柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

樹高4m以上、根元付近で直径13cm程、地上高1メートルほどは枝のないヤマモモの雌木が植えてあります。庭に起伏をつけたいので、この木の周辺を60cm程高くしたいのですが、しっかりと根付いているので、この木自体は移動する事が出来ません。こんな場合、盛り土をするのであれば、60センチほどであれば、直接幹を埋めても木の生育に影響はないでしょうか?。それとも、例えば溝を作るときのU字溝の様な物で幹を囲い、土で直接幹が埋まる事を避けたほうが良いのでしょうか?。詳しい方、経験者の方、回答を宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

copeさん、ご返事ありがとうございます。



>根元を20センチほどの厚さで腐葉土と、山から採集してきた、さらさらの真っ黒の土で盛り土
そうですね、黒土を20cmにして、腐葉土は10cm位が良いと思います。黒土少し粘るようでしたら、赤玉土を四割混ぜると、大分良くなります。あとは、毎春腐葉土を足してあげれば良いです。
ヤマモモをいたわるのでしたら、それが自然だとも思います。

>その上にシダ類を植える
羊歯を植える場合は、黒土や腐葉土に消石灰を混ぜない様にしたほうが、定着が良くなります。「草蘇鉄」が、比較的日照量の影響にされず、順応性が良いです。また、最近はホームセンターでも広く販売されています。増えすぎたら食べれますし。民家の近くでも、長けが50cm位になります。

羊歯に限らないのでしたら、カタクリも良いですよ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

albracさん、何度も回答して頂き有難うございます。大変深い知識と分かりやすい説明、助かります。

ヤマモモの盛り土の状態、了解しました。

>「草蘇鉄」

順応性が良くて丈夫。そのとおりですね。実は石組みで高くした場所にあるマテバシイの下草に植えてあるんです。ですから今度はワラビなんか如何かなと思っています。

>カタクリも良いですよ!

いいですね。大好きな山野草です。以前植えたのですが、土質が合わなかったのか、植えて一度も芽が出ないうちに全滅してしまいました。ショックでした。その場所で今は、シャガが茂ってます。

有難うございました。

お礼日時:2001/11/10 21:47

ご返事有難うございます。


すこし、私も久しくヤマモモを見てなかったので、もう一度父などからご意見いただきました。
ヤマモモは、昔は実家の山の、南斜面、岩屑が多い所に生えていたのを思い出しました。それで、根も浅い・・・・。
常緑常緑樹で、全体が枝が開いていて、樹高が10m位、直径が60cmくらいまで成る木ですよね。実を食べたり、内のおばあさんが草木染めに、樹皮を使っていた木でだと思います。
60cmの盛り土をする場合、やはり、60cmを超えないよう、赤玉土の大で盛り土をして下さい。やはり、普通の土では元気が無くなります。
できれば、来春、3月、赤玉土を盛る前に、根元に、「根取り」をすると、木の健康が保たれます。実がならなくなる弊害も無くなります。
良く切れる刃物で、根元から15cm上の樹皮をU字に切り、剥がして、発根促進剤を塗布して、清潔な赤玉土で埋め、そこに毎日水をやります。
2ヶ月後、発根していれば、更に箇所を増やします。
そこから発根すれば、60cm盛り土しても大丈夫です。
13cmになると、樹皮のコルク層が厚いため、自然発根しません。

実は、前回の回答には迷いがありました。ご返事頂いて助かりました。
樹木は、根を土を削って地上に半分出しても、返って元気が良くなりますが、土で埋める場合、弊害が多いです。
できれば、「根取り」をすれば、元気に結実に弊害も無いと思います。
※もし、ヤマモモを剪定なさったら、皮は捨てないで、草木染めに使えますから保存した方がいいですね。

でも、野鳥が集い、有機野菜が取れるお庭って、素晴らしいですよね。
しかも、お一人でお作りに成るとは、頭が下がります。
なにかお役に立てば、どんどんご返事下さい。
ご返事有難うございます。

この回答への補足

次の方法では、ヤマモモの根に、ダメージは有るでしょうか?。

根元を20センチほどの厚さで腐葉土と、山から採集してきた、さらさらの真っ黒の土で盛り土(最適の比率、又は、他に最適の土があれば、教えて下さい。)をする。そして、その上にシダ類を植える。シダと限定したのは、自分の目指す、人の手の入っていない自然に近い庭のイメージにぴったりなのと、盛り土を低くした分の高さを視覚的に埋められるからです。いかがでしょうか?。

補足日時:2001/11/08 19:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答、有難うございます。

盛り土ですが、ヤマモモを盛り土の頂上付近ではなく、なるべく低い所となる様、高低を調節しようと思いますが、30cmほどはヤマモモ付近で盛り土が必要です。30cmでは、「根取り」が必要ですよね。でも、経験が無いのと、発根しなかったときのことを考えると、、「根取り」の実行を躊躇してしまいます。そこで、代案として考えたのが、次の方法(補足欄へ記入)です。この方法でもダメージはあるでしょうか?。実がならなくなるような弊害は出るでしょうか?。宜しくお願いします。

>野鳥が集い、有機野菜が取れるお庭って、素晴らしいですよね。 しかも、お一人でお作りに成るとは、頭が下がります。

野鳥はなかなか集ってくれないんですよ。でも、今年はアラカシの茂みにキジバトがせっせと枝を運んでいます。
団地の中の小さな庭(ホントに小さいですよ。欅とかヤマモモとか大きくなる木を植えてますけど)でも、自然と触れ合うと心が癒されますから。基本的に、土いじりは好きですし。一人での作業でも、いざとなれば、仲間が手伝ってくれるからやれるんです。頭が下がるなんて、滅相もないです。

お礼日時:2001/11/08 19:39

copeさん、こんばんは。


なかなか、マニアックな御樹をお植えのようです。

根もとの土を盛る場合、気をつけねばならないのは、一度に沢山の土を盛らない事です。
といいますのは、僅かですが樹木の根も呼吸してますので、一度に60cm盛ると、根っこが窒息します。
一年目で15cmくらい、二年目で30cm、三年目で40cm、四年目で50cmもって行くのがベストです。
山にある、樹木共通にいえるのですが、掛け崩れで根元が埋まった樹木は、次第に
弱ったり、枯れたりします。
様子をみながら、初めは”通気性の良い土”を盛っていったほうが良いです。しかも、踏み固めないで下さい。
ヤマモモも、直径13cmになりますと、なかなか脇芽、根が出にくいので、慎重にお願いします。

不明のことがありましたら、再度質問くださいね!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

albracさん、アドバイスありがとう御座います。別件の継続中の質問でもお世話になりっぱなしで……。

下の方からもアドバイスを頂きましたが、最終的には問題は無いのですね。ただ、それは数年かけての盛り土であって、一度に60センチの盛り土、しかも、踏み固めるのは大問題で、最悪枯れる可能性ありと、理解しましたが、宜しいでしょうか?。30cmくらいで済むよう、庭の設計を検討してみます。そして、取り扱いは慎重を期するようにしようと思います。

>なかなか、マニアックな御樹をお植えのようです

鳥を呼び寄せようと実のなる木を植えたのですが、実のなる季節は自然界にも餌が豊富らしく、見向きもされません。
ですから、採れた7kg程の実はジャムに加工しました。痛んでいる実は冷凍保存し、これからはエサ台に乗せる予定でいます。

>不明のことがありましたら、再度質問くださいね!

誰の手も借りず、単独での庭の改装を予定しています。ガーデニングカテゴリーで、後数件質問をしようと思っていますので、宜しければ、そちらのほうもお願いします。

この質問は、月末に締め切る予定です。ありがとう御座いました。

お礼日時:2001/11/06 23:44

ヤマモモの木は経験がありませんが、一般的な樹木の性質として60cmくらいの盛り土では影響がないでしょう。


かえってそこから新たな根が生えてくることの方が多いです。
盛り土はなるべく柔らかく盛り付けてください。固めてしまうと根の呼吸が妨げられますので。
それでなくても、地表から60cmも深くなるので酸素の供給が不安といえば気になります。
できることなら数年かけて徐々に盛り土をしてやったほうが「木の根」に無理がかからないと思います。
幹よりも根を心配してやってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rakkiさん、アドバイスありがとう御座います。

根に負担がかかること事は、全く頭に無かったです。
桜や公園の木など、根元をよく人が通り、土を踏み固められた木々は、徐々に弱ってゆく。踏み固めるのでなくとも、盛り土によって窒息の可能性がありそうですね。例え、影響が無く、新たな根が発生するとしても、それまで木の根に無理をかけないよう、徐々に盛り土をしようと思います。幹については、徐々にであれば、直接埋めても問題なしと理解しましたが、それで宜しいでしょうか?。

ありがとう御座いました。

お礼日時:2001/11/06 22:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q庭木を植える土について

庭に木を植えようと画策して、庭を掘ってみたのですが、
表面の10cm以下の深さのところは、粘土質の土で
石ころもガンガン出てきます。
このまま木を植えても、土の量が足りずに、盛り土に
できません。
このような場合は、赤玉土や鹿沼土などを補充すれば
良いのでしょうか?
ホームセンターに行っても、ただの土が売っていないので
迷ってしまいます。
詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

植栽する樹木によってまったく違いますよ。
つまり植物はその最大樹高と比例するように根っこの部分もその深さと広さが要求されます。
極端な言い方をすれば
「黒松」が地上部の占有体積が最大で直径15mの球体になると仮定すれば根っこの部分(地下部)その三分の一は必要です。(楕円状)
 一方「南天」は高さが2mx1m程度ですから地下は。0.7x0.3 。
 つまり根の深さは30センチ程度で済みます。 それ以下は砂利層であろうと粘性であろうとさほど通常の生育活動には問題ありません。
 このように植物は上の住み分け、地下の住み分けをして限られた土の
使用配分を行っています。
 この理屈分かりますよね。 ので最初に何を植えるのと聞いたわけです。
 単純に購入した庭木の根を包んでいる根鉢の三倍云々という単純な発想でやってしまうと何年後かにかれたんです。 ということになります。
 また購入する土ではなく現在の土をやわらかくするために相応の完熟した腐葉土や堆肥(バーク)を石ころを取り除いてから十分な深さ」・広さの穴に入れてから混ぜながら植床を作ってなおかつ堀りあげた土に同じように混ぜて埋め戻すというのが一連の植栽の過程です。
 さらに庭木によっては水鉢を作って水極が必要なものや逆に一切の水を必要としない土極もありますので注意が必要です。
 一般的には広葉樹は水極、針葉樹は土極と言われていますが絶対ではありません。 植栽する地域の特性やその時期、根鉢の状態、植物の現在の状態などいろいろと判断する材料があります。
 植えてから枯らす場合の大半はこの植え込みの段階での判断ミスが90%、以後の管理ミスが10%です。
 本職が枯らしてしまう場合も同じです。 ですから枯保障しますなどという戯言を彼らは言うのです。 最初から分かっているのです。
 
>ただの土が売っていないので迷ってしまいます。
  一般の土は普通地元の山を切り崩して発生させる山砂系(あるいはまさ土)は建材店にあります。
 大きいところは自社で土取場を持っています。 そういうところから
購入するか造園やさんからですね。

植栽する樹木によってまったく違いますよ。
つまり植物はその最大樹高と比例するように根っこの部分もその深さと広さが要求されます。
極端な言い方をすれば
「黒松」が地上部の占有体積が最大で直径15mの球体になると仮定すれば根っこの部分(地下部)その三分の一は必要です。(楕円状)
 一方「南天」は高さが2mx1m程度ですから地下は。0.7x0.3 。
 つまり根の深さは30センチ程度で済みます。 それ以下は砂利層であろうと粘性であろうとさほど通常の生育活動には問題ありません。
 このよ...続きを読む

Q木の根の周りどうしてますか?

小さい庭ながらもガーデニングを楽しんでおります。現在、エゴノキ・シマトネリコ・ヒメシャラが庭木として植わっておりますがそれ以外は殆どが土になっており雑草などが生えてきてしまっています。デザイン的にも木の根の周りを何かおしゃれにデザインしたいと思っているのですがレンガでサークル上に囲む以外に何か素敵なデザインなどありませんか?また雑草が生えないようにするには草木を植えるのが一番良いのでしょうか?砂利などを入れてしまうと後から草花を入れるのは難しいでしょうし・・・何かよいアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

「シマトネリコ」。良い木ですね。わたしも植栽したい樹木の一つですが耐寒性がないので落葉の「トネリコ」で我慢しています。 
 さて、木の根元にはレンガなどの重さのあるもので囲んだりするのは生育が悪くなる原因となります。 特に質問のなかにある(シマトネリコ以外の)植物は落葉樹のなかでも自然風な様相を得るために利用するのが良い植物ですので、下草を植えてアクセントをつけるほうがより素敵ではないでしょうか。
 
<雑草よけ>
 除草対策としてわたしは次のようにしています。 
1.夏場の根元乾燥を防ぐために完熟腐葉土で秋口までマルチング。(秋には土と良く攪拌してフワフワした土壌に改良します。) このマルチングで雑草が生えるのを一定期間防止してくれます。

2.潅木や下草を植栽して、雑草が蔓延るのを少なくさせる。 
   良くやっているのが這性のグランドカバーを植えています。 特に今利用しているのが初夏に白っぽい八重の花が咲く「イワダレソウ」を株分けして根元や草取りした跡地に植えています。 これでほとんどの小さい雑草は増えません。 またこのイワダレソウは這性でも繁殖力が抜群ですので踏んでも気になりませんし、あとで植物を植えるときもそのまま土を掘るような感覚で出来ますので大変助かっています。 
 スギナやドクダミ・ハルジオンなど勢力の強い草の繁殖も多少抑えられているようでうす。 

3.草取りする前に消石灰を定量散布して、取りながら土と攪拌しておくと雑草の初期発生と成長をおさられます。
 
 出来るだけ植物や土壌改良での雑草対策とそれに沿ったガーデニングを期待いたします。 それが長い目で植物の成長にはおおいに貢献することになります。

「シマトネリコ」。良い木ですね。わたしも植栽したい樹木の一つですが耐寒性がないので落葉の「トネリコ」で我慢しています。 
 さて、木の根元にはレンガなどの重さのあるもので囲んだりするのは生育が悪くなる原因となります。 特に質問のなかにある(シマトネリコ以外の)植物は落葉樹のなかでも自然風な様相を得るために利用するのが良い植物ですので、下草を植えてアクセントをつけるほうがより素敵ではないでしょうか。
 
<雑草よけ>
 除草対策としてわたしは次のようにしています。 
1.夏...続きを読む

Q木の根元に花を植えるとき

庭に木を植えようと思っています。
ご近所のお宅を見ると木の根元にお花を植えてたりして、とってもかわいいのですが・・・ 
植え替えるときに木の根元を傷めてしまったりしないのでしょうか?手で引っこ抜いて、途中で切れたり抜けない根っこはそのまま・・・なのでしょうか?
あるいは植え替えないのでしょうか?宿根草ならそのままでいいのですか?

あと気をつけるポイントなどなにかありましたらお願いします。わからないことばかりですみません。

Aベストアンサー

2番です。関係情報を
>木の根もとの乾燥を防ぐため
これは園芸品種草類でやるものではないです(木を守るか.草を守るかの判断を迷うときがある。雑草ならば無条件に木を選択できますから)。木をうえたらば.根元から30cm程度話して.土の堤防をトーナツ状につくります。ドーナツの中に降った雨が流れ図に土の中に染み込むようにして間奏を防ぎます。2-5年縦は.根が半径1m以上横に広がりますから必要なくなりますが。

木の場合葉がしおれてきたら水をまきます。注意点として.水を流さないこと(ドーナツの中に水をためる)。必ず染み込ませること。夏は.日が差している(=朝露が乾く間では可)期間の水撒きは原則として避けてください。木がゆだって枯れます。
冬は主に凍結による下ん層です。凍結するふかさよりも深く根が張るまでは.敷き藁・盛り土などで根の周りの凍結による間奏を防いでク多彩・。

日本の温暖気候の場合には雨水を有効利用(干す威力)することを考えてください。

Qヤマモモの葉が枯れ落ちています

ヤマモモ(森口)が半月前頃から、急に元気がなくなり、葉がどんどん枯れて散ってしまいます。
今のところ、今年の新しい葉が、少し残っていますが、これも、少しずつ枯れて落ちていきます。もう少しで全滅するところです。
只、葉が散ってしまった枝の先が未だ青い枝も少し残っていますので、微かな望みを持っています。

このヤマモモは、樹高2mぐらいに育った樹で、昨年の9月頃、購入し、植えたものです。冬と夏を越したことになります。何が原因でしょうか?
虫もついていないようです。地下の奥深くは判りませんが、地表の水はけはいいと思います。夏の水遣りは十分だったと思います。
心当たりとしては、ヤマモモを植える前に、同じ場所にプラムの樹を植えたのですが、突然枯れたことがあります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

昨年9月ごろお植えになったのでしたら 今頃は 丁度根巻きの中の土から出た根が 植えた先の庭の土に出て行ったころと思われます。そこで調子が悪くなったのであれば まず考えられることは 庭の土との相性です。やまももは弱酸性の土が好きです。おうちの土はどうですか。(通常土は古くなると酸性に偏ってきますが。)アルカリ性のきつい石灰など入れすぎていませんか。次に考えられるのは 肥料アタリです。浸透圧の違いで 肥料が濃すぎると 根が水分を吸収できず 枯れていきます。寒肥は根から充分離して与えましたか。そして最後は水腐れです。水の与えすぎで
根を弱らせていませんか。葉が茶色くなるのは 水切れの症状でもあるのですが 本当の水不足と 水の与えすぎによる根の弱りという正反対の理由があります。
どうでしょうか。今年の台風の塩害も考えられますが
思いつくまま書いて見ました。参考になれば幸いです。だめもとで根鉢の周りを掘って鹿沼土と腐葉土を9対1に混ぜたものを入れるという方法もあります。そのときは これ以上の水分の蒸散を防ぐため枝葉を少し落とします。

Q水道管と庭木の距離について

造園、水道、外溝関係にお詳しい方限定でお尋ねいたします。

庭に木(樹高2mくらい)を植えようと思うのですが、近くに上水道管が通っています。
根鉢と、その斜め下方向に通っている水道管の距離は、おそよ15cmです。
(植え付け部分を試掘し確認済み)

こちらの条件といたしましては、
○ 植える場所の位置を変える(ズラす)予定はありません(今の位置が無理なら植えません)
○ 自分で植えます(もし管の保護などの必要があってもDIYで養生します)

どこの家庭にも水道管は通っていますので、家主が知らずに植えてしまうケースも多々あるかとは思いますが、
木(根)の成長に伴い、水道管への影響が心配です。

今回の様な場合、気にしなくて良いのか、若しくは植え付けを避けるべきか、
その他、何か対策等がありましたらアドバイスをお願いいたします。
(お礼投稿は必ず行います)

Aベストアンサー

水道屋です。
給水管の材質によります。黒っぽい管(HIVP管)であれば、まず問題ありません。(出来れば、1mくらいの長さの範囲をコンクリートで保護すれば完璧です)
灰色の管(VP管)ならば、1mくらいの範囲をコンクリートで保護すればOKです。

Q大きくしたくない地植えの庭木対策

今年3月から、ポップブッシュを地植えしていますが、約9ヶ月の間に2倍近くの樹高になり、
成長の早さに驚いています。
事情があって、別の場所に植え替える予定なのですが、
根が広がらなければ大きさも制限できるだろうと考え、
果樹用の大きなプラ鉢ごと、土の高さに合わせて植えようかと思っています。
水捌けなども心配なのですが、この様な事は無謀なのでしょうか?
それでもダメなら、摘心、剪定かなと思っています。
また、他に対策があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ホップブッシュはムクロジ科の半耐寒性常緑樹で、樹高は約1~4m位に
なります。生長速度は平均して40cmなので、9ヶ月で2倍近くなった
のはそのためだと思います。

地植えと鉢植えの大きな違いは、植替えをする必要があるか無いかの違い
です。鉢植えのまま地面に埋めているので、見た目は地植えにしていると
思いがちですが、実際には鉢植えをしていると同じ事で、2~3年に1度
は植替えが必要になります。
確かに鉢により周囲が閉ざされているため、根が張る事は地植えより制限
されます。十分な根張りが出来ないのですから、生長速度も通常よりは遅
くなる事は間違いありませんが、その分だけ生育も通常よりは悪くなる事
も考えなくてはいけません。場合によっては枯れてしまう事も考えないと
いけないと言う事です。
根が広がらない分だけ、生育も悪くなると言う事です。

水はけは確かに悪くなります。底穴1個しか無いため水が逃げるため時間
が長くなってしまいます。土も乾く時には乾かないといけないので、場合
によっては根腐れを起こす可能性もあります。

樹高を低くさせたい時は、剪定時期が来たら剪定を行う事です。強く剪定
をすると樹高は抑えられますが、その分だけダメージは大きくなり、樹勢
が衰えて場合によっては枯れる事もあります。
時期的には花後に樹形を乱している枝を切って、樹形を整えます。これの
繰り返しで樹高を維持出来るわけです。樹高を抑えたいなら、時期が来た
ら忘れずに剪定を行う事です。方法はこれしかありません。

植替えと植付け時期は、11月から翌年の梅雨入り前までに行います。
日当たり、水はけ、強風の当たらない場所を選びます。耐寒性は強いので
すが、それでもマイナス3℃以下になると状態が悪くなります。
霜が当たると葉が傷むので、その時は何らかの防寒対策が必要です。

ホップブッシュはムクロジ科の半耐寒性常緑樹で、樹高は約1~4m位に
なります。生長速度は平均して40cmなので、9ヶ月で2倍近くなった
のはそのためだと思います。

地植えと鉢植えの大きな違いは、植替えをする必要があるか無いかの違い
です。鉢植えのまま地面に埋めているので、見た目は地植えにしていると
思いがちですが、実際には鉢植えをしていると同じ事で、2~3年に1度
は植替えが必要になります。
確かに鉢により周囲が閉ざされているため、根が張る事は地植えより制限
されます。十分な根張...続きを読む

Qコンクリート面に木を植えたいのですが、

おしえてください。
コンクリートの面に土を盛って木を植えたいのですが、木はちゃんと
育ってくれるでしょうか。

希望は、エゴノキなどで2~3メートルまで大きくなるとうれしいのですが。コンクリートを掘って植えればいいのでしょうが、コンクリートを掘る道具もないので。

現在、コンクリートの上に50cmぐらいの土がもってあります。半径90センチほどの扇形の花壇に植えたいのです。

よき、アドバイスを。

Aベストアンサー

結論から言えば「可能」です。ただし
1.土が流れ出さないように土留めをしっかりすること
2.排水構造がしっかりしていること
が必須条件です。さらに樹木を植えるならば
3.コンクリートに対する防根の処理
4.樹木が倒れないための支柱
5.潅水システム
が必要になります。
具体的に施工手順で説明すると
1.土留め(プランター状でも花壇のような形でも可能。
      プランターの外に排水するような穴が必須)
2.防根シート
3.排水層(パーライトなど)
4.フィルター(土壌の流出を防ぐ)
5.土壌(可能であれば保水・透水性が優れた人工土壌)
6.支柱が見えない地下支柱と潅水
のようになります。
参考画像はこの手順の断面図になります。
必要な土壌の厚みなどについては、専門の会社に問い合わせてみては
いかがでしょうか?

東邦レオ: http://www.toho-leo.co.jp
トーシンコーポレーション: http://www.toshin-grc.co.jp/
都市緑化技術開発機構:植物の大きさによる必要土壌厚
http://www.netlaputa.ne.jp/~green/IMAGE/URBANGREEN/t_cm.gif

参考URL:http://www.toshin-grc.co.jp/goods/grc/img_tlc/tlcsystem_image.jpg

結論から言えば「可能」です。ただし
1.土が流れ出さないように土留めをしっかりすること
2.排水構造がしっかりしていること
が必須条件です。さらに樹木を植えるならば
3.コンクリートに対する防根の処理
4.樹木が倒れないための支柱
5.潅水システム
が必要になります。
具体的に施工手順で説明すると
1.土留め(プランター状でも花壇のような形でも可能。
      プランターの外に排水するような穴が必須)
2.防根シート
3.排水層(パーライトなど)
4.フィルター(土壌の...続きを読む

Q隣地との境に植える木はどのようなものがよいか?

現在新築中(北玄関の家です。)で道路沿いの植栽計画をしております。これはハウスメーカーとの契約で必ず数本は植えねばなりません。そのなかで隣地との境に(北西角)1,5~2,0mの木を植える予定となっているのですが、どのような木がよいでしょうか?落ち葉などでお隣さんとトラブルがないようにするには常緑が妥当だと思っているのですが、いかがでしょうか?常緑樹で思いつくのは、今のところ、ソヨゴ・ヤマモモ・モッコク くらいです・・・。

ハウスメーカー側の提案によると、ヒメシャラが提案されております。ヒメシャラはとても素敵ですし、隣地との境に植えるのはなにか勿体無い気がしてなりません。(電柱があるので、ヒメラシャを植えても少し隠れた感じになってしまいます。)それで我が家は北玄関の家なので、西日のあたらない玄関脇に植えようかと検討している次第です。

宜しくご助言の程お願い致します。

Aベストアンサー

ヒメシャラは落葉樹ですし、そんなに簡単に育てられる木ではありません。
新築の家に植えてあるのを最近よく見かけますが、大抵2,3年のうちに枯らしてしまっています。
とてもデリケートな木で、水を切らすとすぐにダメになってしまいます。

無難なのはやはり常緑樹です。
ソヨゴはいいと思います。
ただ、目隠しになるほど葉っぱの茂る木ではありません。
ヤマモモはでかくなりますし、花が枯れた後のカスが下にたくさん落ちて地面を汚します。
モッコクは枝が四方に広がって場所をとります。

私ならシラカシが目隠しにもなっていいと思います。
常緑樹のわりには葉っぱが軽やかで、洋風住宅にも向く数少ない常緑樹です。
ただ、この木もドングリができますので、もしかすると下に落ちるドングリがお隣に迷惑をかけるかもしれません。

目隠しにならなくてもいいのでしたら、ソヨゴ、ハイノキ、シマトネリコが常緑樹の中では爽やかな感じでおすすめです。

・シラカシ
http://www.rakuten.co.jp/tokaigreen/711202/763421/

・ハイノキ
http://www.rakuten.co.jp/tokaigreen/711202/752821/

・シマトネリコ
http://www.rakuten.co.jp/tokaigreen/711202/763335/

ヒメシャラは落葉樹ですし、そんなに簡単に育てられる木ではありません。
新築の家に植えてあるのを最近よく見かけますが、大抵2,3年のうちに枯らしてしまっています。
とてもデリケートな木で、水を切らすとすぐにダメになってしまいます。

無難なのはやはり常緑樹です。
ソヨゴはいいと思います。
ただ、目隠しになるほど葉っぱの茂る木ではありません。
ヤマモモはでかくなりますし、花が枯れた後のカスが下にたくさん落ちて地面を汚します。
モッコクは枝が四方に広がって場所をとります。

私なら...続きを読む

Q真砂土の土壌改良の方法

新築の庭に真砂土が入っています。少し掘り返し、市販の園芸の土を入れて植物を植えたのですが、あまり育ちがよくありません。
土壌改良をしようと思っているのですが、堆肥+腐葉土を真砂土に入れるだけで良いのでしょうか?どのくらい入れればよいのかアドバイス頂ければ助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.2です。 
 ガーデニング暦は結構長いです。 失敗もしてますが自分で設計施工してます。 和風、洋風から竹垣、庭門、アプローチ等々構造物も自作してますが植物管理が一番難しいですねえ。
 植物を育てることで一番大事なことは元気で丈夫な土を作ることです。 根っこが健全に発育してれば自然と地上部の枝葉は元気に育ちます。
 根っこが育つには水、肥料も大事ですがそれ以上に新鮮な空気を供給してやることがもっとも大事です。
 そのためには昔から「水はけ水持ちの良い土壌にすること」といわれてます。 
 
今回植物の成長が芳しくないのは
>少し掘り返し、市販の園芸の土を入れて・・・  ここにも原因があります。 植物を植える場合は根鉢の土壌と類似さた土壌にして植える必要がありました。
 培養土を只入れたのでは真砂土と培養土が異質の土壌になってますので真砂土が水はけが良すぎれば土壌が乾燥しすぎる傾向になっているということです。
 植物を植える場合は次のようにします。
1.根鉢の三倍の直径+根鉢の倍の深さの穴を掘る。
2.植穴に腐葉土+堆肥を入れて底土と良く攪拌する。
3.掘り上げた土に腐葉土を混ぜて植床を作る
4.植物を置く
5.再度No.3を作って植え穴の隙間に戻して軽く突き固める
6.水鉢を作ってからたっぷり散水する。
   (ただし松などの針葉樹は水鉢は厳禁、散水もせずに土を軽く突き固めて完了すること)
 以上のように植え付けを完了しても植物によっては元気になるまで何年もかかる場合があります。 植物は根っこが伸びて土に馴染むまでが勝負です。 元気が無い場合は木酢液の1000倍液を月一回ペースでバケツでたっぷりやれば元気になります。
 試行錯誤の繰り返しです。 ゆっくりやってください。 急げば回れは植物の世界にもいえる事です。

ANo.2です。 
 ガーデニング暦は結構長いです。 失敗もしてますが自分で設計施工してます。 和風、洋風から竹垣、庭門、アプローチ等々構造物も自作してますが植物管理が一番難しいですねえ。
 植物を育てることで一番大事なことは元気で丈夫な土を作ることです。 根っこが健全に発育してれば自然と地上部の枝葉は元気に育ちます。
 根っこが育つには水、肥料も大事ですがそれ以上に新鮮な空気を供給してやることがもっとも大事です。
 そのためには昔から「水はけ水持ちの良い土壌にすること」といわ...続きを読む

Q鉢植えのヤマモモ

ヤマモモを鉢植えにして5年、樹高1.5m位です。今年初めて大粒の実をかなりつけてくれました。大変おいしくて大喜びしています。多くを期待してはいませんが鉢植えでも今後も実をつけてくれればいいなあと思っています。剪定、植え替えのことなど管理の仕方を教えてください。3鉢あって1本はかなりの実をつけ、1本は数個のみ、もう一本は実をつけませんでした。

Aベストアンサー

実付き状況がバラバラな原因としてですが、ヤマモモは約20種類ほど
仲間がいると言われています。品種によって実の大きさや数が異なりま
すから、品種を良く見て購入するようにします。ラベルにはヤマモモと
しか書かれていませんから、そのまま購入するのではなく販売員の方に
ヤマモモの種類を聞く事が必要と思います。質問に答えて貰えない店で
は、売るだけの商売だと解釈して別の店で購入した方が確実です。

3鉢とも鉢のサイズや管理(施肥、水遣り、置き場所など)が同じであ
るなら、ヤマモモの種類が異なっていると考えるべきでしょうね。
3鉢とも同じ種類だと仮定しますが、全く実を付けなかった1本は雄木
だった可能性があります。実が少なかった1本は、受粉が良くなかった
可能性があります。2本は雌木で1本は雄木かも知れません。
ヤマモモは雌雄異化ですから、実を収穫するには雄雌の両方が必要にな
ります。両方の木があっても花粉を運ぶのは虫ですから、その花粉を運
んでくれる虫が少なければ受粉は行われないと言う事です。

鉢植えのヤマモモの場合は本来樹勢が強い強健な木ですから、5年間も
植替えをしないでいると鉢内で根が一杯になって根詰まりを起こしてし
まいます。今は元気でも、近い内に根詰まりによって根腐れなどの症状
が出ますから、長くても3年に1度は植替えが必要になります。
また鉢土は永久的に使用が出来ません。土は日毎に劣化をしますから、
5年も植えっぱなしでは土は土ですが役目を果たせられる状態では無い
と言う事になっています。
植替えが出来るのは3月で、赤玉土6:完熟腐葉土3:園芸用川砂1で
作業を行って下さい。現在の樹高からすると、10~12号鉢が適当と
思います。鉢底穴を防虫ネットで塞ぎ、鉢底石を入れてから先ほどの土
を入れます。
肥料は植替え時に元肥として鉢底に入れますが、鉢底石を入れて1握り
の土を入れて固形肥料を入れます。その上に更に一握りの土を入れて、
それから株を入れるようにします。肥料が根に直に触れると、肥料負け
を起こして枯れてしまいます。9月頃は収穫も終わっているので、その
頃に置き肥として固形肥料を施します。
剪定は2~3月に行いますが、全体を良く見て前年度に伸びた枝を良く
見て、込み合っている枝や下向きになっている枝を枝の付け根から切っ
て下さい。強剪定にも耐えられる樹木ですが、強く剪定したり適当な箇
所から切ってしまうと翌年の結実に影響します。まだ成木とは言えない
大きさですから、バサバサと切るような剪定は避けて下さい。

実付き状況がバラバラな原因としてですが、ヤマモモは約20種類ほど
仲間がいると言われています。品種によって実の大きさや数が異なりま
すから、品種を良く見て購入するようにします。ラベルにはヤマモモと
しか書かれていませんから、そのまま購入するのではなく販売員の方に
ヤマモモの種類を聞く事が必要と思います。質問に答えて貰えない店で
は、売るだけの商売だと解釈して別の店で購入した方が確実です。

3鉢とも鉢のサイズや管理(施肥、水遣り、置き場所など)が同じであ
るなら、ヤマモモ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報