痔になりやすい生活習慣とは?

現在、戦争中の国はどのくらいあるのかが知りたいです。
よく、戦争中の国は早くやめてほしい、などの声を聞きますが、実際、現在どの国が戦争をしているのか把握できている人は少ないと思います。
私も、把握できていない一人なので、どうのこうの意見を言う前に、ちゃんと把握しておきたいです。
できれば、数だけでなく国名も知りたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

現在戦争中の国はありません


ですが、紛争中の国は一杯あります
韓国と北朝鮮も38度線近くで『停戦』しているだけで、未だに紛争中であるといえば言えます
また中国・ネパールもそうですね。アフリカも多いです
ニュースにはなりにくいですが、世界中の色んなところで戦いは続いています
    • good
    • 0

戦争中=武力衝突が発生している状況と解釈します。


(既に他の方が解説している分は除きます。他にもあるかも知れませんがそれは見識者の補足に期待します。尚、私の主観を一部含みます)

イラク:武装勢力対アメリカ連合軍(イラク国内、ロンドンなど)
アフガニスタン:政府対反政府武装勢力
イスラエル:イスラエル対パレスチナ武装勢力
中東諸国全域:イスラム原理主義武装勢力対キリスト原理主義(主観)
インド:インド政府対武装勢力(ナクサライトと呼ばれる毛沢東主義の極左武装勢力)

あと、現在停戦・冷戦中のものを含めると数え上げればきりがありません。
    • good
    • 0

近くでは


韓国vs北朝鮮
が戦争中(休戦はしているが、小規模な武力衝突は発生)かな?
中国vs台湾も終戦していないし、
戦闘自体が行なわれていない分まで含めると かなりの数にのぼるよw
    • good
    • 0

現時点では、国家間の戦争は行われていません(休戦中・停戦中はあります)。


ウガンダ、コートジボアール、コンゴ民主共和国では内戦があるようです。
    • good
    • 0

回答にはなっておりませんが、「戦争」とは定義付けが難しいと思います。

何をやれば戦争かも分からないし(宣戦布告?)、sanpinchanさんは国名とおっしゃっておりますが、今日の戦争は国同士よりも民族や宗教感の相違から起こる戦争の方が多いと思います。規模も、国際的なものから局地的なものまで様々あるので答えきれないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2016年5月現在戦争をしてる国内乱が起きてる国は何処ですか?

2016年5月現在戦争をしてる国内乱が起きてる国は何処ですか?

Aベストアンサー

朝鮮南北では戦争中ですね
中国は内モンゴル、チベット、ウイグル、台湾を支配下にあるとしてしてますが
紛争の火種になっています
ロシアとウクライナのクリミア問題は解決しておらず
北アイルランドやスコットランドも紛争がたえず
スペインのカタルーニャも独立に向け紛争になるかもしれません
ヨーロッパ全体では100年単位でアラブ系住民と衝突をくりかえし
アメリカも移民対立が深まってきており場合によっては内戦になるかしれません

日本だって沖縄が本気で独立云々いいだしたら、内戦になってもおかしくありません。

Q現在、戦争をしている国の数。

現在、世界でどのくらいの数の国が戦争をしているのか教えて下さい。

具体的な数で教えていただけるとうれしいです。

学校の宿題の参考にしたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外務省の「海外安全ホームページ」なんかを見ると多くの国で紛争が起きていることがわかります。
http://www.anzen.mofa.go.jp/

どのような宿題かわかりませんが、No.1、2さんの回答からはこんな書き始め方ができますね。がんばってください。

「私は、まず世界の中でどのくらいの国が戦争状態になるか調べようとした。しかし、戦争とは何かをあらためて考えると、それが単純にわかるものでないことに気がついた。なぜならば、~(No.1,2さんのような例)。」

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q現在戦争中の国はあるんでしょうか?

弟が「今起こっている戦争」をテーマに模造紙を書くと
言ってるんですが、、、(宿題だそうで)
私自身今どの様な戦争が起こっているのかわかりません。
(正直戦争してるの?て感じです)

調べてみたんですが良さそうなHPが見つからなくて
停戦中?内戦?とか色々あるようですが
思い当たる物を教えていただけませんでしょうか?

詳しく書かれているHPもあれば嬉しいです。

お願い致します。

Aベストアンサー

弟は何歳でしょうか?
小学生が調べるのと大学生が調べるのでは薦め方が異なってきますので。

取り敢えず簡単に紹介しておきますね。

・イラク戦争(イラク)
・パレスチナ戦争(パレスチナ)


 >正直戦争してるの?って感じです
  しています。
  日本にいるからあまり感じないかもしれませんが、
  決して戦争が無いわけではありません。

韓国・北朝鮮でも戦争はありますよ。

インターネットで、「戦争中の国」で検索してみて下さい。
幾らかヒットしますよ。

Q現在進行中の戦争、紛争を教えてほしいです

戦争をテーマにレポートを書こうと思っています
多過ぎるのであれば、大きなものだけでもいいので教えてほしいです

Aベストアンサー

・ウクライナの内戦
もともとロシアとウクライナはソ連連邦の構成国同士であったが、ソ連崩壊でウクライナはロシアと袂を分かちあった。
しかし、ウクライナという国は西側は第二次世界大戦以前はポーランド領土でもあったため、どちらかといえば、ウクライナ人やポーランド系住民が多く、東側はロシア系住民が多い。
独立をした後、ロシアが天然ガスの供給元であったため、ウクライナもその恩恵にあずかるべく親ロシア派の政権であったが、シェールガス革命等でロシアの天然ガス供給の恩恵がなくなると親ロシア派が退陣、ウクライナは親eu政権が樹立する。
しかし、ソ連時代からわかるようにソ連時代はポーランドや東ドイツがロシアにとっての西側諸国からの防波堤になっていたのにソ連崩壊以降、ウクライナが防波堤になっていた。
しかし、ウクライナもソ連から離れると防波堤の役割がなくなり、ロシアにとっては脅威となる。
そこで、クリミア住民をたきつけたり東ウクライナ住民を影からたきつけたりしている。
しかし、西側諸国はそれがロシアの領土拡大と警戒するようになったが、マレーシア航空撃墜事件でさらに西側諸国はロシアを警戒するようになった。

・ガサ地区のイスラエルとパレスチナの交戦
何回か停戦交渉を行っているが、原因はガサ地区でイスラエル青年が誘拐殺害された事件がきっかけ。もともとこの地域はユダヤ(イスラエル)にとっては、ユダヤ王国があった聖地であるが、そこにはすでにアラブ系のパレスチナ住民が住んでおり、第1次世界大戦以前はオスマントルコの支配下でユダヤ人は入植すらできなかった。しかし第1次世界大戦でイギリスがトルコに勝つために現地のアラブ人の力を借りるため独立を保障し、かつユダヤ財源をあてにするためユダヤ人にもこの地での独立を保障。いわゆる二枚舌外交を行った。しかし第1次世界大戦後、イギリスはこの約束を反故にし、ユダヤ人の入植を制限、アラブ人の独立も行わなかった。ナチスドイツの迫害も拍車をかけ世界で迫害されたユダヤ人が現在のイスラエルへ集まりはじめていた。第二次世界大戦後、ユダヤ人の入植やアラブの独立の力をイギリスが食い止められず、イギリスは撤退。
イスラエルの独立にアメリカが力を貸した(アメリカにはユダヤ資本が多く、支援することによりユダヤ系の選挙数を確保できるため)ため今度はパレスチナ人の難民があふれることとなりこれが原因で今のパレスチナ問題が発生している。(ガザ地区はパレスチナ難民が住む地域)
最近の空爆でガザ地区のパレスチナの学校等が襲われ人道的な面から停戦が呼びかけられているが、パレスチナ側としても、このような病院や学校の近くに軍事基地を置き、いわゆる民間人を人間の盾としているため、イスラエル、パレスチナとも両方に言い分がある。

・イラク内戦
イラクでは元々石油資源があったことから第1次世界大戦後オスマントルコからイギリスが植民地化していた。しかし、戦後の独立機運からスンニ派の国王がイギリス指導の下独立したが、もともとこの国にはイスラム教のスンニ派とシーア派の対立(スンニ派とシーア派の違いはイスラムの教祖のマホメットの血脈をイスラムの中心に置くかどうかの違い(シーア派が置く方、スンニ派はこだわらない)だったと思う)のは根強くまた北にはクルド人も生活しておりこの3者の対立構造の中何回も政権が変わっている。ちなみにフセイン大統領はスンニ派。
そこにアメリカの侵攻もあり反米、親米対立も入るようになった。
フセイン大統領が倒された後当然ながらシーア派の政権が握るようになったが、そうなると気に入らないのがスンニ派であり、またイラクの北ではクルド人が生活しておりクルド人の領域はイラクにとどまらず東トルコ、シリアにも広がっており、それが反政府勢力の拠点(シリア内戦でもそうであった)となっている。
つまり民族問題と宗教問題と反米問題が重なり合って今の内戦となっている。

くらいですかね。

・ウクライナの内戦
もともとロシアとウクライナはソ連連邦の構成国同士であったが、ソ連崩壊でウクライナはロシアと袂を分かちあった。
しかし、ウクライナという国は西側は第二次世界大戦以前はポーランド領土でもあったため、どちらかといえば、ウクライナ人やポーランド系住民が多く、東側はロシア系住民が多い。
独立をした後、ロシアが天然ガスの供給元であったため、ウクライナもその恩恵にあずかるべく親ロシア派の政権であったが、シェールガス革命等でロシアの天然ガス供給の恩恵がなくなると親ロシア派...続きを読む


人気Q&Aランキング