松尾芭蕉の俳句ですが
この句には、さまざまな解釈があると
聞きました。

そのさまざまな解釈を
ご存じの方、是非教えてください。
お願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ANo.#1のshinkishuです。



 調べてみました。やはり、「立ち去る」のを芭蕉とする説と田植えをしていた地元の早乙女とする説があり、また、「植ゑて」の主体も芭蕉であるとする説が登場し、更には、「植ゑて」「立ち去る」のは「柳」だとする説まであるようです。

 しかしながら、sesshuuさんも引いていらっしゃる西行の歌に基づいていることを根拠に、「地元の人が田一枚植え終わるまで柳の陰で休んだのち、自分たちはそこを立ち去って再び旅を続けた。」という解釈が主流のようです。

> 他にも、芭蕉の「奥の細道」のなかで
> いろいろと、解釈の分かれた句がありましたら
> 教えてくださいm(__)m

 これについては、また新たに質問してください。
    • good
    • 0

ヒントをさし上げましょう。



西行法師の歌

○道の辺に清水流るる柳かげしばしとてこそ立ちどまりつれ

参考URL:http://www.tvz.com/BASHO/1-12.html
    • good
    • 0

 『奥の細道』の中の句ですよね。



 僕は、この辺りが専門ではなく、手元に研究資料もないので、明確なことは言えないのですが、おそらく、田植えをしていたのは誰か、地元の人なのか、芭蕉たちも加わったのか。立去ったのは誰か、田植えをしていた地元の人なのか、芭蕉たちなのか。その辺で解釈が分かれているのだろうと思います。

 このくらいでは駄目でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます(^^)

他にも、芭蕉の「奥の細道」のなかで
いろいろと、解釈の分かれた句がありましたら
教えてくださいm(__)m

お礼日時:2001/10/30 13:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柳美里さんの作品、オススメありますか?

こんにちは。
最近読書の秋ということものあり柳美里さんの本を読み始めています。
水辺のゆりかごを読み終わり、柳さんの世界に魅了されてしまいました。
これからもどんどん読んでいきたいのですが
オススメの作品はありますでしょうか?
また柳さんファンがオススメする
柳さん以外の作家さんの本がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も水辺のゆりかご読みました。
ずばり、柳さんの作品でおすすめは「8月の果て」です。
柳さんのおじいさんが生まれてから孤独な死を迎えるまでの波乱万丈な人生をたどる半自伝的な物語です。
読み終わった後、おじいさんの写真が見たくて見たくて・・
「水辺のゆりかご」で実物を見たときは、喜びもひとしおでした。
実は、それまで柳さんは、読まず嫌いというか、たいした事ないだろうと思っていました。その先入観は全く間違っていました。
私の読書人生のなかでも、深い感銘を与えられた作品です。
ぜひ読んでいただきたいです。

Q松尾芭蕉の英訳された俳句の日本語バージョンを探しています

the autumn even birds and cloud are old

これの日本語はなんという俳句でしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

既回答にあるよう、「此秋は何(なん)で年よる雲に鳥」が正しいようですが、翻訳者によって英文が違います。
1.ドナルド・キーン氏(Donald Keene)の翻訳は次のようになります。
This autumn
Why do I feed so old?
A bird in the clouds.
http://homepage2.nifty.com/20seiki/diary2/201107.html

2.マーク・ゾッキ氏(Mark zocchi)や、ルシアン・ストライカ氏(Lucien Stryk)の翻訳は下記のようになってます。
Autumn – even birds and clouds look old
http://homepage.ntlworld.com/dmitrismirnov/BASHO_Haiku_K3.html

Q柳宋理の バタフライスツールその他を買えるお店は?

最近 インテリアブームのなか、柳宋理のバタフライスツールに一目ぼれです。
買える場所、及びサイト、その他柳さんに関する情報教えてほしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、kasayaと申します。最近、柳宗理さんは再び注目されていますよね。
ralth9さんの質問にお答え致します。

■柳宗理の公式ホームページ(下記の参考URLにアクセスしてください)

■柳宗理(やなぎそうり)
 本名は「むねまさ」1915年生まれ。東京美術大学(現在の東京藝術大学)を経て、
坂倉準三建築研究所に入所。50年に柳インダストリアルデザイン研究所を開設。
57年に発表したバタフライ・スツールはミラノ・トリエンナーレの金賞を受賞する。
日本を代表する工業デザイナーとして、半世紀以上も第一線で活躍し続けている。

■柳宗理直営ショップ「柳ショップ」
 東京都新宿区本塩町8エーデルホーフビル1F 10:00~18:00
 (土・日・祝休み、来店は水・木・金の13~17:30まで)

■バタフライスツールを買えるショップ
・ビームス・ジャパン(東京都新宿区新宿3‐32‐6)
・Mid‐Century MODERN(東京都港区青山5‐12‐6)
・NIPPON FORM(東京都新宿区西新宿3‐7‐1東京パークタワーリビングセンター)
・伊勢丹新宿店BPQC  ※もし、ralfh9さんが関西在住の場合は教えて下さい。

■柳宗理についての大特集を「Casa Brutus」で特別号で組んでおり、それには
柳宗理の全てのプロダクトや歴史など、詳し過ぎるほどの情報が載っています。
バックナンバーで販売もされていると思いますので、是非おすすめします。

参考URL:http://www.japon.net/yanagi/

はじめまして、kasayaと申します。最近、柳宗理さんは再び注目されていますよね。
ralth9さんの質問にお答え致します。

■柳宗理の公式ホームページ(下記の参考URLにアクセスしてください)

■柳宗理(やなぎそうり)
 本名は「むねまさ」1915年生まれ。東京美術大学(現在の東京藝術大学)を経て、
坂倉準三建築研究所に入所。50年に柳インダストリアルデザイン研究所を開設。
57年に発表したバタフライ・スツールはミラノ・トリエンナーレの金賞を受賞する。
日本を代表する工業デザイナーとして...続きを読む

Q松尾芭蕉の俳句について

松尾芭蕉の俳句の中で、穀蔵虫についてうたった俳句があるそうですが、どの資料をみても、どれがそうなのかわかりません、知っている人がいれば、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

「夜ル竊ニ虫は月下の栗を穿ツ」

は関係ないですかね。コクゾウムシかどうかは
分からないのですが。

Q男柳の意味

曲名は忘れましたが、「男柳に男がほれる~」

と言う歌がありました。その男柳の意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

他にも
昭和十三年松竹映画「愛染かつら」の主題歌「旅の夜風」の中にありますね

加茂の河原に 秋長けて
肌に夜風が 沁みわたる
男柳が なに泣くものか

察するに、見掛けが華奢でも、困難に屈しない
こころを持った男を意味するものと思います

Q松尾芭蕉の俳句

芭蕉の俳句に「松島や ああ松島や 松島や」という句があったと思うのですが、この俳句の出典がわかる方はいらっしゃいませんでしょうか。
いらっしゃれば、ぜひ、教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

松尾芭蕉が『奥の細道』で松島を訪れた際に、あまりに絶景なので句が浮かばず、「松島やああ松島や松島や」と詠んだという逸話があるが、この川柳は後世の狂歌師田原坊の作で、芭蕉の作ではないとされる。ただし、実際にあまりに絶景で、その場で句が思い浮かばなかったのは事実らしく、『奥の細道』には、同行した弟子の曾良の句が掲載されている。また別の説では、句は詠んだが景色に釣り合うよいものができなかったともいう。

とのことです。 それでは

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B3%B6

Q柳の下のどじょうのいわれについて

柳の下のどじょうっていいますが
どうして柳の下なのでしょうか?
いわれを知っている方いらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

どじょうは池や田んぼなどの柔らかい土壌があるところを好みます。他の魚のように流れの速いところや小石の多い小川では滅多に見つかりません。川辺に生える柳の細い根の先端は、魚の好む隠れ家です。ある人がたまたまそこにいたどじょうをを掴まえ、その後何回も同じところで掴まえようとしたが成功しなかった。そのような愚かな行動を笑い、戒めた諺でしょう。世の中はそんなに甘くない、一度うまくいったからと言って同じ手は何度もは通じないという事です。

木の種類は何でもいいわけですが、川辺にもっとも多い柳が代表となったに過ぎないでしょう。昔の人はどじょうの習性をよく知っているので、このようなバカなことはしなかった筈です。どじょうの習性がわからない人々が増えた頃に生まれた表現だと思われます。

Q芭蕉の俳句

芭蕉の俳句で「故人の道程を知るのではなく、故人の思想を知ることが大切だ」というような意味の俳句があるとお聞きしたのですが、どんな俳句か教えて下さい。

Aベストアンサー

これは俳句ではなく、芭蕉の言葉です。原文は「古人の跡を求めず、古人の求めたる所を求めよ」。出典は「許六離別の辞」。とりあえず手許にある「日本の古典 名言必携」(別冊国文学)で調べましたが、「許六離別の辞」全文は岩波日本古典文学大系の「芭蕉文集」に入っているのではないかと思います。

Q男柳 2

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2459745の続きです。

主題歌は「旅の夜風」でした。男柳は男気や「困難に屈しない男」という意味があるみたいです。語呂合わせのためと、柳は折れにくいから柳を使ったと考えてもよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

柳には、公孫樹(いちょう)と同じように、雄株と雌株
があります。雄株と雌株で折れ難さに、差があるか否は
残念ながらわかりません。
余談ながら、群馬県の板倉町(13haの休耕田に8,000万本のコスモスが咲き乱れることで有名な田舎町)の、谷田川下流域地方には「おとこやなぎ」「おんなやなぎ」と言う言葉が残っているそうです。詳しくは、板倉町の水文化というHPをご覧になってください。

参考URL:http://www.town.itakura.gunma.jp/kurashi/mizu/yanagi/yanagi.htm

Q松尾芭蕉の旅への思いとは?

松尾芭蕉の旅へのおもいをおしえてください^^


明日のてすとに出ます涙

Aベストアンサー

No1です。
テストに出るのなら、冒頭の文章から出るのでしょう。

 冒頭の文章を現代語訳すると

年月は通り過ぎ二度と帰らない旅人である。
例えば船頭や馬子も日々の暮らしの中で旅をしているようなものである。

 これは人生を旅としていますね。
しかし、この後に続く文章では旅について具体的な計画を立てています。

 たとえば、遠い遠い松島が見たいので、老齢な自分はもう帰って来られないかもしれないため住んでいる家も処分するとか。

 そう思えばやはり「人生は旅である」ってことでいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報