取り留めの無い質問で すみません。
(回答があるものとは 思っていませんので アドバイスをください。)

半年前に、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=79824
で 質問させていただきました。

なんか またまた わからなくなってきました。
========================================
別にお金が一番で生活しているわけではないのですが、何かの活動をすると「お金の工面」の優先順位が高くなってきてしまいます。
労働そのものの価値が認められず 「お金」にならないと意味が無い世の中が「資本」主義??11月23日は 「勤労」感謝の日でしたが(これについては、http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=171090 で 遠回しに質問しました)

「資本」主義社会における ボランティア、福祉活動、奉仕活動とは なんなんでしょうか??

と悩みつつも こどもたちとの活動は続いております。
=============================================
先日 深夜のTVで 「エンデの遺言」を見ました。
(NHK 再放送)
「資本」(お金)主義について 考えさせられます。
参考資料(本など)がありましたら 教えてください。区立図書館で探しましたが10冊程度しかみつかりませんでした。(地域通貨、コミュニティなども含めて)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>「資本」主義社会における ボランティア、福祉活動、奉仕活動とは なんなんでしょうか??


に対する私の意見を述べさせていただきます。
前回の質問も拝見させていただきました。
質問の内容を逆転させて考えています。
人間の生命活動における経済主義とは・・・。
私の生活の根源にある考え方は「結い」です。
ご存知とは思いますが、集落単位の労働力の貸し借りです。資材を伴う時もあります。
わかりやすい例が「萱葺き屋根の吹き替え」です。
集落の一軒で屋根の葺き替えをする場合、集落に住むすべての住民が自宅に貯めていた萱を持参して、葺き替えに従事します。
義務ではありませんし、労働に対する対価も支払われません。
自分にもやがて恩恵が来ることがわかっているからです。
貨幣経済が発達する前のことを考えたほうが、結いの存在意義がよく理解できると思います。
自分の生活は自分で守ることが大前提です。
百姓ならば、百姓の名の通り自分でやることができることはすべて自分でやります。
百の名を持つ、すなわち百の技術を持つということです。
しかし、なんでも自分でできるわけではありません。
集団の利益として必要な活動も生じます。
たとえば、水路を開ける、道を開けるなどが当てはまります。
いわゆる公共の利益というものに該当するでしょう。
この当時に現在のボランティアを当てはめるとどうなるでしょう。
大概の方はボランティアには参加しません。
できないといった方が適当でしょう。
自分が生きていくだけで精一杯なのです。自分の生活に利益をもたらさない活動に労力を割くだけの余力がありません。
「結い」と「ボランティア」の違いは、労働力を提供した時の見返りの有無です。
見返りを求めるといっても、現代のように目先の利益にはこだわりません。
自らの生命の維持に有益か、巡り巡ってでも生活に役立つかどうかが大事です。
例にあげた『屋根の吹き替え』などは数十年に一度訪れるかどうかという気の長い話です。
諸外国におけるボランティア事情には精通していないので、国内の身近なボランティアを見ての意見となってしまいますが、ボランティアには何らかの余力を要求されます。
自分の生活に精一杯の人が参加できる余地がありません。
結果として余裕のない分を『経済的保障』として受け取ることになります。
私が携わっているボランティア活動の一つに「クラフトフェア」の開催があります。
全くの個人開催ながら、県下でも有数の集客人員があります。
私もクラフトマンの端くれですが、自ら出店することはありません。
できないといった方が適切です。
日本全国から200人を超えるクラフトマンを選び出し(基本的に抽選)、数万人の客さんを受け入れなければなりません。
これを仲間3人とともに企画運営しています。
もちろん無報酬です。
しかし、私はこのボランティア活動は「結い」として位置付けています。
自分の住んでいる地域に、手づくりのものの良さを知らしめ、人間が古来から営みとしてもち続けてきた『生業』の本質を見ていただくことにより、地域の文化的素養が向上します。
自治体の文化レベルも向上します。
結果として私の仕事にも好影響を及ぼすかもしれないからです。
私は現在経済主義を否定した生活を、経済主義の社会の中で如何に取り入れていこうかと試行錯誤しています。
人里はなれたところでの『自給自足』ではなく、人里で金銭欲に駆られずに人として生きる術を探しています。
目指すところは百姓になりそうです。
地の利を活かし、生活に必要なものを得、他者が必要とするものも地の利から作り出す。
そのお礼として、私が作り出せないものをいただく。
私の必要としているものを他者が提供できない時には『兌換券』として金銭を頂戴する。
お金の発祥の原点に返ろうと思っています。
ボランティアも本来は、結いの精神に則るべきだと思いますが、日本に結いの精神が消滅しかけている現状では、共通の意識をもつことは難しいと思います。
ボランティアなどと訳のわからない言葉は止めて『結い』と、日本人らしくいってもらいたいと思っています。
結いとは助け合いということになると思います。
結いがあって、その上にほんの少しでも余力があって、心意気がある者が、手弁当で参加して初めて「ボランティア」となるのかもしれません。
ボランティアに参加するものの精神の問題であって、かかる経費の処理方法はたいした問題ではないと思っています。
もっともっと人が生きていくということに真剣になって取り組まない限り、ボランティアは安っぽいものとなってしまうでしょう。
そのためにも、人間という種が、地球が存在する限り生を維持できるためには、今の私達が何をやらなければならないのか、どのような『結い』が必要とされているのかに関して考えるべきでしょう。
現代の資本主義、経済社会は人間の「種の保存の法則」に反していますから、種の保存に則るべきボランテイア活動とは、相反する関係といえるでしょう。
これが私の結論です。

この回答への補足

早速ありがとうございます。
「資本」主義社会は、「資本が一番」であり 「人」とかを2の次にしているということですよね。
難しいことはわかりませんが、(人でも動物でも環境でもなんでも良いのですが)相手を「認識する」ことだと思います。人間で言えば「私があなた で あなたが私」。こういう部分が ちょこっとずつでも 想像=imagine できれば 人間的なのかなぁと思います。
私は 大企業の従業員なので まさに (自由)「資本」主義社会の真っ只中におります。rakkiさんのように 「農業」までは できないと思っています。PTA活動がせいぜいです。
===============
今 本を読み始めたところで 「へぇー」「ほー」って感じです。エンデのインタビュみたいなのとか フランシス・フクヤマとか。あと 博報堂の open money(Let's)について(広告)を読んでいます。でも 読んでるだけです。自分の考えかたが変わるかもしれない予感はします。
===============
「資本」主義社会でなかったら ここまで 科学は進歩しなかったと思います。もちろん進歩した代償として環境(次世代)にものすごい負荷を掛けていますが・・・。

補足日時:2001/11/29 12:41
    • good
    • 0

再度登場のpfmです。

「エンデの遺言」は見ていませんが、『質問:「ボランティア」の意味合いについて教えてください』は拝見させてもらいました。

ワタクシが思うに日本人は奉仕活動は無償という事にとらわれ過ぎています。例えばオ●ムの人は資金作りのためにほぼ無償で働いていましたよね。これを奉仕活動とは言えません。徴兵制度のある国では軍に入らない人は奉仕活動をやります。そういった意味では義務感があります。

さっぱりまとまりませんね。奉仕活動を円滑に進めるためには有償でもいいという考え方に反対の人は、天下りの役人などが頭に浮かぶのかもしれません。とにかくワタクシは奉仕活動はあくまでも崇高なる目的があるので、その手段には拘りたくないという立場をとらせてもらいます。sinjiroさんの考えの参考になればいいのですが、これではダメですね。

この回答への補足

ありがとうございます。

「奉仕」は あまりに 『崇高』ですよね。
=============
PTA活動したら、その代償が欲しい。それが、PTAのお祭りで 100円のうどんを半額で食べられる程度のものでもいい。と思っています。
でも こんな風に言うと「あいつは 代償が欲しいからPTA活動している」って思われてしまいがちです。極端には「道で転んだこどもを抱き起こすのにもお金が欲しいのか??」って 感じです。(お笑いではないんですよ)
そんな 数秒で終わってしまうことなら、お金なんて要りません。でも、時間を割いて企画して、準備して、会計して、報告して と それなりに頭を使いやってます。なら、その代償が欲しい。
「好きでやってるんでしょう??」とも言われますが、じゃあ 「芸術家」ってどうして お金儲けできるんでしょうね??政治家だって、理由がどうあれ「好き」だからやってるんだろうし。
=====================
なんか こんな話ができる フォーラムとか 集まりをどなたか 教えてください。
(教員とかで こんなことを考えてる集まりでも構いません。私は 民間のメーカー勤めだから 参加できないかな・・)

しばらくして この話題を〆て、「経済」のほうで 地域通貨としての質問してみようと思います。(地域通貨と教育 ってとこですね)

補足日時:2001/12/03 08:34
    • good
    • 0

どうもその節は・・・



ボランティアと資本主義ですか・・ そうですねぇ やはり「生きる」というのに余裕ができたからこそ考えられるのではないでしょうか?
>別にお金が一番で生活しているわけではないのですが、何かの活動をすると「お金の工面」の優先順位が高くなってき
>てしまいます。

が現実だし、事実だと思いますよ。もうこうなると哲学的結論も出てくるとは
思うのですが、究極は人間も地球構成生物の一つと考え、動物も食べるけど
動物に食われる、疫病で大量死する。地球のある部分でしか生活できない。
種の保存のみのために生殖行動を取る。
こうなったら資本主義もボランティアも何もなく、ただそこに星があるという
状態でしょう。

ヒトは文明を知り、持ちました。それを発展させ伝承させることを神と約束
したのでしょう。だから唯一動物を殺してそれを食しても許されるし、ヒト
の命は地球よりも重たいのでしょう。

その発展、伝承させるための手段が「生きる」ことなんでしょう。そしてその
生きる方法の初歩が「自給自足」だったと思います。
時は過ぎ、自給自足から役割に応じた負担となり、その負担の度合いを「お金」
というもので図るようになったのでしょう。

お金をどう稼ぎ分配するかの方法の一つが「資本主義」なんでしょうね。
日本の学校では「資本主義」を徹底的に教えます。だから資本主義しか知らない
のでしょうね。

資本主義はやはり「お金」が基本です。皆、そのお金を稼ぐために働くのでしょう。

そして富を得たものが得られないものへ施す、ボランティアはこうやって産声
をあげたものと私は理解しています。
ですから見方によってはボランティアは傲慢にも見えます。が、インドでは
施しを受けるのも立派な権利と思っている宗教もあるようです。だから
「バクシーシ」は正当な労働であり、主張なんでしょう。

日本はこういう経緯よりも「お互い様」という互助の発想からボランティア
(むしろ助け合いかな?)がはじまったと思います。だから無償だしお互い
だし、全員参加なんでしょうね。

こういった質問が出るというのは「わかってきた人が多くなってきた」という
ことなんでしょうね。
長文でスイマセン

この回答への補足

ありがとうございます。
(愚問にお付き合いありがとうございます)

(自由・社会など)資本主義が世の中のほとんどなんでしょうね。(社会は10年前に潰れちゃいましたけど)
もし 本当に学校で「資本主義を徹底的に教えるなら」学校で『お金』の勉強を教えならないと思うのです。でも 『経済学』はあっても 「お金の使い方」は無い。(ゲームで株式を運営したりするのはありますが、まだまだ少ないし。ましてや小学校などの初等教育には導入されていないと思います。)
でも 1番目のかたが言われるように「全部のことを自分ではできない」し「物々交換でもない」わけで 『お金』は必要だと思います。(日常生活のお金)
==================
私はPTAしかやってないんで そこに戻っちゃうんですが(ごめんなさい)、これからの初等教育は、「学校・家庭・地域」だとよく言われています。やはり 資本主義のお金 は、教育現場にはなじまないと思うんですよ。(元々 教育は NPOだから)そうなると、資本主義のお金ではない 『地域通貨』をPTA活動などに導入すれば良いとおもうんですよ。(ホントにそうなか??)
でも 「学校・家庭・地域」に共通する 人間以外の項目は「お金」があると思うんです。それなのに 「お金」を組み込まないのは とても無理があると思うんですよ。(無理(表裏)があると こどもたちはすぐに見抜き、バカにします)
==================
資本主義を否定するわけではありません。経済学を学んで 資本主義を運営している方々を非難するつもりもありません。
ただ 教育現場と社会(資本主義)の乖離 が 大きすぎ、ゆとりの教育・生きる力などと旗を掲げながら、「お金」という 現実に対面しないあり方に疑問を感じています。
=================
ごめんなさい。(謝ってばかりですね)教育問題になってしまいました。

補足日時:2001/12/03 08:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん ありがとうございました。
そろそろ〆ます。

散々 いろいろな団体や学校などに質問して いろいろとアドバイスを戴きました。
地域通貨にもいろいろな種類(やや商業的、やや非営利的など)があることもわかりました。目指しているものは同じでも いろいろとあるのですね。
「形から入るのもおかしいかなぁ」「いきなり大きな集団に対応できるかなぁ」「考えてばかりいても仕方ないなぁ」と思い、現在 家庭内でやってます。
完全非営利状態です。(爆)

また いろいろと気づくと思います。そのときは アドバイスをお願いします。
とんとん拍子なら 質問しないと思います。

お礼日時:2001/12/11 17:55

ボランティアの元の意味はは自らすすんで行動することであって、奉仕活動ではありません。

労働組合の専従役員のように、その方が効率的に組織が運営されるならばボランティア団体の役職にある人がお金をもらってもいいと思います。

ボランティアにはある目的があります、それを実行するのに既存の役所や企業に頼んでも費用などの問題でできない時に、奉仕活動という手段を使って実行するのです。と以上のように考えるのはどうでしょう?なおボランティアは最初以外はほぼ日本でのボランティア、つまり奉仕活動・福祉活動の意味で使いました。

この回答への補足

ありがとうございます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=79824 は 読んでいただけましたでしょうか??
pfmさんの ご意見と似ていると思います。(私の考えが)
(でも 「実費」(運営費)が掛かる場合に、その対象者やそれに近い領域の方々にお金を要求する という 私の考え方は間違っているかも知れません。)
【でも 多くの皆さんは (ボランティア=)「無償」を唱えております。】

更に この質問では ボランティアを「はたらくこと」へ透過させてみました。
エンデの考え方(まだちょっとですが)を知って なんと言うか ボランティアを実行するために 「お金」がかなりの優先順位になってしまう自分の考え方に限界を感じました。人が自分でない人のために存在するものならば お金など関係ないのではないだろうか?と。人と関わりたいから ボランティア(能動的な活動)をするんですよね??人が人と関わるために存在するものならば、何故 その行動にお金がからんでくるのか??

そうか エンデの言う「2つのお金(株式市場を廻る資本と 日常使うお金)」のうちの 「日常使うお金」がボランティアなどに関わるお金のことかぁ・・・。
でもそうなると そのお金を「政府(役所)」「企業」など 資本主義そのものの側からもらってくるとなると どう解釈してよいのでしょうか??(政府はお金を発行し管理しているし、企業はそのお金を資本として利用している)

なんか わからなくなってきました。
また 考えてみます。ありがとうございました。

補足日時:2001/11/30 08:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本主義を勉強しているのですが、そこで出てくる「ウェーバーの鉄の檻」とはどう意味ですか? 調べても難

資本主義を勉強しているのですが、そこで出てくる「ウェーバーの鉄の檻」とはどう意味ですか?
調べても難しく書いてあってよく理解できません..
お助けいただけると幸いです

Aベストアンサー

近代官僚制についての比喩です。

中立的で厳密な規則と階層的組織で成り立つため合理的効率的に行政活動を行えますが、反面、議論も討議もない単なる閉鎖的行政ロボットと化す危険がある、この矛盾した状況を比喩したものです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%AF%E9%85%8D%E3%81%AE%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%AD%A6

Q国境なき医師団(http://www.msf.or.jp/index.

国境なき医師団(http://www.msf.or.jp/index.php)と国境なき子どもたち(http://www.knk.or.jp/)という団体は、それぞれ全く関係のない別団体なのでしょうか?
月々の寄付について検討しているのですが名前がそっくりなので。
何か繋がりがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

似てるの国境だけやん (^_^;

内容の全く違うNPOです

Q【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として

【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として成り上がるという思想ではないんですか?

みんなの資本主義って発想自体おかしくないですか?

資本主義の下には奴隷と使用者という身分格差があって成り立つ思想ではないんでしょうか?

資本主義でみんなハッピーという考えはあり得るのでしょうか?

みんなの資本主義ってタイトルはおかしくないですか?

Aベストアンサー

「みんなのための資本論」のこと?映画のこと??
資本論をきちんと理解して、搾取されないようにしようねって啓蒙している。

Q公務員の友人が慈善活動のために購入型のクラウドファンディングでお金を集めたがっているんですが、これっ

公務員の友人が慈善活動のために購入型のクラウドファンディングでお金を集めたがっているんですが、これってまずいですか?

Aベストアンサー

まずいですね。
やめるよう忠告してあげてください。

いくら慈善活動でもまずいと思います。

Q昔の世界は資本主義体制だった?

難しい内容なので、子供に説明するようにお答え下さい。

社会主義なり共産主義という概念は19世紀に誕生したと思う (間違っていれば指摘して下さい) のですが、それでは、それ以前の世界はどこも資本主義体制だったと考えていいのでしょうか?

物々交換の時代はそう言えないかも知れませんが、少なくとも通貨が社会に流通し、労働の対価として賃金を通貨で支払うシステムが確立した時点 (いつなのか分かりませんが ・・) で資本主義が採用されたと考えてもいいように感じるのですが、実際はどうなんでしょうか?

それと経済学的な意味での 「資本主義体制」 を世界で最初に確立したのは、いつ、どこの国なんでしょうか? やはり産業革命時のイギリスですか? あるいはもっと昔の時代のどこかの国?

たとえば平安時代や鎌倉時代、あるいは江戸時代の日本は資本主義体制だったのでしょうか?

資本主義に関する説明を聞くと必ず出るのが 「資本家」 という言葉なんですが、金持ちという意味では大昔から存在していたように思うのですが ・・

Aベストアンサー

資本主義の定義って難しいんですよ。資本主義ってマルクスの時代から絶えず変化を続けていますから。
 あえて言うなら、いわゆる先進国で、資本が膨れ上がっていくような経済体制でしょうか。つまり前資本主義では、金持ちはいても全体の富の量が変わらない、ただ偏在しただけって感じだったのが、全体の富が増え、どんどん豊かになっていくような社会ですね。商業主義の時代では駄目で、やはり富を新たに作り出す産業革命以降の工業社会が資本主義にふさわしいので、とりあえず、イギリスが最初に一票かな。
 日本では明治維新以降に二宮金次郎とか持ち上げて資本主義を徹底的に植えつけて育てました。
 資本家とは資本を出す人、あらゆる産業には資本が必要です。その資本を提供する人、現在では株をやっている人は全員資本家ですし、預金をしている人も資本家といえなくもありません。

Q地域活動と市民活動の違いは?

現在地元の公民館主催の青少年育成活動のリーダーを
ボランティアで行ってます。
活動内容は地元の小学生を対象に
夏休みはキャンプ、それ以外は月に一度のイベントを行っております。
準備、計画などは私たち学生ボランティアがしています。
運営面では公民館の事業ということもあり
公民館職員さんのご協力を得ています。
また資金に関しては、市からの助成金もあります。

そして、自分の活動での経験を考察しながら
地域でより多くの人が活動していけるためには
どのようにしていけばいいのかをテーマに
卒論に取り組もうと考えています。

しかし、卒論の1章あたりで
地域における活動の概要を述べるために
市民活動、地域活動どちらの視点で考えていけばいいのかが
むずかしいのです。

私の活動内容からするとどちらに当たるのでしょうか。
また市民活動についての本はあるのですが、
地域活動についてうまく述べている本をみかけません。
何かお勧めできる本があれば教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ボランティアとしての立場から考えてみますね。

ボランティアには、3原則というものがあることは皆さんご存知だと思います。しかし、私は本来、4原則と思っています。
(1)無償性(最近は時間拘束料とか、実費弁償費とかという名目で崩れつつある)
(2)社会性(昔は福祉性といっていたが、最近では、特定の人、団体のためではなく、全ての人々のためになる活動であること)
(3)自発性(人に言われるので無く、自ら進んで行う)
(4)継続性(1年に1回でも定期的に行なわれる)

ですから、公民館の活動でも、両方の活動があると思います。公園の清掃活動でも、自分たちの地域の地域の住民の奉仕活動であれば、地域活動と呼べるでしょうが、ボランティア活動ではないということです。それは、地域の自治会とか、老人会の役員さんが、計画し、地域住民にお願いされると、自発性と社会性が欠けているように思えます。

市民活動は、行政の施策に対して、より良い社会を作るために地域住民が集まってする活動であると思います。この活動はボランティア活動が多いと思うのですが、行政は反体制の活動と思っているのでしょうね。

ボランティアとしての立場から考えてみますね。

ボランティアには、3原則というものがあることは皆さんご存知だと思います。しかし、私は本来、4原則と思っています。
(1)無償性(最近は時間拘束料とか、実費弁償費とかという名目で崩れつつある)
(2)社会性(昔は福祉性といっていたが、最近では、特定の人、団体のためではなく、全ての人々のためになる活動であること)
(3)自発性(人に言われるので無く、自ら進んで行う)
(4)継続性(1年に1回でも定期的に行なわれる)

ですから、公民館の活動でも、両...続きを読む

Q産業資本主義と金融資本主義のちがい。

タイトルのままですが…
産業資本主義と金融資本主義のちがいについて教えてください。

産業資本主義が発展し、資本が過剰に蓄積し、金融資本主義になるとのことですが…
それぞれの違いについてもう少し詳しく知りたいです。

Aベストアンサー

まったく素人ですが、回答させてください。

湾岸産油国など、国内産業が未発達の地域では、産業資本主義とは言えないが金融資本主義、ということはできる。日本では高度な熟練を要する町工場の産業基盤があるがために、重工業に投資して中小企業を大事にしない国々とは比較できないほどの工業技術力の底力がある。従来の経済「進化論」では、産業資本主義が成熟して金融資本主義になる、という進化の道筋があった。だがIT革命を経たいま、進化の段階の「スキップ」が見られる。インドは、IT技術に資本と人的資源を集中投入してそのスキップを勝ち取った。また、通信事業の分野では、電話線を引かなくても携帯電話サービス網のインフラに投資し、スキップを実現している。従来では重工業、軍需産業からのぽたぽた(トリクル・ダウン)、あるいはスピンオフから地域産業全体への波及という道筋だった。今はダイレクトにサービス産業への投資から産業を活性化させるという方向性が偏在する。このように、今では産業資本主義から金融資本主義へ、という道筋は主流では無いのかもしれない。ただし、日本のように町工場が強い、というのは実は想像以上に日本の工業を支えているのかもしれない。だから金融資本主義マンセーの風潮は、やばいと思います。

まったく素人ですが、回答させてください。

湾岸産油国など、国内産業が未発達の地域では、産業資本主義とは言えないが金融資本主義、ということはできる。日本では高度な熟練を要する町工場の産業基盤があるがために、重工業に投資して中小企業を大事にしない国々とは比較できないほどの工業技術力の底力がある。従来の経済「進化論」では、産業資本主義が成熟して金融資本主義になる、という進化の道筋があった。だがIT革命を経たいま、進化の段階の「スキップ」が見られる。インドは、IT技術に資本と人的資...続きを読む

Q中学校の生徒会活動として可能なボランティア活動を教えて下さい

現在行っているものとして、古切手、プルタブ、ペットボトルキャップの収集があります。また、単発で地域の海岸清掃活動への参加と、学校周辺のゴミ拾いも行っています。

古切手はともあれ、プルタブは車いすになる量に達するまでに10年以上かかる見込みですし、ペットボトルキャップもワクチンとなる金額を遙かに超える送料を支払っています。成果として実感できない活動ではありますが、全員が参加できる地道な活動としては捨てがたいものがあります(活動すること自体が目的になってしまっていますが)。

他の中学校ではどのような取り組みが行われ、どのような成果を得ているのかを教えて下さい。

Aベストアンサー

BrownFrogさん 初めまして。

私は地域のボランティアセンターに所属する者です。
個人としては手話通訳、ガイドヘルパー、音楽関係のボランティアをやっています。
最近ニーズが多く、教育機関、企業、施設章句員の方達への指導もさせて頂いています。

学校の先生でいらっしゃる様なので、どの様に展開していったら良いかと言うことをお話しします。
授業だけでなく生徒会活動、サークル活動などにも活かして頂けたらと思います。

先ず、ボランティアって何でしょうか?今はインターネットと言う文明の利器が有りますので、
色々な物を駆使し生徒さん達にリサーチさせてみて下さい。

ボランティアやボランティア団体を調べていくと[福祉]と密接な関係が有る事が分かってきます。
そこで、次に福祉について学びます。
最寄りの福祉センター、ボランティアセンター、
独立した物がなければ役所の福祉課からその道の経験者の方を
お呼びするのも良いでしょう。
福祉関係の仕事、役所の福祉課の仕事を学んでいくと、次に[障害]や[障害者]と言う言葉にぶつかります。
そこで、[障害の区分]について学んで下さい。

[障害の区分]でどんな障害があるかを学ぶと、[病気]について関心が深まると思います。
どんな病気がどんな障害を背負うことに成るかその原因なども学んで下さい。
中学生ならば[差別用語]と言って使ってはいけない言葉のことなども学んでホシイと思います。
心を傷つけるような言葉は誰に使ってもいけないはずです。

そして、言葉について学ぶときコミュニケーションの方法について学んで下さい。
手話、点字、外国語、色々なコミュニケーションについて
知ると共に自分が今出来ることは何かと言うことを学んで下さい。
そして、生徒さん一人一人が自分の得意な物や好きな物で
自分を活かす事に挑戦して下さい。

要は活動の場を探す前に、ボランティアに関心とやりがいを持照るような展開をして頂きたいと言うことです。

BrownFrogさん 初めまして。

私は地域のボランティアセンターに所属する者です。
個人としては手話通訳、ガイドヘルパー、音楽関係のボランティアをやっています。
最近ニーズが多く、教育機関、企業、施設章句員の方達への指導もさせて頂いています。

学校の先生でいらっしゃる様なので、どの様に展開していったら良いかと言うことをお話しします。
授業だけでなく生徒会活動、サークル活動などにも活かして頂けたらと思います。

先ず、ボランティアって何でしょうか?今はインターネットと言う文明...続きを読む

Qいまの日本は民主主義というより資本主義ではないですか? 民主主義と資本

いまの日本は民主主義というより資本主義ではないですか? 民主主義と資本主義の2つの主義が両立して成り立っているのに、なぜ日本は民主主義を前面に押し出し、資本主義とは言わないのですか?

Aベストアンサー

たしかに民主主義は、資本主義の制約として働いています。しかし、資本主義の制約は民主主義でなくともよいわけで、聡明な独裁者がいろいろな制約のルールを作ってもよいではないかとも考えられませんか。

卑近な例では、進まぬ行財政改革や公務員改革に対して、現行の民主主義のシステムを嫌悪して政治のルールを破ったり無視したりしてでも新しい事態を作っていく首長が一部で人気を集めたりもしています。結果的に聡明であったかどうかは別として、このような国家的実験がいまのロシアで過去に行われたことはよく知られています。トップダウンで物事を解決していく政治システムとなっていました。

人間が行動するためには「正しい」とか「善」であるという意味付けとか、価値の付与が必要です。人を思いどおりに動かすという権力にも正統性が必要ですね。人が警察官の指示に従うのは法律によって警察官に権限が与えられているからです。為政者例えば総理大臣は日本で最も権威のある憲法に則って権力者となっているため官僚はその指揮に従います。法律は憲法に則って国会で決められたから国民はそれに従います。

しかし、何が正しいとか、善であるかは相対的なものであり、容易に判別できるものではありません。あなたの最愛の人が警官に追われてあなたの家に逃げ込んできました。警官が家の戸口に立ちました。最愛の人を守るためいないというのか。うそを付くのは悪いので警官に引き渡すのか。戦場です。人を殺したり傷つけるのは悪いのか。祖国を守るため、また横の仲間を守るため敵を銃撃するのか。

権力の正統性も同様です。その源泉は神であったり、自然法であったり、長く続いていることであったり、人民の総意であったりと権力者は自己の権力が正統であることを説明します。人民がそれを受け入れるか受け入れざるを得ないということであればなんでもよいということになります。

大衆社会になってからはメディア、うわさなどを巧みに使って人民にその気にさせるという作業が行われており、100人がそう言えばそれが事実か真実かとなってしまう状況ですね。ナチスなどが有名です。


そこで民主主義が資本主義の制約とか修正のために登場したというのではなくて、資本主義がもたらした国民の生活の状態、裕福に資産を持つ人や、雇われて仕事をするしか収入がない人、従来からの大地主や貴族などいろんな人があって、これ以上資本主義を徹底したい人や、なにも持たないので従う人、怖さを知らない人、このままでは没落してしまう人などいろいろな経済的立場として存在し、争議や内乱も含め政治的な主張や軋轢を繰り返かえすという状況が生まれたと考えます。

それぞれの国の歴史的背景、対立の勢力分布、対立の根の深さなどいろいろな要素があってなにも持たない人をどう取り込むかという解決の方法が、日本では働くしか収入がない人を政治参加に取り込む方法であったのではないかと考えます。

彼らを取り込む以上彼らの主張の一部を受け入れることとなり、結果資本主義の制約なり修正が生まれました。日本では、こうした修正した資本主義経済が発展したところ、国民が全体的にそれなりに豊かになってきたため本人の経済的立場というものがあまり気にされなくなりました。経済的立場からの発言や団結なども少なくなりました。この事態には宣伝の効果も大きいと思いますが、国民全体の所得が向上したのも事実であると考えられます。


近年の資本主義重視への揺り戻しは、小さい政府や規制緩和の動きとしてみられ、新自由主義的な政策と呼ばれますが、初期にも政府は何もしないほうがよいという考え方はありました。ワーキングプアというような現象を生み出しましたが、個人の責任をより強く吹聴することによって、社会の仕組みの変化により生じたものであるというという事実がぼかされているとも見えます。

働かざるもの食うべからずという言葉は聖書や旧ソビエト連邦の憲法の条文であり、また資本主義では持てるものは別に働く必要もないわけですから、自己責任というのは資本主義由来の言葉とは少し違うのではないかと考えます。

「持てるものが楽をして儲けて何が悪い。儲けやすいように変な規制なんか廃止しろ。わしが儲けた金に何で税金なんか払わせるのか。」そのように言ってはみもふたもありませんので、使い方や制度が悪いという問題を国民全体に啓蒙し小さな政府に誘導する必要があります。

大衆というものは、自分を自宅にプールがあるような人とは比較しないで、となりの人が海外旅行に行ったことをうらやましがるように出来ていますので、うまく不平不満をその人たちの身近に見つけてあげ誘導することが大切です。そうすれば結果的に投票者当人に不利益になることでも受け入れられます。

そこで資本主義は後ろに隠すべき物です。

たしかに民主主義は、資本主義の制約として働いています。しかし、資本主義の制約は民主主義でなくともよいわけで、聡明な独裁者がいろいろな制約のルールを作ってもよいではないかとも考えられませんか。

卑近な例では、進まぬ行財政改革や公務員改革に対して、現行の民主主義のシステムを嫌悪して政治のルールを破ったり無視したりしてでも新しい事態を作っていく首長が一部で人気を集めたりもしています。結果的に聡明であったかどうかは別として、このような国家的実験がいまのロシアで過去に行われたことは...続きを読む

Q学校の課題で保健活動についての議題なのですかそもそも保健活動とはなんですか?

学校の課題で保健活動についての議題なのですかそもそも保健活動とはなんですか?

Aベストアンサー

簡単に言えば保健活動というのは、自分や他の人に対して健康の維持・増進を図っていくことですが、学校においては「学校生活を健康に過ごす能力や知識を養うとともに、そういうことを身に付けるための教育や活動全般」を言います。
例えば、健康診断もそうだし、手洗いや歯磨きの習慣、インフルエンザ予防、食中毒に対する知識を持つことも、そういう活動に含まれます。


人気Q&Aランキング