消費税は上げざるを得ないという意見が散見されますが。はっきり言ってマスコミによる根拠の希薄な、あるいは議論の順序を故意に無視した刷り込みだと思います。

 よしんば仕方ないにしてもその前にやらなくてはいけないことが山ほどあるはず。この意見の差は、おそらく私に税や社会保険に関する制度の基本的な知識や認識が欠如、あるいは不足しているためと思われるのですが、どなたか消費税を問答無用で上げなくてはいけない理由を理詰めでじっくりとお教えいただきたいと思います。

 この質問の背景となった歴史的な財政事情の分析や税制への考察はとても800字では書けませんのでおいおい捕捉させていただきます。

 非常に素朴な疑問であり、貧しい私も進んで消費税率アップ賛成の列に加わりたいと思っておりますので、ご指導のほどよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (26件中21~26件)

世界の各国の消費税を見ますとほとんどが15%以上で特にヨーロッパ辺りは20%~25%です。


5%などという低率の国は数えるほどしかないというのが実情です。
http://www1.sphere.ne.jp/k-kanzei/sekai-zei2.html
他の先進国と同じような福祉制度をとろうとすればもう少し上げなくては無理だろうということが大局的にはいえるのではないかと思います。
ただし、日本は企業の力が強く、企業が納めている税金が他国よりかなり高いため、国民個人から徴収する消費税は少し低くてもいいと思いますが、そうは言ってもあまりにも乖離が大きいように思います。
どういう福祉制度、年金制度にしていくのかの議論とともに設定されていくべきことと思いますが、個人的には段階的に10%ぐらいにするのはやむを得ないことだと感じています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 消費税率だけで比較するのは危険かと思います。税の背景にはそれぞれの国の行財政システムがあり、福祉や年金や国民生活のそれぞれの姿があります。例えば日本は物価が高いと言われますし、日本はOECDの統計では貧富の差において世界で第5位の国であるとか。

 そういう中で一律の高率の税率を導入するのは、さらなる格差の増大を引き起こし大多数の国民を不幸に陥れるだけかと。

 ある統計によると、企業内の内部留保の中で投資に回らないストックは82兆円にのぼるとか。それが事実だとすると、本来なら正規雇用の賃金やフリーター(本来なら正社員)の社会保険料や税金として国庫に入っていたお金だろうと思います。企業やお金は一体何のために存在するのか是非とも考えてみる必要があると思います。

>個人的には段階的に10%ぐらいにするのはやむを得ないことだと感じています。

 この言葉に確固たる根拠があるかというと、私はますます混乱してしまいます。なぜ皆そう思いこんでいるのか、一から論理を積み重ねていくと自分の生活だけではなく営々として積み重ねてきた国民経済にまで大きな悪影響を与えかねないと思います。皆がそう思いこんでいるその理由を是非とも知りたいところです。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/17 20:35

一般人です。


理由として税の不公平があります。
例としては、
サラリーマン・・・所得は透明。しっかり税金。税引後を生活費等に使用している。よって収入の割りに大変となる。
自営業(中小零細企業経営)・・・各種経費、交際等を考慮に入れ、また家族も従業員とみなす。よってほとんどすべて使用した残りを、家族従業員の給与等にて分配。残りが課税対象(よって住民税程度となる)。一見所得は低くなるが、実際はまったく異なる。(ただし、本当に大変な方もあります)
ちょっと極端ですが・・・
これらの結果、年間所得400万とした同じ場合なぜか
サラリーマンの車は国産大衆車
自営業は輸入車またはセルシオとなります。

この回答への補足

 字数制限を食らいました。お礼の続きです。

 私は思うのですが、サラリーマンと自営業者が対立するのではなく、同じ制度にしてしまえば問題は解決するものと思います。人的基礎控除をしかるべくあげた上で源泉徴収は会社でするが年末調整と給与所得控除は廃止し、だれしも領収書を集めて記帳しそれによって自分で所得を計算し申告する制度がよいと思います。もちろん計算や記帳ができない人はちょっと税額の高い概算控除も選択できるようにしておけばその分税収が増え政府も助かるでしょう。

 それからサラリーマンにとっても所得を捕捉される機会が税や社会保険料や労働保険などバラバラでせっかく給与台帳をつけているなら個人で事務をすべきで、もはや終身雇用制も大昔の話である以上、個人の税務や社会保険手続きは個人に帰すべきだろうと思います。給与明細さえみなければサラリーマンは税や社会保険に関する負担を認識する必要がなく、逆に企業から見ると源泉所得税や特別徴収の個人住民税や社会保険の会社負担分は人を雇っているばかりに払わなくてはいけない雇用税のようなものと認識しているところもあるほどでリストラ圧力となりそれも宜なるかなと思います。

 消費税が上がる過程で複数税率制は必ず議論になりますが、その際ヨーロッパのようなインボイスの導入は必須となります。企業はインボイスに関する消費税の処理が膨大な事務処理として増えますが、社員の個人税務や社会保険などの事務を減らすことができれば多少は対応できるものと思います。

 セルシオに乗っている業者を是非税務署にちくって下さい。私の疑問とは多少方向が違いますが、古典的でステレオタイプなクロヨンの信者が残っていることに多少驚きました。いえ、私もクロヨンなど是非ともなくして欲しいという考えは全く賛同致します。表現上失礼とお感じになる向きにはお詫びを申し上げます。

ご回答ありがとうございました。

補足日時:2005/09/17 03:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃることはわかります。クロヨンとか言われる不公平のことかと思いますが、これこそがマスコミや政府が振りまいた人工的な悪意かと思います。いえそういうことは全くないとは言いません。私も自営業ですがとんでもないことと思います。逆に本当にそんなことがあればいいなぁとも思います。

 日本の直接税制は終戦直後のシャウプ税制にその骨格を見ることができます。最低生活費への非課税などを原則とした人的所得控除制度が特徴の一つです。確か昭和26年当時26万であった基礎控除はその後の急激なインフレにもかかわらずあまり上がることはなく今でも38万円に過ぎません。

 一方の給与所得控除は55年体制の自社なれ合いによってどんどんあがり、もはやサラリーマンの必要経費と言うよりは完全な恩恵制度へと変貌してしまいました。実態に比して高すぎる給与所得控除と低すぎる人的基礎控除、これがクロヨンの正体のすべてです。消費税を導入しやすくするためにその矛盾は放置されているといっても過言ではないでしょう。

 自営業者は毎日帳簿をつけ税務署から怒られ、高い国保や年金の保険料を全額手出して払い、老齢年金をもらうときは年間80万前後。家族に給料を払えるといっても、生計同一関係にある以上青色事業専従者とすれば配偶者控除や扶養控除の対象とはならず、それほどよいものではないとはっきり申し上げておきます。

 またサラリーマンの奥さんは収入が少ない限り第三号被保険者となり保険料を1円も支払わずに老齢給付をもらえる立場ですが、自営業だとそういうわけにはいきません。奥さんの収入が130万円を超えても知らん顔して第三号被保険者になり続けている者もいるそうで、これも不公平きわまりないと思います。

 また、それほど所得があれば法人化し役員としてサラリーマンになってしまうのが普通で、個人事業者のままでいるのは全然儲からないか、どっかの石油ブローカーのような特殊な犯罪的立場のみです。また儲かっているのに税務署が踏み込まない自営業者は天下り税理士に大枚を払っている連中でこれはまた別の問題であり、天下り税理士の制度をやめて調査を強化すれば解決するだけのことです。

お礼日時:2005/09/17 03:38

No.4です。



自分で書いてなんですが、
貯蓄税は、例えば5000万円以上の人とかの条件が必要ですね。そうしないと、貧乏人を追い込むことに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一説によると新紙幣発行を機に財産税の徴収を行えばよいとの説がありましたが、国内資産の海外資産への散逸が進むことになるかと思います。最後の手段としては平成の徳政令ともいえるハイパーインフレでしょうが、チャイナリスクの具現化やアメリカのスーパー301条などに代表されるユニラテラリズムへの傾倒がもたらす貿易黒字の縮小はデフォルトへのリスクを高めることになるでしょう。怖いですが。

たびたびのご回答に感謝します。

お礼日時:2005/09/17 02:52

消費税は増えすぎるとお金の流通が減り景気を後退させてしまうので、上げればあげただけ効果があるもんでもないです。


その割合の境目を、経済学的にまずは政府が戦略的にシミュレーション研究すべきだと思いますよ。

そうでないと、財政に行き詰っては上げていく無計画さを生む原因になります。

ただ、消費税にもメリットはあります。
例えば年金。
少子高齢化で世代間格差が問題ですが、消費税を利用すれば、年金支給世代(同時に高額貯金を使う人々)からも徴収する効果があります。

ま、ただ、その性質を利用してその分所得税を減らすべきなんですがね。
まずは税金よりも歳出削減が大事です。

ところで、私は、お金を稼いだ時の所得税、使う時の消費税、と、それ以外に、お金を使わない時の貯蓄残高に比例した貯蓄税ってのもあっていいと思いますよ。

お金のある人が溜め込んでいると税金がとられて減っていきます。なので彼らはそのお金を使わないと損になる。彼らのお金が流通すれば景気は良くなる。一石二鳥じゃないですか。
お金のある人から税金をとる、本来の姿です。
収入格差増大の解決策にもなりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>経済学的にまずは政府が戦略的にシミュレーション研究すべきだと思いますよ。

同感です。人間は働いて家族を持ってそして幸福を得るのが普通であり、それができるだけの経済的基礎が勤勉な労働から得られるのであれば、そこから有効需要が生まれると考えます。人間の営む生産活動の中でもっとも生産性の高いのは次世代を育て社会に送り出すことです。その生産性は金額に換算することは不可能であり、だからといって社会からその役割への評価がすっぽりと抜け落ちてしまえば、もはや経済学もへったくれもない普通の勤労国民のいない未来が訪れることになるでしょう。

 例えば10%の税率を考えるとき、収入が300万円ある人にとっての30万円と3億円ある人にとっての3千万円はボリュームが全く違います。残りの所得が標準生計費を下回るからです。決して税率が同じだから公平とは言えません。

 またある統計によるといわゆる勝ち組が蓄えたお金の中で40兆円が投資にも回らず塩漬けになっているとか。また勤労国民層に回るお金も数年間で10兆円以上減ったと言います。これが事実だとすると塩漬けになっているこれらのお金が庶民の結婚や子育てや趣味や旅行など生活関連費として消費されるなら、少子化の解消だけではなく国民消費経済の発展にかなり役にたつものと思います。

>貯蓄税ってのもあっていいと思いますよ。

 結果的にはそうなると思いますよ。ただし貯蓄していない国民も負担させられると思います。政策インフレか自然に進行するハイパーインフレか米ドルの暴落によりペイオフの目減り分を税金で補うことになると予想していますが。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/17 02:47

国会議員や官僚が無駄遣いしすぎた借金+不景気や少子化で税金収入低下が原因だと思います。



公務員はリストラや大幅な減給は出来ないので一般国民(特にサラリーマン)に重い負担をさせて一時しのぎをしようとしています。

確か最初に消費税を導入するときに福祉に使うと言ってましたが、その話は導入しやすくするための方便だったわけです。
次に導入する消費税アップは税金逃れをしている高額所得者の生活にはそれほど影響ないと思われるが、その日暮らしをしている低所得者には生きていけなくなるかもしれない死活問題になる大変な不公平税制になる可能性があります。

消費税アップで生活費や教育費の支払いが大きな負担になりますます少子化がすすみ税金収入が減っていくでしょう。
先行きまっくらな雪だるまのように日本経済が衰退していくのではないでしょうか・・・
近い内に中国・韓国・台湾などの国より経済力のない国になるのは確実のような感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 私は極端な話、税金などいくら高くてもかまわないと思います。たとえ税金が2倍になっても収入が3倍になれば問題ないわけで、地域経済の浮揚に関する論点が一連の議論から抜け落ちている気もします。実際はそのような見込みはないので議論がとげとげしくなりますが、おっしゃるように基本的なところから議論を始めるべきだろうと思います。

>中国・韓国・台湾などの国より経済力のない国になるのは確実のような感じです

 たとえば一連のアジア経済危機のあとIMFの経済支配を受けた後リアリストの考え方が台頭しているようにも見受けられます。あちらの学生と話す機会がありましたが、日本と同様ナショナリズムの傾向があることは否定できませんでしたが、考え方は実質的でしっかりしていると思います。分数の引き算ができない大学生が大部分を占める日本とは大きな差となって将来に響くことになるだろうと感じました。

>先行きまっくらな雪だるまのように日本経済が衰退していくのではないでしょうか

 私の勝手で根拠のない希望かもしれませんが、日本人は歴史上カタストロフィーを迎えれば民族自らに内在する多様性や人間性を足がかりに打開の鍵を見つけてきたとおもいます。明治維新や先の敗戦後の状況がそれを物語っていると思いたいのですが、我々が持ち続けてきた多様性への容認や人間性への希求が発展のベースになっていたのだろうと想像します。弱者を排除してその先にあるはずの希望も同時に失ってしまうことになることを「弱肉強食」や「墜ちる自由」を積極的に容認するものたちには理解できないのだろうかと考えてしまいます。

 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/17 02:07

小泉さんの在任期間中は消費税は上げないと、繰り返し繰り返し言っています。

4年ほど前から言っていると思います。
裏を返せば、小泉退陣後に上げると言う意味ですね。
そのつもりで皆さん動いていますよ。

2008年か2009年の4月からですね。

消費税を上げるのは、所得税や法人税よりも公平だからですね。
脱税をしにくいし、かなり捕捉できます。
消費税を上げるのは問答無用ではありません。
繰り返し繰り返し上げるということをやんわりと言っていますから。

永久に上げないと思っている人の方が少ないでしょう。
国債だけで消費税15%分も発行しているのですから、即刻上げるべきでしょう。

恐らく年金一元化(厚生年金と共済年金)および基礎年金(国民年金)の消費税化として行われると予想しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

率が同じなら公平と言うことは決してありません。税の公平の論点には大きく3つの考え方があります。税率の公平、税額の公平、税引き後の所得の公平ですが、私のような低所得者でもかすみを食って生きていくわけにはいきません。生活費は必ずかかるし、所得が低いほど生計費が圧迫されることになり、高所得者との差は開くばかりでその逆進性は非人間的ですらあると感じます。定職と者である私が怠けているなら話は別ですが、決してそうではないと強調しておきます。

 それから財政運営を誤った側の責任はどうなるのでしょうか。

 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/16 23:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税8%?

 消費税が8%に上げられるそうです。私は毎年1%ずつ上げる方式にするのかなと思っておりましたら、何を狂ったのか8%に決まりそうです。
 公務員の収入は8%ほど下げられたのに消費税8%って庶民感覚でOKですか?
 皆様のご意見はいかがですか?

Aベストアンサー

No.8さんの
>公務員の給与の引き下げは期間限定です。来年4月から、つまり消費税率が引き上げられる
>月と同じ月から、元の給与水準に戻りますよ。だから、消費税8%は庶民感覚でOKです。

これって、消費税を上げる為に、国民を騙したってことになるんじゃないの?
官僚が自分の組織保身の為にやっている様に見える。
日本人として恥ずかしい。

Qなぜ、消費税を上げることはできても、法人税は上げられないのでしょうか?

近年、格差社会が問題となり、大企業と中小企業間の格差が問題になっています。また、財政赤字を消費税を上げて、補うことも議論になっています。そこで、質問ですが、なぜ、法人税を、消費税の代わりに上げることができないのでしょうか。法人税は、近年、下げていると聞きます。逆累進課税である消費税よりも、法人税を上げることのほうが、消費者に与える影響は少ないと思います
みなさんの、ご回答、お待ちしています。

Aベストアンサー

ANo5です。

>税源を、高給を取っている人の所得税を上げることで、賄うというのはどうでしょうか。

残念ながら、効果は薄くて効率が悪いでしょう。よく言われるように、消費税1%上げると、2兆5000億円の税収増が見込まれます。所得税を10%上げてもたった6000億円の税収増しか見込めません。
しかも現在の所得関係のの税率の総額は55%です。(所得税37%、住民税13%、地方税5%)すでに最高で半分以上も税を取られるのです。したがって極端な話、消費税1%増税分を所得税で賄うとすると、所得にかかる税金は90パーセントを超えてしまいます。これでは一生懸命働いてたくさん税金を納める事の意味自体が無くなってしまいますし、節税や脱税の温床になり、また所得を稼ぐ人(能力がある人)が日本を出て行ってしまうケースが激増するのは目に見えています。

それに所得税収の支払い比率をご存知ですか? 所得税収の約54パーセントが、上位11パーセントの人で賄われているのです。残りの90パーセントの人は所得税収の46パーセントしか賄っていません。こんな状態で金持ち増税して日本から出ていかれてしまったら、長期的に見て税収が減るのは目に見えています。

それが日本の現実です。こんな状況でさらに所得税の最高税率をあげたらどうなりますか? ということです。


>余裕のある人から税を取ることになるので、経済を圧迫せずに済むと思うのですが

したがって、最高税率を上げて、高所得者層から増税をすれば、かえって経済を圧迫して、税収減につながるのはのは目に見えているのです。

ANo5です。

>税源を、高給を取っている人の所得税を上げることで、賄うというのはどうでしょうか。

残念ながら、効果は薄くて効率が悪いでしょう。よく言われるように、消費税1%上げると、2兆5000億円の税収増が見込まれます。所得税を10%上げてもたった6000億円の税収増しか見込めません。
しかも現在の所得関係のの税率の総額は55%です。(所得税37%、住民税13%、地方税5%)すでに最高で半分以上も税を取られるのです。したがって極端な話、消費税1%増税分を所得税で賄う...続きを読む

Q消費税8%で、ついに日本の自動車産業は終わりを告げ

消費税8%で、ついに日本の自動車産業は終わりを告げますが、自動車産業の次に来る産業って何ですか?

何が悲しくて糞高い維持費が掛かる車を8%も消費税を払ってまで買う必要があるのでしょう?

Aベストアンサー

消費税が導入される迄は、自動車には「物品税が課税されてた」ことを知らないのですか?

消費税導入前迄の物品税率
普通乗用車 税率23%
小型乗用車 税率18.5%
軽乗用車  税率15.5%


この、自動車に課税されてた物品税の税率に比べたら消費税が5%から8%とか10%に上がっても以前よりは負担が軽いと思いますけどね?

Q消費税を上げて法人税を下げるのはおかしくないですか?

消費税を上げて法人税を下げるのはおかしくないですか?

明日の選挙に備えて、再度各党のマニフェストを読んだのですが、「消費税を上げて法人税を下げる」という方針を出している党が多いのが気になりました。

なぜ、法人税を「下げる」のでしょうか?
社長に億単位の給料を出す余裕のある大企業は、社長の給料を減らして、もっと税金払えよ、と思います。
消費税を上げる前に、法人税や高額所得者の所得税を上げる方が先、と思うのに、そういう政策を出している政党がないのが不思議です。

なぜですか?

Aベストアンサー

ご質問の文章から拝察しますと、まじめにご質問されていることが伺えます。従って、私もまじめに回答します。

 まず、法人税ですが、これは企業が生み出した利益に対して、その中からいくらかの割合で税金として国家運営の基金を拠出して貰うことです。これは企業が日本国内で安全に、安心して活動でき、国民からも貴重な労働力を提供して貰える環境を国家が整えてくれている事に対して、賛助と、そう言う状況を安定・永続して貰うための資金を提供しているという意味があります。つまり、そのために利益の一部を時の政府に拠出しているわけで、企業としては自分の財布の中身が減ることになります。
 
  一方、激しいグローバル競争(国際競争)のもとに経営しなければならない、日本に本社のある企業としては、海外企業との厳しい価格競争の中で商売をしていかなければなりません。つまり、出来るだけ安い価格で売ってもなおかつ利益を出していけるような経営をしなければ、国際競争に負けてつぶれてしまいます。日本は殆ど全ての材料を輸入している上に、人件費(社員の給料)が世界一高いクラスにあります。従って、製品の価格競争にとっては大変不利な条件下(つまり、利益を出しにくい条件下)にあるわけです。こういう条件のところへ、少ないながらもようやく引き出せた利益から、高率の税金を拠出すれば、企業の手元に残る利益は微々たるものになってしまいます。このような状態になれば、企業としては新しい技術開発や、商売を大きくするための工場その他への投資資金が確保できず、将来に向かって、ますます競争に負け続けて行くことになります。
  
  現状は、海外各国の法人税率は20%以下であり、一方、日本の法人税率は40%以上だそうです。つまり、同じ儲けに対して日本企業は倍以上の金を政府に拠出している事です。これは、企業の手元に残る金が海外企業の半分以下、と言う事ですね。こういうことで、今、企業の中には本社を(税金の安い)海外に移転していく動きが活発になっています。その結果、日本の中から市民の働き口もどんどん減っていくことになります。金を稼ぐ立場に立った経験のない民主党の人たちは、もともと、稼いだ金をなんだかんだと言って吐き出させることばかりに夢中になっていた人たちばかりですので、金を稼ぐと言うことの大切さ、大変さをまるで分かっていないものと私は思っています。中には、何億という金も自分の知らない間におっ母さんが財布に入れておいてくれたりして、金はどこかからいくらでも湧いてくるものと思っている議員もいるようですね。民主党も金を稼ぐ立場の人たちを大切にしないと結局国民が困ることになる、と言うことにようやく気付いたのでしょう。(政治家の資質があるのか疑う。)

  
  次に、高額所得者の所得税を上げる件ですが、以前はこれが最高税率70%などという高率でした。しかし、これではあまりにも重税で、稼げる力のある人も「税金の為に働くようなものだ」と言って、返って稼ぐ意欲を無くす結果になっていました。そう言うことから現在はこの最高税率はかなり低くなっているはずです(40%?)。加えて、日本では相続税が大変高く(*注)、個人として沢山の財産を残しても、相続3代目にはなくなってしまう(つまり、国庫に吸い上げられてしまう)と言われています。まあ、平たく言えば稼げるときに稼いでもらって、あとで国庫に還元して貰う為に貯金しているだけだ、と言う事になります。また、そもそもこのような高額所得者の比率そのものが大変小さく、この部分の税率を高めても実質的な効果は少ない、と言う現実もあります。
(*注.相続税も最近は少し引き下げられているようです。)

 
  まあ、そう言うわけで、現状ではこれから増税可能であって、確実に入ることが見込めるのは消費税くらいしか無いと言うことです。また、日本の消費税5%は先進国の中では断然低い税率で、他国は20%、あるいはそれ以上と言うところもあるという現実もあります。

  もし、まだご質問の事があれば、補足でご投稿下さい。

ご質問の文章から拝察しますと、まじめにご質問されていることが伺えます。従って、私もまじめに回答します。

 まず、法人税ですが、これは企業が生み出した利益に対して、その中からいくらかの割合で税金として国家運営の基金を拠出して貰うことです。これは企業が日本国内で安全に、安心して活動でき、国民からも貴重な労働力を提供して貰える環境を国家が整えてくれている事に対して、賛助と、そう言う状況を安定・永続して貰うための資金を提供しているという意味があります。つまり、そのために利益の一部...続きを読む

Q【消費税増税の話】「8%の消費税増税は財務省に丸め込まれた民進党の性だ。民進党が財務省の言いように丸

【消費税増税の話】「8%の消費税増税は財務省に丸め込まれた民進党の性だ。民進党が財務省の言いように丸め込まれて8%に増税させた悪人で自民党は8%で止めた英雄だ」って本当ですか?


私が知ってるのは消費税8%に増税したのは確か自民党だった気がするんですが。

何でも民進党の性にすれば良いって思ってませんか?

Aベストアンサー

消費税増税解散したのが民主党時代の話で、施工時期が退陣後なので自民党政権時代に移動しました。

民主党とは今の民進党の前の党です。

Q麻生と小沢は消費税を上げたいの?それとも上げたくない?

それぞれ麻生太郎個人、小沢一郎個人では消費税を上げたいのですか?下げたいのですか?
ニュースでも政策思想までは報道されないのでどなたかお願いします。

Aベストアンサー

国庫が逼迫しているから税収を増やさなければならない
増税をすると票が減るから増税したいけれど出来ない

国民も分かってはいるけれど増税はして欲しくない

Q消費税は8%でおさまらないのですか?

消費税は8%でおさまらないのですか?
もう消費税10%は決定しているのですか?

Aベストアンサー

多くの人が間違っていますが、10%は決定ではありません。付帯条項というのがあるのです。8%のときも昨年10月に安倍さんが、それまで保留していた判断を解除し、初めて決定したのです。
ーーー
第十八条 消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において名目の経済成長率で三パーセント程度かつ実質の経済成長率で二パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。
ーーー

よって、経済状況を好転させることがなさそうなら、もちろん消費税10%はやるべきではありません。
個人的には8%で経済状況が悪くなったら、5%に戻して欲しいと思います。

Q【政治・消費税マイレージ制度を公約に謳っているのは誰ですか?】夏の参議院選挙の公約の目玉に「消費税マ

【政治・消費税マイレージ制度を公約に謳っているのは誰ですか?】夏の参議院選挙の公約の目玉に「消費税マイレージ制度の導入を謳っている人がいてビックリしました。

消費税を増税する意味わかってるんですかね?

消費税を増税して、お金を使えば使うほど消費税を還付するという消費税マイレージ制度。

ビックリですよね。

消費税を還付する金があるなら消費税を上げるなよと言いたい。

しかも、使えば使うほど消費税を還付するってことは金持ちだけ大きくキックバックされる。

消費税増税で死ぬのは貧困層なのに、なに消費税増税して貧困層に負担をMaxで課そうとしてんの?

バカなの?

消費税マイレージ制度は買い物をたくさんするお金持ちほど優遇される。

普通は貧困層を消費税増税分の負荷を軽減するのが政治家の仕事だろうが!

なに金持ち優遇制度を公約にしてんだ。バカか。

というか、アホかと思った。

Aベストアンサー

日本の心を大切にする党

旧次世代の党(=太陽の党)です。

Q消費税8%で日本の税収は減りますが! 財政再建は?

消費税8%で日本の税収は減りますが! 財政再建はどうなるのですか?

消費導入したら、税収減ったよね~~!

上げる程税収が減る、消費税!

Aベストアンサー

実に面白いグラフですね。まあ税収全体の減少傾向は日本経済の縮小傾向が主な原因であって、消費税のせいではないと思いますが、実に見事にリンクしている。それでも消費税収入だけが何とか上向き傾向なのは、それだけ内需が増えているのでしょうが、それでも税収全体はどんどん減っている。つまり景気が悪くなって、消費税以外の法人税や事業税や所得税が減っているのです。つまり税収増には消費税はまったく役に立っていないと言うことです。いくら取っても減っていく。財務省の役人は昔から頭が悪く、木(消費税)を見て山(日本経済全体)を見ていないのです。金が足りなくなったら税金取ればいいと思っている。こういう税金バカに任せておくから、借金だけがどんどん積み上がるのです。財政再建なんてはなから考えていません。税金取って使うことだけが生き甲斐の動物なのです。あいつらは。

Q【選挙】消費税を上げない政党は?

【選挙】消費税を上げない政党は?

自民党も民主党も消費税を10%にするらしいですが、
消費税を5%のまま維持する政党はどこですか?
消費税が上がると生活がキツイです。

Aベストアンサー

 共産党ですが、議席が少ないので影響力は少ないかと。


人気Q&Aランキング