逓減型定期保険について教えて下さい。

1.逓減する率が少ないものを探しています。(50%以上)
  ソニー生命では20%型とのことでした。他の会社ではどうでしょうか?

2.将来インフレを想定すると、逓減型は危険でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

加入の目的と50%以上の理由が良くわkりませんが、


1.東京海上あんしん生命では40%型・60%型があります。
2.インフレリスクは確かにありますが、現状がデフレスパイラルと騒がれている  状況では10年ぐらいは心配無いと個人的には考えています。
  遺族年金などの保障は今の制度ではインフレになると支給額も増えるので、イ  ンフレ分を全部自分で保険に頼る必要はありません。

加入目的を整理して、
 家族への生活保障(住宅費・養育費・奥さんの生活保障)「万一の場合」
 老後の生活資金「万一でない場合」
 また、一つの保険で全てに備えるより、必要な保障に合わせて、いくつかに分け ると良いでしょう。
 定期保険に収入保障特約を上乗せするというやり方もあります。
 会社により「収入保障特約」の内容が全く変わりますが、上記の東京海上あんし ん生命ではお子様の経済的な自立年齢(一般には22歳)まで毎月、○○万円を ずっと支給する特約です。満期直前で亡くなった場合でも最低5年間支給という
 設定もできます。

遺族年金などの公的保障をしっかり計算できる所に相談した方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
50%以上にこだわったのは、20%では不安があり、かといって平準型では割高であるため、その中間をとったという理由です。
ご回答、参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/15 23:14

1,東京海上あんしん生命は60%だそうです。


聞いてみるといいとおもいます。

2,インフレ対策として「変額保険」を一つもたれたらいかがですか?
ファンドとしては「日本株」中心にして、60%以上の割合で組めばいいと思いますよ。
 変額保険は定額保険に比べ、保険料が安いので終身で持ちたいならそのほうがいいと思います。
 ソニー生命は今月から予定利率上げているので、保険料が下がっていますから、加入時かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
東京海上あんしん生命を調べてみます。
変額の終身も早速聞いてみたいと思います。

お礼日時:2002/01/12 14:44

1については、大同生命であたってみると良いと思います。



2について

逓減定期保険は、一定の期間における掛け捨て保険です。
その保障額が徐々に減額すると伴に、掛け金の額も徐々に減額するものです。

この保険が向いているパターンは、
子供が小さく、お父さんにもしもがあったときを手厚くしたい。年数が経って、子供が成長すれば、保障額を小さくしても良い。というようなパターンです。

ただし、掛け捨てですから、お父さんの年齢が例えば60歳までの契約であれば、61歳で亡くなったら保険金はゼロです。

つまり、インフレ懸念は契約年齢以内に亡くなった場合、ということになりますね。
kue-kさんがインフレを懸念されるなら、逆に逓増定期というのもあります。
ただし、掛け捨て定期保険ですから、掛け金の負担が終身保険に比べて格安になりますので、保障額を多めに設定するという方法もありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大同生命について調べてみます。
確かに、保障額を多めに設定するという方法もありますね。

お礼日時:2002/01/12 14:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治安田生命の逓減定期保険について教えてください

明治安田生命の保険について教えてください。
私の母親の知り合いが明治安田生命の保険外交員(おばさん)で、
十分な説明もなく保険に家族全員入ってしまいました。
父・母とも68歳になり月々の負担額を考え、見直しを考えています。

平成12年に、逓減定期保険特約付5年毎利差配当付終身保険マスターライフEに、転換845000円を払って加入しました(当時61歳男)。
主契約:終身100万円
逓減定期保険特約:900万円
特定疾病保障定期特約:100万円
傷害特約:100万円
逓減定期を外したいと思っていますが、外交員には出来ないと断られました。ですが、いまいち信用できません。本当に特約部分のみは解約できないのですか?
また、今解約した場合、転換に使った残額分は戻ってこないのですか?

どうぞ、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>本当に特約部分のみは解約できないのですか?

QNo.3422901をご参照ください。保険会社によっては、定期特約を外し終身保険のみを残すことができない保険会社があります。保険会社の内規上(都合上)終身保険○○○万円に対し、定期特約(死亡保障)を○○○万円つけなければならない、となっているのです。もちろん終身保険のみを残し、特約部分をすべて解約できる保険会社もありますが、ご質問の保険会社ではできないのでしょう。カスタマーセンターにお問い合わせください。

>また、今解約した場合、転換に使った残額分は戻ってこないのですか?

転換の仕方によります。転換の方法は3種類。主契約転換、特約転換、主特転換です。転換時、主契約転換をされている場合は、転換時に支払った845000円は、主契約(終身保険)に充当されているので、解約返戻金(解約したときにもどってくるお金)は増えています。特約転換されている場合には、845000円は定期特約(掛け捨て)部分に充当されていますので払い込み満了まで掛けつづけると845000円は0円になります。主特転換されている場合には、845000円の一部を主契約に、残金を特約に充当する転換方法です。この場合の解約返戻金は、主契約・特約に充当している割合によります。保険証券をご覧になってください。契約時からの解約返戻金の推移が明記されているはずです。分からない場合には、カスタマーセンターに問い合わせるとよいでしょう。

結論

おそらく特約部分のみの解約はできませんので、終身保険だけでかまわないのであれば、「払い済み」にされるとよいでしょう。「払い済み」については、QNo.3422901をご参照ください。

>本当に特約部分のみは解約できないのですか?

QNo.3422901をご参照ください。保険会社によっては、定期特約を外し終身保険のみを残すことができない保険会社があります。保険会社の内規上(都合上)終身保険○○○万円に対し、定期特約(死亡保障)を○○○万円つけなければならない、となっているのです。もちろん終身保険のみを残し、特約部分をすべて解約できる保険会社もありますが、ご質問の保険会社ではできないのでしょう。カスタマーセンターにお問い合わせください。

>また、今解約した場合、転換に使...続きを読む

Q生命保険の逓減型にしてムダをなくす

生命保険の逓減型にしてムダをなくすためにS保険会社に行きました。
けれど担当に若い営業マンが出てきて、ひたすらどうしましょう?と言われ、たよりないかんじで、保留しています。
そこでフェードアウトしそうです。

どこかムダを無くせ、営業マンに頼りがいと安心感のある保険会社はありませんでしょうか。

Aベストアンサー

保険選びは、担当者選びと言われています。
ちゃんとした担当者を選ぶことが、結局は、一番得なのです。
どの会社にも優秀な担当者もいれば、そうではない人、
新人もいれば、ベテランもいます。

では、どうすれば良いのか……
これは、数を当たるしかありません。
一人だけなら、良くても悪くても、その一人しか選択できません。
二人ならば、良い・悪いという選択ができます。
三人、五人、十人……
とても、面倒です。
でも、何十万、何百万も払う保険です。
いざと言うときには、千万単位のお金が動くのです。
担当者選びに時間をかける価値があるのです。

Q全期型定期保険と更新型定期保険について

定期保険には全期型と更新型があるのは存じておりますが、具体的な商品面などご紹介いただけますか。
たとえば、保険ではありませんが都民共済の「総合保障型」などは全期型になると存じております。

Aベストアンサー

商品性については既に良答がありますので、補足までに。

都民共済は全期型ですね。保障期間の満了までの中途に更新がないのが「全期型」です。
商品としてはどちらが得かとも言い切れませんが(加入時の掛け金は更新型が安く、総払込額では全期型が安い)、都民共済の商品性としては、年齢別料表を用いていないので、「若い人ほど割高であり、高齢加入ほど有利」となります。これは全期型の共済の特長で、「若い=割高」だが「保障期間は長い」、高齢加入なら「保障期間が短い=掛け金も安い」となります。

ちなみに蛇足ですが、全期型定期保険には通常解約金があり(最近では「無解約金型」等もある)、中には中途解約した際にそれまでの払込み掛け金以上の解約金が貯まっているものもあります。その特性を応用した保険加入は一般ではあまりないですが、覚えておいて損はありません。
30歳加入で60歳満了、という全期型の場合の掛け金は、30歳加入15年更新型という場合での45歳時点での更新掛け金に近くなります。つまり30歳からの15年では払い過ぎ、その分を残り15年で費やす、という仕組みです。ですから、その過大部分が中途解約金として一時期積み立っているわけです。が、これも45歳以降満了までに徐々に切り崩され、60歳時までくると全て使い切ってしまって、返戻金は結局「0」となります(掛け捨て)。しかし、この、中途での解約金率の高さを応用して終身保険よりは安く、しかも掛け捨てではない大型保障を実現させることができる技術もあります。

商品性については既に良答がありますので、補足までに。

都民共済は全期型ですね。保障期間の満了までの中途に更新がないのが「全期型」です。
商品としてはどちらが得かとも言い切れませんが(加入時の掛け金は更新型が安く、総払込額では全期型が安い)、都民共済の商品性としては、年齢別料表を用いていないので、「若い人ほど割高であり、高齢加入ほど有利」となります。これは全期型の共済の特長で、「若い=割高」だが「保障期間は長い」、高齢加入なら「保障期間が短い=掛け金も安い」となります。

...続きを読む

Qソニー生命 変額保険終身型オプションA について

 はじめて質問させて頂きます。今、父の保険について検討中なのですが、保険について全くの素人なので、いろいろと教えて頂きたいです。
 今、死亡と医療保険を考えていますが、タイトルのとおり、ソニーさんの死亡保障で設計書を作って頂いたのですが、

リビング・ニーズ特約(04)
ナーシング・ニーズ特約(04)
払方/前期前納
保険期間/終身 
払込期間/03年 
保険・給付金/200万円
初回保険料/468,064円
前納保険料/929,107円 
総合計1,397,171円
前納回数/2回
参考保険料/月払保険料39,700円

とあります。担当の方から、もし、余裕があれば・・・とのことで、前納で設計して頂いたのですが、今日、設計書が届いて、見てみると解らないことだらけです。

払込期間/03年ってどういう意味なのでしょうか?
総合計1,397,171円を1回払えば、一切払わなくていいのではないでしょうか?
もしかして、月払保険料39,700円×12ヶ月×3年=1,429,200円だから、1回か3年かけてかどちらかの支払いといういみでしょうか?
前納回数/2回ってどういう意味なのでしょうか?
人は、必ずいつかは死ぬのですから、139万払い込んで200万の保険金が必ずもらえる(61万円の得?利息みたいなもの?)ということなのでしょうか?
 貯金感覚で保険に入れば今の利息のことを考えたら全然いいと思うんですが・・・・なんだか、ウマイ話みたいに解釈しているようなので、どなたかツッコミお願いします。
 死亡保障でお勧めの保険がありましたら、教えてください。お願いします。

 はじめて質問させて頂きます。今、父の保険について検討中なのですが、保険について全くの素人なので、いろいろと教えて頂きたいです。
 今、死亡と医療保険を考えていますが、タイトルのとおり、ソニーさんの死亡保障で設計書を作って頂いたのですが、

リビング・ニーズ特約(04)
ナーシング・ニーズ特約(04)
払方/前期前納
保険期間/終身 
払込期間/03年 
保険・給付金/200万円
初回保険料/468,064円
前納保険料/929,107円 
総合計1,397,171円
前...続きを読む

Aベストアンサー

ちなみに「前期前納」は「全期前納」ですね。

払込期間/03年というのはこの商品が3年払込の変額保険(終身型)という事になると思います。これを全期前納する場合は初年度が年払いで1年分+前納分(2年分)となります。

払込方法には月払い、半年払い、年払いがあります。保険料は当然ですが月払い×12>半年払い×2>年払いとなります。前納する場合には2年目以降の保険料にも割引が入りますが、多分1%程度だと思います。

>人は、必ずいつかは死ぬのですから、139万払い込んで200万の保険金が必ずもらえる(61万円の得?利息みたいなもの?)ということなのでしょうか?

という事です。期払いの終身型の保険は総じて払込保険料より保険金額が大きくなります。ですが、当然ですが同じ保険でも高齢になれば保険料は保険金額に近づいていきます。

全期前納で支払う場合に、1年以内に亡くなられた場合には保険金額+残りの前納保険料も戻ってきます。

更に変額保険の保険金額は最低保証ですから、特別勘定の運用次第では更に保険金額が大きくなる可能性も持っている保険です。

ちなみに「前期前納」は「全期前納」ですね。

払込期間/03年というのはこの商品が3年払込の変額保険(終身型)という事になると思います。これを全期前納する場合は初年度が年払いで1年分+前納分(2年分)となります。

払込方法には月払い、半年払い、年払いがあります。保険料は当然ですが月払い×12>半年払い×2>年払いとなります。前納する場合には2年目以降の保険料にも割引が入りますが、多分1%程度だと思います。

>人は、必ずいつかは死ぬのですから、139万払い込んで200万の...続きを読む

Qソニー損保とソニー生命

現在ソニー損保の「SURE」の加入を検討中のものです。色々と勉強中ですが、ソニー損保の格付けはどこを見ても掲載されていませんがソニー生命と同等と考えてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 ソニー損保の「格付け」について
多分、格付け会社に依頼していないのではないでしょうか?会社として、ある程度の規模になったら出てくると思います。
 「SURE」はなかなか良い商品だと思いますが、注意点を挙げておきます。
(1)通販をメインとしているため、手続きを自分もしくは家族がしなくてはならないこと。
(2)一入院60日のため、長期入院になり、生活費が大変になる時には給付金の支払いが終わってしまっていること。「一入院」とは、一般的に退院後一定期間内に同じ疾病で再入院した場合は一入院の日数に数えられます。
 上記のことは、一泊入院から給付される医療保険の特徴ではありますが、意外と知られていません。
 アドバイスとしては、SURE+長期入院対応の医療保険をお勧めします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報