なぜ国債は増えるのか?
 経済音痴です。分かりやすく説明していただけると助かります。

 今朝の読売新聞1面の「国債100兆円突破」という記事は驚く話しではないのかもしれませんが、『2002年度末の普通国債の発行残高は前年度末より約26兆円膨らみ、約414兆円に達する見通しで、国の財政状態は一段と悪化する』と記載されています。
(質問 1)
 私のような庶民感覚ではどうしても理解できないのですが、“1つの消費者金融の返済滞納を解消するために、別の消費者金融からお金をさらに借りて・・・”という世界のようにも感じるのですが、違うのでしょうか?
(質問 2)
 また、“借金を返却するために別のところから借りるという”愚考をしていれば、通常はその親が激怒して・・・ということになるはずだと思うのですが、国債発行残高の増加を怒る親は日本にはいないのでしょうか。国債残高減少のために、国家公務員のリストラなどの具体的な対策は計画されているのでしょうか?
(質問 3)
 いずれインフレに誘導して、借金棒引きにすればいいやと政府は楽観視しているのでしょうか? ハイパーインフレは、「政府は歓迎&国民は大打撃」という単純なものなのでしょうか? そうであれば、政府はやはりインフレ政策をいずれ採らなければならない事態に確実になるのでしょうか?

 以上、分かりやすくご教授いただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

国債が増えるのは、政府の収入が減って、足りない分を国民から借金しているからです。


政府の収入とは税金による収入のことですが、この不況で税収が伸びず、不況だから財政支出による公共事業もやらねばならず、そうなるとまた借金が増える、という循環になっているんですね。

質問1は、違っていません。
質問2は、公務員を減らすということですが、失業が増える、ということにもなりますね。ただ、企業なら当然やるべきことをしていないので、どうなっているのか?というのは同感です。
質問3は、「調整インフレ」なる政策案がでてきていますが、共産圏ではあるまいし、そう簡単にいきません。ソ連がこのようにして滅んだ、という感じです。

そもそも、現在はデフレの時代で、インフレに対抗する経済理論はありますが、デフレに対抗する経済理論はありません。
デフレ克服論を書き上げたら間違いなくノーベル経済学賞を受賞することになるでしょう。
ではデフレにあたって人類史の上で、どうしてきたか?ということですが、残念ながら答えは「戦争」でした。
「大恐慌」を教科書で習うのは、何時始まったか、ですが何時終わったかについて記述がありません。
実は、アメリカの経済統計上でも明らかですが「1941年12月」をもって収束し、50年代の「古きよきアメリカ」の基になっています。
つまり、ドイツと日本との戦争で大恐慌が終わっているのです。

ちょっと怖い話になってしまいましたが、このあたりのことは国民として「チェック」しておきたいですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 回答有り難うございました。

> デフレに対抗する経済理論はありません。デフレ克服論を書き上げたら間違いなくノーベル経済学賞を受賞することになるでしょう。
 この辺りは、経済音痴の私にはよく理解できないのですが、勉強すると面白そうですね。(桝添氏はノーベル経済学賞を狙っているのかな??)
 今のアルゼンチンがインフレによる経済危機で略奪が起きているというニュースが流れていたように思いますが、デフレでも「戦争」が起きるのですか?

 私はまだ多額の住宅ローン(=変動金利です:昨年「住宅金融公庫」を解約して、変動型の民間住宅ローンに変えました)で首をしめられた生活をしているので、「調整インフレ」が難しいと言う話を聞いて、少しほっとしました。

 今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/12/20 12:28

>質問 1


厳密に言えばもっと酷いです。お金を返すために返済に必要なお金以上にお金を借りるという状況です。
歳入の国債(借金)=30兆円、歳出の国債費など(借金の返済)=16兆6712億円ですから、来年度当初予算ベースで13兆3288億円の借金の増加です。勿論これは当初予算ベースで補正予算を行えば更に借金が増えます。

>質問2
この場合の親に相当するのが、20代以下の若者ということになります。建設国債は50年で返済ということになっていますので、将来の世代に負担を強いて現役世代が潤う(表現が適当ではありませんが)ということになっていると思います。
教育レベルを低下させ、若者の知識を低下させることや少子対策に真剣でないことなどは、将来世代の弱体化を狙っているのではと疑ってしまいます。

>国債残高減少のために、国家公務員のリストラなどの具体的な対策は計画されているのでしょうか?

そんなことは聞いた事がありません。公務員をリストラすると失業問題が深刻になるので逆に雇用対策面から増やすべきだということを言って、臨時教員制度ができたと聞きました。

>質問 3
このペースで国債残高を増加させていけば何れ、新規に買う人がいなくなるでしょう。そうすれば国債のデフォルト、通貨暴落、ハイパーインフレに陥るでしょう。インフレ政策を敢えて行わなくとも、現行を継続していれば良いだけです。
その頃には今の政治家は引退して関係ないやというお話になるのでしょう。だから無責任な政治運営がなされていると思います。

以上、最悪の事態を想定して記載いたしました。どうも足元は悪い方に進んでいるような気がしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 明快な回答有り難うございました。

 今日のお昼のNHKニュースは、小泉内閣が国債発行を当初の公約通り30兆円の枠内に抑えたことを評価しているような報道でしたが、それでは焼け石に水といった緊迫した経済状況なんでしょうかね。

 親は20歳以下ですか!
 それ(例:建設国債は50年で返済)を理解している「親」はどの程度いるんですかね??
 親に、きっちりとインフォームドコンセントを取る必要がありそうですね。
 今日家に帰宅したら、親と話し合ってみます(笑)。

 有り難うございました。
 今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/12/20 12:16

素人考えで、あたりまえに思うとおりのことをやっているのでしょう。



「地方」のほうも、たとえば大阪が「オリンピックを誘致」すると経済効果だというのですが、経済効果で儲かるのは一部の人の一時期のこと。そのための費用は借金でやらなくちゃいけない。

干拓した農地を減反であそばせている、というのはここ何十年もやっています。農業ビジョンなしに、誰かの要求でやっているとしか思えない。

事業があるから公務員がいるのですが、ちゃんと仕事をしてくれる公務員は必要なのに、どうでもいいような仕事をしている人たちの方がえらそうにしていますからね。(最たるものは国会議員。「政党助成金」なんて300億円もなにに使うんだ。10年前にはなかったのだから、なくてもやっていけるだろう。これをなくすだけで、600万円の人を5000人雇える。)

結局は、選挙民が「地元の利益」で議員を選んでいるのが悪いと思います。叱るべき親が国民のはずです。それが、○○先生のおかげで橋ができた駅が出来た、といっているから、日本中に「手柄」の遺産ができてしまう。小選挙区になって、手柄の数を増やさなきゃならない・・。

とりあえず、バブルのころの国債などで、金利6%などというべらぼうなものはさっさと「借り換え」すべきじゃないですかね。銀行もあれだけ補填してもらったんだから、そのぐらいの協力はすべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 コメント有り難うございます。

 結局今の政府は、国民の生活をあまり考えていてくれないと言うことでしょうかね。
 それとも「抵抗勢力」が静かになれば、小泉さんは“聖域なき構造改革”の一環として、国債処理のために、天下り制度・国家公務員制度にまで踏み込んだ構造改革を断行してくれるのでしょうかね。

 有り難うございました。
 今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/12/20 09:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の国債はなぜ増えたのでしょうか

学校の夏休みの宿題で「税についての作文」というものが出されました。
相当広い範囲の地域の学校へ出されているものなので
同じような質問されている方、たくさんいましたが
僕自身は具体的に書きたいことがあるので質問させていただきました。

僕は日本の国債と税金のことについて書きたいと思っています。
色々調べて見たところ、
1990年代から国債が増加し始めたことについて様々な説があり混乱しています。
これだけ分かれてしまうということは原因はきっと一つではないのだと思うので
知っている限りのことご回答いただけると嬉しいです。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通なら宿題は自分でしたら、というのですが若い世代にも知ってほしいと思いお答えします。
原因はたくさんあるんどえすが一番ひどいなと思うものを書きます。
それは「連立与党が当たり前になった」からです。

例えば AとBという政党があったとします。
国会というのは多数決で決めるので、賛成てくれる保証がある味方が半分以上いるかで全然違いますよね。
Aは圧倒的に強いけど半分の人数を持ってなかった。
そこでBに一緒に与党しませんか? と持ち掛けOKをもらう。

ここまではよくやってますよね。

しかしよく考えてみてください。
AとBが本来同じ党ではないのはなぜだろうか。
それは理想や目標が違うからです。
そこでBがAに力を貸す代わりにBの目標を実現してくれと頼むとします。
Aは仕方なくその通りにします。
するとAとB、2つ分のお金がかかる政策を同時に行う可能性があるのです。
これが3党なら3倍、4党なら4倍となりかねませんよね。

単独与党なら1倍で済んだ税金出費が連立与党なら数倍になることがあるのです。
自民党の独裁がそのままのが良かったのか、崩れて国民の声を聞かなくてはいけなくなったのがいいのか。
それはだれにもわかりませんけどね。
独裁のままだったらここまで国債が膨れなかったかもしれませんが、歴史に「もし」はないのです。

普通なら宿題は自分でしたら、というのですが若い世代にも知ってほしいと思いお答えします。
原因はたくさんあるんどえすが一番ひどいなと思うものを書きます。
それは「連立与党が当たり前になった」からです。

例えば AとBという政党があったとします。
国会というのは多数決で決めるので、賛成てくれる保証がある味方が半分以上いるかで全然違いますよね。
Aは圧倒的に強いけど半分の人数を持ってなかった。
そこでBに一緒に与党しませんか? と持ち掛けOKをもらう。

ここまではよくやってますよね。

しか...続きを読む

Q日本の国債赤字の原因は何ですか

国債自体何なのか分らないし、
何故、赤字になったのか分らないので
教えてください。

Aベストアンサー

それはですね。収入が景気の変動を受けやすいのに対し、支出が景気の変動に関係なく固定的だというギャップがあるからなのです。収入の変動に合わせて支出を増減できれば良いけど、実際はそうはならない。収入は法人税、所得税、消費税などの税収がほとんど。これはどれも景気の変動で大きく変わります。ところが支出は、公務員の給料や社会保障費や国債費、地方交付税交付金です。どれも景気に関係なく固定的な費用ばかり。

だから不景気になると、簡単に単年度の財政収支は赤字に転落してしまいます。その赤字の穴埋めに国債を発行する。だから赤字国債というのです。いや、これは冗談だけど。

当初は好景気になれば税収が増えるから返済できるはずだという論理で国債を発行したのです。ところが思うようには税収が伸びなかったのです。増えることは増えたのだけど、それ以上に国債残高が増えるほうが早かった。

国債とはなにかというと国が銀行に借金しているようなこと。銀行は預金者から預かったお金で国が発行した国債を買っています。預金者は国と違ってお金持ちなので、銀行に預けるお金があるのです。

結局は国は国民に借金しているということです。その利子が国民に行くのでなくて銀行の儲けになっているけど。

とりあえず、この辺でわかってもらえるかな。

それはですね。収入が景気の変動を受けやすいのに対し、支出が景気の変動に関係なく固定的だというギャップがあるからなのです。収入の変動に合わせて支出を増減できれば良いけど、実際はそうはならない。収入は法人税、所得税、消費税などの税収がほとんど。これはどれも景気の変動で大きく変わります。ところが支出は、公務員の給料や社会保障費や国債費、地方交付税交付金です。どれも景気に関係なく固定的な費用ばかり。

だから不景気になると、簡単に単年度の財政収支は赤字に転落してしまいます。その赤字...続きを読む

Q国債を小学生にも分かるぐらい分かりやすく教えてください

国債とは何ですか?

小学生でも分かるように簡単に説明してくださいませんか?

Aベストアンサー

普通、国(日本国政府)が高速道路を作ったり、空港を作ったり、ダムを作ったり、ムネオハウスを作ったりするお金は私達納税者(税金を払う人)が払っています。
でも、私達納税者やその代表者である代議士が、「高速道路を作って下さい、空港を作って下さい、ダムを作って下さい」と、国にあんまり言い過ぎるので税金だけではお金が足りなくなってしまうことがあります。
そこで、国はお金を持っている人からお金を借りることにします。それが国債です。

お金が足りないのなら、がまんすればいいのですが(普通そうしますよね)、なぜか私達納税者とその代表者である代議士はそんなことはしません。
お金がないのを知っていて、相変わらず「高速道路を作って下さい、空港を作って下さい、ダムを作って下さい」と言いつづけています。なぜかは解りません。
そこで、国はしかたなく今年も去年も一昨年も国債を発行して、私達納税者とその代表者である代議士が気に入るようにがんばって借金をし続けているわけです。

因みに、実は日本では国が国債を発行することはホーリツで禁止されているそうです。

ちょっと古いですが(なにしろ1997年のころのハナシです)↓に少し説明があります
今は、当時よりも~っと悪化しているそうです

参考URL:http://www.nhk.or.jp/kdns/_wakaran/97/0309.html

普通、国(日本国政府)が高速道路を作ったり、空港を作ったり、ダムを作ったり、ムネオハウスを作ったりするお金は私達納税者(税金を払う人)が払っています。
でも、私達納税者やその代表者である代議士が、「高速道路を作って下さい、空港を作って下さい、ダムを作って下さい」と、国にあんまり言い過ぎるので税金だけではお金が足りなくなってしまうことがあります。
そこで、国はお金を持っている人からお金を借りることにします。それが国債です。

お金が足りないのなら、がまんすればいいのですが(...続きを読む

Q国債と公債の違い

今高1で経済を勉強しているのですが、国債と公債の違いがよく分からないので、教えていただけないでしょか。

歳入と歳出での国債費と公債費の使い分けもよく分からないのでお願いします。

Aベストアンサー

 公債とは、国や地方公共団体が、財政収入の不足を補うために行うもので、発行する主体によって、国債・地方債などに分けられます。ですから、公債の中に国債が含まれることになります。

 歳入と歳出での国債費と公債費の使い分けについてですが、歳入の不足分を公債で賄いますが、公債とは国民からお金を借りているので、当然返さなければなりません。

 歳出の中に借金返済のための費用が盛り込まれているわけで、歳出での公債費というのは、借金返済のための費用ということです。

Q日本の借金を返済するには?

中学の経済の課題で「日本の借金」について調べています。

とんでもない借金ですが、これはどうすれば返済できるのでしょうか?

また、国民の負担なども気になります。

詳しく説明していただければありがたいです。

Aベストアンサー

1.最初に国債の概念を少し説明します。
特に日本の場合は国債は普通の借金とは違います。
そもそも、国はそれだけの借金を誰からしているかというと国民からしているのです。
一般の家庭で例えるならば、親(政府)が家計(財政)が苦しいからと息子(国民)から借金をしているようなものです。
つまり、家(国)全体でみれば借金は+-0です。ですから、一般の借金と同列に比べるのは明らかに間違いです。

2.何故これだけの借金があるか
国民が身の丈に合わない福祉(公共サービスのこと公共事業も福祉です)を求めたからです。
現在の国債額は、国民が、増税は嫌だしかし福祉は厚くしろ、と求め続け、それに政治が応え続けた結果です。
これは、息子が家に納める生活費(税)は少なく、しかし豊かな生活を求め続けたので赤字がかさみ、借金をする嵌めになり、その借金を息子からしている、ことに等しいです。

実際国民を一括りにするのは間違いなので、もう少し細かく説明します。
息子には、お金持ちの長男と貧乏な次男がいると考えてください。
貧乏な次男に贅沢な暮らしをさせる為に、お金持ちの長男から沢山の生活費を徴収しさらにお金を借りて次男を食わせていたわけです。ですから長男と次男の間には生活水準に違いはありませんでした。
つまり今までの『平等』は不公平な税制と莫大な借金の下に成立していたわけです。


3.国債を返すにはどうしたらいい
簡単です。支出を減らして収入を増やせば良いのです。
支出を減らすとは歳出削減です。公共事業削減や医療費削減や公務員制度改革がこれに当たります。しかしこれは小泉改革でかなり進みもうすでに手を着けられるところがなくなってきました。

収入を増やすには二つりあります。経済成長か増税です。
つまりは、稼ぎを上げるか、息子の稼ぎから徴収する生活費の割合を上げるか、ということです。
具体的に言えば、経済成長は勉強して高給な職業への転職を薦める、増税は息子から沢山生活費を徴収する事によって息子の生活を切り詰めさせるという事ですね。

しかし、現在の内閣の経済成長路線はマスコミに叩かれまくって潰されたっぽいので、増税しかないでしょう。
一般の家庭で例えれば、親が息子を養う為に、息子から借りた借金を、息子に返す為に、息子の生活費を上げるという事です。

家に収める生活費が増えれば当然自由に使えるお金は減ります(つまり遊ぶ金や自分の物を買う金が減る)。身の丈に合わない生活を求め無駄を重ねたツケを払う為に、今後欲しい物を買える量が減るということです。

つまり、勉強し転職するのは(経済成長)大変な事なので嫌がる人が多いわけです。そして、なんとかなるさ(根拠の無い歳出削減)とサボった結果、結局生活が苦しくなる(増税)というパターンですね。


4.蛇足
ちなみに、一番やってはいけないタイミングで一番大量に無駄な公共事業を行なった政治家は小沢一郎です。景気が加熱している時に、史上空前の財政拡大というアホな事やったせいで、多額の借金を作っただけではなく、日本の経済構造が歪んでしまい、その後遺症は今でも残っています。

まあ、それも我々国民がそんな政治家を選び続けた結果ですので、仕方ないかなと思います。また、多額の借金があるにしても、なお日本が世界でもかなり豊かな国であることは疑いの余地がありません。そのことが過去の政治が間違えよりも正解が多かったことを示しています。

ちなみに、No4さんの二大政党制信仰には根拠が無いです。
イギリスはWW1からサッチャーが出てくるまでの間の60年くらいの間、停滞と没落を続けた国です。WW1までは世界を支配していた大英帝国が、サッチャーが登場する寸前には一人当たりの所得は極東の敗戦国の半分だった国です。そこにはかなりの政治的失敗が繰り返されてきました。
停滞と没落を続けたかなり長い間、英国は二大政党制でしたし、アメリカだって低迷していた時期がありました(70-80年代)、ですから『二大政党制だから良い』という意見は根拠が無いと思います。
まあ二大政党制はへの流れは、正しいと思いますし止められないと思います。しかし二大政党制へ過度の期待を持ってはいけないと思います。

1.最初に国債の概念を少し説明します。
特に日本の場合は国債は普通の借金とは違います。
そもそも、国はそれだけの借金を誰からしているかというと国民からしているのです。
一般の家庭で例えるならば、親(政府)が家計(財政)が苦しいからと息子(国民)から借金をしているようなものです。
つまり、家(国)全体でみれば借金は+-0です。ですから、一般の借金と同列に比べるのは明らかに間違いです。

2.何故これだけの借金があるか
国民が身の丈に合わない福祉(公共サービスのこと公共事業も福祉です...続きを読む

Q赤字国債がなぜここまで発行され続けてきたのか

新聞を読んでいて、テレビを見ていて最近思うことなのですが、
なぜ 赤字国債がここまで膨らんできたのでしょうか。

普通に考えて、
まず税金ありきなのか、まず使い道ありきなのかわかりませんが、
後者だとして考えますと、
”XXの公共事業なりXX政策をしないといけないからいくらいりそう”
→ 何らかの手段でお金を集めないと
→ 基本税金での徴収
→ 足らなければ借金、もしくはやることを減らす。
・・・という順で何にいくら使うのかが決まると思います。

それで、もし借金が多くなりそうだったら”やることを減らす”ということで過去に調整ができないものだったのでしょうか?
いつごろからあんなに借金が膨らんだのか知りませんが。。。

サブプライムのように、将来GDPがもっと伸びて、もっと税収が増えて当然、などといった考えの下、どんどん国債が発行されたのでしょうか?

Aベストアンサー

http://diamond.jp/series/tsujihiro/10082/

1989年、竹下内閣は「ふるさと創生事業」として、全国の自治体に一律1億円を交付しました。バブル末期であり、金に対する感覚は麻痺していた時代です。
1999年、小渕内閣では地域振興券をはじめ景気対策の名の下に、一気に借金が膨らみ、小渕氏は世界一の借金王と自分の事を言っていました。
日本の場合、景気が悪くなるとすぐに財政出動として道路を作るなど建設業界に有利な政策を行ってきました。
そのため土建国家と言われます。
政治家のレベルが低く、それしか対策を考える能力がないのです。
自衛隊の兵力削減、兵器購入削減など、書かれたようにお金を使わないことができないほど、組織が硬直化しています。
やることを減らすと天下り先の確保ができなくなることと、多くの予算を勝ち取ることが官庁の力を示すバロメーターです。

今回の民主党政権も同じ傾向にあります。
余分なお金を切ることが出来ていません。
税収が落ちているところに、マニフェストに書かれたことを進めようとすれば無理があります。
まず、マニフェストに優先順位を付け進めるしかありません。

なお、これだけ国の借金に注目が集まるのははじめてです。
800兆円を越す借金を減らすことをマニフェストに書く政党は皆無で、マスコミも選挙の争点にしません。
その意味でようやくまともな論議になりそうです。

http://diamond.jp/series/tsujihiro/10082/

1989年、竹下内閣は「ふるさと創生事業」として、全国の自治体に一律1億円を交付しました。バブル末期であり、金に対する感覚は麻痺していた時代です。
1999年、小渕内閣では地域振興券をはじめ景気対策の名の下に、一気に借金が膨らみ、小渕氏は世界一の借金王と自分の事を言っていました。
日本の場合、景気が悪くなるとすぐに財政出動として道路を作るなど建設業界に有利な政策を行ってきました。
そのため土建国家と言われます。
政治家のレベルが低く、そ...続きを読む

Q国の借金の増加の理由

国の借金1000兆円突破 国民1人あたり792万円 :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0902O_Z00C13A8MM8000/

# 2013年6月末時点で1000兆円を突破したと発表した。
# 国の借金の残高は1008兆6281億円。
# 国の借金は13年度末には、1107兆円になる見通しだ。

とあります。このニュースでは何がどう増えるのかの内訳や理由は述べられていませんでした。何十年かかけて積み上げてきた借金が1000兆円なのはまぁいいのですが、びっくりしたのは年度末までにさらに100兆円近くも増える見込みだという事です。


一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移 : 財務省
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/003.htm

税収・財政支出も去年に比べ特に劇的に変化しているというようには見えません。公債発行額を見ると43兆円程度で、まぁ例年通りに見えます。なので、あとの60兆円ほどの借金が何なのかよくわかりません。


で、質問は、
・その内訳(国債・借入金・政府短期証券などの種類)
・借金の額が今年だけ(?)激増する理由
・今後の増加の見通し

これを教えてください。よろしくお願いします。

国の借金1000兆円突破 国民1人あたり792万円 :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0902O_Z00C13A8MM8000/

# 2013年6月末時点で1000兆円を突破したと発表した。
# 国の借金の残高は1008兆6281億円。
# 国の借金は13年度末には、1107兆円になる見通しだ。

とあります。このニュースでは何がどう増えるのかの内訳や理由は述べられていませんでした。何十年かかけて積み上げてきた借金が1000兆円なのはまぁいいのですが、びっくりしたのは年度末までにさらに100兆円近くも増える見込みだという...続きを読む

Aベストアンサー

A NO.2です。

特に今年増えるとされている100兆円に関しては、
確かにちょっと特殊ですね。

内訳は以下です。(付帯資料として公表されたもので、PDFです。)


http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/gbb/201306hosoku.pdf



普通国債 716.4兆円→749.6兆円
財投債 107.5兆円→105.2兆円
借入金、交付国債等 61.4兆円→60.4兆円
政府短期証券 123.4兆円→192.0兆円
合計 1,008.6兆円→1,107.1兆円


となっています。
ちなみに例年は33~40兆円前後の増加ですが、数年に1度のペースで
倍程度(60兆円~70兆円)に増えることがあります。



さて、犯人はどれかというと、見ての通り政府短期証券ですね。
具体的に何に使っているかと言うと・・・特別会計に回っているため
厳密な内訳が確認できない部分もあるのですが、
特に一番大きい額は為替介入と言われています。


これは『外国為替資金特別会計』という名目で、たとえばドルを買うことで、
円安を誘導し、買ったドルで他国の国債(引換権)を買うということをしています。
(内容はほぼアメリカ債です。)

この為替介入、いままではちゃっかり儲けを出しており、
公開情報でもかなりの運用益がプールされています。
短期債を返還した上で、国の財源にもなっているんです。





日本政府のえげつなさ・・・じゃなかった凄さを感じる部分でもありますが、
一方でこの制度も公会計にはなじみの無い人からは
分かりにくいという批判をうける部分でもありますね。


今回、年度末の時点で短期債(繰り返しになりますが、政府短期債は
あくまで短期の借金です。)の保有を想定しているということは・・・・
何か年度末にお金を使うイベントがあると考えてるんじゃないですかねー。

A NO.2です。

特に今年増えるとされている100兆円に関しては、
確かにちょっと特殊ですね。

内訳は以下です。(付帯資料として公表されたもので、PDFです。)


http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/gbb/201306hosoku.pdf



普通国債 716.4兆円→749.6兆円
財投債 107.5兆円→105.2兆円
借入金、交付国債等 61.4兆円→60.4兆円
政府短期証券 123.4兆円→192.0兆円
合計 1,008.6兆円→1,107.1兆円


となっています。
ちなみに例年は33~40兆円前後の増加ですが...続きを読む

Q財政赤字の発生原因と解決策を解説ください

私の認識では下記なんですが、そうじゃないという方も居られます
年金赤字で20兆/地方人件費赤字の穴埋め交付税で20兆
/国債利息20兆/政策経費20兆 年間支出80兆-税収50兆=毎年30兆赤字
------------------------------------------------
1)特別会計は大半が赤字と聞いていますが、どういう使われ方をしているのでしょう? 
2)特別会計を一般会計化すれば問題ないという人もいますが、赤字会計という話の特別会計を合算すると赤字が消える理由がわかりません。

3)郵政改革で郵貯が赤字道路に使われる金の流れは切断できたのでしょうか?
4)そもそも何故こんなに悪化するまで歯止めが掛からなかったのでしょう??

Aベストアンサー

「解決策」についてはご回答がありますので「発生原因」についてだけ。

赤字国債は75年からなし崩し的に発行され、累積しています。高度成長が終わって税収が落ち込んでいるのに予算を減らさなかったことが原因です。
また、70年代は自民党の中で族議員が台頭してきた時期で、この頃から政治の主導権が官僚から自民党にだんだん移ってきたと言われています。「官高政低から政高官低へ」という意味では、官僚の責任だけではなく政治家の責任(そして彼らを当選させた私たちの責任)も見過ごせません。

予算拡大の要因としては福祉予算と公共事業費が挙げられます。
福祉予算の拡大は先進国でも類を見ないハイペースな高齢化に起因しています。70年代以降、しばしば福祉予算を抑制する制度改正が行われていますが、それを上回る勢いで福祉予算が拡大しています。
一方、公共事業費も福祉予算と同等の伸びを示しています。その原因の1つとして、70年代後半に先進諸国から提起された「日独機関車論」(世界的不況の中で比較的堅調であった日独両国が内需を拡大して世界経済を牽引)が挙げられます。このような国際的要請に応えるために公共事業の拡大が正統化され、公共事業関連の族議員を力づけたことが、(福祉予算と違って)バブル崩壊後に至るまで公共事業の見直しが本格的に議論されなかった遠因となったと言われています。

また、このような予算拡大の受け皿として安易に国債が乱発された背景として、他国に比べて国債発行のハードルが低い日本の制度的特徴も指摘されています。
たとえば、国債を発行するとしても、その国債を買ってくれる人がいないと話になりません。日本の場合、国債の多くが金融機関に割り当てられます。ここでポイントになるのは「予算や国債発行を司る役所」と「金融機関を監督する役所」がどちらも旧大蔵省だったことです。大蔵省は、金融機関に対する強い立場を利用して、大量の国債を市場価格よりも低い利率で金融機関に押し付けることができたと言われています。

※もっとも大蔵省(財務省)は赤字財政に反対です。なぜなら、予算の収支を管理する省庁ですし、歳出に占める国債費(借金返済の予算)の割合が増えてしまうと自分たちの予算配分の権限が小さくなってしまうからです。

特別会計については不勉強なので、すみません。

「解決策」についてはご回答がありますので「発生原因」についてだけ。

赤字国債は75年からなし崩し的に発行され、累積しています。高度成長が終わって税収が落ち込んでいるのに予算を減らさなかったことが原因です。
また、70年代は自民党の中で族議員が台頭してきた時期で、この頃から政治の主導権が官僚から自民党にだんだん移ってきたと言われています。「官高政低から政高官低へ」という意味では、官僚の責任だけではなく政治家の責任(そして彼らを当選させた私たちの責任)も見過ごせません。

...続きを読む

Q抱きしめたときに勃起したあそこが当たったら

自分には、今、付き合って3ヶ月になる彼女がいます。
まだ、肉体関係はありません。
よく、キスはよくするのですが、そのとき
あそこは思いっきり勃起しています。
キスしているとき、彼女がかわいくてかわいくて、
ぎゅっと抱きしめたくなるのですが、
もしそうすると、勃起したあそこが彼女のおなかに
あたりそうなので、抱きしめられずにいます。
女の子は、まだえっちしていない彼氏に
抱きしめられたときに、勃起したあそこがあたるのは
嫌ですか?
抱きしめるときは、勃起していることがバレないように、
ちょっと腰をひいてだきしめるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

gaugau-hoさんの彼女の立場と全く同じ経験を過去にしましたよ~。
まだエッチしてない時で、キスのときに・・・という。
その時の気持ちは、なんかうれしくて、なんかちょっとはずかしいって感じでした。
(へんな話ですが)あとでその感覚を思い出しちゃったりしましたけど・・・
でも決してイヤな気分はしなかったですよ★
むしろ嬉しい、そして、そんな彼がなんかかわいいって感じです。
安心して、ぎゅーーって抱きしめてあげてください!
ちなみに私はそのことについて、口に出して触れてほしくはないです。なんか私もはずかしいから。

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報