人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

対応するアミノ酸は20種類なのになぜtRNAは数十種類もあるのですか?教えてください

A 回答 (3件)

t-RNAの塩基A,U,C,G4種類でトリプレットコドンを


作ったばあい、4の三乗で64通りの組み合わせが
出来上がることになります。ご存知のようにアミノ酸は20種類しかないので、複数のコドンが同一のアミノ酸生成を指示することになります。
    • good
    • 1

 遺伝情報はA,T,G,Cの4つの塩基で構成されています。

1塩基に対して、1アミノ酸を対応させると4つのアミノ酸しかコードされないことになります。3塩基に対して1アミノ酸をコードすると64種類のアミノ酸をコードすることができ、20種類のアミノ酸をコードするのに十分なことが分かると思います。
 したがって、1アミノ酸に対応するコドンは1つではないですよね。例えば、アラニンのコドンはGCU,GCC,GCA,GCAの4つがあります。つまりアラニンに対するtRNAは4つあるということです。しかし、開始コドンであるメチオニンはAUGの1種類しかなく、対応するtRNAも1種類しかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい解説ありがとうございます!

お礼日時:2005/11/03 18:00

自分のNo.1の回答ですが


「アミノ酸の生成を指示する」という言い方は
おかしいですね。
t-RNAはすでに生成された
アミノ酸をリボゾーム上に連れてくるんでした。
そのアミノ酸の種類がコドンによって決められている
ということです。以上訂正します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原核生物と真核生物

原核生物と真核生物の遺伝情報発現機構の相違点について分かることがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

結構たくさんあるのですが。

まず、転写。原核生物も真核生物もはRNAポリメラーゼがDNAを転写しますが、原核生物はイントロンを含まないmRNAができます。真核生物はエキソン(タンパク質コードする領域)とイントロン(コードしない領域)を含むmRNA前駆体なるものを作ります。この前駆体はスプライシングという操作を受けて、イントロンが切り離されます。さらに、5'末端にキャップ構造を、3'末端にアデニンがたくさん連なったpolyAを付加されます。これで真核生物のmRNAが完成します。

原核生物は核を持たないので細胞質で直接転写が行われ、その場でリボソームにより翻訳されます。しかし、真核生物は核で転写が行われるため、リボソームが翻訳をするためには核の外にmRNAが出ないといけないのです。キャップ構造は、核の外に出ていいよというシグナルの役割を果たすといわれています。

また、原核生物ではひとつのmRNAが複数の関連のあるタンパク質を同時にコードしているポリシストロン性が見られますが、真核生物では通常ひとつのmRNAからは一種類のタンパク質しかできません(モノシストロン性)。原核生物はこうして複数のタンパク質を同時に発現することですばやく環境に適応できます。

非常に簡単な説明でしたが、詳しいことはご自分でお調べになってくださいな。がんばってください!

結構たくさんあるのですが。

まず、転写。原核生物も真核生物もはRNAポリメラーゼがDNAを転写しますが、原核生物はイントロンを含まないmRNAができます。真核生物はエキソン(タンパク質コードする領域)とイントロン(コードしない領域)を含むmRNA前駆体なるものを作ります。この前駆体はスプライシングという操作を受けて、イントロンが切り離されます。さらに、5'末端にキャップ構造を、3'末端にアデニンがたくさん連なったpolyAを付加されます。これで真核生物のmRNAが完成します。

原核生物は核を持た...続きを読む

QRNAの選択的スプライシングとプロセシングはどのように違うのでしょうか

RNAの選択的スプライシングとプロセシングはどのように違うのでしょうか?

生物学が苦手で教科書を読んでも違うような感じだけど…でもなんか一緒に思えたりして悩んでいます。教えて頂けると有り難いです(´;ω;`)

Aベストアンサー

プロセシングは幅広い言葉で、DNAから転写されたRNAが、
機能する形になるまでに、切ったり貼ったりする過程全てを
指します。
スプライシングは限定的で、イントロンを含むRNAが、それを
切り出して両側がくっつく事を指します。

Q開始コドンは、翻訳されるのでしょうか?

素人の質問で済みません。
開始コドンは、メチオニンをコードしていますが、
5’の最初に出てきたときには、開始の合図だけとして働くのか、
それとも、開始の合図の働きとともに、メチオニンのコードとして認識されるのかどうかを、教えていただきたいのです。
終了のコドンは、終了の合図だけなので、アミノ酸は作られないのは、わかるんですが。。。

もし、開始合図&メチオニンのコードの2つの働きがあるなら、作られるタンパク質(ペプチド)はすべて、最初のアミノ酸がメチオニンでできているということになりますよね。
テキストなどを、調べたのですが、よくわかりませんでした。
どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

メチオニンとして、翻訳されます。コードとして認識されます。

すべてメチオニンが頭に来ることになりますが、蛋白質には翻訳後修飾があるので、切り取られたりして、必ず1番最初がメチオニンの形で存在するわけではありません。

Qpoly-Aとは

poly-Aとはなんでしょうか?
あとpoly-A付加シグナルについても教えてください。

Aベストアンサー

プロセッシングが完了し完成したmRNAの3'末端には、50~200塩基ほどのアデニン(A)ヌクレオチドが付加されています。これがpoly-A tailです。poly-A tailはmRNAに安定性をあたえ、翻訳を促進する働きがあると考えられています。

mRNAは、まず遺伝子のプロモーターからエクソン、イントロンを含め連続的に転写され、転写の終結部は最後のエクソンよりかなり下流に及びます(真核生物では転写終了位置を示すシグナル配列のようなものは見つかっていません)。
この一時転写産物はイントロンを削除しエクソンを連結するスプライシング、5'末端に一個の7-メチルグアノシン(7-m G)を付加(cap構造といいます)するcapping、3'末端にpoly-A tailを付加するpolyadenylationを経て成熟mRNAになります。

poly adenylationは、最終エクソン内のAAUAAAという配列(polyadenylation signal ポリアデニル化シグナル, poly-A additional signal ポリA付加シグナル)を認識するpoly-A polymerase ポリAポリメラーゼによって行われます。この酵素はポリアデニル化シグナルの10~30塩基下流で一時転写産物を切断するとともに、鋳型に依存せずにアデニンを付加します。なお、ポリアデニル化シグナルには例外も知られています。

参考URL:http://opbs.okstate.edu/~melcher/MG/MGW2/MG234.html

プロセッシングが完了し完成したmRNAの3'末端には、50~200塩基ほどのアデニン(A)ヌクレオチドが付加されています。これがpoly-A tailです。poly-A tailはmRNAに安定性をあたえ、翻訳を促進する働きがあると考えられています。

mRNAは、まず遺伝子のプロモーターからエクソン、イントロンを含め連続的に転写され、転写の終結部は最後のエクソンよりかなり下流に及びます(真核生物では転写終了位置を示すシグナル配列のようなものは見つかっていません)。
この一時転写産物はイントロンを削除しエクソンを連...続きを読む

Q遺伝子について

私は、大学で植物育種の研究室に配属されました。まだ勉強し始めたばかりなのですが、参考書を読んでいて、相同性の高い遺伝子で『ホモログ』と『オーソログ』というものがありますが、このふたつの違いは何でしょうか?詳しく教えていただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.msu.edu/~jhjacksn/Reports/similarity.htm
英語のサイトですがわかりやすいと思いますので紹介いたします。
ホモログ、オーソログ以外にもパラログ、アナログ、ゼノログも用いられます。

ホモログは共通の起源をもつ相同性の高い配列のことをさし、オーソログやパラログを含みます。
オーソログは共通の起源をもつ単一の遺伝子から種の分化によって出来た相同性を持つ配列をさし
パラログは遺伝子重複によりその遺伝子がコピーされて出来たものです。
Aという起源をもつB種のBとC種のCはオーソログであり
Dという起源をもE種のEとE’はパラログである。

ホモログだけでは同じ起源をもつ相同性の高い配列に過ぎず、どのように分かれたかが特定されてオーソログ、パラログと呼ばれるわけです。

ゼノログは水平伝播、アナログは異起源によるものとされます。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q酵素の比活性

 前にも似たような質問をしたのですが、よく分からないのでもう一度させていただきます。
 酵素の比活性でどのようなことが分かるのでしょうか?出来れば詳しくお願いします。

Aベストアンサー

比活性というのは、タンパク質あたりの活性と定義されます。
今、アルコールを酸化する酵素を測定するために肝臓をすりつぶしたとします。肝臓には数千種類のタンパク質がありますが、その中でアルコールを酸化する酵素はごく一部です。他のタンパク質は全然別の酵素活性を持っていたり、酵素ではないタンパク質だったりします。ですから、タンパク質あたりの活性を計算すると、分母が大きいから、比活性は小さい値がでます。ところが精製操作を行って、アルコールを酸化する酵素以外のタンパク質が取り除かれれば、分母は小さくなりますから、比活性は大きくなります。その大きくなり具合は、目的の酵素以外のタンパク質を取り除く操作、つまり精製操作の指標になります。完全に精製されれば、それ以上は精製しようとしても、比活性が高くならないはずです。誰かがある酵素をすでに結晶化して、そのような純粋な酵素の比活性を報告していれば、それとの比較で、自分の行っている精製操作がよいか悪いかがわかります。
とはいっても精製した酵素が一部失活すると、たとえば、半分が失活すると、タンパク質としては全部残っていますから元の値のままですが、活性は半分になったので、比活性は半分に低下します。つまり酵素の変性による失活の指標にもなります。

比活性というのは、タンパク質あたりの活性と定義されます。
今、アルコールを酸化する酵素を測定するために肝臓をすりつぶしたとします。肝臓には数千種類のタンパク質がありますが、その中でアルコールを酸化する酵素はごく一部です。他のタンパク質は全然別の酵素活性を持っていたり、酵素ではないタンパク質だったりします。ですから、タンパク質あたりの活性を計算すると、分母が大きいから、比活性は小さい値がでます。ところが精製操作を行って、アルコールを酸化する酵素以外のタンパク質が取り除かれれ...続きを読む

QtRNA(運搬RNA)はどこで作られる?

mRNAがDNAの片方の鎖の一部分から転写されて出来ることは書いてあります。
mRNAが核孔から出てリボソームでtRNAと相補的に結合してタンパク質を作るみたいな流れだと思うのですが、このtRNAってどこから出来たんですか?
図などを見てもすでにmRNAに相補的な塩基を持つtRNAがリボソームでmRNAにくっついているんですが、なぜかよくわかりません。
個人的にはtRNAは三つ組塩基を作るので4種類の塩基がランダムに結合して多量のtRNAが作られ、mRNAの塩基配列に応じてそれが結合されるのだと思うんです。(相補的に合わなかったtRNAは捨てられる。)
つまり4つの塩基から3つ選ぶので、4の3乗=64通りのtRNAがたくさん作られて、それがリボソームに運ばれ必要に応じて使われるといった感じかと考えました。
でもそれだとDNAのどこの部分を転写してtRNAが出来たのかが疑問です。
64通りの三つ組塩基配列のtRNAを作るには少なくともこれに相補的に対応する64通りのDNAの塩基配列がないと困りますよね?
まぁものすごい塩基配列の数がDNAにはあるのであることはあると思うんですが、それだとDNAからtRNAに転写する場所がバラバラになってしまうと思うんですよね。
そもそも転写にはプロモーターとかエンハンサーとか必要ですし、なかなか難しい気がします。
どうやってtRNAが作られているのか教えて欲しいです。

mRNAがDNAの片方の鎖の一部分から転写されて出来ることは書いてあります。
mRNAが核孔から出てリボソームでtRNAと相補的に結合してタンパク質を作るみたいな流れだと思うのですが、このtRNAってどこから出来たんですか?
図などを見てもすでにmRNAに相補的な塩基を持つtRNAがリボソームでmRNAにくっついているんですが、なぜかよくわかりません。
個人的にはtRNAは三つ組塩基を作るので4種類の塩基がランダムに結合して多量のtRNAが作られ、mRNAの塩基配列に応じてそれが結合されるのだと思うんです。(相補的...続きを読む

Aベストアンサー

>個人的にはtRNAは三つ組塩基を作るので4種類の塩基がランダムに結合して多量のtRNAが作られ、mRNAの塩基配列に応じてそれが結合されるのだと思うんです。(相補的に合わなかったtRNAは捨てられる。)

そんなことはありません.tRNAは,特定のアミノ酸とコドンの両方に特異的に結合する必要があるので,ランダムなDNAから転写されるものではありません.

>つまり4つの塩基から3つ選ぶので、4の3乗=64通りのtRNAがたくさん作られて、それがリボソームに運ばれ必要に応じて使われるといった感じかと考えました。

理論的にはそう考えて間違いないです.ただ,遺伝暗号には縮重があり,1つのアミノ酸を指定するのに複数のコドンが使われることがあります(アミノ酸20種類に対して遺伝暗号64種類を対応させる).それには対応するtRNA分子2種類以上もつアミノ酸があるか,2種類以上のコドンと対合できるtRNA分子があるか,どちらかでなければなりません.実は両方存在して,コドンの3番目の塩基は誤っても大丈夫なゆらぎtRNAがあります.その結果,ヒトではアンチコドンの種類が48通りに限られています.
アンチコドンの種類は48通りですが,tRNA遺伝子は497もあります.これはなぜなら,tRNAが構成的(constitutive)に大量に発現する必要があるからで,同じ遺伝子がいくつもコピーされて複数の遺伝子をなしているのです.

>それだとDNAからtRNAに転写する場所がバラバラになってしまうと思うんですよね。そもそも転写にはプロモーターとかエンハンサーとか必要ですし、なかなか難しい気がします。

DNAからtRNAに転写する場所はもちろんバラバラです.翻訳されるのは核外ですから,核内で転写されたtRNAは,輸送によって核外に運ばれます.
以下は個人的な見解ですが,そもそもtRNAは構成的に発現するので,複雑な調節をする必要がないのではと思います.実際,tRNAを転写するのはCTDを持っていないRNAPIIIです.
またtRNAにももちろんプロモーターがあります(ちなみに遺伝子内部なので転写開始点下流です).また基本転写因子もあります(TFIII).エンハンサーもあるのではないでしょうか.別に難しいことではないと思います.

>個人的にはtRNAは三つ組塩基を作るので4種類の塩基がランダムに結合して多量のtRNAが作られ、mRNAの塩基配列に応じてそれが結合されるのだと思うんです。(相補的に合わなかったtRNAは捨てられる。)

そんなことはありません.tRNAは,特定のアミノ酸とコドンの両方に特異的に結合する必要があるので,ランダムなDNAから転写されるものではありません.

>つまり4つの塩基から3つ選ぶので、4の3乗=64通りのtRNAがたくさん作られて、それがリボソームに運ばれ必要に応じて使われるといった感じかと考...続きを読む

Qレーダー探知機を付ける人の気持ちがわからない。

レーダー探知機を付ける人の気持ちがわからない。

あれって警察の交信などを検地して近くにいることを知らせたり、オービスなどを知らせてくれたりするものだと思っていますが、なぜ必要なのでしょうか?
必要といえる人は、道路交通法を守らないときがあると宣言しているようなものだと思います。
本音は守らない人が大半だと思いますが、建前を回答願います。


秋ごろにナンバーカバーが禁止になるようです。(透明でも不可)

ナンバーカバーは建前は虫除けなどと言いますが、犯罪に使われていた赤外線防止タイプと間違われてもおかしくないような(わざわざ犯罪者なのか?と勘違いされるような行為)カラータイプのものを装着する本音を回答願います。

Aベストアンサー

機械に頼らずとも対応できる方には、不要であり無駄なものです。

[建前]
・緊急車両の接近を事前に知ることで、回避・車線提供を迅速にする。
・取締地点=事故多発危険箇所に対して、警戒意識を持たせる。

[本音]
・理不尽な取り締まりを回避するため。
・収入として事前計上している、取り締まりによる税収をなくすため。

円滑な交通や危険回避よりも、取り締まりを重視している点に首をかしげます。
少しは安全や交通のためになる活動をして欲しいものです。
明らかに危険走行をしている車両すらスルーしますから。

道路交通法は円滑で安全な交通の為にあると思います。
手段の為に目的を放棄する方針には賛同できません。
個人が行動で反論しても捕まるだけなので、表面上は従いますが。
権力って危険ですね。


長いこと捕まってないですし、
他車がいない時間は殆ど走らないため、レーダーもあまり役に立ってませんが。

ナンバーカバーされると必要な時に見えないため、廃止には賛成です。


人気Q&Aランキング