除草剤が肉や魚介類から人体に入り、色々な病気をきたすという説を目にしました。
環境汚染物質が食物連鎖系で濃縮されて人間の口に入るのは理解できるのですが、この説をとなえる某理学博士が、タバコは健康長寿の妙薬などと書いているのを見ると、どこまでが信頼できる情報なのか疑問です。

「食品中の除草剤ダイオキシンを分解していくダイカットセラミックやダイカットフィルター、ダイカットシャツを用いて体内に除草剤ダイオキシンの成分を残さないようにする」という口上ですが、

1.このダイカットなる物質は何ものなのか

2.この製品を冷蔵庫内に入れておいたり、鍋や電子レンジに入れて調理することで除草剤ダイオキシンが分解されるものなのか

について、事情に詳しい方の御意見をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

昨今のダイオキシン絡みの事情から鑑みますと、除草剤にダイオキシンという名前をあえて付けるメーカーは考えられませんので(笑)、除草剤ダイオキシンとは何なんでしょう?といった感じです。


で、そのダイカットという商品が(ホンモノ(笑)の)ダイオキシンを分解するかというと非常に疑問点が残ります。ダイオキシンの分子は非常に安定しており、壊れにくいもので、ダイオキシンの一種であるコプラナーPCBなんかは、未だに恐ろしいほどの量が処理のしようがないために放置されている状態です。

まぁ、おもしろ半分で聞くだけで十分じゃないでしょうか(笑)

ちなみに、塩素原子を持つ有機物(かなり多いです)をあまり高温でない状態で燃やすと、量はともかく基本的にダイオキシンが発生すると考えて間違いないです。…そう、煙草もです。
    • good
    • 0

そもそも、「除草剤ダイオキシン」という言葉が疑問です。



アメリカがベトナムで枯葉剤を散布して多くの被害が出たのですが、ダイオキシンが除草剤成分だったのではなく、除草剤の製造過程で不純物としてダイオキシンが含まれていた(戦争中のことだから、枯葉効果があればいいわけで、純度を上げることは追求されない)はずです。

いまの除草剤にダイオキシンが含まれているわけではないはずですが・・。

そんな効果のあるフィルターであれば、能勢町の焼却施設などが真っ先に採用していると思います。
    • good
    • 0

”ダイオキシンが食物連鎖で濃縮されて人間の口に入る”というのは、真実です。



この人が少しおかしいのは、世の中の悪いことは何でも全て「ダイオキシン」に由来している、と力説している所です。(狂牛病も、ダイオキシンが体内に溜まって発生したとか、ガンの原因は全てダイオキシンだ、など←爆笑)

もちろん、「ダイカット」なるものでダイオキシンが分解される訳ありません。
商品説明にも”朝の目覚めがよくなった、疲れが取れた、腎臓、肝臓の数値がよくなったなどの体験談が・・”などとあります。ダイオキシンが体に溜まると、疲れが残るんですかね(笑 

まあ、色んな説を読むと半分くらいは具体的なデータなどを取り混ぜながら、科学的に説明をしていこうとしているようですが、最後の最後結論づけるところでいつも非科学的・根拠不明な展開をしているのですね。

まあ、よくある電波系のひとつとして考えておいた方が良いでしょう。
(私は結構楽しませてもらいましたが!!)
    • good
    • 0

既にチェック済みかもしれませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「環境ホルモンの元凶は除草剤、ガン、難病の根本原因」
http://www.global-clean.com/
(Global-clean.com)
このページから資料請求出来るようですが・・・・?

内容を見てみないと何とも・・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://melma.odn.ne.jp/mag/97/m00033997/a0000002 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCB処理方法について

東京都江東区でPCB処理施設が稼動始めたニュースを見ました。高温と高圧でPCBを炭酸ガス、塩、水に変えるとのことです。他の方法との優位性や詳しい反応について教えて下さい。また、この施設の設置費用、運転資金は、全て税金なのでしょうか(元PCBメーカーは、どの程度負担するのでしょうか)できれば知りたいです。

Aベストアンサー

PCBは日本では1974年に輸入及び製造が禁止されていますが、
未だ全廃はされておらず政府は2016年迄に全廃を目指しております。
国の政策なのでおそらく税金で賄われるのではないでしょうか。
PCB単味の分解方法を一つとして紫外線で分解する方法が有ります。
他にもPCBの塩素を水素に置換し、無毒化する方法も有ります。
どれが一番有効かについては存じません。悪しからず。

Q除草剤の影響

仕事の都合で東京の実家から北関東のはずれに引っ越してきましたが、最近とても気になることがあります。
それは、近所の人がやたらと除草剤を撒くことです。田舎の街なので、隣接する田畑や山林も多く、夏などは雑草が茂って手に負えなくなります。
そのせいか、この時期になると近所のホームセンターには様々な除草剤が山積みで売っています。
そうして近所のおじいちゃんおばあちゃんが、ちょっと毟れば済むようなところまで、せっせと除草剤を撒いているのです。いったい一年でどれほどの除草剤を撒くのでしょう。
東京で暮らしているころには、毟れば済むような雑草相手だったこともあって、除草剤を実際に使ったこともありません。周りでも使っているのを見かけませんでした。
こんなに気軽に沢山使って、環境に悪い影響を及ぼさないのか、とても心配です。

Aベストアンサー

今の除草剤は環境に優しいものが多いですよ。
昔の強烈なものとは違います。
ご安心ください。

除草剤の業者さんも色々研究しているようです。
http://jyosouzai.blog.shinobi.jp/

http://www.alpha845.com/josouzai/

http://www.alpha845.com/goods/garden/g02/g02.html

QPCBの分析について

ガスクロ(ECD)で排水中や食品中のPCBを分析してます。ガスクロによる方法だと26種の異性体のピークを検出して定量するので、特に低濃度の場合その数値が本当にPCBの正確な数値かどうか分かりません。リテンションタイムだけの判断なので何か別のピークをひろう場合もあると思うのですが、例えば26ピーク中半分くらいのピークが一致すればそれはPCBだと判断して良いとかそういったものがあるのでしょうか。
GCMSはいまのところ使えません。

Aベストアンサー

STDはカネクロール(KC)300,400,500,600を混合されていますよね?
PCBが検出される場合、例えば4塩素と5塩素だけ特異的に検出されるなど
塩素数の固まりになって検出されます。
ですので、大まかに1/4位が合えば検出されたと見るのが妥当ではないでしょうか。
26本中全て合致することもあるでしょうが、1本だけ、ということは無いと言って良いでしょう。
PCBが検出される場合は、出現パターン
(大きいピークの後に小さいピーク、つらなった数本のピークなどのパターン)がSTDと同じになりますので、
その傾向のない数本のピークの保持時間が一致していた場合は「検出されたとしない」判断が妥当だと思います。
また、外国製のPCBと日本製のPCBとでは組成が違いますので
出現パターンが必ず同じになるとは限りませんのでご注意を。
輸入品を分析される場合はお気を付け下さい。

Q除草剤は有害?

2匹の小型犬を放している庭に
除草剤を使うというのはやっぱり不可能でしょうね。
取っても取ってもおびただしく生えてくる雑草に
もう辟易なのですが・・・。
カテ違いかも知れなかったですが宜しくお願い
致します。

Aベストアンサー

除草剤ではなく、塩をまいても草は枯れます。
あとは「焼く」--通販で草を焼く器具を売ってますよね。
他には「熱湯をかける」--ちょっと効き目は落ちますが。

QPCBに触れた場合。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて作業していたとの話も聞きましたが、健康な状態でなく、傷口があった場合にはどうなるのでしょう?
 高濃度のPCBが体内に一度に吸収されると言うことになるのでしょうか?
・その場合には中毒症状は早く発現するのでしょうか?
・関連サイトを見ると、PCBの付着した衣類等も産業廃棄物扱いとなるらしいですが、私はPCBに触れた手で色々な所を触っています。
 そういった箇所を傷口のある人が触れたり、舐めたりした場合には、体内に吸収されてしまうものなのでしょうか?

  かなり神経質な考え方だと思いますが、自分を含め今後の家族の事を考えると心配になってしまいます。
  どなたかお知恵を拝借いただければ幸いです。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に誤解をしているようですが、PCB自体に毒性があるのではなく、製造時に副生物として発生するダイオキシンにより人体に害を及ぼしています。

カネミ油症の場合は、米糠油の製造工程でPCBが混入したものを調理で使用し、直接摂取して中毒を起こしています。

ですので、直接触れても吸収される可能性が低く量的にも少ないので、一時的なものであれば、それほど心配する必要はありません。
もし、その程度で発症するならば、数100万人単位で発症しているはずです。
気にしすぎるほうが、健康によくありません。

Q除草剤の改良

現在おびただしい量の除草剤が使用されていますが、生態系の破壊が心配されます。
私は田舎に住んでいますが、子供の頃は田んぼや堀に沢山の魚がいましたが、今は殆どいなくなってしまいました。
魚釣りや魚取りをしたのを懐かしく思い出します。
生活排水の影響もあるでしょうが、一番の原因となっているのは除草剤の使用ではないでしょうか。
水田には雑草駆除のために沢山の除草剤が使われています。
ザリガニでさえ数少なくなってしまいました。
生態系を破壊せず、雑草だけを退治できる除草剤は作れないものでしょうか?

Aベストアンサー

除草剤には、接触系の除草剤と吸収系の除草剤があります。
前者は、かつて自殺に用いられて社会問題となったパラコートのようなものが代表的で、光が当たると速やかに分解し、川には流出しにくい特性があります。
一方、後者には多くの除草剤が含まれており、全般に残効期間は長い(2~3ヶ月程度)のが特徴です。これは、雑草が一斉に発生するのはまれで、春から秋まで相当長い期間に次々発生する特性に合わせて作られたためです。土壌と強固に結びつくとは言われていますが、豪雨に伴って一部は川へ流出しまいます。
そうした影響で生物相が貧弱になったとは言われていますが、現在使われている除草剤の魚毒性は、農薬の中では低いのが一般的です。むしろ殺菌剤の方が影響は大きいとされています。

QPCB問題、PCB税ってなんですか?

PCB問題とは、いつ頃からどんなことで問題になっているのですか?ご存じの方是非教えてください。
(PCBって何の略ですか?)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本での問題発生は1968年です。油症事件です。それ以前にも関心はもたれていたようで、カワマスやワシの調査も行われていたようです。
PCB(ポリ塩化ビフェニル)は有機塩素化合物で、色々なものに使われてきました。特にトランスの絶縁材として今でも現役の物もまだあるはずです。
人体の影響は皮膚障害・色素沈着・塩素座蒼などがあり、中毒した、母体から胎盤を通じて胎児に移行し、黒子と呼ばれる色黒の新生児が出生したこともありました。
しかし、PCB単体の問題だけでなく、異性体や不純物などとの関係もあり、単純に油症事件とPCBが結びつく問題でもないと思います。
余談ですが、PCBを燃焼すると300~600度でダイオキシンを生成しやすいとも言われています。700度では分解されますが。
私の会社にも古いトランスのPCBが保管されています。

Q有用微生物群 EMは界面活性剤を分解出来ますか?

合成洗剤に含まれる界面活性剤は浄化槽の活性汚泥法では分解されず、そのまま河川に放流され魚が住めない環境にしてしまっている現状があります。
EMは鉱物油も分解してしまうと比嘉輝夫の緊急提言で知りましたが、界面活性剤の分解は出来るでしょうか?

EMに詳しい方、よろしくお願いします。
また、実験方法や、それを紹介している文献、サイトなど御座いましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「EM菌」は最近使われるようになった言葉なので知りません。
微生物による界面活性剤の分解のうち、ABS(アルキルベンゼンスルホン酸)系界面活性剤の直さ部分は、脂肪酸代謝経路
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8
のうちのα酸化受け、末端側から1個づつ切断され、短さのベンゼンスルホン酸が残ります。
かなりの貧栄養下でないとα酸化が観察されません。
現在は使用されていませんがハード型のABSでは、ターシャルブチル基((CH3)3C- 基)等の側鎖の有る炭素の部分で生物分解が止まります。

ポリオキシエチレン基についての知識はありません。

QPCBの保管に付いて

近年、高濃度PCBの回収処分が開始され徐々に実施されていますが
 低濃度PCB含有のトランスを所持しています

低濃度に関しては、国から依然として回収計画が発表されていないため
 その間、保管が余儀なくされています

そこで保管の際の漏洩防止カバー(トレイ)なのですが
 PCBの性質から、ステンレス製・鉄製 以外でも
  樹脂性などで漏洩が有った場合に耐えうる材質をご存知でしょうか?
  
  ご教示のほど宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

参考までに

JESCOでは、現在の受入(高濃度PCB)条件として、樹脂製保管容器の受入を認めておりません。

将来変更緩和される可能性はありますが、PCB汚染物の処分の困難性を考慮されるならば樹脂性以外が賢明でしょう。

URLのQ10をご参考に。

参考URL:http://www.jesconet.co.jp/customer/faq.html

Q生分解性高分子の分解率を調べたい

土壌中に生分解性高分子を埋設しその分解率を調べる方法として、現状高分子の成形体(ダンベル)を土中に埋めてその重量変化や物性(引っ張り強度など)の経時変化で見ていますが、分解していく状態を定量的に分析する手法は他にありませんか?よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

生分解性高分子は特異的に分解される個所があります。
アミド結合やエステル結合といった部位でですね。ですからIRなどで観測できると思いますよ。
またガスクロ等で分子量を調べてみるのもいいでしょう。

この質問、『化学』のカテのほうがよかったような気がします


人気Q&Aランキング