サンプリング周波数fsが低いときに生じるエイリアス効果とは
どのようなものですか?
具体的に教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

離散時間系の信号処理で出てくる言葉ですね。


高い周波数成分を持つノイズの影響が、連続時間系の信号処理に比べ、離散時間系ではより強く現れてしまう現象を言います。

離散時間でのディジタル信号処理では通常、ある信号S(t)をサンプリングしたらその信号を1周期T(=1/fs)の間ホールドします。
いま、たまたまノイズが入ってきた瞬間にサンプリングしてしまったとしましょう。このノイズをホールドしてしまうとその1周期Tの間、サンプリングした値=ノイズの値になってしまいます。
連続時間系ならどうでしょうか。周波数の高いノイズ成分が入ってきても、次の瞬間にはS(t)は別の値になりますから、影響は小さくて済みます。

以上は直感的な説明ですが、もうすこし厳密にやるなら信号の周波数スペクトルを考察してみるとよいでしょう。(図を参照、等幅フォントを使用下さい)
ある信号を時間軸と周波数軸で取扱う場合、以下の双対の関係が存在します。これはご存じですよね。(エイリアス効果の理解には、このレベルの基礎的理解は必須です)

 時間軸    周波数軸
離散信号 ←→周期スペクトル
連続信号 ←→非周期スペクトル
周期信号 ←→離散スペクトル
非周期信号←→連続スペクトル

連続時間の信号の周波数スペクトルは、周波数0から∞まで延々と存在します。
では離散時間の信号の周波数スペクトルはどうなるでしょうか? 周波数0から∞まで延々と存在するでしょうか? そうではないですよね。離散時間系ではあまり高い周波数の信号は扱えないのです(サンプリング定理のところを読み返してみて下さい)。そこへ無理矢理高い周波数の信号(この場合はノイズ)を放り込むとどうなるでしょう? 結論だけ書くと「低い周波数成分に化けて出てくる」のです。最初の説明と本質的に同じことです。

強度

|■
|■  ■
|■■■■ ■
|■■■■■■■ ■
+―――――――――→周波数


失礼ながらレポート課題のような印象を受けましたので、ヒントだけ書いてあとはご自身で考えて頂くようにいたしました。
万一P54さんが何か具体的な問題でお困りで質問されたということであれば補足下さい。もう少し詳しく説明します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Umadaさん>
万一P54さんが何か具体的な問題でお困りで質問されたということであれば補足下さい。もう少し詳しく説明します。
------
大まかなことがわかればよかったので特に具体的な問題はございません。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/13 17:11

 


  どういう場面でのエイリアスのことを言っておられるのか分からないのですが、エイリアスとは一般に、アナログ的な連続信号を、デジタル化した時、現れる、元の信号にはなかった、パターンです。グラフィックなら、連続画像をデジタル処理すると、処理した連続線は、曲線の場合、ギザギザが出てきます。これがエイリアスですが、サンプリング周波数という場合は、データ・サンプリングのことだと思います。
 
  サンプリング周波数が60ヘルツで、元の信号が、80ヘルツの場合、差分の20ヘルツの架空の振動があるように見えます。20ヘルツの正弦波信号が観察されるのですが、そんな信号は、元の信号には存在しない訳です。サンプリング周波数の最適化ということが必要になるわけで、どれぐらいでサンプリングすれば、元のデータをきれいにデジタル化できるかという問題です。元の周波数の2倍が最適だということだそうです。
  以下のページに説明があります:
 

参考URL:http://www.jade.dti.ne.jp/~michio-k/navi/halftim …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFFTを使って異なるサンプリング周波数での周波数強度について

100Hzのsin波に対してFFTを行い周波数スペクトルを出したときのことです。

解析条件
サンプリング周波数・・・・44.1kHz , 22.1kHz
FFTの点数・・・32768点
窓関数・・・ハニング窓関数

まず、サンプリング周波数44.1kHzで解析を行い、100Hzにメインローブが現れていました。
次に、サンプリング周波数22.1kHz以外は同様の解析条件で解析を行ったのですが、サンプリング周波数44.1kHzに比べて、100Hzのスペクトル強度が下がっていました。また、サイドローブは44.1kHzに比べて上がっていました。
スペクトル強度がサンプリング周波数によって変化するというのはありえるのでしょうか?
それとも、私の組んでいるプログラムが間違っているという事なのでしょうか?どなたかご教授下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題は2つに分けられると思います。

(1)両者ともサンプル点数Nは同じにしたのでしょうか。
あるいはサンプリング期間は同じとして44.1kHzのサンプル点数Nは22.1kHzのサンプル点数の2倍としたのでしょうか。
離散フーリエのやりかたにはサンプル点数Nをどう正規化するか、主として三つの流儀があります。
a. Nの平方根で割る。
b. Nで割る
c. 何もしない。
どれが正しいということではなく、この約束事に則って逆フーリエのときのNの扱いも決まり、フーリエ→逆フーリエで元に戻り辻褄が合うようになっています。
どれでプログラムを組んだか次第ですが、例えば流儀bのプログラムにおいて、44.1kHzのサンプル点数Nは22.1kHzのサンプル点数の2倍とした場合は100Hzの値は同程度となると思います(次項(2)の件を除き)。
まずこの正規化の件をちょっと検討されたらどうでしょうか。

(2)サイドローブの件はこっちだと思いますが:有限のサンプル期間ですよね。そしてサンプリング期間は100Hzの周期10msの整数倍になっていないですよね。その場合、ぴったり100Hzの線スペクトルではなく、その近傍の周波数成分にもパワーがにじみ出して観測されるはずです。にじみ出したぶん100Hz成分は減るはず。44.1kHzと22.1kHzではサンプリングを100Hzのどの位相で観測始めどの位相で観測終了するか様子が違うのでニジミ出し方が違う。これだとしたらサンプリング期間を十分に長く取る(データ点数巨大化)とかするといいかも。

問題は2つに分けられると思います。

(1)両者ともサンプル点数Nは同じにしたのでしょうか。
あるいはサンプリング期間は同じとして44.1kHzのサンプル点数Nは22.1kHzのサンプル点数の2倍としたのでしょうか。
離散フーリエのやりかたにはサンプル点数Nをどう正規化するか、主として三つの流儀があります。
a. Nの平方根で割る。
b. Nで割る
c. 何もしない。
どれが正しいということではなく、この約束事に則って逆フーリエのときのNの扱いも決まり、フーリエ→逆フーリエで元に戻り辻褄が合うよう...続きを読む

Qテレビ放送のサンプリング周波数について

テレビ放送(アナログ)のサンプリング周波数が14.318MHzである理由について調べているのですが、なかなか見つからずに困っています。
参考URLなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>「以下に示す信号のサンプリング周波数の設定理由を述べよ」という問題なのですが、「テレビ放送(アナログ) 14.318MHz」としか書いてないもので・・・

それは、

>テレビ放送(アナログ)のサンプリング周波数が14.318MHzである理由

と略してはダメです、

「ある人が、テレビ放送(アナログ)のデジタルキャプチャのサンプリング周波数として14.318MHzを使用しているが、その理由を考察せよ。」
です。
つまり、
「テレビ放送(アナログ)をデジタル変換する時に必ずしもクロックとして14.318MHz以外を使ってはダメなんてことは無いのだが、
14.318MHzを好んで選択した理由(好んで使われることが多い理由)」
を考察してみましょう。

という趣旨の問題であるはずです

14.318MHzは3.579545MHzのカラーサブキャリア周波数の4倍であるため、色情報を取り扱う時に都合がよいのです

別に、絶対14.318MHzに限る。なんて事ではありません。

参考URL:http://www.nahitech.com/nahitafu/mame/mame6/dotclock.html

>「以下に示す信号のサンプリング周波数の設定理由を述べよ」という問題なのですが、「テレビ放送(アナログ) 14.318MHz」としか書いてないもので・・・

それは、

>テレビ放送(アナログ)のサンプリング周波数が14.318MHzである理由

と略してはダメです、

「ある人が、テレビ放送(アナログ)のデジタルキャプチャのサンプリング周波数として14.318MHzを使用しているが、その理由を考察せよ。」
です。
つまり、
「テレビ放送(アナログ)をデジタル変換する時に必ずしもクロックとして14.318MH...続きを読む

Q無線通信でのベースバンド周波数とキャリア周波数の関係

無線通信でデジタル情報を送る場合、送りたいデジタル情報(ベースバンド)の周波数と搬送波(キャリア)の周波数はどのような関係があるのでしょうか?ベースバンドのデジタル情報(1,0)を多くすれば、ビット幅が狭くなるので、占有周波数帯が広くなるのは分かります。しかし、そのことと、キャリアの周波数との関係がいまひとつわかりません。ベースバンドの周波数を高く(デジタル情報を多く)するには、キャリアの周波数も高くする必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

占有帯域が広がると低い周波数では、多くの人が使えないので
高い周波数での使用が有利となります。

400MHzでの20MHzは、5%ですが、2.5GHzでの20MHzは、0.8%で
同じ占有周波数帯でも、周波数によって占める割合が違うと言う意味
です。

技術的な面から言うと、20MHzを5人で使った場合、400MHzでは、
合計25%の帯域のシステムが必要で、2.5GHzでは、4%となり、
システムを作る方としても、高い周波数の方が作りやすくなる
と言う事もあるかもしれません。

参考まで

Qトランジスタのトランジション周波数と電圧増幅率の周波数特性の関係につい

トランジスタのトランジション周波数と電圧増幅率の周波数特性の関係について質問させていただきます。

たとえば トランジション周波数80MHz hfe=100 のトランジスタ場合、hfeの周波数特性は図1のように(カットオフ周波数が800KHz)なるかと思います。自分は電圧増幅率にかかわらず(電圧増幅率が5倍でも10倍でも)、図2のようにこのラインに乗ってくるものだと考えているのですが、この考えでいいのでしょうか?

なぜ、このように思っているかというと、一石エミッタ接地回路において電圧増幅率が5倍でも10倍でもベース電流は常にhfe倍されているので、電圧増幅率にかかわらずこのラインに乗ってくるものだと思っているからです。

いろいろHPをみていると、”fTが80MHzの場合、8MHzまでは10倍のゲインがとれる”というようなことが書かれていたりするのですが(図3)、なんとなくすっきりしません。

どなたか、わかりやすく説明していただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あまり自信はないですが、同じトランジスタ回路で、電圧利得が100倍から10倍になっているということは、負帰還回路の帰還量が10倍ということですよね?
ということは、広域の遮断周波数は10倍されるので、図3のようになると思います。

Q周波数が60サイクルのモータを関東で使用した場合周波数が60サイクルのモータを関

周波数が60サイクルのモータを関東で使用した場合、馬力はどの程度落ちるのでしょうか。使用電圧が120ボルトなんですが、100ボルトでの場合の出力はどの程度落ちるのでしょうか。

Aベストアンサー

>結果として84%程度の出力になると言うことが解りました。

計算の仕方としては、間違っていませんが、出力が84%になるのではなくモータの最大トルクが84%になるということです。
(誘導電動機の場合)
あまり詳しいことはここには書きませんが、出力というのは、あくまで、モータにつながれた負荷がどれだけの回転数で、どのくらいのトルクを必要としているかによって変わります。

出力の概算式は、下記です。
出力(W)=トルク(kg・m)*回転数(rpm)*1.027

#1の方への話からすると、今回いわれている電動機は多分、直流電動機ですね。
たとえインバータを使っても誘導電動機でそのような回転数制御は難しいので...


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報