家が出来た時、屋根の上から、大工さんがお菓子とかお金など投げる儀式みたいなものって、何ていうんですか??。
それと、どんな由来で、この儀式?が始まったんでしょうか??
みなさんの思い出話など、いろいろお話聞かせてください!!。
そういえば、餅も投げるんですよね!。
でも、一度も経験ないんですよ・・・(>_<)!。とほほ・ほ・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

こんばんは!


大したお答えはできないのですが、懐かしさにお邪魔します。
私の故郷は東北ですが、あの儀式の名称は「建前(たてまえ)」でした(うちの周辺だけかも)。

確か、家の骨組みができあがって、屋根を葺いた後に行ったと記憶しています。施主さんと大工さん(棟梁)が屋根に上がって、清酒を振りまくところから始まったので、子供ながらに「安全祈願なのかな」と認識していました。「ひとまずここまでできた」というお祝いもあったのでしょうけれども。

皆さんと私の体験の大きな違いは、まく「物」です。なんと節約モードなことに「輪切りの大根9:丸餅1」だったんですよ! モチに当たる確率10%!(笑)
ですから、拾う方の争い様ときたら、半端じゃありませんでした。
(大根は単なるモチの代用品だったのかなぁ? だとしたら悲しいなぁ・・・)
当然、非力な子供にはモチなど拾えるはずもありません。なので、最後に一人一個ずつ配ってくれてました
お金やお菓子というのは初耳でした。

今でもやっているのかなぁ? 縁起を担ぐ土地柄なので、やっているような気もしますが、確認はできていません。今住んでいるのは都内ですが、近所で家が建ったこと自体に遭遇していないので、建前(こっちでは「棟上げ式」というのでしょうな)もやっているかはわかりません。あー、見てみたいな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

theodoreさん、こんばんは!!。

>清酒を振りまくところから始まったので、子供ながらに「安全祈願なのかな」と認識していました。
「清酒を振りまく」というのは、今回初耳です!!。
清めるという意味もあったんでしょうね!。

>皆さんと私の体験の大きな違いは、まく「物」です。なんと節約モードなことに「輪切りの大根9:丸餅1」だったんですよ! 
大根も、値段が高いときがありますから!(笑)。真剣にとらなくてはなりません!!(^o^)。
でもでも、もしかして大根は、何か深い意味があるんでしょうか??。
お金やお菓子は、まかないみたいですが、地域によって、ずいぶんと違うものなんですね~!!。

僕も、「棟上げ式」とか「建前」の話なんて、小学校以来、全然耳にしてなかったです。それだけ、時代が変わったんでしょうね。。。

theodoreさん、いろいろお話聞かせて頂きまして、本当にありがとうございました!!m(__)m。。。

{theodoreさん、すみません。。。
お礼のスペース、お借りします。。。m(__)m}

《 今回、回答して頂いたみなさんへ 》
みなさん、いろんなお話を聞かせて頂きまして、大変ありがとうございました。
今回、みなさんの回答で初めて知ったことや、思い出話を聞いてぽかぽか心があたたまったり(^o^)、
また、時代が変わったという、なんともいえない心境になったり、etc...。
とてもとても、感慨深いものになりました(^o^)。本当にうれしかったです!。
それで今回は、みなさん一人一人が“良回答”ということで、このまま締め切らせていただきます。
みなさん、回答して頂きまして、本当にありがとうございました!!m(__)m。。。。。。。

お礼日時:2001/11/03 01:20

こんにちは、


私は愛知県の海に近い地方に住んでいます。
懐かしいです、もう20年ぐらい前に近所のお宅が新築した時に
「餅投げ」やってました。
親戚が家を建てた時もやってましたっけ(しみじみ)。
紅白餅を投げていたのは大工さんじゃなくて、家の所有者でしたよ。
今はあまり見かけないですねぇ。
建売りを買う時代ですから、「家を建てたお披露目」が
必要無いからなんでしょうねぇ。
私の記憶では、投げる餅にも大きさが色々あって、
1個ずつビニールに入っているんです。
そのビニールの中に餅の大きさに合わせて「お金」が入ってました。
小さい餅には5円玉、中くらいの餅は50円や100円玉、
でっかい餅には1000円札や5000円札。
ですから全員、目の色変えて拾ってましたよ(笑)。
そこには「子供への手加減」は皆無で、大人に突き飛ばされていました(^-^;)。
一度、私の頭にデッカイ餅(5000円入り)が激突して、気絶寸前でフラフラしているのに、オッサンが私を思いっきり突き飛ばして餅を拾ってました。
2キロは有りそうな餅が2階の屋根から落ちてくるのだからスゴイ衝撃でしたよ。
死ななくてよかったよかった。世の中の厳しさを知りました(笑)。
拾った餅は家に持って帰って雑煮にして食べました。
おばあちゃんは「新築祝いの餅は焼いたらイカン!」と言ってました。
焼く=火事 と連想して縁起が悪いからだそうです。
私は思うに、「お金入り」なのは、新築工事で近隣のお宅に
騒音や砂埃で「迷惑かけましたが立派な家が建ちました。」のお礼の代わり
なのかなぁと解釈しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

giannikasukaさん、こんにちは!!。

>建売りを買う時代ですから、「家を建てたお披露目」が必要無いからなんでしょうねぇ。
そっかぁ~!。そう言われてみれば、たしかに建売り住宅が主ですもんね。

>そのビニールの中に餅の大きさに合わせて「お金」が入ってました。
小さい餅には5円玉、中くらいの餅は50円や100円玉、 でっかい餅には1000円札や5000円札。 ですから全員、目の色変えて拾ってましたよ(笑)。
あははっ!!笑(^o^)。そりゃ10000円札も入ってたら、もう戦いですよね!!。
おおきなお金でも、100円ぐらいだと思ってました!!f(^^;) ポリポリ
(みなさん、「餅投げ」情報ください!!笑(^^ゞ)

>死ななくてよかったよかった。世の中の厳しさを知りました(笑)。
あはははっ!!笑(^o^)。で、でも、giannikasukaさん、ほんとに死ななくて良かったですね!!。2キロっていったら、鉄アレーと同じ重さですよ~!(@_@)/。
いくら餅とはいえ、この2キロはすごい衝撃だろうな~(^_^;)。
この次は、フル装備して行かなくては参加できないぐらいですね!!(笑)。

>おばあちゃんは「新築祝いの餅は焼いたらイカン!」と言ってました。
焼く=火事 と連想して縁起が悪いからだそうです。
これも、初めて知りました!!。ありがとうございます!!。
もし、棟上げで餅を拾ったら、あやうく焼いて食べるところでした~~(^^ゞ。

>私は思うに、「お金入り」なのは、新築工事で近隣のお宅に
騒音や砂埃で「迷惑かけましたが立派な家が建ちました。」のお礼の代わり
なのかなぁと解釈しています。

儀式が、挨拶とお礼が含まれてるなんて、日本ってほんと良いですね-!!
改めて、日本の良さがしみじみわかりました~~~!!(^.^)。

giannikasukaさん、いろんなお話聞かせて頂きまして、本当にありがとうございました!!。
こころがポカポカ温まりました~~!!(^o^)

お礼日時:2001/10/31 01:03

福岡ですが、あれは「棟上げ(むねあげ)」で、まかれるモチやお金に群がる庶民の立場からは「もちまき」と言われてました。

もちまきをやる家はできたての屋根に竿だったか笹だったか、飾りのついた目立つ棒が立てられますので、ああ、今日はもちまきか、と判るようになってました。

小学生の頃は、半径5キロほどは私の情報網で正確な日時が判りましたので、おふくろのまえかけ(エプロン)とか持っていってモチの大量確保を目指してましたが、大人達の足元を縫って地面に落ちた砂のついたモチを回収するほうが小柄な子供には適した方法でしたね。
拾い残しがないか、と未練がましくいつまでもウロウロしていると、ジュースなんかもらえたりしてましたねー。みんな機嫌が良いから、どこのクソガキだか判らないような子供にも優しかったです。

モチをまくのは大工さんだけではなくて、むしろ家の建て主とかが主役だったように思います。

由来は知りませんが、まあ、無事に屋根もついたし、家も出来たも同然よ、という意味合いのお祝いだったのではないでしょうか。御近所の皆様、いろいろと御迷惑をおかけしましたが、おかげさまを持ちましてもうじき完成です。今後ともよろしくお願いしますねー、という事だと思います。
これから瓦を葺くのに過って屋根から落ちても、棟上げの時にまいておいたモチがクッションになって大ケガをしなくて済むから、というような事では絶対にないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>まかれるモチやお金に群がる庶民の立場からは「もちまき」と言われてました。
ということは・・・、やはり“餅”が主役なんですね~。
そういえば、この儀式が始まった時代は、お菓子なんてなかったでしょうね!(^^ゞ。

>小学生の頃は、半径5キロほどは私の情報網で正確な日時が判りましたので、おふくろのまえかけ(エプロン)とか持っていって・・・。
話聞いてるだけでも、ワクワクしてきます~!!(^^ゞ。
餅拾えなかった代わりに、ジュースをもらえたなんて、すごく良い思い出ですね~!!(^o^)。そういう思い出って、大人になっても覚えてるし、自分だけの宝物みたいなもんですよね!!。あ~・・・、うらやましいです~。。。(^.^)

>モチをまくのは大工さんだけではなくて、むしろ家の建て主とかが主役だったように思います。
鉢巻きをした大工さんが、屋根の上から餅を投げている・・・。そんなイメージがあったんですが、建て主が主役だったんですね~!。今回初めてわかりました~(^^ゞ。ありがとうございます!!

>『御近所の皆様、いろいろと御迷惑をおかけしましたが、おかげさまを持ちましてもうじき完成です。今後ともよろしくお願いしますねー』、という事だと思います。
な・る・ほ・ど・です!!。たしかに、そういう意味に見えますね!!(^o^)

>これから瓦を葺くのに過って屋根から落ちても、棟上げの時にまいておいたモチがクッションになって大ケガをしなくて済むから、というような事では絶対にないと思います。
ぎゃははははっ!!!~爆笑!!~(^O^)ノ。

vitamin-powerさん、いろいろお話を聞かせて頂きまして、本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/10/30 21:04

 こんばんは、gingakeiさん。

お久しぶりですね。
 福岡の方でも《棟上げ》と呼んでいましたね。
子供の頃よくあちこちの新築の棟上げ式に出掛けては紙包みに入ったお金(何故か5円玉がほとんどでした)、紅白の餅、菓子類などを受け取っていました。待ち構える人数が多くなればなるほど分け前に預かろうとする競争率も高くなるわけで、必死になって奪い合っていた記憶もあります。
 
 特に紙包みに入ったお金は、その額5円というのにも関わらず、大変な人気でした。30個集めても150円にしかならないというのにねぇ…。当時は結構大人たちも本気で、我先にと取り合ってましたね~。でも形相は《必死》からは程遠く、むしろ《笑顔》でした。我先にと物を奪い合う《さもしさ》を隠す照れ笑いの意味もあったのかもしれません(笑)。
 
 家族総出で出掛けてました。当時は家族の5人に加えて常時6~7人の同居人が我が家におりましたので、《〇〇地域最強軍団》と恐れられていました(ホンマかいな)。

 ご近所さんの棟上げ式ばかりに出陣していた私でしたが、昭和47年夏、とうとう我が家も新築。棟上げ式を敢行しました。棟上げ式当日、その30分前になってもなかなかご近所さんが集まってこず、「あれ~、何かさみしい棟上げ式になりそうだなー。そんなに〇〇家って嫌われてたんかなー」と思っていたら、何のことはない、始まる寸前に大勢のご近所さんが…。ついでに通行人まで何人も…(笑) 
 
 いやー餅や菓子や(紙で包んだ)お金を初めて皆さんに投げ落とす気分は最高でした。「あ、こっちこっち、こっちに投げて~」と眼で訴えている庶民(私も庶民(^_^;))に花咲か爺さんのような気分で投げてやる爽快さ…。アッと気づいたらもう自分の撒く分が残っておらず、慌てて兄弟の分を横取りしてそれを撒いたり…。
でもアッと言うまでしたね、そんな楽しいひと時は…。

 やがて年月が過ぎ、今や私の住む町でも棟上げ式の際に行っていた餅撒き行事も全く廃れてしまいました。決して新築する家がないことはないのですが、もうそうした風景は見られなくなってしまいました。昔と比べればやはり地域の人々の結びつきが弱くなっているのもそうした風習が廃れた一因だと思います。そんなふうに考えると、何だかさびしい気持ちになりますね~。時代が移り、人の心も移る。時代は人と共に、人は時代と共に…。

>でも、一度も経験ないんですよ・・・(>_<)!。とほほ・ほ・・・。

無理もないですよ、gingakeiさん。私もここ20年以上はそうした行事を見聞したことがありませんし、住む所、時代によって、行事の変遷も致し方ないところですからね。今近所のどこかでそれが行われるとしたら、昔のように大きな袋を持って駆けつけるのですが…(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

masatoshi-mさん!、お久しぶりです~!!(^o^)//

>30個集めても150円にしかならないというのにねぇ…。
あはははっ!!笑(^o^)/。ほんとそうですよね~!(^o^)。。。

>でも形相は《必死》からは程遠く、むしろ《笑顔》でした。
なんとなくわかります~。みんな、楽しんで参加してるイメージがあります~!!。

>当時は家族の5人に加えて・・・。
そんな時代もあったんですね~(^.^)。。。

>何のことはない、始まる寸前に大勢のご近所さんが…。ついでに通行人まで何人も…(笑) 
あはははっ!!笑(^o^)。みんなちゃんと分ってるもんなんですね!爆笑!

>いやー餅や菓子や(紙で包んだ)お金を初めて皆さんに投げ落とす気分は・・・。
花咲か爺さんの気分!!。ぼくだったら、もう天下とったような気分になっちゃいそうです~!!笑(^o^)。

>でもアッと言うまでしたね、そんな楽しいひと時は…。
おっしゃる通りですね・・・(._.)。やったとしても、10分ぐらいですか??。
家を建てること事体そんなにないし、『棟上げ式』そのものが、一瞬ですもんね。。。

>やがて年月が過ぎ、今や私の住む町でも棟上げ式の際に行っていた餅撒き行事も全く廃れてしまいました。・・・。

ほんと、寂しいです・・・・・。    
でも、こうやっていろんな思い出話を聞くと、すごく、心が和むんですよね~~~(^.^)。。。あ・り・が・と・う・ございます!!。

>時代が移り、人の心も移る。時代は人と共に、人は時代と共に…。
でも、こうやってお話聞けるなんて、幸せですよ!、ほんとに!!。

masatoshi-mさん、いろいろお話聞かせて頂きまして、本当にありがとうございました!!。おかげで、すごく心が和みました!!。(^.^)

お礼日時:2001/10/29 23:24

うわ~みんななんだか専門的! 


私は子供の頃参加してたのでこどもたちは『もちなげ』(そのまんま)と呼んでました。 
地域によっていろいろでしょうが、私の田舎では 
まず、四方もちと言う紅白のでかいのを東西南北に投げてから始まりました。あとは餅や小銭、お菓子などでしたね。ふだんはおっとりるしてるおば~ちゃん達が別人のように拾い回ってるのを覚えてます。 
大人も子供もあったもんじゃない。 
ああいうのを、『平等』というんだと子供心に思いましたね。由来までは分かりません、ごめんなさい。 
いまは、都会の方なので、すっかりごぶさたです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>私は子供の頃参加してたのでこどもたちは『もちなげ』(そのまんま)と呼んでました。 
8-4さんは、経験あるんですかあ!!。いいな~!!(^o^)。
『もちなげ』といわれていたということは、やはり投げるものは、餅が主役なんでしょうね!。

>四方もちと言う紅白のでかいのを東西南北に投げてから始まりました。
始めに、東西南北に餅を投げることは、共通してますね。
ということは、これが、「上棟式」の正式なやり方なんでしょうね!!。

>ああいうのを、『平等』というんだと子供心に思いましたね。
あはははっ!!笑(^o^)。人生経験をして、わかっていくもんなんですね~笑(^_^;)。。。

8-4さん、いろいろ楽しいお話を聞かせて頂きまして、本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/10/28 22:01

餅まきの事でしょう


棟上式とか節分の日などに行われます
由来は
家を新築した年には何らかの厄がその家にもたらされるという言い伝えがあ
り、その厄を365個のお餅に包んで、近隣の人やたくさんの人に分けて持ち帰ってもらうことが目的だと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわぁ~~~~~(@_@)/、なんとも深い意味があったんですね~!!(^.^)。
こういう話聞くと、なんとも言えない、不思議に気持ちが落ち着きます(^.^)。。。

hooさん、大変貴重な由来を教えていただきまして、本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/10/28 22:15

私の田舎では、今でも「棟上げ式(上棟式)」といって家の骨格が出来上がったときに一番高い棟の上から餅を撒きます(女は上がれません)。

餅も紅白で小さめに丸めています。特に家の東西南北には、大きめの餅に5円硬貨を入れて撒きます。「ご縁がありますように」という意味です。何時何処で誰が始めたか起源は判りません。
都市ではこのような風習はすたれていますが、一昔前までは全国各地で同じような風習があったと思われます。
自分も小さい時、棟に上がって餅を撒いた懐かしい記憶が鮮やかに残っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今さらですが(^^ゞ。。。
家が出来た時ではなく、骨格が出来上がったときに「上棟式」をやるんですね!f(^^;) ポリポリ。

そして女性は上がれないとのこと。
「建前は妻を供養する儀式」という、この由来からでしょうか。
ほんと意味が深いんですね~。。。

>餅も紅白で小さめに丸めています。特に家の東西南北には、大きめの餅に5円硬貨を入れて撒きます。「ご縁がありますように」という意味です。
これも、初めて知りました!!。教えてもらって、ありがとうございます!!。

fandmさんは、これの経験があるんですね!。めっちゃうらやましいです~!!(^o^)。
fandmさん、いろいろ教えて頂きまして、本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/10/28 21:43

gingakeiさん、こんばんは。



建前(たてまえ)とか上棟式(じょうとうしき)とか言いませんか?
地方によっては多少の違いはあると思いますが、骨組みが出来たとき
屋根の天辺に旗が立ったら、その日が上棟式ですから、行ってみては?
昔は、お金持ちの家では、お餅を俵で投げたり、おひねりを撒いたりしました。
今では、ビニール袋に入ったお餅や、駄菓子でしょうか。

詳しくは、下記URLをご覧下さい。
http://homepage1.nifty.com/arthomes/2-2-3Muneage …

参考URL:http://homepage1.nifty.com/arthomes/2-2-3Muneage …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kotokoさん、こんばんは!!。
あっ!、そっかそっか!f(^^;) ポリポリ、そういえば「建前(たてまえ)」って聞いてました!。
すっかり忘れてました~!!(^^ゞ。

>屋根の天辺に旗が立ったら、その日が上棟式です・・・。
これは、初めて知りました!!。ありがとうございます!!(^o^)

早速、教えてもらったHPに行ってきましたヨ!!(^o^)
すっごい詳しく載ってました!!
「建前は妻を供養する儀式」みたいですね。。。
こういう話があったなんて、教えてもらわなかったら、一生わからなかったと思います!!。
ありがとうございます!!。

kotokoさん、いろいろお話聞かせてもらい、それにHPも教えて頂きまして、
本当にありがとうございました!!m(__)m。。。

お礼日時:2001/10/28 17:36

「上棟式(じょうとうしき)」通称「棟上げ(むねあげ)」ですね。


大工さんではなく、施主がお菓子をまくと思います。

私が家を建てたときはやりませんでした。(お金がかかるので。建築費で精一杯)
最近では大工さんをねぎらう会だけで済ませ、お菓子をまく人は少なくなったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>大工さんではなく、施主がお菓子をまくと思います。
今まで、大工さんがお菓子とかお餅を投げるんだとばかり思ってました!!
f(^^;) ポリポリ

>最近では大工さんをねぎらう会だけで済ませ、お菓子をまく人は少なくなったそうです。
時代が刻々と変わってるんで、しょうがないですけど・・・、なんか寂しいもんがありますね。。。

shigureさん、いろいろお話を聞かせて頂きまして、本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/10/28 17:17

「棟上げ」もしくは「上棟式」と言います。

>儀式

由来は詳しくは知りませんが、「近所の方々に振る舞ってお祝いしてもらう」って事みたいです。

あと、大工さんに聞いた話では、
「昔は棟上げの日は隣近所の人が総出で材木を運んだり、大工さんの手伝いをしたりと、人手を貸してくれていたのでお礼の意味もある」と言ってました。

想い出ですか。。。
小学校の時に棟上げの餅撒きに参加して、下で待っていた同級生に向かって全力で
餅を投げて、みんなが逃げまどった想い出が。。。(;^_^A アセアセ

最近では、漁村での棟上げを昔ながらの近所総出でやりました。
ちょっと地理的に重機が入らない現場だったので、全て人力で行ましが
大工6人、手伝い8人で協力して半日で完了して昼からは宴会でしたね。
あぁ、昼間っから飲む冷えたビールが美味かった。。(笑)
なんか「味」のある仕事で楽しかったです。

地方によっては、小袋を投げて、景品と引き替える所もあると聞きました。
大当たりは「テレビ」だったりしたそうな。。。(どんな金持ちだったんでしょ?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「棟上げ」もしくは「上棟式」と言います。>儀式
「上棟式」!、これも初めて知りました!!(^^ゞ。
じゃあ今まで何て言ってたんだろう~??。自分でも忘れてしまいました!!(笑)

>「近所の方々に振る舞ってお祝いしてもらう」って事みたいです。
>あと、大工さんに聞いた話では、「昔は棟上げの日は隣近所の人が総出で材木を運んだり、大工さんの手伝いをしたりと、人手を貸してくれていたのでお礼の意味もある」と言ってました。

昔は機械がなかったから、手伝ってくれた人へのお礼の意味でもあったんですね~!。
な・る・ほ・ど・です。。。こういう意味もあったんですね~。これも初めて知りました~f(^^;) ポリポリ

>想い出ですか。。。
あはははっ!!(^o^)、大爆笑!!。なんかすごく楽しそう~~!!・・・もううらやましいです~(^.^)

>最近では、漁村での棟上げを昔ながらの近所総出でやりました。
重機が入らなかったから・みたいですが、この時代でも、近所の人達みんなで協力することってあるんですね~。

>なんか「味」のある仕事で楽しかったです。
僕は経験ないですが、想像するだけでも、とても楽しそうです!!。
BENIGENさんのその楽しかった気持ち、とてもわかる気がします~!!(^o^)

>大当たりは「テレビ」だったりしたそうな。。。(どんな金持ちだったんでしょ?)
テ・レ・ビ!!(@_@)/!!ですかあ!!。ほんとお金持ちだったんですね~笑(^.^)

BENIGENさん、いろいろ教えて頂きまして、本当にありがとうございました!!。
とても楽しかったです!!(^o^)

お礼日時:2001/10/28 10:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q餅投げについて。

レポートで「餅投げ」について調べようと思っています。
どなたか、餅投げについて書かれた図書などご存知ないでしょうか?
または、知識「ここの地方ではこんなことします」でも結構です。

お願いします!

Aベストアンサー

こんばんは
民俗学なら柳田國男だろうと思って調べてみたら、意外にも、餅をまくのは昔からではないだろう、いう趣旨の文章がありました。もともとは、祭りの供物を居合わせた人に食べてもらっていたのが、参加者が増して、こうでもしないといきわたらなくなったと思うというのです。
2ページの短い文章ですから、図書館で読んでみてください。『定本 柳田國男集 第21巻』の「村のすがた」の中の「餅撒き」というところに出ています。餅の変化についても出ています。
その他の「建て前」「棟上げ式」は、別巻に索引があるので、それを見るとどの巻に出ているかわかります。そのほかにも「餅」でひいてみるとおもしろいかも。
「建て前」は季節行事でないせいか、あまり本に出ていないように思います。逆に言えば、あまり研究されていないので、フィールドワークで聞いてみる価値のあるおもしろいテーマだとも思います。

Q上棟後の餅投げは全国的?

 私は東海地方遠州灘に近い某市に住んでいます。近所で上棟後、餅を投げました。
施主とその家族(女性はダメ)と棟梁が屋根に上がり撒きました。

 弟は長野県北部に住んでいるのですが、餅投げはやらないそうです。餅投げは全国的
な風習だと思っていたのですが、そうではなさそうです。

 私の地方では
1.撒く人は上述のように施主・親族・棟梁でしたが、女性はダメ
2.投げる餅は紅白の物と、四方餅又は角餅(すみ餅)とも言い、紅白の餅の20倍程の
  重さです。袋菓子やお捻り(五円、十円、まれに五十円玉)も投げる場合が多いです。

 色々な地方の風習等教えて下さい。

Aベストアンサー

 こちら千葉県は上総地方です。
地元民でかつ親がしきたりにうるさい、という家では結構行なってますよ。
在来工法ではない、鉄骨・2×4・木質パネルであっても「2階のベランダあたり」から撒く家もあります。「棟上げ」ではないのにね・・・。
呼び方は「たてまえ」がなまって「たてめぇ」が主流かな。

 撒くモノは他の方と同じような「餅(こちらでは丸餅)」「お菓子」「小銭」ですが、最後に「鏡餅」を投げます。この奪い合いはなかなか見ものです。
 しかし、告知もしないのに雰囲気を察するのか、開始1時間以上前からベストポジションをGETして待ってる人がいるのには毎回驚かされます。
撒くものを注文した時点でばれるのかなぁ。「日がいいからきっとこの日にやるよ」なんて噂がひろがっていくのか・・・?

Qビジネス街の1000円均一でとほほ……… (;´▽`A``

こんにちは。
ビジネスマンの強い味方!?1000円均一についてです。

時計やネクタイ、ワイシャツ、財布、etc.何でも“(自称)高級”らしいものが
ズラリと店内に並んでいます。

今日、私が買いましたのは財布。
本皮(らしきもの)製の財布ではないのですが、カジュアルな財布です。
以前、同じような1000円の本皮(らしき)財布で失敗したのに………。
1000円財布を買って、入れ替えてたら………Σ( ̄□ ̄ || 〒 ||
前回同様、カード入れにカードが入らないではありませんかッ!!
(ΦωΦ)ふふふ・・・・
これぞ均一マジック???
(ダ○ソーの100円財布の方が役に立つぞ!)

何かアナタの“とほほ”エピソードありますか?
原田宗典氏並の“腰砕け”もお待ちしております!

Aベストアンサー

こんにちは。
1000円均一ではないのですが、同じ1000円のエピソードを一席。
長年使ってきたシェーバーの調子が悪く、今日あたり買おうかなと家を出ました。
事務所で仕事をしてたら、いきなり可愛い女の子が飛び込みでやってきて、
「シェーバー買ってください!1000円です!」と、
その言い方が余りに可愛いく、すがすがしかったので、私は思わず「買った!」と、商品も見ず買いました。

帰って箱を開け、充電しようとコードを繋いでみたのですが、コードが合わない。
たまたま他のシェーバーのコードが合ったので、やってみると全然充電アウト。
よく見ますと、何やら怪しげな文字で200V!
“とほほ”を通りこして、敵ながらあっぱれ!でした。
つい、おやじの邪心が・・・それにしても、よりによってシェーバーだとはね、(驚)
女の子にわざわざ帰りがけに「がんばってねー」だなんて、あぁお恥ずかしい。

Q右投げから左投げ

投稿のカテゴリがあまりわかりませんでした。すいません
えっと、私と友人は野球をやっているのですが友人が右投げから左投げに変えたいと言っています。
左投げに変えることは可能でしょうか?
それと左投げにするにはどのようにしたらいいですか?
それの話を真剣されたので、少し困っています。
私は友人の話をできるならば、かなえてやりたいのですが
右投げを左投げにするなんて私は全く縁のない話なのでわかる方がいたらどのようにしたらいいか?
それとも諦めるしかないのか?
教えてください

Aベストアンサー

右肩を壊したのでしょうか。
右投げから左投げに変えられます。
厳密に言うと、左がほとんど右に追いつき、両手利きになるということです。
友達は、日常生活で利き手と同じことをやっただけで、
2週間で魚以外は左手で食べれるようになり、左投げまで2年くらいかかりました。
右手でも左手でも字が書けますし、お箸も左右使えるし、歯磨きも左右できます。
レギュラーは取れなくても執念で1年くらいで出来ると思います。
残念ながら、短期間で効率のいいトレーニングは知りません。

安達光の「両手利きのパワー 潜在能力を解放する」という本が昔ありましたが、
もう本屋にはないと思うので図書館や古本屋とかで見てみたらどうでしょう。

Qよく「モノを投げちゃいけません」とか聞きますが、モノって投げていけないものだと思いますか? この「モ

よく「モノを投げちゃいけません」とか聞きますが、モノって投げていけないものだと思いますか?
この「モノを投げちゃいけない」というお叱りは、
モノを投げると誰かに当たってしまって怪我をするから危ないから、なのか、
モノを粗末に扱ってはいけないということなのか
どっちの意味なのでしょうか?

それと、もし後者の意味だとしたら、モノを大事にする際、人が考えることとして
〈モノをもっと長い間活用していきたいから〉
〈モノにもそれを作った人がいてその人たちの為に大事にする〉
〈モノというのにも命?のようなものがあり大事にしていかないといけない〉
などが思い浮かびますが

あなたはこの三つだったらどれを思いますか?もしくは他のことを思いますか?

その他にもモノに対する個人的な心のスタンスがあれば教えていただきたいです。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

面白い事考えますね〜!

確かにそれら全部あると思います。
物に命のような物はないと思っていますが、
作られてこの世に生まれてきたのだから、大切にして、使ってあげたい、という気持ちにはなります。
だから、あまり簡単に文具でも買い替えません。
出来る限り使い回します。

あと、もうひとつ投げてはいけない理由に、人の気持ちがあります。

物を投げる、というのは攻撃的な行為ですから、それを見た人は、何も壊れていなくてもショックを受け、心に多少なりとも傷を負います。

子どもなら、それを見ただけで泣く子がいる事でしょう。

そういう理由が、もしかしたら一番なのかもしれませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報