痔になりやすい生活習慣とは?

宜しくお願いします。
私は現在37歳で中学校を卒業してすぐに働いた為「今はもう結婚して働いていません」
学歴は中卒です、そしてもう一度勉強したい!そう思い今年高認「旧大検」
を取得し、大学へ行こうと思っています。

そこで昨日合格してすぐに行きたい大学の願書を貰ってきて
読んでいたのですが、大学って前期と後期があるんですね
夫は高卒で両方全くわからないのですが

前期と後期の違いって何が違うのでしょうか?

後期は受験科目が少なくて後期にしようかな?と思っているのですが
後期は試験が難しくなる等何か違いはありますか?
本当に無知で申し訳御座いませんが全くわかりません
ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい、宜しく御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

センター試験の願書受付けはすでに締め切られていると思うので、私立大学を受験されるんですよね?



前期、後期と言うのは、試験日を前期日程、後期日程と分けています。
試験の難易度は大学によって違うと思いますが、後期日程の方がやや、高くなります。
と言うのは、例えば、前期日程で第一志望の大学を受験して失敗した受験生が、後期日程で滑り止めでワンランク下の大学を受験することが多いからです。
また、受験科目が少なくなる場合、受験生は得意な科目に絞りますから、ますます合格点が上がります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました!!
はい、私立大学を受験いたします。
後期日程の方が少し難しくなるんですか・・・なる程その説明をして頂いてとてもよくわかりました。合格点は85点なのですが、やっぱり後期にしようと思います。
こんな質問なのに皆さんご丁寧に答えて頂いてとても感謝しています。
大学受験頑張ります♪どうもありがとうございました!!

お礼日時:2005/12/20 14:00

前期で不合格になった人が後期を受けます。

入学後に違いはありませんが、その性質上として定員が少なくなります。また、「滑り止め」という側面上、上位の大学を落ちた人が受けますから、ストレートに受ける前期に比べて合格のための難易度が上がるのが通常です。試験そのものに難易度の違いはありません。

また、社会人であればセンター試験を受けずとも社会人入試として別枠を設けている大学もありますよ。

参考URL:http://www.gakkou.net/05orientation/daigaku_1/05 …
    • good
    • 1

前期と後期ということは国公立大学をおうけになるのですね。


ふつうは前期で不合格のときに後期を受けます。
入学後は差はありません。
ちなみにセンター試験の申し込みはしてないのですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました!
私が受ける所は関西外国語大学短期大学部です。
普通は前期を落ちた時に受けるんですね、なる程両方受けれるなんてしりませんでした、良い事を教えて頂いてどうもありがとうございます♪
センター試験ですが、受けたかったのですが合格証明書の交付に時間がかかるとの事で受かってすぐに出したのですが恐らく間に合わないと思います。。
試験のレベルは一般には変わらないのでしょうか?
ご丁寧に回答して頂きましてどうもありがとうございました!

お礼日時:2005/12/20 13:57

試験レベルは変わりませんよ でも定員が全然違ってきます


倍率 合格点は書いてないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます!!
お礼が遅くなって申し訳御座いません。
今願書を見てきましたところ
前期の倍率が1,7倍で合格者最低点が300点満点で155点
後期の倍率が1,5倍で合格者最低点が200点満点で85点
でした、後期の方は受験科目も1教科になるので「前期は2教科」です、後期を受けようと思っているのですが、それでも試験レベルは変わりませんでしょうか?
もし宜しければ又回答して頂ければ助かります、回答参考になりました、どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/12/20 13:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国立大学入試の前期と後期の違い、利点・欠点等教えて下さい。また、両方受

国立大学入試の前期と後期の違い、利点・欠点等教えて下さい。また、両方受けることはできるのですか?

Aベストアンサー

簡単に言うと前期がメイン,後期はセカンドチャンス。
利点,欠点について。
大学によりますが,後期の方がやや特殊な点数の付け方をしているところが多いです。
後期だけ面接,小論文があったり,その二つの配点が高かったり,センターの配点が低かったり。単に2軍を取るのでなく,何かちょっとトップ層と違う点で秀でている人を取ろうとしている感じがします。後期の方が募集人数が少ないから受かるのは難しく,問題も難しい傾向にあります。
センターとのバランスで前期・後期をたいていの受験者は決めます。
センター失敗した。前期は志望校の中で○○大学がセンターの配点が低いから○○大学にしよう,後期は××大学がなんとセンターは足切にしか使わないから××大学にしよう,など。

よくある始めの想定パターンは,
前期:第一志望 後期:第一志望 ←私大でも良い人に多い
前期:第一志望 後期:第二志望 ←第一志望にとにかく挑戦したい人
前期:第一志望 後期:絶対受かる滑りどめ ←国立しか親が許さない
こんなかんじ。

前期は挑戦しに行く人が多いので,ここであえて自分の実力対等より下を受けると後期で受けるのより簡単に通ります。・・・いきたければの話ですが(笑)。
後期最大の欠点,それは,春休みほとんど遊べず,あわただしく入学を迎えること。

余談ですが,まれに後期のあとに定員割れ,受験者のレベルが低いという理由で3次募集が国立でもかかることがあります。S大の理学部とか。

簡単に言うと前期がメイン,後期はセカンドチャンス。
利点,欠点について。
大学によりますが,後期の方がやや特殊な点数の付け方をしているところが多いです。
後期だけ面接,小論文があったり,その二つの配点が高かったり,センターの配点が低かったり。単に2軍を取るのでなく,何かちょっとトップ層と違う点で秀でている人を取ろうとしている感じがします。後期の方が募集人数が少ないから受かるのは難しく,問題も難しい傾向にあります。
センターとのバランスで前期・後期をたいていの受験者は決めま...続きを読む

Q私立大学 後期日程は難易度が上がるの?

私立大学の後期日程は難易度があがるのでしょうか?
私は次のようなわけで、難易度が上がると思うのですが、実際はどうなんですか?
(1)一般後期を受ける人は、
 ・前期で落ちたが実力では受かるはずと再度チャレンジの人
 ・前期難易度の高いところに落ちてこの大学にレベルを落とした人
 と考えるとその募集人数の少なさも合せて 前期より難易度UP
 ではないかと思いますが、「後期はねらい目」いう意見もあります
 後期はどんな人が受けて、どうなるんでしょう?

(2)後期をセンター利用で受ける場合(センター試験後の志願)
 ・もし前期にセンター5教科で受けて落ちたなら 後期も5教科なら
  当然落ちる
 ・後期が高得点3教科など自分に有利な場合は可能性がある。
 
と考えると、前期で受けて(落ちた)どの学科より低いレベルを
志望しなくては結果がでないのでは・・・・

どなたか教えてください

Aベストアンサー

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しましたが)

センター試験利用に関しては、
前期で利用する場合、何でこれだけ取れてるのに国立行かないの?
と思うような点数を取る人達が利用していたので
うちの場合は後期のセンターは更に厳しいでしょう。
合格ラインが上がるのは一般受験と同じ。

質問者さんは日大の後期受験を悩んでおられるようですが
赤本等に後期試験の問題も載っていませんか?
載っていたらその問題を見てみて、
前期試験の傾向と難易度が大きく変わらなければ受けてみる価値はあるように思います。
もちろん、他の回答者の方も仰っているように
前期試験より多少合格は難しくなると思われますが、
第一志望であれば最後まで粘りぬくのも合格への道ではないかと思います。
また、前期試験が終わってから後期試験を視野に入れて休まず勉強を続けて来たのであれば、
前期よりは実力も上がっているのではないでしょうか。

逆に、浪人は出来ない、どうしても現役で入りたい、というのであれば
ランクを落とすのがベターかと思いますが…。
HP等に受験の倍率等は出てませんか?時々倍率(募集人数と受験者)が載っている大学もありますよ。
あくまで目安程度ですが、それも参考になります。

ただ、どう机上で計算してみても受験なんて実際に受けてみなければ結果は分かりませんから、
後期日程が重ならなければ他大学も受けてみることや(受験料は余分にかかりますが)、
受験後の予定(浪人が可能か、絶対浪人は回避しなければならないか)
も視野に入れて考える必要があるでしょう。

つらつらと書いてきましたが、私は日大は受けたことがないので、
あくまで参考程度に。

一番精神的にも体力的にも辛い時期かとは思いますが
頑張って乗り越えて下さいね。

何年か前の受験生です。

私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、
私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、
後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど
前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、
第一志望での再チャレンジ組もいるしで
受験生が集中する傾向にある上、
募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。
そうなると必然的に合格ラインが高くなるので
合格は難しくなる、ということでした。
(結局、ここには前期で合格しまし...続きを読む

Q私立大学の前期後期について。

私立大学の後期を受けてきたものです。

前期に比べて後期の募集人数が極端に少なかったのですが、会場の人数で倍率を計算してみたところ、前期とはあまり変わりませんでした。


そこで質問なのですが、この場合、どのようなタイプの方が多く集まってくるのでしょうか。
やはり、有名な国立に失敗したなど、レベルの高い方ばかり集まるものなのでしょうか?

すべり止めにしては時期が遅いような気もしたのですが…。


(大学のレベルは偏差値50前後と考えてください。)

Aベストアンサー

元塾講師です。

 国立とは違い、偏差値50程度の私立大学の後期受験者は「一般入試で大学に合格しなかった人」になります。国立の場合、どんなに優秀でもセンター・2次のいずれかでミスをすれば不合格になるために後期受験者の中にはかなり優秀な人もいます。私立に関しては、複数受験できるにも関わらず後期に回るというのはかなりの学力不足な人が多いです。そもそも、後期受験を実施している学校に名門校といえるものはないので、ほとんどの受験生は「上のレベルばかり受験した現状・現実をわきまえない人」になります。有名な国立にたまたま失敗した人は大抵、上位私立大学の滑り止めに合格しているはずで、私立後期を受験しないですし、国立名門校に受験・不合格で難関私立に合格していな人はそもそもレベルは高くないです。

 ただ、募集人数が極めて少ないことが多いので、合格するには学力が必要です。そのために、受験生の中で会心の出来の人だけが合格なんて場合もあります(受験生の学力にそれほど差がないために出来栄えがそのまま結果につながります)。
 私立後期はそんなに簡単ではないので、今後の進路を真剣に考えていた方がいいです。後期が落ちてからでは予備校にするか、専門家等は考える時間はないですし、予備校もどれにするか真剣に考えないとまた同じ過ちを繰り返します。
ご参考までに。

元塾講師です。

 国立とは違い、偏差値50程度の私立大学の後期受験者は「一般入試で大学に合格しなかった人」になります。国立の場合、どんなに優秀でもセンター・2次のいずれかでミスをすれば不合格になるために後期受験者の中にはかなり優秀な人もいます。私立に関しては、複数受験できるにも関わらず後期に回るというのはかなりの学力不足な人が多いです。そもそも、後期受験を実施している学校に名門校といえるものはないので、ほとんどの受験生は「上のレベルばかり受験した現状・現実をわきまえない人」に...続きを読む

Q大学入試の前期と後期の違い

大学受験生の父兄ですが、前期入試と後期入試の違いがよく判りません。どなたかご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

前期と後期ということですので、国公立大学志望でしょうか?

国公立志望でしたら、みなさんのお答えにありますように
センター試験→受験校へ出願→前期試験となります。前期試験が不合格だった場合は、中期・後期日程の試験をうけるという形になります。前期試験の試験日が終わって比較的すぐに中期・後期の出願〆切がありますので、試験結果を見る前に出願しなくてはなりません。前期の結果は後期試験の前にはわかるはずですので(中期についてはちょっとわかりません、ごめんなさい)前期に合格していれば、後期は試験を受ける必要はありません。(もちろん後期試験の出願料等はかえってきません…)

試験の内容は、前期はいわゆる学力テスト、後期は面接・小論文を重視する学校が多かったと思います。そして、どちらにしてもセンター試験の配点というものが結構重要だったはずです。前期後期ともに、センター試験の得点(カウントされる科目は学校・学部等によって異なります)と合計して最終点数とされ、それによって合否が決定されます。

センター試験の得点次第では、前期の学力試験を捨てて後期の面接・小論文対策に走ることも可能ではあります(オススメはできませんが)
基本的に前期に本命を受け、後期は比較的安全圏内の学校に出願するのが一般的でしょうか。

これからまだ寒くなるでしょうから、お子様、ご家族ともに風邪などひかれぬようくれぐれもご注意下さい。合格されるといいですね。

前期と後期ということですので、国公立大学志望でしょうか?

国公立志望でしたら、みなさんのお答えにありますように
センター試験→受験校へ出願→前期試験となります。前期試験が不合格だった場合は、中期・後期日程の試験をうけるという形になります。前期試験の試験日が終わって比較的すぐに中期・後期の出願〆切がありますので、試験結果を見る前に出願しなくてはなりません。前期の結果は後期試験の前にはわかるはずですので(中期についてはちょっとわかりません、ごめんなさい)前期に合格していれば、後...続きを読む

Q理解に苦しんでます!国立大学後期試験?

受験生の娘をもつ無知な母です。今年娘は大学受験中です。私はセンター試験がなかった世代でこの制度がいま一つ理解できません。私立ならともかく国立についてはお手上げです。今頃こんな事を質問するのはどうかとは思うんですが、まわりの人に聞くに聞けずgooのコーナーにおじゃましました。
質問ですが、娘は某国立大を受験し、前期が終わったところです。3月中ごろに結果が来るそうです。で、心配なのはその後のことです。むすめはその某大学(1校のみ)に前期と後期の受験申し込みをしています。前期が合格していればなんら問題はないのですが、問題は不合格の時なんです。娘は、前期が落ちたら後期(同じ大学です。面接のみだそうです。)に受験しに行くと言ってます・・・が。普通前期が落ちたら後期(面接のみ)は受験資格がないように思うのですが・・・これって有りですか? あるとすればなにを基準に選考するんでしょうか? 普通同じ大学に前期と後期は出さない?とも聞き、大丈夫なんだろうか?と心配です。ここの大学にしか行かないから・・・と言う娘の言葉です。ちなみに、センター試験での某大学での娘の点数はボーダーより1点下にいると言うような事を言っておりました。お母さんに話してもどうせ分からないからと詳しく教えてもらえません。すっきりしなくて困っています。参考書などを読んでも分かりません。教えてください宜しくお願いします。

受験生の娘をもつ無知な母です。今年娘は大学受験中です。私はセンター試験がなかった世代でこの制度がいま一つ理解できません。私立ならともかく国立についてはお手上げです。今頃こんな事を質問するのはどうかとは思うんですが、まわりの人に聞くに聞けずgooのコーナーにおじゃましました。
質問ですが、娘は某国立大を受験し、前期が終わったところです。3月中ごろに結果が来るそうです。で、心配なのはその後のことです。むすめはその某大学(1校のみ)に前期と後期の受験申し込みをしています。前期が...続きを読む

Aベストアンサー

 まず、前期試験と後期試験についてですが、これは同じ大学が簡単に言ってしまえば、2回の入学試験のチャンスを受験生に与えているということです。
ですから、1回で合格できそうなら前期、後期のどちらかを選べば良いですし、その大学にどうしても入学したいのであれば、前期と後期の2回とも受験すれば良いわけです。

 問題は、前期と後期の難易度の違いなのです。そこで、前期が主で、後期がその補足と考えると分かりやすいのではないかと思います。前期の合格者で足りない分を後期で補充するわけです。ですから、当然前期の方が合格者は多くなり、後期はその補充ですから合格者は少なくなります。要は定員が後期よりも前期の方が多いわけですね。そうなると、もちろん後期の方が少ない残りの空席をみんなで争うのですから、前期より難易度が高くなるわけです。前期が落ちたら後期は他の大学にするというのは、後期の方が前期よりも難易度が高くなるからでしょう。どこの大学でも良い人は前期よりもレベルを下げて合格しそうな大学を受けるのです。しかし、娘さんの様に他に行きたいところがないのであれば、もう1度のチャンスをいかすべきではないでしょうか?確かに、難易度は後期の方が高いです。しかし、前期で自分の持っている力を充分に発揮できなかった可能性もあるわけです。会場の雰囲気等ですね。2回目は多少その辺は慣れてくると思いますので、場合によっては前期が落ちても後期で合格することがありえます。

 では、センター試験とは何なのかというとセンター試験は個々の大学が行っている試験ではなく、他の機関が試験を主催しています。多くの大学はその試験の結果を利用しているのです。国立大学では、センター試験+前期試験、またはセンター試験+後期試験というように合計点で合格者を決めています。レベルの高い大学になりますと、センター試験の結果によっては前期、後期が受けられない場合があります。センター試験は基本的な問題を試すように作られていますので、個々の大学が主催する前期、後期の方がセンター試験よりも難易度が高くなります。よって、センター試験である程度点数を取れない学生はどうせ大学が行う試験を受けても不合格になるだけでしょうから門前払いをしておくということですね。

 ボーダーとはおそらくセンター試験でこれくらいの点数をとれていれば、まあ合格するでしょう。。といった予想点数のようなものです。センター試験のボーダーより1点下にいるとは、前述の通り、国立大学はセンター試験+個々の大学の試験(前期または後期)の合計点で合格者を決定しますので、センター試験がボーダーより1点下にいる分、後に行われる個々の大学の試験(前期または後期)で巻き返さないといけないわけです。

 まず、前期試験と後期試験についてですが、これは同じ大学が簡単に言ってしまえば、2回の入学試験のチャンスを受験生に与えているということです。
ですから、1回で合格できそうなら前期、後期のどちらかを選べば良いですし、その大学にどうしても入学したいのであれば、前期と後期の2回とも受験すれば良いわけです。

 問題は、前期と後期の難易度の違いなのです。そこで、前期が主で、後期がその補足と考えると分かりやすいのではないかと思います。前期の合格者で足りない分を後期で補充するわけです...続きを読む

Q偏差値50で入れる国公立大学

偏差値50あれば入れる国立大学
ってありますか?多少田舎でも
構いません。

Aベストアンサー

こんばんは。

ありますよ。旧帝大と大都市圏以外にある国公立は殆ど試験がなされていないのと同然です(医学部薬学部は除く)。工学部などはかなりの穴場学部で大都市圏にあるそれなりの国公立でも倍率が1倍前半なのもあります。

http://www.keinet.ne.jp/keinet/doc/keinet/06/koku2/niji/index.html
これに載ってる大学は定員割れしてるので恐らく偏差値40でも入れますよ。

全国に80以上の国公立大学がありますが、上位12校以外はかなり危うい状況にあるといわれてるので、大学のサイトなどをチェックして穴場学部を探しましょう。旧帝、早慶上智、マーチ、関関同立以外はもう生徒が集まりません(これ以外の大学に入っても評価はないに等しいのが現状)。

今は本当にラッキーな時代です。

参考URL:http://www.keinet.ne.jp/keinet/doc/keinet/06/koku2/niji/index.html

Q偏差値40というと、どの程度のレベルですか?

知人が偏差値40の大学を受けると言っています。ゼミナール?の偏差値分布で調べたそうですが、私は高校中退なもので、この40というのがどれくらいなのか分かりません。

英語・国語・数学でいうとどれくらいのレベルの問題が出るのですか?

また、大学全入時代ですが、偏差値40の大学を受けまくっても、落とされることもありえますか?

というのは、私の親戚ですごく頭の気転が利く人がいるのですが(たぶん頭はいいです)、試験場に行くと極度に緊張して実力が出せない、ということで、偏差値45くらいの大学に入って、不本意そうだったので、そういうこともあるんだな、と心配に思いました。

Aベストアンサー

偏差値は50で、全体のちょうど中間のレベルになります。
偏差値は45で、全体が100人いた場合の下から31%、下から31人目にあたります。
ですから、偏差値40ということは、それ以下で、成績は下から30%以下ということになり、かなり低いレベルになりますね。

せめて、偏差値50を目指してもらいたいものです。
今、偏差値40でも悲観する必要はないでしょう。
偏差値なんて、55ぐらいまでは簡単に上がりますから.
ただ、65を超えていくのは非常に大変です。
偏差値65で上位7%になります。

Q大学受験 前期と後期の違いを読んで

教えてgooの 「大学受験の前期と 後期の違い」というのを 読んで、その中の解答に 「前期と後期ということは国公立をおうけになるのですね。」というのと、「センター試験はすでに締め切られていると思うので私立大を受験するんですね。」という二つの解答が出ていて混乱してます。センター試験と、国立、私立の受験の関係どなたか教えて下さい。ついでに 前期試験と後期についても。さっぱりわからないので 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

この質問のことですかね。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1849983.html

質問の日付が重要ですね。12月20日。大学入試センターの出願期間はとっくに締め切られている時期です。
この質問者さんは、この時期に「願書をもらってきて…」とあるので、この年度の大学入試を受験するつもりらしい?ことがわかります。
国公立大学では大学入試センター試験の受験が必須ですから、センターの出願期間を過ぎてから大学受験を考えるということは、この年度に受験するつもりならば、国公立大学志望ではない、ということ。
なので「私立大を受験するんですね。」という回答があったのでしょう。
他の回答者さんは、その年度の受験ではなく、次の年度に受験するつもりかもしれない(もらってきた願書は来年度の参考資料のため)、と思ったのかもしれません。それで、「前期日程と後期日程があるのは国公立大学だから、国公立大学を(来年度以降に)受験するつもりなのかもしれない」ということで、「国公立をおうけになるのですね」と回答したのでしょう。

一般的に、大学入試で「前期・後期」と言えば、全国の国公立大学で実施される前期日程と後期日程のことを指します。
ただし、国公立大学の前期・後期とは別に、私立大学が独自に、その私立大学での前期日程・後期日程(複数回受験可能な制度で、早い時期にやる入試と遅い時期にやる入試の違い)という用語を使うこともあります。私立大学の日程ならば、「○○大学の前期日程」のように大学名を言わなければ、話が通じません。
上記の質問では、質問者さんは私立大学を受験するつもりだったようなので、その私立大学独自の用語としての前期・後期のことだったのでしょう。質問ではこの違いを区別できていなくて、質問者と回答者で話がすれ違っていたように思います。

なお、国公立大学の前期日程は2月下旬、後期日程は3月中旬に実施されます。ほとんどの国公立大学では同じ実施日ですが、一部の大学や学部では、少しだけ実施日がずれていることもあります。前期日程と後期日程では、募集定員や試験科目、配点が大きく異なります。
ちなみに、国公立大学のすべてが前期日程と後期日程の両方を実施しているわけではありません。前期日程しか実施しない大学や学部もあります。
同じ学部学科で前期日程と後期日程がある場合、受験のチャンスは2回あることになります。
ただし、前期日程に合格して入学手続き(後期日程の前に手続き終了)をした場合は、後期日程を受験しても合格できない、という決まりがあります。国公立大学同士で受験者の合否情報を共有しているので、前期と後期で別の国公立大学を受けても、前期で手続きしたら後期は合格できません。
また、前期と後期で同時に出願するので、前期日程の合否がわかってから後期に出願することも出来ません。
そういった諸々の要素を考えながら、どこを受験するかを考えたりするわけです。

この質問のことですかね。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1849983.html

質問の日付が重要ですね。12月20日。大学入試センターの出願期間はとっくに締め切られている時期です。
この質問者さんは、この時期に「願書をもらってきて…」とあるので、この年度の大学入試を受験するつもりらしい?ことがわかります。
国公立大学では大学入試センター試験の受験が必須ですから、センターの出願期間を過ぎてから大学受験を考えるということは、この年度に受験するつもりならば、国公立大学志望ではない、ということ。
な...続きを読む

Qセンター試験って何ですか?

兵庫県在住です。
タイトルの通りセンター試験とはなんですか?
国公立大学を受けるに必要な試験だとは知っていますが、
高校受験のように受験する学校の試験を受けるだけではないんですか?
センター試験を受けたあと受験する学校の試験を受けるんですか?
センター試験が受かればどこの学校でも入学できるんですか?
何科目ありますか?
一次試験、二次試験、後期、前期とは何でしょうか?
センター試験は全国一緒ですか??
分かりやすく教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

一応大まかな入試概要を……。

 (1)センター試験:1月第2週土・日(年によっては3週目)
    基本的に国公立大学志望者は全員受験します。
    試験内容は全国統一です。
    科目数は、英語・国語・数学IA・数学IIB・世界史・日本史・地理・政経・倫理・生物・化学・物理・地学の中から、
    受験校に合わせて2~8科目受験することになります。
    現在ではセンター利用入試という形で私立大学でも必要とする場合があります。
    センターで合否が決定するのではなく、センターの自己採点によって国公立ではどこの大学を志願するのかを最終的に決めて、
    願書を前期・中期・後期まとめて提出する仕組みになっています。
    そこで、その大学が求める最低点に達していなければ「足切り」と言って、受験ができなくなります(東大・京大などに多いです)。
    英検などのように、通常自分が住んでいる都道府県での受験になります。

 (2)1次試験:これは俗に言う「センター試験」のことです。

 (3)2次試験:国公立の志望大学へ行って受験する試験のことです。
        試験内容は、学校によりけりです。
        この2次試験の中に「前期」「中期」「後期」が含まれます。
        それぞれ1校ずつしか受験できません。
  (A)前期日程:2月24日~26日の間に行われます。
         全国立大学と一部の公立大学がこの日に試験を行います。
         国公立大学志望者は、大抵この試験が本番になります。
  (B)中期日程:3月上旬
         一部の公立大学がこの日に試験を行います。
         あまり行っている大学はありません。
  (C)後期日程:3月中旬
         一部の国公立大学で試験が行われます。
         概ね、前期で不合格だった人が受験します。
         なので、出願時には、前期よりもレベルを下げた大学を志願することが多いです。
         そして後期日程は前期で合格した人は受験しても合格できないシステムになっています。

非常に簡単に説明してみましたがいかがでしょうか?
『蛍雪時代』という本には、もっと詳しく試験概要が書かれてあります。
そちらの方もご参考になさってください。

一応大まかな入試概要を……。

 (1)センター試験:1月第2週土・日(年によっては3週目)
    基本的に国公立大学志望者は全員受験します。
    試験内容は全国統一です。
    科目数は、英語・国語・数学IA・数学IIB・世界史・日本史・地理・政経・倫理・生物・化学・物理・地学の中から、
    受験校に合わせて2~8科目受験することになります。
    現在ではセンター利用入試という形で私立大学でも必要とする場合があります。
    センターで合否が決定するのではなく、...続きを読む

Q国立大学って、そんなに行く価値のあるところですか?

理系の大学進学を希望している高校3年生の子供を持つ親です。
受験先は、まだ決まりません。
親としては、地元国立大学へ進学して欲しいのですが、それは合格の可能性が低いようです。
それでも、センターでチャレンジし、もし不合格となれば、滑り止めとする地元私立へと思っていました。

ところが、高校の先生は、県外の国立の受験を勧めています。
学校としての国公立合格数の実績を考えているように思えたりもするのですが、同じお金をかけるなら、行く価値のあるところへ行きなさいといいます。やはり、現実はまだまだ学歴社会ということなのでしょうか。

自宅通学の私立、自宅外の国立、学費、生活費等かかるお金は同じぐらい、もしくは自宅外のほうが多いかもしれません。
それでも、それほど国立に行く価値ってあるのでしょうか?
国立大学って、そんなに有利で凄いところなのでしょうか?

ちなみに、就職は地元で・・と願っています。
パンフを参考にもしましたが、いいことしか書いてないので・・・
国立大学、私立大学それぞれの現状や、メリット、デメリットなど率直な意見とまた同じように悩まれた方など、様々な意見を聞かせていただけるとありがたいです。

理系の大学進学を希望している高校3年生の子供を持つ親です。
受験先は、まだ決まりません。
親としては、地元国立大学へ進学して欲しいのですが、それは合格の可能性が低いようです。
それでも、センターでチャレンジし、もし不合格となれば、滑り止めとする地元私立へと思っていました。

ところが、高校の先生は、県外の国立の受験を勧めています。
学校としての国公立合格数の実績を考えているように思えたりもするのですが、同じお金をかけるなら、行く価値のあるところへ行きなさいといいます。やは...続きを読む

Aベストアンサー

 No22です。
 お礼をご丁寧にありがとうございました。

 まず最初に申し上げたいこと。
(1)ご質問の当初の趣旨であった「行く価値のある大学」選びをするのは大変重要です。
(2)しかし、大学の学部は、もっと気楽に選びましょう。
 各学問分野の中身を考えるのは高校生には限界があります。どうせ自分でやってみないとわかりません。また、どこの学部へ行っても勉強できる共通の分野は多いし、どこの大学へ行っても魅力を感じる研究室もあれば感じない研究室もあるはず。
 受験生は、どこの大学へ行くかどこの学部学科へ行くかで人生が決まるかのように大げさに考えがちですが、そんなことはありません。とりあえずの選択をしていても、大学に入学後でも、いくらでも軌道修正できます。(大学院進学時に外へ出ることもできるし、専攻を変えることもできる。)

(1)については、国公私立を問わず、昨今、大学改革の掛け声のもと、学科改変やらカリキュラム変更が頻繁に行われ、大学によっては学生が大変気の毒なことになっています。私立ではなくても、都立大→首都大(クビ大)などその典型です。(それでも、実験科学の場合は、教員が実験装置を持って大学を簡単に移ることは不可能なので、文系よりもまだマシですが。)
 ですから、国立を選ぶか私立を選ぶか、というより、よりまっとうな大学を選ぶ、ということに尽きます。(これがむずかしい・・・・)

(2)今、化学の中でも有機化学、あるいは物理化学、どれをやろうか、と考えることはできません。入学後、勉強して、自分が好きになった科目の研究室に入ることになり、場合によっては、さらに勉強するために進学ということになるでしょう。その際、違う学部の大学院へ進むこともできます。
 大切なのは大学へ入ってから。たとえば結晶なら○○先生(学内の先生であれ学外の先生であれ)のところだよなあ、とか、合成なら△△先生のもとで指導を受けよう、という選択です。
 大学よりも指導者を選ぶ、というのがよくわかるのは次のような例です。たとえば、学部から一貫して同じ先生の指導を受けたいために、教員が他大学へ移るとなると、大学院学生も編入をしてついていくというようなことです。(世間一般でいう有名大学から無名大学へという移動になることすらある。)

 次に、「お礼」の中の記述に対して 

>>化学でもいろんな分野があるということなので、他学部を調べてみます。

調べるのは、お母様ではなくて、受験生がやるべきです。
 しかし、○○学部に行けば◇◇があり、△△学部へ行けば・・・・・・がある、ということを調べるのではなくて、受験勉強とはちょっと離れて、名著といわれる化学の啓蒙書(一流研究者が執筆しているもの。後述)を読んでみる、といったことです。
 実際、生物物理化学といった高校の科目名からの想像だけでは何をやるのやらわからない、といった分野も存在しています。
 なお、オーソドックスな基本的な分野は、どこの学部へ行っても学べます(特に、学部レベルでは)。私は、薬学部出身ですが、有機化学は工学部出身、生化学は理学部出身の教員に学びましたし、大学院は薬学部ではありませんでした。
 どの学部へ行こうと、自分の専門を決めてから深めていくのは自分自身です。

>>指導者によって有利、不利があるということですか?
>>そして、それによって進学先や就職先が決まってしま
うものなのですか?

 よい指導者に出会えればよい教育が受けられ、よい成果に結びつく、というのは、当然です。
 しかし、「○○先生ところへいくと有利だ」と言われても、自分の嫌いな科目の研究室へ入れば苦痛以外の何者でもないでしょう。教授がいくら有名人でも女性差別の露骨なところでは腹が立つでしょう。師匠と弟子との相性しだいで、勉強はおもしろくもなれば、つまらなくもなります。また、実験科学の場合、師匠のみならず、いちばん身近な先輩(大学院生のお兄ちゃん、お姉ちゃん)との相性も大事です。
 でも、こんなことは、大学入学後にしかわからないことです。

 今は、やりたいことが思う存分できる大学入学後のことを楽しみにしつつ、受験勉強をがんばってください。
 そして、若い頭で経験、吸収することは、一生の宝であり、本を乱読したり、いろんなことを体験したりすることも大切です。(大学入学前でも入学後でも)
 大学入学後、教科書以外に人とは違う本をどれだけ読んでいるか、がじわりじわりと効いてきます。

お勧め本
 まずは、受験勉強に疲れたときに。
1)高木仁三郎(1999)『元素の小事典』岩波ジュニア新書
2)日本化学会編(1988)『化学史・常識を見直す──教科書の誤りはなぜ生まれたか?』講談社ブルーバックス
3)瀬名秀明編(2004)『科学の最前線で研究者は何を見ているのか』 (日本経済新聞社,
4)養老孟司(2003)『ガクモンの壁』日経ビジネス人文庫
 1)は核化学者から市民科学者となった故高木氏による名著の中の名著です。必読。
 2)は絶版だが、図書館で借りられます。中学・高校の理科の教科書をネタにしてるので、とっつきやすいですよ。
 3)と4)は人気者と複数の科学者の組み合わせの対談本。どんな分野でも、あるひとつの山に登る登山ルートが多種多様なのだということがわかりますし、どのルートから登ってもいい、自分が楽しめるルートでありさえすれば、ということもわかります。

 次に、受験勉強に飽きたときに。
5)黒田玲子(1992)『生命世界の非対称性―自然はなぜアンバランスが好きか』中公新書
 女性科学者の大先輩による啓蒙書です。一流の研究者は講義下手と言われたのは、昔の話。

 では、健闘を祈ります。
 来春には、大学ですばらしい先生や仲間との出会いが待っていますように!

 No22です。
 お礼をご丁寧にありがとうございました。

 まず最初に申し上げたいこと。
(1)ご質問の当初の趣旨であった「行く価値のある大学」選びをするのは大変重要です。
(2)しかし、大学の学部は、もっと気楽に選びましょう。
 各学問分野の中身を考えるのは高校生には限界があります。どうせ自分でやってみないとわかりません。また、どこの学部へ行っても勉強できる共通の分野は多いし、どこの大学へ行っても魅力を感じる研究室もあれば感じない研究室もあるはず。
 受験生は、どこの大...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング