私は精神科医になりたいと思うのですが,緑赤色盲(緑色盲?)です。それでも医者になれるんでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

色覚異常者に対する医学部の入学制限は1993年以降完全になくなっています。


http://www.ne.jp/asahi/shinsei/saitama/shikijaku …
入学後、色覚異常で学業に支障が出ることはまずなく、医師の国家試験も受験できます。
内科医で同じ色覚異常を持っている方を知っていますが、胃カメラの検査など何の問題もなくこなしています。
精神科の診療に差し障ることは何も無いと思いますよ。頑張って下さい。
    • good
    • 0

医師免許がとれるかですよね。

ちょっと医師法見てみましたが、
禁治産者、目が見えない者、耳が聞こえない者及び口がきけない者、
心身の障害があるなどの場合だめなようですので、色盲は大丈夫なようですね。

後は、大学に入れれば何とかなると思うのですが、、、、
あまり自信がないので、大学の医学部入試科などに聞いてみるのもいいかも
しれませんね。

後、大学での勉強や、医師になってからの診療時に、色盲で困るかどうかは、
その人の色盲の度合いにもよると思いますので、
なんともわかりません。

参考URL:http://www.google.com/search?q=%88%E3%8E%74%96%4 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色覚異常シミュレートソフトについて

私は大学で色覚異常の研究をしています。
色覚異常の方の色覚をシミュレートすることのできるソフトは沢山ありますがそれぞれ若干づつ違ったシミュレーション結果を出します。
色覚異常の色覚についてはもちろん完全に正確なシミュレート結果を出せる物ではないのですが、データが揃っていてある程度の正確性を証明できる色覚異常シミュレートソフトを探しています。
なにかいいソフトがあれば教えてください。
またこれに関する記事、データなど何でもいいので教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

>データが揃っていてある程度の正確性を証明できる
上記「データ」の意味がよく分かりませんでした。

また、そもそも質問者も含めて「正確な色覚」というものは、世の中には存在しないはずです。「典型的な色覚異常」も存在しませんから、「正確なシミュレート」など無いでしょう。

私の場合、下記サイトは勉強になりました。

カラーユニバーサルデザイン(CUD)チェックツール(色覚シミュレーション)の原理と注意点
http://jfly.iam.u-tokyo.ac.jp/color/CUD_checker/

色覚の多様性と視覚バリアフリーなプレゼンテーション
http://www.nig.ac.jp/color/barrierfree/barrierfree.html

Q精神科医とはなんだ。ある医師はドンドン薬を出す。ある日、不眠を感じた私は精神科を受診した。薬が切れた

精神科医とはなんだ。ある医師はドンドン薬を出す。ある日、不眠を感じた私は精神科を受診した。薬が切れたので再度、受診すると調子はどうだと言うのでまだよく眠れないというと薬を変えるといい、次には量を増やすといい、更には種類を増やすといい、遂には薬なしでは生活出来ないところまで行き、入院となった。保護室に入れられ酷い目にあった。奴らは薬の売人だ。少々の事では近寄っちゃ危ない。こんな経験した人いませんか?

Aベストアンサー

No.4です。

説明しましたような名医はいます。今、治療を受けています。ただ、稀少ですので、見つけるのは苦労します。名医に当たるまでは、ある程度のドクターショッピングは、やむを得ないかと思います。

効率的な方法としましては、曜日ごとに担当医が異なる病院を受診するという方法があります。例えば、月曜日で受診してみて担当医が良く無さそうなら、都合ができたから次回から火曜日にしたい、などと申し出て担当医を変える訳です。病院は変えてませんので、担当医を変えても初診にはなりませんし、患者の情報は引き継がれますので効率的です。

このような病院では、患者が曜日を変えて担当医を変えるというのは日常茶飯事ですから、遠慮することはないです。こちらは人生がかかっているのですから。

Q色覚異常について

色覚異常について教えていただきたいのですが、先天性と後天性があると聞きました。先天性は分かるのですが、後天性の場合どのような事がきっかけとなって色覚異常になるのでしょうか。また色覚異常は薬や訓練で治るのでしょうか?教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

後天性異常の原因疾患を揚げているページがありました。参考にしてください。
視力低下など他の症状を伴うケースが多く、また先天性に比べればごく少数と聞きます。ただし病気によるものなら原因疾患が治れば直るケースも多いでしょうね。

先天性の色覚異常が治せるか治せないか、という問題については以前から議論が行われています。原因は遺伝子にあるので、一般に治療は全く不可能とされています。
ただし一部の医療機関ではある種の治療法で色覚異常者でも健常者と同様に色の識別ができるようになると宣伝していて、また実際に多くの方が治療を受けているようです。雑誌に広告が載ったりもしています。
これが本当に効果があるのかどうかは一般の異常者(妙な表現ですが(笑))の間でも議論がされていて、ちょっと泥沼化しているフシもあります。私自身もその異常者ですが実際真偽の程を判断つけかねる所です。
興味があったら参考URLから情報交換のページへリンクしていますので、探ってみてください。

参考URL:http://www.sap.hokkyodai.ac.jp/~sasakit/page/yogoshu/siki.htm

後天性異常の原因疾患を揚げているページがありました。参考にしてください。
視力低下など他の症状を伴うケースが多く、また先天性に比べればごく少数と聞きます。ただし病気によるものなら原因疾患が治れば直るケースも多いでしょうね。

先天性の色覚異常が治せるか治せないか、という問題については以前から議論が行われています。原因は遺伝子にあるので、一般に治療は全く不可能とされています。
ただし一部の医療機関ではある種の治療法で色覚異常者でも健常者と同様に色の識別ができるようになると宣...続きを読む

Q小児科(障害児専門)と精神小児科・児童精神科はちがいますか?

小児科(障害児専門)と精神小児科・児童精神科はちがいますか?

5歳になる発達障害児がいます。1歳半から障害児専門の小児科へかかり、原因不明の発達遅滞といわれていましたが、特別児童手当をうけるときに心理士からADHDかも知れないと言われたのでついでに書いてもらいました。そんな感じなのできちんとした診断名を受けたつもりはありません。

昨年、隣県に引っ越し、新しい障害児専門の小児科へかかっていますが、カウンセリングのみできちんとした検査や診断は受けておりません。小学校へ向けてきちんとした診断を受けようか相談するため予約を取っています。

ところが幼稚園の障害児担当の先生が、小児科の先生がADHDと診断できるのはおかしい(児童手当申請書のコピーを提出していました)。うちの県では小児精神科は1つしかない(園の先生はここで2年間通って勉強したそうです)。いま通っている小児科の先生でも診断できないのではないか。私は自閉症だと思う(なぜあなたこそ診断できる?)。

そんなことを言われて不安になりました。

小児科(障害者等専門の)と児童精神科?や小児精神科?の先生は専門分野は違うのでしょうか?
それともただ、病院や先生が専門科を名付けているだけなのでしょうか?
かかりつけの先生に直接聞くのも聞きにくいと思いますし、もし、専門外の先生ならば、きちんとした専門の先生に診断を受けたいと思います。

わかりずらい文章ですが、ご回答よろしくお願いいたします。

小児科(障害児専門)と精神小児科・児童精神科はちがいますか?

5歳になる発達障害児がいます。1歳半から障害児専門の小児科へかかり、原因不明の発達遅滞といわれていましたが、特別児童手当をうけるときに心理士からADHDかも知れないと言われたのでついでに書いてもらいました。そんな感じなのできちんとした診断名を受けたつもりはありません。

昨年、隣県に引っ越し、新しい障害児専門の小児科へかかっていますが、カウンセリングのみできちんとした検査や診断は受けておりません。小学校へ向けてき...続きを読む

Aベストアンサー

医師免許を持っている人なら誰でも”診断名”をつける事は出来ます。
でもその信憑性は別問題です。
だって例えば外科医から発達障害を診断されてもね・・・^^;?

なのでベストなのは児童精神科医でしょうが、障害児を見慣れている人ならばある程度わかると思うので的外れな診断ではないのでしょうが、はっきり言うと、障害児を見慣れたフツーの人(医者以外)が全体の雰囲気で見分ける程度の事だと思います。

対して児童精神科医の場合は検査をしたり発達障害に焦点を当てて行動観察をします。


少なくとも医師免許を持たない幼稚園の先生が”医師”の診断にケチをつける資格はありません。

ただ・・・日常長時間の接触をしている先生の勘を馬鹿に出来ないのも事実だと思います。

一度子供さんの様子を、自閉症状を意識して観察してみて、minikuma3さんの目から見て当てはまると感じる部分があれば専門の病院を受診されても良いかも知れませんね。

ちなみに小児科だろうが児童精神科だろうが免許が分かれている訳ではないので、
小児科の看板を掲げる病院にも発達障害に詳しい医師がいる事もあります。

医師免許を持っている人なら誰でも”診断名”をつける事は出来ます。
でもその信憑性は別問題です。
だって例えば外科医から発達障害を診断されてもね・・・^^;?

なのでベストなのは児童精神科医でしょうが、障害児を見慣れている人ならばある程度わかると思うので的外れな診断ではないのでしょうが、はっきり言うと、障害児を見慣れたフツーの人(医者以外)が全体の雰囲気で見分ける程度の事だと思います。

対して児童精神科医の場合は検査をしたり発達障害に焦点を当てて行動観察をします。


少なく...続きを読む

Q10年後くらいには弱度の色覚異常でもパイロットになれますか

将来パイロットになりたいと思っているのですが。
自分は軽度の色覚異常です。
JALの自社養成パイロットの採用の身体的条件には色覚が正常であることと書かれていました。また航空大学校のホームページには色覚に異常がある場合には当校を受験できませんと書かれていました。
5年後、10年後には軽度の色覚異常でも航空大学校を受験できるようになるでしょうか。

Aベストアンサー

航空大学校や航空会社の身体的条件は、国土交通省が定める「航空身体検査基準」にもとづくものと考えられます。この航空身体検査で、石原色覚検査表で正常範囲と認められないものは「不適合状態」と明記してあります。視力に関しては、以前は裸眼での規定のみだったと思いますが、少し緩和され、現在では、矯正でもそのレンズの度数が-8D(ディオプトリー)以下であれば、適合となっているようですね。米国では矯正の度合いの規定もないそうですが・・・。ただし、やはり、色覚については、残念ながら今後も簡単には緩和されないように思います。矯正できる異常ではありません故。あくまで私見ですが。

Q精神科医とは

男性です。この頃疑問に思うことがあるんですが、精神科医とは何者だと思いますか?精神なんて実際目に見えないものを臨床で患者さんを治療する…あまり想像がつかないんですが、精神科、または心療内科ではどういう治療が施されてるのでしょうか?カウセリング?薬?よくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

精神科医ですが。

人間の感情や思考といった精神活動を行っているのは「脳」です。したがって、「精神(こころ)の病気」とは、すなわち「脳の病気」と言い換えることが出来ます。「心臓病」「肝臓病」というのと何ら変わりない、「脳という臓器の病気」なんです。

脳の機能自体が十分に解明されてはいないせいもあって、精神世界などと言うとなにやらオカルトめいたものを想像しがちですが、脳という臓器の機能障害を扱うという点で、精神医学はれっきとしたサイエンスです。

「精神医学はサイエンスであり、アートだ」と言った人がいました。名言だと思います。

Q色覚異常について

私は小学生のときに学校の健康診断で、赤緑色覚異常(赤と緑の区別がしづらい。)と診断されたんですが、こんな私でも普通免許を取ることはできるのでしょうか?
ちなみに色覚異常以外は、全く体に異常はないです。

Aベストアンサー

信号の赤と青(緑)が全く分からないレベルでなければ大丈夫です。
免許の試験のときに、色をみて、どちらかを答えさせる試験がありますが、それに合格すれば大丈夫です。

というわけで、どの程度かによると思います。

>赤緑色覚異常(赤と緑の区別がしづらい。)
という程度なら、多分大丈夫だと思いますが。

Q精神科医の対応

1年半前に「自律神経失調症」と精神科で診断され、その後、睡眠薬と精神安定剤を含め、常時5種類の薬を服用してました。
私が紹介された病院は某有名大学病院の精神科です。2週間おきに予約を取り、医者に体調を伝え、薬を処方してもらっていました。
ところが、先週の金曜日に病院にいきました。(もちろん予約が入れていたので)その前日たまたま体調を崩し、会社を休んでいました。それを医者に告げると、
「あなたはどこに来てるんですか?」というのです。
「え?病院ですけど・・・。」
「間違ってる。自分が体調が悪いと思ったら、ちゃんと内科にいってください。」って言うんです。

そのほかにも「ぼくは間違ったこと言ってません。たとえあなたが道端で倒れても僕は困りません。だって、あなたが病院にいって治療をしてもらわないからでしょう?」
「そんなに辛いなら、なんで今日ここまできたんですか?その前に病院に行くべきでしょう!」
「そんなに辛いなら、救急車を呼ぶべきでしょうね。」

私はどうも風邪を引いていたみたいで、水を飲んでも吐いてしまう状態でした。それを医者に伝えて「先生、点滴してはもらえないでしょうか?」と一言いっただけなのに、医者は態度を豹変させて、心にグサグサ突き刺さる言葉を浴びせ続けました。もうショックで週末は今まで何のためにこの病気と戦いつづけてきたのか全くわからなくなってしまい、なんでこんな先生だと見抜けなかったのか、とても悔しくなってしまいました。

私の行動はそんなに間違っていたんでしょうか??
他の先生もこんな感じなのでしょうか??
1精神科の患者の言ってることなんて、無視無視!!
といった対応が見え見えでとてもショックを受けてます。
こういう場合は病院にちゃんとクレームをあげたほうがいいのでしょうか??
どなたか同じような経験をされたかた、アドバイスください。

1年半前に「自律神経失調症」と精神科で診断され、その後、睡眠薬と精神安定剤を含め、常時5種類の薬を服用してました。
私が紹介された病院は某有名大学病院の精神科です。2週間おきに予約を取り、医者に体調を伝え、薬を処方してもらっていました。
ところが、先週の金曜日に病院にいきました。(もちろん予約が入れていたので)その前日たまたま体調を崩し、会社を休んでいました。それを医者に告げると、
「あなたはどこに来てるんですか?」というのです。
「え?病院ですけど・・・。」
「間違って...続きを読む

Aベストアンサー

私は精神科医ですので、詳しい診察は内科の方がよいですよ、と言えば角が立たないのにね。自分も以前市民病院の皮膚科でイヤな思いをしました。診察室い入り、少したっていたら、突然<たってたらわからないでしょう>と言われ、そして売薬をぬっていた事を言うと<そんなんじゃ診れません>と言われ、よほど<あ、そうですか!>とドアを思い切り閉めて出て行きたい衝動になりましたが、グッと我慢しましたが、次に若い女の人が入ると声がかわってなれなれしくなっていました。結局別の皮膚科で治しましたが、その医者はまもなくかわったみたいです。ああいう医者は勉強ばかりして、人生経験などしていないみたいですね.。人間失格だと思いましたね。患者さんは弱い立場なのですから、やはり常に誠意をもって対応してほしいと思います。医者も人間ですから喜怒哀楽もあると思いますが、常に患者さんの立場になって行動してほしいものです。

Q色覚異常の発見

この間、色覚異常のかたのために見やすい色の配色を研究されている方の研究説明を聞いて、日本人男性の4~5%の人が色覚異常であるということを聞いて驚きました。
そういった方への差別などの歴史もあると聞き、非常に関心を覚えました。
そこで、疑問に思ったのですが色覚異常という症状が最初に認識されたのはいつのことなのでしょうか。
参考になるサイトがあれば教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

原子論で有名なドルトンが、自分の色覚と周囲の人の色覚の違いを研究し発表したのが最初だと思われます。

こちらのサイトでは、「1803年 ジョン・ドルトン」の項目に、「1793年 色盲に関する研究」と紹介されています。

有名な話だと思っていましたが、改めて検索すると以外にヒットが少なく驚きました。

私もsuiran2さんと同じ意見で、色盲は異常ではなく、血液型などのような遺伝的多型と考えているので、色覚異常とは呼ばないようにしています。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/oya2/physics/qed/qed.htm

Q精神科医になるには

精神科医になるにはやっぱり医学部に進まなくちゃだめなんでしょうか?それとも心理学部に進むものなのでしょうか?教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

#1です。
すみません。
臨床心理士について触れたのは、心理学という言葉が出てきて、精神科のお医者さまに対して、カウンセリングをしているイメージが強いのかなと思ったからです。
それと、従兄弟が薬学部を経て、大学院へ行き、臨床心理士の資格を取ったからです。
臨床心理士についても、協会のHPをご紹介しておきます。
仕事の内容、受験資格など、正確なことがわかると思います。

精神科のお医者さまは、カウンセリング以外にも、投薬、血液検査、栄養管理(拒食症の方など)、脳の検査など、様々な医療行為を行われるので、医学部を卒業される必要があるそうです。
(友人のご主人様が精神科医です。No.2の方がおっしゃるとおり、優秀でしっかりした方です。)

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~jcbcp/contents.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報