プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

同期発電機の誘導起電力の相順が等しくない状態で並行運転するとどうなるのでしょうか?また、そういったのが載っているサイトなどありますか?

A 回答 (3件)

同期発電機の並行運転の条件として、


起電力・周波数・位相の3つが同じ事が条件となると思います。この中で狂う可能性が有るものは位相でしょう。通常は同期化力が働いて一定速度に落ち着くが乱調が長く続いて、同期はずれを起こすこともあります。
ご質問のように最初から相順が違う場合、最悪発電機が吹っ飛ぶすることも有るかと思います。
    • good
    • 0

>では、並行運転しているとき相順が異なる可能性はあるのでしょうか?



*運転中に「発電機が逆転しない限り起こりえない」でしょう。

 まず、ありえないでしょう。
    • good
    • 0

同期発電機の起電力を誘導起電力と呼ぶのかという疑問は別として...



同期発電機の起電力相順と母線の相順が異なる場合、並列運転はできません。

遮断機を投入した時点で、遮断機が自動的に遮断されるといった軽度な事故ですむ場合から、発電機の軸が折れて発電機の回転部分が飛んでいくという重大事故になる例まであります。

サイトでの事故例報告は多分ないと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。では、並行運転しているとき相順が異なる可能性はあるのでしょうか?

補足日時:2005/12/11 21:52
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!