こんにちわ。 
大学で工業デザインを学んでいる者ですが、卒業論文で、片マヒ障害の方の生活における不便な点を調査しようと思っていますが、プライバシーの問題からなのか、統計的な資料も少なく困っています。
論文の方向としては、「片マヒの方の日常生活からみるモノの問題とその考察」がテーマです。デザイン学科ですので、モノとの関係で進めていくつもりです。
そこで片マヒの方、あるいはそのご家族の方、専門家の方にお伺いしたいのですが、片マヒの方が日常生活上、不便に思う動作とそこで使われる道具について感じていることを聞かせていただけないでしょうか?
失礼とは存じますが、ご無理でなければ性別と年齢も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

片マヒではないですが、私は筋肉の病気で全身の力があまりありません。


歩くことや普通に座っている分には大丈夫ですが、運動ができなかったり、走ったりできません。
21歳の女性です。

片マヒに限られるのだったら参考になるか分かりませんが、力が無くて思うのは、ビンのふたをあけるとき、苦労です。多分、片マヒの場合も、片手使えないと大変でしょうね。私は他の人にあけてもらってしまいます。
弟が右手を怪我した状態の時には、ビンを開けることができていませんでした。
おはしやマウスなどについては多分、使える方の手で慣れれば平気でしょうね。

直接会ったことの無いひとで、片マヒの人(30歳くらいの男性)は、車の運転を左アクセルにしてやっているそうです。右足が無理だから・・

論文を書く際には、実際に片マヒの方のお話を会って聞くことが重要な点だと思います。私もそうですが、障害がある人の場合、その人の視点からものを見ないと、勘違いが起こったりするので。
ここに書いたことはあくまでもご参考に・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お早いお返事をありがとうございます。
私も実際に片マヒを患っている方に会ってお話を伺う機会があって色んなお話を聞いたのですが、一人の人のお話だけで全てを片付けてしまうことはしたくないし、色んな人からの感想やご意見を参考に論文にしていこうと思ったのでこのような質問をさせていただきました。
確かに私がこの論文を製作する際に最もやってはいけないことは、自分の考えや思い込みで判断してはいけないことだと思います。その意味でも貴重な意見をいただいてうれしく思いますし、何としても人の問題意識を喚起させる力をもつ論文に仕上げたいと考えています。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/27 23:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q片頭痛の診断やレルパックス等について教えていただけますか

昨日、脳神経外科を受診し、医師の指示で来週、MRI検査の受診予約をしました。予約票に検査名は「3T_大脳小脳+MRA 単純MR」と書いてあります。医師は血管を見たいようです。3週間前、他の病院の脳神経外科で単純CTを撮り、医師によると異常は見られないとのことでした。
レルパックス錠20mgを頓服として処方していただいて、医師が「これが効かなかったら片頭痛ではなく、血管の異常を疑います」と言われました。
レルパックスは今朝服用し、その10時間後に頭痛が再発しましたがその間は頭痛は起こらず、効いているようでした。レルパックスを服用したのは今日が初めてです。
レルパックスが効いたとしてもMRIを撮った結果、血管に異常が見られ、片頭痛ではない疾患が疑われることになる可能性もあるのでしょうか?
片頭痛の診断やレルパックス等にお詳しい方がいらっしゃれば、アドバイスをいただければ幸いです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

東京と鳥取でカイロプラクティックの治療院を行っているものです。
病院の診断で「偏頭痛」であれば、病院の治療では改善の見込みは全くありません。
鎮痛剤を処方されるだけの治療です。 鎮痛剤は一時的に痛みを押さえるだけのため治療とは言えません。
頭痛の原因の大半は、頭部の筋肉コリです。
偏頭痛の場合は、「側頭筋」の筋肉コリです。
当店に頭痛改善で来店される方は、1~2回の施術で全員治癒しています。
しかも2年以上にわたり病院で治療を受け、回復が望めないと言われた方々もです。
回復を望まれるのであれば当店のようなカイロプラクティックの治療院で治療を受けることをお勧めします。

Q半身マヒの原因は?

こんにちは。よろしくお願いします。
さて、最近6度も『左半身マヒ』の症状があり、とても恐い思いをしています。いったい自分の身に何が起こっているのか教えていただけませんか?
症状が出たのは昨年の12月からです。
(1)日中(14時頃)(2)夜(21時頃)(3)夜(21時頃)(4)朝(8時頃)(5)夜(21時頃)(6)(21時頃)
いづれも『あくび』が良く出ました。
最初の2回は前日遅くまでお酒を飲んでいた為、軽い二日酔いだと思っていましたが、3回目の時です。仕事帰り(もちろんシラフ)に、買い物をしようと店の中を歩いていた所、だんだんと足に力が入らなくなり、左手に持っていた財布を落としていました。自分が財布を拾っても握れていない事を自覚しました。
声が出るか試してみましが、「あう~」と声になりません。
時間にして10分くらいで元の健康体に戻るのですが…。
脳に障害でも出たのかと思い、病院でMRI、MRAを撮ってみましたが、先生の診断は『問題ナシ』とのこと。はて?

Aベストアンサー

精査をして問題なしと言われたのなら、「一過性脳虚血発作」かもしれません。これは、一次的に脳が虚血状態となり、麻痺などの症状が起きますが、すぐに改善し、概ね後遺症を残さないものです。
ただ、6回もそういった症状が出たのなら心配ですよね。
医師からは服薬処方や日常生活上のアドバイスなどされていないのでしょうか?
最近も症状が出ていてご心配なら、もう一度医師によくご相談されてはいかがでしょうか。

お大事にして下さい。

Q脳腫瘍になった時の日常生活で気をつける事

脳腫瘍になったようです。
日常生活で気をつける事があったら教えてください。
例えば、ストレスに気をつけるとか、デットクスとか
食事、運動とかに気をつけるとか?
健常者が、健康に気をつけるのと同じ事が、やはりいいのでしょうか?

Aベストアンサー

脳腫瘍に対する特化したものは知らないのですが、ガン一般でいえば下記のような点に心がけたらよいと思います。内容は健常者も日頃から注意したほうのがよいものばかりですが。

食事ですが先ず動物性脂肪を減らします。そして、無農薬有機の玄米を主食とし、白菜、キャベツ、大根などの白い野菜や緑黄色野菜、ブロッコリースプラウト(=新芽)、キノコ、ニンニク、ショウガ、大豆、海草などを多く摂取します。どれも無農薬もしくは少ないものに心がけます。添加物が無いものが望ましいです。塩分も少なくし、飲み水は浄化したものを使用します。

人の体の免疫の多くの部分を担っているという腸管内免疫を高めるために整腸に心がけます。毎食、納豆かヨーグルト(なるべく低脂肪のもの)をオカズもしくはデザートとして加えるのは効果があります。

下記URLの「腸管免疫系を活性化する乳酸菌」の部分を参照:

http://web.bureau.tohoku.ac.jp/manabi/manabi21/mm21-45.html

整腸に関して私が記載させて頂いた下記のURLのANo.3:

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=1141322

食事に関して記述されている参考HP:

http://www.ola-method.net/ola/shoku.html

睡眠は早寝して十分にとるようにします。出来れば夜9時頃には就寝したいです。私の場合、習慣がつくまでもしくは習慣がくずれてしまったときには眠剤の助けを借りていました。

適度な運動は免疫力を上げますので大切です。

また、その他「気持の持ち方など」は下記の病院の道場で頻繁に模様されていて、ここの診察券をもっている方は誰でも参加出来ます。基本的に無料ですが有料のものもあります。

http://www.obitsusankei.or.jp/he-exe/purpose.html

上記の病院を経営している帯津良一さんには著書が多数あります。

http://www.obitsusankei.or.jp/hp-guid/greeting.html

帯津良一の本の一例(沢山あります):

http://www.sociohealth.co.jp/book/db1/data.cfm?code=5805512

今回のご質問に対する直接的な回答になりませんが、「免疫療法」および「サプリメント」に関して私が記載させて頂いた下記のANo.3を参考下さい。この中に記載のハスミワクチンは保険は使えませんが費用は「30万円/年」程度です。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

また、同じく私が記載させて頂いた下記のANo.2も参考下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1459999

脳腫瘍に対する特化したものは知らないのですが、ガン一般でいえば下記のような点に心がけたらよいと思います。内容は健常者も日頃から注意したほうのがよいものばかりですが。

食事ですが先ず動物性脂肪を減らします。そして、無農薬有機の玄米を主食とし、白菜、キャベツ、大根などの白い野菜や緑黄色野菜、ブロッコリースプラウト(=新芽)、キノコ、ニンニク、ショウガ、大豆、海草などを多く摂取します。どれも無農薬もしくは少ないものに心がけます。添加物が無いものが望ましいです。塩分も少なくし、飲...続きを読む

Q日常生活に困っています。良い病院を教えてください。

こんにちは。
何ヶ月か前から左耳に水が入ったような感じの症状があり、耳鼻科に行っても空気を抜いてもらうだけで異常はないと言われました。
ですが・・・吐き気や頭痛・めまいや立ちくらみが激しく、フラフラしてまっすぐ歩く事も出来ない時があります。
それだけでも大変なのですが、右目が暗くなり見えなくなる時もあり困ってます。
右側にいる人や物に気付かない時もあります。前後の距離感覚もなくなってるような気がします。
早く病院を受診したいと思ってますが、小倉北区・南区でどこか良い病院はありませんか?何科を受診したらいいでしょうか?
ちなみに低血圧です。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

耳鼻科での範疇を越えているかもしれませんね。

九州の方は分かりませんが、検索したら小倉記念病院がありました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%B0%8F%E5%80%89%E8%A8%98%E5%BF%B5%E7%97%85%E9%99%A2#.E8.A8.BA.E7.99.82.E7.A7.91.E7.9B.AE

もしそこの耳鼻科に掛かっているならば転院を勧めますが、例え込んでいようともしっかりした総合病院で診察される事を切にお勧めします。
町医者では検査機器も充実していませんので。

Q脳性マヒ(CP)の重複障害??

僕自身、脳性マヒなんですが
小さいころから
ちょっとした生活音(物音、テレビの音、会話の声)
などでも、音にびっくりした時に過剰に体が
びくつくというか、大げさにいえば
とびあがるんですが・・・
障害による体の緊張なのか精神的なものなのか・・・
同じ症状の友人が何人かいるので
精神的トラウマによるものではないと思いますが。
もし治療法(薬とか)などの情報や
「こんなこと聞いた」などありましたら教えて下さい
それと、僕と同じような症状の方で
「現在は回復(?)した」とか「こうすればマシになる」
などもありましたらよろしくお願いしますm(__)m

雑文、長文ですいませんでした。

Aベストアンサー

>バランスよく筋力をつければそういった症状は
減少していくということですか?
(とくに腹筋が弱いのですが・・・w)
とありますが、そのとうりと思います。
しかし、その手段として、自主トレ的に筋トレを行うには脳性麻痺または脳卒中など中枢性疾患の方は注意が必要と思われます。 
使用しているところ以外の部位で過剰に努力をしてしまう傾向があります。例を挙げると、腹筋が弱いのでそこを鍛えるも、(1)後頸部を過剰に使い、顎をあげて行ってしまう、(2)腰をそって後ろの筋を用いて体を上げる、などなどです。  これらが全くダメなことはないのですが、かえって他の強い部分を鍛えてしまうという結果になります。
なので、理学療法士の指導の下、動作の中で複合的な動きをいろんなバリエーションで獲得していくことをお勧めします。
びっくりしやすいことについてすごく悩んでおられるよう伺いました。 私の知人には、medaka2さんと同じことに悩みつつもどんどん外に出て行く人がいます。 彼は、「人にどう思われようと自分は自分。だから僕はありのままでいるんだ」といいます。
今まで長い間悩んでこられた方に「彼のように自信を持ってください!」と第三者が簡単に言えるべきことではないとは思います。 でも、少し感じたことを伝えたいのですが、悩みに対してできることを今からするということに、遅すぎるということはないと思います。色々悩んでこられた結果、今という段階で「人に聞いてみる」「やってみる」という行動に移られたわけで、これから体が変わりうる可能性があり、それにより行動範囲もどんどん広がっていくんじゃないかと思います。 
medaka2さんはご自分のことをネガティブだというように表現されてましたが、全然そんなことはないと思います。 自分の悩みをさらけ出し、それに対して行動していくという姿勢は十分ポジティブだと思います。 これからもポジティブにいろんなことに取り組んでいってください! 

>バランスよく筋力をつければそういった症状は
減少していくということですか?
(とくに腹筋が弱いのですが・・・w)
とありますが、そのとうりと思います。
しかし、その手段として、自主トレ的に筋トレを行うには脳性麻痺または脳卒中など中枢性疾患の方は注意が必要と思われます。 
使用しているところ以外の部位で過剰に努力をしてしまう傾向があります。例を挙げると、腹筋が弱いのでそこを鍛えるも、(1)後頸部を過剰に使い、顎をあげて行ってしまう、(2)腰をそって後ろの筋を用いて体を上げる、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報