肉骨粉の最大手の納品先が、現皇后の実家つまり日清製粉の100%出資子会社と「噂の眞相」12月号の記事で読んでやっと危険とわかっている肉骨粉がダラダラと輸入され、またその理由が明らかにされない謎が解けたんですが...。なぜこの国では、国民の健康より皇室親族の名誉や企業・業界の利益が優先されるのか?広く意見を聞かせて下さい。また労働厚生省や農水省の言葉は信用できないのでどう防衛すればいいのでしょう?

A 回答 (4件)

国民の利益を優先することが自己の利益に直結しないということが根本の問題だと思います。



業界利益に便宜を図れば、将来天下りができるなどのメリットがある反面、国民の利益を代弁した場合、自分の利益を増大する方向に働くものがないという考えに基づいています。

官僚もそうですが、政治家もそうです。戦後日本において、政権交代が少ないことで、これらの腐敗が進んだということが世界的に見ても明らかだと思うのですが、国民自身も政権交代を望んでこなかったということが自分自身に降りかかっていると考えられます。(身から出た錆です)

>労働厚生省や農水省の言葉は信用できない
自己責任を肝に銘ずることだと思います。自分で情報を収集し、自分で判断、結論を出すということが重要です。

余談ですが、イタリアではマクドナルドが出した自社製品の安全を訴える広告が不当であると政府が規制したそうです。政府が安全とした日本において、企業が安全宣言をしてもそれが不当だとはいい難いでしょうね。

牛肉を完全に信頼できるまで食べないことが、この種の問題の再発防止に役に立つとは考えています。
    • good
    • 0

一言でいうなら、年功序列の意識でしょうね。



官僚や企業の役人は年功の人で偉い訳ですから、自分たちの裕福な生活のためには平民の健康を犠牲にしても構わない訳です。

恐らく狂牛病などの環境問題は10年、20年後にはさらに深刻化していくでしょう。
しかし年功の人はあと20年程今の生活が安泰であれば、あとは墓場に逃げこめばいい訳です。
大臣が牛肉食べて「美味い」のパフォーマンスはブラックなジョークでしたね。

僕ら(僕は新人類世代)、そして今の子供達は間違いなくそれらのツケを払わされるのではないでしょうか。

学級崩壊など大人に反発する子供が増えてきている理由が僕には分かる気がするのですが。
    • good
    • 0

企業・業界の利益が優先されるのは、企業・業界がまとまった票を持っているからです。


私一人の話を聞かなくてもその議員さんは選挙のとき私の1票を失うだけですが
企業・業界の言うことを聞かないとその議員さんは数千・数万の票を失います。
どっちの言うことを聞いたほうが効率的かは簡単な問題です。

ただ、それがマスコミとかに取り上げられたりして業界の握ってる票より
一般人の票のほうが大きくなってくると国民のほうに目を向けます。
そんなわけで、いろんな問題が後追いになってしまいます。
情けない国です。

結局、国民が自分の都合を優先させずに、たとえ自分に多少の不利益があっても
国民みんながトータルで良いようになるようにベクトルをあわせれば、
議員も役人もしっかり国民を見るようになると思います。
そう言った意味で、好き勝手に自分の都合を主張する国民も志が低いです。
    • good
    • 0

情報とは常に一方的に与えられるものです。

しかし、自分でそれを解析し、判断をしなくては実際の有益なものとは成り得ません。それが自己防衛となるのではないでしょうか?いまワイドショーで問題になっている外務省のプール金についても、雅子さんとその父親の古巣でもあるわけで
プール金があることくらい外務省に長く勤めていればわかりますよ。当然雅子さんも辞職したとき送別会をしてもらったはずです。国民の税金を不正にプールしたお金が使われたとは言いませんが、可能性としてあるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ牛に肉骨粉を?

狂牛病が問題になってから不安でいろんなHPを見ているのですが、意外なことにどうもこの疑問の答えがのっているHPが見つからないので質問させて頂きます。

狂牛病が日本で発生したのは英国から輸入された肉骨粉を飼料として牛に与えられたことが原因、とされていますよね。酪農家だって今は情報が得られずただ漠然と牛を育てて卸している訳ではないと思いますから、英国でなぜ狂牛病が蔓延したかくらいは承知してたと思われます。
それなのに、なぜ、一応農水省が禁止していた肉骨粉が飼料として与えられてしまったのでしょうか。
よほど牛が丈夫になるとか、牛乳の質や生産量がよくなるとか?
それとも肉骨粉の値段が他の飼料に比べて格安とか?
まさか、無料で配られていたとか?

どなたかご存知の方、教えて下さい。もしくはこの疑問が解決するHPをご存知でしたら教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

牧畜の場合に.牛1頭から牛乳が取れます。牛乳に含まれているカルシウム量(牛乳は高カルシウム食品です)よりも多い量のカルシウムを牛に与えないと.牛はカルシウム不足の栄養失調になります。

一方.本来牛は子牛を育てる分だけの牛乳しかだせません。これをごまかして.無理矢理牛乳を絞り取っています。したがって.通常の食事だけではカルシウムを補給できません。どうしてもカルシウムを添加した餌を与えないと栄養失調になります。

最後に.近所の牧場が3軒破産しました。牛乳価格の低迷が原因で経営は極端に悪化しています。また.欧米並みの低価格を要求されていて(ガットウルグアイラウントと農産物自由化によるものです).低価格の餌に農家が飛び付くのは当然です。

Q肉骨粉はやめたのにどうして狂牛病はなくならないの?

牛肉の輸入をめぐって日米で摩擦が起きようとしていますが、ひとつ疑問に思うことがあります。BSEの原因は、肉牛の飼料に肉骨粉を混ぜたことですよね。世界的に大問題になったわけだから、当然どの国でも肉骨粉を与えるのは止めたと思うんですが、どうして狂牛病はなくならず、今でも厳しい検査をする必要があるんでしょうか?
肉骨粉を食べて育った牛は、まだ処分されずに生き残ってるということでしょうか?それとも狂牛病が遺伝して、次世代の牛たちにも因子が残ってしまっているのでしょうか?

Aベストアンサー

BSE感染牛の肉骨粉は牛には食べさせないということで、たとえBSE感染牛がいても検査もしないで処理して正常牛の肉骨粉として流通しているのでは無いでしょうか。
数日前のTV放送をみてアメリカの現状や米農務省の検査官のインタビューの回答でへたり牛は方々に発生しているといっていましたし、実際にへたり牛の映像も放映して、その中にBSE感染牛がかなりいる、いるけど検査もしないで解体して処理している(これも肉骨粉に加工されている)ようです。日本の牛舎や牧場での牛の飼い方と米国の飼い方は全く異なり、いわば広大な原野に野生の牛が勝手に群れを成して生きているといった飼い方で、どの牛が何年何月何日に生まれたか、BSEや他の病気にかかっているか分からない、検査するにしても1~2%の牛の抜き取り検査をするのがやっというのが実情のようです。あきれて物が言えません。こんな中で20ヶ月未満の月齢の牛肉の輸入が政治的決着で開始されようとしていますね。米国の牛肉検査官の話では骨肉の色や肉質で20ヶ月未満と判断するのは困難で、何割かは検査ミスがでるとのインタービューでした。こんなので米国から輸入が再開され牛丼店で庶民が喜んで食べてもいいのでしょうか。

BSE感染牛の肉骨粉は牛には食べさせないということで、たとえBSE感染牛がいても検査もしないで処理して正常牛の肉骨粉として流通しているのでは無いでしょうか。
数日前のTV放送をみてアメリカの現状や米農務省の検査官のインタビューの回答でへたり牛は方々に発生しているといっていましたし、実際にへたり牛の映像も放映して、その中にBSE感染牛がかなりいる、いるけど検査もしないで解体して処理している(これも肉骨粉に加工されている)ようです。日本の牛舎や牧場での牛の飼い方と米国の飼い方は全く異なり...続きを読む

Q現皇室典範ならびに旧皇室典範の第一条の”皇統”

現皇室典範ならびに旧皇室典範の第一条”皇統”について
動画をごらんください。4:20くらい

竹田氏いわく「条文は同じ意味の言葉を繰り返すことは絶対にない。」

これは正しい。

しかし、女系容認派の主張を紹介しなければならないところなので、

「”皇統”と言う言葉には男系とか男子とかそういう意味は含まれていない」
すなわち「女系容認は”皇統”断絶にあらず」

と解説しなければいけないのに、憲法学者の竹田氏は華麗にスルーしています。

旧皇族の子孫であり憲法学者の竹田氏の見識を疑う。嘘をついてでもごまかしてでも旧宮家の皇籍取得をもくろんでいるとしか思えません。


-----------------------------
枢密院議事録では
「これでは皇統に女系も含まれることになるのではないか?」
と疑問を呈した質問があり、それに対して伊藤博文が
「将来女系容認を言い出す人間が出てこないよう、明確に否定するため、このような表現にしたのだ」
と回答した記録があると示し
だから「皇統ニシテ男系」という表現は、やはり男系絶対の意味だったのだ。
-----------------------------

と反論する男系固執論者もいますが、
もしそういうことならば、
「法理論的に明らかに間違いだが同義反復をしたのだ」
ということを公言したことになるが、そんなことってありですか?

http://www.youtube.com/watch?v=fLYe35ZcPiI

現皇室典範ならびに旧皇室典範の第一条”皇統”について
動画をごらんください。4:20くらい

竹田氏いわく「条文は同じ意味の言葉を繰り返すことは絶対にない。」

これは正しい。

しかし、女系容認派の主張を紹介しなければならないところなので、

「”皇統”と言う言葉には男系とか男子とかそういう意味は含まれていない」
すなわち「女系容認は”皇統”断絶にあらず」

と解説しなければいけないのに、憲法学者の竹田氏は華麗にスルーしています。

旧皇族の子孫であり憲法学者の竹田氏の見識を疑う。嘘をついてで...続きを読む

Aベストアンサー

【竹田恒泰】皇位継承問題を考える
http://www.youtube.com/watch?v=fLYe35ZcPiI

ロングステイ財団 天下り
http://www.nichimapress.com/04_news_column/2006/newscolumn24.html

所詮、自称天皇一族、落ちる所まで落ちたね。


>旧皇族の子孫であり憲法学者の竹田氏の見識を疑う。嘘をついてでもごまかしてでも旧宮家の皇籍取得をもくろんでいるとしか思えません。

同意。

Q狂牛病 本当に農水省が悪いのか

最近の狂牛病の騒ぎで思うんですけど、農水省の不作為がまたまた
メディアによって批判されていますけど、本当に一番悪いのは、
業者の側ではないでしょうか。
曲がりなりにも、食肉牛の生産で身を立てている者たちが
にくこっぷんのことを知らなかった、農水省がもっと丁寧に教えてくれなかったからというのは話になりません。小学生じゃないんだから。
しかも、この事例は96年にヨーロッパで大ニュースになった事例です。
この事例に何の興味も抱かず、勉強もしないでいるということ自体が大問題ではないでしょうか。
プロであるならば、農水省が規制してくれなかったからというのは、理由にならないでしょう。むしろ、自分たちから危険をアピールし、農水省に働きかけるべきで、誰にも言われなくと自己規制をかけることであってしかるべきです。
マスコミは、この点にはまったく触れず、農水省批判だけしています。
どうも、ずれているように思えて仕方ありません。どうでしょう。

Aベストアンサー

たしかに言われる面は有るでしょうが、生産者側にそこまで要求するのは無理と思います。
ごく一部の生産者が怠慢であっても同じ結果を招くからです。
確かに狂牛病以前の問題として生産性のみを考えた不適切な飼料を使用したモラルは咎められるべきで、今回制裁を受けたことで反省して頂きたいものですが、農薬やそれ以外でも同様の状況があると思います。
やはり農水省が最低限の安全性の確保と言う事で責務(罪)を受けるべきでしょう、その為に有るわけですから。
唯YUZURUさんや他の方も指摘されるように、構造的に機能出来るだろうか?です(今後も)。
私はただセンセーショナルに批判するだけではない第三者的監視機関が必要と思います。

そこで現実的にとても残念に思うのは、大学等の学界がどうして指摘出来なかったか、又そのような任にあたっていないのか?です。
出来なかったとすればそこで学んだ専門家には任せられない怖さすら感じます。
そのへんの改革まで普及すれば大きな課題となりますが、根本はそのへんに有るのではないでしょうか。

Q皇后様のご公務について

皇后様のご公務について具体的にどういうお仕事なのか、ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。皇后様の健康面を理解したいと思っています。

Aベストアンサー

http://hiton.seesaa.net/
ここに天皇陛下のご公務が書かれています。
主な国事行為および国事行為に関連するものを除いたものについては、皇后陛下もご一緒されるのではないでしょうか?
授賞式とかは天皇陛下だけかな?

宮内庁のHP(天皇皇后両陛下のご活動)
http://www.kunaicho.go.jp/03/d03-01.html
ここに詳しいことが書いてあります。
http://www.kunaicho.go.jp/gonitei/gonitei-00.html
(天皇・皇后票陛下のご日程)
ここに平成10年~18年1月までのスケジュールが見られます。
この辺で参考になるでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報