こんにちは。 
今、非常にあせっています。 
というのは、私は今年いっぱいで現在の会社を辞めることになり、それにあたり年末調整を受けずに確定申告をしようと考えていたので、年末調整の書類を会社に提出しなかったのです。 
確定申告でなく年末調整でいいということを知った時には外注に会社の人の書類を全部出してしまわれた後のことで、「まあ、確定申告をしたらいいや。」と気軽に考えていました。 
私の退職日は12月30日なのですが、有休休暇が残っているので12月17日が最終出社日でした。 
そして、今日、じっくりと書類の整理をしようと思い、住宅取得等特別控除申告書に目を通してみたのですが、「年末調整の際に」という言葉や、給与支払い者の名称や所在地の書く欄があり、その裏面の説明文を見ても「確定申告」でできるというような内容が一切書いてないのです。 
ホームページで検索して調べたりしたのですが、取得後1年目は確定申告、2年目以降は年末調整でと書いてあり、2年目からの確定申告の仕方を書いてあるものがありません。(ちなみに私は3年目です。)
今から退職した会社に年末調整のお願いをするのも非常に心苦しいし、なにより、注業者に受託しているので、おそらく受け付けてもらえないと思います。
控除額は25万円あり、職を失った私にとってはこれをいただけないと非常に痛手になります。 
3年目でも確定申告で大丈夫なものなのでしょうか?
また、そのような質問をできる機関等をご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただきたいのですが・・・。
よろしくお願いします。  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 本来は、文面にもありますように「年末調整」で控除を申告する事になっていますが、「確定申告」でも問題はありません。



 会社の源泉徴収票と、税務署から送られている住宅取得控除の申告書、給料から引かれていない生命保険料などの領収書、住宅の火災保険の領収書、医療費控除が該当になるのであれば病院の領収書などを用意して、確定申告で還付を受けてください。確定申告の用紙は税務署と、役所の税務課にあります。事前に入手して、自宅でゆっくり記入するのも良いですし、税務署で記入してもどちらでもかまいません。還付金は、本人名義の銀行口座に振り込まれますので、銀行名と口座番号が必要になります。

 確定申告の還付のみの場合は、1月4日から税務署で受付けてくれますが、丁度御用始の日ですので7日以降でも良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただき、ありがとうございました。 
本当に助かりました。 
辞めた会社に面倒なお願いをするのも難しいし、朝から気が重くなってました。 
これで一安心です。 
良かった~。 
感謝、感謝です。

お礼日時:2001/12/18 10:56

 市役所でも町村役場でも、今月末には新様式を用意しているところもあるのです。

質問者の方は、「一度、電話で確認してから行くのが良いみたいですね。」と補足に書き込みされて納得されているので、それでよいと思います。


 質問者の方に失礼ですが、この場をお借りさせていただきます。
 どうも、重箱の隅を・・・のような指摘のような気がしていますが、私は、役所と税務署を使い分けています。「役所で様式を入手して、税務署に提出・・・」と使い分けています。質問者の方から指摘をいただくのであれば、納得も出来ますが、回答者が回答者にというのはどうでしょうか。

 私は、質問者の方への回答をさせていただいています。従って、回答者は別の回答者への質問・訂正・指摘をすべきではないと思っていますし、管理者の方へもその趣旨であることを確認しています。あとは、色々な意見があっても、最終的には質問者が判断することで、回答者同士で意見を交わす場ではないと思います。そうであれば、自分で質問をすれば良いと思います。

 質問者の方、大変失礼いたしました。
    • good
    • 0

#4の補足への回答です。



#3のhanboさんが書いている「役所の税務課には今月末には新様式が届くことになっていますので 」が、書き方が紛らわしいのですが、ここで書いている役所とは市役所のことです。

従って、市役所には1月の末にならないと、用紙が届きませんが、税務署には既に用意されています。
    • good
    • 0

確定申告は、申告の結果、税金が戻る場合と、追加で納める場合の2つ有り、それによって受付期間が違うのです。



戻る場合は、1月4日から3月15日まで、場合によっては、5年間遡って確定申告が出来ます。
一方、追加で納める場合は、2月16日から3月15日までなのです。
従って、どちらかで申告をすれば、一回で済みます。

又、税務署には既に確定申告の用紙が用意されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~。 
確定申告にもパターンの違いがあったのですね。 
サラリーマンにはあまり縁がないので全然知らなかったですが、 
こういうことを体験しておくのもまた良い経験ですよね!  

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/18 18:34

 No5への補足に対する回答です。

確定申告の結果として、所得税を追加で納める場合と、還付を受ける場合の2種類になります。この「還付」のみの場合は、通常の2月中旬から3月中旬の確定申告時期でなくても、1月から税務署で受付をしてくれます。その分、早く還付がされることになります。この還付の確定申告書を提出することによって、確定申告が終了ですので、再度申告をする必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
確定申告はよくコマーシャルなどでやってる2月からしかできないと思っていたので、2月に行こうと思ってましたが、1月中にできるのならこれは大助かりです。 
新しい会社に入って早々、なかなか休みにくいですもんね。 
全く考えていなかった情報までお聞きできて、質問して本当に良かったです。 
ありがとうございました。 

お礼日時:2001/12/18 18:27

 No3の補足です。

税務署によると、今月には事業所や青色申告の方を対象とした、年末調整と確定申告の説明会が、税務署が主催で全国各地で開催され、その際に出席者には新様式が配布され、同時に役所の税務担当者もその説明会に出席をしますので、役所分としてもある程度の部数を渡すという説明を受けています。

 が、役所や税務署によっては多少の対応の差がありますので、役所に取りに行かれるのでしたら、事前に確認されたほうが良いかもしれませんね。

この回答への補足

私は、できれば2月初めには新しい職場で働きたいと考えていますので、
1月中に確定申告を済ませることができるのならば、すごく助かります。 
NO.1に「還付のみの場合は」とありましたが、これは還付の請求を早くすることが
できるということで、再度2月からの確定申告に行く必要があるのでしょうか?

取りに行く分には税務署でも役所でも私は構わないので、早めにおいそうな税務署に行くほうが無難なのかな。 
なんにせよ、一度電話で確認してから行くのが良いみたいですね。 

補足日時:2001/12/18 11:06
    • good
    • 0

#3の補足です。


hanboさんへ。

>役所の税務課には今月末には新様式が届くことになっていますので

全国の市役所に確認されましたか?
全国一律に、どこの市役所でも同じではありません。市役所によって用意される時期に違いがありますから、質問者に誤解を与える書き方は止めましょう。
取りに行って、無かったら二度足になります。

ちなみに、幾つかの市に確認しましたが、1月末に届くと云うところが殆どでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確定申告は1月4日からできるのに、新様式が届くのが1月末になるってのも
変な話ですね。
新様式は還付のための申告には必要が無いのかな???

無駄足を踏まずにすみました。 
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/18 18:37

 No1の追加です。

確定申告の様式は、平成14年から新しくなりますが、役所の税務課には今月末には新様式が届くことになっていますので、お住まいの役所が近いのであれば、月末に役所で様式を入手して、1月に税務署に提出する方法もあります。
    • good
    • 0

住宅取得等特別控除は、サラリーマンの場合は、基本的には2年目からは年末調整で行なうことになっていますが、これは、サラリーマンの便宜を測ったための制度で、確定申告で行なうことは全く問題なくできます。



確定申告は、通常は2月16日から3月15日までですが、税金が還付になる場合は1月4日から、税務署で受け付けています。
この時期は税務署も空いていますから、必要な書類を持参すれば、書き方を教えてもらえます。
早く申告すれば、当然、戻ってくるのも早くなります。
3月に入ると、市役所でも代行して受付が始まりますが、大勢行くので混んでいて時間がかかります。

必要な書類は、源泉徴収票と、印鑑に、後は会社に提出しなかった、年末調整のために揃えた書類一式です。
それに、還付金を振り込んでもらう銀行の口座番号のメモか通帳です。

なお、事前に用紙を入手してご自分で記入される場合は、市役所には確定申告の時期にならないとも用紙は用意されていませんが、税務署には1月から用意されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。 
なにせ、サラリーマンは普段、確定申告に行かないので、早めに調べておこうと
思って書類を用意したのですが、申告書を読んでみると、給与支払い者の欄が
あったり、裏の説明も給与支払い者に対する文面が4分の3ぐらい占めていたので
びっくりしてしまいました。 
どこかに確定申告でもOKだという説明文を入れておいてくれたらいいのにな~と
感じました。 
何はともあれ、一安心できました。 
ありがとうございました。 

お礼日時:2001/12/18 11:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整と確定申告について

昨年末まで派遣で働いてましたので1月に給与振込みがありました。
源泉徴収票も先日送られてきました。

今年1月1日から主人の扶養に入り4月後半からパートで働いています。収入は月7万円台です。所得税は引かれていません。

主人が会社から年末調整の用紙をもらってきたのですが
なにをどう書けばいいのかさっぱりです。

源泉徴収票については確定申告したらいいのでしょうか?

今は保険も年金も税金も主人の扶養に入っています。
アドバイスください。

Aベストアンサー

年末調整の用紙に扶養対象の配偶者を記入する欄がありますね、
年間収入が103万以下ならそのままご主人の扶養者として記入されたらよいのです。

職業はパート
年間収入見込み額は現在パートで働いておられるところからの収入と1月にいただいたお給料の合計額を記入します。

ご主人の会社から奥様の源泉徴収票の提出依頼があったら
送られてきた源泉と現在の勤務先のと2枚提出されればよいのです。

もちろん確定申告は必要ありません。

Q年末調整もして、確定申告もするのですか?

現在、パート社員として働いてますが(8月~現在)今年は1月を派遣社員として働き
2・3月をアルバイトとして働いてました。
2社からの源泉徴収票を現在の会社に提出したのですが、年末調整はしますが、
確定申告もしてくださいと言われました。
それはどういうことでしょうか?

親の扶養に入っており、今年は全部をあわせても100万円は行かないと思います。
そして国民年金などは支払ってますので記入しました。

Aベストアンサー

すべての源泉徴収票を出して年末調整すれば確定申告は不要です。

おかしいですね。

ちなみに税金は全額戻ってくるはずですが。

Q年末調整・確定申告?について

初めて質問させて頂きます。
私の質問に似たような内容のものがありましたがよく理解できません。
申し訳ありませんが詳しく教えて下さい。宜しくお願い致します。

私は9月末で退職し(正社員)、今は無職の状態です。結婚はしていますが扶養には入っていません。
働いていた頃は会社から源泉徴収票をもらっていましたが、退職したのでもらえません。
また年末調整とはどういう処理のことなのでしょうか?
もうその時期だと思うのですが、私は一体どのような処理をすれば宜しいのでしょうか?
どこへ行って(税務署?)、どのような書類が必要で、何をすれば宜しいでしょうか?
また年末調整をすることによりどうなるのでしょうか?
働いていた時は何も考えず会社任せにしていて、退職した今となっては全く何も分からず恥ずかしいです。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

追徴課税について
新たに納める税金があるかもしれません。
年度途中の退職→無職ですと、
還付される方が多いとは思いますが。

源泉徴収票について
源泉徴収票がなければ確定申告はできません。
会社側は発行する義務があるので、
もらってないのなら請求すればいいです。

生命保険料の控除証明書について
国保・国民年金と併せて社会保険料控除してください。

退職金について
退職金受給に関する申告書を提出してあれば
確定申告は必要ないと思います。
勤続年数×40万までが非課税になります。

確定申告するとなるとこれも給与所得とは別で
源泉徴収票が必要になります。
一応参考URLはっておきます。
http://allabout.co.jp/finance/savemoney/closeup/CU20031221/index.htm

どちらにしても、源泉徴収票はしっかり請求しましょう。
始めはわからないことだらけで文字だけの説明では
なかなか理解し難いと思います。
直接税務署へ相談に出向いてもいいと思いますし、
(還付申告は期間中でなくてもOK)
確定申告期間中は各市町村で確定申告会場が設けられたりしませんか?
必要書類をすべて揃えてそちらに出向けば相談員がついて
コンピューターで簡単に申告書作成できます。
期間中だと混雑しますが、申告して払いすぎた税金取り戻しましょう!

追徴課税について
新たに納める税金があるかもしれません。
年度途中の退職→無職ですと、
還付される方が多いとは思いますが。

源泉徴収票について
源泉徴収票がなければ確定申告はできません。
会社側は発行する義務があるので、
もらってないのなら請求すればいいです。

生命保険料の控除証明書について
国保・国民年金と併せて社会保険料控除してください。

退職金について
退職金受給に関する申告書を提出してあれば
確定申告は必要ないと思います。
勤続年数×40万までが非課税になります...続きを読む

Q年末調整? 確定申告?

世間では一般常識な事かも知れませんが知識がないので教えて頂けたら幸いです。
年末調整なんですが会社員の時は書類に記入し保険会社からの控除証明を会社に提出してお金が戻ってきましたが今の現状は退職し結婚し専業主婦です。
主人は一人で自営業をしておりますが特に会社ではありません。
主人も私も保険に入っています。
今年は主人がケガで入院したり私も出産で医療費は多額でした。
今年の三月に白色で確定申告をしました。
↑これが今の現状なんですが何の手順でどこに行き何をしたらいいかわかりません。
 文章も下手で申し訳ありませんが分かる方がおられましたら教えていただけないでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

旦那さんの税金と奥さんの税金を分けて考えます。

旦那さんには昨年同様確定申告をしてもらいましょう。
その際、医療費は旦那様にて計算するようにした方が有利だと思われます。


奥さんは(文面から不明ですが)平成21年中に勤め先を退職されたと推定します。
奥さんは退職時に交付された源泉徴収票を添付書類とする確定申告書を提出します。
ほとんどの場合は源泉徴収されていた所得税が還付されます。

奥さんの申告書の「所得額」が38万円以下でしたら控除対象配偶者になれます。

旦那さんが配偶者控除を受けられるということです。

なお
1 所得額は収入と違います。給与の総額から給与所得控除額を引いた額が給与所得です。具体的には年間給与収入が103万円以下だと給与所得控除額65万円を引いて所得が38万円以下になり控除対象配偶者になれるということです。

2 確定申告書の提出は税務署にします。
毎年、翌年の2月16日から3月15日が確定申告期間です。
この期間は税務署だけでなく役場に申告相談会場ができたりしてますから、税務署に行かなくても申告書作成の相談などが可能です。

旦那さんの税金と奥さんの税金を分けて考えます。

旦那さんには昨年同様確定申告をしてもらいましょう。
その際、医療費は旦那様にて計算するようにした方が有利だと思われます。


奥さんは(文面から不明ですが)平成21年中に勤め先を退職されたと推定します。
奥さんは退職時に交付された源泉徴収票を添付書類とする確定申告書を提出します。
ほとんどの場合は源泉徴収されていた所得税が還付されます。

奥さんの申告書の「所得額」が38万円以下でしたら控除対象配偶者になれます。

旦那さんが...続きを読む

Q年末調整と確定申告の違い

確定申告ならではの申告内容って、何がありますか?
今回たまたま仕事をしていない期間で、年末調整をしてもらえないので、
初めての確定申告をするのですが、医療費が年間10万円以上かかった場合や
住宅を取得した場合は確定申告することは知っていますが、いずれも該当しません。
他に「こういうことも申告すると良い」というものは、ありますか?
年末調整の時は、生命保険の控除証明を記入、添付していました。

国税庁のホームページには書いていなかったような気がしたので、質問
させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 下記のホームページのようなケースで,確定申告ができます。(中々私達には縁の無いものが多いですが。)

http://money.biglobe.ne.jp/kakutei/03/03_02.html

参考URL:http://money.biglobe.ne.jp/kakutei/03/03_02.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報