(1)公民館において会員で学習会をしているのですが、公民館側は営利目的の使用は禁止と言っていますが、こういう場合の営利目的とはどういうことを言うのでしょうか?つまり、リーダー(会を立ち上げた人)が、教えてくれていたのが、その道の先生(時間給5000円で教えている人)に教わろうという事になり、一人あたり月に4回で1万円を集める場合、先生にお払いして、残りはリーダーがお茶菓子代として頂くって事らしいのですが、法的にどこか、いけない点はありますか?

(2)今はリーダーが教えているんですが、1人あたり1回1000円はらっています。月に4回なので4000円でリーダーが頂いちゃっています。名目はお茶菓子代です。安ーい
お茶菓子のみで実質リーダーがもうかっています。こういう場合公民館側にわかったら、どうなりますか?

(3)リーダーがお茶菓子代としてお金を取っているのに、”あまったお菓子とかあったら、どんどん持ってきて!”って言うので、皆持ってくるのが習慣なんですが、その日行ってみるまで、人数がわからないので、非常に気を使って嫌なんです。わけれないタイプのお菓子30個持っていったら、32人来ていた場合、皆さんならどうしますか?又、お茶菓子タイムをやめさせたいんですが、名目お茶菓子代としてお金を取っているので、やめたくないリーダーに、何て言ったらやめさせられますか?

(4)営利目的とは具体的にどういう事をいうのか、法律で決められているのでしょうか?

A 回答 (3件)

>今はリーダーが教えているんですが、1人あたり1回1000円


参加者から金を取っているので営利目的です
    • good
    • 42

営利目的とは、利益を上げることを目的として、物品を販売したり、入場料を取って興業などをすることです。



ご質問の勉強会なら、特に営利目的とはなりません。
ただ、リーダーが、その都度、残金を自分のものにする場合、人数が増えて多額になると問題になるでしょう  。

解決策としては、勉強会の規程などを作って、役員を決めて活動さそれたらいかがですか。
会費を集めて、御茶菓子なども全て会費の中から出すようにして、もちろん、リーダーも会費を払い、会計係が管理します。

講師には、規程の謝礼を支払い、リーダーが講師を務めたときには、リーダーにも支払います。

このような方法だと、すっきりすると思います。
    • good
    • 8

1について、このような方法は公民館法に違反はしません。

従って、「営利目的」にはなりません。自主的なサークルが主催し会場申し込みをして、自分達の学習のために先生を呼んできているのですから、会場申し込み責任者である学習会の会は営利活動をしていません。ただし、その先生が主催となって公民館を会場として、月会費***円で不特定多数を対象に教える場合は、営利活動になります。

 2について、あくまでもサークルの会費の性格で集めるのは問題ありません。1人月に4千円で何人いて合計いくら先生に支払っているのでしょうか。額にもよりますが「謝礼」の範囲内であれば問題はありませんが、高額になると難しいかもしれません。継続したいのなら、サークル会費1回千円として会計さんが集めて、月末にでも精算するような形が良いかもしれませんね。

 3について、2と関連しますがお茶菓子代も会費で集めてはいかがでしょう。会費の中でやりくりすれば、多い少ないの問題も解決しますし、持ち込む必要もありません、加えて公民館側に対しても「会費で運営」の理由になります。

 4について、公民館法という法律がありまして、その中に公民館を営利目的に使用することは禁止されています。具体的には決められてはいませんし、判断はそれぞれの公民館館長によります。解釈としては、例えば公民館を「塾」「習い事」の会場代わりに使用すること、公民館を会場として不特定多数の住民を集めた販売行為をすること、公民館を会場として何かを教えたり指導することによって収益を上げ、その収益によって生計を維持している場合、等ですね。個々の事例によって判断されますが、学習塾を公民館を会場で出来るか?というのがわかりやすい事例でしょう。公の施設ですし、目的が地域住民の学習や集会の場ですので、その目的外の使用は難しいことになります。
    • good
    • 11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q営利目的の転売を禁止したチケットの「営利」の意味・根拠は?

コンサートのチケットを購入するとチケットに

営利目的の転売を禁止します

と書かれていることがあります。

しかし、オークションなどでは平然と定価以上の価格で
売買されているのを見るのですが、この「営利目的」とは
どう解釈すれば良いのでしょうか?

1.大量に自分が消費できる以上の物を買って転売することで利益を得ること
2.1枚でも定価以上の価格で転売したら営利となる
3.その他

また、このチケットに書かれた禁止事項は法的には
拘束力があるのでしょうか?

Aベストアンサー

大変難しいですね。

> 営利目的

だぶや行為について、記載されているものだと思います。
要するに、転売を目的に購入販売する事を禁止しているものであって、行くつもりが行けなくなったから誰か買い取らない?と言う行為ではないという事です。
(定価以上の価格をつけたという時点で既に営利目的と取られても仕方ない話だと思いますが・・・。)

言葉のあやと実質行為による判断に依存する事だと思います。

禁止事項に法的拘束力は無くても、だぶや行為には法的規制が掛ってますので極めてグレーに近いですね。

Q営利目的のセミナーにおける映画視聴について

ある営利目的のセミナーで、受講者に対して著作権が存在する映画を視聴してもらおうと思っています。
そのままでは著作権侵害になるのは明らかですので、受講者全員にあらかじめ、当該映画の DVD を正規の方法で購入していただこうと考えています。つまりセミナー開催時には受講者は全員、当該映画の DVD をご自身で購入して持っていることになります。

受講者が必ず DVD を購入する、と仮定して、このやりかたでは著作権侵害になるでしょうか。

Aベストアンサー

侵害になります。
上映する行為自体に著作隣接権としての上映上演権を侵害しますから、きちんと著作会社に上映許可申請をして、許可料を1上映当たりいくら、で支払う必要があります。
これが事前に頒布したテキストを学習(1冊買ってコピーする場合は複写許可の申請が必要で、通常許可料は1ページ当たり1枚2円)するのであれば、頒布の段階で著作権を侵害しなくなりますが。

Q被写体が特定できる祭の写真を無断で営利目的に

山車(だし)のある祭です。山車の上で地元民が笛や太鼓で郷土芸能の演奏をします。
印刷業者がその祭を写真に撮り、「郷土年賀状」と銘打って販売しています。印刷業者に確認したところ、
「誰にも断っていない。」
とのことでした。

たしかに、写真はその印刷業者が撮ったものなので、写真の著作権に関しては問題ないかと思います。
しかし、写っている山車の所有者、付近の民家や商店なども建物の所有者、ならびに山車の上に登っている個人に対し承諾を求める必要は、法律上はないのでしょうか。まったく野放しでよいのでしょうか。

町の広報紙とか、どこかのミニコミ誌に掲載されるとかなら、まあ取り立てて騒ぎ立てることではないのですが、明らかな営利目的に使用することには、疑義があるように思います。

もし、私の考えが間違っていないなら、どのような法律の、どのような条文に抵触するのかお教えください。
もちろん、法的にまったく問題ないなら、そのようのご指導をください。

Aベストアンサー

肖像権のことを指摘されているんだと思いますが、法律には肖像権の保護は明示されていません。
従って、撮影された本人・企業が「公開しないでくれ」と申し出た場合のみ問題になります。
第三者の申し出に対しては何の対応もする必要がないのです。

今回のような事例でも、写っている人が「自分の写真で商売するな」と申し出れば、その印刷業者はその人の承諾を得るために頭を下げるかお金を払う必要がありかもしれません。
いずれにしても、被撮影者と撮影者の民事の問題ですので事実上の野放し状態だと思います。
公道などの誰でも撮影が出来る場所だとそのような対応にならざるを得ません。

Q建築士は自分で設計した家の写真画像を 施主には無断で営利目的に使用してもいいのでしょうか?

どなたか教えてください。

我が家は注文住宅で、ある建築士に設計と工事監理をしてもらいました。
残念なことに、この建築士がまったくの詐欺師で、次から次へとトラブルが発生。
私は精神的にも肉体的にも疲れきってしまいました。

先日、ハウスデザイン会社のプロジェクトを紹介しているHPで
この建築士のプロジェクトを見つけました。
彼の代表作のひとつとして我が家の画像が使用されていました。
このHPは営利目的に作られています。

ここからが質問です。========

建築士は自分で設計した家の写真画像を
施主には無断で営利目的に使用してもいいのでしょうか?

この写真画像の著作権は建築士にあるのでしょうか?
写真撮影は建築士本人がしたと思われます。
ただし施主の私は撮影許可を出してはいません。

過去のいきさつなどもあり、この建築士に対しては不信感しかありません。
この建築士の営業に繋がるような手助けは一切するつもりはありません。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の事案では、「著作権(意匠権)」と「プライバシーの侵害」に分けて考える必要があります。

建築物の意匠権は、例え、依頼により報酬を得て創作したものであっても、依頼者との間で権利譲渡等特段の契約がある場合を除き、創作者に帰属します。

次に、無断で自宅の写真を公開された。
これは、プライバシー(人に知られたくない権利)の侵害にあたる可能性があります。
ただ、親告罪で、具体に被害を立証するのは困難。(精神的苦痛程度では難しい)

つまり、法的には対抗手段が難しい。
これから先は、法律の専門家(弁護士等)でないと、素人では回答しかねます。

Q営利目的でビデオを上映する場合

営利目的でビデオを上映する場合の著作権使用料は、
どこに払えばいいんでしょうか?

お店でビデオ(DVD)を上映して、お客様から
お金を貰おうと思っています。
でも、これって何か法律にひっかかりますよね?
でも、どこにどういう風に話をもっていって、
いくら位払えばいいものなのでしょうか?
この行為はそもそも法律違反で、
お金を払えばいいってもんでもないんでしょうか?

Aベストアンサー

日本映像ソフト協会というところで、相談を受け付けてくれるのではないかと思います。
ただ、映画、ビデオの著作権関係は、下のURLのFAQを読んでいただければわかるとおり、大変多くの権利者がいるため、簡単にはいきません。
営利目的の上映を前提としたビデオがあれば、それを利用するのが一番の早道なのですが…。

ちなみに、上映権は、著作権のひとつです。
「上映権つきビデオ」といっても、上映権を譲渡しているわけではないので、正確には「上映許諾つきビデオ」なんでしょうね。

参考URL:http://www.jva-net.or.jp/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報