考古学のカテゴリーに書くような質問ではないのかもしれません。
昔の戦争は鎧を着ていたわけで、鎧を着た敵に刀で切りつけても意味がないと思うのです。
日本の鎧の場合は切りつけるよりも、突き刺したほうが効果的なのではないでしょうか(フェンシング?)。
甲冑なんて全身金属で固められて、ほぼ無敵じゃないですか。
私が思うに、刀は切るというより殴りつける武器だったのではないかと思うのですが・・・
どうなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 刀がどのように使われていたかとうご質問ですが、そもそも戦争(戦闘)において刀を使った白兵戦そのものがほとんど行われていません。

時代にもよりますが、分かりやすい戦国時代に限って言いますと、刀は専ら敵の首を取る(首を胴体から切り離す)ために用いられていたもので、戦闘用としてはほとんど使用されていません。当時の負傷者リストの原因を参照してみると、8割以上が鉄砲か弓による負傷で、10%ほどが槍による負傷です。刀による負傷はわずか2、3%に過ぎません。日本では戦の勝ち負けよりも首級を如何に取るかということの方が重視されていた風潮があります。弓や槍では首を取れませんから、相手の首を切断するために刀が用いられていたようです。

 江戸時代に入ると、刀が信仰され、武士の主要武器になりましたが、これは平和な世の中の成せる技であり、鉄砲や弓などの実用的な武器を使う機会がなくなったことと無関係ではありません。実際、幕末になると幕府側の平和ボケした日本刀崇拝者が薩摩・長州等の洋式による遠戦武装者にあっさり殲滅させられた場面が数多くあります。

 日本の戦争(戦闘)において、刀が武器として使われた場面はほとんどないでしょう。常識的に考えても、刀で槍に勝つのは困難ですし、刀や槍で鉄砲・弓に勝つことは不可能であると思われます。武器としてよりも、首取りや祭事等の目的で使われる事が刀の本来の使用方法だったように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

8割以上が鉄砲や弓で1割が槍による負傷だったとは・・・
私達が時代劇などで見る戦のイメージとは、そんなにも間違っているものだったなんて・・・
薩摩・長州と幕府の話はとてもおもしろかったです
ありがとうございました

お礼日時:2001/12/05 20:46

日本ばかりのようですので、西洋の方の回答も。



青銅器時代の刀剣は確かに、斬るというよりも
むしろ相手の骨を砕くことがメインでした。
しかしそのうち、「鉄」が登場するようになってから始めて、
剣を斬る用途に使えるようになりました。

そこからが武器と防具との競争です。
「斬る」に耐えることができるように、
鎧は革製から金属のリングメイルやチェインメイルに、
すると今度は攻撃側はその鎧の隙間を斬れるように
メイルピアッシングソードなどの斬るから刺すの攻撃に変わり、
次は「斬る」から変わって「刺す」攻撃から身を守るために
プレートメイルといった全身を覆った鎧に変わっていきました。
このころの刀剣はすでに、フランベルジュやハルバードのように、
斬ることよりも刺すことを重点に置いた形に変化してきています。

プレートメイルにまでなるともはや自分では馬に乗ることもできず、
何人かで釣り上げて馬に乗せていたそうです。
また、リング・チェインメイルまでは何とか使えた弓も、
プレートメイルまでくるともはや全く歯が立たなくなってました。

ところが、銃火器の登場で鎧の意味は全く意味を成さなくなりました。
弾丸は簡単にプレートメイルを貫通してしまうため、
この銃の登場から鎧は防御力よりも俊敏性を重視し、
分厚い鎧はなくなっていきました。

というわけで、回答としては、
刀は昔は殴る用途、ちょっと昔なら斬る用途、さらに現代に近づけば刺す、
そして現在では飾るという用途に変わってきています、
っていうことでよろしいでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

武器と鎧の話、とてもおもしろいですね
しかし、武器と鎧が進化して、鎧なんてものはなくなり、
最近では爆弾ひとつで数百、数千人の命を奪えるほどになってしまったのですね

お礼日時:2001/12/05 20:49

>昔の戦争は鎧を着ていたわけで、鎧を着た敵に刀で切りつけても意味がないと思うのです。



確かに刀で斬りつけても意味がありません。
日本の鎧は鉄砲伝来後は鉄板を多用するようになりましたが、それ以前は布や皮をメインにしていました
それでも刀で切れることはありません。
ただ、突き刺すと容易に刀が通ったようです。

>刀は切るというより殴りつける武器だったのではないかと思うのですが・・・

刀で殴るというのもあまりなかったようです。

一つには刀の性能上、殴ると刀が曲がったり折れたりするからで、曲がったり折れたら戦争になりません。

もう一つには、武士は刀を戦闘の武器としては軽んじていたからです。
元々、もののふ(武士)は「弓馬の家」と呼ばれるように、戦闘での最高の武器は弓とされていました。
frankさんがイメージする鎧は乗馬の認められた武士の鎧だと思われます。そのような武士は戦場には乗馬にて参加し馬上の高い位置から弓を放つのが効果的です。
また歩兵となる徒歩(かち)だちは、主に槍を主力兵器とします。
徒歩だちのうち槍も揃えるお金のない者は、刃物でも切れない堅い材木を持って戦闘に参加します。へたに刀などで殴るより効果的で長持ちするからです。

戦争がなくなった江戸時代になって武士の主力兵器が刀になり、刀を神聖視するようになりました。
その江戸時代を知っている現代の人間が大河ドラマなどで武士の戦争を描くために、鎧武者が馬に乗らずに地面に立って刀で戦うという不自然な描写があるのでしょう。
    • good
    • 0

甲冑を着た場合、確かに刀で斬りつけても斬ることはできません。


甲冑武者を相手にした場合、刀では斬り合いのような物ではなく、おっしゃる通り殴り合いのようになり、組み伏せて頸をかききる。のが一般的でした。つまり、鎧相手の剣術がありそれは江戸時代に入って、発達した鎧を着ない剣法「素肌剣法」とは全く違った物でした。槍は鎖の間を貫けるため効果的でした。
刀はサイドアーム的な物で、メインウェポンは槍だったようです。日本ではあまり見られませんが、鎧相手には斧が一番効果的です。
日本刀は切れ味が売り物ですが、それは鎧を着なくなってからのことで、それ以前は、斬れなくても折れない、曲がらない、が重要視されたはずです。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/bintaro/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クビを掻っ切る・・・おそろいしいですね

お礼日時:2001/12/05 20:39

刀は西洋の剣に比べて切れ味が良いと言われていますが、ご指摘の通り鎧を着た相手には効果があまりありません。


で、どうするかというと、鎧を着ていても斬りつけられた衝撃までは無くせないので、何度も殴っていると骨折や打撲で戦闘不能(?)に陥ります。
そうなったら、相手の鎧をめくりあげて脇差しでトドメを刺す、という方法だったそうです。(以上、高校の歴史の授業での知識です)

だので、「鎧を着た相手を刀だけでばっさばっさと」というのは無理と思われます。しかし、平時や鎧を着ていない相手には「斬る」ことはできたんでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり斬ることはできなかったんですね
ありがとうございました

お礼日時:2001/12/05 20:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西洋の甲冑が出てくる映画

質問です。西洋の甲冑(マクシミリアン甲冑?とか・・・。)
を着た映画を見たいと思っているのですが
お薦めの映画はありますか?
多くのご意見をお待ちしております、
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

マクシミリアン甲冑というのを知らなかったので調べてみたところ、大体14~15世紀くらいの西欧の甲冑ですね。

他の方が挙げていた「ジャンヌダルク」のほか、「ロックユー」や「タイムライン」が良いと思います。十字軍時代(12~13世紀)は、まだ鎖帷子のような鎧が主流なので、ちょっとずれると思います。

Qエジプト考古学と考古学者について

エジプト考古学に興味があります。大学で考古学を学ぼうか迷っています。そこでいくつか質問なのですが、

1、早稲田大学では、実際にエジプトで発掘調査にかかわる様な事ことができるとgooの質問に書いてあったのですが本当なのでしょうか?また本当だとしたらどのようにすれば行けるのでしょうか?

2、実際に大学ではエジプトの考古学はどのようなことを教えているのでしょうか?

3、海外(たとえばイギリスなど)の大学に留学することはどのようなメリットがあるのでしょうか?

4、将来的にエジプトなど、現地で発掘にかかわることができるようになったり、学者になるのは実際どうすればいいのでしょうか。それはたとえば、早稲田大学→大学院絵と進み、さらに海外の大学に留学するなどしてもほとんど不可能なことなのでしょうか?

いくつもあってすみません・・・ どれか一つでも、どんなことでもいいので教えていただければ助かります! 

Aベストアンサー

「考古学者になる」という夢は大切にしてほしいところですが、きれいごとだけではすまないかと思いますので、実態を書かせていただきます。
少し覚悟して読んでください。




かつては「留学するだけ」でも「箔付け」にはなりましたが、昨今留学など普通のことになってしまっていますので「留学して何を学んだか」そして「留学経験を同学術研究に生かせるか」が重要になるでしょう。
もしかすると留学で一番のメリットは「海外の研究者との交流」かもしれません。

「考古学者」になるのはさほど難しくはありません。
民間企業に就職しても休日に現地調査に出かけたり、論文を学術雑誌に投稿することはできます。
けれど「考古学者を職業にする」のは相当難しいです。
大学院を卒業しても役所に就職して開発などで破壊される遺跡の調査や保護に携わる人がほとんどで、大学教員になれるのはごくわずかです。
ましてエジプト考古学になると日本国内では限られてしまいますので相当な研究実績を積むか、人脈を構築しないと厳しいです。

Q騎馬・甲冑という戦争スタイルはいつごろから

アニメ「火の鳥:黎明編」を見ました。
ヤマタイ国の女王・ヒミコが出てきますので、弥生時代かなと推測します。
このとき甲冑で身を固めた騎馬軍との戦争がありましたが、その戦闘のようすは戦国時代さながらでした。
こんなに昔から確立していたスタイルなのかと疑問になりました。
騎馬、甲冑はいつごろから普及したのでしょうか?
http://www3.nhk.or.jp/anime/hinotori/story01_10.html#02

(昔テレビでやっていた聖徳太子のドラマでの戦闘シーンでは、馬も甲冑もなかったと記憶しています。やけに地味でした)

Aベストアンサー

手塚治虫のマンガでそのようなものになっているのは、騎馬民族説の受け売りですね。

また、戦国時代の騎馬軍(武田の騎馬軍団とか)というのは、ウソで馬はもっぱら運送手段です。

日本で騎馬での戦いは、奈良から平安時代の蝦夷という説があります。

日本刀の反りは、騎乗での刀の便利のために付けられた・・・といいうような 話の中で ございました。

ちなみに中国では
武霊王(ブレイオウ)【王】の時代 前四世紀
に、「胡服騎射」を進めています。

Q考古学で有名な大学はどこがありますか?国公立、私立、どこでもいいです!また、考古学の研究に力を入

考古学で有名な大学はどこがありますか?
国公立、私立、どこでもいいです!
また、考古学の研究に力を入れているところや、おもしろい教授がいるところなども知りたいです!
できれば分野も教えていただけると嬉しいです!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

関東だと、私立で有名なのは明治大学と國學院大學です。あとは、慶応、駒澤、東海、立正、早稲田、国士舘、青山、大正、法政、日本 関西は立命館、大手前、天理、奈良 あたりでしょうか。国立だと京大、東北大、筑波大、茨城大、阪大、九大、岡山大、広島大、名大。
各大学が得意な分野というのは確かにありますが、考古学の基礎はどの分野でも同じですし、研究者の数も限られているので、自分がやりたい分野が見つかればどの分野でも調査して論文を書くことは出来ます。卒業論文が研究生活の第一歩で、その後はひとりの研究者としてなにがしかの研究をしていくので、自分で自分の道切り開いていく強さが必要です。どこの大学に行ったからどの分野をやるというものでもないことはご了解ください。

Q甲冑と五月人形の違いは

最近、五月人形で兜や甲冑(戦国武将物)を目にするのですが、
実際、テレビなどで着用されている甲冑とは何か違うのでしょうか?

もちろん用途が違うのはわかりますが、材質や作り方などに違いはあるのでしょうか?
単純に五月人形の甲冑を大きく作ったものが、テレビなどで着用されている物に
なるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

時代設定が違います。

五月人形は見栄え中心なので
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%8E%A7
このへんがモデルとなります。

戦国モノでは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%93%E4%B8%96%E5%85%B7%E8%B6%B3
となります

http://www.yoroi.co.jp/topics/2006/nannbann/nannbann.html
こんなんでは、見栄えが悪いでしょう 五月人形には

Q考古学って?

大学生です。
考古学についとのレポートを書かないといけないのですが、考古学とはどの範囲までのことをいうのでしょうか?
妖怪学を主とし、民俗学についてレポートを書きたいのですが、人骨を取り上げた説明をするだけでは考古学とは言えないでしょうか。
なんとなく考古学というと、遺跡や、陶器や農具等を研究するイメージがあるのですが、人骨の研究も含有しえるのでしょうか。

また、絵や陶器・像等の考察により歴史文化を推測する場合、美学美術史と考古学との違いはいったい何であるといえるのでしょうか。


ご存知の方、何卒ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答は完全な誤りです。
弥生時代どころか「近代考古学」という分野さえありますし、人骨そのものを研究するのは考古学ではなくて「人類学」です。ちなみに化石は「古生物学」です。

考古学とは「遺構と遺物から歴史を研究する」という学問です。よって人骨だけを取り上げただけでは考古学ではありません。
無論、「出土品としての人骨」は考古学的調査により得られます。

絵や陶器、像などの「美術的分野」に言及するならばそれは「美術史学」ですし、絵や陶器、像の「歴史的価値・意味」に言及するならば「考古学」あるいは「歴史学」です。
ただし、絵画は壁画などの遺跡から出土するようなものに限られ、油絵などは基本的には考古学の分野ではありません。
ただし、絵画から得られる情報を遺跡に投影して考察することはあります。

いずれにせよ妖怪学と民俗学から考古学に持っていくのはかなり難しいかと思います。

Q足軽の甲冑を自作で作れますか?

こんばんわ。
足軽の胴丸だけの甲冑でコスプレをしたいのですが、まず通販ではみかけません。
となると作るしかないのですが・・・

よく町おこしでコスプレをしている人をテレビでみかけます。
竹で作っている?のか割と軽いと言うのも聞きました。

このような甲冑、自作することは可能でしょうか?
ダンボールであっても何であっても、見た目がそれなりでごまかしが効くなら大歓迎です!

経験のある方、知識のある方よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

 
手作り甲冑奮闘記
http://ikkaiyoroi.com/madekirituke.htm

ペーパークラフト 鎧 甲冑
http://www.yoroikatchu.com/tukurikata.html
 

Q考古学

現在縄文時代と弥生時代の時代区分は主に稲作伝わり、始まったかによって決められています。朝鮮半島から伝来し、九州の一部で稲作が始まったからといって日本全体の時代を縄文時代から弥生時代に変えていいでしょうか?九州の一部では稲作をしているが日本の大部分が縄文時代文化であるのに…。考古学における時期区分の問題点について教えてください。

Aベストアンサー

>考古学における時期区分の問題点
土器がすべて。これが問題点です。

縄文と弥生時代ですが。この時代は誰が何年に何をしたという文献資料がありません。

弥生時代には文献史料は若干ありますが、それだけで弥生時代の人類の営みをすべて解明する事はできません。

だから、この時代に関しては歴史学は残念ながら無力なのです。そこで物質資料によって人類史を再構成する事を目的とする考古学の出番です。

遺跡を発掘した際に、良く出土するものが石器と土器です。住居址などの遺構も確認できますが・・・。それで、骨角器や木器など、骨や木で作られたものというのは土と同化してしまい、のちのちの時代にまで残らないのです。

出土事例がすくない。すなわち、研究材料となる物質資料が少ない・・・。という事は無理に分類して、無理に論じようとすれば誤認が生じます・・・。

結局土器なのです。たいてい何処の遺跡でも必ずといっていいほど出土するのは土器なので、これを分類して、差異について論じて、時期区分すれば、絶対年代はわかりませんが、相対年代はわかります。

それで、縄文末期と弥生初期の土器が出土する遺跡同士を比較し、縄文から弥生時代への移り変わりをみていくしかないのでしょう・・・。

土器以外でも、住居址などの遺構を分類して、研究し、時期区分をする事ができれば、縄文時代から弥生時代への移り変わりの様相をもう少しは捉えられるようになるのではないでしょうか・・・。

>九州の一部で稲作が始まったからといって日本全体の時代を縄文時代から弥生時代に変えていいでしょうか?

それは誤解ですよ。昭和から平成にかわったように、明日から縄文から弥生になります。とか、そういう事が起こったのではありません。

縄文土器がでるから縄文時代。弥生土器がでるから弥生時代。土器による時代区分と稲作は別です。道具による時代区分と食生活による時代区分はまったく別物です。

主食が木の実から、米になったのと、土器を素焼きからかまどでつくるようになったのは別です。

全国の小学生全員が中学生になったとたんに、食生活が変わる事はないでしょう。(変わる人もいるかもですが。)

食生活の変化については考古学はちょっと、力不足です。っというのも食べ物は残りづらいからです。物質資料が少ないので、言及できないのです。これが考古学の弱点ですね。

最近、江戸考古学なるものがあって、トイレとか台所を研究する事で江戸時代の人々の食生活を再構成しようとしているようですが、興味があったら調べてください。

あっ。ちなみに、米が一般的に主食になったのは弥生時代の後期以降だと聞いた事があります。弥生時代になっても、大部分の人が土器に堅果類の木の実を保管して主食としていたのではないでしょうか。

稲作開始直後は米を食べたのは偉い方だけです。

>考古学における時期区分の問題点
土器がすべて。これが問題点です。

縄文と弥生時代ですが。この時代は誰が何年に何をしたという文献資料がありません。

弥生時代には文献史料は若干ありますが、それだけで弥生時代の人類の営みをすべて解明する事はできません。

だから、この時代に関しては歴史学は残念ながら無力なのです。そこで物質資料によって人類史を再構成する事を目的とする考古学の出番です。

遺跡を発掘した際に、良く出土するものが石器と土器です。住居址などの遺構も確認できますが・...続きを読む

Qライオンボードとラリッサで西洋風の鎧(甲冑)を作ろうと思っています。

ライオンボード西洋風の鎧(甲冑)を作ろうと思っています。
イメージ的に鋼の錬金術師のアルです。そこで質問です。
★悪そうな甲冑を作る場合、参考になるキャラクターなどを教えてください。
★材料に使うライオンボードは5ミリと10ミリ、どちらがいいですか?
材料はライオンボードとラリッサと(ラリッサ用の剥離剤としての)除光液とGボンドとマジックテープだけで作る予定です。
今まで、コスプレ経験はありません。これからがんばってみます!
何かほかにアドバイスがございましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コスプレの経験など皆無ですがちょっとだけ書かせていただきます。
参考には「ロード・オブ・ザ・リング」のダーク ロードのサウロンがいいかな、と思います。しかしデザインだけで質感はちょっと違うと感じるとは思います。
http://www.chara-net.com/item2605.html

ちなみに日本にも西洋甲冑師がおり、三浦權利さんという素晴らしい作り手がいます。
http://bikidun.web.infoseek.co.jp/yoroist.html/miura2.html

またニューヨーク・メトロポリタン美術館にある甲冑も見事です。「Armor for Man and Horse」という甲冑もかっこいいです。
http://www.metmuseum.org/special/Armored_Horse_in_Europe/1.L.htm

あんまり関係なくてスイマセン。

Q考古学と古生物学について

いつも気になってはいたのですが、古生物学というのは考古学とは違うものですよね?
人に恐竜の話をしたりすると決まって「あぁ考古学ね」と言われるのです。
確かに、猿人だとか原人だとか、そのへんは考古学でも古生物学でも良いと思うのですが・・・さすがに恐竜は違うのではないかなぁと。
????それとも恐竜って考古学なんですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

恐竜を扱うのは、古生物学です。

考古学というのは、「遺物や遺跡によって、古代人類の文化を研究する学問」ですから、
研究フィールドは、あくまで人類誕生以降です。

古生物学は、過去に生きていた生物を研究するもので、カバーする時代は地球上に生命が誕生したときまでさかのぼります。
(生命の起源を宇宙に求めるなら、さらに広がりますが・・・)

▼考古学って何だ?
http://www.uraken.net/rekishi/reki-kodai01.html

▼古生物学とは?
http://www.paleo-fossil.com/paleo/paleontology/p_what.html

参考URL:http://www.uraken.net/rekishi/reki-kodai01.html,http://www.paleo-fossil.com/paleo/paleontology/p_what.html


人気Q&Aランキング