合の距離との関係が重点のようなので、そのことだけ検討しましょう。

有限の長さHの線状の発熱体だったら、これを長さΔhの発熱体がN個並んでいる(NΔh = H)ものと考え、さらにそれぞれの発熱体は点だと考えて、個々の点から来る放射を合計すれば良い。積分です。
例えば発熱体が {<0,h,0>|-H/2≦h≦H/2}にあり, 受ける点が<0,0,z>であるとき、
∫(1/(h^2+z^2)) dh
ここに∫dhは-H/2≦h≦H/2の範囲の定積分です。

点状の発熱体の放射を有限の大きさの面で受けるのなら、面を小さな面積の正方形 ΔxΔy に分けて、それぞれを点とみなして、受ける放射を求め、これを合計すればよい。だから積分。
ご質問の条件があまり明確でないので、受けた面の中での熱伝導や、その面が再び熱を放射することはこの際無視しましょう。つまり熱源から十分遠くに置いた場合を考える。そして面全体としてどれだけ放射を受けるか、だけを問題にする。

例えば発熱体が {<0,h,0>|-H/2≦h≦H/2}にあり, 受ける面が{<x,y,z>|<x,y>∈S (Sはある平面図形)}であるとき、
∫∫∫(1/(x^2+(y-h)^2+z^2)) dhdxdy
ここに∫dhは-H/2≦h≦H/2の範囲の定積分、∫∫dxdyは<x,y>∈Sの範囲の定積分です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

数式の意味がわからず、返事が遅くなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/08 20:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒーターの温度計算

真空中で使用する板状のヒーターを設計することになったのですが、ヒーターに供給する電力とヒーター温度との関係について、計算方法を教えていただけないでしょうか。
また、参考書などはどのような分野のものを見たらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

基本的に電圧=抵抗×電流で、電圧×電流=抵抗×電流の2乗が発熱量になると思います。
あとは、ヒータを構成するものの熱容量と発熱体の分布(配置)、
熱の逃げ先が決まれば温度分布がわかると思います。

たとえば、熱がぜんぜん逃げていかないのであれば、
700℃ぐらいからヒータがちょっと赤っぽくみえてきて、
1000℃くらいから赤色が薄れはじめて
ちょっと白っぽくなってくるのではないでしょうか?

熱と温度の関係を簡易に計算する方法としては、
熱を電流、物の熱容量を電気容量C、物の熱伝導率を電気伝導率1/Rと考えて
CR回路を構成して計算する方法があります(定常状態ではしたがって抵抗のみの回路、
分布定数的な回路であれば普通の熱伝導方程式になります)。
この方法は電子部品の設計などでたまに使われていると思います
(でも、最近はシュミレータが発達したのでシュミレータに掛けちゃう場合が多いんでしょうね)。

問題の場合、真空中ということなので、unyoさんがいわれているように
輻射でにげる熱が主だとおもいますが、そういうヒーターなのでしょうか?
そうすると、ランプ状のヒーターで加熱するほうが効率がいいと思います。
そうなると反射板の設計などが重要になってくるのではないでしょうか?
逆に、接触させて加熱する場合には、接触のさせ方(電気でいうと接触抵抗)や
その接触させるもの、接触させたものからの輻射を考える必要があると思います。

基本的に電圧=抵抗×電流で、電圧×電流=抵抗×電流の2乗が発熱量になると思います。
あとは、ヒータを構成するものの熱容量と発熱体の分布(配置)、
熱の逃げ先が決まれば温度分布がわかると思います。

たとえば、熱がぜんぜん逃げていかないのであれば、
700℃ぐらいからヒータがちょっと赤っぽくみえてきて、
1000℃くらいから赤色が薄れはじめて
ちょっと白っぽくなってくるのではないでしょうか?

熱と温度の関係を簡易に計算する方法としては、
熱を電流、物の熱容量を電気容量C、物の熱...続きを読む

Q(x,y)平面内の質点に力F(xy,xy^2/2)でかけられているとき質点が(0,r)から(r,0)

(x,y)平面内の質点に力F(xy,xy^2/2)でかけられているとき質点が(0,r)から(r,0)まで半径rの演習を動く時に力のなした仕事を求めよ。
これが分かりません…

Aベストアンサー

たぶん
(x,y)=(r・cosθ,r・sinθ)
と置いてF・dlをθについて π/4から0まで積分すればいいんじゃないのかな。
ちなみに
dl = (r・sinθ,-r・cosθ)dθ
ベクトルの内積はわかるよね?
だったら計算はできるかと。

Q棒状のアンテナ、縦でも横でも受信感度は同じなの?

アマチュア無線のハンディ機を持ってます。

そこに付いている棒状のアンテナがあります。それをまっすぐに立てて受信しているときと、机に置いたりして横になって受信しているときで感度に違いが無い気がするのですが、物理学というか、学問的にはこれは正しいのでしょうか。

怪しい知識ながら八木アンテナは志向性があって、電波を発している方向を向いてないとダメというのは聞いたことがあります。

でも、この棒状アンテナは・・・。

ご存知の方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

ごめんなさい。

「変わりません。」と書きましたが、厳密には「変わります」。

但し、チューナーがそれを反映出来るかどうかは、別問題です。

電波の弱い状況だと、スケルチを解除してあげれば、ノイズの状況で、感度が上がったかどうかは聞き取れます。

アンテナの横方向全域が、受信できる方角になります。 →┃←

Qファラデーの電磁誘導についてなのですが、図のようなB(T)の磁場に直角に回路があり、棒状の導体を速度

ファラデーの電磁誘導についてなのですが、図のようなB(T)の磁場に直角に回路があり、棒状の導体を速度vで移動させるとこの導体に発生する起電力は
V=Blv(V)
となります。

そこで質問なのですが、この回路を貫く磁束が導体が移動することにより増え、結果ファラデーの法則により起電力が生じる事は分かります。
しかしこの式は「導体に発生する起電力」の式ですよね。
回路を貫く磁束は変化しますが、導体を貫く磁束は導体の面積は変わらないのだから変化せず、よって起電力が発生しないのではないのでしょうか。
回路全体としては磁束は変化しますが導体だけを見た場合磁束が変化しないので起電力が生まれないのではという事です。

なのでV=Blvのl(m)はこの回路の長さが入るのかと考えたのですが導体の長さが入るようです。
導体には起電力が発生しないと考えたのにやはり導体に起電力は発生するようです。

この考え方のどこを間違えているのでしょうか。

Aベストアンサー

No.3です。

>よって書いていただいた式よりlは長方形の1辺の長さ=導体の長さだった

>という事だったという事でしょうか?

そうです!
そして、もう1辺の長さが「1秒あたり v (m) ずつ長くなる」ということです。

Q距離が小さい場合van der Waals力はどのように記述されますか?

ランダウリフシッツの「連続媒質中の電磁気学2」に、
相互距離が原子間距離と比べて、長い場合のvan der Waals力に関しての、計算が書かれてあるのですが、
相互距離が原子間距離と比べて、短くなった場合にはどのように記述されるのでしょうか?
とりあえずランダウリフシッツの本にはそういった記述は見あたらなかったので、どの本を参照すれば良いのか教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

>相互距離が原子間距離と比べて、短くなった場合
van der Waals力自体「便宜的」ないし「近似的」な力ですから原子間距離が結合距離に近付いた場合は「適応外」だと「思い」ます。カギ括弧を付けたのは私が化学屋だから。
物理屋さんならもっと適切な答えが出来るでしょう。
近接状態では結合とvan der Waals力に差は無くなるはずです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報