未婚の女性です。
私は片足を切断する重傷でした。
9回の手術と600日の入院を経て
体の痛みと心の痛みに必死で耐えています。
一年前に提訴しています。億を超える額の請求で
相手側の任意保険の限度額(8000万)を超えているため
減額しようと反論されています。
私は過失を認めていません。
しかし和解とかになれば気持ちに反しても過失を認めてお金を貰う方がいいのでしょうか?
片足切断ならいくら位が妥当なの?
それとも判決まで頑張った方がいいのでしょうか?
賢い選択があれば、おしえてください。

A 回答 (7件)

1 いくら位が妥当なの?


 裁判実務上、後遺傷害に基づく逸失利益額・慰謝料額、入通院慰謝料額などの算定基準は、自賠責保険金の支給基準等をふまえて、ある程度定型化されています。東京地裁の管轄区域内でしたら、いわゆる『赤い本』ですが、この種の資料は、弁護士が持っているはずですし、pekomame39さんの訴えを提起する際にも参照しているはずです。
 弁護士から説明を受けられるのが、最も早道だと思います。

2 和解について
 和解は、必ずしも相手方の過失を認めることとイコールではありません。
 勝訴判決を得ても、相手方は控訴するかもしれません。裁判を受ける権利は相手方にもある以上、控訴を不当とか、まして違法だと非難することは困難です。
 また、勝訴判決を得ても、相手方が任意の履行を渋ったり、そもそも訴訟係属中に無資力になるかもしれません。

 和解は、pekomame39さんを少しでも早く訴訟から解放してくれますし、相手方から確実に支払を受けられるというメリットも有しています。和解金の額が請求額を下回るのは、こうしたメリットが込められているからです。

 他方、特に証拠調べ(証人・本人尋問)終了後に裁判所が提示する和解案は、証拠調べの結果を踏まえた判決の結論から、若干額(前記の和解のメリット分です。)を差し引いた額になることが多いようです。
 ですから、裁判所の和解案を蹴っても、判決の結論はあまり変わらないでしょう。
 裁判所の和解案が、到底納得いかない、といったものでなければ、ご検討に値するかと思います。

 何かのお役に立ったでしょうか。お気に障る部分もあったかと思いますが、ご容赦くだされば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。
判例のない事故で、相手方は企業の組織。最高裁まで争う構えにも
感じられるので、一個人としては、どこであきらめるべきか知りたかった。
先日出た和解案、到底納得いかないものでした。
もう少し、がんばってみます。
今後もご相談させていただくときはよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/11/05 11:39

 こんにちわ。


 なんと言ったらいいのか、うまく言葉が出てきません。

 私的には納得行くところまでやるのが一番と思います。
 今の賠償資力が8000万しかないと言っても、相手には将来に渡って働いて返せ、とも言いたくなりますよね。

 妥当な金額、慰謝料については見当がつくのですが、妥当な金額の全額はちょっと難しいです。と言うのも、実際の裁判でも逸失利益を何年で見るかで金額がかなり変わってきます。
ちなみに4級の後遺障害に該当し、自賠責では687万円の慰謝料基準となっています。裁判基準では2000~3000万位の慰謝料を認めることがあります。既に提訴済みとの事ですから後者の金額が参考になると思います。
 気持ちを強くもって納得行くまで頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。
キモチを強くもって納得行くまでがんばりたいと思います。
この言葉に気持ちが救われました。
またご相談させていただいた時は、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/11/05 11:46

仮に判決が出されたとしても相手方はもちろん、相手方の保険会社は簡単に判決に従う可能性はないので(金額が大きいだけに)、もし控訴された場合、いつまで経っても訴訟が終わらないということになるでしょう。

判決で一刀両断ということもそれは結構ですが、早期解決を考えているのなら和解に応じられたほうが得策かと思います。
    • good
    • 0

最終的にはご自身で決定されるものであります。


しかし、迷っていらっしゃるようですので、参考として、私がそのような状況になればどうするかという観点で回答させていただきます。

既に提訴していることで、弁護士費用などもかかっています。この状況で気持ちの整理をつけることは私には恐らくできないでしょう。和解するつもりならばその前に行っているでしょう。敢えて訴訟に持ち込んだのにはそれなりの理由があったはずです。したがって、一審の結審まで結論を先伸ばしにするということを選択すると思います。
判決が裁判所による客観的な意見(一審時点)であります。それを聞いた上で、納得できなければ控訴するも良し、納得して和解に向かっても構わないと思います。

勿論、裁判費用などを考えれば適当な所で妥協することが賢いやり方かもしれません。しかし、相手側に謝罪の意を強く感じることが最低限の条件のような気がいたします。それを感じられす、適当なところで妥協することを私は選択しないと思います。特に、過失がないとお思いならば、過失を認めないということが譲れないことだと思います。

余計なことではありますが、法律上の疑問は現在、着手なされている弁護士の先生にお尋ねになられた方がベターだと思います。信頼できないのであれば別の先生をにお願いすることも良いと思います。

見出しから判断し、心の問題として回答させていただきました。見当違いな回答であればご容赦ください。
    • good
    • 0

>和解とかになれば気持ちに反しても過失を認めてお金を貰う方がいいのでしょうか?


事故の状況がわからないので
過失を認めるべきか助言のしようがないと思います。

>片足切断ならいくら位が妥当なの?
自賠責がひとつの基準になると思います。
自賠責の補償内容はご存知ないのでしょうか。

もう少し具体的にご質問された方が
具体的なアドバイスができると思います。

>体の痛みと心の痛みに必死で耐えています。
心情をお察ししますが、
その痛みは後遺障害の慰謝料などでしか
賠償されないのが現実でありますから
現実を見据えることも大切かと思います。

少しでもお力になれればと思います。
    • good
    • 0

言葉が出ないです。



当事者でなければ分からない辛さを考えますと何とも・・言葉が続きません。
専門のHPがあります。
ご存じかもしれませんが、
http://www.asahi-net.or.jp/~qy4k-nrt/jiko.htm

http://w1.alpha-web.ne.jp/~algernon/

きっと役に立つと思います。


また、弁護相談ご利用になられては?
もし、現在かけていらしても、他の方にも相談できます。
http://www.nichibenren.or.jp/houritu/houritu4.htm


是非少しでも良い解決が見つかりますように。
    • good
    • 0

大変な事故だったのですね。


心からお見舞い申し上げます。

さて、早速ですが弁護士さんへは依頼されてるのでしょうか?
もし、まだ依頼や相談をされていないのでしたら、事が事なだ
けに弁護士にご相談されることをお勧めします。

また、ご質問の
 >和解とかになれば気持ちに反しても過失を認めてお金を貰う
 >方がいいのでしょうか?
 >片足切断ならいくら位が妥当なの?
 >それとも判決まで頑張った方がいいのでしょうか?
に、つきましては、事故状況やpekomame39さんの年齢や事故時
の職業、年収などにもよって変わってくるので、その点をもう少
し補足された方が皆さんからのアドバイスもあるかと思いますよ。

大変だと思いますが、頑張ってくださいね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「四肢切断」をローマ字で

「四肢切断」という意味の言葉を、6文字で表すとすると、どうなるでしょうか?
2つ以上の単語でも6文字なら大丈夫なのですが…
ただ単に、「四肢切断」の別の言い方の日本語をローマ字にするだけかもしれません。

お願いいたします。

Aベストアンサー

DARUMA(達磨)

Q日本相撲協会 講談社を民事提訴へ。刑事提訴との違いは?

日本相撲協会 講談社を民事提訴へというニュースで
「同協会は予定していた刑事告訴から切り替えたという。」
と書いてありました。

相撲協会にとって民事と刑事はどのような違い(メリット・デメリット)があるのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に民事と刑事の違いを述べると、
民事は当事者同士の争いであるのに対し、刑事は検察対被告人です。
民事では金銭での解決を前提としているため、経済的利益が得られますが、
刑事では被告人に対する処罰のみですから何ら利益はありません。
事件の内容から考えると刑事の場合は不起訴という場合もあるのです。

Q傷口の化膿からの四肢切断はありえるのでしょうか?

調べてみたのですがいまいちわからなかったので質問します
素人がネット検索でのみ調べただけなので、間違えた知識の場合は申し訳ありません

傷口が化膿し始めて、その症状が骨に移ってしまい化膿性骨髄炎等になった場合、
四肢切断による治療をせざるを得ないという状況はあるのでしょうか?
また、怪我してから化膿性骨髄炎が発症するのはおおよそどのくらいの期間でしょうか?

Aベストアンサー

四肢切断による治療をせざるを得ないという状況はあるのでしょうか?
→有ります
怪我してから化膿性骨髄炎が発症するのはおおよそどのくらいの期間でしょうか?
→起炎菌の毒力、治療方法、患者の免疫力、栄養状態などに左右されます。
概ね数ヶ月~年余に成ることも有るでしょう。

Q民事訴訟を提訴するには訴額を決めなければならないでしょうか?

民事訴訟を提訴するには訴額を決めなければならないでしょうか?

当方、念願の一戸建てを建てたのですが、
竣工引渡し後に契約書の中の仕様書に
鉄骨造となっているのが木造でできていました。

施工元に問い合わせても無視のまま。

訴訟を考えています。

この場合、訴額の決まらない「鉄骨で立て直せ」という民事訴訟はないのでしょうか?

それでしたら
(1)建築請負契約の2100万円
(2)現家の解体費
(3)建て直し期間の仮住まい費
(4)引越し代 往復
(5)慰謝料
の計を「払え」で提訴すればよいですか?

(2)から(5)はどれくらいの費用になるか見積もりなどの根拠がないと駄目ですか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>訴額の決まらない「鉄骨で立て直せ」という民事訴訟はないのでしょうか?

そう云う「請求の趣旨」では、訴状の却下と思われます。
何故なら、同趣旨では強制執行ができないからです。
「建て直せ」は、その前に、取り壊し、又は解体が必要です。
そのように、債務名義に記載されていなければ強制執行はできないのです。
今回の場合は「竣工引渡し後に・・・鉄骨造となっているのが木造でできていました。」と云うことですから、民法634条規定の「瑕疵」又は「未完成」と云うことができます。
そのような場合、注文主は期限を決めて直すように求めることができ、それができないときには、契約を解除して、支払ったお金を返せ、と云うことができます。
ところが「建物の場合は解除できない」となっているので、結局、自己又は他の業者で建て替えることになるので、それらの総額を請求することになります。
例えば、(1)から(5)までの総合計が5000万円だとすれば、「被告は原告に対して5000万円支払え。」となります。
その5000万円が訴額となって裁判所の手数料は17万円です。

>訴額の決まらない「鉄骨で立て直せ」という民事訴訟はないのでしょうか?

そう云う「請求の趣旨」では、訴状の却下と思われます。
何故なら、同趣旨では強制執行ができないからです。
「建て直せ」は、その前に、取り壊し、又は解体が必要です。
そのように、債務名義に記載されていなければ強制執行はできないのです。
今回の場合は「竣工引渡し後に・・・鉄骨造となっているのが木造でできていました。」と云うことですから、民法634条規定の「瑕疵」又は「未完成」と云うことができます。
そのような...続きを読む

Q糖尿病による四肢切断術後の幻視痛について

こんにちは。

母(59歳)のとこで相談します。

母は末期糖尿病による足壊疽で昨年11月に左足を太腿部分切断、
今年1月に入院先で右足踵に怪我をしてしまい、3月に右足膝下を切断しました。

今年、初夏にようやく退院しました。
しかし、7月ころから「無い足が痛い」と言っています。
母と同居している妹の話しでは、夜中も寝言でうなされているようです。

これ以上、母が痛い思いをするのはとてもイヤで、
自分でも調べたところ『幻視痛』というものじゃないかと思いました。

こういう時はペインクリニック、それとも精神科に診察に行くのがいいんでしょうか?
(緑内障なので、メンタル系の薬は使えないかもしれないのですが)

母は現在、リハビリ、腎臓内科(糖尿、高血圧、ネフローゼの治療)、眼科(緑内障)に通院しています。
現在かかっている先生に相談しても痛み止めと睡眠薬(ロキソニンとマイスリー)しか処方されないようです。

今度、私にも時間ができるので、母の通院に一緒に付き添おう思っています。

私にはわからないことだらけなので
なにかご存じの方がいらっしゃったらアドバイスください。

こんにちは。

母(59歳)のとこで相談します。

母は末期糖尿病による足壊疽で昨年11月に左足を太腿部分切断、
今年1月に入院先で右足踵に怪我をしてしまい、3月に右足膝下を切断しました。

今年、初夏にようやく退院しました。
しかし、7月ころから「無い足が痛い」と言っています。
母と同居している妹の話しでは、夜中も寝言でうなされているようです。

これ以上、母が痛い思いをするのはとてもイヤで、
自分でも調べたところ『幻視痛』というものじゃないかと思いました。

こういう時はペイ...続きを読む

Aベストアンサー

幻肢痛については、私の知っている知識もj-renjoさんとほぼ同じです。
失った部分であるにもかかわらず、脳内の神経では誤認してしまうために起きる痛み、そんな内容だったと思います。
現在、お母様はロキソニンを服用されていらっしゃるようですが、確かロキソニンは炎症や発熱を引き起こす物質の生成を抑制するタイプの痛み止めだったと思います。
幻肢痛と仮定して炎症等のために起きてる痛みではないとするならば、ロキソニンでは効果が薄かったり得られなかったりするのかもしれませんね。

私も、お母様が手術を受けた担当医の方に相談するか、ペインクリニックなどがいいのではないかと思います。ただし、切断によってお母様も大きなストレスや不安などと抱えていらっしゃると思います。
ご家族の皆さんも大変だと重いますが、少しでも早くお母様の痛みが軽減して、夜にうなされたりすることも無くなるといいですね。

Q車同士の物損事故で過失を認めてしまったものの・・・・・

先日、近くのスーパーの駐車場で事故を起こしました。
内容は、、、、、
こちらが駐車スペースから出ようと右を確認、次に左を確認しようとしたのですが
左側に大きい車が止まっており、ゆっくりと左を見たまま出た所、右から来た
車の前左前輪横をぶつけてしまいました。
こちらの速度はゆっくりだったのでお互い怪我は無かったのは幸いで、車の損傷
も凹む程度で大した事故ではありませんでした。
ですが、私は初めての事故だったもので気が動揺しており「全部自分が悪い」と言う事を
口頭で相手に話し、保険会社と警察に連絡をしました。
数日後、相手は「そちらが100%悪いと言ったのだから
修理にかかるお金は全て払って下さい。いくら過失割合が出てもこちらの保険は
一切使いません。保険で足りなかった分は実費でお願いします」
と主張してきました。

その後、自分の保険会社に相談した所、「当事者同士現場で口約束した事は保険会社では
仲介できません。相手の保険を使わせるには、相手を説得しその口約束を撤回させなければ
なりません」と言われました。
一筆書いたのならまだしも、自分には納得が行かない内容でした。
口頭約束と言うのはそんなに効力があるものなのでしょうか!?

今回は自分がもっと良く右を確認をしていれば起こらなかった事故だと解っているの
ですが、駐車場で起こった事故でかつ、相手の車も動いていた事故なので相手の過失が
0%と主張している事が悔しくてたまりません。

どうにか相手にも過失を認め保険を使って貰う事はできないものでしょうか?

先日、近くのスーパーの駐車場で事故を起こしました。
内容は、、、、、
こちらが駐車スペースから出ようと右を確認、次に左を確認しようとしたのですが
左側に大きい車が止まっており、ゆっくりと左を見たまま出た所、右から来た
車の前左前輪横をぶつけてしまいました。
こちらの速度はゆっくりだったのでお互い怪我は無かったのは幸いで、車の損傷
も凹む程度で大した事故ではありませんでした。
ですが、私は初めての事故だったもので気が動揺しており「全部自分が悪い」と言う事を
口頭で相手に話し...続きを読む

Aベストアンサー

お気の毒です。これは保険会社のミスリードの可能性が高いです。あなたの見方になるべき保険会社があなたの権利を守らず第三者的に進めようとしています。保険会社がもっと前面に出て交渉しないと、素人のあなたは強気の相手に負けてしまいます。その保険会社の「お客様相談室」に電話をして「助けてくれ」という趣旨の申し出をしてみて下さい。そうすると現在の担当者の上司が対応してくれるはずです。それと「撤回の意思表示」を文書でした方がいいです。その後は保険会社に「弁護士依頼」を要請して下さい。弁護士費用は保険で出ます。
それと、少なくともあなたの車の修理費は100%出ます。あなたが負担する必要は全くありません。相手の分も撤回が条件のように進められていますが、様は保険会社があなたの見方になって前面に出れば回避できます。

Q五体不満足と先天性四肢切断を英訳したいのですが。

辞書にものってなくて、どう訳せばいいのか分からなくて質問しました。

Aベストアンサー

先天性四肢切断は
congenital deficiency of extremity
でいかがでしょうか

五体不満足という言葉は、作者による造語ですから、その気持ちを推し量って文章の形で表現するしかないのではないでしょうか。No one's perfectという英訳本は、作者がそのタイトルにOKしたのでしょうから、かなりニュアンスが近いのだと思いますが、もちろん別の表現法もあるでしょう。

Q設備業者が過失を認めないので何処に訴えるか

ベーカリーを経営しています。エアコンを設置したのですが4ヶ月も使用しない内に配管が詰まり水漏れがしました。クリーニングには6~7万円の費用が掛かるようです。業者の話では毎年クリーニングをしなければならないとの説明。
エアコンメーカーに直接問い合わせるとベーカリーには不向きなタイプの機種を使用している為だそうです。機種が変われば問題ないようです。
しかし設備業者は機種選定の間違いを一切認めず、毎年のクリーニング工事はベーカリー側の負担が当たり前のように言ってきます。
この場合何処に相談したらよろしいか?
どのように訴えればよろしいか?教えてください。

Aベストアンサー

機械はどうしても製作上の不具合が発生するため初期不良は製作メーカーの責任としています。
据付会社は機種選定と据付上の工事に責任があります。

あなたが疑問に思って機械メーカーに問い合わせたのでしょうね。
据付会社が選定を間違えたのでしょうね。据付メーカーは信用ができないので
機械メーカーに判定してもらいましょう。
判定がでれば、据付メーカーから営業の担当者に直接電話してもらいましょう。
無視するなら機械メーカーのほうに電話してもらいましょう。
であればメーカーに来てもらって判定してもらって機械メーカー働きかけてもらったらと思います。
毎年のクリーニングのことは据付メーカーは信用ができないので機械メーカーに聞いてみましょう。

私も家の風呂も
追い炊きができないものだったので取付会社が自主的に交換しますといってくれました。
取付会社の前のものは在庫になってしまい、交換の工数もかかりましたが
風呂がまはアップしましたが適切な金額分を請求してきただけでした。もちろんその分は払いましたが・・・。

Q被保険者が亡くなった場合の埋葬料について

昨年亡くなった父が健康保険の被保険者でしたので、今からでも埋葬料を請求出来ると聞きましたが、良く分からなかったので教えて下さい。

(1)埋葬料=生計維持関係にあり埋葬を行う者
(2)埋葬費=生計維持関係になく埋葬を行った者

姉である私は結婚しており生計維持関係にはありませんが、実際埋葬を行った者ですので、私が請求する場合は(2)埋葬費となり、
妹は未成年で父の扶養を受け生計維持関係にあった者ですから、妹が請求する場合は(1)埋葬料となるのでしょうか?
(1)埋葬料と(2)埋葬費では支給額に差があるため、姉ではなく妹が請求した方が支給額が多くなると思いますが、そういう事は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

御父様の保険は「健康保険」と明記されていますが・・・。
国保は葬祭料でなくて「葬祭費」、労災だと「葬祭料」、健保の場合は「埋葬料」「埋葬費」となります。
ご質問者の場合は健康保険(=社会保険)なので「埋葬料(費)」が支給されます。
http://www.taka.co.jp/okuru/iza5.htm

埋葬料は「埋葬を行うべき者」に支給し、
埋葬費は埋葬料を受ける者がいない場合に「実際に埋葬を行った者」に支給します。

「埋葬を行う者」・・・埋葬の事実にかかわらず、「埋葬を行うべき者」をいいます。現実に埋葬を行う者又は既に行った者のことではありません(昭和2年7月14日、保理第2788号)。

通常は、埋葬料の支給対象者は遺族、遺族がいなかったりして会社や近所の人が埋葬をした場合に埋葬費、という支払い方をされています。
従って死亡した被保険者によって生計を維持されていた遺族(この場合は妹)がいる場合には、
埋葬料の時効(死亡日の翌日から2年・・・埋葬費の場合は実際に埋葬を行った費の翌日から2年)
期間内に請求することで埋葬料が支給されると思います。

御父様の保険は「健康保険」と明記されていますが・・・。
国保は葬祭料でなくて「葬祭費」、労災だと「葬祭料」、健保の場合は「埋葬料」「埋葬費」となります。
ご質問者の場合は健康保険(=社会保険)なので「埋葬料(費)」が支給されます。
http://www.taka.co.jp/okuru/iza5.htm

埋葬料は「埋葬を行うべき者」に支給し、
埋葬費は埋葬料を受ける者がいない場合に「実際に埋葬を行った者」に支給します。

「埋葬を行う者」・・・埋葬の事実にかかわらず、「埋葬を行うべき者」をいいます。現実に...続きを読む

Q車対車の人身事故で相手側が過失を認めないと言っています。

先週、旦那が仕事中に会社の車で交通事故を起こしました。
車対車で、中央線のない両側1車線の道路で旦那が右ウインカーを出して右折しようとしたところ、後ろを走行していた車が旦那の車を追い越そうとして旦那の車の運転席側の前輪に追突した状況です。
とても狭い道でハイエースに乗っていたため、旦那は曲がりきれないと思い頭を少し左に振ってから右折しようとしたそうです。
後続の運転者は、旦那の車がハザードを出して停止すると思ったらしいです。

お互い人身ということで、こちらは2週間、相手側は5日間の診断書を警察に提出しました。
調書を取りに出頭したのですが、後日相手側が過失を認めないといっていると警察から連絡があり、再度調書に出頭する予定です。

旦那はむちうちの症状があり、通院したいのですが保険が使えないということで、実費で支払う現金がなくなり2回で通院を中断しています。
車の任意保険も相手側が過失を認めないということで、話し合いが進んでいません。

相手側に電話をしたところ、過失を認めないわけではなく、調書をとった担当の警察官が言っても居ないことを「今までの経験で行くとこういう状況だったんじゃないの?」って感じで勝手に調書を記入したらしく、警察官に腹が立って1回目の調書を無効にしたらしいのですが・・・

再度車で1時間以上かかる警察に出向かなくてはいけないし、保険のはなしあいも進まない状況で病院にも通院できず困っています。

こういった状況で全額負担なく病院にかかるにはどうしたら良いですか?
また、相手側が過失を認めないと任意保険の補償も受けられないのでしょうか?

先週、旦那が仕事中に会社の車で交通事故を起こしました。
車対車で、中央線のない両側1車線の道路で旦那が右ウインカーを出して右折しようとしたところ、後ろを走行していた車が旦那の車を追い越そうとして旦那の車の運転席側の前輪に追突した状況です。
とても狭い道でハイエースに乗っていたため、旦那は曲がりきれないと思い頭を少し左に振ってから右折しようとしたそうです。
後続の運転者は、旦那の車がハザードを出して停止すると思ったらしいです。

お互い人身ということで、こちらは2週間、相手側...続きを読む

Aベストアンサー

>全額負担なく病院にかかるにはどうしたら・・・

仕事中の事故ですから労災を適用して下さい。
労災であれば負担は全くありません。

事故状況からすると『右折車があらかじめ中央に寄っては右折出来ない場合』に相当する様に思われます。
保険会社がこれを適用した場合、60:40で貴方の方が過失が大きくなります。

健康保険で治療しましょうと言う回答がありますが、仕事中である為、健康保険は使用できません。
発覚すれば全額弁償と言う事態も考えられます。
ご注意下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報