私の積年の疑問です。もしここOKWebと出会わなかったら多分墓場まで持っていくだろうと、思っていました。
私の友人が、ある時ある女性とホテルにしけこみ、さあいよいよムフフというところでシャワーから出てきた女性を見て「ギャー!お、お、おまえは誰だ!。」といったそうです。
そこで私のこの疑問を持ったのです。
女の人は化粧(化けて装った)後の自分を好きになって欲しいのでしょうか、私の考えでは、むしろ逆の方が格好いいのではないか。つまり普段ぜんぜんラフな格好で化粧もしない女性が、いざというときにビシッと決めていたら、すごく格好いいと思うのですが、、、
それから例えば動物は一般的に雄の方が華やかだといいます。例、孔雀でも羽がきれいで派手なのは雄の方ですよね。これはやはり雌の気を引くためでしょうか。
またテレビでよく所謂秘境の地の部族の方(注、決して私は彼らに対して差別や偏見をもっているわけではありません一応念のため)を見ますとやはり派手な化粧や装飾品を身につけているのは男性の方だと思います。
すいませんアバウトな質問で、色々な角度(切り口)からの見解が、あると思いますが、あなたなりの見解をお聞かせ下さい。どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

答えは簡単です。



「みんながやってるから。」

もちろん、最初に始めた人達がなぜ化粧したかについては、多分下のcool104さんがおっしゃっているような理由があったのでしょうが、現代人は文化に生きる動物なので、仮に多少動物としての本能にそむく行為でも、それが文化ならば、概ね従うでしょう。(これに思いっきり反抗する人達の手によって、文化は少しずつ変化していくのだと思います。)
なので、少なくとも大多数の女性にとっては、周りが化粧するから自分も化粧するのです。少なくとも現代日本においては、「女性は化粧をする」という文化があるのですから。(恐ろしいほどの化粧を肯定しているわけでも、また化粧をしない女性を否定しているわけでもありません。個人的にはほとんど化粧しない女性の方が好きです。)
もし、明日街に出たとき、出会う女性が片っ端からすっぴんだったら、恐らく大多数の女性は慌てて家に帰り、化粧を落とすと思いますよ。

以上、断言口調で書きましたが、私は男性なので、あくまで社会心理学的(?)に見た推測です。

この回答への補足

実にわかりやすい回答有り難うございます。atsuota様。
すごく納得しました。
もし明日街に出た時、出会う男性が片っ端からスカートをはいていたら、恐らく私は慌ててスカート買いに行くと思います。
ええ少なくとも現代日本においては、
納得したのですが、私が特に興味を持つのは、むしろ最初に始めた人たちなのです。そして私の勝手な推測では、おそらく昔々は化粧は男がしていたのでは?と思っているわけで、そこから現代日本までの時間の経過の中でなぜ、いつ頃女性が化粧するようになったのか?というような所も教えていただけたらうれしいです。もちろん私の勝手な憶測自体が間違っているのかもしれませんが。

補足日時:2000/12/17 14:34
    • good
    • 1

「私はノーメーク主義だ」のkuma-oです。


主義、って言うほどの大層なものではなくて、
単に面倒なので化粧をしてないだけです。
#今は無職で家で雑用をしてる毎日なので、
#化粧する必要を感じないので…。
だんだん年をとってくるにつれ、
そろそろ化粧しなければいけないかな~、
とは思っているのですが。

そんな私が化粧をする時(5分で終わります)は、
繁華街に買い物に行く時ですね。化粧をして
だらけている自分に気合いを入れるというか、
気分にメリハリをつけるような感じです。

今、おつき合いしている男性もいるのですが、
その人と会う時もノーメークのことが多いですね。
私としてはキレイ(?)な自分も見てもらいたい
ので化粧はした方がいいかな~、と思うのですが、
化粧をしてると「しない方がいい」って言われてしまいます。

以前につき合っていた彼氏とある日デートをした
時に、時間があったので念入りに化粧をして
(普段しないマスカラをした)行ったら
「目がこわい」って言われたこともありました(>_<)。
(私の顔は地味で、化粧しても派手になる訳では
ないのですが。テクニックがないので、
塗りたくったようになってしまったのかも。)
#質問にあるご友人の場合とは逆ですね。

私は、男性にはやはり素顔を好きになって
もらいたいと思うのですが、キレイに見せようと
化粧をする努力(?)は認めてもらいたい…
とも思っています。

こんな回答でもよろしいでしょうか?

この回答への補足

<<回答して頂いた方々へ>>
この質問は、くどいようですが、私の積年の疑問であり、
たくさんの方から回答を頂け本当に感謝しております。
改めて読み直してみますと、この線の延長線上には、私の求めている回答は出てこないような気がして参りました。(どうかお気を悪くしないでくいださい。)
と申しますのは、私自信が、自らの質問をちゃんと把握していないまま質問してしまったため質問の焦点がアバウトであること。と、更に私が、やや受けねらいに走り自ら脱線をしてしまったこと。が、原因であることは、明白です。しかしながら皆様からの回答に助けられかなり自分の中で見えてきました。もしかしたらもう一度この問題を
考え整理し自分の質問が明白になりましたら、もう一度質問させていただくかもしれません。その時は又よろしくお願いします。今回この質問をさせていただき本当に良かったと思っております。ありがとうございます。

補足日時:2000/12/25 05:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どもkuma-o様。
ノーメークで、彼と会えるというのは潔いですね。
とりあえずおまえは誰だ!状態にはならないし。
良いことずくめでは、ありませんか。
それに「しないほうがいい」と言われるのでしたら、
もしかするとあなたは気をつけたほうが良いのでは。
いじめにあう可能性があります。(笑)
またよろしくお願いします。

お礼日時:2000/12/22 16:44

「私は特殊メークだ」(ただし、過去)を代表してやって


まいりました。

どこが特殊メイクかと言うと、私、コスプレをしており
ました。しかも、ヴィジュアル系バンドのコス、はっきり
言ってしまえば「聖飢魔II」です。
さらに昔は、某アニメの「リン・ミンメイ」とか……、
まあ、いろいろやっておりましたの。

そういうことをしていると、感じることがあります。
それは「自分じゃない」、もしくは「特別な」自分です。
変身願望…というよりは、陶酔、自己満足の領域ですが、
なかなかイイ気分になります。
でも、コレは誰でも経験していることではないのかしら?
だって、七五三や結婚式でいい衣装を着ると、なんとなく
気分が華やぐものでしょう?

メイクも、メイクした自分が綺麗であればあるほど、
嬉しいものですわよ、女性心理として。
そこから、自信も生まれますし……とすると、常に
美しく輝いているために、メイクは欠かせなくなって
しまうわけです。

もっとも、毎日「勝負メイク」では、疲れます。
たまに「どうでもいいわ」と思うこともあります。
そういうとき……そうですね、たとえば、家から3分の
スーパーに行くときとか……、「負けてもいいや」と
いう気持ちで(……というか、「どうせ、周りはオバサン
だもの」という心境?)口紅だけで出かける時もあります
わね。

もちろん、そんなですから、家ではノーメイク。
ダンナ様の前だからといって特にメイクはいたしません。
メイクして「勝負」しなくていいからダンナ様なワケで、
そういう意味では、結婚相手の前では自然体ということ
です。

vw411サマの御友人の件も、もしおつき合いが深い関係
でしたなら、「彼女もそれだけ御友人に気を許したから」
素顔をさらしたのでは? なんて思ったりもいたします。
そうでなければ、「別にいいじゃん、そんな気つかわなく
たって」かもしれませんが。

会社関係、通勤時は、いろいろあるのでしょうが。
私は数年前まで、丸の内に通勤しておりました。
通勤時は、スニーカーやラフな服装に軽いメイクのまま、
始業前に、制服に着替え、靴をはきかえ、メイクをそれ
なりになおしていましたが……周りからはなにも言われ
ませんでしたね。そういう会社だったから、かもしれま
せんが、そんなことでイジメはありませんでした。

そうそう、そういう意味では、ひとつ思い当たることが。
私は、特殊メイクだと言いましたが、コスプレに限らず、
若い頃は、ヒョウ柄のボディコン、エナメルのジャケット
しかもビョウ付き、チェーン付き……といった服が、
普通でした。
そういう格好でいれば、普通の人と比較されなくてすむ
じゃないですか。美的比較って、イジメのうちだと私は
思うから。「キレイじゃないコ」として「キレイなコ」と
比較されて哀しくなるくらいなら、比較されずにすむ姿で
いたかったから、そういうハデな格好は、まさに私の
戦闘服だったのかもしれません。

化粧をしなくても颯爽としているのは「スタンス」と
しての格好良さであり、また美しさでもあるけれど……、
美しさを求める心が、その方法を「メイク」に求めるのも
それはそれでひとつの在り方なのではないかしら?

ちなみに、私が「素敵~」と思う男性は「化粧の似合う」
人が圧倒的に多いのですが。
それは、やはり派手な羽根の雄に魅了される鳥と同じで
しょうか?(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まいど、reis様、特殊メーク代表からのお答え有り難うございます。なるほどコスプレですか。
面白そうですね。やったこと無いけど興味はあります。
もし私がやるなら、んー「寅さん」か、「バカボンのパパ」かな?でもそれじゃあ面白くないので、やはり一度は、女装クラブへ行ってみようかな。なんて。
やったらはまったりして、そういう意味では、やはり女の人の方が、得かもしれませんね。別にパンツでもスカートでも、良いし選択の自由がある。別に男がスカートをはいても構わないのだが、それにはやはり色々なものと戦わなくてはならないよね。あっ、確かスコットランドの人は、
スカートみたいのをはいてるかな。バグパイプ担いで。
ところでメーテルと森雪って同一人物?

お礼日時:2000/12/22 13:38

どんな意見でもということなので参加させて頂きます。


私はお化粧が大好きなんですよね~。
歴史も他人もオトコも関係なくスキです。
といってもスキンケアの方に重点を置いていますが、これは年齢とともに少しでも時間の流れや重力にとことんまで逆らいたいからです。
とはいえ、厚化粧は好きではありませんし、オマエ誰だ?っていわれたこともありません。
以前の彼は化粧していなくても充分だからいいよぉ~なんて言ってくれましたが、人それぞれですからね。
私の場合は男性の目よりも女性の目の方が気になります。
さすがにヤマンバは敬遠しますが、きちんとした人に見えるかどうかというのは重要なファクターではないでしょうか?特に社会人である場合きちんと身なりを整えるのは最低限のマナーであると考えます。
すっぴんで会社に来る様な人はなんだか生活すべてにおいて手抜きをしているように感じてしまいます。(偏見でしょうけど)
厚い・薄いに限らずきちんとお化粧をするというのはマナーの一つであって、男性(彼に対しては)化けている時間=オンタイムも化けていない時間=オフタイムもどちらも好きになってもらいたいと考えます。
お化粧した後の出来上がりも好きですけど、キレイなボトルの並んだ鏡の前でお化粧する時間も大好きです。
美の追求がスキですが、自分の肌を知り、顔を知り、少しでもコントロールしていくというのはある意味自己管理(体重などの場合はよく言われますが)の一つだと思っています。いつまでもどんなときでも少しでもいい状態でいたいというのが最大の答えとなるかと思いますが・・・。
ただし、朝っぱらからものすごいお水メイクをしている人と同じ電車に乗ったりすると化粧好きな私でもゲンナリしますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まいど、KAORIN様。回答有り難うございます。
>社会人である場合きちんと身なりを整えるのは最低限のマナーであると考えます。 なるほど。
なんか自分が、恥ずかしいです。
>すっぴんで会社に来る様な人はなんだか生活すべてにおいて手抜きをしているように感じてしまいます。
とても自分が恥ずかしいです。
なぜならその最低限のマナーすら守れず、生活すべてにおいて手抜きをしているのは、正しく私のことです。
んー、耳がー痛いよー。反省しております。

お礼日時:2000/12/22 13:05

身近な例をひとつ。


僕は男なので、従姉妹の言っていた話です。

化粧をしないで会社に行くと、
先輩OLから、
「そんなにすっぴんに自信があるの!」といっていじめにあいます。
本当はそんなに収入も多くないから、
化粧品代はあまりかけたくないのに…。

ということです。参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有り難うございます。tomikou0000様。
いじめですか、、、ちょっと私には、なんか信じられないのですが、そんなことでいじめにあうなんて、、、
女の人も大変ですね。
ちょっと思ったのですが、もしその先輩OLが、(みんながやっているから)で化粧をしていたと仮定すると、もし従姉妹の方が、そこへすっぴんで来たら(暗黙の)ルールを侵したと思われいじめの要因になりうるのかな?
やはり日本においては、人と同じでないといけない〔たたかれる)のでしょうか?悲しいです。ども。

お礼日時:2000/12/20 16:40

私の専門は髪の毛(毛全般ではありませんよ~)ですが、化粧文化に関して知っている限りの事を書かせていただきます。


ここで言う化粧とは現在の化粧の流れの中の物に限定してます。独特の風習や宗教的意味あいに於いての化粧に関しては詳しく知りませんので。
それでも詳しく書くと長くなりますので簡単にまとめると
まず、西洋の化粧は
紀元前4世紀の古代ギリシャでは広く化粧が行われており、白粉(おしろい)に人体に有毒な鉛白が使用され19世紀末に亜鉛華が発見されるまで日本も含めて長期にわたって使用され続けました。
化粧品は英語ではcosmetic、フランス語ではcosmetiqueと言いますが、由来はギリシャ語のkosmetikos「よく整った、よく飾った」と言う意味からきています。
今から5000年ほど前の古代エジプトでは男女とも様々な化粧品を使用していたそうで、現在使われている種類の基本はこの時代に全てあったそうです(アイラインやアイシャドーなど)しかし日本に渡って来るのはかなり後です。
日本に於ける化粧が現代社会で行われているような、日常的な化粧が発達し始めるのは大陸から白粉の製法が伝わって以降と考えられています(平安時代)。
それ以前は赤の化粧が存在し、それは魔除けを意味したりステージメイクの意味があったそうです。
平安時代後期は白粉を塗り眉を抜きお歯黒をするという伝統的な化粧法が確立する時代で、大陸から伝わった「白い肌を美」(大陸では蒼白色の肌は上品で美しい!青い血は高貴な血筋の生まれ)とする意識が明確になりました。
江戸時代に入り髪が結い上げられるようになり、顔が完全に露出し始めて、化粧が発達していきました。
武家階級を中心に女性は親や夫の前でさえ必ず白粉を塗るなど、化粧をして素顔は見せてはいけないと言う価値観が強要され、濃いのも嫌われるが化粧をしないのも良くないとされたそうです。
戦後になり白粉がファンデーションになったりしてメイクアップが発達しながらも根本的な化粧意識は1970年代に入るまで残っており、素顔を人前で見せないと言う基本的化粧観がエチケットとして存在していました。
欧米ではウーマンリブ活動と共にその価値観も様々に変化していますが、日本ではまだその頃の名残があるようですね!

ちなみに私は普段は殆どノーメイクでイベント時だけメイクをしていますが
私の親はまだ古い価値観に縛られているようで「化粧はエチケットだ!」って言っていますよ~!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめましてyumi女史様
正に私の質問の意図を良く理解していただき、しかも紀元前迄さかのぼっていただき本当に感涙にむせてしまいました。本当に有り難うございます。出来ることならこのまま2時間ほどyumi女史の講義を聴きたい所ですが、この場においてはやはりそうもいきますまい。それにしてもこれだけ書いていただくのには相当の時間も浪費させてしまったかと思います。おかげさまで少しずつ心の中にある霧が晴れてきたような清々しい心持ちでございます。
もう閉めてしまってもいいかな、とも思いましたが、やはりもう少し開けておくことにしました。
それは、やはり色々な方からの、色々な角度からの、色々な見解を聞かせて頂きたいからです。(本当に強欲ですね私すいません)もちろん女性に限らず男性からの見解もおおいにwelcomeです。引き続き皆さんよろしくお願いします。

お礼日時:2000/12/19 23:50

「女性の私事おおいにwelcome」というお言葉に魅了されてやってまいりました。



私が化粧をする理由は「みんながやってるから」です。
化粧していないと「まぁ!あの人、スッピンよ!」などと言われることもあるので…

しかし元々不精者である私は化粧が嫌いです。
化粧をしている顔が嫌いなわけではなく、化粧するのが面倒なだけ…
おまけに頻繁に子供を抱っこするので子供に顔をたたかれたりすると子供の手に口紅がベタァーとついたりするのも嫌なのです。
ということでご近所をウロウロする時や車に乗って買い物に行くときなどは「ノーメイクまたは口紅だけ」でございます。

さすがに電車に乗って街へ行くときや、不特定多数の人達が集まる場に行くときは化粧をしますが…

化粧は濃くないのですが、「化粧をすると急に派手な印象になる」と友人に言われます。何故?
化粧に費やす時間も短く5分もかからないのにぃ!
口紅がレッド系だからかな?

まだ「化粧を落とすと別人になる」という人に会ったことがありません。
一度会ってみたいものです。

また私は「今流行りのメイク」というものにも全く興味がありません。
だって流行ってる色(シャドーや口紅)が必ずしも自分に似合うとは思えないんです。

>女の人は化粧(化けて装った)後の自分を好きになって欲しいのでしょうか。

私は素顔でOKという人じゃないと嫌ですわ。


以上、化粧について思いつくままに書いてしまいました。m(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めましてpyonkotan様,回答有り難うございます。
ご自分のことを不精者とおっしゃられていますが、お名前は、よく回答欄で拝見しております。
質問の冒頭でも、書きましたようにこの質問は、私の積年の疑問ですので、回答頂き本当に有り難いです。
どんな人の所はやはり経験者になるのでは?
引き続き、女の人の私事おおいにwelcomeです。
また、「私はノーメーク主義だ」という女性又は、「私は特殊メークだ」という女性または、「実は旦那も私の素顔を知らない」という方引き続きご協力お願いします。ども。

お礼日時:2000/12/19 17:48

こんにちは~


多分私が思うに、よくカッコつけるのとか、強く見せるのにサングラスなんか使いますよね。
ああいうたぐいだと思うのですが、私は普段人ごみが好きじゃないんで、化粧をしているとなんか皮が1枚増えたような気がしてちょっと安心♪やっぱり自信がでるんでしょうかねえ?っていっても塗っても塗っても年のせいでノリが悪いせいか、厚化粧にならない私・・・(>_<)

あと威嚇というのもありだと思うのですが、な~んか普段カジュアルな格好してるときって嫌に道行くガキになめられたりしますもん。
で、化粧だけでもびしっとしていると顔つきまでびしっとしますからねえ~

ちなみに口紅かなり食べてしまっているほうだと思います、食べると絶対に落ちてますから。

男女関係については、確かにダマしたもの勝ちということに遭遇したことがあります。
化粧っていうのは化けるっていいますけど、変身願望もかなえてくれますし、皆と同じような化粧や格好だとあんしんするんでしょうね、でも私からすれば10人ヤマンバがいても区別がつかない・・・(;^_^A
今の子(お、おばちゃんだ。。。)は個性がないのが大半ですね~個性のないものは自分に似合う似合わないってのが分かってませんから、化粧取った後で”げ!”となるんでしょう、適当な顔をむりやり派手に作り変えているわけですからなるのも無理ないですよ。
自分の長所やチャームポイントを生かせる化粧ならそんなこともないんでしょうけどね。

でも男のひとってかわいそうですよね~
ごまかせないですから・・・

とりあえず思いつくまま回答してしまいましたm(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めましてnat姉さん。
武富士のCMさえあれば、軽くごはん三杯は、食べられるvw411と申します。(もちろんtoo rateですが、一応メモしといて下さい。)どうかよろしくお願いします。
なるほど自信ってのは、確かにありますよね。
自信がある人はやはり美しく見えますもんね。
あっそうか、そういえばタイガーマスクも、マスクを脱いで、直人兄ちゃんに戻った途端気弱になりましたね。メモしとこ。
それから変身願望といえば、前にテレビで、会社の重役さんとか偉い人が、女装クラブとかいう所に行って、、、
あれも変身願望なのでしょうね。やったことないからわかんないけど。
今日は、nat姉さんに、回答を頂けてとてもうれしいです。
ども。それから毎週末、女装クラブに行っている、重役様、引き続き回答お待ちしております。

お礼日時:2000/12/19 14:23

回答を書いてから、カテゴリが「心理学」だったことに気が付き、随分と私事を書いてしまいちょっとお恥かしいのですが、vw411さんの補足が面白くてついまた登場してしまいました…。



>女の人は一生のうちで、どの位のお金、
>時間、労力、を化粧に費やすのか?
>トータルすると何本の口紅を食べるのか?
私が一生のうちで食べる口紅の数は、たかがしれた数だと思いますね。(ワタクシ現在口紅は2本しか持っていません。それも何年前に買ったことか…はは…)
ですが費やす時間・労力・お金、そしてそれ相応の見返りがあるのかという疑問は、「確かに…」と言った感じです。

atsuotaさんのおっしゃってる「みんながやっているから」というのは納得できますね。そしてそのような心理は、私も含め、現代の日本人の特徴とも言えるのではないでしょうかね。知り合いのドイツ人の女の子が日本に来て、「日本人の若い女の子は、皆いつでもキッチリお化粧しててキモチガワルイ…」というようなことを言っていました。他の国の事情は全然わかりませんが、外国ではノーメイクの人が日本より多いのではないでしょうかね…?そう言った意味も含めてノーメイクでいる人というのは、自分の価値観を持っていて素敵だなと思う次第です。
#これまた私事ですね…

と…またあまり意味のないレスをして恐縮ですが、このスレッドの今後の展開を楽しみにしております。

この回答への補足

二度目の登場有り難うございます。kojo様。
実は、カテゴリに関しては、悩みまして、恋愛相談じゃあないし、コスメティックでもないし、、、と悩んだあげくまあしいていうなら、ここが近いかなと思ったわけです。
ですから女性の私事おおいにwelcomeです。
だって経験者といえるのは、女性だけ(とも限らないか)
実は私はカリフォルニアに住んでいるのですが。
確かにノーメイクの人も日本よりはるかに多いかも。
自分の価値観を持っていて素敵とも思いますしもう一つの要素としては、余り他人事に関心を示さないということもあります。あ、それから格好いいの件は、実話です。
いつも完全なるノーメイクでまるでゴリラのような体型の
破けたジーンズをはいておまけに立派な口ひげまで蓄えた女の人(たぶん)がいてあるときちょっとしたパーティーで、まるで別人のようにびしっとスーツを決めた(もちろんメークもひげ剃りも)その人を見たときは、逆おまえは誰だ状態でした。そのときそのギャップが格好いいと思いました。

このスレッドの今後の展開は実は私自身がとても楽しみです。引き続き皆様の協力をお願いします。
現役やまんばgal様
オカマ様
もう口紅は20本以上食べた方
メークアップアーチストの方
心理学の先生
ファンデーションが無いと不安でしょうがない方
あらゆる方よろしくお願いします。
もちろんkojo様も今度はお友達も連れてきて下さい。

補足日時:2000/12/18 00:58
    • good
    • 1

atsuotaさんが書かれているように、「みんながやっているから」ってのが一番説得力があります(笑)。

実際、高校を卒業する際に、女の子にお化粧のやり方を授業で教えるという学校すらあるそうです。「何故、みんなが化粧をするのか?」ということに関しては、cool104さんが本能説を既に書かれているのですが、医学的な観点からのご意見みたいなので、私は最近はやりの進化心理学的な見地からの回答をちょっと紹介したいと思います。

クジャクの羽の例にもあるように、雄の方が美しいという動物は結構いるみたいです(とくに鳥類)。その場合、比較的雌は地味です。私は専門家ではないので、詳しいことはわかりませんが、雄が精子を作る際にかかるコスト、雌が卵子を作る際にかかるコスト、子育てにかかるコストがそれぞれ雌雄で異なり、そのバランスによって配偶者選択のやり方自体も変わってくるみたいです。雌が雄を選ぶ種の場合、雄は雌の気を引くためにいろいろな性質を身につけているみたいですし、逆もしかりです。詳しい話は長谷川真理子著の『進化とはなんだろうか』岩波ジュニア新書なんかわかりやすくていいのではないかと思います。

ただし、これは動物の話であって、人間にそのまま適応可能かというとその辺はかなり慎重になった方がいいでしょう。過剰な適用をしている人の代表に竹内久美子という人があげられます。レイプの説明とかは読んでいて嫌な気持ちになります。けれども、ちゃんとした学者でも同じようなことを言っているみたいなので、素人としてはその辺の詳しい事情はわかりません。ですから眉に唾をたっぷりとつけてからこの手の話を読んでみることをおすすめします。そうすればそれなりには楽しめると思います。

女の人のお化粧についても人によって考え方は様々です。vw411さんのようにお化粧した方が格好いいとお考えの人もいるでしょうし、素顔が一番という人もいます。この辺は個人の好みだと思います。男女差というよりは個人差だと思います。個人的には化粧を落として「誰なんだおまえは!」と言われるくらい「上手な」化粧をしている女の人は、男の人が自分の化粧顔に惚れているのであれば、それを貫き通した方が無難でしょうし、それが嫌なら、素顔を好きになってくれる人を探すべきでしょうね。結婚しても化粧した顔しか見せないというのは、かなりの努力を要するでしょう(笑)。

それから友達に聞いた話では「一度化粧を始めてしまうと、その顔に自分自身が慣れてしまって、化粧を落とした顔があまりにも妙で化粧せずに外出できない!」ということもあるみたいです。お化粧は顔色をよく見せますし、目鼻立ちもくっきりとするので素顔の顔色の悪さやぼやけた印象を引き立たせるのかもしれません。化粧を毎日すればするほど上手にできるようにもなるでしょうし。

ですから、一度化粧を始めると二度と後には引き返せないのために化粧をし続けなくてはならず、それを多くの女の人が実践しているので、若い女の子もやがて化粧を始めるようになり、そして彼女達もやめられなくなって・・・・というループが存在しているのかも。

この回答への補足

回答有り難うございます。gucha様
なるほど二度と後には引き返せないというのは、あるだろうなとうけました。
今日は本当に清々しい気分です。思い切って質問させてもらって良かった。okweb万歳です。
でも出来るだけたくさんの方の意見をききたいので、引き続き皆さんよろしくお願いします。
あっそれと一点だけ(おそらく私の書き方が悪かったため)訂正させていただきます。すいません。
私個人の好みといたしましては、ノーメイクの女性(といってもあんまりいないけど)が好きです。できればそれにパジャマで買い物までしてくれたらたぶん即座に求婚するでしょう。ははは。格好いいと書いたのはそのギャップが、格好いいという意味です。ども。

補足日時:2000/12/17 15:14
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化粧ベニヤのパテ処理と和室壁の下地について

築30年の家をリフォームしているうちに、ほかの部屋までリフォームすることにしました。
そこで教えていただきたいのですが、

かなり暗い色の化粧ベニヤにパテ処理してクロスを貼る予定でいます。
(1)部屋は4畳程度でベニヤには10センチ間隔で目地があるのですが、そこをパテで
埋めるのですが、下地用のを何回くらい塗るのですか?

(2)パテを塗る時は巾木と廻縁は外すのですか?
そうであればクロスを巾木と廻縁の部分まで貼り、釘でなく両面テープで留めておこうかと思っています。

(3)化粧ベニヤには180番程度でやすり掛けする予定ですが、1・2回かける程度で良いのでしょうか?


和室壁の下地についても教えてください。
真壁で砂のような壁なのですが、下地にはボード(ラスボード?グレーで凹みのあるもの)です。

(4)柱のツラと砂壁のツラの間は21mmあるので、砂壁を剥がさずに5.5mmベニヤか9mm石膏ボードを貼る予定ですが、上からのビス止めで固定できるのでしょうか?

(5)胴縁で下地を作る場合もあるそうですが、その胴縁は何に固定するのですか?
壁を壊さずに行うので、ラスボードを固定している下地位置も発見できない状態です。

宜しくお願いします。



 

築30年の家をリフォームしているうちに、ほかの部屋までリフォームすることにしました。
そこで教えていただきたいのですが、

かなり暗い色の化粧ベニヤにパテ処理してクロスを貼る予定でいます。
(1)部屋は4畳程度でベニヤには10センチ間隔で目地があるのですが、そこをパテで
埋めるのですが、下地用のを何回くらい塗るのですか?

(2)パテを塗る時は巾木と廻縁は外すのですか?
そうであればクロスを巾木と廻縁の部分まで貼り、釘でなく両面テープで留めておこうかと思っています。

(3)化粧ベニヤには180番...続きを読む

Aベストアンサー

化粧べニアは下地は一回で平気です。悪い所だけ2回やれば十分、後は仕上げで具合見て。

巾木と廻縁は外しません。

化粧べニアにペーパーは軽くしかかけませんがパテを仕上げてからシーラー(捨て糊)処理をしないと剥がれます。貼る時に下地にコークボンドをまわしておけばなおいいでしょう。

砂壁?ビスはきかないでしょうから一般的にはべニアにボンドを塗ってタッカーで打ち付けてとめていきます。

Q興味関心の減退の仕組みに関する神経科学的見解は?

幼少期における、外界に対する興味関心の度合いが高い状態は目に余るものがあります。
しかし、年齢を重ねるに連れ、その外界に対する興味関心の度合いは、少なくなっているように見受けられます。

興味関心自体が、ヒトにとって「行動範囲を広めるため」という目的があるのであれば、その行動範囲が生きていく上で十分に広がったとされる場合、その興味関心の度合いが減退していく、というのは納得のいく説明になります。

しかし、人によっては、年齢を重ねても、この興味関心の度合いは落ち込むことが無いように見られる場合も見受けられます。(俗に言う「少年の心を持っている」という状態など)
この場合は、生物のヒトとしては欠陥がある、または通常ではない、という状態なのでしょうか。

この興味関心の度合いの減退に関わる、神経科学的な見解が、今どうなっているのか知りたいです。

Aベストアンサー

人間の最高の心持を『天国』と形容していると思います、その逆が地獄です。聖書や仏典では『地獄からの救い』の根本原理を説いていると思います。

脳科学では、はっきりとした答えは出す事が出来ていないのが、今の現状と思います。

ですが、私流の解釈がありますので、説明したいと思います。

始めに人間の脳のシステムからです。科学的な証拠です。人間の脳内に『二つの別々な目的と機能から成り立つ、二つの人格が存在する。』とい言う証拠です。ウイキペデアからです。


『”ロジャースペリー 分離脳
ノーベル賞受賞者
受賞年:1981年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:大脳半球の機能分化に関する研究

ノーベル賞の受賞理由となった業績として分離脳研究がある。てんかん治療の目的で半球間の信号伝達を行っている脳梁を切断した患者に、片方の脳半球に依存することが知られている作業を行ってもらい、二つの脳半球が 『それぞれ独立した意識』 を持っていることを実証した。”』

この二つの、脳の機能の違いを、脳卒中の為に『自分の脳の中側から』確認出来た脳科学者が、その脳の機能の違いを語っている貴重な動画がありますので見て下さい。



URL:http://www.youtube.com/watch?v=ldSoKfFYKqM


この体験は、聖書では『神と和解している』ところです。仏教では『見性体験』です、言葉こそ違いますが『同じ体験です。』この女史の魂が救われている場面を語っているものです。

聖書の記述から説明するなら、天国の住人だった『幼子は』脳の機能の関係から『自分自身の命を働かせている脳の機能と自我意識は』未分化の為に、心が未だ一つの者として働いています。』

その者とは『見ている自分』一人しか存在していない、と言う意味です。

思春期頃から徐々に、もう一人の機能が発達してきて、心が二つに分かれてしまいます。もう一つになった心は『見ている自分』と『見られている自分』と言う関係になってきます。

自分の裸を人に見せる事が出来ない『関係性です。』もう一つの心理的な変化は『全てを疑問として、人生を再構築しようとする。』関係性です。

この二つの関係性を、人間は悩みや苦しみとして、或いは大いなる疑問として感じています。こう云う自分自身の心の分裂や矛盾や対立を抱えて果てし無き闇を歩き始めた事を『失楽園』と聖書は書いています。

二つの心の矛盾を『天国から追い出された』と表現する理由は、幼子には『人生は何ぞや?』或いは『自分は何者か?』と言う疑問が湧かないからです。

その他にも、二つの心の矛盾を『天国から追い出された』と表現する理由は、幼子は『心を病む事がない』からです。或いは神経症になったり、自律神経失調症や、過敏性腸症候群や、難治性の心身症にもなる事が殆ど無いからです。

右脳の機能は『生命維持機能』から成り立っています。理屈無しで生命の維持に努める事がその『機能』です。自我意識を助けるための機能です。

自我意識を助ける為の機能が、自我の受け止め方によって、逆に受け取られる場合があります。そういう場合に『心の分裂や矛盾や対立』となって、自我意識という『心』が痛みとして、『感じて』受け取る場合があります。

右脳の機能を『助けとして取らないで、その逆に感じて、苦しみとする場合です。』

この場合では、自己の免疫力が、自己を攻撃する『花粉症』と同じに作用する場合が生じます。

身体に対する生命維持機能に、自我が敏感過ぎた場合では、敏感に反応した機能に『意識を集中させるために』機能の低下として感じる場合があるからです。消化器系統や循環器系統や神経系統などです。こう云った機能と『同調出来なくなった場合を、自律神経失調症や過敏性腸症候群』と表現します。

動画のように『心に湧き上る感情や考え』を湧き上がらせている者に敏感過ぎる反応をする場合に、自我が『自分の機能に過剰防衛という態度になる場合があります。』湧き上る感情に『過剰防衛の態度をとる場合に』感情障害等を主とした障害としています。

『湧き上る考え』を湧き上がらせる者やその情報に、過剰反応を示す場合では、如何判断してよいか分からなくなる場合があります、この場合では強迫観念や強迫行為になったり、自分の把握が困難になる場合も生じています。

行動に関する『生命維持機能』に敏感に反応し過ぎる場合では、この者を信頼出来なくなって、身体も心も、交替制を拒否する場合があります。言い換えるなら『子供の心持を忘れる場合です。』自分自身の無意識の存在を疑う場合です。

無意識の自分と交替出来なくなる現象が『神経症や不眠症』の原因を作っています。

自分の心が内部抗争に使われているために、興味関心の度合いは落ち込む事を意味します。

右脳の人格は『無意識界を取り仕切っている意識です。』意識過剰になっている原因は『無意識に交替出来難くなっている事を意味します。』

二つの脳の機能が一つの者として働く時『幼子の心』が蘇っています。心同士が争わない状態です。その時には『年齢を重ねても、この興味関心の度合いは落ち込むことが無いように』みえています。』

自分自身の心が内部抗争に使われていない時『心は限りなく静寂に満ちています。』この静まり返って、何も疑う事が無い様を『涅槃』と仏典は教えています。

人間の最高の心持を『天国』と形容していると思います、その逆が地獄です。聖書や仏典では『地獄からの救い』の根本原理を説いていると思います。

脳科学では、はっきりとした答えは出す事が出来ていないのが、今の現状と思います。

ですが、私流の解釈がありますので、説明したいと思います。

始めに人間の脳のシステムからです。科学的な証拠です。人間の脳内に『二つの別々な目的と機能から成り立つ、二つの人格が存在する。』とい言う証拠です。ウイキペデアからです。


『”ロジャースペリー 分離脳
ノー...続きを読む

Q化粧品についてです 私は10代です 毛穴が隠れる下地、ファンデーションを教えてください。 またお勧め

化粧品についてです

私は10代です
毛穴が隠れる下地、ファンデーションを教えてください。
またお勧めのコンシーラーも教えてください。

Aベストアンサー

下地にプライマーを使うとツルツルになり、ファンデーションをしても毛穴が目立ちません。
IKKOさんもプライマー使用をオススメしてます。

私がいいと思ったのは「Silky Smooth Balm」シルキースムースバーム
です。薄ーーく伸ばすだけです。
Amazonなどで手に入ります。1500円~2300円位(サイト、お店によって違います)
優秀ですよ。

Q動物の雄は雌をめぐって争うのに、人間の男は女をめぐって争わない理由

動物番組を見ていると、どんな動物でも例外なく、雌をめぐって争う雄の姿が映されます。実際よく起きることなのでしょう。
でも、人間という動物については例外で、私は生まれてきてこのかた、男が女をめぐって争う様子をこの目で見たことはありません。男同士の争いは面子をめぐるものがほとんどで、妻が不倫した場合であっても、夫のほとんどは間男より妻を責めるようです(余談ですが、夫が不倫した場合の女同士の争いはまま起きる)。

このように他の動物と違って、人間の男が女をめぐって争うことがほとんどないのはなぜなのでしょうか。

Aベストアンサー

動物達は「強い」子孫を残すために、強いオスとペアになります。

弱いオスはペアになれません。(野生を生きにくための選択です)

しかしながら、人間は野生で生きる必要はありませんし、

野生動物には無い「理性」「愛」があります。

それなので人間は増え続けたのでしょう。

けれどもそれは人間の独自の進化であって、決して「争う」本能を

なくしたわけではありません。

ただ、理性がありますから見た目の争いをしないだけです。

水面下で争うのです…人間は…

でも、野生の本能は消えてはいません。

それは色々な部分でわかります。

今の若者を見ると…進化しすぎて、人間が絶えるかもしれないと
危惧はしますが…

ご参考まで

Qベビーパウダーを下地などとして使用した場合、化粧落としなどは使うのですか?? それとも、普通に洗顔す

ベビーパウダーを下地などとして使用した場合、化粧落としなどは使うのですか??
それとも、普通に洗顔するだけでよいですか??

Aベストアンサー

ベビーパウダーだけでお化粧が終わりなら普通の洗顔で十分だと思いますが、その上にファンデーションやチークなどで化粧をされたなら化粧落としでクレンジングしたほうがいいと思います(´▽`)

Qやはり“依存症”でしょうか。

よほどの“体調不良”の日以外は毎日“飲んでいます”ね・・・。(お酒です。)
ここ、何年かは翌日のことや少しは身体のことも考えて蒸留酒は残りますので避けてはいますが、生活習慣病とでも言うか止められません・・・。

気持ちの上ではこの時間が一日のうちで一番、寛げる時間ではあるものの、こうしている時間にいろんなことができるとも思いながら飲んでしまっています。

“飲む”とは言っても缶チューハイ4缶程度なのですが・・・そう聞けば、飲める人だったらそんな程度は毎日飲んでいる、それ以上毎晩飲んでいる、といった言葉が返ってきそうですが、もう自分で決めたのです。最高飲んでも4缶にしようと・・・。

何故かというと有ればあるで何でも飲んでしまうからです。今はだいぶ以前と比べたらセーブできる様にはなったものの、お酒の無い、必要としない、あるいは今日は少し飲みたい気分とした(月に2回程度)と、できたら理想だとは思ってはいますが、難しいですね。

完全にアルコールとは縁を切りたいと言った事ではないのですが、こうした自分の行為に自己嫌悪とそれくらいは許す、とした感情が共存し葛藤しています。

敢て、鈍感にいけばこの程度なら悩みの範囲では無いようでもある気持ちですが何だか虚しい気分になってしまいます。
克服したいですね。

よほどの“体調不良”の日以外は毎日“飲んでいます”ね・・・。(お酒です。)
ここ、何年かは翌日のことや少しは身体のことも考えて蒸留酒は残りますので避けてはいますが、生活習慣病とでも言うか止められません・・・。

気持ちの上ではこの時間が一日のうちで一番、寛げる時間ではあるものの、こうしている時間にいろんなことができるとも思いながら飲んでしまっています。

“飲む”とは言っても缶チューハイ4缶程度なのですが・・・そう聞けば、飲める人だったらそんな程度は毎日飲んでいる、それ以上毎晩飲んで...続きを読む

Aベストアンサー

ご参考になるかどうか分かりませんが。

私の父が昔から晩酌を必ずする人で、一日少ない時で大びんビール1本。多い時には、日本酒を2合ほど更に飲んでいました。

70を過ぎたあたりから、胃潰瘍になり、吐血。
それ以後は、小びんビールか1合のお酒になっていたのですが、今では立派なアルコール性痴呆です。

もともとアルコール分解酵素の少ない人なので、すぐに赤くなっていました。

それでも、休肝日を作らなかったことが、脂肪肝に繋がり、今に到っています。

1週間に1度の休肝日を作るだけでも、ずいぶん身体への負担は違うと思いますが。^^;

休肝日が無理なら、依存症候補だとは言えるかも・・・

Q人気の化粧ポーチ

プレゼントでブランドものの化粧ポーチをあげようと思っています。
そこで質問ですが今人気の化粧ポーチ、流行っている化粧ポーチはどこのブランドのものでしょうか?
30歳の人にプレゼントします。
PRADAはまだ人気があるのでしょうか?

Aベストアンサー

私は20歳代後半の女性ですが・・・

メークポーチは他の小物と違い、あまり流行に左右されないようです。

今でも、プラダのナイロンポーチは人気があります。
軽くて使いやすく、メーク道具を沢山入れられ、バックの中でもかさばりません。
また、ナイロンなので汚れても洗えてしまいます。
メークポーチはどうしても粉がこぼれたりして汚れてしまいますので。
私も長年愛用しています。

また、エルメスなんかも人気です。
ファスナーがサイドまで開くので、物の出し入れがしやすいようです。
値段もエルメスの中では手ごろです。

他には、クリスチャンディオールはビニール素材で、
デザインもスポーティーでかわいいと思います。

あと思いつくのは、コーチ、エミリオ・プッチでしょうか・・・。

Q心理学はやはり大学で学ぶべき?

高3で進路の模索中に、TVなど見て心理学に興味を持ちました。例えばライアーゲーム・クロサギ・DEATH NOTE・SP・交渉人など…。TV以外でも実際のもので調べてみたら、視覚の心理で色のコーディネートやメイク、言葉を巧みに扱うクレーム処理・販売、相談者の性格などを読み取り案内する人材派遣など心理を扱うような仕事があることを知りました。

そこで大学で心理を学ぶ道を調べたのですが、大学を出て就職する場合では臨床・福祉などカウンセラーが主のように思いました。カウンセラーではなく、コミュニケーションの中で使いたい、科学的に分析してみたい時なども大学で学ぶべきなのでしょうか??それとも他に大学以外で学び方があるのでしょうか??

やりたい仕事が一つに決まらないため、大学でいろんな学問を学びバイトなどで仕事の体験をしてやりたいことを具体化していく中で、人に関わる仕事に活用できる心理学を学んでおくという考えでこれを選んだのもあるのですが…やはり就職面から考えたらやりたい仕事を一つに決めて専門の授業の一環として心理学を学ぶ方がいいのでしょうか??

長くてわかりにくい質問ですみません;大学は高いお金がかかるため、慎重に考える意味でもいろいろ教えて頂けたら嬉しいです。

高3で進路の模索中に、TVなど見て心理学に興味を持ちました。例えばライアーゲーム・クロサギ・DEATH NOTE・SP・交渉人など…。TV以外でも実際のもので調べてみたら、視覚の心理で色のコーディネートやメイク、言葉を巧みに扱うクレーム処理・販売、相談者の性格などを読み取り案内する人材派遣など心理を扱うような仕事があることを知りました。

そこで大学で心理を学ぶ道を調べたのですが、大学を出て就職する場合では臨床・福祉などカウンセラーが主のように思いました。カウンセラーではなく、コミュニケー...続きを読む

Aベストアンサー

> ライアーゲーム・クロサギ・DEATH NOTE・SP・交渉人など…。

心理学を学んでも彼らのような洞察力や判断力は得られません。いってみれば心理学を大学で学ぶということは自動車の設計図を書く勉強をするようなもので、設計者がF1のレースに出て運転できるかというとそういうものでもありませんでしょ?それと同じです。

> 視覚の心理で色のコーディネートやメイク、言葉を巧みに扱うクレーム処理・販売、相談者の性格などを読み取り案内する人材派遣など

これも同じで、教養として心理学の知識を得ているのでしょうが、大学で心理学を学ぶこととは一致しません。難しい話ですが、大学で学ぶ心理学と現場で活かす心理学は別物と考えておいた方が良いと思いますよ(現場で活かすのはそう簡単なことではないということ)。

> 大学を出て就職する場合では臨床・福祉などカウンセラーが主のように思いました。

カウンセラーになる人(なれる人)はごく一部です。スポーツでいえばオリンピックに出るようなものです。カウンセラーといっても、大学院へと進学して自ら研究して生計をたてるプロですから(^_^;) 能力うんぬんだけではなく現実的な制約もたくさんあります。例えば「お金」とかですね。

> コミュニケーションの中で使いたい、科学的に分析してみたい時なども大学で学ぶべきなのでしょうか??

大学で心理学を学ぶメリットは1)実験や調査を体験できる、2)より高度で最先端の話題を直接聞ける、3)受講する先生との交友関係が得られる(それがきっかけで新たに興味を持つ分野が出てくるかもしれない)といったことでしょう。

> それとも他に大学以外で学び方があるのでしょうか??

独学といっても時間もお金もかかりますから、仕事をしながらというのは難しいと思います。独学する機会を得るために大学へ行くのも方法としては間違いではないでしょう。

ただ、質問者さんが欲しいと思っているテクニックは大学で心理学を学んだからといって得られるものではありません。大学で学んだ心理学を基礎として、そこから自分で経験を積んでいく必要がありますよ。

それでも一番大切なのはTVでもなんでも「こういうことがやってみたい」と思う"気持ち"(心理学者が"気持ち"などといってはいけませんが)ですから、それがやってみたいのであればドンドン試していけば良いと思いますよ。今のうちから現実的な制約を考えてばかりいては、逆に視野を狭くすることになってしまうので良くないです。

> ライアーゲーム・クロサギ・DEATH NOTE・SP・交渉人など…。

心理学を学んでも彼らのような洞察力や判断力は得られません。いってみれば心理学を大学で学ぶということは自動車の設計図を書く勉強をするようなもので、設計者がF1のレースに出て運転できるかというとそういうものでもありませんでしょ?それと同じです。

> 視覚の心理で色のコーディネートやメイク、言葉を巧みに扱うクレーム処理・販売、相談者の性格などを読み取り案内する人材派遣など

これも同じで、教養として心理学の知識を得てい...続きを読む

Q透明感が出て・艶感・艶肌・ナチュラルメイクでお肌が綺麗に見えるファンデーションや下地、ルースパウダー・化粧方法等

今まで色々と試してきましたが、これ!(^^)!というのに出会えなくて現在、ファンデーションジプシー中です。
塗り方等が悪いのかもしれませんが、一応美容部員さんが言うようには塗っているのですが・・・(>_<)
<今までクレドー・ポーやRMK、ソニアリキエル、DEW等のファンデを使ってきました>

(山口もえさんや藤崎奈々子さんのような)
明るめの肌の感じで、透明感が出て艶肌っぽく、厚塗りに見えないような(夕方になると黄黒くならなくて、できれば化粧崩れも汚くない)

★下地や、ファンデーション・ルースパウダー・ハイライト・チーク【特にファンデーションとルースパウダー】等良いお勧めの商品や、透明感のある綺麗なお肌に見えるお化粧方法等がありましたら教えて下さい。

ちなみにパウダーファンデーションは厚塗りにみえるかなと思い最近はずっとフェイス(ルース)パウダーです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は化粧品の中でもファンデが一番好きで、試したくて次々買ってしまうのですが、NARSというところのリキッドファンデが良かったです。
RMK、ルナソル(ブランド的にはどちらも透明感を結構プッシュされてるかと思います)とすこし感じが似ていたように思いますが、それよりムラがないお肌になります。が、クレドのようなバッチリカバーとは全く違う仕上がりです。

透明感を出すためには本当はUV効果がない(弱い)下地がよいそうです。とはいえ実際それは厳しいですよね~(^_^;)
特にRMK、NARSのような透明感、ツヤを売りにしているところのファンデとUV強めの下地、白く明るく見せる系コントロールカラーは相性があまり良くないそうです。

Q”やはり”という言葉を多用する人

ラジオを聞いていて出会うのですが、話し手が説明する際に、”やはり”という言葉を多用する人がいます。
「……やはり……。……やはり・・・・・・・・・・・。」というように喋ります。
”やはり”を多用する人は、話に慣れていない人ばかり、ではありません。
どういう心境で、”やはり”を多用するのでしょう?

Aベストアンサー

あんまり面白い質問なのでついコメントする気になりました。”やはり”私は普通ではないとのかと思いました。質問者さんはなぜこの質問をされたのでしょうね。「やはり言葉」を多用される方をあまり好ましく思っておられないか、もしくはご自分もついよく使ってしまって困っておられるか、あるいはその方の成長過程でなぜそうなったのか等と不思議に思われたからでしょうか。
私の考えでは二通りおられるように思います。第1のグループの方々は自分でも気づかず”やはり”を多用される方です。#1さんが答えておられるのと同じです。単なる癖なのでしょう。あまりお話がお上手ではないということでしょうか。ほんとの意味で”やはり”を使いたいときその言葉は死んでいます。

第2のグループは、自分は教養のある普通に物事の判断できる人物だという事を聞き手にあるいは自分自身にもアピールして安堵感を覚えている人たちの集まりです。第1のグループの人たちは指摘されれば話し方が改善できる人たちです。しかし第2のグループの人たちは多少厄介だと思われます。人に話をする場合でも自分の私的な意見を一般化して相手を納得させようと言う気持ちが無意識に働いているからです。勿論意図的である場合もあります。聞き手にまわった場合はよく理解できなくてもある程度は理解できていますという意思表示に使っています。さらに話し手の気持ちを傷つけまいという気持ちが話し手に「あなたはは教養人ですね。」と言う代わりの言葉として使っています。それくらい気配りの上”やはり”を使っているのですから注意したりコメントしたりすると気分を害してしまいます。

もう少し手厳しく言うとまさに自己が確立していないため自分の意見もなく判断基準も持っていない人たちがよく口にします。
こういう人たちは”長いものには巻かれろ”式の人たちですからまず創造的ではありません。悪く言うと烏合の衆です。よくいえば”見ざる、言わざる、聞かざる”です。私は英語でこの言葉にぴったりくる表現はないのではと思います。普通に訳すとAnyway,After all, as I thought, So, 等全然意味が違いますね。無理に合わせて訳すと、Generally speaking, as most of people thinks. でしょうか。こんな事を言うのは講演者か政治家です。やはり日本人らしい表現だと思います。悪く言うと島国根性、良く言うと最適化文化、適合文化でしょうか。 

質問者様の質問の意図は測りかねますが私は日本という国が今後国際的な存在感を持つため、あるいは主張するためには個人が論理立てた意見、あるいは感性豊かな自分の意見を持ち相手に伝える技術を備えなければならないと思います。従ってできるだけ意味なく、責任の所在を不明確にする”やはり”という言葉は使ってほしくないと思っています。

質問者様の意図と全く異なった回答になっていたらすみません。私も気になっていたものですから。

あんまり面白い質問なのでついコメントする気になりました。”やはり”私は普通ではないとのかと思いました。質問者さんはなぜこの質問をされたのでしょうね。「やはり言葉」を多用される方をあまり好ましく思っておられないか、もしくはご自分もついよく使ってしまって困っておられるか、あるいはその方の成長過程でなぜそうなったのか等と不思議に思われたからでしょうか。
私の考えでは二通りおられるように思います。第1のグループの方々は自分でも気づかず”やはり”を多用される方です。#1さんが答えておられ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報