例えば、レンブラントの「夜警」は、ニスの変色によりあのように暗くなったそうです。
 そこで、ニスの変色のメカニズムを詳しく教えてください。出来るだけ科学的な説明希望。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ごきげんよう。




とりあえず調べてわかったことを述べていこうかと思います。長文失礼。
まず基本事項から。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■『夜警』について

オランダの画家レンブラント(Rembrandt Harmenszoon van Rijn, 1606-69)の36歳の時の作品である『夜警』は、18世紀末頃から呼ばれ出した通称で、実は『フランク・バニング・コック隊長の市民隊』という原題があり、元々は昼の情景を描いているのだという。オランダでは16世紀から市民隊(自警団)の記念肖像が描かれるようになり、一般市民の集団の肖像画というジャンルでいくつかの傑作が生み出された。ではなぜ『夜警』と呼ばれてきたかというと、現在までに修復でニスを塗り重ねられてきた過程でニスの変色や埃等の付着により暗くなってしまい、夜の雰囲気となってしまったためだとされる。

■「ニス」について

ニス(ワニス)とは、樹木から採取される天然樹脂や、天然樹脂に似せて化学的に作り出した合成樹脂を、揮発性有機溶剤に溶かして作られるのが基本とされる(さらにその中にいくつかの薬品を入れる場合もあるようですが)。ニスの役割は以下の通り。

1)保護層形成
油絵の表面に透明な保護膜を与え、将来、画面が汚れたときにはニスだけ塗り替えたらまた画面に新鮮さが戻るようにする。

2)ニスによる絵画の演出
透明なニスが画面の艶(つや)の調整をする他に、ニスに淡い着色をしておくと画面に微妙な変化を与えることができる。女性の肖像に微かに赤みを帯びたものをかけるとみずみずしい肌とほんのりと色気をかもしだす。やや褐色がかったものを使うと大変に落ち着いた感じになる。メーカーからは古色をつけるニスといった商品も出ている。こうした艶の変化や微かな色の変化は画家にとっては制作の過程から計算済みである。

なので、発表された作品が収集家の手に渡り年月を経るうちに、本当の画面保護用ニスをかけられ、それが複数層になると、ニスの変色や汚れなのか仕上げの艶や色の調整なのか、判別に苦しむものも少なくない。

手作りニスの処方例(01~09まで)
 http://cc.musabi.ac.jp/zoukei_file/02/gayoueki/0 …


(2のように、ニスには元々暗色系の色がついており、そういうニスを塗ったことが絵画を「魅せる」ためのレンブラントの演出ではないか、という説も一部にはあるらしいのですが、この回答は「ニスの変色」の話なので影響は特にありません。)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

天然樹脂は動植物の分泌物として産し、ダンマル、マスチック等の軟質樹脂と、コーパル、琥珀などの硬質樹脂に分類され、それぞれ特性に応じて絵画用に使用されてきました。そのうちニスの原料としては、ダンマル樹脂やマスチック樹脂が西洋絵画の作成に使用されてきたようです。

樹脂
 http://www.artnavi.ne.jp/representation/gazai/a- …
樹脂 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%B9%E8%84%82
西洋絵画の画材と技法 - 天然樹脂
 http://www.cad-red.com/jpn/mt/mdm_rsin.html
合成樹脂 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E6%88%90% …

「樹脂」と呼ばれるぐらいですから、水に溶けない、高分子化合物からなる物質です。なのでテレピン精油、ペトロール油、スパイクラベンダー油(アスピック油)などの揮発性有機溶剤に溶かしてニスが作成され、絵画に塗られて有機溶剤が揮発してしまっても主に樹脂が残り、修復のためにニスを除去する際に、また有機溶剤が使用される、ということになります(ぺトロール油は揮発しないようですが)。

以上のことから、絵画に塗られたニスが変色するのは4つの可能性があり、
 1)樹脂を構成する高分子化合物の変化による変色
 2)残った有機溶剤の反応変化による変色
 3)樹脂と有機溶剤の反応による余分な生成物質による変色
 4)ニスに加えられた各種安定剤の反応変化による変色

ニスの精度・出来や保存状態が良いと仮定しますと、時間経過によるニスの変色には(1)や(4)の影響が大きいと考えます。天然樹脂および合成樹脂の高分子化合物や、各種安定剤による色変化は以下の通り。

■黄変を引き起こす要因
(1): 熱や紫外線などの外的エネルギーによって、高分子素材が化学的に不安定になり、変質した結果、発色原因となる構造体が樹脂中に生成する。
(2): NOxなどの汚染ガスをはじめとした黄変を引き起こす化合物と接触することで、高分子素材が化学的に変質し、発色原因となる構造体が樹脂中に生成する。
(3): 高分子素材中に含まれる各種安定剤が上記1や2の理由で発色原因となる構造体に変質することで、高分子素材が着色する。

高分子素材のうちウレタンの黄変の例が、以下のURLに載っています。
 http://www.sponge21.com/product/glossary/ohen/


レンブラントの『夜警』のニスがどういう原料から作られたのかが(研究者でなく文献を読んでいるわけでもないので)わからないこと、さらに、各樹脂に含まれる高分子化合物の組成式がわからないことなどにより、『夜警』その他の絵画のニス変色がどういうメカニズムで生じたのか、全てが同一の原因によるものとして記述できるわけではありません。しかし材料の特性から、一般のニス変色のメカニズムはこんな感じではないかと推測されます。

絵画を描いたり扱っている人間ではないので、現場や最先端の研究の知識とは違っているかもしれませんが、訂正等がありましたらまた来ます。

失礼いたしました。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無臭 ニス

外に木目のベランダがあるのですが、最近、塗料というかニスがはげてきてしまい、塗り替えようと思っております。何年か前に人の勧めで油性のニスを塗ったのですが、すごく臭くて二週間ぐらい苦しみました。外で雨も降りこむ所もあるのですが、水性だとどうなんでしょうか? 何か木目の風合いも損なわない、匂いがきつくないお勧め塗料はありますか? どなたか教えていただけますか?

Aベストアンサー

オイルステンは、水性に近く臭いは少ないですが期間的には水性と同じかより短いと思います。

色合いは、木にしみこむと少し感じが変わります。(暗くなる?)
そして、透明度が高いので前に塗ったものを綺麗に落としてからでないとまだら模様になります。また、油性の塗料の上には載らないかもしれません。
=ご利用の時は試験塗装を。

耐候性は余り長持ちしません。防腐能力も他に比べて少ないです。

*前回補足
ニスは、透明・やや色のついたものとありますが、膜厚は薄く乾燥も速いです。=その分臭いは早くなくなります。
(軟らかい刷毛で一気に塗ります=何度もなでているとムラムラに)

仕上げコートと考えれば良いでしょう。
陽や水分が繰り返し当たるところでは、ある期間すると薄皮がめくれるように剥げて来ます。
この点では、油性のものには勝てません。

Qレンブラントについて

レンブラントについて勉強中です。彼はレンブラントライトで有名ですが、光と影に関心を持ち始めたと勉強したのですがそれについてレンブラントクラヴァッジョということが書いてあるのですが調べても何も出てこなくてテストが近くなってきているので困ってます。これは私の書き間違いでしょうか。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

【Rembrandt&Caravaggio】
Rembrandtcravaggioという言葉はありません。
回答者の皆様がお答えになっているように、
レンブラント&カラヴァッジョのようですね。
カラヴァッジョとその影響を受けたレンブラントということでしょう。

【Rembrandtの絵画】
サイトを紹介しましょう。
絵をクイックしますと大きくなります。

http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/rembrandt/1630/

【Caravaggioの絵画】
サイトを紹介します。

http://www.artsfairies.com/Renacimiento/Caravaggio/Caravaggio.htm

【カラヴァッジョについて】
下記のサイトに詳しく載っています。
http://www.salvastyle.com/menu_baroq
ue/caravaggio.html

参考URL:http://www.salvastyle.com/menu_baroque/caravaggio.html

【Rembrandt&Caravaggio】
Rembrandtcravaggioという言葉はありません。
回答者の皆様がお答えになっているように、
レンブラント&カラヴァッジョのようですね。
カラヴァッジョとその影響を受けたレンブラントということでしょう。

【Rembrandtの絵画】
サイトを紹介しましょう。
絵をクイックしますと大きくなります。

http://www.ibiblio.org/wm/paint/auth/rembrandt/1630/

【Caravaggioの絵画】
サイトを紹介します。

http://www.artsfairies.com/Renacimiento/Caravaggio/Caravaggio.h...続きを読む

Q木材にニスを塗る やり方

ニスを塗る時普通に手で持ちニス塗りますか? ニスは手に付いても問題ないのでしょうか? 手で持つと持ってる部分は塗れないので持つ場所変えて塗りますが、持ち替えた部分は既にニス付いてるとこなので手にニスがつく ニスがとれてしまう(綺麗に均等にはならなくなる) と思ったのですが、どうでしょうか?。上手い塗り方ありましたらお願いします

また、ニスは全体的に薄く塗り 完全に乾かし また塗る(二度塗り)ですか?。また、さらにもう一回(三度塗り)と二度塗りどちらのがいいでしょうか?

また、汚れたらニスって洗えますか? それとも濡れた布などで拭く程度か それとも全く何もしない方がいいですか?


宜しくお願いします

Aベストアンサー

例えば 板一枚を塗る際に一度に全面を塗ろうとすればそうなります。
何処か台の上に置いて、出来れば水平に置いて表面+側面を塗れば手にはつきません。
乾燥したら裏面を塗ればいい訳です。

完全に乾かすことを前程に、一回より二回、二回より三回がいいのですが、塗り重ねていくうちに表面がざらついてきませんか?
これの対処として、最後に400番位のペーパーで丹念にニスの表面を磨いてやります。
その後で最後の仕上げでもう一度同じニスを塗れば、完璧に表面がツルツルに仕上がります。

水性ニスは水で洗えいますし、薄めたりして使います。また、刷毛を洗う時は手洗い石鹸で水洗います。
油性ニスはペイント薄め液を使って薄めたり刷毛を洗ったりします。

私は 刷毛を使いません。
テルテル坊主のように布を丸めてそこにニスを付けて塗ります。
その方が 刷毛塗りよりも均一に塗れますから・・・。
布は古いタオルでも十分です。(毛羽が出ない物)

勿論手指についても問題ありません。
さきほどの要領で落とせます。

どうしても手に持たないと作業できないのなら その場所は塗り残しておいて、乾燥を待って後で塗ります。
余程の着色ニスでない限り 出来あがりの際に沢山の層が出来たからといて目立ってくることも先ずありません。

また、それは ほとんどペーパーがけの時に消えてしまいます。

出来れば、水性ニスをまずお勧めします。

例えば 板一枚を塗る際に一度に全面を塗ろうとすればそうなります。
何処か台の上に置いて、出来れば水平に置いて表面+側面を塗れば手にはつきません。
乾燥したら裏面を塗ればいい訳です。

完全に乾かすことを前程に、一回より二回、二回より三回がいいのですが、塗り重ねていくうちに表面がざらついてきませんか?
これの対処として、最後に400番位のペーパーで丹念にニスの表面を磨いてやります。
その後で最後の仕上げでもう一度同じニスを塗れば、完璧に表面がツルツルに仕上がります。

水性ニスは水で洗...続きを読む

QヤマハC5グランドピアノの鍵盤変色について

鍵盤の変色について調べていたらかなり前にも同じようなトピが上がっていたのですが、また質問させて下さい。
80年代にヤマハC5グランドピアノを購入し、10年経たないうちに人口象牙の白鍵が弾く範囲だけ茶色に変色しました。
あまりにもひどかったので、調律師の方の薦めもありに白鍵すべてを交換してもらいました。
それからまた大学を出るまでは、多少の変色があったもののあまり気になるほどではなかったので、
そのまま弾いていましたが、ここ5年位前からまた白鍵の変色がひどくなり、去年に調律師の方に相談したら黒鍵の色が白鍵に移ってしまうらしく、人口象牙の場合はしょうがないことのようです。
白鍵の総取替えはかなりの金額がかかるとの事で、白鍵のみ変色した部分を削ってきれいにする
事が出来るそうなんですが、どなたかお願いしたことがある方いますか?
削ってしまってタッチの感触とか大丈夫なのかな?とかいろいろ不安があります。
また金額も10万ほどかかると言われました。
金額的にも高額だし、削ることも多少抵抗があるので、もう少し良い案があったら教えてください。

Aベストアンサー

気にしないのが一番いいでしょうね。削るのは絶対にやめてください。
時々鍵盤を拭くことをお勧めします。市販のクリーナーなどは使わず、水を固く絞った柔らかい布で充分です。

Qニス塗りについて

ニスはそのまま使っていいですか?。それとも、水で薄めますか?(アサヒペン 水性ユカ用ニス ツヤあり透明 です)。 その木材の用途は、ごく一般的?な木材を適度なサイズに切り竿がちょうど入るくらいに間をあけそこに竿を置く と考えています


また、地べたに置くので汚れとかニスの剥がれ? が気になりますが、どうでしょうか?。ニスってだんだん剥がれてきて また塗り直さないといけないとかありますか? もし塗り直す必要ある場合はそのまま塗り直していいのでしょうか? それともニスを落とし塗り直ししますか? さらにニスを落とす必要がある場合はどうやって落としますか?

Aベストアンサー

商品説明によると、粘度が高くて塗りにくい場合は、
ペイントうすめ液で5%~10%以内で薄めて使用してくださいとあります。

なので水ではなく、別途ペイントうすめ液を購入して行うのがベストでしょう。

また、この商品は2回塗りを標準としているようなので、
普通に考えたらそのまま塗り直ししてもOKだと思います。

すぐに剥がれるという事はないと思いますが、
時間経過とともに薄くなった場合や剥がれた場合は、
状況を見て部分塗りしたり、再度全面塗装なども大丈夫なのではないかと思われます。

Qクラシックはなぜ暗いのか

「暗い」という言葉は万能ではないし、意図するところも伝わりにくいものです。要は、「のりが悪い」(そりゃのりのいい曲もありますよ、ですがあくまで協和音的にしろ不協和音的にしろ、インテリジェント貴族的なのりです)「庶民的でない」「肩肘張った感じがする」「顔が硬直する」「異次元世界に入り込む気がする」「富裕層あるいはインテリ層と密接なような気がする」etc.の感覚のことです(サティは別枠にしてもいいと思いますが、作品の内容からあれはあまりクラシックの作曲家と思えないところがあります)

すなわち、なぜクラシック音楽にこのような感覚を生じさせるものがあるのか、それはどういうところから感じられるのか。
あるいは、ポピュラー音楽にはそれがほとんど感じられないのはなぜなのか、分かるようで分からない疑問です。

どういう風に考えたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。補足を拝見しました。
「暗い」と「柄が悪い」が対極的な言葉であるかはさておき、おっしゃることはわかるような気がします。

私の高校時代に部活で一緒だった連中の中で、柄があまり良くない奴らがストラビンスキー、ワーグナー、レスピーギが大好きであったりしました。

また、
私は柄は悪くなかったですけど、中学の頃、友人からセックスピストルズを聴かされたとき、"Anarchy In the U.K" はなかなかいい曲だなと思いました。

Fayrayや、さだまさしの曲は、どう見ても、柄が悪い人には似合いません。

クラシックにもポピュラーミュージックにも色々あるわけで、
また、ご質問文にある「このような感覚」というのは、人によってあったりなかったりする(少なくとも私にはない)ものですから、
一概にどちらとかこちらとか言えるものではないと思います。

もっとも、ドラムの音が4ビートや8ビートなどで入っていれば、乗りやすかったり踊りやすかったりしますよね。
多くのポピュラーミュージックがそれに該当します。
(これがご質問への答えになるのかもしれません。)

まー、「ポピュラー」という言葉自体に「庶民的」に近い意味がありますけどね。

こんばんは。補足を拝見しました。
「暗い」と「柄が悪い」が対極的な言葉であるかはさておき、おっしゃることはわかるような気がします。

私の高校時代に部活で一緒だった連中の中で、柄があまり良くない奴らがストラビンスキー、ワーグナー、レスピーギが大好きであったりしました。

また、
私は柄は悪くなかったですけど、中学の頃、友人からセックスピストルズを聴かされたとき、"Anarchy In the U.K" はなかなかいい曲だなと思いました。

Fayrayや、さだまさしの曲は、どう見ても、柄が悪い...続きを読む

Qニスとワックスの違い

本日、フローリングにフローリング専用ニスを塗りました。塗り終わってから、ふとワックスでよかったのではと思いました。ニスとワックスではどう違うのでしょうか?また、ニスではいけなかったのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ニスは、素材表面に塗膜を作り素材を保護し艶を出すのが目的です。
堅い皮膜を作るために、乾燥する為の時間も必要です。

ワックスは、その様な塗膜表面を保護し、艶を長持ちさせ傷が付くのを防いだり、小さな傷を目立たなくするのが目的です。

塗膜はそのままでは摩擦に弱く擦り傷が尽きやすい物ですが、その上にワックス(パラフィン成分。いわゆるロウ)を塗ることによって、滑りを良くし傷が付きにくくすると同時に、艶を出すことが出来ます。
また、表面に汚れが付くのを防ぎ、付いた汚れを落としやすくする効果も有ります。

詰まり、ニスは最初に素材の表面に塗って膜を作るのが目的で、一度塗って乾燥させれば完了です。
一方ワックスは、そのニス表面を守るのが目的であり、成分が完全に硬化する性質が無いので、メンテナンスのために定期的に塗り直すことになります。

Qソビエト時代の音楽や芸術の制限の基準を教えて下さい。 例えば、日本でいえばどんな感じの曲が制限されて

ソビエト時代の音楽や芸術の制限の基準を教えて下さい。
例えば、日本でいえばどんな感じの曲が制限されていると思いますか?

Aベストアンサー

紛れもなくロック系。

当時、カセットの方が遥かに手軽であったはずですが、面白い事にソ連、ルーマニアではカセットを観た事がなかった。逆に、ポーランドでは売られていた。当時一緒に旅行した東側の事情通の友人曰く、「録音出来る物はなるべく作りたくないのだ」。なるほど、とえらく感心した思いを未だ覚えています。東ドイツは掠めただけで行っていませんが、恐らく、ソ連、ルーマニア、東ドイツは共産圏の中でも毒々しい赤。ポーランドやブルガリアはピンクといった印象。

個人的にはハードロックが好きなのですが、前記の三ヶ国からのバンドは大分苦労して音源を作っていた。

Qヴァイオリンの音色にニスが影響するのはどうして?

ストラディバリウスの音色の秘密はニスにあり、
その調合は息子にも伝えなかったとか。
でもどうしてニスが音響に重大な影響を与えるのでしょうか?
素人的考えでは、形や材質が重要であり、ニスなど影響は少ないと思います。
表面に1ミリ程度塗るだけのものです。
実際にギターなどでは、ニスがどうのという話を聞いたことがありません。

またストラディバリは息子にもニスの調合の秘密を教えなかったそうですが、
どうしてでしょうか?
重要なものは伝えるべきでは。
もうひとつ、ニスの謎ですが、
科学分析してもわからないのはどうしてでしょうか?
化学変化が進んでしまっているからですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。#1です。

>ニスは楽器の周辺に塗りますが、
>内部には塗ってないのでは?
>音を出すのは内部なので、ニスの影響は少ないとおもうのですが。

そうです。
一番重要なのは表板と裏板の加工(削り具合)です。
削る事により強度が失われます。それを補うためにも
ニスが使われています。
ニスの種類により同じ材質、同じ板の厚みでも
硬度が変わるのです。
硬度が変われば共鳴具合は変わります。

ちなみに、内側に塗らないのは
・木に楽に呼吸させるため(湿度の問題)
・音が硬くなる(キンキンする?)
と聞いた事があります。
初期の物には内側にニスを塗ったものが
有るかもしれませんね。

参考URL:http://www.kg-n.jp/violinp/clm/varnish.htm

Q例えばギリシャ神話の神様の服装は・・

例えばギリシャ神話の神様の服装はどのようになっているのでしょう?
もちろん神様ですから、普通はお目にかかれないのはわかっています。が、


巷にあふれている漫画やアニメ、イラストに出てくる、いかにもそういった神々を
モチーフにしたであろうキャラクターの大元のオリジナルの姿は
何を調べれば解るのでしょうか?

バラでいえば、現在は何百種という園芸品種が生み出されていますが、
その最初の親となった数種類の野生の原種バラの姿にあたる神々の姿を知りたいのです。
※ギリシャ神話にこだわっている訳ではなく、いわゆる神とか悪魔とかいった想像上のキャラクターの大元の
姿について調べたいのです。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギリシア神話も日本神話も登場する神々は非常に人間的です。というか人間そのままですね。妬み、憎み、愛し、殺し、食べ、飲み、不倫し・・・・。

ですから着ているものも当時の人間と同じです。
男女とも 布を体に 巻き付ける形式か、 貫頭衣(大きな布に穴を開け、そこから頭を出して着る)の形式です。


人気Q&Aランキング