いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

51パーセント(過半数)の自社株を保有してる会社が、新株を多く発行してしまうと、自社株持分は51パーセントを下回ってしまいますよね?そこでその会社は、自社株の保有51パーセント以上を保とうとするために、発行新株の過半数を自社で購入しますよね?このときの購入代金は借入金でも可能?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

新株を発行するのは 資金調達が目的


しかも 返さなくても良いお金。

その資金調達の目的は
利息の高い借入金の返済か
新規の事業への投資
設備投資等に 使われるのが普通です。

ご質問の様な事をされて意味があるとは
とても思えません。


持株か51%以下に成るのが嫌なら
最初から 新株の発行などはせず
銀行から 借り入れすれば
良いことなんですけどね。

長いレンジで考えれば
上記の理由で 資金調達して
余剰金が出たところで
余剰金で自社株の購入 
償却も考えられますが。
    • good
    • 0

仮に100億円の資金調達をすると仮定すれば50億借金するわけですが…。

質問の答えは「可能」としかいえませんが、こんなことを
本気でやったら市場から笑いものにされるでしょうし、その他の株主
は怒るでしょうね…。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社長が自社の株を51パーセントくらいもっていれば、会社を売却することは可能?

社長が自社の株を51パーセントくらいもっていれば、会社(営業権も資産も株もすべて)を売却することは可能?

Aベストアンサー

会社は売却できませんが、51%の株式を持っていれば経営を支配できますから、持ち株全部を売れば実質的には会社を売ったことになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報