日本語には「7」のつく言葉が多いですよね。七変化とか、七転八倒とか、七光りとか。そうした「七のつく言葉」と、その由来について知りたいのですが。わかる方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

10は全部


9はほぼ全部
8は無限とほぼ同じような意味に使われていますが
その一歩手前ということで、
多いと言う意味で使われます。

七変化は色々変わること、
七光りも、色々な面に影響する威光や助力があること
たくさん色がある、虹も七色です。

ちなみに、アメリカなどでは虹が6色、ドイツなどでは5色とされています。
    • good
    • 2

ご参考までに。



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1501870
    • good
    • 0

私見ですが、人間には素数であることの心地良さがあるように思います。


7に限らず、3,5,7,11,13は好まれるような気がします。割り切れないゆえの、まとめて「一つ」感が気持ちいいのではないでしょうか。

逆に自然科学では、割りやすい12、24や60が気持ちいいのですが、文化的には、あまり好まれていません。
村人の助っ人が「荒野の八人」ではなにやら不安にあります。
山のからすの子どもは7つだからこそ可愛いまとまりがあります。これが「やっつのこ」や「むっつのこ」では落ちつきがありません。
赤穂浪士も47であることに座りの良さがあります。
他にも七五調、五言絶句、七言律詩など用例にはことかかないでしょう。
    • good
    • 1

日本語だけじゃないんです。



Lucky SevenやSeventhHheaven、Seven Seas等、外国語にも多いんです。
これは七不思議ですね。(笑)
(七不思議も外国語由来です。)

これは、キリスト教の旧約聖書(もっと古いユダヤ教の聖典でもあります)にある、天地創造が7日間であることからきているのではないでしょうか?(1週間が7日な理由でもあります)
それが、大昔、中国に伝わり、それが奈良法隆寺のエンタシス同様にはるばる日本にも渡ってきたのではないかと想像します。
証拠はありませんが・・・。
    • good
    • 0

七変化:もとは歌舞伎で一人の役者が次々と七種類の舞踊をおどることです。


「七」の解説は下記url参照してください。

参考URL:http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/kanji/q/q_026.html
    • good
    • 0

7というよりも奇数というくくりで考えたら良いと思います。

(七五三など)
中国では陽の数字だそうですし、そこからめでたいことや多いことに
用いられるのだと思います。

古事記にもあの世への道で、逃げるイザナギが桃を「3」個投げたら
あの世の軍勢が逃げていったくだりがあります
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気になるアナウンサーの言葉

言葉の問題なのでこちらで質問させてください。

某番組が好きで、よく見るんですが、その中で出てくる言葉が気になってます。
助手役の女性アナウンサーですが、ゲストを紹介する時に、
「担当医の先生を御紹介します」と言います。

私個人としてはこの「担当医の先生」と言うのは重言だと思います。
何度か番組宛に質問した事があるんですが回答は無く、
大した問題ではないんですが、なんだか落ち着かない気持ちなので、皆さんの見解をお聞きしたいと
質問を立ち上げてみました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重複表現について

 放送用語における重複表現に関しては、専門委員会などで多くの議論がされています。その中での一般論としては、
1)(書き言葉においては)重複表現は好ましくない。話言葉においても、明らかな重複表現はさけるべきである。
2)半面、同じ意味の言葉を重ねることで、(話言葉においては)わかりやすくなるという利点もある。

上記を総合的に判断し、かつ、有識者へのアンケート(重複表現がきになるかどうか)などを行い、総合的に判断しているようです。
このケースの場合は、担当医=(一般的なお医者さんの呼び方である)先生ということで重複表現であることは間違いありません。ただし「医者で、偉い先生である」という強調表現として使っている可能性もありますし、「(音声における)たんとうい」で「い」の発音が聞き取りにくい場合(発音上、「い」はやや弱く発音することになる)は「担当の先生」となり、フォローできるとも考えられます。

これ以外にも、文字ではわかりにくい場合に重複表現を使用する場合があります。「歌を歌う」「○×賞を受賞する」など、厳密には重複表現でも使用されるケースは少なくありません。

逆に、「話言葉と書き言葉では違う」ことを意識してテレビを見たりすると、意外なおもしろさが発見できることもありますよ。

参考:NHK言葉のハンドブック ほか

重複表現について

 放送用語における重複表現に関しては、専門委員会などで多くの議論がされています。その中での一般論としては、
1)(書き言葉においては)重複表現は好ましくない。話言葉においても、明らかな重複表現はさけるべきである。
2)半面、同じ意味の言葉を重ねることで、(話言葉においては)わかりやすくなるという利点もある。

上記を総合的に判断し、かつ、有識者へのアンケート(重複表現がきになるかどうか)などを行い、総合的に判断しているようです。
このケースの場合は、担当...続きを読む

Q派がつく言葉を教えて下さい!例えば実力派とか努力派とか、そんな感じです!

派がつく言葉を教えて下さい!例えば実力派とか努力派とか、そんな感じです!

Aベストアンサー

硬派ー軟派-皇道派ー統帥権派*515.226--甘党派ー辛党派--特亜.雨ポチ派ー本居宣長の国粋主義派*この政治屋は殆んど居ません居ても何万人居る政治屋で2.3人の希少価値存在*

Qアナウンサーがしゃべる言葉で気になること

テレビを観ていていつも気になることがありますが、そのうち2つほど。
・アナウンサーが「ではVTRを見てましょう」とよく言います。VTRとは、video tape recorderの略でビデオの機械のことではありませんか?どうして「ではビデオを見てみましょう」と言わないのでしょうか?機械を眺めてもしょうがないでしょう。英語なら、"Let's watch videos."とか言い、”Let's watch VCR."とは言わないでしょう!なお、英語では、ビデオの機械はVTRではなくVCR (video casset recorder)という。
・「かつて、こういうことがありました」を、「かって、こういうことがありました」という風に発音する。言葉に正確性要求されるNHKのアナウンサーですら、「かつて」を「かって」と発音することがしばしばある。しかし、「かつて」は決して「かって」と書くことはありません。なのに、「かつて」を「かって」と発音する人がなんと多いことか!これはどうして?

Aベストアンサー

理論的には「かつて」が正しいとされています。ところが別の理由があって、「かって」に聞こえやすい可能性はあります。「NHK日本語発音アクセント辞典」には「カツテ」の「ツ」は「無声化」されるというふうに記されています。ご存じと思いますが、「無声化」というのは「母音」が本来「声帯」を振動させる「有声音」ではなく「無声音」になるということです。特に「ウ」の無声化が多く、たとえば言葉の最後につける「です」「ます」の「ウ」の音をはっきり発音する人は少なく、いわば「省エネ」発音になってしまっています。これは、ほとんどの人がそうなりやすいのですが、証拠はノド゙にてを当てて、「ます」を発音してみます。「す」の時に、ノドが振動するかどうか、試してください。
 以前、このサイトで「天皇のお言葉」に違和感を持ったという質問がありました。「天皇」には子供の頃から教育係がついていて、発音も正しい発音を教えこまれていると聞きました。だから普通行われている「省エネ発音」などあってはならい、ということであり、それがかえって違和感をもたらしたのでしょう。
 アナウンサーといえども、大方の傾向には抗しがたく、「っ」の無声化が行われているため、「かって」に聞こえやすいのではないでしょうか。

理論的には「かつて」が正しいとされています。ところが別の理由があって、「かって」に聞こえやすい可能性はあります。「NHK日本語発音アクセント辞典」には「カツテ」の「ツ」は「無声化」されるというふうに記されています。ご存じと思いますが、「無声化」というのは「母音」が本来「声帯」を振動させる「有声音」ではなく「無声音」になるということです。特に「ウ」の無声化が多く、たとえば言葉の最後につける「です」「ます」の「ウ」の音をはっきり発音する人は少なく、いわば「省エネ」発音になってしま...続きを読む

Q話し言葉と書き言葉の変化速度の違い

国語だけではなく言語全般に関する質問なのですが、話し言葉と書き言葉の変化速度が違うという説をよく聞きます。(話し言葉のほうが早く、書き言葉は遅い)

感覚的になんとなくそんな気はするんですが、これがなぜなのか具体的に書かれているサイトや本が見つからず…詳しい方がいたら教えて下さい!お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

(1)話し言葉
これには三つのことが考えられます、あまり早く喋っては分からないから速度の上限がある。又ゆっくり話し過ぎても分からなくなるので下限があると言うことです。
 第ニに時間的に一方通行ということ、漢書には「綸言汗の如し」とありますが、平民でも一度言ったことを消すことは出来ません。
 第三に、カーペット性というか、聞かされるとべったりで、飛ばすことは出来ません。

(2)書き言葉
 第一に、読む時は、速度に上限も下限もありません。誰でも好きな早さで読めます。
 第二は、反復が可能な点です、「どうもよく分からないな」と思ったら、読み返しが出来ます。
 第三は、自由に読者が読みたい場所を選べることで、読み飛ばしが可能です。

 このような差は、話し言葉を録音再生することが可能になったので、縮まったともいえそうです。

 さて変化速度との関係ですが、スピードが調整できないという点では、話し言葉の方が遅いのではないでしょうか、教室で居眠りをしている学生を見ると、時間が止まっているような気もしますが如何でしょう。

 まあ話し言葉を聞いている(あるいは聞かされている)受け取り側の興味の度合いなどを、どう測定するかで、結果は変わって来る訳ですから、サイトや本が少ないには理由があるのかもしれません。

(1)話し言葉
これには三つのことが考えられます、あまり早く喋っては分からないから速度の上限がある。又ゆっくり話し過ぎても分からなくなるので下限があると言うことです。
 第ニに時間的に一方通行ということ、漢書には「綸言汗の如し」とありますが、平民でも一度言ったことを消すことは出来ません。
 第三に、カーペット性というか、聞かされるとべったりで、飛ばすことは出来ません。

(2)書き言葉
 第一に、読む時は、速度に上限も下限もありません。誰でも好きな早さで読めます。
 第二...続きを読む

QNHKのアナウンサーの言葉

NHKのアナウンサーの言葉
「戦争では【おびただしい】数の人が犠牲になりました」
間違っていないようにも聞こえるのですが、何か違和感が…。
私が【おびただしい】を使うときは、動物や虫が群がる様子を連想して、あまり人間に対して(まして英霊に対しては尚)使わないのですが…。

辞書で調べると
1 数や量が非常に多い。ものすごい。
2 (「…することおびただしい」の形で)程度がはなはだしい。ひどい。激しい。多く悪い意味に使う。
とありました。
1 の用途でしたら間違ってないと思いますが、2だと間違いのように思えます。
違和感を感じるのは私だけでしょうか?
学がないので、どなたか語学に秀でた方、ご解説をお願いします。

Aベストアンサー

下の文例は数十年前の名文です。
「夥しい(おびただしい)」が死者、負傷者にも使われています。
虫にも、人にも、何にでも使われるようですね。
「おびただしい」が「人にはダメ」という印象を質問者さんが持ったのは、子供のころに見た「人以外の夥しい光景」が強く印象に残っていたからかも知れません。
アナウンサーは「数が大変多いという形容詞」で、チョッと難し目の言葉を使いたかったのでしょうか。
あんまり幼稚な言葉だと不謹慎な感じがしますし、難しい言葉は丁重な物の言い方に通じるところがありますから。
一方、「おびただしい」は「だらしがないことおびただしい」のように悪い意味に使われることがあります。
しかし、戦禍の犠牲者の数をおびただしいと表現することは、死者を鞭打つようなことにはなっていないと思います。
むしろ、戦争のもたらす残虐さを表現するのに、役立っているように思います。
下の文を読んでいるとそのように思います。


 永井隆 「この子を残して」
・・・おびただしい原子爆弾症患者、さまざまな症状、相次ぐ死亡者、それをなんとかして助けようと考えに考えを重ねる苦悩。医学者の生きがいをこの時ほどいたく感じたことはなかった。杖を頼りに不自由な負傷の身をもって、山越え野行き川を渡り、患者を訪ねて ・・・

 原民喜 「廃墟から」
・・・ つぎつぎに死んでゆく夥しい負傷者の中にまじつて、私はあの境内で野宿したのだつた。あの、まつ黒の記憶は向に見える ・・・

 野上豊一郎 「ヴェルダン」
・・・停戦当時は砲火のため樹林は根こそぎ失われてしまい、夥しい戦死者の遺骨と兵器が散乱していたそうだが、今日ではむしろ公園のような・・・。

下の文例は数十年前の名文です。
「夥しい(おびただしい)」が死者、負傷者にも使われています。
虫にも、人にも、何にでも使われるようですね。
「おびただしい」が「人にはダメ」という印象を質問者さんが持ったのは、子供のころに見た「人以外の夥しい光景」が強く印象に残っていたからかも知れません。
アナウンサーは「数が大変多いという形容詞」で、チョッと難し目の言葉を使いたかったのでしょうか。
あんまり幼稚な言葉だと不謹慎な感じがしますし、難しい言葉は丁重な物の言い方に通じるところがありま...続きを読む

Qき七(きしち)という店名の由来

き七(きしち)とか,き六(きろく)
などの店名があります.

き○ は,何か言葉の由来とかあるのでしょうか?
それとも,どこかの地名でしょうか?

Aベストアンサー

喜という字には様々な意味があります。
《よろこぶ》を筆頭に《たのしむ》《このむ》《うれしい》など人のよろこばしい感情を意味していますが、はじめの使われ方は人間自身よりも「神を喜ばせる」という文字だったようです。字源をさかのぼれば「喜」の字は会意文字(別の意味をもつ文字が合体した文字)で、上部の(下にある口以外)の部分は楽器をあらわし「鼓」に通じる。また下部「口の部分」は人々が歌う、祝詞祈祷を捧げるの意で、「喜」とはもとは鼓楽して神をよろこばせる神楽(かぐら)の意味の文字であったらしい。のちになって人の喜笑を表すものになったといいます。
もうひとつ別に、「下にある口以外」の部分は食台に盛り上げた神や上帝へのたくさんの捧げ物をあらわし「口の部分」はこれを食する訳で、「食偏に、旁を喜とした文字」(しき)という文字に通じる。すなわち供え物、神饌をもあらわします。
「喜」は中国の元代宋代に俗字として「」を生みこれが酒食やご馳走を指します。どこかで馴染みがある気がする文字ですがふたつ並べてみると「喜喜」となります。よくラーメンのどんぶりの縁の図案や中華料理店のディスプレィにこの「喜」を二つ重ねた「喜喜」がうかがえます。これはおそらく「喜」を強めて美酒美食を表現していると思われるのですが、ただし「喜喜」の文字、残念ながらいくら辞書をひいても見つかりません。汎用文字として成立する以前に飲食店が占有してマーク化してしまったのかもしれません。
ともあれ『喜』の文字が「おいしい」をも意味すると解釈すれば、この文字が「喜八」「喜七」「喜多八」「貴仙」など、屋号として多用されたことも頷けますね。

注;文中の「喜喜」はラーメンのどんぶりにある文字を想像してください。ここに記した「喜喜」とは少々異なりますが・・・・。

喜という字には様々な意味があります。
《よろこぶ》を筆頭に《たのしむ》《このむ》《うれしい》など人のよろこばしい感情を意味していますが、はじめの使われ方は人間自身よりも「神を喜ばせる」という文字だったようです。字源をさかのぼれば「喜」の字は会意文字(別の意味をもつ文字が合体した文字)で、上部の(下にある口以外)の部分は楽器をあらわし「鼓」に通じる。また下部「口の部分」は人々が歌う、祝詞祈祷を捧げるの意で、「喜」とはもとは鼓楽して神をよろこばせる神楽(かぐら)の意味の文字であった...続きを読む

Qアナウンサーの言葉使い

最近(特にNHK)気になりました。

アナウンサーが天気予報を、別人(気象予報士など)
にお願いする場合。
以下のように言っています。

お天気、気象予報士加藤さんと、お願いします。

上記の場合、

気象予報士加藤さん、お願いします。
または、
気象予報士、加藤さんです。

の方が、自然な気がしますが?
(と)が余計な気がします。

何かNHK内の決まり?意味があるのでしょうか?
NHKですから、間違えではないでしょうが。

Aベストアンサー

推測の域を超えませんが、
「気象予報士の加藤さんとお送りいたします」

「気象予報士の加藤さんお願いいたします」
が混ざってしまったのでないかと思います。

Q古い言葉で「上光り(うわびかり)」についておしえてください。

よく黄金などが「上光り(うわびかり)」すると言っている言葉がありますが、「上光り」とはどのような状態のことをさして言う言葉なのか詳しく知っている方がいましたら教えてください。いろいろな辞書を調べても載ってないのでお手上げです。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。6/21のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<よく黄金などが「上光り(うわびかり)」すると言っている言葉がありますが>

元々は「金を上光りさせる」という語法からきています。

よく上光りされた状態を「上光りしている」といいます。


ご質問2:
<「上光り」とはどのような状態のことをさして言う言葉なのか>

1.この語意を解明するには、「上塗り」の意味を考えるとわかり易いと思います。

2.「上光り」とは「上光りさせる仕上げ」のことで、文字通り「金の表面(上)を光らせる」ことを言います。

3.金は元々鉱物で、一度溶かして含有率に分けて製造します。どんなに純度が高くても、所詮鉱物ですから、自然な「艶」は出ません。

4.消費者が目にするピカピカの金や、金の宝石類は、表現を特殊研磨して「上光り」させているのです。

5.「黄金が上光りしている」というのは、「その仕上げの状態が光って艶やかである」ということを言います。黄金の価値にはこの「上光り」が大きく作用するのです。

それは、漆器の上塗り作用、ダイヤモンドなどの研磨仕上げ、などが重要であるのと同様です。


以上ご参考までに。

こんにちは。6/21のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<よく黄金などが「上光り(うわびかり)」すると言っている言葉がありますが>

元々は「金を上光りさせる」という語法からきています。

よく上光りされた状態を「上光りしている」といいます。


ご質問2:
<「上光り」とはどのような状態のことをさして言う言葉なのか>

1.この語意を解明するには、「上塗り」の意味を考えるとわかり易いと思います。

2.「上光り」とは「上光りさせる仕上げ」のことで、文字通...続きを読む

Q「ら」抜き言葉

最近(といっても結構たつけど)ら抜き言葉が目立ってきてますよね。そこらへんにいる高校生などがよく使っていますよね。またはテレビに出るタレントやお笑い芸人も良く使っています。まだここまでは許せる。

しか~し!最近ではニュースのアナウンサーや、番組のナレーターまで使っているではないか!私はこれは許せないことだと思う。アナウンサーなど(アナウンサーたる者)が「ら」抜き言葉を使っていいんですか?別の言い方をすると、アナウンサーまでもが使っているのだから、ら抜き言葉はどんどん広まってしまうではないですか。もうら抜き言葉は文法的に認められてしまったんですか?

皆さんはこの事態をどうに考えますか?意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

今日別の「ら抜き」的現象に出会ってしまったので、それを紹介だけしておきますね。
普通の「ら抜き」は可能の用法で使いますが、使役の「ら抜き」というのもどうやらあるのではないかと思ったのです。
こういう一文があったのです。トルストイの翻訳ですが。
「かわいそうだから今度だけは、家に帰らしてやる。お帰り」
これに僕は違和感を抱いたのです。「帰らせて」が「帰らして」になっているのはいいとしても、「帰る」+使役の助動詞を使うくらいなら、どうして「帰す」という動詞を用いないのだろう。帰してやる、でいいのではないか。
「戻す」を「戻らせる」にすると違和感がありませんか?
でも、僕が推測するに、もともとは「帰らせる」「戻らせる」が先で、それから単純な動詞ができてきたのではないでしょうか。
そうすると、今日本語を使っている人間のことを、百年くらい前の世代の人はどう思うでしょう。
そんなことをちょっと思ってみました。

Q漢字の意味とか由来とかその他でも良いので

「つらい=辛い に一を加えると『幸』」になるとか、「良い事も悪い事=プラスマイナスも口から出せば『吐』悪いこと=マイナスを言わなくなると『叶』」

とてもいい漢字ですごく励みになります。

こういった漢字ってもっともっとあると思うのですが、教えていただけませんか!?

Aベストアンサー

>漢字の意味とか由来とかその他でも良いので


      ↓

儲け:信じる者と書いて儲け、単なるファンでなくて信者の様に信頼される時、その対価として儲けが与えられる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報