除草剤が肉や魚介類から人体に入り、色々な病気をきたすという説を目にしました。
環境汚染物質が食物連鎖系で濃縮されて人間の口に入るのは理解できるのですが、この説をとなえる某理学博士が、タバコは健康長寿の妙薬などと書いているのを見ると、どこまでが信頼できる情報なのか疑問です。

「食品中の除草剤ダイオキシンを分解していくダイカットセラミックやダイカットフィルター、ダイカットシャツを用いて体内に除草剤ダイオキシンの成分を残さないようにする」という口上ですが、

1.このダイカットなる物質は何ものなのか

2.この製品を冷蔵庫内に入れておいたり、鍋や電子レンジに入れて調理することで除草剤ダイオキシンが分解されるものなのか

について、事情に詳しい方の御意見をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

昨今のダイオキシン絡みの事情から鑑みますと、除草剤にダイオキシンという名前をあえて付けるメーカーは考えられませんので(笑)、除草剤ダイオキシンとは何なんでしょう?といった感じです。


で、そのダイカットという商品が(ホンモノ(笑)の)ダイオキシンを分解するかというと非常に疑問点が残ります。ダイオキシンの分子は非常に安定しており、壊れにくいもので、ダイオキシンの一種であるコプラナーPCBなんかは、未だに恐ろしいほどの量が処理のしようがないために放置されている状態です。

まぁ、おもしろ半分で聞くだけで十分じゃないでしょうか(笑)

ちなみに、塩素原子を持つ有機物(かなり多いです)をあまり高温でない状態で燃やすと、量はともかく基本的にダイオキシンが発生すると考えて間違いないです。…そう、煙草もです。
    • good
    • 0

そもそも、「除草剤ダイオキシン」という言葉が疑問です。



アメリカがベトナムで枯葉剤を散布して多くの被害が出たのですが、ダイオキシンが除草剤成分だったのではなく、除草剤の製造過程で不純物としてダイオキシンが含まれていた(戦争中のことだから、枯葉効果があればいいわけで、純度を上げることは追求されない)はずです。

いまの除草剤にダイオキシンが含まれているわけではないはずですが・・。

そんな効果のあるフィルターであれば、能勢町の焼却施設などが真っ先に採用していると思います。
    • good
    • 0

”ダイオキシンが食物連鎖で濃縮されて人間の口に入る”というのは、真実です。



この人が少しおかしいのは、世の中の悪いことは何でも全て「ダイオキシン」に由来している、と力説している所です。(狂牛病も、ダイオキシンが体内に溜まって発生したとか、ガンの原因は全てダイオキシンだ、など←爆笑)

もちろん、「ダイカット」なるものでダイオキシンが分解される訳ありません。
商品説明にも”朝の目覚めがよくなった、疲れが取れた、腎臓、肝臓の数値がよくなったなどの体験談が・・”などとあります。ダイオキシンが体に溜まると、疲れが残るんですかね(笑 

まあ、色んな説を読むと半分くらいは具体的なデータなどを取り混ぜながら、科学的に説明をしていこうとしているようですが、最後の最後結論づけるところでいつも非科学的・根拠不明な展開をしているのですね。

まあ、よくある電波系のひとつとして考えておいた方が良いでしょう。
(私は結構楽しませてもらいましたが!!)
    • good
    • 0

既にチェック済みかもしれませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「環境ホルモンの元凶は除草剤、ガン、難病の根本原因」
http://www.global-clean.com/
(Global-clean.com)
このページから資料請求出来るようですが・・・・?

内容を見てみないと何とも・・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://melma.odn.ne.jp/mag/97/m00033997/a0000002 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ