私は、5年程前より遊休地を定期借地権付住宅としてハウスメーカーの管理の上で賃貸しています。
先頃、そのうちの1名の方が自己破産認定されました。
私としては、引き続き信用のおける方に賃貸したいと考えていますが、建物に抵当権を設定した住宅金融公庫が建物を競売にかけると言い出しました。
私と破産された方との間に締結した契約書では、賃料の滞納が3ヶ月に及んだ場合、当方より一方的に契約の解除が出来るとの条項がありますし、また賃借人については当方の認めるものとするという条項が入っています。
確かに、借地権は土地に対する権利であり、建物までに及ぶものではないのですが、定期借地権契約の元に発生した建物であり、当方の契約条項が優先されるものと思いますが、こういった場合でも、住宅金融公庫は競売の申し立てができるのでしょうか?
もし、競売落札者が当方の意にそぐわない者であったばあい、競売申し立ての棄却が可能でしょうか?
出来ましたら、経験者または専門家のご回答をお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

jelliclecatsさんの云う、(最判昭40・5・4)(借地借家法14条)(借地借家法20条)は全て借地権が存在していることを前提としてお書きになっています。

借地権が存在するなら正にそのとおりです。
しかし、88410さんは賃貸借契約を解除することもできます。解除理由は賃料未払い(債務不履行)によることでも、破産を理由とすることもできます。元来、賃貸借契約は債権関係ですから解除理由があれば一方的な意思表示で有効です。仮に、88410さんが土地賃貸借契約を解除したからと云って住宅金融公庫の建物の競売申立権を阻止できるものではありません。その場合は借地権価格の存在しない最低売却価格で競売になりますから買受人は材木価格で買い受けることになります。当然と88410さんから建物収去土地明渡請求訴訟によって建物収去の運命になります。88410さんは、その競売を待たずして現在の建物所有者を相手として賃貸借の解除したうえで建物収去土地明渡訴訟することもできます。その場合住宅金融公庫の抵当権は無視してかまいません。勝訴判決が確定し現実に強制執行する場合でも抵当権設定のまま執行することができます。
なお、住宅金融公庫が建物の競売申立と同時に土地の賃貸借契約の解除を防ぐため「地代代払い許可申立」(民事執行法56条)をすることもでき、裁判所でこれが認められると解除が難しくなり(他の解除理由も残されていますが)ますので1日も早く手続きを進めて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

より詳しいご回答をいただき、ありがとうございました。
できる限りの、対応をいたしたいと思います。

お礼日時:2001/11/01 11:42

ご質問のように、借地上の建物に抵当権が設定してある場合、抵当権の効力は敷地利用権である借地権にも及びます(最判昭40・5・4)。

ですから、住宅金融公庫が建物に対する抵当権を実行すると、地主の意向や前借地人との契約とは関係なく借地権も合わせて競売にかけられることになります。

この場合、地主の意向とは全く関係なく借地権も含めて競売されてしまいますので、競落人は借地権の無断譲渡人という地位になります。借地権の無断譲渡は賃貸借契約の解除原因ですから、このままでは競落人は建物に住むことは出来ません。そこで、競落人は、地主から借地権譲渡の承諾をもらうことになります。

ここで、地主であるあなたは、借地権譲渡の承諾をしなければ、競落人が勝手に当該借地に住むようなことはなくなります。この意味で、気に入らない競落人であれば賃貸借を拒否することが出来るといえるでしょう。しかし、承諾を拒否した場合、地主は、建物を時価で買取る義務が生じてきます。中古住宅といってもかなりの額でしょうから、それなりの負担を覚悟しなければなりません(借地借家法14条)。すなわち、地主は、競売後に現れた第三者に対して(1)賃借権譲渡を承諾するか(2)建物を時価で買取るかのどちらかを選ばなければならないことになります。

また、たとえ地主の承諾が得られない場合であっても、競落人は、裁判所に対して地主の承諾に変わる許可を求める申立てをすることもできるんです(借地借家法20条)。仮に裁判所が許可を下したならば、地主の意向とは関係なく、当該借地権を取得することになります。

このように、建物が競売された場合、地主の意向よりも競落人の意向が重視されるというのが現実なんです。競落人のほうが保護され、地主の主張が認められる場面はほとんどないです。どうしても第三者に土地を利用させたくないということであれば、ご自身が競売物件を落札するという方法をとることになってしまいますね。

以上が借地上の建物が競売されたときの一般的な流れです。
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答ありがとうございました。
非常に参考になりました。

お礼日時:2001/11/01 11:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定期借地権の権利金認定課税

定期借地権の権利金認定課税についてお尋ねします。
権利金授受の取引慣行のある地域で、借地権の設定をするとき
権利金の授受を無しとした場合、権利金の認定課税がありますよね?
ただ、これは普通借地権の場合で定期借地権の場合も同じなのでしょうか?
どこをしらべても、大前提として「普通借地権とする」とだけあって
定期借地権については書いてありません。
どなたかご存じの方おりましたら、ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

定期借地権は、期限の到来により借地権が消滅することとされていますので、普通借地権のような権利金の認定課税は行わないこととされています。

したがって、保証金の授受があった場合や地代の前払いがあった場合などについての取り扱いが示されています。

http://www.mlit.go.jp/tochimizushigen/land/teisyaku_maebaraichinryo.htm
定期借地権の賃料の一部又は全部を前払いとして一括授受した場合における相続税の財産評価及び所得税の経済的利益に係る課税等の取扱いについて

http://www.lotus21.co.jp/data/column/konna/konna_30.html
定期借地権の設定による保証金の経済的利益の課税

Q借地人名義の建物と借地名義が違う借地権の対抗力

借地名義人と建物の登記名義人とが違う場合には、地主が売買などで
交代した場合に借地権を対抗できず、建物を収去を免れないのですが、
この場合新しい地主は借地人からの地代の受領を一度でもしてしまった
ら借地権を認めたことになり、後から借地権を否定することは難しい
のでしょうか?。

Aベストアンサー

黙示的でも、借地権があることを前提に受領していますので、
借地権を否定するのは無理と思います。

Q定期借地権って安心ですか?

以前は、よくこんな話を聞きました。
「一旦貸した土地は返ってこない」
借りた人間はず~っと居座ってしまい、借りた権利を離さないため、その土地の所有者は別の利用を考えるにも何もできない。

そこで、定期借地権付きの土地というのが現れたのでは!?ないのでしょうか?

しかし、この定期借地権であっても土地を借りた人が手放すのを執拗に拒否した場合には、様々な問題が発生すると
聞きました。

それは本当でしょうか?

また、これは事業用の定期借地権でも同じですか?

Aベストアンサー

 土地の賃貸借(借地)は特別法たる「借地借家法」に従います。
 まず借地権の存続期間は30年です(法3条)。これより短い期間を定めても「期間の定めがなかったもの(=無効)」とみなされます(法9条)。
 だから土地の賃貸借は短くて「30年間」です。長いのは土地を借りる人は普通、その土地を使うために借りる(=建物を建てる)のでその分です。
 
>「一旦貸した土地は返ってこない」
 を解説してみます。
・まず合意で契約の更新ができれば賃貸借契約は継続。
・合意がなくても借地人が「更新請求」をすると、地主は「遅滞なく正当事由のある異議」を述べないと「法定更新(=法律上自動的に賃貸借継続)」されます。また異議に正当事由が認められなくても同様に法定更新されます。(法5条1項、法6条)
・また異議を述べても「借地人の土地利用が継続」している場合、前述と同じ異議を述べないとやはり法定更新になります。(法5条2項、法6条)

 以上でみたように借地借家法は「更新を原則」としています。ここまでは「普通借地権」です。

>定期借地権付きの土地というのが現れたのでは!?
 法22条に「定期借地権」の定があります。
・存続期間を「50年以上」として借地権を設定
・その特約を「公正証書」による等「書面」によってする
 以上の要件の下、更新しない特約をすることができます。

 土地の賃貸借(借地)は特別法たる「借地借家法」に従います。
 まず借地権の存続期間は30年です(法3条)。これより短い期間を定めても「期間の定めがなかったもの(=無効)」とみなされます(法9条)。
 だから土地の賃貸借は短くて「30年間」です。長いのは土地を借りる人は普通、その土地を使うために借りる(=建物を建てる)のでその分です。
 
>「一旦貸した土地は返ってこない」
 を解説してみます。
・まず合意で契約の更新ができれば賃貸借契約は継続。
・合意がなくても借地人が「更新...続きを読む

Q借地権付建物を競売で購入

借地権付建物を競売で購入しました。
借地権者との問題は大体解決し、ホッとしていましたが、
裁判所の三点セットでは、保証金は「なし」との記載でした。
それで、入札に臨んだのでした。入札前に地主と話ましたが、
保証金は必要とも言われず、以前の建物所有者が新築した際に保証金を
預っていた、と建物の移転登記が終わってから言われました。
その方との契約書はないそうです。
当方にも同額の保証金を預けるように希望されています。
裁判所の調査官にも話さず、今になってこのような条件を提示されても
困っています。定期借地権ではなく、普通借地権で、期間は30年
になるはずです。更新も可能かと思います。
借地を返還する際にも取り壊しの義務もありませんので、多額な
保証金は必要ないかと思うのです。
借地借家法を理解していないと思われる発言が他にも多々あり、困っています。

Aベストアンサー

そのようなややこしい事が起きる可能性も、すべて考慮の上で落札するのが競売です。

相手は払えという。
質問者さんは払いたくない。
法で考えれば自分が正しいと思っている。

ならばそれを相手に伝えて、相手が納得しないなら裁判で白黒つけるしか無いでしょう。

Q昔の土地の賃貸借契約を定期借地権契約に変更可能か?

定期借地権について質問なのですが、現在土地を人に貸しておりまして、その土地の上に借り主が建物を建ててその借り主の弟が居住の用に供しています。(土地代は年間固定資産税相当額程度受領しています。)この土地は昔から貸している土地のようで、契約書などは存在していません。当然借地権が発生している状態だと思うのですが、このような状態で、定期借地権に契約変更は可能なのでしょうか?以前何かの新聞で旧法からの切り替えが可能になったというニュースを見たような気がしたのですが・・・
定期借地権に詳しい方よろしければ回答を下さい。お願いします。

Aベストアンサー

一度、旧法の契約を合意解除し新たに新法に基づき契約する事が出来る様になったということでは?
合意解除ですから結局相手が合意しなければ契約変更できないように思います。
合意無しに旧法を変更できるとなると大混乱が起きてるはずです。

Q競売で借地権建物の購入は不安無いの?

競売で借地権建物の購入を考えています。
初めての事なので、専門にやっている不動産屋さんにアドバイスをもらおうと思っているのですが、全面的に信用するのも不安ですので皆様にご教授いただきたく思い質問致しました。

関係者は、土地所有者(相続により複数人で共有)、建物所有者、実質的な建物所有者(建物所有者の父親の経営する会社A)、法人企業B(社宅として賃借)、居住者(B社の社員)、および債権者です。
A社とB社の間には短期賃借権が存在しております。

(1)この物件を競落したのちも、B社の短期賃借権は効力を失わないのですが、賃貸借契約を再度結び直す必要があるのでしょうか。
(2)借地権(旧法)の契約期間はあと20年ほどあるのですが、現在の契約を変更すること無く引き継ぐことは出来るのでしょうか。
(3)B社との契約が無くなった場合、建物を新築することは可能でしょうか。
(4)「地代の代払いの許可」について記述が無いのですが、何か問題が生じますか。
(5)建物所有者と実質的な建物所有者がいることは普通なのでしょうか。競落したら何か問題が生じますか。
(6)その他、特に気をつけるべき事があるでしょうか。

多くを質問して恐縮ですが、なにとぞよろしくお願いいたします。

競売で借地権建物の購入を考えています。
初めての事なので、専門にやっている不動産屋さんにアドバイスをもらおうと思っているのですが、全面的に信用するのも不安ですので皆様にご教授いただきたく思い質問致しました。

関係者は、土地所有者(相続により複数人で共有)、建物所有者、実質的な建物所有者(建物所有者の父親の経営する会社A)、法人企業B(社宅として賃借)、居住者(B社の社員)、および債権者です。
A社とB社の間には短期賃借権が存在しております。

(1)この物件を競落したのちも...続きを読む

Aベストアンサー

タイトルのお答えからしますと「ヤマほどあります。」です。
まず、(4)からお話ししますと、代金納付の日から2ヶ月以内に裁判所に非訟法に基づく借地権譲渡の許可を求める申立をして下さい。その中で(2)は解決します。(3)の新築許可の申立も同時にできます。以上が対地主との関係ですが、必ずしも思いどうりにはならない場合があります。
次の(1)と(5)は建物の関係ですが(1)は承継しているなら、一般的には承継契約書と云う契約書を交わしています。(5)はよく意味がわかりませんが、ただ云えることは登記簿上の所有者が真実の所有者でない場合、bssaが登記簿上の所有者から移転登記を受けても後でbssaさんが所有権を失うこともあり得ます。登記に公信力がない、と云います。
今回bssaさんは、「専門にやっている不動産屋さんにアドバイスをもらう」とのことですが競売はそもそも裁判所の「事件」であることをよく念頭におき、上記の手続きくらいサラサラと自分で書けるくらいの力がないとおすすめできません。

Q定期借地権付き一戸建て住宅について

 最近、定期借地権付き一戸建て住宅というのが、販売されているのを、よく見かけます。
 この、定期借地権付き一戸建て住宅といのは、土地付き一戸建てと比較して、買い得なのでしょうか?

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 土地がレンタルなので、土地つき一戸建てよりはお安いと思います。
 ただ、土地がレンタルなので、99年レンタルとかとなると、自分の代では持ち家感覚ですが、子供とかに相続をさせる時、途中で切れてしまう可能性があります。
 その場合、土地のレンタルを更新できればいいと思いますが、更新できなかった場合、家が立っていても、契約期間が満期になると土地を返却しなくてはいけないような内容が記載されているので、実際はどうなるのかな?って感じました。
 だから、自分の代だけの財産というよりは、生活しやすい家に住むという感覚なら便利だと思いますが、財産的な価値を残したいと考えるのであれば、土地付き一戸たての方が良いと思いました。
(我が家は、結局、土地付き1戸建てです)

Q借地上の建物の売買、借地権?

建物(住居)を所有しています(相続物件)
その建物をAさんに賃貸しています。

土地は他人名義です(Bさん)
古い契約なので契約書等は存在していませんが
地代はBさんに(年払い)払っていました。

Bさんが自己破産?により件の土地が競売にかかりました。
競売で落札されて第三者のものになった場合借地権はどうなりますか?

さて実は落札者はAさんだったのですが
Aさんがこの際建物も購入したいと申し出がありました。

上記の条件では、売買の対象になるのは、建物だけでしょうか
それとも借地権だけでしょうか(借地権の相場はどう計算するのでしょうか?)
若しくは両方でしょうか?

宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

Aさんと云う方は、建物を、no3335さんから借りているわけですよね。
それで、no3335さんは、他の土地所有権者(Bさん)から借りていたわけですよね。
今回、その土地は競売で、BさんからAさんの所有になったわけですよね。
そこでご質問は、no3335さんが所有していた建物をAさんに売却するに到ったどうしたらいいかのようです。
それならば、Aさん所有の土地は、底地権で、通常では、土地の所有権の3割程度で買っていると思われます。
残りの7割はno3335さんの借地権です。
そのようにAさんは、極端に安く買ったと思われます。(ここの例では3割)
ですから、Aさんに売却するなら、土地の7割分(借地権)と建物の本体の価格を合算した価格となります。

Q定期借地権付土地賃借て、有名無実ですか?

こんにちは。似たような質問を続けておりますが、ご容赦ください。

きのう不動産屋さん(東京都大田区)に行って、定期借地権つきの土地を探している、と切り出しました。
するとこの不動産屋さんによると、定期借地権はマンションや建売ではあるけど、土地のみってのは現実的じゃないので、あまり扱いがないとのことでした。
通常の借地(20年契約)が一般的だというんです。

私自身、50年間借りっ放しするしかないという、定期借地権は現実的じゃないのかも? と思います。
お互いに50年後のことなんて、想像しにくいですし。

しかし地主さんが出て行って欲しいときに居座る→高い立退き料→地主さんが貸さなくなる→地価高騰→バブル、という式をなくすための定期借地権だったはず。
同じ問題はおきないのですか?
また20年契約を更新していくのが普通の借地、と聞きましたが、契約更新を地主さんに拒まれることはないのですか?

不動産屋さんに聞きそびれたので、教えてください。

Aベストアンサー

これから定期借地契約以外の借地契約を締結する場合には「普通借地権契約」になります。普通借地権契約の存続期間は堅固・非堅固の種類を問わず、当初は30年以上(30年未満はできない)、更新する場合には1回目は20年、それ以降は10年となります。不動産屋さんの「20年契約」については???です。

また、「契約更新を地主さんに拒まれることはないのですか?」については、地主に正当な理由がある場合には認められます。正当な理由の判断基準ですが、
(1) 借地人と地主の双方が土地の使用を必要とする事情
(2) 借地に関する従前の経緯
(3) 土地の利用状況
(4) 地主からの立退き料の申出
をもって判断されますが、旧借地権と同じように、借地人の権利が強く守られているものと考えられます。実質よほどの理由がない限り、法定更新されることになるでしょう。

参考URL:http://www.tz.mizuho-tb.co.jp/estate/guide/torihiki/law/futsuu_syakuchi.html

Q借地人の名義と建物の名義が違う借地権について

借地人の名義と建物の名義が違う借地権について教えて下さい。

昭和40年頃から借地人が建物を建て当時は建物はその借地人の名義
でしたが平成10年頃相続ではなく、売買という形で息子の名義
になりました。その後も借地権は存続し、平成19年頃に更新され
ましたが、この状態で、底地を第三者が取得した場合には、借地権者
は借地権をその新たな土地所有者に対抗できるのでしょうか?

仮に対抗できないとしても、例外的には背信的悪意者である場合には
対抗ができるようですがこの背信的悪意者は具体的にはどのような者
になるのでしょうか?お教え下さい。

Aベストアンサー

>底地を第三者が取得した場合には、借地権者は借地権をその新たな土地所有者に対抗できるのでしょうか?

対抗できないです。
建物は収去の運命にあります。
建物は、土地の上にあります。
建物を維持存続していくためには、自己所有の土地か、
又は、土地を借りていなければならないです。
土地を借りている者でなければ建物所有は、あり得ないです。
親子であっても土地所有者から見れば他人です。


人気Q&Aランキング