「腱鞘炎」について、一通りのことは検索しましたが、不明のこともありますのでお教えいただけると有り難いです。

去年12月中頃より、左手の親指の付け根あたりに引っ張られるような、張るような痛みが続き、29日に整形外科を受診し、腱鞘炎と診断されました。(念の為、レントゲンも取りましたが、骨に異常はないそうです)5日もすれば直るとのことでしたが、未だに痛みが引きません。湿布薬とハイペンという飲み薬を処方されました。現在、手をあまり使わないように、包帯で巻いて固定させています。
ただ年末ぎりぎりまでパートに行っていましたし、家事も最低限とはいえ主婦なので行っていましたので「安静」というわけにはいかなかったかもしれません。
スーパー銭湯に行って水流でマッサージしたのも逆効果だったかもーと反省している次第です。近日中にまた整形にかかりますが、たぶん同じ治療を繰り返されるだけだろうなと思っています。知り合いが「注射一本で直る」別の整形を勧めてくれたのですが、どうでしょうか?長引くのはイヤなので、今の内に早めに対処したいのです。鍼やマッサージは整形で主治医の許可の下で受けるなら、問題はないでしょうか?また、趣味でエアロビクスやダンスをしているのですが、手を使わない強度軽めのクラスでもお休みしたほうがよろしいでしょうか?
以上の点につきまして、経験された方、専門家の方の回答をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

現在整形外科医の管理下にあるのでしたら、希望を相談なさるのが一番ですよ。

腱鞘炎といっても単なる炎症から『手根管症候群』と呼ばれる手術まで必要とする病態まで様々であり、注射一本で直るというのは正直…間違いです…そういうこともあるのかもしれませんが、消炎剤を使うのはあくまでも対症療法であって根本解決にはなりません。

炎症が強い時はひたすら安静・冷却が必要な時期もあり、また病気の状況によっては積極的に動かさなければならない時期もあるので、それぞれの時期においてドレが正しいかを判断することは出来ません。ただ、何かをする場合には必ず現状から考えて問題のないものか主治医と相談する姿勢が一番重要なんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有り難うございました。
shu_s様の過去のアドバイスは読ませていただいております。
おっしゃるように、主治医の先生に直接聞けば良かったのかもしれません。が、過去にそういうことを聞くと、不機嫌になるお医者さんに多々あたっておりましたので、聞く勇気がなく(まだ、かかるのが2回目の先生で、様子も分かりませんでした)ここに質問いたしました。
実はまた寒波で大雪が来そうだったので(名古屋在住です。確かshu_s様も?)土曜日に整形に行って、上記のことを恐る恐る聞いてきました。やはり、注射一本でーというのは間違いのようです。ただ、痛みを押さえるのは確かでしたので、こちらからお願いして、注射していただきました。大分、おかげさまで痛みは引いています。注射はしてもやはり服薬と安静は必須のようなので、指示に従って、あまりムリはせず、(エアロは一応許可が下りました・・・笑)治療していこうと思っています。

ご助言、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/06 09:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨクイニンは粒状と錠剤どっちがいいですか?

このサイトでヨクイニンが肌荒れに効くと結構書かれていたので先日買ってみました。色んなお店を回ってようやくカネボウのヨクイニン(粒状)を手に入れたのですが、ヨクイニンは粒状と錠剤どっちの方がより効果があるのでしょうか?
あと、ヨクイニンを飲む前に、ネイチャーメイドのビタミンCとBコンプレックスを飲んでいたのですが、一緒に飲んでも平気なのでしょうか?

Aベストアンサー

粒のままならハトムギ茶なので_煎じて飲む か 潰して粉にして飲むらしいです。粉のものも売っていますが 咳き込んじゃって飲めませんでした(笑)
(イボ・タコ・魚の目に効くというのが塗るのか飲むのか書いてあるHPが無いんです。)

_となると錠剤が効き目がストレートなのかなぁ と思いますが。

ヨクイニン自体は 副作用なし だそうです。ただしビタミンBの摂取が過剰だと問題ありです。

参考URL:http://www.jade.dti.ne.jp/~ma-hata/b_hatomugi.htm

Qドゥケルバン腱鞘炎?

親指の付け根から手首にかけとても痛いです。ネットで調べたらドゥケルバン腱鞘炎というのがあり症状や自己診断したら当てはまりました。明日から湿布を貼って仕事に行きますが職場で気を付けた方がいいこと等が詳し くわかるかたいらっしゃいましたら返事ください。湿布の上からサポーターとかした方が剥がれにくいでしょうか?その点も含めて宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ドケルバン病(ドゥケルバン腱鞘炎) は治りにくい病気で、しかも治療法が確立されているとは言えず、対症療法としてステロイド注射や切開手術がありますが、副作用や危険性があるため、なるべくそれらを避けての保存療法が勧められます。
しかしドケルバン病が重篤化していくと保存療法では治癒しにくく、最低でも数か月、普通なら1年間程度かそれ以上の期間、激痛に苦しめられます。
患部の方の手をかばい、もう一方の手もドケルバン病を発症してしまうケースも多々見られ、そうなると日常生活にも困難をきたすようになります。

重篤化する前に直してください。(まずは、患部の固定と冷却)
湿布くらいで直ればいいんですけど、本当にドケルバン病ならば、そんなもんではとても治りません。
ドケルバン病は動かせば動かすほど重篤化していきます。

通常は手首の親指側の位置が激痛の中心部になります。手首内側の骨がコブのように出っ張った所の親指方向の隣の位置です。
普通の人はそこに腱が張り出て見えますが、ドケルバン病の人はその部位に炎症を起こして腫れ上がり、腱が見え難くなってます。
その部位を中心として親指側と腕側に痛みの箇所が広がりますが、普通ですといずれは手首親指側の限定された箇所のみに激痛地点は絞られていきます。
それらの当初の広範囲に広がった痛みは、ドケルバン病を発症するに至った主たる原因による「筋肉痛」や「通常の炎症」や「捻挫」などによるものの可能性が高く、それらは短期間に解消すると思われます。しかしドケルバン病を発症してしまっているならば、手首親指側の限定部位の痛みは治まりません。

自分でできる治療法としては、
● 氷で冷やす(アイシング)
上記部位を中心に冷たい氷で冷やしてください。炎症を抑えます。
氷がなかったら、冬なら水道水(冷水)も使えますし、その他冷たいものを何でも利用してください。

● 患部を固定する。
理想を言えば、「親指」と「手首」を絶対に動かさないでください。動かせないように固定してしまうのが理想です。(骨折の治療と同じです)
本来ならドケルバン病用の固定具がありますが、非常に御大層なもので、使いにくいです。
通常は軽度固定用のサポーターとか、包帯でグルグル巻きにするとか、しますが、概して効果は薄い。
ドケルバン病は夜寝ている時にも重篤化していきますので、就寝中にだけ重度固定するやり方が賢いです。(昼間は軽度固定か無固定も止むを得ない人も多い)
また、「手首」を固定するよりも「親指」を固定する方が遥かに治療効果が高いと思われますので、手首固定が出来なくとも親指固定だけはすると良いです。

■ 親指固定の方法(私発案)。 簡単で確実です。整形外科医にも勧めてください。
人差し指を真っ直ぐにした状態で少し下側におろす。
親指を真っ直ぐにした状態で、人差し指の横腹にくっつける。
この状態で人差し指と親指を一緒に、包帯でグルグル巻きにする。
ニ指の屈曲方向が交差するため、ほぼ確実に親指の動きと屈曲を阻止できます。
就寝中はこの状態を保つのが良いです。

● 大豆 or 大豆製品を多めに適度に食べる。(この項目は医者は特には勧めません)
ホルモンバランスの崩れでドケルバン病を発症したり重篤化したりすると言われています。
大豆は女性ホルモン様のイソフラボンが豊富に含まれ、ドケルバン治療に効果があると思われます。加えて大豆のその他の成分の一部には別の効能(破壊された神経の治癒力を高める)があると言われており、それら時には論争になったりしておるのですが、経験上は大豆はドケルバン病に特効を現します。
食べ過ぎるとまた別の副作用が出てきますので、食べ過ぎないようにして大目に摂取してください。

これに付随して「玉ねぎ」を食べ過ぎないようにしてください。玉ねぎは大豆とは逆の疑似ホルモン作用があると言われ、その食べ過ぎはドケルバン病を進行させる可能性が高い。(食べるな、ということではなく、無茶苦茶に食べ過ぎないでください、ということです)

ドケルバン病(ドゥケルバン腱鞘炎) は治りにくい病気で、しかも治療法が確立されているとは言えず、対症療法としてステロイド注射や切開手術がありますが、副作用や危険性があるため、なるべくそれらを避けての保存療法が勧められます。
しかしドケルバン病が重篤化していくと保存療法では治癒しにくく、最低でも数か月、普通なら1年間程度かそれ以上の期間、激痛に苦しめられます。
患部の方の手をかばい、もう一方の手もドケルバン病を発症してしまうケースも多々見られ、そうなると日常生活にも困難をきたすよ...続きを読む

Qイボに効く「ヨクイニン」について

イボに効くというヨクイニン錠についてお聞きしたいです。
私は現在妊娠8ヶ月です。
先日イボで皮膚科を受診したのですが
「ヨクイニン」という漢方の一種の薬を処方されました。
妊娠中はヨクイニン服用しても大丈夫なんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

薬剤師をしております。
漢方のヨクイニンはハトムギの種子のエキス顆粒のことですね。
漢方は出したことがございませんが、
「薬剤師のための常用医薬品情報集」には「妊婦は避けること」
といった記述はありません。

現在医薬分業が進んでおり、その課程の中でどうしても薬剤師による
処方箋のチェックが発達してきました。
「ドクターの処方した薬をこの患者さんに本当に出して良いのか。」
このようなチェックを必ず行います。これを「疑義照会」といいます。

あなたが妊婦で在ることはドクターが見ても薬剤師から見ても
一目瞭然だと思います。ドクターと薬剤師はそのことも加味し、
薬を出しているのです。

ですから心配は無いと思われます。
それでも心配なら今後は薬剤師に相談されることを提案致します。
薬剤師は「棚から薬取ることが仕事」と言うわけでは在りません。
いっぱい質問してOKです。
これは「服薬指導」といって、薬剤師の仕事の中では重要な仕事
なのですから。

Q腱鞘炎の治る期間ってどれくらいでしょうか?

左手首(小指側)になって、安静にしておいてください、と言われたんですが
3週間たっても、治りません。
なので、なかなか筋トレが再開できません。前は18キロのダンベルをもてたのが、今は5キロでも痛いです。
薬などは貰っていないのですが、薬局で血の巡りを良くするカイロのようなものを買って、貼り付けています。
腱鞘炎って自然治癒力で治ると聞きましたが、こんなに長引くものなんでしょうか?
もう一度医者に行って注射なりしてもらったほうがいいのでしょうか?
悩んでいます。
アドバイスを願いします。

Aベストアンサー

中学生の頃バスケット部でドリブルのしすぎで腱鞘炎になりました。
医師から同様に安静の指示がありました。右手だったので箸を持つのもままならず結局左手で箸が使えるようになるぐらい時間がかかりました。気が付けば1か月以上経っていました。
焦らないのが一番です。
動かさないでいいのなら動かさずにしているのが一番かと思います。

Q山本漢方のヨクイニン末を

山本漢方のヨクイニン末を
ご使用されている、または、
されたことがある方に質問です

1 効果はありましたか?
2 どちらで購入されましたか?
3 他にオススメの漢方やヨクイニンや錠剤はありますか?
4 ヨクイニン末はお味噌汁などに溶かして飲んでも効果あるのでしょうか?
5 一日にどのくらい摂取されていましたか?

よろしければご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

山本漢方のだったか忘れましたが、ヨクイニン末は飲んだ事ありますよ。

一袋飲み切ってそれっきりですが・・・。
薬局で購入しました。
肌がつるつるになりましたよ。

私は、お湯で溶かして一気飲みでした。
まずいけど、キレイになれるならと思いまして(笑)
摂取量は、袋に書いてあった通りに飲みました。

ヨクイニンは粉っぽいし水に溶けにくいので、飲みにくかったです。

また、15年くらい前にヨクイノーゲンという錠剤を飲んでいた事があります。
にきびの痕が赤くたくさん残っていた事に悩み、薬局で勧められて飲んでいたのですが、いつの間にかとてもキレイな肌になっていました。
その時は20歳くらいから飲み始めて、2年以上飲んでいたと思います。

1年くらい前に、肌荒れが気になった時期に、それを思い出して粉末を見つけて飲んでみたというわけです。

今錠剤があるのかどうかは不明です。

すごく高価という訳でもないので一度お試ししてみても良いかと思いますよ^^

Q整形外科で治療の為に受けるマッサージ

について教えて下さい。首&片の凝りが辛くがしばらく様子をみて改善しなかったらマッサージ等をした方がよいと医者に言われたのですが、保険は効くのでしょうか?マッサージは民間を含めてしたことがないのですが、所要時間等
具体的に知っている方アドバイスお願します。医者に聞けばいいことですが(笑)聞きそびれてしまいました。

Aベストアンサー

整形外科ではなく、接骨院だと保険はもちろんきいて、なおかつ赤外線治療やマッサージ、筋骨調整といった、骨だけでなく筋肉の炎症や痛みに対処してくれます。

また、本格的なプロのマッサージ師のいるお店だと保険はききませんが、たしかにとても効果があります。
私はここ何年かで、それらマッサージを肩から足まで色々なお店に通ってますが、やったことのない人にはだいたい一度はおすすめします。haikaraさんのようなひどい肩こりでなくてもとても気持ちの良いものですし、お値段もだいたい相場として30分で3000円くらいなので、1回のお食事会を我慢すればどうということのない料金ですよね。
マッサージにも色々あって、中国式の少し痛みをともなう「痛キモチイイ」足ツボや、またはイギリス式のマッサージ+リフレクソロジーといった眠りをさそうような優しいものと大別出来ると思います。私はその時の体調や肩こりの具合でどちらかを選択して通っています。

時間の目安はどこも30分~というのが多いようです。でも最近「クイックマッサージ」なるお店も増えてきて、会社のお昼休みや帰りに15分くらいの急ぎでお願いする方が多いみたいですね。

私のおすすめは上体だと「15MOMU(フィフティーン・モム)」。上記のクイック・マッサージです。でもコースが色々あって、もっと長時間でも予約制で頼めます。ここはツボ押しの方でそんなに痛くもありません。色々な場所にチェーン店があるので一度試してみてはどうでしょう。
足なら「QueensWay」です。ここはイギリス式の方で、アロマテラピーを重視したとても香り良い店内と落ち着いた内装で、どちらかというと女性客が多いですね。

これらのお店だけでなく、マッサージのお店ではどこもたいてい新陳代謝を促すために、施術後はハーブティーやオリジナルティーを無料で飲ませてくれます。


以下にURLをご紹介しますので、参考になさって下さい。
<15MOMU>
URL:http://www.arrows-systems.co.jp/15momu/
<QueensWay>
URL:http://www.raja.co.jp/salon.html

整形外科ではなく、接骨院だと保険はもちろんきいて、なおかつ赤外線治療やマッサージ、筋骨調整といった、骨だけでなく筋肉の炎症や痛みに対処してくれます。

また、本格的なプロのマッサージ師のいるお店だと保険はききませんが、たしかにとても効果があります。
私はここ何年かで、それらマッサージを肩から足まで色々なお店に通ってますが、やったことのない人にはだいたい一度はおすすめします。haikaraさんのようなひどい肩こりでなくてもとても気持ちの良いものですし、お値段もだいたい相場として30分...続きを読む

Q漢方薬のヨクイニンと桂枝茯苓丸は同時に摂取しても良いのでしょうか?

漢方薬のヨクイニンと桂枝茯苓丸は同時に摂取しても良いのでしょうか?

先日、貧血の原因を調べるために婦人科で検査をしたところ、小さな子宮筋腫が
あると言われ、貧血の薬と桂枝茯苓丸を処方されました。
その時に、「貧血の薬を飲んでいる間に頭痛薬や風邪薬を飲んでも良いのですか?」
と聞いたところ問題は無いと言われましたが、漢方薬については聞き忘れてしまい
ました。

最近、顔に小さなポツポツイボ(以前、皮膚科で若年性イボと診断されました)が増
えてきたので、数年前に飲んで効果があったヨクイニンを飲みたいと思っているので
すが、ヨクイニンと桂枝茯苓丸は同時に摂取しても問題は無いのでしょうか?

1ヶ月後に再度、貧血の検査で通院をするのですが、顔のイボが日々増えているような
気がしているので、問題がないようならヨクイニンを早目に飲み始めたいと思っていま
す。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

電話で、主治医か、処方してくれた薬局に聞いてみるとよいと思います。

それか、皮膚科を受診してみるとか。
以前は効いても、今回イボにヨクイニンが効くかどうか、
また、薬を飲み合わせることで、効果が減るかもしれませんし。

回答にはなっていませんね。ごめんなさい。

Q捻挫の湿布薬

子供が部活でマラソンと筋トレをしていて捻った覚えもないというのに足首が痛いといって湿布はしていたのですが、腫れてきたので接骨院へ行ったら炎症を起こして腫れているから温めた方が良いと言われたそうです。
まだ腫れているのですが冷湿布ではなく温湿布で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

回答#2です。

温湿布と冷湿布ですが、まず最初にお伝えしたいのが
「市販の温湿布と冷湿布は、効果はほぼ同じ」だということです。
有効成分は同じようなもので、冷湿布はハッカでスースーさせ、
温湿布はトウガラシでカッカさせ、
皮膚で感じる感覚を変えているだけのことです。
実際、温湿布は熱く感じますが、実は水分の気化熱で冷やされていたりします。
なので、市販の温湿布か冷湿布かで悩んでおられるのならば、
どっちでもいい(あまり関係ない)ということになります。

次に、本当に温めるという意味ですと、温泉の湯治を想像してください。
けがをしたり腰痛が起きたりして、だいぶ日数が経つのになかなか治らない、
そんなときに温泉に湯治に行きますよね。これが「温めて治す」ことです。

簡単に言えば、捻挫などのけがをした場合、
最初は炎症を起こしているので、炎症を鎮めるために冷やします。
ちなみに、炎症とは[発熱][発赤][腫脹][疼痛]の四徴を指します。
この四徴がある間は冷やします。
これらがおさまってからは、血流を多くし、患部の新陳代謝を活発にして
患部の組織を修復するために、温めることが効果的です。
(補足:発熱・発赤・腫脹が治まっていれば疼痛緩和のために温める場合も
 あります。腰痛などの場合がこれにあたります。)

個人的な意見を言わせて頂けば、
レントゲンも撮っていない状況で、
軽い骨折とか腱の断裂などがあるかどうかもわかっていない状況で、
お風呂や湯たんぽなどで本格的に温めることはあまりお勧めしません。
(あくまでも個人的な見解です。お子様の患部を診察したわけではないので)

回答#2です。

温湿布と冷湿布ですが、まず最初にお伝えしたいのが
「市販の温湿布と冷湿布は、効果はほぼ同じ」だということです。
有効成分は同じようなもので、冷湿布はハッカでスースーさせ、
温湿布はトウガラシでカッカさせ、
皮膚で感じる感覚を変えているだけのことです。
実際、温湿布は熱く感じますが、実は水分の気化熱で冷やされていたりします。
なので、市販の温湿布か冷湿布かで悩んでおられるのならば、
どっちでもいい(あまり関係ない)ということになります。

次に、本当に温めるという意味...続きを読む

Qヨクイニン末の飲み方

いつも詳しい回答ありがとうございます。

今回の質問ですが、今@コスメのサプリメント部門で気になっているヨクイニン末についてのことです。
(URL→http://www.cosme.net/product/product/product_id/315118)
このたびこちらの商品を購入したのですが、用法用量についてあまり詳しいことが書いてありません><;
一番効果のある飲み方があったら是非教えてください。
また、ヨクイニン末で効果があったというご意見があったら、そちらのほうもよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1回5g程度を、一日三回、空腹時(食前30分又は食後2時間)に
服用するといいと思いますよ。1回10g以上服用しても、問題はないそうです。
(最大で一日60g以内)

私は、ヨクイニン末ではなく、ゼファーマの「新エバユースB26」を飲んでいます。
この商品には、ヨクイニンは原生薬として、たった1.4gしか
入っていませんが、ニキビにとても効果がありましたよ!

ヨクイニン(ハトムギ)は、皮膚の新陳代謝を良くして、老廃物を排泄する働きや
排膿作用があり、ニキビを始め、肌荒れ、シミなどに効果があると言う事です。
利尿作用もあるみたいなので、普段むくみがちな人にもいいみたいですね。

Q胃腸炎(憩室炎)は定期的?

一週間ほど前から腰に違和感があったのですが、それが数日前から下腹部の痛みになり、今日病院へ行った所「憩室炎」との診断で症状そのものは然程酷くなかったので抗生物質の点滴にて今のところは収まっておりますが、こういった事が半年ぐらい前にあって担当医からは「過食、過飲、ストレスに注意」と言われました。前回の発病から再発が怖かったので自分なりに注意はしてたつもりです。特に今回はストレス要員が大きかったのでは?と自分なりには解釈しております。

私は元々腸が弱い体質のようで、結構お腹が下りやすいのですが、この体質を改善しないと上記したような腸の痛みは定期的に続くのでしょうか?今後の事を考えると多少なりとも不安です。今後の注意事項並びに改善策等ありましたらご教授願えると幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして

 私も憩室炎に2回ほどかかりました。
環境が大きく変わったときと、疲労がたまっている時でした。
 やっぱり、そういう状態の時によくおこるようです。
ちょっとまずいなと思ったら、あらかじめ整腸剤を飲むとか、無理をしないとか、冷やさないとか、そういう地道なことが痛くなる前に必要だと思います。
もちろん、痛くなったら、早く病院にかかることと。
 
 あと、腸の検査は前回されたのでしょうか?それで、憩室があるのはちゃんと確認されてるんですよね?
dolphin36さんが女性か男性かちょっとわからないのですが、もし女性だったら、憩室炎に似た症状で、卵管や卵巣関連の炎症や痛みのこともあるので、ちょっと気になりました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報