ドラマ、また小説を見て(読んで)思ったのですが、三浦綾子の「氷点」。
自分の子がある日殺され、そのとき妻が不貞をしていたことを夫は知り、復讐するかの如く、実の子を殺した犯人の子を引き取り、養女に・・・
非現実的な話ですが、実際、法律上はこんなことは許される(認められる)のでしょうか?だって、被害者と加害者が同じ家族になるんですよ?
誰か教えてください。できれば、その道の方、お答えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ANo.#3のDrStrangeloveです。



>この小説では、犯人は獄中で自殺しました。母親は、よくわかりませんが、いないでしょう。

獄中にいたということは刑が確定しているので、養女の父親が誰を殺したかは家庭裁判所の知るところとなるでしょう。
家庭裁判所では養子先と養女の関係を知った以上、その養子縁組の真意を明確にしないと、養子縁組の許可は出来ません。聴聞と言って、関係者を家庭裁判所に呼びだして事情を問いただします。

このとき、父親だけが家庭裁判所に行けば母親には分からないと思うかも知れませんが、家庭裁判所は母親の方が父親より子供の成長に多大な影響を与えると考える傾向にあるので、養子先の母親に事情を聞かずに許可を出すとは考えにくいです。
家庭裁判所に母親が呼び出されれば、「氷点」のような養子縁組を母親が了承するとは思えません。

ただ一つ気になることがあります。
「氷点」が書かれた時代がいつ頃かで事情が変わります。
家庭裁判所は昭和24年に新たに設けられた裁判所で、それ以前の時代では今までの話は通用しません。
また昭和22年の民法改正で家父長制度が廃止されるまで、日本では家父長、つまり父親がその家の全ての権利を掌握して、独断で物事を決められることが法律で認められていました。

だから、これらの制度が整う以前の話なら「氷点」の養子縁組は可能です。

また、人間は法律が出来たからと言っても、意識まですぐに変わるわけではありませんので、昭和24年以降でも家父長制の名残がありましたから、昭和30年頃まで(正確にはわかりませんが)、家庭裁判所が父親の意見を鵜呑みにすることがあったかもしれません。
    • good
    • 0

小説が書かれたのは昭和40年頃ですが、時代背景は昭和20年頃なので、回答No.4のDrStrangeloveのご意見が当たっているかもしれません。



ちなみに『氷点』には続編があり、陽子(養女)が殺人犯の娘ではないということが判明します。
    • good
    • 0

法律的な事は前出の回答にありますので、運用面での回答をします。



未成年者の養子縁組は家庭裁判所の許可が必要ですが、この場合、養子先の家庭環境がきちんと調査されます。

未成年者を養子にするのは、普通は自分の子供として育てたいからですが、それ以外の目的で養子縁組しようとする人もいます。
日本ではほとんどいませんが、人身売買を目的とした養子縁組。
少女趣味、少年趣味の大人が性的目的でする養子縁組などです。

このような目的ではないか家庭裁判所が調査し、子供の成長に最適な環境と判断した場合に養子縁組が許可されます。

さて「氷点」の話ですが、私はこの作品を詳しくは知りませんが、養女の父親は殺人犯として警察に捕まったか、逮捕状が出て逃走したか、つまり警察の知るところなっているのでしょうか。

警察に犯人が特定されている場合、その履歴は公式に残りますので、家庭裁判所も養子縁組先が養女の父親が子供を殺した家だと分かるはずです。
その場合、養子縁組が申請されれば、常識的には恨みをはらすために養女を手元に置こうとしていると、家庭裁判所は判断するでしょう。
つまり、家庭裁判所はこのような関係の養子縁組は子供の成長に不適切と判断を下すはずです。

この回答への補足

この小説では、犯人は獄中で自殺しました。母親は、よくわかりませんが、いないでしょう。

補足日時:2001/11/27 12:04
    • good
    • 0

 民法上の規定によることになりますが、成人の場合は一切規定がありませんし、未成年の場合は家庭裁判所の許可によって、養子縁組がなされることになります。



 現実問題として、そのような事実を知らなくて養子縁組をしてしまった場合と、意図的に養子縁組をする場合の2通りが考えられますが、前者の場合は確率的に考えますと万が一以上の極めて低い確率で、まず有り得ないと思いますし、後者の場合は養子縁組の前に離婚をするのが現実的でしょうから、結局、小説としての世界のお話ということになるでしょう。

 しかし、法的には上記の要件が満たせば、認められることになります。
    • good
    • 0

 民法上、ご質問のような特別な関係にある者同士が養子縁組を行うことは一律には禁止されていません。

ただし、未成年者を養子とする場合には家庭裁判所の許可を得る必要があります(民法第798条)。ご質問のケースは、おそらく家庭裁判所が許可しないでしょう。おっしゃる通り、現実にはありえない話です。仮に成人であれば、これは十分成立し得ます。実際に存在するかどうかは分かりませんが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q袴田事件の真犯人について

袴田事件が警察を揺るがしていますが

私は袴田事件の真犯人については

大きく分けて6つの可能性があると思います

どのケースが可能性が高いでしょうか?



(1)やはり袴田巖さんが実は真犯人、証拠隠滅の為に殺害後に放火した

(2)被害者の長女が不可解な自殺をしたので長女が発覚を恐れて自殺した可能性

→つまり真犯人は長女でもうこの世には存在しない

(3)単なる集団自殺

→何故に長女は助かった?
(4)事件自体が警察のでっち上げ

→何の為に(動機が不明)?

(5)真犯人は海外に逃亡

→可能性は高いが短時間で逃げれたなら計画的な犯行?

(6)警察内部に真犯人が(つまりは身内の擁護、匿い)?

Aベストアンサー

今回の冤罪事件というのは、ようするに証拠もないのに勝手な憶測を元に決めつけ、その線で押し切ったことから起きたわけです。

同じことを繰り返して楽しいですか?
楽しいんでしょうね。人権侵害、他人の名誉を根拠もなく傷つける、
さぞ楽しいんでしょうね。

Q本日、暴行罪で被害届を出しました。犯人は特定できています。その犯人を道

本日、暴行罪で被害届を出しました。犯人は特定できています。その犯人を道や施設で見かけた場合、即110番して連行という形はとれないのでしょうか?何やら犯人を特定できていたとしても、身元や、諸々の連行するための証拠を刑事が揃えるまで、何もできないということを聞いたのですが。
道で見かけても何もできずに、警察が動くまで待たなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

警察が任意動向を求めるくらいではないでしょうか。現行犯や緊急逮捕で無い限り、裁判官の令状無しには逮捕できません。強制的任意同行という解釈も存在しますが、犯人と目される人(重要参考人)が拒否したら終わりです。確たる証拠がやはり必要になってくるかと思います。

Q袴田事件の袴田さん

袴田事件の袴田さんは、仮に釈放されても、
もうグラウンドを走り回る力はありませんか?

袴田さんは獄中で、
「どこまでも、どこまでも走りたい」と語っていました。
可能であれば、その願いを心いくまでしてほしい、

Aベストアンサー

裁判官は証拠は捏造されたと言いました。でしたら捏造証拠を作った検察官は罪にならないの。
日本は偽装社会だから昭和40年代では仕方ありません。

Q親族を殺害され復讐で加害者を殺した場合の懲役は何年ですか?

素朴な疑問です。
親族を殺害された被害者がニュースに出たりしていますが、本当に旨がいたみます。
私なら耐えられません。本当に加害者を殺してやりたい位の気持ちだと思います。

過去の判例でも、おおよそでもかまわないのですが、親族を殺害され復讐で加害者を殺した場合の懲役は何年位になるのか教えてください。

Aベストアンサー

一概には言えません。

殺害のしかた計画性なども量刑にかかわってきますから。

でも殺害に至る背景なども考慮されるため例えば親族が殺された現場にいて逆上して犯人を逆に殺害した場合、かなり減刑されると重います。

裁判官などによっても量刑には差がでますからなんともいえませんが私の個人的な意見では上記のような事例でにあたらないなら3年から5年ぐらいだと思います。
親族が殺害されてまた殺害したらどこまでも続いてしまいます。
例え親族が殺害されても殺していい理由にはならないですからそんなには減刑されないと考えます。

Q袴田事件?またまた再審請求?何なのこれ?

昭和41年の袴田事件(静岡県で一家4人が刺し殺されて焼き殺された事件)、昭和55年に最高裁で死刑が確定し、翌年に再審請求され、平成6年に請求棄却され、即時抗告され、平成20年に最高裁が棄却し、それでもって第2次再審請求を申し立て…云々?
これって何なのですか?
死刑が確定しても延々と再審請求すれば、例えば第100次再審請求も有りなんですか?
日本は三審制ではなかったのですか?
これでは百審制どころか、犯人や弁護士の思惑次第で延々と刑の確定を引き延ばすことができてしまうのですか?
日本の法律、どうなっているんですか?

Aベストアンサー

死刑判決に対する再審請求は法務省は死刑執行を避ける傾向があります。
再審請求が却下されてもすぐに再審請求されるような案件については、死刑執行されずに事実上の終身刑のような扱いになっているのが現状です。

しかし再審請求中に死刑執行しても法律上は問題はなく、過去には再審請求中に死刑執行された例もいくつかあり、死刑反対派の方々から痛烈に批判されています。

参考URLは死刑囚の執行までの流れです。

参考URL:http://www.jca.apc.org/stop-shikei/epamph/dpinjapan.html

Q極悪な事件の犯人を殺してしまったとして。

先ほど、世界仰天ニュースのスペシャルを見ていて、
函館空港行きの飛行機がハイジャックされたのを見ました。
当方、バキとかそういうのも好きでして、バキや烈海王、ユージローとかいたら、犯人なんて余裕だろうな~。とか思ってたワケです。
こういう事件が起きたとして。
ハイジャックもそう。大きいところに人質を取って、凶器や危険物を持って立てこもった人らがいて、
その場に居合わせた人が、そいつらを実力で撃退。しかしながら、犯人に怪我を負わせた。殺した。
とかなった場合、撃退した人は法で裁かれることになるのでしょうか?
故意にそうした。とかが重要になりますか?
しかしながら、犯人たちがどう行動するか分からない状態なワケで、もしかしたら1人ずつ殺すようなことだって考えられるワケです。
身に襲いかかるかもしれない脅威を排除した。
一体、どうなるのでしょう??
お手数ですが、ご意見お願いします。

Aベストアンサー

負傷させる程度にもよりますが、「重症」を負わせた場合は「過剰防衛」となる可能性が高くなります。
ハイジャックは、「殺人」よりは「軽い」犯罪になりますから、正当防衛の範囲も限定されてきます。
それが、「複数の乗客」により制圧された場合と「単独」での制圧とは状況が違いますから、一概に「正当防衛」が成立する条件も異なります。

>もしかしたら1人ずつ殺すようなことだって考えられるワケです。
それだけでは、正当防衛は難しいでしょう。
極端な話し、相手の武器を取り上げるだけで「制圧行為」となりますから、それからの犯人の行動によって過剰防衛になる場合も否定できません。
武器を取り上げたあと、無抵抗な犯人を制圧の名の下に暴行すれば「犯罪」になります。

Q袴田事件で唯一生き残った遺族の長女が亡くなりました

袴田事件で唯一生き残った遺族の長女が亡くなりましたが、警察関係者に殺された可能性はありますか?

再審が決まり、警察としては生きてもらっていては困るから…というのは考えすぎでしょうか?

それとも、冤罪がほぼ確定してご本人が絶望して自ら死を選んだということも考えられますか?

Aベストアンサー

死因が発表されていないのは不審ですね。
「事件性は無い」との事で、この発表を信じるなら、自殺でしょう。
ただ、自殺とも病死とも発表されていないのはこれまた不思議。

>それとも、冤罪がほぼ確定してご本人が絶望して自ら死を選んだということも考えられますか?

ネットでは真犯人説がまことしやかに言われています。
ネット情報では動機もあったようです。
袴田さんの無実がはっきりしたら、自分が追及されるようになる事を危惧しての自殺、と言う可能性もあるのではないでしょうか?

警察関係者による暗殺は考えすぎでしょう。

Q養女の方に相続破棄をさせたい。

しどろもどろの内容にどうぞ、お付き合い下さいます様、宜しく、お願い致します。

去年11/11に父が他界しました。その後、父の身辺整理で私たち以外の兄弟(養女3人(父との血のつながりはないです))が確認できました。この養女3人に相続破棄を促したいのですが、どうしたら、納得してくれるのかが分かりません。
父の相続といえば、現在住んでる家。父名義の車。私は免許がないので、車があっても無駄になります。
養女3人は前妻の連れ子で、母も含めて、私自身も会ったことがありません。戸籍抄本を取って、養女2人の居場所は確認できましたが、もう1人の養女は私たちの戸籍に存在しているんです。戸籍の附票も取ったのですが、私たち家族と一緒について来ています。ですが、住民票を取るとその養女の名前は確認できませんでした。
今まで認知症の父の介護をしてきて、大便小便と戦い!看取りました。でも、その養女3人との繋がりはなくて、それで相続になったら、相続分をよこせ!と言われたら、今の私にはそれを受け入れる器がありません。
弁護士にお願いすると最低50万は掛かると弁護士に言われ、介護中の母、仕事をしていない私。父が亡くなり、年金が止まり、月々4万円(遺族年金は4月からとのこと)で生活をしているため、自分自身で書類集めや内容証明などを作成することに決めたのですが、内容証明の出だし「初めまして」からなのか、どう対応したらいいのか・・・。
すいません、何をどう説明したら、うまく言葉が出てきません。読んでいて「?」だと思います。内容も難しいとは思いますが、どうぞ、宜しく、お願い致しますm(uu)m

お勧めのサイトがありましたら、是非、お教え頂きませんでしょうか?

しどろもどろの内容にどうぞ、お付き合い下さいます様、宜しく、お願い致します。

去年11/11に父が他界しました。その後、父の身辺整理で私たち以外の兄弟(養女3人(父との血のつながりはないです))が確認できました。この養女3人に相続破棄を促したいのですが、どうしたら、納得してくれるのかが分かりません。
父の相続といえば、現在住んでる家。父名義の車。私は免許がないので、車があっても無駄になります。
養女3人は前妻の連れ子で、母も含めて、私自身も会ったことがありません。戸籍抄本を取って、養女2...続きを読む

Aベストアンサー

概ね#3さまに同意ですが
重要なのは遺産分割協議書。
相続放棄というと抵抗がありますが下記のような文面にしたらどうでしょうか

          遺産分割協議書

被相続人 ○○○○ の遺産相続分割協議に関して相続人は下記の内容
を了承し記名捺印するものとする。


        記

1.住居および土地(地番・・・・・)を 相続人○○が相続する。

2.金融資産 銀行預金100万円は これまでの介護・生活費を負担した分を
  鑑み相続人○○が相続する。
         なお 養子A,養子B、養子Cは各10万円を相続する。


                平成○年 ○月○日
        相続人  住所氏名                 実印
        相続人  住所氏名                 実印
              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        相続人  住所氏名                 実印

あらかじめ印鑑証明をとっておいてもらって、対面して実印をもらってくる。

銀行預金が本当になくて、すでに全額移し変えているのなら、最悪もめたら
土地建物は故人名義のまま住み続け、本当に売るときに相続人が集まって
代価を分割ということも一つの手ではありますが家賃の要求とかいろいろ
あとから出ると厄介ですね。本来生前に縁組解消をしておくべき話だった
訳で先延ばしにしないほうがいいですね。

概ね#3さまに同意ですが
重要なのは遺産分割協議書。
相続放棄というと抵抗がありますが下記のような文面にしたらどうでしょうか

          遺産分割協議書

被相続人 ○○○○ の遺産相続分割協議に関して相続人は下記の内容
を了承し記名捺印するものとする。


        記

1.住居および土地(地番・・・・・)を 相続人○○が相続する。

2.金融資産 銀行預金100万円は これまでの介護・生活費を負担した分を
  鑑み相続人○○が相続する。
         なお 養子A,養子...続きを読む

Q袴田事件で捏造をした検察側

袴田事件で捏造をした検察側は、言わば袴田さんの47年もの人生を
不当に奪ったのですよね。
このことに関して、検察は何の罪にも問われないようです。

賠償金を支払って済む問題ではないと思います。

こんな不条理がありますか!

捏造をした検察も袴田さんと同じ年数とまではいかなくても

10年くらい刑務所に入るべきだと思いませんか?

色々な意見をお願いします。

Aベストアンサー

そのとおりです。確信的な殺人教唆でしょうね。もう時効だとのことらしいですが、被害者が苦しんでいる間は時効停止にするべきです。生き残っていれば再審では証人台に立つ筈ですが、実質真犯人の仲間とされても間違いではないでしょう。

Q子供がいるのに彼女が結婚を渋っている。その理由は「子が誰の子かわからない」でも認知済み

後輩(18・男)に相談されています。事例も見つかりません。助言をお願いいたします。
彼は一学年先輩の彼女(19)と付き合っていました。
高校3年の11月(彼女から誘い、というか襲われて)関係を持ち妊娠。
彼女は妊娠6ヶ月を過ぎるまで彼には黙っていました。
彼は妊娠を知り喜んで結婚を申し込みました。しかし断られました。理由はそのときは不明。交渉を続けるも拒否。8月に子供が生まれました。
嫡出の問題もあるし、籍を入れてから出生届を出せと彼に助言。彼もそうしたがったのですが、「紙の上の結婚なんて無意味」「夫のいる自分は想像できない」と彼女は拒絶。出生届の期限まで交渉しましたがダメで、彼は認知届を出生届を出しました。
彼女は大学生で、休学や退学の意思はありません。彼女の意見としては
「私にとって一番良い生き方は夢を諦めないで叶えること。子のために諦めたくない。子育てと勉強の両立、やってできなきゃ実力不足」「子供には「夢を追ってる自慢の親」を見せるのが一番良いに決まってる」「子を保育園に預けて夢を追う母親は、いつも一緒にいる母親にそんなに劣る?」
彼女は休学も結婚もしないし、子供を手元で育てたいと彼は、親権を自分に移そうと考えています。彼女の親が出していた費用も自分でと就職もしました。しかし、話し合いはキャンセル、ドタキャン、バックレと続いています。
そんな時に、彼女の相談相手だった人が彼女と話をしました。そうしたら、結婚を渋る別の理由が出てきました。
「子供は彼の子じゃないかも」
別の男性と「火遊び(彼女談)」したそうです。
彼女は他人の子である可能性を彼に話すのを渋っています。ですからこの事はまだ彼も知りません。認知したのに彼の子ではないかも…
問題は「結婚拒否(半分は育児も…)」「親権と扶養」「子は誰の子か」
です。助言をお願いします。

後輩(18・男)に相談されています。事例も見つかりません。助言をお願いいたします。
彼は一学年先輩の彼女(19)と付き合っていました。
高校3年の11月(彼女から誘い、というか襲われて)関係を持ち妊娠。
彼女は妊娠6ヶ月を過ぎるまで彼には黙っていました。
彼は妊娠を知り喜んで結婚を申し込みました。しかし断られました。理由はそのときは不明。交渉を続けるも拒否。8月に子供が生まれました。
嫡出の問題もあるし、籍を入れてから出生届を出せと彼に助言。彼もそうしたがったのですが、「紙の上の...続きを読む

Aベストアンサー

問題が色々ありますが、ポイントは後輩の子かどうかですね。
認知届を出されているとのことなので、これは民法785条により取消がききません。しかし父親ではないことが客観的に証明されれば、家裁に無効の訴えを起こすことが出来、認められれば認知は無かったこととされますが、母親の協力が無いとハードルは非常に高いです。
また親権に関しては民法819条により父母の協議によって父を親権者と定めることが出来ますので、子供の幸せを第一に考えて慎重に決定して欲しいものです。親権者には当然に子が自立できるまでの監護・教育・扶養などの義務が生じます。
結婚や育児拒否については、これを強制的にさせることは出来ないのでどうにもなりません。
いずれにせよ子の幸せを第一に考え、当事者同士で話がまとまらないのであれば、問題をひっくるめて家裁の調停を申し立ててはいかかでしょうか。
調停は調停委員を交えた話し合いで、双方の合意点・妥協点を探り合意を目指すもので、調停で合意した内容は確定判決と同様の法的拘束力が発生しますので、子の将来のためにも今はっきりさせておく方が良いと考えます。

問題が色々ありますが、ポイントは後輩の子かどうかですね。
認知届を出されているとのことなので、これは民法785条により取消がききません。しかし父親ではないことが客観的に証明されれば、家裁に無効の訴えを起こすことが出来、認められれば認知は無かったこととされますが、母親の協力が無いとハードルは非常に高いです。
また親権に関しては民法819条により父母の協議によって父を親権者と定めることが出来ますので、子供の幸せを第一に考えて慎重に決定して欲しいものです。親権者には当然に子が自立でき...続きを読む


人気Q&Aランキング