出産前後の痔にはご注意!

親が亡くなりました。家賃収入があり、家賃は毎月親の銀行口座に振り込まれることになっていました。このような収入は、死亡したらもう本人の口座に振り込めないと不動産屋に言われました。分割協議が終了するまで、相続人たちの口座には被相続人の収入を振り込むことはできないそうで、義兄が口座を作り、管理することになりました。
1.このように第三者の名義の口座に被相続人の家賃収入などを預金しておくのは一般的なことなのですか。
2.これからも毎月の家賃収入が見込まれます。この収入はどのように分割されるのですか。またいつまでの収入を計算するのですか。
知識があまりないものですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 No.3の回答で紹介した最高裁判例は、「遺産分割前でも、それぞれの相続人に、不動産からの賃料収入を法定相続分の割合で随時配分できる」ということを認めた点で、画期的な判決なのです。


 ですから、経済紙である日本経済新聞でも大きく紙面を割いて社会面で報道しています(平成17年9月9日付朝刊)。

 この判例でも触れられていますが、借地人や借家人から直接、遺産分割協議が確定するまでの間、相続人の代表者がこのために開設した口座へ振り込ませています(判決文にも記載)。

 また、この判例が出されたことにより、今後は、借地人や借家人から直接、あるいは不動産管理会社を通じて、遺産分割がなされていなくても個々の相続人の口座に法定相続分に当たる賃料収入が振り込まれることになると思います。
 最高裁が、「遺産分割前の賃料収入は、故人の遺産ではない」と判示したのですから。

 ご質問文にあった不動産会社がどのような理由で、「分割協議が終了するまで、相続人たちの口座には被相続人の収入を振り込むことはできない」というのか、よくわからないのですが…。
 先に紹介した最高裁の判決が出る前でしたら、遺産分割前の賃料収入の分配については過去に他の顧客に関してトラブルに見舞われることがあったので、この不動産会社が気を回してくれたのかもしれません。
 おそらく、相続人の固有財産と被相続人が所有していた不動産からの賃料収入が混同し、将来の遺産分割に、禍根を残すことを心配してのことだと思いますが、これは、いらぬ“おせっかい”だと思います(←推測です。理由は、不動産会社にお聞き下さい)。
 
 そもそも賃料収入は、相続人の共有にあるのですから、相続人全員が代表者を決め、その管理のために開設した口座に賃料収入を振り込むよう依頼すれば、不動産会社がその決定に異議を差しはさむ必要などないと思います(今回、たまたま信頼できる義兄がいたのでよかったのでしょうが、もし、信頼できる第三者がいなかったらどうするのでしょうか)。

 ただし、相続人固有の財産と、賃料収入を明確に区別したほうがいいので、不動産管理用の専用口座を作るべきだと思います(他の相続人に対しても取引履歴を開示することで、不正を行っていないという証明にもなるから)。

 従来から取引のある銀行に別口座を開設したいのなら、その理由を説明されれば賃料収入の管理用の口座開設は可能だと思います(←銀行によって、対応が異なるかもしれませんが…)。
 固定資産税や管理費用などはこの口座から当面、支払うことになると思います。

 もし、既存の取引銀行が難色を示したら、新規の銀行で口座を開設することで対応できると思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

よくわかりました。ご回答を参考にしながら、近々姉夫婦とよく話し合ってみます。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2005/09/27 01:29

No.2です。


> 一般的には相続日は故人死亡当日とするのですか。

ごく一般的ですから取り立てて述べる必要はありませんでした。(No.1さんと同じことを言おうとしたのです)。

> また他の遺産との調整とは具体的にどんなことでしょうか。

遺産分割協議の際、「現在賃貸収入のある家屋物件はそれのない物件よりも高い評価を受けるかもしれない」という意味で書きました。
相続人間の協議で遺産の評価と分割がスムーズに行けば問題なし。
例えば不動産の評価に異議が起きる場合にはその家屋を売却して他の遺産とともに分割する必要もあるかと思います。
その場合はNo.3さんが示唆なさったように他の相続人から「遺産分割までの家賃収入も分割」の要求も出る可能性がありますね。
その際はその家屋に払う公租公課(税)も当然公平に分割すべきでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一般的なことなのに知らなくてすみません(^。^;) いろいろな場合を考慮しておかなければならないわけですね。本当に勉強不足でした。これを機会にもっと勉強します。これからも「教えて!goo」でよろしくお願いします。

お礼日時:2005/09/26 12:28

 つい最近、ご質問文と同様、相続不動産の家賃の帰属をめぐって争われていた訴訟で、最高裁が結論を出しました。


 遺産分割までの賃料収入の分け方は、これまで下級審でも判断が分かれていたので、今回、最高裁がこの問題について決着を付けたことになります。

 最高裁小法廷は平成17年9月8日、「相続開始から遺産分割が確定するまでの間に発生した不動産の賃料収入は、分割協議の結果にかかわらず、法定相続分で分けるべきだ」との判断を示しました。
 この最高裁判決では、相続開始時点から遺産分割の確定までの約3年余の間に生じた賃料収入は、遺産分割協議でこの不動産(=賃料収入の大半を占める)の所有権を得た相続人が受け取るのではなく、遺産とは別の、相続人の共有財産として相続人がそれぞれ法定相続分で分けるべきであると判示しました。

 最高裁HPから、判決文の要旨を下記に貼っておきます。左側のINDEXから「最近の主な最高裁判決」を開いて、「平成17年09月08日第一小法廷判決平成16年(受)第1222号預託金返還請求事件」をクリックして下さい。
http://courtdomino2.courts.go.jp/home.nsf

※9月9日付けの新聞各紙でも、かなり大きなスペースを割いて記事を載せているので、「最高裁」「相続」「賃料」の3キーワードで検索されると、新聞社や通信社の記事を閲覧できると思います。

 したがって、ご質問文のケースでも、遺産分割協議が終了し、この不動産の所有権が相続人のうち誰に帰属するかが確定するまで、この不動産の家賃収入は相続人全員の共有財産であり、法定相続分で分けられることになると思います。

 ですから、もし、他の相続人がこの家賃収入の配分について異議を唱え、訴訟を起こした場合、故人が亡くなられた日から遺産分割が確定するまでの期間の家賃収入は、相続人全員が法定相続分を受け取ることができるという判決が出ると思います(最高裁の判例に対して、すぐに下級審が反対の判決を出すことはない)。

 もちろん、この回答は、他の相続人が異議を唱えて訴訟を提起した場合のものであり、相続人間で協議され、納得されれば、裁判所が遺産分割協議に介入してくるわけはないので、質問者さんがこの不動産の家賃収入を全て得ることまで否定したものではありません。ただし、税務当局の対応を考えた場合、他の相続人からの贈与とならないよう細心の注意が必要だと思います(=税務署に確認されるべきです)。

 さて、ご質問で「第三者の名義の口座に被相続人の家賃収入などを預金しておく」と書かれていましたが、この不動産会社の意図がよくわかりません。
 万が一、預託した第三者がこの預金を使い込んでしまったら、いったい誰が責任を取るのでしょうか。通常は、裁判所の供託金制度を使えば、家賃収入は確実に保全されると思います(もちろん、利子は付きませんが…)。

 あるいは、先に紹介した最高裁判例に従うのなら、相続人にそれぞれ法定相続分の割合で、それぞれの口座に振り込んでもらえばいいと思います。

この回答への補足

ありがとうございます。とても参考になりました。

すみませんが、補足質問させてください。
家賃収入は裁判所の供託金制度を使うことが一番確実なのでしょうね。でもNo2さんが回答で書かれたように代表相続人を決めて、代表相続人の口座で保管しておいてもらい、最終協議でその金額を平等に分けることができたらいいと思います。不動産屋に「分割協議が終了するまで、相続人たちの口座には被相続人の収入を振り込むことはできない」と言われましたが、そんなことはないのですか。銀行で、代表相続人が被相続人の家賃収入を保管しておく口座を開くことはできますか。よろしくお願いします。

補足日時:2005/09/26 12:08
    • good
    • 4

> 死亡したらもう本人の口座に振り込めないと不動産屋に言われました。



これは事実と違います。正確には、本人死亡後も銀行口座がクローズされるまでは生前同様に(家賃を)振り込むことが出来ます。
故人の銀行口座がクローズされるのは銀行が故人(口座持ち主)の死亡を知った時です。

1)一般的とは言えません(遺産の相続関係が複雑なときにはフェアな方法とは言えますが)。
一般的には相続者の中から便宜的に代表相続人を選び、全相続人の同意のもとに代表相続人の口座に振り込む方法がとられていると思います。
2)家屋所有者死後の家賃収入を分割するかしないか、また分割する場合の方法は遺産相続の一環として相続人人が会議して決めます。
「いつまでの収入を計算するのか?」についても同様ですが、例えば問題の家屋を貴方が相続する場合、相続日を故人死亡当日として同日以後の家賃収入をすべて取得することも他の遺産との調整で可能でしょう。

この回答への補足

No1さんの回答も参考にさせていただき、私が相続する場合、相続日を故人死亡当日とすると、家賃収入は私が習得することができると言うことがわかりました。ありがとうございます。

>他の遺産との調整で可能でしょう。
一般的には相続日は故人死亡当日とするのですか。
また他の遺産との調整とは具体的にどんなことでしょうか。よろしくお願いします。

補足日時:2005/09/25 01:17
    • good
    • 1

家賃収入を遺産として相続するのではありません。



家賃対象となる不動産を相続するのです。

その不動産を相続した人が家賃収入を受け取ることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。早々のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/25 01:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーナー死去に伴う家賃支払い口座変更

管理会社よりオーナー死去に伴い、家賃支払い口座変更の通知が来ました。オーナーは近所で、お葬式をやっていたので本当のよでした。

賃貸契約書もオーナー個人名でされています。振込口座もオーナー名の口座でした。ですので、口座が凍結されてしますため、変更が必要とのことです。契約書にはもちろん振込口座も明記されています。

契約書の変更とかをお願いした方がいいのでしょうか?
それから支払った方がいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不動産やです。
2回ほど家主死去の為口座変更を行ったことがあります。
個人口座に家賃を振込んでいる場合、死去が銀行に伝わった時点で
引出す事もことも振込むこともできなくなってしまうので、
即、入居者に口座変更の通知を出しました。
相続される方又は一時的に管理会社の口座を指定すると思われます。
賃貸契約自体は相続されますので契約書の書換え等はなくても
継続されます。
詐欺などが御心配でしたらよく確認されたほうが良いと思いますが、
振込み期限を過ぎれば滞納になりますので、御注意を。

Q遺産分割協議書は何通必要なのでしょうか?

亡父の49日を目途に土地、建物、預貯金、有価証券などの僅かですが遺産を母と妹と弟で相続の話を決めたいと思っています。遺言書はありません。
預貯金は地元の金融機関2行にあるようです。解約(名義変更?)には遺産分割協議書が必要らしいのですが、土地、建物の相続登記にもこの遺産分割協議書が必要と言われました。
○遺産分割協議書は提出先別に複数枚作る必要がありますか?
○相続財産項目別に遺産分割協議書を分けて作る必要がありますが。(銀行用、法務局用etc)
○被相続人と相続人は上記の通りですが、集める戸籍や住民票はどのようなものでしょうか。
 また、遺産分割協議書が提出先別に必要であれば戸籍や住民票もその枚数が必要でしょうか。
 同様に相続人の印鑑証明書も複数必要でしょうか。
○相続関係図も必要らしいのですが、これも提出先別に作る必要があるのでしょうか。
○1つの相続関係図と遺産分割協議書で提出先に対応させることは出来ないのでしょうか。
いろいろお聞きしてすみません。

Aベストアンサー

○遺産分割協議書は提出先別に複数枚作る必要がありますか?
○相続財産項目別に遺産分割協議書を分けて作る必要がありますか?
土地と建物だったら法務局用に1通、預貯金と有価証券は各金融機関用に1通です。
あとそれ以外に、遺産分割協議者それぞれでも1通ずつ保管する必要があります。
この場合は、質問者さま、母親、妹、弟の計4通です。

○被相続人と相続人は上記の通りですが、集める戸籍や住民票はどのようなものでしょうか。
必要な書類は次の通りです。
遺産分割協議者全員の戸籍謄本、住民票、印鑑証明。
なお、ご家族のようなので戸籍謄本は1通あれば全員が記載されていると思います。

○また、遺産分割協議書が提出先別に必要であれば戸籍や住民票もその枚数が必要でしょうか。同様に相続人の印鑑証明書も複数必要でしょうか。
金融機関に必要なのは、遺産分割協議書と協議者全員の印鑑証明です。戸籍などは必要ありません。
 
○相続関係図も必要らしいのですが、これも提出先別に作る必要があるのでしょうか。
相続関係図は作成しても作成しなくても結構ですが、これはお互いの関係を示すものなので、作成した方が法務局への説明がしやすいと思います。
なお関係図を作成した場合は、戸籍、住民票などの書類は返却されます。
もし提出するならば、法務局のみで結構です。

○1つの相続関係図と遺産分割協議書で提出先に対応させることは出来ないのでしょうか。
重要なのは、被相続人と相続人の実印のある遺産分割協議書です。
相続関係図を作成しても必要なのは法務局のみです。
金融機関などには先ほどの言いました通り、遺産分割協議書と印鑑証明となります。

なおこれ以外に必要な書類として「不動産評価証明書」があります。
市役所で申請します。
これは、相続不動産の平米数、構造などが記されていて、これを元にして法務局に支払う手数料が算定されます。
書類一式法務局に出す場合は手数料がかかりますが、手数料は相続不動産の平米数などで決まります。法務局窓口で該当金額分の収入印紙を購入して、これを書類に貼って納めます。

○遺産分割協議書は提出先別に複数枚作る必要がありますか?
○相続財産項目別に遺産分割協議書を分けて作る必要がありますか?
土地と建物だったら法務局用に1通、預貯金と有価証券は各金融機関用に1通です。
あとそれ以外に、遺産分割協議者それぞれでも1通ずつ保管する必要があります。
この場合は、質問者さま、母親、妹、弟の計4通です。

○被相続人と相続人は上記の通りですが、集める戸籍や住民票はどのようなものでしょうか。
必要な書類は次の通りです。
遺産分割協議者全員の戸籍謄本、住民票、印鑑証明。...続きを読む

Q家賃収入の場合の準確定申告

今まで家賃収入があったので確定申告をしていました。
(とりあえず発生主義で処理してます)
納税者本人が亡くなったので準確定申告をしなければなりませんが、計算について教えてください。

10日に無くなった場合、月30万円の家賃収入をやはり日割り計上するのでしょうか?それとも30万円を申告するのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

相続人の方が、貸付業務を引き継いでいらっしゃらないでしょうか。
極端に言えば、被相続人の方の収入額と、相続人の方の収入額の合計が、一年分として合っていれば、税務署もうるさくは言ってこないと思いますが。

普通の家賃収入で考えた場合、当月分を前月末日まで、と言う契約が多いと思います。収入に計上する原則は、契約による収入日にする、つまりこのような場合ですと、4月分であっても、3月末までに支払われるものとの契約になっていれば、3月分の収入にしなければなりません。(例外も一部ありますが。)

そこで、例えばお亡くなりになったのが、4月10日だとしますと、3月末までに収入すべき金額については、原則どおり、被相続人の方の収入とします。
特に日割り計算はなさらなくても、4月末までに支払われる契約となっている部分から、業務を引き継いだ相続人の方の収入にして、構わないと思います。
減価償却や、保険料等、経費についても、単純に月割計算をすれば足ります。
この処理で、クレームが付いたことは一回もありませんから。

ただし、相続人の方でなく、第三者に業務を渡した場合には、その方との整合性をとるために、また話は違ってきますが。
また、相続税の申告が必要な場合には、また処理方法が違いますので、お気を付けください。

こんにちは。

相続人の方が、貸付業務を引き継いでいらっしゃらないでしょうか。
極端に言えば、被相続人の方の収入額と、相続人の方の収入額の合計が、一年分として合っていれば、税務署もうるさくは言ってこないと思いますが。

普通の家賃収入で考えた場合、当月分を前月末日まで、と言う契約が多いと思います。収入に計上する原則は、契約による収入日にする、つまりこのような場合ですと、4月分であっても、3月末までに支払われるものとの契約になっていれば、3月分の収入にしなければなりません。...続きを読む

Q遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

親の死後キャシュカードを預かっていた人が預金を引き出すのは他人のお金なので違法行為ではないでしょうか。(当然銀行へは死亡を伝えていません)
また事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。
銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。
どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

Aベストアンサー

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。

本人が死亡した時点で、既に遺産相続対象の財産となります。
わざわざ、手続きを行う必要はありません。
が、金融機関などは「本人の死亡を確認しないと、口座凍結」は行ないません。

>銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。

これは、その銀行の対応が間違っています。
故人の死亡を金融機関に届けた時点で、故人名義の口座は凍結になります。
「個々の案件だから・・・」は、銀行の業務放棄です。

>どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

相続に関して、違法行為を働いた者は「相続権を失う」事になります。
質問者さま以外の相続権者が居れば、その方たちにも「勝手に出金した」事を伝えて下さい。
そして、違法行為を働いた者を除いた相続権者が「全国銀行協会」「銀行本店の苦情・相談担当部署」に(現状を)伝える事です。
故人の口座凍結を「個別に・・・」で無視する銀行(支店)は、話になりません。

余談ですが・・・。
故人の葬儀費用として故人の口座から出金する場合でも、相続権者全員の同意証明書が必要です。

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとお...続きを読む

Q凍結口座への入金は?

最近テレビなどで振り込み詐欺などの番組をしていてちょっとした疑問をもったのですが口座が凍結になっても入金だけはできるのでしょうか?
できるみたいなことを聞いたような気がしてちょっとおかしいシステムだから聞き違いかなと思って引っ掛かっています。知ってる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
●最近では、「振り込め詐欺などの、被害者の方への資金分配に関する新しい法律」が、制定されました。

くわしくは、こちらを。

http://www.bk.mufg.jp/info/hurikomesagi/index.html

なお、被害者の方からの資金返却を受け付けさせていただくのは、最も早くても今年(平成20年)の8月以降になる見込みだそうです。

Q口座凍結された口座に、振込みをするとはじかれますか?

口座凍結された口座に、振込みをするとはじかれますか?

Aベストアンサー

『口座凍結』は
振り込め詐欺等の被害者防止対策にも使われます。
だから振込は拒否されます。

『口座差押え』は
債権者の回収等に使われます。
だから振込は拒否されません。

Q自分の不動産の家賃収入を母名義の口座に。これを自分名義の口座に移すと贈与税?

8年前に父が亡くなり、遺産は預金が2000万、不動産評価額が3000万ほどでした。
当時、不動産登記の手続きをしておりませんし、相続税の申告もしていません。
法定相続人は母と姉妹をあわせて4人なので、相続税は発生していないと思います。

保守的な田舎なので、父の口頭の遺言もあるため不動産は私が相続して登記することに誰も反対しません。
しかし、預金については将来、母の死後に姉妹との間で争いが心配です。

現在、預金が母名義で5000万円ほどあります。遺産のアパートの家賃収入がほとんどです。
当時学生だったので地元の母に任せっきりにしていました。固定資産税の課税台帳では母が納税管理人になっています。
不動産所得の申告も母がしています。賃貸契約書の賃貸人だけは全部私名義です。

この預金を私の口座に移しても贈与税が発生しないようにはできませんか?

どなたか、ご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

>預金が母名義で5000万円ほどあります。遺産のアパートの家賃収入がほとんどです…

「ほとんど」ではなく、あなた名義の不動産から得られて収入額を、実際に証明することはできますか。
できるなら、その収入額から賃貸を管理するためにお母様が要した経費を除いて、あなたの財産であると主張することができます。

これまでお母様名の口座に入っていたことは錯誤であったとして、税務署や市役所にその旨を説明すればよいでしょう。

>母が納税管理人になっています。
不動産所得の申告も母がしています…

社会人になった時点で、納税管理人を外せばよかったのですが、国民のすべてが税法に熟知しているわけではありません。
間違いは間違いとして素直に認め、過去の申告も訂正するなどすれば、贈与税は発生しないと思われます。

Q準確定申告の納付書

準確定申告の納付書記入で困っています。納付書の氏名は亡くなった申告者(被相続人)で氏名欄・整理番号は記入すればいいのでしょうか、それとも事業を承継した相続人(実際の納付者)で記入するのでしょうか?どなたか分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょっと面倒ですが、納付書は各相続人ごとに自分の負担する税額分ずつのものを作成し、納付すると思います。

例えば被相続人(山田太郎)で30万円の税額の場合、相続人が妻(花子)と子供2人(次郎・良子)とすると・・

>氏名欄「被相続人 山田太郎  相続人 山田花子」 
>金額欄「15万円」←妻なので、法定相続2分の1相当額
これが1枚。

>氏名欄「被相続人 山田太郎  相続人 山田次郎」
>金額欄「7万5千円」←子供2人なので、法定相続2分の1の半分相当額
もう一人の子供の分(山田良子)も同様に作成します。これで子供の分は2枚。

合計3枚作成となります。整理番号は3枚とも被相続人のものを記入します。

例えばこの準確定申告の提出が期限後だとすると、こうして分けておかないと、延滞税や加算税を計算するとき基礎となる金額が不利になる場合があるそうです。
以前このように指導を受けたことがあります。



 

Q死亡口座凍結対策は?

私のケースではないのですが一般論で教えてください。

死亡した故人(例えば世帯主)の口座に様々な入出金が生前からある場合、
残された家族(妻など)は、どういうふうに手続きを進めていくのがいいのでしょうか?

というのも、例えば公共料金の支払いや各種支払いがその口座からあり、
また家庭の預金もその口座がメインである場合に、
銀行に死亡の通知をすると、口座が凍結されてしまい、支払、手許金の引き出しが滞ってしまいますよね。

相続(税)うんぬんの話もあるので、法的につかまるような事はできないですし、
こういう場合どうやって進めればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

口座凍結は、銀行が口座名義人が死亡した事を知った時からです
けして、公に成った時では有りません
例えば銀行員が地区を回って居て、たまたま知った時でも、凍結されます
まずいったん凍結した口座を復帰させるには、相続人すべての人の承諾書と、相続人の証明の為の、戸籍抄本などが必要です
只公共機関などの公共料金に関しても凍結中は、引き落としができませんが、その場合には、公共機関から請求書が来ますのでそちらで払えば問題ありません
又別の人の口座からの引き落としの手続きをすれば問題ありません
又必要書類も銀行に有りますので、そちらに必要な書類を添えて、申し込むことによって、凍結解除はできます
詳しくは取引のある銀行か、銀行協会の方に問い合わせてください

Q被相続人の賃貸収入について相続人の名義分の取り分

被相続人(故人父・母)、相続人私・弟。 私が両親名義の賃貸物件の賃貸収入を管理しています。
弟から頻繁に賃貸収入の相続名義分の督促が最近来ています。 警察に告訴するなどと警告して来ます。  相続協議は双方の隔たりが大きく協議は停滞しています。 上記の賃貸収入の支払いと相続協議と別の物なのでしょうか。 協議が成立するまで払い続けなければいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

父母が残した不動産があり、賃貸収入が発生しているが、遺産分割協議が整ってない場合には、その賃料は法定相続分で受領をしてるものとして税務署に確定申告書の提出をします。

仮に賃料が年間200万円だったとします。兄弟二人だけが法定相続人でしたら、法定相続分は2分の1なので、各人の不動産収入は100万円となります。
ここで実際に不動産収入を得るために兄が不動産収入を得るための費用を負担していたとします。例として固定資産税、修繕費を年間合計20万円兄が負担していたとします。
すると兄は100万円引く20万円の80万円が不動産所得となり、弟は100万円引くゼロ円の100万円が不動産所得となります。
兄、弟ともに当然に確定申告義務が発生します。

ご質問では兄であるあなたが「賃貸収入を管理してる」とのことですから、遺産分割協議が整うまでは「法定相続分」である2分の1の額は弟さんの手元に送金するなり振り込むなりしてわたすべきです。

遺産分割協議が整い、例えば兄が賃料が生まれる不動産を全部相続することになれば「賃料は全額兄のもの」になります。

さて遺産分割前の不動産から発生する賃料を兄が受け取っていて、法定相続分を他の相続人に渡さないとなりますと、本人が得る権利のないお金を受理してることになりますので、不法利得となります。

ご質問例ですと、弟が兄に「不動産収入は兄が管理していてくれ」と依頼してるのでしたら、兄が管理していればよろしいのです。
ただし、その場合でも「弟が受け取るべき不動産収入(法定相続分)」について確定申告で発生する所得税と、それに応じて生じる住民税分を支払う程度の現金は、兄が管理してる現金から弟に交付しないと、弟は納税義務だけ発生してしまい、酷です。

ここで「兄が全部管理してるのだから、兄に納税義務が発生する。弟は関係ない」という主張は税務署長は認めません。法定相続分で不動産収入があるものとして所得税の確定申告をしなくてはならない規定があります。

質問分最後の「協議が成立するまで払い続けなければいけないのでしょうか。」は「遺産分割協議が成立するまで、法定相続分として賃貸収入の半分を弟に払い続けないといけないか」という意味でしょうか。
だとしたら「当然にそうです」が回答です。

おそらく、遺産分割協議が完了するまでは、兄が賃貸収入を得ていて、現金を管理しておき、遺産分割協議が整ったら、それに応じて分配するような心構えなのではないかと失礼ながら推測しますが、税法ではたとえ現実がそうであっても「法定相続分での家賃収入があったとして、各人での確定申告書の提出をすべし」となってますので、遺産分割協議終了まで賃料を「保管しておく」考えは、本例では弟さんに「現金が入ってこないのに、税金は払わないといけない」立場を強いることになります。

弟さんが警察に訴えても、警察は民事不介入ですから相手にはしてくれないでしょうが、警察に言うぞと実の兄に詰め寄るほどのお気持ちにさせてしまってるのは、実はお兄さんなのではないでしょうか。

兄と弟は、法定相続分での相続があったものとして家賃収入を受け取ったものとし確定申告して、そこで出た所得税と住民税の負担額だけは「家賃として受け取ってる全額(兄が管理してるお金?)から支払う」ぐらいはしておかないと、「俺が賃貸収入を管理してる」という者には「あんたはいいかもしれないが、こっちは困る」「自分勝手なことをいうな」と言いたくなると思いますよ。

このあたりは「遺産分割がもめてる」こととは別に、きちんとしておくべきです。

父母が残した不動産があり、賃貸収入が発生しているが、遺産分割協議が整ってない場合には、その賃料は法定相続分で受領をしてるものとして税務署に確定申告書の提出をします。

仮に賃料が年間200万円だったとします。兄弟二人だけが法定相続人でしたら、法定相続分は2分の1なので、各人の不動産収入は100万円となります。
ここで実際に不動産収入を得るために兄が不動産収入を得るための費用を負担していたとします。例として固定資産税、修繕費を年間合計20万円兄が負担していたとします。
すると兄...続きを読む


人気Q&Aランキング