1月1日~1年間の有効期間の調印前の契約書を見ているのですが
契約書末文の日付は、1月1日になっています。
この日付はムリに有効期間とあわせる必要はないのでは?という疑問があります。

調印した日が例えば、今日なら日付は12月21日で、
又逆に、1月7日に契約書調印した場合は、日付は1月7日
ということでよいのでしょうか?

ただいま混乱していますので教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私もyohsshi様と同意見です。


同じく『有効期間が始まった後からさかのぼる場合有効期間のスタート日にした』ことがあります。我々の仕事場では機密情報をいつ開示したかなどの日付が問われる事があり、その期間をフォローする為の事でした。
また甲が1日に捺印して乙に郵送し、乙が5日に捺印した場合締結日は1日か5日か、などという事例もありましたが、両者で納得行く日付になるよう相談すればいいのだと思います。(ただ相手先が外国の場合シビアです。ご注意ください。)

この回答への補足

確かにさかのぼる場合は有効期間のスタートにあわせる手段はあると思います。
ただ、今回1月1日からなので、この日に普通調印なんてありませんよね?
ほか、調印日が祝日、休日等こんな細かい事ですが気になるんです。

補足日時:2001/12/23 00:20
    • good
    • 0

NO.1の理由をリーガル部門に理由をきちんと聞いてみました。



結論は契約日をStart日に遡った理由は、契約書の文面を変更することが面倒であったということでした。
『有効期限は契約時点から遡って有効とする』というような一文を入れる必要があると判断したようです。契約書は定型になっており、一枚だけ特別な契約書を作成すると後々の管理が大変になるので契約日を変更することにした。

ということでした。
勿論そのような一文を入れるかどうかも含めて、お互いの会社の契約担当者の判断だと思います。ちなみに当社では契約が無効との訴えをされた経験があり(契約書にサインしたのが決済権限者でなかったという別のケース)、考え方は堅いと思います。
    • good
    • 0

補足です。


> 今回1月1日からなので、この日に普通調印なんてありませんよね?
> ほか、調印日が祝日、休日等こんな細かい事ですが気になるんです。
おっしゃるとおりです。我々は営業日以外を原則避けていますが公的機関などで1/1や4/1を希望されるところも存在します。要は両者が合意できるかどうか、だと思います。

この回答への補足

要は両者の合意なんですね......
でもでも常識じゃ考えられないような気がしますね
無効ではないとは思いますが..

補足日時:2001/12/24 00:34
    • good
    • 0

基本的には契約を取り交わした日にすれば良いと思います。


但し、有効期間が始まった後からさかのぼる場合は、有効期間のスタート日にしたことがあります。特に明確な理由ではありませんが、不自然な契約締結となり契約無効の判断がなされることを恐れてのことです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書の契約日について、例えば、平成22年8月1日に契約を締結しようと

契約書の契約日について、例えば、平成22年8月1日に契約を締結しようとした場合、平成22年8月1日は日曜日なので、8/2日(月)を契約日にするのが普通なのでしょうか?
それとも7/30(金)にするものなのでしょうか?
因みに、平成22年8月1日から平成27年7月31日の5年間の物品リース契約を行おうとしています。

Aベストアンサー

不動産業者です。

賃貸契約の場合、契約日とは「契約を締結した日」ということで、金銭や書類等などの主に事務的な取り交わしをします。
契約書には入居日(=契約発効日)が記載されています。
売買契約の場合も、契約日と契約発効日(物件引き渡しと登記)が異なる事がほとんどです。


本件ではリース契約ですが、上記と同じような扱いで構わないと思います。
すなわち、リース契約締結日を8/1より以前の日(例えば7/30や31)にして、契約発効日を8/1とすればよろしいかと。
契約日と発効日が同じ8/1でも、当事者同士で合意できれば構わないと思います。
リース対象物を契約当日に相手へ引き渡す場合は当日でいいでしょう。

余談ですが、リース対象物を日曜日(8/1)には使わないから、1日分のリース代を節約して契約発効日を8/2にする・・・というケースはあるかも知れません。
週末が休業日か営業日かにもよるかも知れませんが。
双方で相談をして日にちを設定するのがベターかと思います。

ご参考までに。

Q契約書締結の日付はどの時点で誰が記入する?

契約書締結日の記入について質問です。

締結前の確認用に契約書案が示され、そこでは日付が印字されていました。
双方了承し、契約書原本が送られてきましたが、原本では日付が空白になっていました。

日付は、甲乙のどちらがどのタイミングで記入するのでしょうか?
(どちらかが手書きで記入するのですよね?)

以前、賃貸の条項変更の覚書を締結した際は、日付部分が空白で送付されてきて、甲乙とも署名・押印後、最後に甲(管理会社)が記入してきました。

決まりがあるようでしたら、教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

 不動産賃貸業を営んでおります。

 記入自体はどちらが記入してもかまいません。

 記入すべき数字(月日を表す数字)は、契約が成立した日を表す数字を入れるべきものです。

 2012/12/05 に契約が成立したのなら、そのように書くべきです。

 つまり、いつ、誰が記入したかは問題でなく、、契約が成立した日付が記入されているかどうか、という問題です。

 その契約書は、正しい日付が記入されていいますか? 正しく記入されていればOKです。
 

Q契約書の日付の書き方を教えてください。

通常契約書の締結に際し、最期に社名と押印と日付を書きますが、これはどんな基準なのでしょうか?

例えば、締結日が3月31日で、実際に運用が始まっているのは6日からだとしますと、それ以前の日付にしなくてはならないものでしょうか?それとも締結日は文面で
本締結日にかかわらず9日より効力をもつものとする。と書いてある場合は、31日でも構わないのでしょうか?
請求金額は6日からの運営となっています。

以上、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

契約の効力という意味では、契約書の日付が運用開始より後でも特に問題ありません。

しかし、仕事のやり方という観点から見れば、運用開始の時に契約が未締結というのは、望ましい姿ではありません。
場合によっては、「契約も締結せずに運用開始をしたのか」と、問題にする人が出てくることも考えられます。
「行政」カテゴリーでご質問なので役所相手の契約を想定してのご質問ではないかと推測しますが、お役所はそういう形式上のことをすごく気にすることがありますから、契約費付けをバックデートしてくれと要求してくることもあるかもしれません。


本来は、形式だけを取り繕っても、実際の契約がされてないなら同じことですから、表示されている契約日をバックデートしてもあまり意味がないことです。
また、いろいろな事情で契約締結が後になるのは世間でよくあることですから、ちゃんと事情が説明できるなら、本当は問題ありません。
契約書に嘘の日付を書くと、何か問題が発生したときに、つじつまが合わなくなって却って困る結果になることだってあります。

基本的には、正直に押印した日付を入れるべきでしょう。
(契約相手がどうしてもバックデートしてくれと言う場合は、仕方ないときもありますが)

契約の効力という意味では、契約書の日付が運用開始より後でも特に問題ありません。

しかし、仕事のやり方という観点から見れば、運用開始の時に契約が未締結というのは、望ましい姿ではありません。
場合によっては、「契約も締結せずに運用開始をしたのか」と、問題にする人が出てくることも考えられます。
「行政」カテゴリーでご質問なので役所相手の契約を想定してのご質問ではないかと推測しますが、お役所はそういう形式上のことをすごく気にすることがありますから、契約費付けをバックデートしてく...続きを読む

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。

Q契約書の締結日と有効期間の関係

契約書の締結日と有効期間の関係で

締結日が有効期間開始日より前の場合はどのような扱いになりますか?


契約書締結日:平成23年9月1日

有効期間:平成23年4月1日から平成30年3月31日


まずこの契約書自体が有効なのか無効なのか?
平成23年4月1日から平成23年8月31日までの間に関してどのような扱になるか?

以上、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

原則有効。一般的な契約については、当事者の意思の合致によって成立します。契約書自体はお互いの権利義務を明確にするためや、後の紛争になった時に証拠として必要になる等だけであって、契約の成立には必ずしも必要ではないです。(ただし、保証契約などは例外的に要式行為とされ、文書等が必要なものもあります)

>平成23年4月1日から平成23年8月31日までの間に関してどのような扱になるか?

当事者間で合意した内容=契約書の内容、となります。この両者が異なるというような特段の事情はないですよね。

Q物品の購入請書に収入印紙は必要ですか?

初歩的な質問ですがよろしくお願いします。
40万円の物品(既製の備品、加工、設置費等発生しない)を購入(納入)する契約を締結するときに、契約書に収入印紙の貼付は必要でしょうか?
税務署に聞いてみたのですが、「契約書を見ないと判断できない」と言われてしまいました。参考になる事で構いませんのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

書類の票題が請書であっても、その内容が単なる売買である場合、「物品の売買契約書」となり、印紙の税額表の「課税文書」に記載がない為、「不課税となる」と税務署の調査官の指摘でした。(物品の売買契約書は、平成元年4月1日より不課税。それ以前は200円の印紙が必要でした)

Q契約書の契約期間について

お分かりになる方、教えてください。
契約書の契約期間はたいてい、1年間ですが、まず、この1年間というのは絶対なのでしょうか。
3年間とかいろいろ、ソフトウェアの使用許諾期間等にあるようですし、絶対ではないですよね。
また、「有効期間については締結日にかかわらず」、の一文があれば、例えば
契約開始日 : 2013年3月1日
契約の有効期間 :2013年3月1日~2015年3月31日
締結日 : 2014年10月1日(締結が先方都合で遅れた為)

という契約でも大丈夫でしょうか。
すみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

契約期間については1年でなければならないってことはないです。

契約有効期間ですが、これは契約締結日より前になっても双方の合意があればとりあえずは有効です。
内容にもよりますが、遡って契約を締結することはまれにあります。
法律と違って、契約は遡って適用することに双方が合意すれば成立します(いわゆる追認)が、内容によっては無効とされることもあります。

Q請書と契約書の違いって何でしょうか?

契約書は2通同じものを双方押印する書類で
請書は注文書をもらってから、請書に押印する書類名だけで
やり方が違うだけで、内容はどちらも契約書と言う認識で合ってますか?

Aベストアンサー

前後関係等の文脈にもよるが、「請書」と「契約書」とを区別していない文脈であれば、請書は契約書に含まれる。契約書は契約成立やその内容を証するための書面であるところ、請書はその役目を持つためだ。

なお、契約書を「2通同じものを双方押印する書類」と定義する文脈であれば、請書は契約書に含まれない。

Q業務委託と業務請負の違いとは?

業務委託と業務請負契約の違いが分かりませんので
教えて下さい。

Aベストアンサー

説明しづらいですが、概略以下の通りです。

○業務委託
 本来、自分で行う仕事の全部又は一部を、代わりにやってもらうこと。
 例えば、ビル内の清掃、車の運転、商品の販売とか。

○業務請負
 何か特定の物を完成させることを目的として、仕事をしてもらうこと。
 例えば、家の建築、設計図の作成とか。

変な例えかもしれませんが、フランスパンが欲しかったとします。
委託にすると、パン屋さんに行ったけどパンが無かったら、交通費以外のお金を返してそれでおしまいです。
でも請負だと、フランスパンが見つかるまで探しに行きます。探した結果、多額の交通費がかかっても余計にかかったお金はもらえません。

分かりづらいですか。
 

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報