特徴と利用方法などを教えてください。

A 回答 (4件)

物質には抵抗というものがあるのですがこの抵抗と言うのは温度が低いほど


小さくなりますそして抵抗が小さくなると電気が流れやすくなります。
温度を下げていくと抵抗は限りなく0に近づいていくのですが、ある温度まで
下げると突然抵抗が0になりますこのような状態を超伝導状態と言います。

特徴としては電流を流しても電力を消費しないということです。
利用方法としてはリニアモータカーなどに利用されてるようです。
    • good
    • 0

ジョセフソン素子とかいうのもありましたね。


用途は微小磁場測定装置のSQUIDとかでしょうか?
これは今のところあまり民生向けの用途は無いように思えますが。
    • good
    • 0

1.線材としての利用


  超伝導体には電気抵抗がないという特徴を利用して電線として使う。
  高温超伝導体は脆いので線材にするのが難しいがBi系で研究が進んでいる。
  ただし、磁場を印加した際に抵抗が発生して熱により超伝導状態が
  消失することが問題となっている。
  電流リードというリード線(棒?)も研究されているとか。
  日本が比較的お得意の分野。

2.バルク(かたまりのままのもの)として利用
  溶融組織化という方法で超伝導体内にピン止め点を導入して磁束を
  超伝導体にトラップしやすくして、強い磁石としてつかったり
  軸受けに使いたいという利用方法。 軸受けの場合には軸がぶれるので
  実用化が困難ではないかという話もある。
  これもISTECだったか、日本の研究所のお得意な分野ではなかったかと
  思います。

3.薄膜にした超伝導体のマイクロ波応用
  高速で作動するマイクロ波素子(電気部品)として使うというもの。
  ポロメータという赤外線の検出器とかX線の高感度検出器になる
  という話もある。 外にもJosephson接合アレーというのから
  ものすごく高い周波数の電磁波が出たりするというようなのも
  あったり、レーザーで超伝導を破壊する際にやはり高い周波数の
  電磁波が出るという基礎的研究もある。ただし、いずれも低温に
  しないといけないのが欠点。
  欧米が進んでいるようです。

4.利用、実用というのから離れて、基礎的な研究では断然、欧米が
  進んでいると思います。最近ではMgB2だったかホウ素の化合物が
  40Kと結構高い温度で超伝導になるという話もあって、酸化物以外
  にも関心が向いている? しかし、中々Tc(臨界温度)が高くて
  実用化に都合の良いものはないようです。
    • good
    • 0

1の方以外の利用方法として.


核磁気共鳴(NMR)の磁石
電波天文台の受光素子(宇宙からの電波が室温程度の温度で物質が出す電波よりも弱く.検出器の雑音を除去するためかもしれません)
トリスタン(名称疑問)等.高エネルギー研究所の電子(原子?)加速装置(宣伝パンフを読んだのですが意味が良く分からない)用にプラズマが丸く動かすために磁力を使っているのですが.この磁石
医療用SEI(名称疑問.脳のどの領域が動いているかを見る機械)の磁石
に使われています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCHEMDRAWとISIS/DRAWの違い及び特徴を教えて下さい!

各々のソフトの特徴及び比較が掲載されているHPや 違いを教えて下さい。
化学構造式を書く際、どちらが便利でしょうか? 両ソフトを使用した事の
ある方が いらしたら 教えて下さい。 またそれぞれのソフトのみを使用
した 事のある方の 「ココが便利!」 があったら お願い致します。
どちらを 入れるか悩んでいます。。。

Aベストアンサー

昔はISIS/Draw、今はChem Drawを使っております。基本的に、性能はどちらも大差無いと思います。

どちらも二次元の化学式を書くためのソフトですが、ISIS/Drawは各原子の位置を三次元の座標で取り扱っています。よって、Free Wheelなどの分子のモデリングソフトから分子を貼り付けた場合、貼り付けた後でも分子を三次元で自由に回転できます。これはISIS/Drawの非常に大きな利点かと思います。なお、いくつかの分子の三次元の座標データは、MDLのホームページからもダウンロードできます。

ISIS/Drawの最大の欠点は、配位結合が描けないことではないでしょうか。また、化合物のテンプレートが乏しく、例えばシクロペンタジエニル環を描くのに一苦労します。

あとは両者の価格のことですが、ISIS/Drawは学生は無料で確かに惹かれますが、Chem Drawだって旧バージョンは安価(数10$程度)にダウンロードすることができます。さらに、正規の購入者には旧バージョンのChem 3Dなども無料でダウンロードできるようなサービスが受けられますので、Chem Drawの値段は決して高くはないと思います。

昔はISIS/Draw、今はChem Drawを使っております。基本的に、性能はどちらも大差無いと思います。

どちらも二次元の化学式を書くためのソフトですが、ISIS/Drawは各原子の位置を三次元の座標で取り扱っています。よって、Free Wheelなどの分子のモデリングソフトから分子を貼り付けた場合、貼り付けた後でも分子を三次元で自由に回転できます。これはISIS/Drawの非常に大きな利点かと思います。なお、いくつかの分子の三次元の座標データは、MDLのホームページからもダウンロードできます。

ISIS/Drawの最大...続きを読む

Q酸化物の特徴を教えてください。

酸化物の特徴を教えてください。

酸化物に共通する、または多くの酸化物に見られる特徴はありますか?

(安全性、安定性など)

Aベストアンサー

こんにちは。

はい。酸化物には化学的に安定なものが多いです。

炭素と酸素を反応させて二酸化炭素にすることは簡単。
その逆をやるのは大変。
簡単ということは、つまり、化合した後の物質が安定(である場合が多い)ということです。

Q有機化学化合物の特徴を検索するサイトを教えてください。

現在大学で化学を専攻している学生です。

レポートなどで化学物質について色々調べなくてはいけないことが多々あります。

本来なら図書館で調べなければならないのですが、学生数が多くてすぐに必要な書籍類は貸し出し中になってしまい、提出日を過ぎても返却はありません。

私自身、複数の講義・実験を専攻しているので図書館に行っている時間がないのも現状です。

そこで、物質の特徴などについて検索できるサイトがあったら教えてください。

例えば、P-トルイジンを検索した場合、
どのような物質に溶解しやすい。
とか、
どのような色・形状の結晶として検出されるか
など、役立つようなことがかかれているものがあれば最良です。

ご存じの方がいらっしゃいましたら、ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

大学院で同じく化学を専攻しているものです。
私は有機系のテーマをやっているので、madetypeplanetさんのように物質の性質などを知りたいことが多いです。そんなときは、各試薬会社のMSDSをとりあえず見て調べています。それでもないときは、仕方ないので、図書館などで化学大辞典みたり、有機化合物辞典見たり、化学便覧などで捜します。
↓↓各試薬会社のMSDSが見れるサイトのURL載せておきますね。
関東化学:http://www3.kanto.co.jp/catalog/Csearch.aspx
ナカライテスク:
http://www.nacalai.co.jp/online/online.html
東京化成:
http://218.223.29.73/msds-finder/search.asp?cid=071
などです。他にも、和光純薬やACROS、アルドリッチなどの試薬会社のも見たりしてます。
ネットで簡単に(2~3分程度)調べられるわりに、MSDSから見れる情報は多いので、役に立つとは思いますよ。
以下に、p-トルイジンについて、関東化学のMSDSで調べた情報を抜粋して書いてみておきますね。
別名:4-メチルアニリン
人体に対して毒性がある、急性毒性物質
溶解性:水に微溶、アセトン、ジエチルエーテル、エタノール、ベンゼンに可溶
その他にも、密度や融点、沸点、引火点、発火点、分解生成物、安定性、保存条件、適用法令などなどが掲載されています。
役に立つかわかりませんが、もし良ければ試してみてください。あと、もしMSDSのこともう知っていたらすいません(^_^;)
では失礼します。

大学院で同じく化学を専攻しているものです。
私は有機系のテーマをやっているので、madetypeplanetさんのように物質の性質などを知りたいことが多いです。そんなときは、各試薬会社のMSDSをとりあえず見て調べています。それでもないときは、仕方ないので、図書館などで化学大辞典みたり、有機化合物辞典見たり、化学便覧などで捜します。
↓↓各試薬会社のMSDSが見れるサイトのURL載せておきますね。
関東化学:http://www3.kanto.co.jp/catalog/Csearch.aspx
ナカライテスク:
http://www.nacalai.co.jp/onl...続きを読む

Q酸素か水素を利用した武器などがありましたら教えてください

水爆とかではなくて……
たとえば水素と空気が交じり合ったものに火をつけると物凄い爆発が起こるそうですが、これを兵器などに応用したものはあるのでしょうか?

また酸素を利用した兵器などもあるのでしょうか?
お教えいただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

FAE(気化燃料爆薬)、俗に気化爆弾と呼ばれるものが近いと思います。
ただし燃料は水素ではなくエチレンオキサイドガスかプロピレンオキサイドガスです。水素は確かに簡単に爆発しますが、燃焼カロリーがとても低いので燃料などとしては実は向いていません。水素が完全燃焼したときのカロリーよりも、炭素を含む物質が完全燃焼したときのカロリーのほうが桁外れに大きいのです。燃やしたときの酸素の体積比も水素と酸素が2:1で燃焼するのに対し、炭素と酸素では1:2の割合で燃焼します。

FAEはアメリカが保有している兵器の一つで、超大型の爆弾としてベトナム戦争でジャングルを焼き払うために使用され始め、湾岸戦争でも使用されたといわれています。
同じ体積の高性能爆薬と比較して数倍の燃焼カロリーを持つようです。

参考URL:http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Afghan/airbomb_resource.htm

Q塩酸と水酸化ナトリウムの特徴を教えて下さい!

塩酸の特徴と、水酸化ナトリウムの特徴を教えて下さい!!
詳しく載っているホームページを紹介してくださっても良いです!

Aベストアンサー

「特徴」というのは具体的にどのようなものか判りませんが...

ネット検索すれば沢山引っかかると思います。例えばMSDS(化学物質等(製品)安全データシート)と塩酸あるいは水酸化ナトリウムと組み合わせて検索すれば下記のようなページも見つかります。

具体的にどんな特徴を調べたいのか補足をすればもっと的確な回答が得られると思います。

参考URL:http://www.atgc.co.jp/div/rika/hlink/hm000105.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報