音、光、電波、これって皆、波ですよね!でも、これってただ周波数が違うだけなの?それから、たとえば水面の波は目に見えるから分かるけど、真空中を光や、電波が伝わるのってどういうことなんだろう?
 何によって伝搬されているのかな?これって変ですか?磁力線、引力なんていうのも、よく解らないんだけれど、皆様ご教示下さい。
                かめら

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

atsuotaさんが本質的な御話をされているので、蛇足的に現象論的な話をします;



波は仰るように、媒質の振動が連続的に起こることです。
・【水面の波】は、観客席のウェーブと同じで、水が上下に振動(回転)することです。
・【音】は疎密波で、空気中であれば、ある位置の空気を構成している分子が疎と密を繰り返します。「疎→密→疎」にかかる時間の逆数が周波数です。
これらは水分子や気体分子の力学的な運動で理解出来るので、【力学的波動】と呼ばれます。

波動の面白い所は、媒質が同じ場所で振動しているだけで、物質的な伝播は無いと云うことでしょう。観客席のウェーブの場合に、人間が移動していないことを考えれば当然ですが、面白く感じます。


しかし、光(=電磁波の可視領域)、重力波などの場合には、干渉、回折などの波的な性質は持っていますが、媒質がありません。
昔は、光も力学的波動として説明がつくものとして、媒質探しが行われました。19世紀末のことです。ここで仮定された媒質は古代ギリシアの究極物質の名をとって、【エーテル】と名付けられました。
で、光の媒質としてのエーテルを実証する実験によって、逆にエーテルが存在しないことが実証されて(マイケルソン-モーレーの実験;19世紀末)、【アインシュタインの特殊相対論】(20世紀初頭)が登場するわけです。

・結果的には、光は【マックスウェルの電磁気学】(19世紀末)に従う電磁波です。
電磁波は、電場と磁場が交互に振動している現象です。電場の変化が磁場を生み出し、磁場の変化が電場を生むと云う具合に電場と磁場が交互に振動している現象が空間を伝わる波と解釈できます。
・光はまた、粒子的な性質も持っています。この粒子的な性質に注目すると、光は【光子(フォトン)】と呼ばれます。
このように、粒子的性質と波動的性質を兼ね備えたものを【量子】と呼びます。昔は波粒(wavicle = wave + particle)と呼んだりもしました。

力学的波動も粒子として捉えることが可能で、これを【量子化する】と言います。例えば音波は量子化すると【フォノン(音量子)】と呼ばれます。

・重力の場合は、時空間の歪みが伝播することと捉えて、重力場の振動と考えることが出来ます。


まとめると、
力学的波動以外の波は場の振動だと考えることが出来ます。また、力学的波動も含めて、波動は全て量子化することで粒子的に考えなければならない場合もあります。


この辺りの話は、古典物理学から現代物理学への橋渡しとして非常に重要な地位を占めます。歴史的にも、ニュートン力学の成立と並んで、最も面白い話の一つですから、沢山本も出ています。
御参考までに;
・「量子力学と私」朝永振一郎 岩波書店
・「物理学とは何だろうか」(上下)朝永振一郎 岩波新書
・「物理学はいかにして創られてか」(上下)アインシュタイン、インフェルト 岩波新書
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつも身勝手な私の「はてな?」に対しまして、専門的な見地より、的確なご回答いただきましてありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
 「興味は尽きない!」という言葉がありますが、いくつになっても、「なぜだろう」という興味を持ち、「ほんとかな?」という疑問をいだき続けることが大事ではないかと思っております。生活に流されて、次第に時に身を任せる事に慣れてしまっています。ドキドキと胸を時めかせ、ワクワクとして見つめた少年の眼差しを忘れたくは無いと思っています。
 今後とも、ご指導よろしくお願いします。  かめら

お礼日時:2000/12/12 19:37

私も蛇足的なお話をします。



まず、音に関してはPAMdさんのいうように、音も量子化できます。スピンは1となります。

電磁波については、空間の揺らぎの局所的な励起が伝搬されるという解釈もあります。実は物質の運動も同様に説明されます。

また、引力ですがこれは物体間、あるいは粒子間でのさらに小さい粒子のやりとりでも説明されます。分子では、電子のやりとり。原子核の核子間では、中間子(湯川粒子)。重力は重力子。クーロン力は、光子。という具合です。これはどうも、水素分子イオン(H2プラス;電子一個だけ)からの類推で考えられたのではないでしょうか。

水素分子イオンでは、水素原子の電子がとなりの裸の陽子へと移る確率が高ければ高いほど、結合が強くなる(二つの陽子がある程度近づくほうが安定になる)ことがシュレディンガー方程式から簡単な近似で、もとめられます。これから同様に、物体間の結合では何かを媒介していると考えられるようになったのではないでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつも身勝手な私の「はてな?」に対しまして、専門的な見地より、的確なご回答いただきましてありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
 「興味は尽きない!」という言葉がありますが、いくつになっても、「なぜだろう」という興味を持ち、「ほんとかな?」という疑問をいだき続けることが大事ではないかと思っております。生活に流されて、次第に時に身を任せる事に慣れてしまっています。ドキドキと胸を時めかせ、ワクワクとして見つめた少年の眼差しを忘れたくは無いと思っています。
 今後とも、ご指導よろしくお願いします。  かめら

お礼日時:2000/12/12 19:38

まず音、光、電波の違いから。



音:空気の振動の波。進行方向に波打って伝わる「縦波」。振動が耳の鼓膜に伝わると、鼓膜が振動し、それが「音」として認識されます。
光:電磁気の波。進行方向と直角の方向に波打って伝わる「横波」。横波のイメージは水面の波と同じです。電磁気の波が目に伝わると、「ある周波数の場合は」光として認識されます。(可視光といいます。)ミクロの目で見ると(量子力学的な振る舞いを観測できる状況では、という意味です)「光子」という粒子が飛んでいるように見えます。
電波:電磁気の波のうち、その周波数が3,000GHz以下のものをいいます。

kameraさんの持たれている水面の波のイメージはどのようなものでしょうか。水面の波は、波がない状態の水面に対して、「水が集まっている部分(波のでっぱりの部分)」や「水が欠けている部分(波のへこみの部分)」がある方向に移動していくもので、これを「水分子が波を伝播している」と捉えるわけですよね。

電磁波の場合は、電磁気的な性質(プラスとマイナス、NとS)が「プラスが集まっている部分」と「マイナスが集まっている部分」、「Nが集まっている部分」と「Sが集まっている部分」が、それぞれ交互にある方向(制限がなければ全方位に)に移動していくわけです。ですから、何が電磁波を伝播しているか、というと「真空のプラスマイナスの性質、NSの性質」つまりは真空そのものが伝播しているということになるわけです。

どうしてもわかりにくければ、真空を「光子」という素粒子が飛んで行く、というイメージでも間違いではないので、そのほうが分かりやすいかと思います。

磁力線:磁気の方向(方位磁石がNを指す方向)をつないで書いた線。磁気の強さを表すのにも使うため、「磁気が強い場合は線をたくさん書き、弱い場合はちょっとだけ書きましょう」という国際ルールが採用されています。

引力:ものを引っ張る力。有名なのは、「物は全てその質量に応じて引力をもち、他の物を引っ張る性質がある。」という万有引力の法則があります。電磁気でも、電気の「プラス」と「マイナス」、磁気の「N」と「S」は互いに引き合う性質があります。

こんなところでいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつも身勝手な私の「はてな?」に対しまして、専門的な見地より、的確なご回答いただきましてありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
 「興味は尽きない!」という言葉がありますが、いくつになっても、「なぜだろう」という興味を持ち、「ほんとかな?」という疑問をいだき続けることが大事ではないかと思っております。生活に流されて、次第に時に身を任せる事に慣れてしまっています。ドキドキと胸を時めかせ、ワクワクとして見つめた少年の眼差しを忘れたくは無いと思っています。
 今後とも、ご指導よろしくお願いします。  かめら

お礼日時:2000/12/12 19:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光の波と水面の波が違う原因を教えてください。お願いします。

光は波だといいますが、波ということは「じぐざぐ」ってことですよね。どうして真っ直ぐじゃなくてわざわざ「じぐざぐ」するんですか。

水面の波は重力と反発力の結果だと考えてます。たとえば池なら、水分子が積み重なってできた均一な頂上が衝撃を受け乱されて波となる。均一なのが自然なんだから、もとに戻る過程で「じぐざぐ」するのは分かる。

ところが、光の場合のこの「じぐざぐ」の理由がイメージできません。

なんか、すごい初歩的なところでつまずいてる予感がするんですが、よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

『均一なのが自然なんだから、もとに戻る過程で「じぐざぐ」するのは分かる。』という部分を見ると、元の位置に戻ろうとする力が波を作っていることにお気づきのようですね。その力を「復元力」といいます。私も光も波だから光の本質には復元力が関係しているのだろうと思っていたので、大学の電磁気学の先生に聞いてみました。すると、No.3さんの言うように、電場の変化が磁場を変化させ(アンペール・マクスウェルの法則)、磁場の変化が電場を変化させる(ファラデーの法則)ことの連鎖がずっと続いていくというのが本質のようで、「他の波と対応させて理解しようとして光の復元力について考えるのはやめたほうがいいでしょう。同じ波でも原理はすこし異質なものです。」とのことでした。

Q直接波がない多重波伝搬環境における受信信号の振幅分布の名称を答えよ。

直接波がない多重波伝搬環境における受信信号の振幅分布の名称を答えよ。
さらに、位相分布の名称も答えよ。
という問題があったのですが、振幅分布に関してはレイリー分布だと思うのですが位相分布は何という名称があるのでしょう?

また上記とは逆に直接波がある場合の振幅分布の名称は何というのでしょうか?

Aベストアンサー

レイリー分布の計算をしてみると,
振幅と位相で分離が出来て
振幅がレイリー分布で位相が一様分布になったかと思います.

直接波もある場合は,日本では仲上-ライス分布と言います.

Q光ファイバー内の伝搬角以外の光

光ファイバーに関して勉強しています。

光ファイバーには波長、屈折率、コア径よって決まる伝搬モードがあり、各伝搬モードに対応した伝搬角がありますが、それらの伝搬角以外で入射した光波成分はどうなってしまうのでしょうか。

例えば太陽光をレンズで集光してファイバー端面に入射したとき、出射する光エネルギーは伝搬角成分のみとなり、入射エネルギーより減少してしまうのでしょうか?

いまいち考え方が分かりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>伝搬モードの式とは、特に光路の幅の小さい光ファイバーなどで必要
とは限りません。というか屈折率分布の中を光が通るとして、波動方程式を解いた結果として、光ファイバーのような構造であれば伝搬モードの式が出てきます。

>例えば液晶ディスプレイのバックライトに使われる導光板
こちらもやはり同じことです。

”全反射”というのはある特定の条件で解いた場合に出てくる解に過ぎません。
もちろん、屈折率分布の構造が十分に大きければ適用できますけど、エバネッセント波が無視できるほど十分に減衰するような条件でなければ適用出来ません。

>伝搬モードも膨大にあるために臨界角の条件を満たすにもかかわらず導波しないというものはない、結局は臨界角条件を満たすすべての光が導波するとみなせる

はい。そういう見方も間違いではないと思います。

>上記3つのうちのどれになるかはどのようなパラメータで決まるのでしょうか。
これは簡単にはいえません。もちろんコア、クラッドの屈折率やサイズはもちろん影響しますし、屈折率は波長の関数でもありますので、波長による違いも出てきます。

>あるいは確率的な話なのでしょうか。
ある意味そういうそういう側面はあります。量子力学に類似しているということと、光も量子力学的に扱えますので。

>伝搬モードの式とは、特に光路の幅の小さい光ファイバーなどで必要
とは限りません。というか屈折率分布の中を光が通るとして、波動方程式を解いた結果として、光ファイバーのような構造であれば伝搬モードの式が出てきます。

>例えば液晶ディスプレイのバックライトに使われる導光板
こちらもやはり同じことです。

”全反射”というのはある特定の条件で解いた場合に出てくる解に過ぎません。
もちろん、屈折率分布の構造が十分に大きければ適用できますけど、エバネッセント波が無視できるほど十分に減...続きを読む

Q引力や磁力って・・・

単純なことですみませんが、引力や磁力って物体同士の間に空間や別の物体があってもどうして働くのでしょうか? 途中に何もなくてどうして力が伝わるんでしょうか? 気になって仕方がありませんが、いくら考えても
余計にわけが分からなくなりました。 よろしくお願いします・・・

Aベストアンサー

同じような疑問が何回も提出されていることがわかりました。

これらは自然の基本的な現象なのでこれ以上、説明できないのです。
言い換えれば自然現象の何故を問いつめていくとすべて電磁気、重力、核力、運動などの基本現象に行き着くのです(わかっていることは)。
我々がやってるのはこれらの現象をモデル化して関係式を定量化することなのです。

という結論に至り、私は年とともに悩むことを止めました。
あなたは多分、若いと思うので大いに悩んで下さい。きっと得られる物があるはずです。

Q引力や磁力はどうやって離れた物体に影響を与えているのか

引力や磁力はどうやって離れた物体に影響を与えているのか

遠くに押す、なら物体から何か出て相手にぶつけているとすれば説明がつきますね
じゃあ吸い付けるのは?


離れた物体に影響を与える方法
なんらかをそいつに飛ばす(押す)
真空を作ってまわりのものをすいこむ

いったいどうやってやるんでしょう。
そもそも離れた状態で、相手が自分の近くに存在していることをどうやって知るんでしょうか。

Aベストアンサー

>遠くに押す、なら物体から何か出て相手にぶつけているとすれば説明がつきますね

 本当に説明できますか?

 原子の構造は、とっても小さな原子核と電子で成り立ってますが、原子の大きさ/体積と比較すると、ほとんどないようなものです。
【引用】____________ここから
原子核の半径は原子の半径の約10万分の1(1 fm程度)と小さい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[原子 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90#.E5.8E.9F.E5.AD.90.E3.81.AE.E6.A7.8B.E9.80.A0 )]より

 それなのに、なぜ行き違わないではじかれるのですか??

 気体なんて、22.4Lの中に、1モル6.02×10^23個の粒子があると言ったって、その粒子の大きさはヘリウムだと、ファンデルワールス半径なんて140 pmしかない。それでも気体のとき体積がある(お互いぶつかりあっている)のはなぜ??

 物質間に働く力は、強い力、弱い力、電磁気力、重力の4つでしたね。
基本相互作用 - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E7%9B%B8%E4%BA%92%E4%BD%9C%E7%94%A8 )
統一場理論 - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E4%B8%80%E5%A0%B4%E7%90%86%E8%AB%96 )

 力は空間(宇宙)そのもののもつ性質です。科学とは、その性質を説明する法則を見つけ出そうとする手段であり、それ以上でもそれ以下でもありません。
 確かに電磁気力(電気的引力、磁力)は、光子がその仲立ちとして存在と非存在を行きかうことで働いていること、光子はヒッグス粒子としてかって(宇宙創世期)は存在していたとされているので、弱い力と根本的には同じ。
 重力は重力子が仲立ちをしていますね。重力を持つ二つの物質の間で行き来しながらあるときは粒子として存在しあるときは力として存在する振動をしている。存在と非存在を繰り返すことで非存在のとき引き合う力となる。

 ・・・と説明されていますが、じゃその重力子はなぜ存在するのか???という問題に行きつき、やはり答えはない!!!

 詳しくは、上記リンクを読まれるとごく簡単に説明してあります。でもね。宇宙はそうした性質を持っているけど、なぜそんな性質を持っているかと言われると「神のみぞ知る。」「神様がそのように宇宙を作られた」としか言いようがなくなる。

>遠くに押す、なら物体から何か出て相手にぶつけているとすれば説明がつきますね

 本当に説明できますか?

 原子の構造は、とっても小さな原子核と電子で成り立ってますが、原子の大きさ/体積と比較すると、ほとんどないようなものです。
【引用】____________ここから
原子核の半径は原子の半径の約10万分の1(1 fm程度)と小さい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[原子 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90#.E5.8E.9F.E5.AD.90.E3.81.AE.E6.A7.8B.E9.80.A0 )...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報