地方の情報誌をボランティアで発行しているものです。
卵巣がんについての診断方法、4期について、施しようがない場合の
症例等教えていただける方を探しています。
どなたでも結構です。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一般的な知識が書かれている参考URLを書きます。



ステージ分類の大まかなところと、5年生存率を書きます。
(1)期 病巣が片側または両側の卵巣に限られる 92.2%
(2)期 卵管や子宮など、骨盤内の他臓器に広がっている54.3%
(3)期 小腸など腹腔全体に広がっている 28.6%
(4)期 肺など腹腔外に転移がある 10.6%

一般に(4)期であれば集学的な治療という表現をします。
抗がん剤治療を中心に施設によって、温熱療法や免疫療法などを加える場合もあります。治療法選択にあたり、苦痛を除く医療を中心にする場合もあります。

以上概略のみ
数字は本来ローマ数字ですが何故だか変換されてしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
症例を…については通常の取材方法で各医療機関、医師にアプローチしてください。ここで提供を求めることはできません。(診療情報を漏らすことは例え匿名であっても許されることではないからです。)私は専門医でないのでもちろんのこと不可能です。

参考URL:http://www.jscp.org/drg_pps/30udagawa.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、回答頂いてありがとうございます。
各医療機関や医師の方にアプローチしても、実際にガン患者でないと、
私的にはなかなか解答していただける所がないのが現状です。
(地方紙、しかもボランティアの域ですので)

4期の場合、切開しても、施しようのない場合知りたいのですが、
医師としての回答は、曖昧なものです。(プライドがあるのでしょうか?)
後、ガン性肺結核についても知りたいのですが、HPやその他で調べても、
その後の症例(処置後)については載っていませんでした。
参考URLを頂いて、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/09 20:56

手術を予定する場合、全身状態を把握しなければなりませんから、胸部Xpは撮影すると思います。

このときに胸水が見られれば判別可能です。しかし、非常に少量の場合であれば画像から見分けることが適わないことも考えられますし、手術というのは患者に対し負担(麻酔自体が患者の免疫力を相応に低下させるといわれています)がかかるため、術後に急速に進行する場合もあります。

あと、大切なことですが、卵巣腫瘍の場合、抗がん剤にかなりよく反応することが経験的に知られていて、胸膜炎があっても全身状態から手術に耐えうるという判断がなされれば手術に踏み切るというのが一般的になされているようです。つまりその後の抗がん剤治療とのあわせ業で治癒に持ち込む可能性や少しでも延命する可能性を選択する…ということです。

もちろんガン性胸膜炎の確定診断は細胞診によります。術中の採取胸水の他にも胸水穿刺などを病棟で行ったりもします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Shuさん本当にありがとうございました。助かりました。今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/12 11:18

MiJunです。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「卵巣癌」

>ガン性肺結核
やはり、癌性胸膜炎は良く耳にしますが・・・。

蛇足ですが、「肺結核症」に関しては以下のサイトは参考になりますでしょうか?
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …

さらに調べるのであれば、婦人科癌の臨床に関する本か専門雑誌「癌と化学療法」のバックナンバーで「卵巣癌」の特集記事を探されては如何でしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/o …
    • good
    • 0

■4期の場合、切開しても、施しようのない場合



この場合できることは3つです。
1つは、西洋医学で集学的治療を続ける。(酷い言い方ですが、エンドレスケモセラピーなどと揶揄することがあります。)
2つめは、西洋医学を諦め、代替医療と総称(これって失礼な言い方ですが…)する漢方や民間療法に移行する。
3つめは 、ホスピスなどといわれる終末医療(痛みなど苦しみの除去を中心に行う)に移行するかです。

これらについては、医師の間でこの中のどれかになることだけは共通認識です(それしかないから)。これは画期的な治療法が開発されない限り変わりませんので、どの悪性腫瘍の治療法についても共通のことです。ただし、どれを選ぶかは患者さんの背景、意志によって決まるので…あいまいに言わざるをえないだけの事です。プライドとかではなく。

■ガン性肺結核についても…

ガン性結核という病名は聞いたことがありません。
肺に現れるのは、肺転移だけでなく
ガン性胸膜炎、ガン性リンパ管症などなどあります。全て末期と思われる症状のたぐいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

shuさんありがとうございました。
プライドなどと言って申し訳ありませんでした。取材を申し込んでも、
門前払いされることも多くて、つい失礼な表現を使ってしまったと、
反省しています。
ガン性胸膜炎の場合、切開前の胸部レントゲンで
ある程度判断がつくのでしょうか?
それとも、その後の細胞診で判断するのでしょうか?

お礼日時:2001/11/10 12:53

>地方の情報誌をボランティアで発行しているものです。


卵巣がんについての診断方法、4期について、施しようがない場合の症例等教えていただける方を探しています。
質問の趣旨で「ボランティア」と「卵巣癌」がどう関連があるのでしょうか・・・???

一般的なことであれば、TOPページで「卵巣癌」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。

補足お願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵巣がん

知人50代半ば、が卵巣癌の初期との事で手術すると言うのですが、彼女の話によると、卵巣、子宮は全部摘出して、転移のおそれがあればリンパ節?も摘出すると医者に言われたとの事ですが、初期でもそんなに全て摘出しなければならないのでしょうか?素人考えでは悪い方の卵巣だけ摘出すれば?と思うのですが・・どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

私は、母が卵巣がんで現在治療中のものです。
私の母の場合は、進行していましたので、全部とりました。
医師は、転移のことも考えていると思います。
それに、年齢的にも考えて予防的措置をとられているのだと思います。
卵巣がんには4種類の分類があります。
抗がん剤がよく効き、でも進行が早い しょう液性、類内膜、抗がん剤があまり効かないとされるが進行が遅い 粘液性、明細胞とあります。
お知りあいの方が、どの分類かは、わかりませんが、明細胞であれば、転移、再発時に難しいと思われます。しかし、卵巣がんの分類の中で、抗がん剤が聞きにくいというだけであって、そのほかの胃がんなどとくらべると、明細胞でも効いているという医師もいらっしゃるようです。
あと、月経が長く続けば続くほど、後々婦人科系のがんを発症する可能性が高いという、情報がありますので、そのことも医師は考えたのではないでしょうか?
あと、リンパに転移があったならば、卵巣がんのステージで分類すれば、ステージ3c で進行癌となります。そうなると、抗がん剤治療もあわせて行われると思います。
卵巣がんを詳しく知りたいと思われましたら、
国立がんセンターのHPがわかりやすいと思います。

私は、母が卵巣がんで現在治療中のものです。
私の母の場合は、進行していましたので、全部とりました。
医師は、転移のことも考えていると思います。
それに、年齢的にも考えて予防的措置をとられているのだと思います。
卵巣がんには4種類の分類があります。
抗がん剤がよく効き、でも進行が早い しょう液性、類内膜、抗がん剤があまり効かないとされるが進行が遅い 粘液性、明細胞とあります。
お知りあいの方が、どの分類かは、わかりませんが、明細胞であれば、転移、再発時に難しいと思われます。...続きを読む

Q卵巣がんから腹膜がんが・・

何かと頼りにしている姉が、卵巣がんの手術から癒着していた
腹膜にも癌が見つかり、今後の見通しなどの説明を聞いて
かわいそうで涙が止まりません・・このような病状で良好な
経過を過ごされている方のアドバイスを是非お聞きしたいのですが・・
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私の抗がん剤仲間(私は乳がんで再発・転移組)でそういう方がいます。
もともとは胃がんだったようですけど、最初の症状が盲腸・卵巣のガン(転移ですけど)で、盲腸は切ってみたけど他は切れない状況だったようです。
今は週1の抗がん剤に通っていて(主婦業も引退するような年齢なので)暇で体調がよければパチンコに行ってるみたいです…

患者さんに一番良く効く抗がん剤にめぐり合えればいいのかな…と思います。

私は…経口抗がん剤よりは点滴の抗がん剤の方がガンをやっつけているっぽいですが… 腫瘍マーカーは微妙に上昇傾向です。
効く・効かないは人によって(ガン細胞のタイプによって)違うので~本などで患者本人・周りの人が「これかこれなら悪化しても悔やまない」という薬を使うのが一番良いかと思います。

医者任せで説明なしは良くないです。
私の主治医は、100%医者任せ(任せるのはいいのだけど、自分のことだと認識していないような)の患者には怒りますよ…
患者側も勉強が必要。後悔しないために。

Q卵巣がん

私の叔母60代

卵巣癌で、卵巣、子宮、リンパ節の摘出を行いました。

リンパ節に転移があると言う事は、
進行癌なのでしょうか?

ステージはどの位のものなのでしょうか?

前回も質問させていただきましたが
よく理解ができませんでした。

叔母に連絡したところ、大丈夫だから
心配するなと言われました。

わたしも本などで調べましたが、予後も五年生存率も、良くない事は分かりました。

簡潔にお答えくだされば幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リンパ節の摘出で進行癌とは考えません
癌細胞そのものを調べないと何とも申せませんが
一般的なステージAの卵巣癌と思われます
進行癌であるかどうかは術後の経過になります
5年間の経過観察をして大腸や胃などに遠隔転移がなければ
完治する可能性はあります
したがって体に今何も異変が起きていなければ、大丈夫だから
何も心配するな、と気を強く持って生きるしかありません

Q卵巣がん 抗がん剤投与等の今後の治療について

私の母が卵巣ガンになりました。
今後の治療の参考の為、皆様のご意見をお聞かせ頂ければと思います。

5月の会社の定期健診で、卵巣嚢腫と診断され、市内の県立病院で6月に手術となりました。
母は、定期健診前後から、お腹が張る等の症状はあったようですが食欲は普通でした。

6月に手術をしましたが、術後、主治医から、卵巣に腸が癒着していて、稀なケースなので、今回は何もせずに閉腹した、次回再手術を行う。とのお話がありました。
この時も、良性との見解でした。

そして、2週間後の7月に再手術を行いました。
手術では、子宮と2つの卵巣を摘出しました。
その3日後、翌日退院という時になって、主治医から腫瘍は悪性だった、翌日から抗ガン剤を始める。と聞かされました。
病名は卵巣がんで、奨液性ガンと明細胞ガンの混合との事で、まだ初期段階だが、転移の可能性もあるので、念の為抗ガン剤をやっていくという事です。
いきなりの事なので、先生には、抗がん剤は一週間程考えたいので待って下さいとお願いしました。
今まで抗ガン剤で苦しむ人を身近にみてきた私達家族にとって、抗がん剤を受け入れるのはそれなりの覚悟が必要でした。

主治医は、かなり多忙のようで、説明はそっけなく、こちらが質問をしてもイライラした態度で接してくる為、満足のいく説明がうけられません。
くわしく知りたいならガンセンターへ行けと言われた事もあります。

前置きが長くなり申し訳ありませんが、下記の項目について皆様のご意見をお聞かせ下さい。
母は現在、疲れやすくはなりましたが、自分で車を運転したり、ご飯も普通ぐらいは食べられます。

(1)ガンが転移しているかどうか検査でわからないのでしょうか?
(2)病院を変わると一から検査になり、負担が大きいでしょうか?
(3)卵巣がんで転移の可能性がある場合、抗がん剤(タキソール・パラプラチン)の効き目はあるのでしょうか?※人、病名によって効く効かないがある事は承知しています。
(4)抗がん剤は免疫を弱めるので、精神的に弱い人間の場合、気力をなくして余計病状が悪化する可能性があると思います。抗がん剤についてどう思われますか?

長々と要領を得ない文で申し訳ありませんが、是非、皆様のお知恵をお借りしたいと思います。よろしくお願い致します。

私の母が卵巣ガンになりました。
今後の治療の参考の為、皆様のご意見をお聞かせ頂ければと思います。

5月の会社の定期健診で、卵巣嚢腫と診断され、市内の県立病院で6月に手術となりました。
母は、定期健診前後から、お腹が張る等の症状はあったようですが食欲は普通でした。

6月に手術をしましたが、術後、主治医から、卵巣に腸が癒着していて、稀なケースなので、今回は何もせずに閉腹した、次回再手術を行う。とのお話がありました。
この時も、良性との見解でした。

そして、2週間後の7月...続きを読む

Aベストアンサー

(1)今の医療の進歩も日進月歩ですが、限界はやはりあります。もっとも検出能力に優れる検査としてはPETがありますが、それでも分からないものはあります。
(2)診療情報提供を受ければ、多少の検査は省略できるでしょう。担当医師が必要と考えれば行われるものと思います。
(3)これが難しいと思います。現状では転移はないか、検査検出能力以下の転移です。抗がん剤治療を行ったとしますと、どうやって治療効果を判断しましょうか?もともと検査でわからない癌ですから、小さくなったともなくなったとも判断できないのです。治療を行わなくても転移はないのかもしれません。分かる場合は効果がなかった場合のみです。検査でも分かるくらいに大きくなってきますから。
ご存知のように卵巣癌は抗がん剤が効きやすい腫瘍です。データとしては治療をした人たちのほうが再発する率は低いでしょう。ですが、質問者さんのお母さんがどうかなんてことは分かりませんよね。
(4)考え方次第ですね。「抗癌剤治療を行っているから私は再発しない」と根拠もなく盲信し、前向きに考えることが出来れば、精神的にも好転すると思います。質問者さんのお母さんがどういう性格なのか、周囲家族が前述のように持っていけるか、次第かもしれません。

今回のように判断に悩む場合こそ、セカンドオピニオンを求めることがよいように思います。他の婦人科医はどう考えるのか?卵巣癌を専門とする医師はどう考えるのか?質問者さんは疑問点がしっかりと絞れているようですし、ここで質問するよりもセカンドオピニオンで聞いてくるのがよいと思います。
質問者さんのお母さんはどのようにお考えなのでしょうか。定型的な言葉になってしまいますが、やはりお考えを尊重してあげるのが最善のように思います。

(1)今の医療の進歩も日進月歩ですが、限界はやはりあります。もっとも検出能力に優れる検査としてはPETがありますが、それでも分からないものはあります。
(2)診療情報提供を受ければ、多少の検査は省略できるでしょう。担当医師が必要と考えれば行われるものと思います。
(3)これが難しいと思います。現状では転移はないか、検査検出能力以下の転移です。抗がん剤治療を行ったとしますと、どうやって治療効果を判断しましょうか?もともと検査でわからない癌ですから、小さくなったともなくなったとも判断でき...続きを読む

Q卵巣がんと卵巣腫瘍について。

今日、婦人科の内診で卵巣が両方四センチほどに腫れているらしく、
経過観察しましょうと言われました。

自覚症状が全くなかったので、
その時は驚いてしまって聞きそびれてしまったのですが、

膣からの超音波検査で見て、良性か悪性かはわかりますか?
経過観察とされて他の検査をしなかったので、卵巣がんでないか不安です。

また、「卵巣の腫れ」と「卵巣腫瘍」は違うのでしょうか?

(先生からは腫瘍という単語は出なくて「卵巣の腫れ」とだけおしっしゃってました)


良かったら回答お願いいたします。

Aベストアンサー

若い人の場合は卵巣は機能性嚢腫と呼ばれ、排卵しない卵胞や黄体嚢腫がありますので、次回の月経が来れば徐々に小さくなって消失してしまいます。機能性嚢腫は超音波では膀胱の尿と同じ色になります。嚢腫の壁が薄くきれいな丸い感じになります、悪性の癌では嚢腫の壁が厚く膀胱の中の尿と違い不均一になります。ですので先生も卵巣の腫れと言われたのではないでしょうか、次回の生理が終わってからまた診察に行かれたらいいと思います。ただ両方の卵巣が腫れていたのは、どちらかは単に卵巣嚢腫(良性の卵巣腫瘍)かもしれません。でもあまり心配されることはないようですが。

参考URL:http://ec.canbler.com/ranso-noshu

Q「肺がん、IV期・余命3ヶ月、手の施し様が無い」と診断されて・・・

先日医者に呼ばれて、当初胸膜炎で入院していましたところ、肺がん(腺がん)による癌性胸膜炎と診断され、レントゲン写真から見て左肺に横幅10cmはある腫瘍が見つかりました。70代と高齢で、体重は30kg代後半をさまよっている状態なので、化学療法をすることによりかえって命を消耗させてしまうだろうとの事で、放射線療法は治る見込みが無いので意味は無いようなので、家族としては、告げた後のショックでガガッと落ち込まれた時が恐いので、このまま告知をせずにその状況ごとに応じて痛みを和らげていく治療法を選びました。しかし宣告された余命は3ヶ月、もって年内…当初はすぐに退院するものだと重大に考えていなかったので、いきなり「はい、3ヶ月です。」と言われても、心積もりもできないし、残された時間をどのように過ごさせてあげるのが一番いいのか、どんな顔して接すればいいのか分からないことだらけです。うすうすは勘付いてるであろう本人にどう顔向けしたらいいか…胸が痛いです。ずっと病院で寝たきりで過ごさせるよりも、娘である私の家で引き取って普通の生活をさせてあげながら最期を迎えさせるのが良いのでしょうか?本来なら本人の意志を尊重するのが一番ですが、あからさまに聞いてしまったり、または遠回しに聞くようなことはできないので、IV期という事はもう長くないので、残された時間何をしてあげるのが一番良いのか、どのように接してあげたらよいのか等アドバイスを宜しくお願いします。

先日医者に呼ばれて、当初胸膜炎で入院していましたところ、肺がん(腺がん)による癌性胸膜炎と診断され、レントゲン写真から見て左肺に横幅10cmはある腫瘍が見つかりました。70代と高齢で、体重は30kg代後半をさまよっている状態なので、化学療法をすることによりかえって命を消耗させてしまうだろうとの事で、放射線療法は治る見込みが無いので意味は無いようなので、家族としては、告げた後のショックでガガッと落ち込まれた時が恐いので、このまま告知をせずにその状況ごとに応じて痛みを和らげていく...続きを読む

Aベストアンサー

先日、ご質問された方ですね。2番目にお答えした肺外科のものです。治療をしないのであれば、ご本人が病院にいることを強く希望しない限り、在宅で過ごされることをお勧めします(もちろんご家族の事情が許せば、ですが)。

現在の症状がどの程度かは分かりませんが、前回お書きしたように、病状が進むにつれて、呼吸困難、痛みがだんだん進んで来る可能性があります。

ぎりぎりまで在宅で過ごす場合、呼吸困難に対しては、軽いうちは在宅酸素(業者に連絡すると1,2日で機械をセットしてくれます)、痛みに関しては長く効く痛み止め(飲み薬、張り薬の両方があります)、急に痛くなったときの屯服など、今は在宅でいろいろ使用できます。

難しいのは痰が増えた場合です。在宅では吸引などはなかなか出来ないと思います。極端に痰が増えた場合は吸引が必要になりますが、苦痛を伴うので病院でもどこまでやるかは判断が難しくなります。

以上の経過は主治医も必ず予測していると思いますので、後はご本人が希望したら、または病状が急変したら、入院する、という方向で良くご相談されてはいかがでしょうか。どんなに苦しくても、自宅にいたがって、そのまま息を引き取る…という可能性もありますので、そのような覚悟も必要になるかと思いますが。

在宅での看護はご家族にとって大変負担が大きいと思いますが、患者様にとっては価値あるものと私は考えております。

先日、ご質問された方ですね。2番目にお答えした肺外科のものです。治療をしないのであれば、ご本人が病院にいることを強く希望しない限り、在宅で過ごされることをお勧めします(もちろんご家族の事情が許せば、ですが)。

現在の症状がどの程度かは分かりませんが、前回お書きしたように、病状が進むにつれて、呼吸困難、痛みがだんだん進んで来る可能性があります。

ぎりぎりまで在宅で過ごす場合、呼吸困難に対しては、軽いうちは在宅酸素(業者に連絡すると1,2日で機械をセットしてくれます)、痛みに...続きを読む

Q卵巣がん検診までしますか?

子宮がん検診を公費で受けようと思います。
ただ、卵巣がん検診を自費で受けようか迷っています。
前、宇多田ヒカルさんがその病気で卵巣の手術をされたと話題になったときに、
身近な病気なんだなと感じました。
皆さんは卵巣がん検診までされますか?
アドバイス、お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「卵巣がん検診」というのは、存在しません。
一般的な婦人科検診を受けると、触診(内診)とエコーで卵巣の形状を診ます。卵巣に怪しい腫れがあれば、そこで判明します。腫れの正体は、エコーである程度推測できるものと、MRI等の精密検査、血液検査を併せてしないと診断できないものとがあります。
私は、公費で受ける子宮がん検診は受けたことがないので、存知ませんが、全くの子宮がん(子宮頚がん)検診だけなのでしょうか?ザッとでもエコーをするならば、異常があれば教えてくれると思いますけれどね?

>前、宇多田ヒカルさんがその病気で卵巣の手術をされたと話題になったときに、身近な病気なんだなと感じました。

卵巣がんじゃないでしょう。卵巣というのは腫瘍のできやすい臓器で、良性から悪性(がん)まで、様々なタイプの腫れ物ができます。宇多田ヒカルさんも、確か単なる卵巣嚢腫だったと記憶しています。

Q卵巣がん第II期です

今抗がん剤を点滴してますが、そのほかに免疫力を高めるサプリ、民間療法でもなんでもいいですのであれば教えてください。(粘液性のう胞腺癌です)

Aベストアンサー

母が数年前ガンになり、こちらでお世話になりました。
現在は回復しております。
相談料、治療費等、けして安くはないので、まずは相談してみて、納得できるかどうか、ご自分で判断される事をおすすめします。
「これなら絶対治る」なんて万人に効く治療法は無いですからね。
http://www.tokyoeisei.com/shinryou/ishi-ichiran/mizukamio.html
http://www.im-village.com/premiere/

Qたのうほうせい卵巣なんですが、将来卵巣がんになるリスクはありますか?

たのうほうせい卵巣なんですが、将来卵巣がんになるリスクはありますか?

Aベストアンサー

わたしも若い時たのうほうせい卵巣でした。
 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)とは、卵巣の中で卵の元=卵胞がうまく育たず、きちんと排卵しないために月経不順や不妊症の原因となる病気です。
 次のすべての条件に当てはまった場合に、多のう胞性卵巣症候群と診断されます。
 
  1)無月経・月経不順などの症状がある
  2)血液検査(ホルモン値の検査)でLH/FSH > 1
  3)超音波で卵巣の中に10個以上の卵胞が並んでいる(多のう胞性卵巣)所見がある

生理が不順で 高校生時から
ホルモン剤を打ちながら 生理不順で改善させていき、
だいぶ昔ですが たのうほうせい卵巣は妊娠しずらいとか、、
今みたいに ネット情報はなかったので、病院の先生からの話しや少ない情報でしかありませんでした。
しかし、ホルモン剤治療中に 出来ちゃった妊娠。
妊娠を機に治療はやめ、
しかしながら 不順の生理が3か月半年おきにしか生理はきません。
私事ですが、二子を産みたくても
やはり、たのうほうせい卵巣で、
次はホルモン剤から 排卵誘発剤
副作用がひどかったけど、
一気に3個の受精!
驚きました。多のうほうせい排卵!!
しかし、ひとつは消えてしまいましたが、無事二卵性双子が生まれましたよ。私はRh(-)血液型で、これも、昔は 子供を産みにくいとか いろんな説がありました。
日本赤十字の血液会員登録をしてたり、
私もガンリスクや自分の血液型て、子供達に遺伝子として、伝える情報は
教え、リスクがあるからこそ、冷静に
考えるじかんがある。
私は今は

無事に母子共々元気ですし、毎年ガン検査もしておりますが、
異常はみつかっておりません。
年を取ってからのほうが、若いときと違い 毎月必ず生理もきます。

回答になったかは わかりませんが、
深く思い悩まないほうが、
いいですね。

わたしも若い時たのうほうせい卵巣でした。
 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)とは、卵巣の中で卵の元=卵胞がうまく育たず、きちんと排卵しないために月経不順や不妊症の原因となる病気です。
 次のすべての条件に当てはまった場合に、多のう胞性卵巣症候群と診断されます。
 
  1)無月経・月経不順などの症状がある
  2)血液検査(ホルモン値の検査)でLH/FSH > 1
  3)超音波で卵巣の中に10個以上の卵胞が並んでいる(多のう胞性卵巣)所見がある

生理が不順で 高校生時から
ホルモン剤を打ちながら 生理不順...続きを読む

Q卵巣がん(再発)について

母(60歳)が卵巣がんの再発の告知を受けました。他部位への転移は不明ですが、リンパ節には転移してるとの事です。手術はせず、抗がん剤で治療するとの事です。現在までの状況としては、2年前に卵巣がんが発症、1期-Aで手術するも、卵巣を取り出す時に体内にこぼれた?で手術後1期ーCになる。リンパ節の肥大を嫌がりリンパ節は切除せず。
それから抗がん剤治療で3クール(本来6回が望ましいとの事でしたが、体力的な問題等で3クールで終了)治療行う。最近になり腫瘍マーカーが増加、検査行い判明。
そこでお伺いしたいのですが、
(1)卵巣を取り出す時にこぼす?事はよくあるのでしょうか?病院はミスではなくよくある仕方ない事と言ってます。
(2)最初の手術時にリンパ節を切除しないと再発しやすくなり後から後悔する事が多いでしょうか?またどれくらいの割合の方が手術時にリンパ節を切除されてるのでしょうか?
(3)再発には○期とかはないのでしょうか?
(4)これから行う抗がん剤治療で完治する可能性もあるのでしょうか?
(5)前回治療時には月12万のアガリクスを飲ませてましたが、生活が厳しくなるだけで効果は実感できませんでした。やはりがんに効く健康食品などないのでしょうか?
質問が多く申し訳ございません。必死で治療についていろいろ調べております。よろしくお願い致します。       

母(60歳)が卵巣がんの再発の告知を受けました。他部位への転移は不明ですが、リンパ節には転移してるとの事です。手術はせず、抗がん剤で治療するとの事です。現在までの状況としては、2年前に卵巣がんが発症、1期-Aで手術するも、卵巣を取り出す時に体内にこぼれた?で手術後1期ーCになる。リンパ節の肥大を嫌がりリンパ節は切除せず。
それから抗がん剤治療で3クール(本来6回が望ましいとの事でしたが、体力的な問題等で3クールで終了)治療行う。最近になり腫瘍マーカーが増加、検査行い判明。
...続きを読む

Aベストアンサー

(1)卵巣を取り出す時にこぼす?事はよくあるのでしょうか?病院はミスではなくよくある仕方ない事と言ってます。
→その通りで、よくあります。取り出す途中での破綻は予後を悪くしないとする報告もあります。

(2)最初の手術時にリンパ節を切除しないと再発しやすくなり後から後悔する事が多いでしょうか?またどれくらいの割合の方が手術時にリンパ節を切除されてるのでしょうか?

→リンパ節に癌細胞がいるかいないかはとってみないとわかりません。腫れているリンパ節でも癌細胞の居ないこともありますし、腫れていないリンパ節でも癌細胞が見つかることもあります。そのためリンパ節は基本的には全例切除(大がかりにするかどうかは別にして)することになります。しかしながら、リンパ節切除の副作用や手術時間の延長が難しい場合はリスクを考えて、省略することもないではありません。
(3)再発には○期とかはないのでしょうか?

→ 病期は初発時のみにつけます。再発しても変更しません。
(4)これから行う抗がん剤治療で完治する可能性もあるのでしょうか?

再発卵巣癌は基本的には根治不可能です。しかしながら、化学療法後の再発ではないため延命には期待が持たれます。また、再発部位がリンパ節のみなら手術+抗癌剤という手もあります(その場合根治の可能性もあります)が、通常そうでないことが多いです。

(5)前回治療時には月12万のアガリクスを飲ませてましたが、生活が厳しくなるだけで効果は実感できませんでした。やはりがんに効く健康食品などないのでしょうか?

→ありません。あるかもしれませんが、抗癌剤以上の確率で効果のある健康食品はあり得ません。お金の無駄だと思います。

卵巣癌については「卵巣がん治療ガイドライン」が日本婦人科腫瘍学会より出版されています。詳しくお調べになりたいなら購入されるとよいと思います。   

(1)卵巣を取り出す時にこぼす?事はよくあるのでしょうか?病院はミスではなくよくある仕方ない事と言ってます。
→その通りで、よくあります。取り出す途中での破綻は予後を悪くしないとする報告もあります。

(2)最初の手術時にリンパ節を切除しないと再発しやすくなり後から後悔する事が多いでしょうか?またどれくらいの割合の方が手術時にリンパ節を切除されてるのでしょうか?

→リンパ節に癌細胞がいるかいないかはとってみないとわかりません。腫れているリンパ節でも癌細胞の居ないこともありますし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング