この2つの意味が、用語集なんかを読んだくらいではよく分かりません。
たとえば、安田信託銀行は減資と増資を同時に(?)行なうそうです。
こういうことをする意義ってどこにあるんですか?実務に携わったことがないため
なかなかイメージが掴めません。どなたか素人にも分かる説明でよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

減資と増資の意味は、先の方が回答なされているので省略させていただきます。


何故、減資と増資を同時に行うのかということに関して私の考えを述べさせていただきます。

現在、市中銀行は全て、金融庁より問題債権の適性処理を行うように指導されています。問題債権の適性処理とは、問題債権のうち回収が不能な不良債権に対して貸倒引当金を積むということが主な処理となります。
1.当該銀行が貸倒引当金に見合う収益を稼いでいればその利益を回わす
2.貸倒引当金に見合う1の収益がない場合は含み益を実現化(株の益出売)を行い、その利益を回す
3.2でも貸倒引当金に相当する分がない場合は、当期の収益を損失処理とします。当期利益を損失処理とする場合、過去に積み上げた内部留保を取り崩す行為により、会社の存続を行います。減資という行為は、損失に対する内部留保の取り崩しに該当するものです。

当該銀行の必要とされる貸倒引当金の不足額 > 当期業務収益+資産売却利益
の状況から減資に追込まれているということだと思います。昨年までは株の含み益を実現化することで不良債権処理が行えていましたが、株価が下落しほとんどの銀行で株は含み損になり、資産含み損の処理も同時に行わなければならないことから、減資を迫られたものと思います。

同時に増資を何故行うかということは、減資により自己資本が減ると銀行の信用力がなくなります。このことから当該銀行の資金調達能力が低下するために、当該銀行の貸出能力が低下します。当該銀行をメインバンクとしている企業にとっては、銀行の信用力を回復させなければ、自分自身の資金調達能力に多大な影響を与えることとなります。
このため、これらの企業が増資に応じること(当該銀行の株を購入)となり、銀行の信用リスク低下を回避したということだと思います。
    • good
    • 0

減資は資本金を減らすことで、業績不振などの時に欠損金を償却するために、元の株主の責任で行ないます。


そして、欠損金が無くなり身軽になった段階で、改めて増資しをして、新たな株主から資金を導入して会社の体力を強くする方法を取るのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/12/07 17:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減資後、増資する理由は?

株、初心者です。
日本板硝子5202が、09年7月に減資を行なった一年後に、公募増資と第三者割り当て増資を行なっています。

増資するなら、減資しなければ良いのにと素人の僕は思ったのですが、減資後、増資する事に何か意味はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

シンプルな発想ですが、減資した時点での収支予測が芳しくなかった場合が考えられます。一年後での増資ですから、運営プランの見通しが煮詰まったか、更なる収支拡大の為のリフレッシュとも考えられます。また執行部の方針が大幅に変更されたか、海外企業との提携の関連性も考えられます。細分化を図っているのであれば減資は辞めなかった状況だったと推察できます。

Qダイエー、減資のあとに増資(発行株数の増加)?

ダイエーが減資して昨日から取引が再開されましたね。
予想通り(?)昨日の株価は暴落しましたが、一方では(GW前には)下記の様なニュースもありました。

『2月期末時点のダイエーの普通株数は4億4991万株だった。ところが3月に優先株が普通株に転換されたため、4月末時点での普通株数は約4割(1億8107万7410株)増の6億3099万5419株となる。これに連動して東証が算出するダイエーの時価総額が増えるため、「東証株価指数(TOPIX)連動運用を目指す機関投資家の買いが期待できる」との思惑を誘った。転換によって増加したダイエーの新たな普通株式数は、27日大引け後からTOPIX算出に適用される。』

さらに『5/11(本日)丸紅からの増資ででさらに超大量に普通株が増加する予定のはず』
また、 『TOPIX連動型投資信託をやってる機関は発行株数の3%を保持しなければならないからその為に大量に買う』
という話も別サイトで読みました。

つまりダイエーは減資の後に増資?という事なのでしょうか。

株について初心者なので、“減資した企業の株価は下がるだろう”と漠然とは思っていた(で、今の所そのようになっている)のですが、上記のニュースが本当だとすると、今後の動きはどう予測する事が出来ますか?

株価の今後の動きについてわかったら誰も苦労しませんね(^_^;)。バカな質問かもしれません。それはわかっているのですが、減資の後の増資の事や、発行株数が増えた場合のその後の事など、その辺の事がよくわかりません。予測できる範囲(一般的な話)で良いので、お分かりになる方、ご教授下さい。

ダイエーが減資して昨日から取引が再開されましたね。
予想通り(?)昨日の株価は暴落しましたが、一方では(GW前には)下記の様なニュースもありました。

『2月期末時点のダイエーの普通株数は4億4991万株だった。ところが3月に優先株が普通株に転換されたため、4月末時点での普通株数は約4割(1億8107万7410株)増の6億3099万5419株となる。これに連動して東証が算出するダイエーの時価総額が増えるため、「東証株価指数(TOPIX)連動運用を目指す機関投資家の買いが期待できる」との思惑を...続きを読む

Aベストアンサー

減資後の増資って普通のことです。累積損を減資によって一掃したあと第三者のスポンサーが出資を行って再生と言うのが企業の再出発方法ですね。とは言え株主や市場にとっては好材料なのは間違いなく、増資の仕方にもよるのですが通常上がります。
増資されること自体に価値があるという側面もありますが、「増資によって再生が始まる」と言う期待が大きいですね。今まで上場企業で同様のパターンで成功しているものが多いですし。

優先株転換によって発行済み株式数が増えるのは通常マイナスです。幾らの転換価格なのか知らないですけど何億株が急に増えるわけで、転換した人(再生機構か銀行でしたっけ?)が市場に流せば需給面が圧迫されますよね。

しかしかなりの大型銘柄なのでTOPIX買いなどもあるでしょう。

>TOPIX連動型投資信託をやってる機関は発行株数の3%を
>保持しなければならないからその為に大量に買う
↑正直この意味がわからないのですが。。。3%??
ダイエーの発行済み株式数の3%でしょうか??ありえませんね。100億で運用しているのであればせいぜい1~2億(1~2%)の組み入れと言うところでしょう。
機関投資家やTOPIX連動型投信全体では莫大な金額になりますが、市場外でクロスさせたりするので全部ザラ場では買わないですよ。
株価的には上がる材料に間違いないですけど。

減資後の増資って普通のことです。累積損を減資によって一掃したあと第三者のスポンサーが出資を行って再生と言うのが企業の再出発方法ですね。とは言え株主や市場にとっては好材料なのは間違いなく、増資の仕方にもよるのですが通常上がります。
増資されること自体に価値があるという側面もありますが、「増資によって再生が始まる」と言う期待が大きいですね。今まで上場企業で同様のパターンで成功しているものが多いですし。

優先株転換によって発行済み株式数が増えるのは通常マイナスです。幾らの転換...続きを読む

Q○○信託信託口とは?

会社四季報をみていると○○信託信託口という株主が出てくるのですが、これはどういう株主なのでしょうか?

Aベストアンサー

国民年金などの公的年金、厚生年金基金などの企業年金、また、投資信託などは、集めたお金を主に有価証券で運用していますが、これらの基金は有価証券の運用および管理を信託銀行に任せることが多いです。
信託銀行はこれらの有価証券を基金から預かる際に信託契約を結びます。
信託契約というのは特殊な契約で、委託者がなにか(この場合は有価証券)を信託すると、その名義は信託を受託した者の名義にかわります。
具体的にいうと、A年金基金がその財産であるB株式をC信託銀行に信託すると、この、B株式の名義がC信託銀行のものになります。名義はC信託銀行のものにかわりますが、C信託銀行は自分の都合でそれを処分・売買できるのではなく、あくまでもA年金基金のために、自分の名義で行う売買・処分できるようになるだけです。

このようにして信託銀行は集めた有価証券を、それぞれの信託の委託者(年金基金など)のために運用・管理するのですが、信託の際、名義がすべて信託銀行のものになるため、株式を発行する企業側の株主名簿上はすべて信託銀行のものと記載されます。
四季報などの大株主名簿では、信託銀行自己分(信託銀行が自分のお金で買ったもの)と、信託分(他人から預かって管理している分)が分けて開示されます。それをご覧になったのだとおもいます。

ですから、ご覧になったXX信託銀行信託口は、すべてその信託銀行の者ではなく、実質的にはほかの人から預かって管理している株式の合計、ということになります。年金基金や投資信託はほとんどすべてが信託銀行に信託されるので、その額も大きくなり、結果、大手信託銀行と資産管理専門の信託銀行はしょっちゅう大株主名簿に載ることになります。

国民年金などの公的年金、厚生年金基金などの企業年金、また、投資信託などは、集めたお金を主に有価証券で運用していますが、これらの基金は有価証券の運用および管理を信託銀行に任せることが多いです。
信託銀行はこれらの有価証券を基金から預かる際に信託契約を結びます。
信託契約というのは特殊な契約で、委託者がなにか(この場合は有価証券)を信託すると、その名義は信託を受託した者の名義にかわります。
具体的にいうと、A年金基金がその財産であるB株式をC信託銀行に信託すると、この、B株式の名...続きを読む

Q減資

xxx社9割減資という新聞記事をみました。
xxx社の株を保有しているものにとっては
株の価値が9割下がるのでしょうか?

Aベストアンサー

減資は、帳簿上の操作に過ぎませんから、100%の減資でなければ、理論的には株価には影響がありません。

ただし、業績が悪いために減資をするなど、心理的な影響で、株が売られて株価が下がる場合があります。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://hetareguma.tripod.co.jp/theme/genshi.html

Qダイエー減資による個人株主への影響

ダイエーが99%減資をしますが、保有している株の価値はどうなるのでしょうか?
以前350円位で500株購入して、15万円位払ったのですが、持分が50株になって、自分の資産は15000円になるということなんでしょうか?
もしそうだとしたら、今の内に売却した方がいいということですよね。
ただそうだとすれば、減資が決定した時点で大暴落していると思うのに230円前後が維持できてるのはなぜか・・・
考えても全く分かりません。
どなたか分かりやすく教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

「株式会社の増減資について株価は中立である」という理論が働くためでしょう。例えばダイエーが、逆に2倍の増資(1:2の株式分割)をしたとすると理論株価は2分の1になり、株主の財産的価値はこの増資の前後で、変わらない(これが「中立」の意味です)ことになります。
 この理論では、ダイエーの株価は理論的には減資後10倍に値上がりすることになります。(あくまで理論値で、次に述べるように、この通りになる保証は何もありませんから、注意して下さい。)
 重要なのは、減資は配当金を受け取る権利が10分の1になることを意味することでしょう。これに嫌な人は当然ダイエー株を売りに出すでしょうし、減資は株価に中立と言われても、もうこんな会社信用できないという心理が働けば、減資後も株の買い手は減少し10倍にはならない可能性が大でしょう。
 増資(株式分割)では、この逆で、株価は中立でも配当金を受け取る権利が分割数倍になりますから、こういうおいしい株は買った方が得という人が増え、たとえ理論値に下落したとしても回復を始め、株価は増資に中立とは言えなくなります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報