30cmφ程度の円柱状のウレタンから2mm厚程度の薄い円盤状のものを
切リ出したいのですが、いい方法はないでしょうか?
ただし、表面を比較的きれいに、厚みムラも少なくしたいです。
ウレタンは熱硬化型の硬質弾性エラストマータイプです。

糸鋸で切ると、表面が汚いのと、糸鋸に削り屑が接合したり、
切った後に再接合してしまうなどの問題があります。

A 回答 (2件)

アブレシブウォータージェットはどうでしょうか?


研磨剤を何も含まないウォータージェットよりも切れ味はいいですよ
    • good
    • 0

こんにちは。

初めまして。
ご質問の分、たぶん無理ですよ。
糸鋸はもちろん、300Φでしたらウォータージェットでもだめですね。
あと残るはレーザーかなあ・・・。熱でやられますね。

丸棒をあきらめて、ウレタンシートの2mmを買ってきて
○の抜き型で押し切りするのが一番良いんじゃないでしょうか。
費用もそんなにしませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイス ありがとうございます。
鋸系、ワイヤ、ウオータージェット、レーザーなどについても
調べてみたのですが、いずれもやってみないとわからないとか
無理だということでした。他のところを当たればできるって
とこもあるかもしれないので調査中です。

シートについてですが、
ウレタン中に別物質を入れて、それを切断したいと考えているので
それもできません。
できなければ、別方法を検討してみます。

お礼日時:2001/12/04 16:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無垢テーブル、オイル仕上をお使いの方!

こんにちは tsukinohaといいます
今度新築に伴い、ハードメープル材無垢のテーブル オイル仕上げを買うことになりました(一枚板ではありません)
木の経年の変化を(シミや汚れ、傷もむくめて)楽しめればなぁとおもっています
4歳の男の子がいるので、オイル仕上げを決めるのには少し勇気がいりました
オイル仕上げのテーブルをお使いの方にお聞きしたいのですが、少しの水や、食べこぼしでも、すぐに拭かないとシミになりますか?
いまオーダーしている会社の人に「相当覚悟をしてくださいね~」と言われています

作っていただく会社には、オイル仕上げをしたあと、薄いウレタン塗装をすることを勧められているのです このウレタン塗装、かなりマットでよくみないとウレタンがわからないくらいでした
私としても、できればきれいに使いたい・・・ でも木の感触も楽しみたいと、悩み始めてしまいました

まだオイル仕上げの家具を使ったことがないので、どれぐらいのお手入れをしたらいいのかわかりません
よろしければ、使われている方々に「オイル仕上げ」の感想などお聞かせいただいたら、と思っています

こんにちは tsukinohaといいます
今度新築に伴い、ハードメープル材無垢のテーブル オイル仕上げを買うことになりました(一枚板ではありません)
木の経年の変化を(シミや汚れ、傷もむくめて)楽しめればなぁとおもっています
4歳の男の子がいるので、オイル仕上げを決めるのには少し勇気がいりました
オイル仕上げのテーブルをお使いの方にお聞きしたいのですが、少しの水や、食べこぼしでも、すぐに拭かないとシミになりますか?
いまオーダーしている会社の人に「相当覚悟をしてくださいね~」と言わ...続きを読む

Aベストアンサー

以前、丁度あなたと同じように子供が小さい頃に白木のデンマークの家具を使っていました。
結果から言いますとやはりシミになり最後はテーブルクロスを掛けていました。
無垢材の場合はチークオイルやボイル油などを薄く塗ったり、あるいは胡桃や米ぬかを布に包んでこすりこんだりいろいろやり方がありますが、やはりシミを防ぎきれません。それでも出来るだけ長く持たせようというのであれば薄いウレタン塗装しか手はないと思います。でも塗装をするということは生地が息が出来ないので色の変わり方が違ってきてしまいますが。

Q金とアルミの接合方法は何接合ですか

金とアルミを接触させて、熱と超音波をかけてくっつける方法は何接合というのですか?また、その接合が行われる時に接触面ではどのような反応が起きているのですか?

Aベストアンサー

超音波溶接と呼んでいるようです。^^;下記、神奈川大学URL。
界面では超音波により両者が溶融されたような状態になり互いの金属格子の中に他方の金属が無秩序に入り込み表面近くでは濃度勾配のある「固溶体まがい」ができて、接合面が消失します。

参考URL:http://www.ee.kanagawa-u.ac.jp/laboratory/data/laboratory_tsujino.pdf

Qウレタン塗装されたパイン材について

パイン集成材でウレタン塗装してある机についてですが、ウレタン塗装が施されてある場合、オイル仕上げのものと同じように年数がたつにつれ色は変化していくのでしょうか? あと湿度変化によるソリや割れなどが起こりにくいのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ウレタンは黄変といって少し黄色く変色します。
パイン材等薄い色の仕上げのものは変色しやすいです。
徐々にですから気がつかない程度ですけどね、
物が同じ位置に載っていたりすると目立つようになります。

高級品には無黄変塗料が使ってあることもあります。

Q固相拡散接合でなぜ接合するのですか?

固相拡散接合は、固相状態のまま原子の拡散を利用し接合する方法ですが、原子が拡散するとなぜ接合が可能になるのですか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

AnO.1です。少し追加・補足いたします。
金属結合では、原子間に自由電子が行きかうことで結合力が生じるものでしたね。ですから、金属片同士が通電可能な程度に接触すれば直ちに接合するはずですが、接触面の面積が見かけと比べて非常に小さいことと表面の汚れによる妨害とで、大した接合強度が得られないのです。表面を清浄にし、接触面積を増大させるために「表面原子の拡散」を待つ、おまけに圧縮応力を負荷というのが拡散接合の技術となります。
次のような実験をお勧めします。釣具の錘(鉛製)を二つに切断しそれぞれを平に磨きます。そこで両者の磨いた面をこすり合わせて見ましょう。間もなく、急に両者が「くっつく」手応えが認められます。それなりの接合が認められます。無理やり離してみると、接合部分がごく小さいものであったことにも気付くでしょう。平滑度が足らないのです。また両面を指でこすればとたんにくっつかなくなることも確認できます。拡散接合が手軽に実験・確認できるでしょう。

Qウレタン塗装の剥離について、

中古テーブルを買ったのですが、ウレタン塗装がされていて、あまりよくないので、ウレタン塗装を剥がして、オイルフィニッシュで仕上げるということは可能でしょうか。

ケストルとか、ネオリバーという剥離剤があるようですが、実際の効果はどうでしょうか。

素材はチークの突板のようです。
ウレタン塗装は、工場塗装ではないようで、購入後、塗装屋さんに依頼してやってあるようで、あまり丁寧に磨いてない感じです。厚めのウレタンという感じがします。

Aベストアンサー

素材が突板か、無垢板かでは剥離方法に違いが生じます。無垢板の場合ならベルトサンダーやサンダーでウレタン塗料と着色塗料も研磨で落とします。この方法は難しいと思いがちですが、木材の素材部分まで研磨した方が、後の塗装が楽に綺麗に仕上がります。テーブル等の仕上げ塗料には、ポリウレタン塗料やポリエステル樹脂塗料がよく使われます。耐久性や耐磨耗性に優れているのは、ポリエステル樹脂です。塗膜が堅く、剥離材では、落としきれないかも知れません。研磨の方法の方が、時間はかかりますが確実に塗膜を剥離出来ます。突板が張り物の場合、研磨の方法で剥離すると、張ってある部分まで研磨してしまうので、難しいと思われます。テーブルの場合、使用頻度が日常生活で高い為、オイル仕上げのみの塗装だと、仕上げはナチュラルで綺麗ですが、キズやコップのシミが付きやすく、これから先のメンテナンス頻度が多くなる可能性はあります。どちらにしても今の状態の上から再度塗装するのは、オススメ出来無いので、塗装の専門の方に聞いてみた方が良いかも知れません。オイル仕上げ以外にも自然な仕上げにする方法があるかも知れません。下記URLでテーブル塗装の施工写真があったので参考までに。

参考URL:http://www.nozaki-tosou.com/

素材が突板か、無垢板かでは剥離方法に違いが生じます。無垢板の場合ならベルトサンダーやサンダーでウレタン塗料と着色塗料も研磨で落とします。この方法は難しいと思いがちですが、木材の素材部分まで研磨した方が、後の塗装が楽に綺麗に仕上がります。テーブル等の仕上げ塗料には、ポリウレタン塗料やポリエステル樹脂塗料がよく使われます。耐久性や耐磨耗性に優れているのは、ポリエステル樹脂です。塗膜が堅く、剥離材では、落としきれないかも知れません。研磨の方法の方が、時間はかかりますが確実に塗膜...続きを読む

Q熱可塑性エラストマーについて

熱可塑性エラストマーのハードセグメントは物理的な凝集によって擬似架橋をしていますが、物理的凝集とはなんでしょうか?共有結合のようなものとはちがいますよね?

Aベストアンサー

基本的には、異種高分子鎖同士は混ざり合わないので、
ハードセグメントとソフトセグメントは相分離して存在します。
そのなかで、ハードセグメントのガラス転移点や融点が
室温よりも十分高い状態にあるとき、ハードセグメントの
運動性が著しく低下し、事実上、動くことが出来なくなります。
この状態にあるとき、ハードセグメントが擬似的な架橋点として働きます。
したがって、相分離することが第一義的な物理的な凝集ですので、
この場合の凝集は、混合の自由エネルギーによって引き起こされます。
ハードセグメント間に働く第二儀的な物理的な凝集は、
No.1の回答者様がおっしゃるような、ファンデアワールス力や
水素結合、静電的な相互作用などです。

Q無垢材とウレタン塗装

無垢材とウレタン塗装

床・建具などに無垢の木材を使う予定です。
主にベイマツ、アメリカンブラックチェリー、タモを使います。

無垢材を生かし、経年変化や日焼け、樹脂による色の変化なども無垢ならではということで楽しみたいと考えています。

オイル塗装でなくウレタン塗装でも目止め剤などを使わず木材の導管を塞がない方法であれば質感や木目もあまり損なわずに塗装できると聞きました。

質感や木目を損なわないとしても、ウレタン塗装の場合上述した経年変化などの変化はなくなってしまうでしょうか。

Aベストアンサー

たぶんウレタンクリア-塗装をし、木目等の模様を表したデザインにしたいと思っているのでは
と思います。ただ床や建具等に塗る場合には、十分時間をかけてにおいを発散させたのち
お住まいになられた方がよろしいのでと思います。
溶剤系をしようするので、溶剤が発散しないとアレルギ-反応をおこします。
工場で生産した製品を入れる場合は十分発散し外がない状態で現場にもちこまれますが、
現場でぬる場合は、時間をかけ換気されたのち住まわれた方がよろしいのではと思います。
ウレタン塗の場合には若干色をつけるカラ-ウレタン塗りとウレタンクリア-塗装があります。

Qエラストマーの入手方法を教えてください

私は中学一年生ですが、夏休みの自由研究で『ジェリーキャンドル』を作ろうと思ってます。ですが、それに必要な「エラストマー」がどこで売っているのかがわからないので、知っていたら教えてください。あと、「オイル」は、何を使えばいいんでしょうか。?

Aベストアンサー

 ジェルは通販で苦労なくして買えるようですよ(ぷよぷよしているからエラストマーというのでしょうかね)オイルも同様。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/yumegazai/db-7100503.html
でも「ハイ買ってきました」と見せてもそれは「研究」じゃないように思います。見るほうが「おおっ!」と思うようなものにチャレンジしてみてはどうでしょう?
 ん?そうですね・・・例えばそのキャンドルの使い方をメンタルな面からいろいろ自分なりに検証してみるとか、いっそのこと「蝋燭」の歴史を調べてみるとか、(家庭にあるもので)炎の色を変えるにはどうしたらいいかとか(炎色反応)、でんじろう先生風!?にろうそくの炎に短針を2本入れて、はたして電流が流れるかどうか調べてみるというのも手かと。

Q木工用接着剤と木工用パテ部のオイル塗装について

木製品の塗装を初めて行いました。クリア塗装などが大変そうなのでウレタン塗装はあきらめて、オイルフィニッシュが簡単そうなので、WATOCOのオイル塗装用の塗料で木部の塗装を行ったのですが、接着剤がついている部分がうまく染まらず色が抜けた状態になってしまいました。(パテ部は色はついたがかなり違う感じ、パテで埋めたのがはっきりわかってしまう。)

オイル塗装をする場合は、接着剤を使用した部分はあきらめるしかないのでしょうか?(きれいなオイル塗装をされているものは、極力接着剤やパテを使わないように最初から作られているのでしょうか?)

接着剤とパテを使わないわけにはいかないので、きれいに塗装するには、例えば最初に水性塗料で着色してからオイルフィニッシュするなどすればきれいに仕上がりますか?

またオイル塗装以外に他に簡単な塗装方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

パテは使わないで埋め木をするべきです。前のリンクをごらん下さい。

吸い込むようなパテはありませんし、どうやったって丸見えです。
工作の時に生じた木屑を埋めてごまかすとかはありえますけれど。
どういう状態でパテが必要なのでしょうか?

オイルフィニッシュはオイルを木にしみ込ませて木の上に塗膜を作らないので一般的な塗装とはかなり違います。(図参照)
顔料の混ざったオイルで色付けを同時にすることはできます。オイルステインの乾性油成分の多い物と考えて良いです。オイルステインでの着色でも接着剤の表面についた所はしみ込まないので同じです。オイルステインは顔料と揮発性の油と乾性油少々を混ぜた物です。orukaさんの言ってる方法はニス塗りならそうかなと思いますがオイル仕上げの場合は無理があると思います。色合わせするより接着剤は除去してしまった方が早いでしょう。オイルを塗って気づいてからでも間に合います。

下地に塗料で色を付けてしまう=塗ってしまうと木肌の上に塗膜ができてしまいます。そうすると接着剤がついて膜を作っているのと同じ状態でそこに油はしみ込まなくなります。ですから水性塗料で塗っておくなどとは考えないことです。
オイルステインや顔料入りのフィニッシュオイルは木の導管にしみ込んでいわば染色するわけです。塗膜に色がついているわけではありません。
Tシャツの表面にシルクスクリーンのプリントでごわごわした物を塗り付けている状態が塗装で、染料で捺染したり後染めしている状態がステインや顔料入りオイルでの着色と考えるとわかりやすいでしょう。染料の場合には糸の繊維に染料がしみ込んで色を出すのです。

濃い色で染色すると木目の本来白っぽい部分が濃く染まってしまってネガポジ反転のようになるのを嫌う人もけっこういます。

塗装は面倒ですがきちんとやれば自分なりにできます。何度かやればこうすればこうなるとわかってきますし。ただ我々素人だとその仕事が終わりの頃になってああこうなんだなってつかめてくるようなことの繰り返しですね。

パテは使わないで埋め木をするべきです。前のリンクをごらん下さい。

吸い込むようなパテはありませんし、どうやったって丸見えです。
工作の時に生じた木屑を埋めてごまかすとかはありえますけれど。
どういう状態でパテが必要なのでしょうか?

オイルフィニッシュはオイルを木にしみ込ませて木の上に塗膜を作らないので一般的な塗装とはかなり違います。(図参照)
顔料の混ざったオイルで色付けを同時にすることはできます。オイルステインの乾性油成分の多い物と考えて良いです。オイルステインでの着色でも...続きを読む

Qウレタン

ウレタンはどのような条件下で脱炭酸して2級アミンなどになりますでしょうか?

Aベストアンサー

ウレタンはアミド結合で出来ており、非常に安定です。作る方が壊すよりも非常に容易です。ウレタンに水を加えて脱炭酸することは、ウレタンの分析をメインテーマにする以外は避けた方が無難でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報