はじめまして。
基本的な内容で申し訳ないんですが、タイトルについて職場で周りの人に
聞いてみたところどなたからもあやふやな回答で満足なものが得られません
でした。ネットで検索してみても同様で・・・どなたか詳しい方の回答
をお待ちしてます。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

半導体業界用語では、


いわゆる端子間の半田による電気的なショート状態をいいます。
目でみてつながっているのがわかるのが、特徴です。
なぜ半田ブリッジが起きるかについては、単純に半田量が多いのが原因です。
金属片異物に半田がついてショートする場合がありますが基本的には、区別します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常にわかりやすい回答ありがとうございます。
おかげさまで理解できました。

お礼日時:2001/12/11 10:51

ハンダブリッジ・・・私にとっては懐かしい言葉ですね。



学生の頃は電子工作等をよくしたものですが、最近はハンダを握ることもなくなりました。

と雑談はおいときまして、ハンダブリッジとは特にICなんかをハンダ付けするときにピンとピンとの間隔が狭かったりすると、隣同士のハンダがくっつきます。
そのことを指しています。

通常は起こってはいけないことですが、パソコンの改造なんかで確信犯として行っている方々も多々おられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。私は逆に学生時代はほとんど半田を
握らなかったもので今こういった基本的な知識が足りなくて四苦八苦
しています。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/11 10:47

>半田ブリッジとは?


パターン間を半田が短絡していることぐらいはご存知だと思いますので、半田ブリッジの何を知りたいのでしょう?
    • good
    • 0

 本来は、接点の上だけに塗布される半田が、量が多すぎて、隣の接点にまで流れ出し、接点同士がショートしてしまう現象。



 半田で、ブリッジ(掛け橋)が出来る現象、または、その半田部分。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく理解できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/11 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qはんだでパターンをショートする・・・?

ラジオを作っています。
「はんだを盛ってパターンをショートする」とあるのですが、意味がわかりません。
ランドにこんもりと半田を盛ればいいんでしょうか?
なんの意味があるのですか?

Aベストアンサー

ショート(短絡)とは、2つの端子を銅線などで直接つなぐことです。
パターン同士が近ければ、ハンダで、またいでつなぐことが出来ます。
両側にハンダを盛った後、少し、ハンダを供給しながら、コテを片方から隣に動かすと上手にできますよ。

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

Qはんだ吸い取りのコツを教えてください。

はじめまして。電子工作ど素人なのですが、
基盤からスイッチ等を外すためにハンダを吸い取ろうとしている
のですが、なかなかうまくいきません。
吸い取り線でトライしているのですが、吸い取れるのは表面のハンダ
だけで、基盤の穴の中やその先の裏側まで浸透している部分が
吸い取れず、基盤から切り離すことができません。
何かコツなどあるのでしょうか?
また、ホームセンターで売っている吸い取り器の方がうまくいきますか?
詳しい方アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

自分のやり方は

1.吸い取り線や吸取り器でハンダを除去
2.それで部品が基盤から完全に切り離される場合には → 取り外して終了
3.どうしても除去できない少量の半田で切り離せない場合には、半田ゴテでその部分を
加熱して半田が溶けた状態にし、基盤や部品を破損しないように注意しながら
少しずつ引っ張りながら部品を基盤から分離します。根気が必要です。
沢山の足がある部品なら、一つの半田ゴテで複数の半田付けの箇所を同時に溶かすなど
コツが必要なこともあります。

ちなみに、自分は吸い取り線(網線)をもっぱら使用します。
確かに、吸取る量が多い場合には吸取り器が便利かもしれませんし、
半田を溶かして吸引するタイプの吸取り器なら、細かいところに入り込んだ半田も
きれいに吸い出してくれる可能性もあります。

それから、半田ゴテの容量不足で、半田付け箇所が均一に加熱できない為に、その箇所の
半田が全てきちんと解けないために、半田除去が上手くいかないこともあります。

半田除去には半田付け以上にコツが必要なので最初のうちは失敗することもあるでしょうが
次第に上手になりますよ。

自分のやり方は

1.吸い取り線や吸取り器でハンダを除去
2.それで部品が基盤から完全に切り離される場合には → 取り外して終了
3.どうしても除去できない少量の半田で切り離せない場合には、半田ゴテでその部分を
加熱して半田が溶けた状態にし、基盤や部品を破損しないように注意しながら
少しずつ引っ張りながら部品を基盤から分離します。根気が必要です。
沢山の足がある部品なら、一つの半田ゴテで複数の半田付けの箇所を同時に溶かすなど
コツが必要なこともあります。

ちなみに、自分は...続きを読む


人気Q&Aランキング