義母が、最近頻繁に眼の疲れを訴えており、眼がシバシバして開けていられないとか、とにかく眼を開けているのが辛いと言います。
そこで、数日前に総合病院の眼科を受診したらしいのですが、そこでの先生からは「けつまくかんししょう」という診断を受けたそうです。義母は「かんししょう」には緩むという漢字がついていた、と言います。
先生が言うには、その病名は、新しい病気で、手術でしか治らないらしいのです。
医療関係のホームページなど、いろいろ探してみましたが、新しい病気だからか、全く見つかりませんでした。
どなたか、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいのです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「結膜弛緩症」ではないでしょうか?


もしそうでしたら、参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://takara.ne.jp/kohchi/syujyutu.html#04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、私も医療の仕事をしていながら、「かんし」を弛緩ではないかと疑問に感じずにいました。・・・情けない。
多分、「結膜弛緩症」ではないかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/07 10:47

眼科医です。


おそらくは、下の解答でADEMUさんがおっしゃっているように「結膜弛緩症」
のことだと思われます。

最近頻繁にドライアイ関連の学会で目にする病名であり、新しい治療法が提唱されていますが、まだ一般的とは言えません。
京都府立医大の横井則彦助教授などの発表や論文が有名ですので、お近くなら受診されてみては如何でしょう。

ただし「結膜弛緩症」という病気は、失明するとか言う重い病気ではなくて、年配者には時折見られる現象であり、大抵は手術ではなくて点眼薬等の対症療法で様子を見ることが多いです。
要は、年を取って弾力性がなくなったために白目にシワが寄るということですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、弛緩を「かんし」で検索しても、見つかりませんよね・・・
現在、手術は絶対イヤらしく点眼薬で様子を見ているようです。
専門的なご回答、どうもありがとうございました。さっそく母に伝えてみます。

お礼日時:2002/01/07 10:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正常眼圧緑内障と診断されて2年、点眼治療をしています。 眼圧を下げる目薬ですので眼が引く感覚はありま

正常眼圧緑内障と診断されて2年、点眼治療をしています。
眼圧を下げる目薬ですので眼が引く感覚はありますが自覚症状はありません。
しかし、いつ症状がでるのか恐怖でストレスにもなります。
緑内障は真面目に点眼していれば視力維持はできるのでしょうか?またセカンドオピニオンはした方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

自分も緑内障です。

>いつ症状がでるのか恐怖
とのことですが、質問者様はまだ視野の欠損はないのでしょうか?
私は視野検査をすると左目の視野が欠けてます。
生活の中では全然気になりませんし、分かりませんけどね。
分からないのですから、定期的に検査をして、症状が進行しなければ問題なしと考えてます。

>真面目に点眼していれば視力維持はできるのでしょうか
効果のある薬であれば、でしょう。
薬の種類はいろいろありますから、効果がなく進行するようなら、薬を増やしたり別の薬に変えたりするようです。

そのためにも定期的に検査を受けることが大切ですね。
間違っても視野検査でズルして、見えるフリなどしないようにしましょう。

Q眼の病気について教えて下さい。

眼の病気についてですが、右目がワカメみたいなゴミみたいなものが8月から見えるようになりました。そのほかにも黒い小さな点々がみえます。これって飛蚊症でしょうか?眼科に行かなくてはならないのですが、いつも眼科が混んでいて億劫になってしまいます。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どこの眼科でも 込んでいますよ!早く眼科にいかれないと 大変なことになります。

Q心の病気とはどんな病気ですか。 発達障害も心の病気なのでしょうか。 私には発達障害があり心の病気か脳

心の病気とはどんな病気ですか。
発達障害も心の病気なのでしょうか。
私には発達障害があり心の病気か脳の障害なのか知りたいんです。障害とか心の病気に詳しい人教えてください。

Aベストアンサー

支援学校教員です。

医学上「心の病気」と言う項目はありません。ただ、世間一般的なイメージで「心の病気」=「精神病」と言うのはあります。

また「発達障がい」は「脳の機能不全」で、いわゆる「精神病」と言う日本のイメージには当てはまりません。ただし、あくまで「日本のイメージ」です。

現在、多くの「精神病」が「脳の中のホルモンバランスのくずれ」などが「原因ではないか」と言われ出しています。ですので「色々な薬」が開発されているのです。

また、アメリカの精神医学会の診断基準「DSM―5」では「発達障がい」は「精神病」の分類になっています。取り扱う医師が「精神科医」であるのは、その「分類」があるからです。

あなたは「発達障がい」=「精神病」となって欲しくないのは、「精神病」のマイナスイメージが嫌だからですか? それならば「発達障がい」は「脳の機能不全」と説明をされるといいでしょうね。

Q眼から新たな病気?障害?

今回、ソフトコンタクトを欲しくて、眼科に行きました。
私は今25歳で、小さい頃から遠視&乱視&内斜視&弱視で
弱視の訓練も受けましたが、小学校に上がってからだったのであまり効果もでませんでした。
視力は左が0.2 右が0.7(裸眼)
私は自分の目の事は知ってはいましたが、
今回の眼科で、このままあまりメガネをかけないでいると(私は右目を使ってみているので、メガネをかけなくても特に不自由は感じません)
35~40歳ぐらいになったとき、眼の影響で頭痛と吐き気で生活が困難になる、
左眼をほとんど使っていないため、左眼が鼻に寄って固定されて、
(小さい頃から左目が鼻の方へ寄って、よく怒られたので注意していて、今はたぶん無意識にしないようにしていますが、ぼけっとしている時や、疲れているときは、寄っているようです)
そして脳が左目を使うということを消してしまう、といわれました。
たしかに、小さい頃から頭痛持ち(ほぼ毎日)でしたが、20歳を過ぎた頃からあまり痛くなくなりました。
内科の先生には、頭痛で年を取ったら起き上がれなくなるとは言われたことはありますが
こんな話、今まで眼科に行っていましたが一度も言われたことがありません。
本当に10数年経ったときにこんなことになってしまうんでしょうか?
今回の先生のお話では、相当分厚いメガネでないと矯正できないし、ハードは痛くて無理だったので、
ソフトコンタクトで遠視を矯正して、乱視だけのメガネをかけて、訓練をしていったらどうかといわれました。

わかりにくい文章になってしまいましたが、ここまで読んでいただいてありがとうございます。
お分かりの方、もしくは私と同じ状況の目の方、ちょっとしたご意見でもいいのでお聞かせください。
よろしくお願いいたします。

今回、ソフトコンタクトを欲しくて、眼科に行きました。
私は今25歳で、小さい頃から遠視&乱視&内斜視&弱視で
弱視の訓練も受けましたが、小学校に上がってからだったのであまり効果もでませんでした。
視力は左が0.2 右が0.7(裸眼)
私は自分の目の事は知ってはいましたが、
今回の眼科で、このままあまりメガネをかけないでいると(私は右目を使ってみているので、メガネをかけなくても特に不自由は感じません)
35~40歳ぐらいになったとき、眼の影響で頭痛と吐き気で生活が困難になる、
左眼をほ...続きを読む

Aベストアンサー

>35~40歳ぐらいになったとき、眼の影響で頭痛と吐き気で生活が困難になる

…おそらく遠視では老眼の症状が早く自覚されるため、近業が困難になり、そのような症状が起こる可能性があるという意味合いだと思います。遠視の度数がどの程度かは分かりませんので、正確なところは言えません。この他、眼が原因で起こる頭痛には緑内障などもあります。

>小さい頃から左目が鼻の方へ寄って、よく怒られたので注意していて、今はたぶん無意識にしないようにしていますが、ぼけっとしている時や、疲れているときは、寄っているようです

…推測ですが、調節性の要素を持った内斜視のタイプなのでしょうね。何かを見ようとすると調節力が働き、同時に神経の作用で輻輳(眼が内に寄る運動)が起こります。ですので、ぼんやりしている時にはそれほど内斜視は目立たないが、じっと何かを特に近くで見ると余計に内斜視がひどくなりませんか?

>左眼をほとんど使っていないため、左眼が鼻に寄って固定されて

…斜視が存在する場合、交互に使用する眼を使う方では弱視に陥りにくくなりますが、いつも斜視になる眼が決まっている場合(左右の度数差がある不同視の方に多いですが)、斜視眼が弱視になります。幼少時からこのような斜視がある方では、日常生活では斜視眼に抑制(脳でその眼の情報をシャットアウトする働き)が掛かるため、健眼による単眼視の状態にあります。このおかげで複視(物が二つに見える)が自覚されません。しかし当然立体視はできませんので、3Dなどで立体感を楽しむことはできません。ですが、日常生活には不自由を感じる方はいません。
また、この抑制の状態が長く続くと、将来的には斜視角はさらに大きくなり、恒常性の内斜視の状態になる可能性はもちろんあります。眼を使わないでいる「廃用性斜視(感覚性内斜視)」の状態を医師は言っていたのでしょう。

遠視の度数がどの程度か、内斜視のタイプは正確にはどうなのか等、詳細な情報がないので正確なアドバイスはどの回答者にも無理かも知れませんが、調節性内斜視のある方の場合は、できる限り遠視は矯正して生活する方が整容的にも眼への負担の軽減のためにもなると思います。

不安であれば、もう一度その眼科医かセカンドオピニオンで他の眼科医にも相談されてはいかがでしょうか?

>35~40歳ぐらいになったとき、眼の影響で頭痛と吐き気で生活が困難になる

…おそらく遠視では老眼の症状が早く自覚されるため、近業が困難になり、そのような症状が起こる可能性があるという意味合いだと思います。遠視の度数がどの程度かは分かりませんので、正確なところは言えません。この他、眼が原因で起こる頭痛には緑内障などもあります。

>小さい頃から左目が鼻の方へ寄って、よく怒られたので注意していて、今はたぶん無意識にしないようにしていますが、ぼけっとしている時や、疲れているときは...続きを読む

Q眼の病気に詳しい方へ

遠距離の彼がいます。
彼と友達以上に仲良くなれたきっかけは、彼が眼の病気だったから…。

健康診断で視神経陥凹と診断されたよ。。と打ち明けられたときに、
私は仕事上、眼科との付き合いがあったので、
院長先生にいろいろと症状・治療アドバイスを聞いて、
彼に分かる範囲で教えてあげたら、
病院にもすぐに行ってくれてたし、すごく感謝されて。。
それが私にとってはとてもうれしい出来事でした。

ところが今年の健康診断でまた同じ結果が出たよと、教えられました。
もう視神経の傷はもう治らないことと
定期的な検査や目薬などの治療をこれからずーっと続けないといけないことを話したら、ひどくショックを受けてしまったんです。
私は知ってるものとして話したのですが。。勘違いしてたのでしょうか。

治療を受けてれば、大丈夫だよって励ましたのですが、
それからずっと元気がなくて・・・。連絡もとれないし。。
彼は、映画関係の仕事で、ライターとしても仕事をしてるので、
眼をだいぶ酷使しています。
普段は穏やかで明るい人なのに、
落ち込むってことは相当ダメージが大きいみたいで…。

適切なアドバイスや励ましがうまくできるといいのですが、
彼を元気づけるにはどうしたらいいでしょうか。。
私の話は間違ってないでしょうか。。
いろんなことに今不安を感じています。彼のことが心配です。

遠距離の彼がいます。
彼と友達以上に仲良くなれたきっかけは、彼が眼の病気だったから…。

健康診断で視神経陥凹と診断されたよ。。と打ち明けられたときに、
私は仕事上、眼科との付き合いがあったので、
院長先生にいろいろと症状・治療アドバイスを聞いて、
彼に分かる範囲で教えてあげたら、
病院にもすぐに行ってくれてたし、すごく感謝されて。。
それが私にとってはとてもうれしい出来事でした。

ところが今年の健康診断でまた同じ結果が出たよと、教えられました。
もう視神経の傷はもう治ら...続きを読む

Aベストアンサー

 視神経乳頭陥凹は緑内障を疑わせる所見です。若い方でもしばしば認められ、気になる場合には、視野検査を受けていただきます。視野検査で異常がでなければ経過観察で治療も要りません。ただ、その視神経乳頭陥凹という所見自体は、変わることがありませんから、毎年検査でひっかかるのはしょうがないと思います。お若い方なら、2~5年に1回、40歳以上であれば、一年に1回、視野検査で経過を観察します。家族歴(血縁者に緑内障がある場合)は、将来的に緑内障がでてくる可能性が高いかもしれませんが、視神経乳頭陥凹拡大がある方みなが、緑内障を発症してくるわけではありませんし、万一軽い視野異常がでてきたとしても、今は、いい点眼薬がいっぱいでていますから、そんなに気に病むことはないと思います。先天的に視神経乳頭陥凹の大きい方も結構おられるので・・・。ただ、眼科医としては、疑わしきは検査をとなりますので、毎年検診でひっかかるのでしょう。彼に今一番必要なのは、信頼できる眼科の主治医を見つけることでしょうか。まともな眼科医であれば、視野に異常がなければ不必要な点眼治療をしたりはしないし、どの程度定期的に検査すればいいか、ちゃんと指導してくれるはずです。とにかく、検診でひっかかることと、要治療とは別物であることを話してあげてください。

 視神経乳頭陥凹は緑内障を疑わせる所見です。若い方でもしばしば認められ、気になる場合には、視野検査を受けていただきます。視野検査で異常がでなければ経過観察で治療も要りません。ただ、その視神経乳頭陥凹という所見自体は、変わることがありませんから、毎年検査でひっかかるのはしょうがないと思います。お若い方なら、2~5年に1回、40歳以上であれば、一年に1回、視野検査で経過を観察します。家族歴(血縁者に緑内障がある場合)は、将来的に緑内障がでてくる可能性が高いかもしれませんが、視神経乳...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報